英語好きですか?


高3の英語力、中卒級=「書く、話す」に課題―文科省
(時事通信 3月17日配信 Yahoo! JAPANニュース)
文部科学省は17日、高校3年生を対象に英語の「読む、聞く、書く、話す」の4技能の学力を
調べた英語力調査の結果(速報値)を公表した。「読む、聞く」の平均的学力は英検3級
(中学卒業程度)相当、「書く、話す」はさらに低く、書くは過半数が正解率1割以下だった。
国の教育振興基本計画の目標(高卒時英検2~準2級程度)とは大きな差があり、
英語嫌いの生徒も多かった。
調査は国公立高校の約1割の480校を抽出し、3年生約7万人を対象に実施。
4技能それぞれを試験し、国際標準規格「CEFR」の基準で、学力が中学レベル
(A1=英検3~5級程度)から海外大学留学に必要なレベル(B2=同準1級程度)の
どの段階に相当するかを調べた。
試験結果では、「読む」の平均点は129.4点(満点320点)で72.7%がA1評価。「聞く」は
120.3点(同)でA1が75.9%。B2評価は0.2~0.3%だった。
「書く」でB2評価はわずか5人。英語の音声を英文要約する不慣れな出題形式も影響して
点が伸びず、140点満点中15点以下が約55%に上り、0点も約3割いた。「話す」は
各校1クラス程度の抽出実施で、A1が87.2%を占めた。
アンケート調査では、英語を嫌いな生徒が58.4%。海外留学やビジネスに必要なレベルの
習得を目指す割合も約14%にとどまった。 


日本語の科学が世界を変える (筑摩選書)日本語の科学が世界を変える (筑摩選書)
(2015/01/13)
松尾 義之

商品詳細を見る

<内容紹介>
世界をリードする日本の科学・技術。その卓抜した成果の背景には、「日本語による科学的思考」
がある!江戸から明治期、西欧から入る外国語の知を翻訳して取り込み、母国語の知識体系に
位置づけなおしてきた歴史に遡り、また多くの科学者たちの証言を手がかりにして、この命題に迫る。
そして、本来質の高い日本の科学が直面している問題に対峙、さらなる発展への道を提起する。
ユニークな視点から解く、新しい「科学論」。
<目次>
第1章 西欧文明を母国語で取り込んだ日本/第2章 日本人の科学は言葉から/
第3章 日本語への翻訳は永遠に続く/第4章 英国文化とネイチャー誌/第5章 日本語は非論理的か?/
第6章 日本語の感覚は、世界的発見を導く/第7章 非キリスト教文化や東洋というメリット/
第8章 西澤潤一博士と東北大学/第9章 ノーベル・アシスト賞/第10章 だから日本語の科学はおもしろい


このブログのなかでは何回も書いていることですが、わたしたち日本人の多くにとって英語は
必要なものでしょうか?英語が好きな人に英語を勉強するなと言っているのではありません。
わたしにとっては、
外国に行きたくない!=英語なんぞどうでもいい!
ということです。
リスニング=英語が分からないというより言葉に聞こえない
リーディング=時間の無駄。日本語なら同じ時間で100倍読める。
       しかも疲労度は10分の1以下。
ライティング=必要ならば英語ができる人または翻訳者に任せる
スピーキング=もしも外国人に会うことがあるなら身振り手振り

英語をいくら勉強しても、英語ができるようにしか
ならないんですよ
(当たり前のことですが)。
それでもネイティブのレベルに達することはないでしょう。だって、使うことがないんだから。
それよりも、もっと日本語を大切にしましょう。
面白そうな本をどんどん読んでみましょう(当然、日本語)。
日本語で自分の提案をプレゼンできるように頑張りましょう。
日本語でよい報告書が書けるように頑張りましょう。


どうして教育熱心な親は子供に英語を勉強させようとするのでしょう。
英語では、絶対に「脱・One of them」にならないことが分からないのでしょうか?
子供を、「勝者なき競争社会」にさらすことを目標にしているのでしょうか。
親の学習能力のほうが心配になります。

わたしが高校生の時、英語の先生は外国人が来たら逃げていました。
それはどうかと・・・


「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか
(2015/01/17)
寺沢 拓敬

商品詳細を見る

まえがき
「日本人は英語下手」「これからの社会人に英語は不可欠」「英語ができれば収入が増える」
「日本人女性は英語が大好き」。このような主張を一度は耳にしたことがあると思う。
本書は、こうした通説・俗説の多くが実は大いなる誤解に過ぎないことを統計データの分析に
よって明らかにする予定である。
これがそのまま本書の副題である「なぜ英語教育論は誤解だらけなのか」に対する答えである。
つまり、英語教育のあり方が間違って論じられるのは、日本社会における英語の実態が正しく
理解されていないためだというのが本書の答えである。
具体的にどのように間違っているかは本書の各章で確認して頂きたい。
もちろん一方的に「そんな認識は間違いだ!」と叫ぶだけでは、独り善がりな主張に過ぎず、
読者も呆れてしまうだろう。
そこで本書では、誤解かどうかを判断する拠り所として、社会統計データを利用する。
これにより客観的な基準に基づいて日本社会における英語の実態が検討できる。
ついでに言うと、本書で用いるデータのほとんどが研究者向けに一般公開されているもの
なので、「他者による追試が可能」という意味の「客観性」も兼ね備えている。

スポンサーサイト

2015_03_22


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top