グリシンって何?グリシンの効果が全てわかる!
グリシンとはアミノ酸の1種で、食品添加物として私たちの生活を支えている成分です。
皆さんもよくご存知のとおりアミノ酸は、皮膚や骨、内臓や筋肉などを作っている
とても大事な栄養素です。(中略)
食品では、肉類(牛、豚、鶏)やホタテ、エビやカニ等に多く含まれています。
<グリシンは太古の地球にも存在していたと考えられている最も古いアミノ酸です。
  また、アミノ酸の中では最も分子量が小さく、体内に広く分布しています。>
また、タンパク質を構成するアミノ酸の1種として、グリシンからは、クレアチニンや
グルタチオン等の生理的に重要な物質が生合成されることが知られています。
話題の成分、グリシンの効果とは。
グリシンの代表的な効能を下記に紹介しています。
・睡眠の質を高め、快眠効果に期待されています。
・コラーゲンの構成成分となり、ハリのある肌を作ります。
・保湿作用や抗酸化作用を持ち、美肌作りに役立ちます。
・脳に作用して血管を広げ、血液の流れを良くします。
・血中コレステロールを低下し、高血圧や脳卒中の予防に役立ちます。
副作用や欠乏症などについて。
グリシンは、副作用などのリスクが殆ど無いと言われていますが、
極稀に悪心、嘔吐、上部消化管の不調など起こる場合があるとされています。
グリシンが不足すると、コラーゲン生成が低下し、肌荒れや関節痛などのトラブルが起こり
やすくなってしまいます。また、寝つきが悪くなり、不眠症などの原因となる場合もあります。

落雷

彗星のサンプルから生命の素を発見 (2009年8月20日 JPL News Release)
NASAの彗星探査機スターダストが2004年に採集したウィルド彗星のサンプルから、生命に
欠かせない成分であるグリシンが発見された。中に含まれる炭素の同位体比率が地球の炭素
と異なることも確認され、地球上の生命の起源を宇宙に求める説の裏付けとなりそうだ。

ここからは物語です。
天地の間で起こる陰陽、それは雷。
上昇気流にのった水蒸気は上空で冷やされて氷になり、
大きくなった粒は重くなって落下。雲のなかでは、氷の粒が
激しい衝突を繰り返すことで静電気が発生し、氷が帯電。
大きく重い氷の粒は負に帯電して雲の下のほうへ、
小さくて軽い氷の粒は正に帯電して雲の上のほうへ蓄積。

(ここが陰陽の重要なポイントであるが、この理由が科学的には未解明)
雲の下にたまった負の電荷は、たまに地面に対して放電。これが雷だ。
そのとき、周囲にあったアンモニア、メタン、二酸化炭素、酸素といった
ガスから、味の素ではなく、生命の素になるグリシンが誕生したのだ。
いつの時代のことなのか知らんが・・・

(酸素がわずかに存在する大気など、原始地球にあったのだろうか???)

グリシンと雷

いや、作戦変更。原始地球に酸素はなかった。
雷により水から生まれた微量の酸素が一時的にあたりに存在していた。

スポンサーサイト

2014_07_09


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top