36-4 最初の一歩は最後の一歩


自らの死体を見た者に祝福あれ (OSHO TAO 永遠の大河 3)
(前略)あなたは生と直面するために何度も何度もそれ(答え)を準備する
ところが、くり返し、くり返し それは失敗に終わってしまう
そのわけは どんな既製品の答えも役になど立たないからだ
生は一貫していない 生というのはまったく頼りにならないのだ
(中略)けっして既製品の答えを持って生の中へはいってゆかないこと
さもなければ あなたは絶対の生に出会えないだろう
あなたは用意をし、準備をととのえるために時間を無駄にし
これから今度は生を取り逃がした後になってまた時間を無駄にする
(中略) あなたは何かを用意し 実際には何か別のことをやり
おまけに、自分としては何かほかにやりようがあったと後悔する
そうやって時間が無駄になってしまう そしてその間にも生はそこを流れていく
それなのにあなたはガラクタを集めてばかりいるのだ
(中略)だから目的地(ゴール)のことなど気にしなくていい
最初の一歩は、同時に最後の一歩なのだ 始まりが終わりなのだ
この瞬間がすべてなのだ 千里の旅も一歩から始まる
目的地(ゴール)のことは心配しなくていい ただ、最初の一歩を踏み出すことを楽しみ
その中に歓喜しなさい そうすれば 二歩目は一歩目から自然にでてくるだろう
そして、三歩目がその後に続く あなたがそれに心配する必要はない
明日は明日にまかせるがいい 明日のことを思うなかれ
楽しみなさい! この一歩はビューティフルだ
そうやって手段そのものが目的と化すほどにそれを楽しむがいい
このことが理解されねばならない
さもなければ あなたはいつも取り逃がしてばかりいるだろう
というのも、あなたは旅に疲れ果て
きっと目的地(ゴール)のことを夢に見るだろうから―
しかし、どうして くたびれた旅がよろこびに満ちた目的地(ゴール)につながるだろう?
(本の紹介は記事28-3に記載)

成功したければ目標は立てるな―「世界一の教え」富と強運をつかむ36のセオリー成功したければ目標は立てるな―「世界一の教え」富と強運をつかむ36のセオリー
(2009/06)
後藤 勇人

商品詳細を見る


成功したければ、自分を変えるな! ―すべてが自然にうまくいくディクシャの秘法成功したければ、自分を変えるな! ―すべてが自然にうまくいくディクシャの秘法
(2010/06/15)
寺田 和子

商品詳細を見る



自己啓発本を読む人はノウハウを求めたがるものです。人生を変えたい、変えるための何かが
ほしいと思った場合、ついついすぐ効果のある応急処置的な方法を探したい誘惑にかられます。
そして自己啓発本によくあるのが、目標を立てて、それを実現するために努力するということです。
しかし、oshoの本を読んでできることといえば、「答えを用意しておかない」ことぐらいです。
毎日が楽しいと思っている人は、自己啓発本など読みません。
今がダメなら、バラ色の未来を思い描かざるを得ないわけですが、
oshoは「今を楽しみなさい」と言っているわけですから、スタートがゴールになっているのです。
また、自己啓発本には、読むことでやる気のでるようなことが書かれていますが、
oshoの本をいくら読んでもやる気はでません。「自己を高める」ことを目指す本の多くには、
「身につけた知識を行動に移さなければ、人生に変化は何ら起きない、さあ行動だ。」
と書かれていますが、oshoが主張しているのは「無為」ですから、
できることといえば、無駄な行動を起こさないようにすることぐらいでしょうか?
「人生を変えたい!どうすればいいですか?」と聞かれれば、
oshoは「では、変えなさい」と、一言だけ答えるような気がします。
「それをやりたいのです。」 「ではしなさい。」
「それをやりたくないのです。」 「ではやめなさい。」
「人生を無駄にしたくないのです。」 「ではそうしなさい。」

わたしたちにとって最大の問題は、
人生を無駄にしているという実感が持てないこと。
なぜなら、周囲にも同じような人ばかりだから。
ある人は、自分が気づけないものは存在しないものとして無視してしまいます。
そうすれば気づける可能性は非常に小さくなってしまいます。
また、ある人は、自分が気づけないものを存在するものとして信じてしまいます。
信じてしまうと、それがあるのは当然とみなすようになってしまいますので、
知らないものに気づくというチャンスを捨てているということになります。
神様は、人間に神への信仰を要求してはいません。
神様を信じていても、幸せになれるとは限らないでしょう。しかし、
神様に気づいている人は今を楽しめるでしょう。

人生に定められた道があれば、何かに「気づく」必要はなくなってしまいます。
人生に定められた道がないことは、「神の恩恵」なのかもしれません。
今、自分が一歩も前進できていないことを憂う必要はありません。
はじめの一歩は最後の一歩になるのですから・・・

竹林

スポンサーサイト

2014_12_08


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top