第三十七章 占星術的世界観18                                                         37-1 天地創造のルール1


STAP、夢のまま終幕 理研「一つもできなかった」(12月19日 朝日新聞デジタル)
「科学の常識を覆した」と称賛された成果が淡く夢と消えた。理化学研究所は19日開いた記者会見で、
STAP細胞は確認できなかったと結論づけた。4月に「STAP細胞はあります」と涙ながらに訴えた
小保方晴子氏は、理研を去ることが明らかになった。
「まず、最初に結論を申し上げさせて頂きます。STAP現象は再現することができませんでした。
来年3月までの予定だったが、検証実験を終了することとしました」
冒頭、実験総括責任者の相沢慎一特任顧問が実験の打ち切りを告げ、会見は始まった。
東京都内の会場には約200人の報道陣が詰めかけ、用意した席はほぼ満席状態だった。
相沢氏は小保方氏が7月から始めた検証実験について、スライド画像で説明。小保方氏は論文にある
手法で、STAP細胞のような細胞を作製。別のマウスの受精卵に1615個の細胞の塊を移植し、
細胞が混ざり合った「キメラマウス」が出来るかを、別の研究者が確認した。
キメラマウスができれば、STAP細胞が存在する有力な証拠となる。だが、相沢氏は
「キメラは作ることができなかった」と説明した。次いで、独自に検証実験を進めてきた丹羽仁史チーム
リーダーが説明。同様にキメラマウスができるかを確認したが、
「244個の細胞塊を入れても、一つもできなかった」と話した。相沢特任顧問は「これ以上の検討は、
検証実験の範疇(はんちゅう)を超えるものと考える」と話し、検証実験を終了することにしたと説明した。
2時間以上にわたる会見を終え、退席しかけた相沢氏は立ち止まり「モニター監視や、立ち会いを置いた
小保方さんの検証実験は、科学のやり方でない。そういう実験をしてしまったことに、
検証実験の責任者としておわび申し上げるとともに、深く責任を感じている」と謝罪した。

嘘と絶望の生命科学 (文春新書 986)嘘と絶望の生命科学 (文春新書 986)
(2014/07/18)
榎木 英介

商品詳細を見る

内容紹介
小保方さんなんてかわいいほうですよ」 世紀の大発見のはずが一転、論文不正やねつ造の報道に
とってかわられ、世間を驚かせたSTAP細胞をめぐる騒動。しかし、バイオの研究者たちの実感はというと、
「もっと真っ黒な人たちがいる」というものだった。 iPS細胞の発見にはじまり、再生医療や難病の治療、
食糧危機や絶滅した生物の復活まで様々な応用可能性が期待され、成長産業の柱として多くの予算を
投入されるバイオ。しかし、生命現象の未知の可能性と崇高な目的が謳われるその裏で、バイオ研究を
取り巻く環境は過酷さを増している。若手研究者たちの奴隷のような労働実態、未熟で自己流の研究者
が多数生み出される大学院の実態、絶対の存在である大学教授、続発する研究不正……。
STAP細胞騒動の背景には何があったのか。一連の騒動によってあぶりだされた知られざるバイオ研究
の虚構の実態を、かつて生命研究の一端に身を置いた科学ジャーナリスト賞受賞の病理医が、あらゆる
角度から徹底検証。バイオの未来を取り戻すための提言を多数盛り込んだ決定版の1冊です。

グルーオン図1

小保方さんに問題があったことは言うまでもないことですが、小保方さんだけがやっていることとも
思えません。「バイオって、これまで騒がれてきた割には、産業への波及効果ないなぁ」と感じて
おられるかたも多いのではないでしょうか?
これだけバイオの研究が盛んなのに、これだけ成人病の治療薬や予防薬が渇望されているのに、
バイオの研究が結実して魅力的な新薬が生まれたという話はあまり聞きません。
全然、実状を知らないのでなんとも言えないのですが、
バイオ研究として何をすべきかを研究する必要があるのではないでしょうか?
どの研究でもそうなのかもしれませんが、研究者をサポートする人材を育てることが大切です。
人身御供(ひとみごくう)的手法はやめるべきです。

ちなみに、本記事は、小保方さんの研究とは異なり、科学ではありませんので・・・あしからず・・・
物語と思ってもらって結構です。ただ、フィクションだからデタラメでよいというものでもありません。
なぜなら、自分で勝手にルールを決めたとしても、ルールを決めるとそれに従う必要がでてくるからです。
易や陰陽五行論が宇宙生成の真実を語っているとしても、昔の宇宙創世記にグルーオンは登場しません。
神が定めた天地創造のルールを探りつつ、陰陽論的グルーオンが何種類あるのか検討してみます。
まず、ルール1、2、3、4をつくってみました(上の図)。
グルーオンは、「地」の向かいと隣に何があるかで決まります。「地」の右隣りと左隣りは、
ひっくり返せば同じ図形になるので、「空」(何もない部分)を上に書くか、下に書くかは表記上の問題です。
一方、「地」の向かいと隣は、入れ替えることができません。
次に、グルーオンは二層構造になっていて、一方の層では、陰か陽になっていることが多いのですが、
トータルの陰陽バランスは0です。そうしないと、電荷が0でなくなってしまいます。
また、上層の「地」と下層の「地」は上下に並んでいます。「空」も同様です。
つまり、上層と下層は常に同じ方向にしか回転できないのです。スピンが0にはならないことになります。
最後に、グルーオンの上層と下層は、入れ替えることができるものとします。
「卦」のなかでは上下の違いがあるのですが、グルーオンとして取り出すと、
上から見ることと下から見ることを判別することはできません。
これで、もう一度、「卦」のなかにできるグルーオンのパターンを探ってみました(下の図)。
グルーオンのところで何が抜けるかによって、その爻の陰陽が変化します。
パターンBとDでは、A・Cとは陰陽が逆転して、外(上)卦は、「巽(そん)」になります。
「巽(そん)」は「風」を意味します。(六十四)卦としては、「風水渙(ふうすいかん)」です。

さて、このグルーオンを記事36-1でしたように、クォークの色を変換させてみよう
とすると、4つのグルーオン全部、クォークの色を変換させることができません。
つまり、これでは、グルーオンに色荷がないことになってしまうのです。
全部のグルーオンが無職ではまずいでしょ。
無職ではなく、無色でした!いや、白色というべきなのかもしれません。
これはいけません。現実と合わないということは、まだルールがあるということです・・・(続く)


グルーオン図2

スポンサーサイト

2014_12_20


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top