燃料電池車と電気自動車


燃料電池車と電気自動車、どちらが「真のエコカー」なのか?
「Well to Wheel」から見たCO2排出量の違い
 (1月7日 JB PRESS)
クルマ業界は水素ブーム
2014年12月15日、トヨタ自動車は世界初の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を発売した。
FCVは、走行時に「H2+1/2 O2=H2O+電気」と、CO2は一切排出せず水しか出ない。
それゆえ、「究極のエコカー」と呼ばれている。
2011年以降、クルマ業界では、水素で走るFCVがブームの兆しを見せている。
2011年9月にルノー・日産自動車とダイムラーが燃料電池自動車開発分野での共同開発に合意、
2013年1月にトヨタとBMWが提携、同月にルノー・日産自動車とダイムラーの提携にフォードが加入、
7月にホンダとゼネラルモーターズ(GM)が提携している。そして、2014年12月に、世界で先駆けて、
トヨタがFCVを発売した。2015年には、ホンダも発売を予定している。
業界に反旗を翻すテスラモーターズ
クルマ業界がこぞってFCVに進む中、米テスラモーターズは、(中略)2017年ごろには、375万円程度
の大衆車「モデル3」の発売を計画している。その際、モデルSと比べて、航続距離も加速性能も
落とさないと明言している。もし、これが実現したら、EVのイメージが大きく変わるかもしれない。
課題はどちらもインフラ整備
太陽光で水素を作ってもCO2排出量は14グラムだが、太陽光を充電したEVならCO2排出量は
たったの1グラムになる。「人類を滅亡から救う」ことを起業の目的にしているイーロン・マスク
(テスラモーターズCEO)がEVを選択しているのは、このためである。
FCVの普及のために、JX日鉱日石エネルギーは、2020年をめどに国内10拠点で水素を生産し、
約2000店に水素スタンドを導入する計画だという(「日本経済新聞」2014年12月22日)。
しかし、天然ガスなどの改質による水素を使っている限り、Well to Wheelから見たCO2排出量は
ガソリン車の半分にもならない。(中略)
マスクは「世界どこでも充電無料」と明言している。そして、行く末はマスク自身が会長を務める
ソーラーシティが、EV充電用に太陽電池の設置を計画している。
CO2排出量を劇的に低減するには、「FCV+太陽光」か「EV+太陽光」しか選択はない。
そして、「究極のエコカー」と言えるのは、どう考えても後者である。

自動車CO2排出量

トヨタMIRAIのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)トヨタMIRAIのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
(2014/11/21)
不明

商品詳細を見る


占い師的に水素社会の未来を占ってみましょう。答えは簡単です。
「水素社会は必ず来る!」と、占い師は断言できます。なぜなら、いつ来るかを言ってないので、
「いつになったら来るんだ」と言われれば、「まもなくです」と言っておけばいいからです。
しかも、水素社会がどんな社会であるかを説明していないので、いくらでも言い訳が可能です。
しかし、この程度のことで占い師が非難されるのもおかしいと思います。なぜなら、国民の負託にこたえ
なければならない政治家のほうが、もっといい加減なことを言っているからです。
政治家はできもしないことを言ってはいけません(守られていませんが)。占い師は「占い師が」という時点で、
根拠のないことを言いますよと断っているようなものですから。さて、わたしの占うところによりますと、
「水素社会は必ず来ます!」。
と言うより、来てもらわないと困るのです。6日、トヨタが単独で保有する燃料電池車関連の特許を
すべて無償で提供すると発表しました。この決断は絶賛されているようですが、
ここまですること自体が、自動車業界全体の危機感を示しているものともいえます。
トヨタが成功しようと失敗しようと一企業の問題だからどうでもよい、と言っておれないところが日本のつらい
ところで、トヨタがこけると、自動車業界全体がこけ、地方にある関連中小企業も大打撃を受けてしまいます。
地場製造業を支えているのは自動車関連産業だという地方はかなり多いのです。
トヨタがこけると、地方創生どころか地方崩壊です。

