脱工業化社会から脱産業化社会へ


ポストモダン革命は既に始まっている (2006年10月3日 nikkei BPnet)
時代の潮目が変わった!
どうやらわれわれは、大きな転換期に直面しているようだ。(中略)
現在、多くの経営者が、「過去の成功法則が通用しなくなった」と感じている。また「定番商品が
売れなくなった」、「市場のトレンドが読めなくなった」あるいは「社内の意思疎通が難しくなくなった」と
いった日々の変化から、ビジネスの変調を体感しているビジネスパースンも少なくない。21世紀の
ビジネスパラダイムにおいて、20世紀におけるビジネスの成功要因の多くは通用しなくなりつつある。
20世紀と現在との間にはまだ数年の隔たりしかない。
だが、20世紀と21世紀の“ビジネス景観”はまったく異なることが、実感されるようになってきた。
20世紀型ビジネスモデルの落日
20世紀の“景観”の一面を述べるならば、それは大企業の時代であった。20世紀におけるビジネス
の勝者は、ほぼ例外なく大量生産・マスマーケティングのビジネスモデルを確立した大企業であった。
20世紀においては大量の経営資源(ヒト・モノ・カネ)を抱え込んだ大企業が、多くの分野で
市場支配権を持っていた。このような“景観”は産業化社会のパラダイムを反映したものである。
産業革命以降の近代の歴史は、企業が巨大化し経済社会における主導権を構築してきた過程と
とらえることができる。近代の大企業は、大規模な組織と設備を擁し、規模の経済を構築することに
よって、競争力を高めてきた。20世紀は、このような近代のパラダイムが世界中に行き渡った時代だった。
だが20世紀のビジネスモデルの根幹にあった「大量生産・マスマーケティング」、「経営資源の囲い込み」、
「中央集権的組織マネジメント」といった仕組みは、もはや時代遅れになっている。

ポスト産業革命

産業革命以降、企業というものが社会の中心的な存在となり、現代では、優良な大企業を
中心として社会が発展し、グローバル企業が世界中で影響力を増しています。
このような、いわゆる産業化社会は、ますます発展しているように感じられます。
しかし、社会の動きに敏感な人は、グローバル企業でさえ、ますます激しい競争に巻き込まれ、
負ければすぐに存続が危ぶまれるようになる今の社会をみて、「規模の経済」が終わりを迎え、
今までとは全く異なる新しい社会が生まれつつあるのではないかと考えるようになってきました。
しかし、未来社会がどのような姿になるのか、それを予想することは難しいですし、あっまという間に
大きな変化が起きる可能性もある一方、世代を超えたゆっくりとした動きになる可能性もあるのです。
どちらにしても、産業化社会は永遠ではありません。

下に示しました「型を破る人の時代」では、脱産業化社会において、わたしたちが、
どのように生きていけばよいか、その方向性を示しています。
なぜ、わたしたちの多くが会社に雇われ、会社から給料をもらって生計をたてているのでしょうか?
それは、大量生産、とり替え可能な部品、大量市場が、とんでもなく多くの利益を生みだしてきたからです。
しかし、消費者は画一的商品やサービスに魅力を感じなくなってきており、規模のメリットを活かす産業が
生みだす価値は減少していることから、同じ製品をより早く、より安価につくるというような仕事ではなく、
鮮やかな夢でつながり、人を楽しませ、驚かせる、そんな仕事が求められるようになってきました。
そうなりますと、リスクをとることより安全が大事である(つまりは、いい会社に就職して、
指示されたことを無難にこなしていくこと)という従来の大前提は崩壊し、
安全から逸脱して、まっすぐリスクをとっていくことが求められるようになるのです。
産業化社会にどっぷり浸かった人間には、何を言っているのかさっぱり分からないわけですが、
「型を破る人の時代」の著者いわく、「アーティストになれ」ということになります。
アーティストになれというのは、画家になったり、音楽家になったりしろという意味ではありません。
アートとは、「新しく、複雑で、活気にあふれたもの」
という意味であり、そのような意味でアートを創り出す人が「アーティスト」ということになります。
具体的に何かということは言えません。一人一人が、これまでのカテゴリーに収まらない分野を
開拓することが必要であり、「自分のアート」を世界に発信していかなければなりません。

産業原理主義に洗脳されている多くの人にとって、仕事とは、
朝起きて、仕方なく、決められた時間内、決められた場所に拘束されに行くことですが、
ポスト産業化社会を生きる人間にとっては、仕事の定義は全く異なります。
簡単にいってしまえば、人生は楽しむためにあるのですから、仕事とは、人が
毎日の生活を楽しむのを助けてあげること
になるわけです。


「型を破る人」の時代「型を破る人」の時代
(2014/04/03)
セス・ゴーディン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2014_07_19


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top