大潮と小潮の本当の理由


古代占星術―その歴史と社会的機能古代占星術―その歴史と社会的機能
(2004/12)
タムシン バートン

商品詳細を見る

~古代占星術 その歴史と社会的機能 タムシン・バートン著~
プトレマイオスは、月の役割を説明する際に、「共感」という概念に頼っている。
月もまた、地球に一番近い天体として、非常に豊富にその発散物を地上にあるものに授けている。
というのも、たいていの地上のものは、生き物も生き物でないものも、月の共感し、月に倣って変化する
からである。河川は月の光に応じてその流れを増減させるし、海は月の出入りにあわせて満ち引きを
繰り返し、動植物も、全体的にあるいは部分的に、月とともに満ちたり欠けたりするのである。
「共感」(文字通りの意味は一緒に体験すること)という観念は、それと関係の深い「反感」とともに、
非常に広範な古代の著作家、とくに医学分野の著作家が暗々裏に用いた概念であった。(中略)
彼ら(ストア学派の哲学者たち)が感じ取った普遍的共感においては、あらゆるものがほかのあらゆる
ものと関連しているのであった。共感は、ストア的宇宙の中で運命が展開していくさいに作用因の役割
を演じた概念であった。
ストア学派は、プラトンとアリストテレスにしたがって、火、土、空気、水の四元素があらゆる物質の
基本性質をなしていると考えたが、ストア学派にとっては、(破壊的な火と対立する内在的な火に
おけるような)火だけが永続的な元素であるという相違があった。これらの元素は、熱、寒、乾、湿と
いう性質の象徴である。熱の一種にアイテール、つまりエーテル、すなわち天上の火があった。
この語の元々の意味は、アエール、つまり靄(もや)に対立する澄んだ空気である。
プラトンの宇宙論では、土と水の同心的な層の外側に二つの空気の層があって、土に近い方が
アエール、その外側がエーテルの層であり、火が一番外側の圏を形成している。
アリストテレスは、エーテルを第五元素であると考えた。これは天空を構成する元素であって、
月下界(地上の世界のこと)で見だされる元素とは全く別物であるとした。月球が、天空の境界を
なすと考えられていたのである。
プトレマイオスは、アリストテレスのモデルの枠内で、星辰の影響を説明しようとする。
ちょっと考えてみるだけで誰にもすぐ分かると思うのだが、永久不変のエーテル的物質から放射
されるある種の力(デュナミス)が地球のまわりの全領域に分散し、浸透しているため、全地球が
変化させられている。というのも、主な月下界の元素のうち、火と空気はエーテル内部の運動に
よって取り囲まれ変化させられ、今度は、残りのすべてを、土も水もその中にある動植物も
変化させられるからである。
この見方によると、天上のエーテルが中間的元素である火と空気に作用し、次に火と空気が
ほかの元素を変化させるのである。

潮の満ち引き
<出典> びんちょうたんコム > 特集 月のリズムで生きる

この記事では、物理的なお話だけをします。
まず重要なことは、太陽と月のどちらにわたしたちは強く引っ張られているか?です。
やりがちな誤りとしては、記事40-4に書いているような万有引力の式を用いて
太陽と月の引力を求めるというものです。計算は比較的簡単です。
これですと、圧倒的に太陽の引力のほうが大きくなります。
この結果、月の影響など無視できるのではないか?となってしまいます。
そうではありません!
地球に引力だけが働いているのなら、地球は太陽に吸収されてしまいます。
同じく記事40-4に書いていますように、地球には遠心力が働いていて、
万有引力と遠心力は釣り合っているのです(だから同一軌道を周回している)。
そうなると、わたしたちは、太陽にも月にも引っ張られていない感じがします。
そうではありません!
わたしたちは、地球の中心にいるわけではないからです。
月に近い側にいれば、月からの引力のほうが遠心力より大きくなりますし、
月から遠い側にいれば、遠心力のほうが月からの引力より大きくなります。
太陽でも同様ですが、月に比べれば、太陽は非常に遠くにあるため、
太陽に近い側(つまり、昼)にいるときと、遠い側にいるとき(つまり、夜)
の相対的な差は、月ほど大きくはありません。
かくして、月のほうが太陽よりも(2倍強)、わたしたちを強く引っ張っているのです
(計算はかなり面倒くさいのですが)。
ここまで説明すれば、新月と満月が大潮といっても、新月のほうが干潮の差が
大きくなることが理解できると思います。
半月でも地球と月の直線上のほうに海水は移動するので、大潮のときに比べれば
小さいものの、干潮の差はありますので、小潮になるわけです。
言いたいことは、月には強い引力と斥力があるということだけなのですが・・・

これだけでは、占星術の月の説明にはなりません。
占星術は、魂の世界の問題ですから・・・(続く)


スポンサーサイト

2015_04_07


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top