やはり地震はこわい


巨大地震:太陽の黒点が少ない時期ほど頻度高く (阿修羅掲示板)
(情報元 2011年9月26日 毎日新聞)
太陽の黒点数が少ない時期ほど巨大地震の発生頻度が高いことが、湯元清文・
九州大宙空環境研究センター長(宇宙地球電磁気学)のチームの分析で分かった。
東日本大震災も黒点数が少ない時期に起きた。太陽の活動が地球内部に影響を
及ぼす可能性を示す成果として注目される。
11月3日から神戸市で開かれる地球電磁気・地球惑星圏学会で発表する。
太陽の黒点数は約11年周期で増減を繰り返し、地球大気の状態を変化させている。
チームは地球内部にも何か影響を与えていると考え、1963~2000年の太陽の黒点数と、
同時期に発生したマグニチュード(M)4以上の計32万7625回の地震との関係を調べた。
その結果、M4.0~4.9の地震の65%が、太陽黒点数が最小期(約2年間)の時期に
起きていた。M5.0~5.9、M6.0~6.9、M7.0~7.9でもほぼ同じ割合だったが、
M8.0~9.9では、28回発生した地震の79%が最小期に集中していた。
また、黒点数が少ない時期には、太陽から吹き出す電気を帯びた粒子の流れ「太陽風」が
強まる現象が毎月平均3~4回あるが、その現象時に、M6以上の地震の70%が発生していた。
太陽風が吹き荒れると、地上の送電線に巨大な電流が誘導され、大規模停電を起こすことが
知られている。湯元センター長は「太陽と地震の活動をつなげる要素は不明だが、
地震の謎を解明する手がかりにしたい」と話す。【田中泰義】

相模トラフ地震

アステック・カレンダーに刻まれた地球の各時代 (ノーシス 人類の歴史と未来) 
地球が通ってきた五つの時代(記事25-2の続き)
そしてその外側には一周グルリと20の四角が囲んでありますけれども、
これはアステカのカレンダーの一月(ひとつき)の20日をそれぞれ表す絵文字です。
そのすぐ外側がアステカの一世紀を表す52年を表しています。そして彼らの神
ケツァルコアトルの変身である金星、宵の明星、明けの明星のサイクルが表されています。
そして一番外側には中央の上から二匹の蛇(シウコアトル)が周りを囲んで、
一番下で顔を合わせています。このようなサークルに分けてみると、
このアステック・カレンダーは9つの主なサークルから成り立っています。
このカレンダーの計算は、この9つのサークルを回転させて太陽神トナティウの
舌が指し示すところから日付や出来事を割り出す方法で行われます。現在、
メキシコはもとより、多くの外国人スペシャリストたちがカレンダーや古代文明の文献、
天文学的データ等と比較研究をしており、そこから得られる情報が過去の出来事や
現代に起こっている数々の出来事と驚くほど一致していることから、
未来の予言とも関連付けられて最近特に注目されてきています。
アステック・カレンダーによれば、「この第五の時代は火山の大爆発と食糧危機と
大地震によって終わるであろう」といいます。そしてカレンダーからはじき出されたその
日付は2011年12月24日(2012年12月22日または23日という説もあります)。
果たしてこの予言は現実のものとなるのでしょうか。
----------------------------------------------------------------------------------------
時代が終わるとは、ひとつの文明が終わるという意味で、人類が滅亡するわけではありません。
一度、完全に滅亡してしまった人類が、再び地上に現れることなど考えられせん。
宇宙船で人類は地球にやってきたなどといわれると、全く信用できない話になってしまいます。
また、2011年、人類の存続に重大な影響を及ぼす何かが起こったということもありませんでした。
カレンダーの最後の日が来れば、次は新しいカレンダーになるだけのことです。
なぜ、カレンダーが終わると、人類が滅びるのでしょうか?
そのような言い方をすると、信者獲得が目的のいかがわしい宗教のように感じられます。
科学的でないからといって、教祖の私利私欲に利用してよいというものではありません。
科学的でないものこそ十分な議論が必要です。
ただ、日本にとっては、2011年は大きな自然災害に見舞われる年になりました。
それが地震であったということで、大地震には文明を葬り去る力があることを認識させられました。
東京という都市が、磐石なプレートの上にないことは間違いありません。
大阪も全く安心できません。比較的活動性の高い上町断層の上に街があるのですから。

アステカの神話で最も注目すべきことは、太陽の世界が創世され、滅んだとしていることです。
なぜ、古代人は、太陽に執心し、太陽を神として信仰したのでしょう。
わたしたち現在人が理解していない(忘れてしまった?)何かがあるように思います。
日本でも、なぜ太陽神である天照大御神が、最も重要な神になっているのでしょうか?
神は次々と現れますから、天照大御神も、そのなかの一神に過ぎないともいえるのです。
そもそも、日本という名前は、どこから来たのでしょう。
意外に、日本の歴史を探ることが、古代人の心理をつかむ最良の方法かもしれません。
そして、その心理のなかには、単なる思いこみではないものもあるのではないでしょうか?
古代人が何もかも知っていたとは思えないのですが、
心理は真理につながっているのです。

太陽の活動と地震には何らかの関係がありそうですが、
太陽風が地球内部に影響を及ぼすことは考えにくいように思います。
太陽が地球に与える影響については、まだ、わたしたちが理解していないことがありそうです。
とにかく、日本は地震の活動期に入ったと考えたほうがいいでしょう。
当たらない予想をするよりも、大地震がいつ来てもいいように、
備えを万全にするほうが賢明なようです。


大木聖子

スポンサーサイト

2014_05_23


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top