田舎ではイノベーションは起こらない


年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学(安田洋祐氏による解説)
<浮かぶ都市>の高卒者は、<沈む都市>の大卒者より給料が高い――。
気鋭の経済学者が実証した、「ものづくり」大国にとっての不都合な真実!
「いい仕事」はどこにあるのか? なぜ「いい仕事」は特定のエリアに集中するのか?
アメリカでは、シアトル、オースティンといった都市で労働人口増加、投資増加、
雇用増加の好循環が生まれている一方、かつて製造業で隆盛を極めたデトロイトなどの
都市は過去20年以上にわたり人口流出、失業率の上昇に悩まされている。
両者の格差はそのまま平均賃金格差に反映されており、
成長する都市の高卒者の給料は衰退する都市の大卒者の給料よりも高い。
沈む都市周辺にいる限り、スキルアップの努力は大部分が無駄になる。
なぜ特定のエリアに雇用が集中して平均賃金が上がるのか。
本書ではこれを「イノベーション産業の乗数効果」で説明している。
イノベーション系の仕事1件に対し、地元のサービス業の雇用が5件増えるというのだ。
この乗数効果は製造業の2倍。ゆえに富める都市はさらに富み、沈める都市はどんどん沈む。
日本人の働き方、ものづくり重視の産業政策、雇用政策にも一石を投じるであろう一冊。
■イノベーション産業は製造業の3倍のサービス業の雇用を生む
■ご近所さんの教育レベルがあなたの給料を決める
■本当に優秀な人材はそこそこ優秀な人材の100倍優れている
■<沈む都市>は死亡率・離婚率ともに<浮かぶ都市>より高い
「驚くべきことに、ハイテク産業と製造業では、地域の雇用に与える影響が三倍以上も違うのだ。
他にも、アウトソーシングは従来型の製造業のほとんどで雇用を消失させる一方、
イノベーション産業では逆に雇用を生み出す場合が多いことも明らかにされる。
これらの意外な事実は、我々が抱きがちな「イノベーション産業は雇用を生み出せない」
という先入観をガラっと変えるものと言えるだろう」

年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学
(2014/04/23)
エンリコ モレッティ

商品詳細を見る

イノベーションには3つのパターンがあると思います。
ひとつは、天才によるものです。しかし、天才はそれほど存在するものでもありませんし、
天才の出現をじっと待っているわけにもいきません。
それと対照的なのが計画されたイノベーションで、これは、従来技術の延長線上にある
インクリメンタル(漸進的)イノベーションに限られます。漸進的でもイノベーションであり、
軽視すべきではないのですが、人々の生活を変えるようなイノベーションは計画のしようがありません。
残ったイノベーションのパターンが、セレンディピティによるイノベーションです。
セレンディピティは「偶然のひらめき」とも理解されますが、正確に言えば、何かの意図をもって行動
しているときに、意図したものとは別の価値あるものを見つける能力を指しています。
ですので、セレンディピティは単なる「偶然」とはいえませんが、計画することは不可能です。
そこで重要になるのが、「多様性」です。
下の図(左)において、縦軸は「イノベーション(特許)に金銭的な価値があったかどうか」を表し、
横軸は「参加メンバーの多様性」を表しています。
多様性とは専門領域の違いのことで、メンバー間の多様性が低ければ平凡な結果となります。
平均だけを見ると、多様性がないほうがいいと言えますが、イノベーションは確実に起こるものではなく、
確率は低くてもイノベーションを起こすことが大切ですから、分野の多様性がセレンディピティによる
イノベーションの源泉になっているといえるでしょう。

そこで、イノベーションが起こる場所はどこかという観点から、都会と田舎を比較してみると、
田舎は決定的に「多様性」が足りません。
地方では多様性がないため、何か新しいことを生み出そうとして同業者が集まります。
同業者の交流ほど、イノベーションを生まないものはありません。
具体的業界名を挙げるのはやめておきますが、これはわたしの実感です。
多くの場合、同業者の集会?を行うのは、どうにもならない斜陽産業の企業群です。

国の考える「産業集積活性化」や「産業クラスター」では、イノベーションは起きません。
有効でないことに気づいたからなのか知りませんが、最近は「地域エコシステム」
という言葉を用いるようになってきました。エコシステムとは生態系のことですから、
多様性の重要性を意識しているようにも思われますが、具体的政策があるのでしょうか?
きっと名前を変えただけで、今までと同じように補助金を配るのでしょう。
異業種交流を促進することはひとつの手法なのですが、この場合でも、多様性が足りません。
特に、田舎では、ビジネスとビジネスをつなげることをビジネスにしている人が少ないのです。
そもそも、はじめに書きましたように、イノベーションにはセレンディピティが重要ですので、
霞が関にいる頭のよいお役人が、鉛筆をねぶって成果が生まれるようなものではありません。

地域それぞれの特徴を活かして・・・という言葉をよく聞きますが、これも無理です。
地域内に多様性がないのに、どうしたら、それぞれの地域がユニークになるでしょうか?
現実は、どこかで何かが成功したら、全地方が右にならえです。ですから、
全国のご当地キャラクターが人気を競う「ゆるキャラグランプリ」が開催できるようになるのです。
「知」を生み出すのは、「東京」の仕事です。
その後のことは、その後に考えるしかありません。

イノベーションのパターン
 <左図の出典>
 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
 『異なる知性とのコラボレーションと
           デザイン思考について』

スポンサーサイト

2014_09_13


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top