電気自動車が世界のスタンダードになり、電気屋で自動車が売られるようになると日本の自動車産業は
苦境に立たされます。なぜなら、電気自動車はパーツを組み立てればできあがるので、中国などで
パーツを世界規模で製造することができるようになるからです。今のパソコンのような感じです。
それに比べて燃料電池車ですと、部品点数も多いですし、研究開発の余地も多く残されています。
そして、危険でもあります。危険であるほうがいいという説明はおかしいかもしれませんが、
危険なものだからこそ安全性が重要になってくるのです。実は、電気自動車にも危険性はあります。
電気自動車のバッテリーの電解質は有機溶媒ですので、衝突時や冠水時には爆発するかもしれません
(金属リチウムはナトリウムほどの反応性はありませんが、水と反応して発火することがあります)。
しかし、バッテリーさえ信頼できるものであれば、中国製電気自動車を電気屋で売ることは可能でしょう。
しかも、全固体型のリチウムイオン電池が開発されれば、安全性は飛躍的に高まることになります。
一方、燃料電池車については、いつになっても中国製の製品が電気屋で売られることはないでしょう。
なぜなら、バッテリーとは異なり、ガスはどこから漏れるか分からないので、中国製燃料電池車では信用が
おけないからです。また、燃料の供給にも常に危険が伴います。
先進国企業がつくる製品の最大の付加価値は安全です。
最近、消費者の信頼を裏切る事故が多いことは残念なことですが、国産の信頼度は今でも最高でしょう。
逆にいえば、「安全」や「精度」などが重要視されない製品ならば、発展途上国の企業がつくればいいのです。
ガソリン車やディーゼル車は基本的に危険です。「この車、10万円なんだけど、ときどき爆発事故が発生
していて人が死んでいるんだって」という車に乗る人はいないと思いますし、法律上も認められないでしょう。

「燃料電池車や電気自動車か」についてですが、ここでは電気自動車に関することだけ説明します。
今後、電気自動車が普及するどうかにおいて最も重要なことは、バッテリーの性能です。
容量と充電時間がガソリン車並になれば一気に普及する可能性がないわけでもありません。しかし、排熱の
ない電気自動車にとって暖房は頭の痛い問題です。燃料電池車には排熱がありますし、ヒーターを使用しても
燃料の減りが多少早くなる程度でしょうが、電気自動車では電池容量の問題に直結してしまいます。
もうひとつの問題は、発展途上国において、自宅に充電設備を持つようになる可能性は低いということです。
ですから電気自動車は主に先進国の乗り物であると考えるべきでしょう。
今後、車を買ってくれそうな発展途上国であまり売れないということでは、魅力がありません。
さらにいうと、現在の日本の電力事情からすると、これ以上電気を使ってほしくない状況です。
電気自動車ではなく、現行のハイブリッドカーか、もう少し進化させてプラグインハイブリッドで十分でしょう。

さて、水素は本当に温室効果ガスの削減につながるのでしょうか。これについては、
最終的には水素がベストの選択であるといえます。
なぜなら、どのような方法であれ、大量の再生可能エネルギーを利用しなければならないことになれば、
最も効率的なのは、赤道に近くて日照時間の長いこところ(砂漠)か、極地に近くてずっと風が吹いている
ところか、流量の膨大な海流があるところか、大規模な火山地帯に頼ることになるからです。
これらのエネルギー源は消費地から遠く、送電できない(送電できる距離には限界があります)ことから、
酸化してエネルギーを生む物質(還元体)を製造し、それを運ばなければなりません。
それに、エネルギーを物質に変換することで、電力で問題となる出力の不安定さをキャンセルできます。
酸化してエネルギーを生む物質の原料には何が最適化かと考えると、「水」が最も有力でしょう。
何せ、大量にありますから。となると、還元体は「水素」ということになります。
しかし、水素を貯蔵、運搬することについては大いに疑問があります。(これについてはいつか・・・)

燃料電池車の安全基準
「国内自動車メーカーが有利に、燃料電池車の世界基準で日本案が採用」 ~スマートジャパン

スポンサーサイト

2015_01_09


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top