宇宙最古の星

category: 第四章 宇宙  

地球サイズの惑星公転、観測史上最古の恒星発見 国際チーム (1月28日 時事ドットコム)
【マイアミAFP=時事】地球サイズの惑星5個が公転している、観測史上最古の恒星を発見したとの
研究論文が、27日の天文学専門誌「アストロフィジカル・ジャーナル」に掲載された。
この結果は、惑星が宇宙の歴史を通して形成されてきたことを示唆しているという。
(写真はケプラー宇宙望遠鏡のイメージ図)
国際天文学者チームが発表した論文によると、この恒星系は、天の川銀河(銀河系)が誕生して
間もない頃に形成されたとみられ、その年齢は112億年と考えられるという。
この恒星は、2009年に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡を用いて
発見されたことにちなんで「ケプラー444」と命名された。
ケプラー444を公転している5個の惑星は、地球よりやや小型で、水星から金星ほどの大きさだという。
これらの惑星は、太陽に似た主星を10日未満の周期で公転しており、公転半径は太陽と地球の距離の
10分の1より小さい。このため、これらの惑星は高温すぎて生命の存在には適さない。
だが、天文学者らを驚かせたのは、恒星の年齢そのものだ。
地球から117光年の距離にあるケプラー444は、約45億年前に形成された太陽系より約2・5倍古い。
遠くにある惑星の年齢は「星震学」と呼ばれる天文学の手法を用いて測定できる。
星震学では、恒星内部に閉じ込められた音波によって発生する主星の振動を観測する。
内部の音波は、主星の光度に弱い脈動を発生させる。この脈動を分析することで、星の直径、質量、
年齢などが算出できる。論文の共同執筆者の一人、米アイオワ州立大学のスティーブ・カワラー教授
(物理学・天文学)によると、ケプラー444は非常に明るい星で、双眼鏡で簡単に見ることができるという。
論文の主執筆者、英バーミンガム大学のティアゴ・カンパンテ氏は「地球サイズの惑星が、
宇宙138億年の歴史の大半を通して形成されてきたことが、今回の研究で分かった」と話す。
 「これは、銀河系内に古代生命が存在した可能性の余地を与えるかもしれない結果だ」(カンパンテ氏)
【翻訳編集AFPBBNews】

ケプラー宇宙望遠鏡


宇宙の一番星を探して 宇宙最初の星はいつどのように誕生したのか宇宙の一番星を探して 宇宙最初の星はいつどのように誕生したのか
(2011/11/30)
谷口 義明

商品詳細を見る


ケプラー444は112億年前にできたということなので、現在138億歳の宇宙がまだ若かりし26億歳
のときに誕生したということになります。この星には5つの惑星があるということですが、この惑星は
小さくてかつ恒星のすぐそばを回っているということですから、水素やヘリウムでできているとは考え
にくく、少なくとも炭素、おそらくは地球と同じようにケイ素などの酸化物でできているのでしょう。
惑星も恒星が誕生したときにできたとするならば、そのケイ素はどこからきたのでしょう。
小さな星では、水素が核融合してヘリウムができて終了です。太陽よりやや大きな星の場合、
水素を使い果たして星が死に近づくと、ヘリウムが核融合して中心核に炭素と酸素ができるものの、
それらはそのまま白色矮星になります。さらに大きな星では中心核にケイ素が生成されます。
さらに大きな星では中心核に鉄ができて超新星爆発が起こります。
よく言われているのが、この爆発によるチリで次の星ができるというものです。
太陽のように比較的新しい恒星の場合はそうなのかもしれませんが、ケプラー444のように
古い星の場合、周囲で起こった過去の恒星のチリではなく、宇宙の再電離を起こした超巨星が
宇宙全体にばらまいたチリで構成されているのではないでしょうか?

宇宙が1億歳の頃には星ができていたのではないかと考えられていますが、その頃の宇宙は
今の宇宙とは全く違う状態であったのかもしれません。
なぜなら、1億歳の頃の宇宙空間にあった水素は、原子(分子?)状態だったからです。
宇宙が10億歳の頃、それまで非電離状態であった水素は、何か(おそらく光)によって電離され、
宇宙がはじまった頃と同じように、再び陽子と電子になってしまいました。
現在、宇宙から地球に降りそそぐものは、水素原子や水素分子ではなく、陽子です。
宇宙の温度は下がり続けているのですから、電離状態から非電離状態になるほうが自然であり、
それが再び電離状態になるにはかなりの高エネルギー線が宇宙を満たしたということになります。
それを生み出したのは星だと思われますが、現在あるような星ですと、宇宙全体の水素を電離
するようなエネルギーを放出するとは考えにくいでしょう。そこで、想像力を働かせてみますと・・・

非電離状態の宇宙にあった星というのは、わたしたちが現在見ているような銀河のなかに無数の星が
あるような状態ではなく、どんどん成長して大きくなり続ける星だったのではないでしょうか?
成長が止まらず、いつまでも大きくなり続ける星です。
燃料(水素)が周囲から集まり続けている間は、星は成長を続けます。しかし、いつか周囲から燃料を
集めきれなくなると中心核でヘリウムが融合しはじめ、炭素や酸素ができ、さらにケイ素ができ、
さらには鉄ができて、それでも止まらず、もっと大きな原子もつくられたのではないでしょうか?
鉄より大きな原子ができると温度が急降下して、現在の星では考えられないほどの大爆発を起こして、
高エネルギー線を宇宙全体に放射します。そのエネルギー線は宇宙全体を覆うほどのものです。
そのエネルギーで水素は再び電離してしまったのです。宇宙が高密度であれば、陽子と電子は
再び衝突して、水素原子に戻ることになったでしょうが、当時は既に、希薄になっていたのです。
それらのチリは宇宙全体にばらまかれました。
そのように考えると、地球にウランがあるのも納得できるような気がします。
宇宙がとても穏やかであったなら、ウランのような重い原子はできなかったのではないでしょうか?
人類が取り扱うのが困難なくらい、ウラン235にはエネルギーがつまっているのですから。
ウラン235の半減期は約7臆年ですから、126(7×18)億年前にウラン235ができたとするならば、
ウラン235の量は今より約26万倍存在していたということになります(かなりの量です)。
再電離後にできたウランもあるのかもしれませんが・・・

しかし、これがフィクションではなく本当のことであるとすると・・・宇宙には・・・
とんでもなく大きなブラックホールがあるはずです!
そのブラックホールは、今ある最も大きな星によってできるであろうブラックホールと比較しても、
桁外れに大きく、質量も大きなものでなければなりません。もうひとつ言うと、
「再電離以降に、ヘリウムより大きな元素を含まない星はない」ことも必要条件になりそうです。


宇宙の再電離
すばる望遠鏡 > 観測成果 > 2012年 > 最遠方銀河で見る夜明け前の宇宙の姿


スポンサーサイト

2015_01_29


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬・神津島ライン上に、
宗像三女神の長女、田心姫が
祀られている沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top