40-7 トランプと陰陽論2


「ポパー哲学」への手引 付録 頭の電気掃除機ポパー哲学 (ポパー哲学入門)
高坂邦彦 筐底拾遺 > ポパー哲学への手引 ― 科学的・合理的なものの見方・考え方 ― )
5、妥当な認識へのアプローチ 
1 真理であることの「実証」は不可能である

いま仮に、[白鳥は白い]という判断をした人がいるとします。[白鳥は白い] [白鳥というものは白い]
ということは、[すべての白鳥は白い]ということなのですが、この判断が正しいということを事実をもって
証明することができるでしょうか。[あの白鳥も、この白鳥も白い](これを特称肯定命題といいます)
ということから、「すべての白鳥は白い」、「白鳥というものは白い」(これを全称肯定命題といいます)と
いうことの真理性は保証できないわけです。
すべてのということは、文字どおりすべて、つまり、地球上に存在するすべての白鳥を調べてみた上で
なければ言えないことでして、そんなことは実際問題として実行不可能です。(中略)
つまり、自分の考えていることと、目の前の事実が一致したからといっても、それで自分の考えが
正しいということにはならないわけでして、厳密にいえば、[今まで、自分の知っている限りでの白鳥は
みな白かった]ということしかいえないわけです。オーストラリアには黒い白鳥がいるそうでして、そういう
事実が発見されれば、[白鳥は白い]という判断は正しくない、・・・真理ではないということになります。
このように、事実と合致しているから真理だと確信していたことでも、それと合致しない新しい事実の発見に
よって覆される可能性は原理的にあるのです。絶対的なものだと信じられていたニュートンの理論が、相対性
理論や、量子力学の出現によってその絶対性を失ったという事実は、この典型的な例だといってよいでしょう。
2 真理へのアプローチ(誤りの排除)
(前略)要するに、理論を事実とてらし合わせてみて一致したといっても、その理論が正しいということには
ならない。しかし、逆に、一致しないから間違いであるということは断定できる。肯定はできないが、
否定ならできるというわけです。ですから、実証とか検証による理論の正当化は厳密な意味では
不可能であり、誤りを発見し、排除することによって真理に近づくことしかできないとポパーはいうのです。
したがって、真理にアプローチしようというのなら、自分の理論と合う自分に都合のよい事例だけを並べると
いうことによってではなく、事実と合わない間違った考えを発見して捨てていく、間違いの部分を排除して
いくより他に方法はないということになります。間違いの部分をできるだけたくさん切り捨てたものが、
その分だけ他のものより真理に近いということになるわけです。ですから、ポパーの考え方では、
仮説を立ててその実証をするという方法ではなくて、立てた仮説の間違いの部分を事実にてらして
排除していくという方法がとられることになります。できるだけはやく誤りを犯し、それをできるだけはやく
発見し、誤りを排除していくことが、よりはやく真理に到達する道だということになります。

推測と反駁-科学的知識の発展-〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)推測と反駁-科学的知識の発展-〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)
(2009/12/09)
カール・R.ポパー

商品詳細を見る


ブラックスワンについては記事21-8にも書きましたが、「定期的に発生する些細な事象」は
予想できても、「誰一人予想もしなかったインパクトのある事象」は予想できないわけです。
これは、サブプライムローンだけでなく、東日本大震災にも福島の原発事故にも当てはまっています。
つまり、ブラックスワンは人間活動だけでなく、自然災害や宇宙で起きる出来事にも当てはまるのです。
演繹法の場合、一度も起きたことのない事象に関する理論をつくることは不可能ではありませんが、
机上の空論だと言われるでしょう。一度も起きたことのない事象は確認のしようがありません。
一方、帰納法の場合は絶対に不可能です。帰納法は、「世界で起きる出来事は全くデタラメに生起する
わけではなく何らかの秩序があり、同じような条件のもとでは同じ現象がくりかえされるはずだ」という
証明不能な原理をもとに論証されているからです。
しかし、いくつ事例があっても理論の裏づけとしては不十分であるのに対し、理論が成り立たないことは
一瞬にして判明します。分かりやすい例が、「東北地方太平洋沖ではマグニチュード9クラスの地震は
起きない」といったものです。小保方さんのように、事実でないことを論文に書く人はいないでしょうが、
都合の悪いデータの除去は当然のように行われています。
事実上、仮説を検証するのに都合のよいデータだけを公表することが暗黙の了解になっているのです。
「正しい前提を正しいアプローチで正しく証明すれば正しい認識が得られるはずだ」という論理も、
ひとつの考えかたに過ぎません。最悪なのは、「正しい前提を正しいアプローチで正しく証明したが、
最終的な結論は間違っていた」というもので、科学者以外の多くの人にとっては、
「正しいとはいえない前提を、正しいとはいえないアプローチで、正しいとはいえない方法で証明した
結果、正しい結論が得られた」でもOKでなのです。

前記事の続きですが、ここで改めて、トランプと陰陽論の共通点を考えてみますと、
トランプのスート(マーク)は4種類であり、これは陰陽論の四象の状態に当てはまります。
四象のどれがトランプのどのマークに当てはまるのかはよく分かりませんが、下の図のように左から、
「スペード、ダイヤ、クラブ、ハート」の順に「A(エース)」を並べておき、一連のものと考えます。
これをすべて一回転させれば、当然のことながら、元の状態に戻ります。
ここで、両端にある「スペード、ハート」は太極図の外周(円)を一回転させる一方、
内側にある「ダイヤ、クラブ」は太極図の陰(もしくは陽)の周りを一回転させてみます。
そうすると「ダイヤ、クラブ」は反転するのですが、「ダイヤ」は反転しても元と同じ状態になる一方、
「クラブ」の状態は反転します。「スペード、ハート」も元に戻るので、「クラブ」だけが反転するのです。
もう一回転させると「クラブ」がさらに反転して、全体として元の状態に戻ります。
つまり、「A」では、元に戻るには二回転が必要です。
次に、同様のことを「2」で考えてみます。「2」の場合、すべてを半回転させれば元に戻ります。
また、両端にある「スペード、ハート」は太極図の外周(円)を一回転させる一方、
内側にある「ダイヤ、クラブ」は太極図の陰(もしくは陽)の周りを一回転させてみますと、
反転する「ダイヤ、クラブ」を含めて、すべてが元の状態に戻ります。
つまり、「2」で元に戻るには一回転でいいのです。
ここでは素粒子には結びつけず、ここまでにしておきます。
「3」以降どうなるかですが、トランプの図柄を眺めてもらえば分かります(絵のカードを除く)。
頭のなかだけで考えると、奇数と偶数で分けられるような感じがしますが、意外に複雑です
(「8」は配置のしかたがカードによって異なり、それによって結果が変わります)。

陰陽とトランプ1と2

しかし、前記事の最後にも書きましたが、陰または陽の周りを回ると進行方向が逆転してしまいます。
二周目に入るところで折り返すような動きをしないためには、太極図が2つ必要になります。
下の図では、陰の動きを示しています。太極図が2つあると、折り返すことなく回ることが可能になります。
ところが・・・陰の周りを回るようにすると陽の周りを回るようにはならず、
陽の周りを回るようにすると陰の周りを回るようにはできません。これでは、「ダイヤ、クラブ」を
同時に回せないことになってしまいます・・・

二陰陽

スポンサーサイト

2015_02_24


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬・神津島ライン上に、
宗像三女神の長女、田心姫が
祀られている沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top