機械翻訳するとどうなるか?


次の英文を和訳せよ。(解説は後半)
This disbelief is quite understandable and results from a very common
but mistaken conception of what mathematics really is.

これを、グーグルの翻訳にかけるとこうなります。
「この不信感は非常に理解しやすいとの非常に共通だが誤解概念から
生じます 何数学は本当にあります。」
今、何かとディープラーニングが話題になっていますが、
本当にコンピューターは学習できるようになるのでしょうか?
ぜひ、実用的な英語翻訳の実現を!できるだけ早く!


機械翻訳の難しさ ~人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 松尾 豊~
機械翻訳は、人工知能が始まって以来、数十年にわたって研究されているが、困難な課題のひとつである。
1990年代からの「統計的自然言語処理」によって、性能は大きく向上した。グーグル翻訳などは
すばらしい技術ではあるが、それでも、翻訳の精度はまだ実用に耐えるものではない。
コンピューターが勝手に翻訳してくれるようになれば、日本人も英語の勉強にこんなに苦労しなくても
すむのだが、機械翻訳というのは、非常に難易度が高い技術である。
何がそれほど難しいのだろうか。たとえば、こんな例文を考えてみよう。
「He saw a woman in the garden with a telescope.」
(逐語訳をすると「彼 見た 女性 庭の中で 望遠鏡で」となる)
たいていの人は、これを「彼は望遠鏡で、庭にいる女性を見た」と訳す。
 読者の方もおそらくはそう読んだのではないかと思う。
 ところが、実は、この解釈は文法的には一意に定まらないのである。
 庭にいるのは彼なのか、それとも女性なのか。
 望遠鏡を持っているのは彼なのか、女性なのか。
 実際、グーグル翻訳では、「彼は望遠鏡で庭で女性を見た」と訳される。(中略)
 単純な1つの文を訳すだけでも、一般常識がなければうまく訳せない。
 ここに機械翻訳の難しさがある。一般常識をコンピューターが扱うためには、
 人間が持っている書ききれないくらい膨大な知識を扱う必要があり、
 きわめて困難である。コンピューターが知識を獲得することの難しさを、
 人工知能の分野では「知識獲得のボトルネック」という。


恐るべし「and」「but」。何と何を結ぶかは文法的には確定できない。
下の図のように描かれていれば、理解できるのですが・・・
英文構造1
英語 構文の見破り術 その1」を元にして図を作成

(直訳)この不信は全く理解できるものであり、数学が実際のところ
何であるかという、とても一般的であるが誤った概念に起因する。


スポンサーサイト

2015_05_03


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top