宇宙人

category: 第四章 宇宙  

<下の図(左上・右上)掲載のニュース>
やはりあったか!土星の衛星「エンケラドス」に液体の海の存在が明らかに(国際研究)
(2014年4月7日 カラパイア
かねてから土星の衛星、エンケラドスは、液体の水や有機炭素、窒素など生命を形成するのに
必要とされる元素などが発見されており、地球外生命体が生息している可能性を帯びた惑星
として注目されていたが、NASAの探査機カッシーニが2010年から2012年に行った重力測定の
分析により、エンケラドスを覆う厚い氷の下に、大きな液体の海が存在することが確認されたそうだ。
これは、米コーネル大学やイタリアのサピエンツァ大学の研究者が今月3日に明らかにしたもので、
米科学誌サイエンスに発表された。
エンケラドスに液体の水があることは以前から観測されており、今回の研究によりこの説が裏付け
られた形となる。研究チームは生命体が存在しうる可能性が増してきたとしてワクワクしているそうだ。
エンケラドスは直径500キロほどの小さな衛星である。エンケラドスの北極は厚さ約50キロの氷が岩盤を
覆っている。一方、南極の氷は厚さ30~40キロほどで、その下に深さ8~16キロほどの海があるとみられる。
海はレンズ形をしていて南極点の部分が最も深く、離れるほど浅くなっていると思われる。
南極は北極に比べてクレーターも少なく、新たな表面が形成されたことがうかがえるという。
海の下にはケイ酸塩の岩盤があると考えられ、この岩盤の中を通る水は、生命が必要とする
リンや硫黄、カリウム、ナトリウムなどの成分を含んでいる可能性がある。
エンケラドスの海が岩盤の上にあることや、重力データなどから判断すると、この海底の地盤は、
地球の海底の地盤と非常によく似ているに違いないと研究チームは推測する。
カッシーニの2005年の観測では、南極にある裂け目から塩分を豊富に含んだ蒸気を吹き出す現象
が見つかっていた。この近くでは有機分子も検出された。

<下の写真(左下)掲載のニュース>
木星衛星に地下の海=深さ100キロ、地球より豊富な水-NASA (3月13日 時事ドットコム)
【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は12日、木星の衛星ガニメデの地下に海が存在することを
示すこれまでで最も確かな証拠が見つかったと発表した。
地球と同じ塩水の海で、地球上の水量より多いとみられる。水の発見は生命を探す上で鍵となる。
太陽系最大の衛星であるガニメデに海があるという証拠はハッブル宇宙望遠鏡を使った観測で得られた。
海は地下150キロにあり、深さは地球の海の10倍にもなる100キロに達するとみられる。
ドイツのケルン大学などの研究チームはハッブルを使ってガニメデのオーロラを観測した。
木星の磁場が変化するとガニメデのオーロラに「揺れ」が生じる。磁場に影響を与える塩水の海があれば、
この揺れの度合いが小さくなるため、観測で確かめたという。

<下の図(右下)関連のニュース>
かつて火星には広大な海があった (3月6日 アストロアーツ AstroArts)
現在の火星の水を分析したところ、かつて火星には地表の2割を覆うほどの広大な海があったことがわかった。
これまでの推測より長い期間にわたって大量に水が存在したことが示されている。【ケック天文台】
原始の火星は水が豊富に存在し、生命に適した環境だったと考えられているが、水が実際にどれだけ
あったのか、いつどのようにして地表から消えたのかなどは、よくわかっていない。
NASAのGeronimo Villanuevaさんらは、米・ハワイのケック望遠鏡などで火星の大気に含まれる重水
(重水素で構成される水)の割合を調べ、火星の地表から失われた水の量を探った。
重水素に比べて軽い普通の水素は宇宙空間に逃げやすいので、普通の水に対する重水の割合が
多いほど、大量の水が失われた、つまり大量の水が存在したということになる。
観測の結果、特に極域付近の水は重水の割合がひじょうに高く、現存するのはもとあった水の量の
たった13%であることがわかった。その量と現在の地形から推測すると、43億年前の火星には、
北半球の広大な平地を中心に地表の2割ほどを覆う、最大で1.6kmの深さの海があったようだ。
これほど多くの水が存在したとなると、水が豊富な期間はこれまで考えられていたよりも長く続いた
ことになる。生命を育むのにはじゅうぶんな時間だ。
今回の研究では火星の複数箇所における水分布の季節変化も追っており、地下に消えた水の行方
を探るのにも役立てられるかもしれない。
※図は、芸術家による、過去の火星表面の想像図(ウィキペディア『火星の生命』)

火星に生命体が存在していた可能性は高まった
とはいうものの、これは、火星人がいた
ということを意味するものではありません。
とはいえ、宇宙人って聞くとワクワクしますよね。
そうでもない宇宙人もおりますが・・・


宇宙と生命3



星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(2014/12/12)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る

内容紹介
【星雲賞受賞作】
月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。綿密な調査の結果、この死体は何と死後
五万年を経過していることがわかった。果たして現生人類とのつながりはいかなるものなのか。
やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見された……。
ハードSFの新星が一世を風靡した出世作。


宇宙人
俺の都市伝説 『宇宙人の都市伝説①!』


スポンサーサイト

2015_03_14


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top