葉酸のサプリメントによる摂取は必要か


葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果 (e-ヘルスネット 厚生労働省)
葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種です。近年の多くの研究から、
妊娠初期における葉酸摂取の不足により胎児における神経管閉鎖障害(NTD: neural tube defects)の
発症率が高まることが明らかにされました。そこで日本では2000年に厚生労働省から
妊娠の可能性がある女性に対して、葉酸摂取に関する通知が出されました。
葉酸と神経管閉鎖障害
葉酸は細胞増殖に必要なDNA合成に関与しています。またホモシステインというアミノ酸の一種が
蛋白質の合成に必要なメチオニンという必須アミノ酸に変換される過程に必要とされます。
妊娠初期は胎児の細胞増殖が盛んであるため、この時期に葉酸摂取が不足すると胎児の
神経管閉鎖障害の発症リスクが高まることが示唆されています。
神経管閉鎖障害とは脊椎の神経管の癒合不全による先天異常であり、日本では神経管閉鎖障害のうち
脊椎に癒合不全が生じる二分脊椎が大部分を占めます。日本における二分脊椎の発症率は
1999-2003年で出生1万対5.12であることが国際クリアリングハウスにより報告されています。
過去において欧米諸国では神経管閉鎖障害の発症率が高率であったこともあり、発症リスク低減に
対する葉酸の効果について、大規模な疫学研究が数多く行なわれました。
それらの研究は受胎前後における充分な葉酸の摂取により、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが
大幅に減少することを示しました。そこで世界各国で妊娠を希望する女性に対してサプリメントなどの
栄養補助食品からの葉酸摂取に関する勧告が出され、また葉酸を添加した食品も普及しました。
その結果、欧米諸国での神経管閉鎖障害の発症率は近年著しく減少しています。
こうした背景から、日本でも2000年に厚生労働省から神経管閉鎖障害のリスク低減のために
妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から
1日400μgの葉酸を摂取するよう通知が出されました。

ビタミンB群が軽度認知症に有効 (最新健康ニュース 海外の健康関連ニュース
オックスフォード大学の研究によると、ビタミンB群(ビタミンB12、B6、および葉酸)が
アルツハイマー病の進行緩和に有効かもしれません。 ビタミンB群の服用で、アルツハイマー病の
影響が最も甚大な海馬と小脳の萎縮を90%も減少できる可能性があるというのです。
この研究では、ホモシステイン(認知症のマーカー)の増加が見られる軽度認知症(MCI)の高齢者200人
(ソースによっては156人)を2つのグループに分け、一方にはビタミンB12、B6、および葉酸のカクテル
(葉酸を 0.8mg、B12 を 0.5mg、B6 を 20mg 含有)を、もう一方のグループにはプラシーボを、
それぞれ2年間にわたって服用してもらいました。そして、両グループの脳の変化をMRIで追跡調査
したところ、プラシーボを与えられたグループでは脳の萎縮が(2年間で?)5.2%であったのに対して、
ビタミンB群を服用したグループでは萎縮が0.6%に留まりました。
この0.6%という数字は実は、60歳以上の健康な人と同程度の萎縮率なのです。
複数の知能検査においても、ビタミンB群を服用したグループのほうが良好な成績でした。
他の複数の研究によると、健康な人あるいは重度のアルツハイマー病の人においては、
ビタミン(Bに限らずC~Eも)を摂っても認知機能の改善にはつながりません。
今回の研究と併せると、認知機能の衰え始めにビタミンB群を摂るのが良いということになりますね。
今回の摂取量である 0.8mg の葉酸 、0.5mg のビタミン B12 、20mg のビタミン B6 というは、
英国の摂取推奨量のそれぞれ4倍、300倍、20倍にあたる高用量です。

野菜の栄養価の低下

サプリメントの摂取については、人によって様々な意見があるようです。
サプリメントのような栄養補助食品は必要ない。食品から摂るべきだという人もいる一方、
サプリメントで栄養素を摂っているので、野菜はあまり必要ないというサプリメント信奉者までいます。

上の図に示しましたように、野菜に含まれる栄養素が減少している現状では、
我が家で栽培している野菜を十分に摂っている人には必要ないかもしれませんが、
市販の野菜を買ってきて食べている多くの人にとって、野菜ですべての栄養素が十分に摂れている
という保障はありません。効率のよい野菜栽培では、どうしても栄養素は減少してしまいます。
また、ストレスのない環境で生活できている人はいいのですが、ストレスにさらされているな、
と感じている人は、個人差はありますが、ビタミンの消耗が多くなっているかもしれません。
サプリメントを摂取したほうがよい人は、確実に増加しているように思います。
これとは逆のパターンで、サプリメントで十分だという人もいます。
しかし、サプリメントには単一の成分しか入っていませんから、どんなに多くの種類のサプリメント
を摂ったとしても、野菜に入っている大切な成分のどれかが欠けてしまうものです。
サプリメントを摂ったから野菜は要らないというのは、野菜嫌いの単なる屁理屈に過ぎません。

ところで、国はサプリメントにどのような態度をとっているのでしょうか?
国として公式にサプリメントの摂取を勧めている例は、ほとんどありません。
サプリメントは一般食品であると考えているので、特定の食品を勧めるようなことを国はしません。
食品なので、ある病気に効く、予防ができるというような表示をすることを禁止しています。
ですので、サプリメントの効果・効能を表示すると薬事法違反になります。
ただ、葉酸については例外です。厚生労働省が、妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの
葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から 1日400μgの葉酸を摂取するように勧めています。
妊娠に気づいてからの葉酸の摂取では、胎児の発育が進んでいることから、葉酸の効果が
十分に発揮されない可能性もあるため、妊娠の可能性がある女性に勧めているのです。
厚生労働省の勧告は、神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果に関するもののみですが、
二つ前の記事(28-7)にも示しましたように、葉酸の摂取は、出生児の自閉症リスクを減少させる
可能性もありそうです。いずれにしても、出産を考えている女性は、
葉酸を摂取したほうがいいのです。

葉酸は、認知症予防の可能性も指摘されています。
オックスフォード大学の研究では、葉酸だけでなく、ビタミンB12とB6も同時に摂ると、
認知症の予防につながるという結果が出されています。
この結果だけで、葉酸、ビタミンB12、B6が認知症の予防に有効であるとは断言できませんが、
葉酸、ビタミンB12、B6を含めて、ビタミンB群をしっかり摂っておくことは、
多くの人にとって、健康増進に有効な手段であるかもしれません。
妊婦を含めて、ビタミンB群は過剰に摂取しても、有害な影響がないとされています。
ただし、ビタミンB2を過剰に摂取すると、尿が黄色くなり、少し臭いがするようになります。
B-コンプレックスとして販売されている製品のほとんどには、葉酸、ビタミンB12、B6が含まれて
いますので、葉酸だけを摂るより、B-コンプレックスとして摂取したほうがいいかもしれません。

(サプリメントの摂取に関する判断は、ご自身でお願いいたします。)

ネイチャーメイド 葉酸 150粒ネイチャーメイド 葉酸 150粒
()
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る


ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒
()
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2014_07_27


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top