陰陽五行からみた電子と陽電子


ビックバン直後の宇宙の姿、クォーク・グルーオンプラズマ (QGP)LHC-ALICE 実験 > 研究内容)
ビックバン宇宙論によると、現在の我々の宇宙の年齢は 137 億年と言われています。
それではビックバン直後の宇宙はどんな姿だったのでしょうか?
図1は、宇宙開闢である ビックバンから、現在の我々の宇宙までの歴史を示したものです。
ビックバンをの時刻を t = 0.0 秒とし、基準とします。現在の宇宙論では、t = 10^-37 秒に宇宙の
インフレーション 急激膨張が生じ、その後、素粒子であるクォーク対やグルーオン、光子、電子などの
レプトンが生成されたと考えられています。t=10^-6 - 10^-5 秒 (数μ秒から数10μ秒; 1μ秒は10^-6 秒)
では、これらの素粒子はばらばら、つまりクォークとグルーオンがプラズマ状態であったと考えられています。
この状態のことをクォーク・グルーオンプラズマ (Quark Gluon Plasma, QGP) と呼びます。その後、
宇宙膨張とともに宇宙の温度は冷え、t= 3分になると、クォークやグルーオンから、 陽子や中性子、ヘリウム
(He) やリチウム (Li) などと軽い元素の原子核が生成されたと 考えられています(ビックバン元素合成)。
t = 30 万年になると、今度は陽子や軽い原子核が 電子をまとう様になり、中性原子になります。
この時点で、これまで電子との散乱よって遮られていた 光子(光)が透過するようになります。これが今、
我々が 4K の宇宙背景放射として見ているビックバン から30万年後の宇宙の名残に他なりません。
この時点のことを「宇宙の晴れ上がり」と言います。
その後、t = 10-100 億年で原子銀河の形成や、超新星爆発による重元素の合成 (r プロセス) などが進み、
現在の宇宙、つまりt =137億年の宇宙に至っています。

宇宙の歴史

クォーク・グルーオン・プラズマの物理 ―実験室で再現する宇宙の始まり― (基本法則から読み解く物理学最前線 3)クォーク・グルーオン・プラズマの物理 ―実験室で再現する宇宙の始まり― (基本法則から読み解く物理学最前線 3)
(2014/04/09)
秋葉 康之

商品詳細を見る


陽子と中性子が3つのクォークから構成されることは今や常識となっています
(わたしは学校でクォークという言葉を見たり聞いたりした記憶はありません)が、単独では
取り出すことができないのですから、「本当に存在しているのか」と思われるかたもいるはずです。
グルーオンはクォークを結びつけている素粒子ですが、グルーオンも単独で取り出すことはできません。
クォークとグルーオンがどんな状態でも一定の空間内に存在して分離できないのなら、
クォークとグルーオンは一体のものであると考えることも可能でしょう。しかし、
ビッグバン直後の高温状態においては、クォークとグルーオンはばらばらに存在していたのです。
この状態は、原子核と電子が分離した状態を示す通常のプラズマと状況が類似しているので、
クォーク・グルーオンプラズマと言われます(つまり、一般的なプラズマ状態とは意味が異なる)。
現在、クォーク・グルーオンプラズマは実験的に再現できるようになっており、
ALICEにおいて、クォーク・グルーオンプラズマの研究がさらに進められるものと思われます。
わたしたちの身の回りでは、クォークとグルーオンが分離する環境は存在しないものの、
クォークとグルーオンという素粒子が存在していることは今や疑いようもありません。
しかし、どんなに素晴らしい装置で実験を行っても、ビッグバン直後における
素粒子の反応のすべてを知ることはできません。


(ここから先は、物理学ではなく、陰陽五行的イデア論です)
クォーク・グルーオンプラズマの研究では、宇宙に反物質が存在しない原因は解明できないでしょう。
なぜならば、わたしたちの宇宙が既に宇宙の中心から遠く離れているので、下の図に示したように、
五行の破片である「火」がわたしたちの宇宙の外に出る(つまりは消滅する)ことはないからです。
陰陽論では、陰と陽は同じように生成しますから、「火地風水」と「火地木水」は同じ数だけ生成します。
太極図に示されるように、陰と陽は徐々に盛んになっていき、やがて陰は陽を飲み込もうとし、
陽は陰を飲み込もうとする性質を持っており、
生成した「火地風水」(-2)と「火地木水」(+2)はさらに強い陰、陽になろうとします。
つまり、「火地風水」(-2)の一定割合は「火」(+4)を切り離して「地風水」(-6)になり、
「火地木水」(+2)の一定割合は「水」(-4)を切り離して「火地木」(+6)になります。
しかし、逆反応も起こって平衡状態になるため、「地風水」と「火地木」は一定量以上、増えません。
この段階までは、物質と反物質の量に違いはありません。
しかし、ここから陰と陽に違いがでます。
「火地風水」の場合、「火」(+4)は小さくて強い陽であるため、一部が宇宙の中心(陰極)に
引きつけられて系外に出てしまう、つまりわたしたちから見れば消滅してしまいます。
(宇宙の中心にある「陰点」については、前記事を参照してください)
すると、図(上側の反応)の右へ進む反応が優勢になり、
「地風水」(-6)が多く生成されます。
「火地木水」の場合、「水」(-4)は陰なので、宇宙の中心(陰極)に引きつけられて系外に
出てしまうことがない一方、「火地木水」(+2)と「火地木」(+6)は宇宙の外に出てしまいます。
しかし、それらは「火」のように小さくないので、「火」より消滅する量は少なくなります。
この結果、陰である「地風水」は、陽である「火地木」より数が多くなります。この差は僅かなもの
ですが、「地風水」と「火地木」が次々と衝突して消滅していくと、「地風水」が残ります。
物理的には、「地風水」は「電子」、「火地木」は「陽電子」と呼ばれます。かくして・・・
わたしたちは「陽電子」ではなく、「電子」に囲まれているのです。
これは電子の説明だけです。陽子を説明するにはアップクォークを登場させる必要があります。

このクォーク・グルーオンプラズマは、わたしたちが知っているプラズマのような状態ではなく、
完全流体とよばれる粘性ゼロの液体に近い性質を持つことが分かっています。
銀河の散らばる宇宙を形成するには、ほんのちょっとの密度の揺らぎが必要だと思われます。
銀河を創る絶妙な揺らぎはどうして生まれたのでしょうか?
記事20-4にある図のように、きっと、誰かが、
いい案配になるように乳海をかきまぜたのです???


電子と陽電子の関係




スポンサーサイト

2014_10_27


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top