過去人類は4つの文明を体験してきた


アステック・カレンダーに刻まれた地球の各時代 (ノーシス 人類の歴史と未来) 
地球が通ってきた五つの時代 
アステック・カレンダーの中央に舌を出している顔があります。
これが太陽神トナティウで第五の太陽を表します。そしてこの上と下にそれぞれ四つの四角が
周りを囲んでいますけれども、この四つの太陽と中央の太陽、この五つの太陽、これが地球が
通ってきた五つの時代にあたります。  右上の四角、これが第一の時代、アステカ文明では
第一の太陽と呼びますけれども、ジャガーの絵文字で表され、土を象徴しています。
アステカ神話によれば、この時代の人類はジャガーに食べられてしまったといいます。
左上の四角、これが第二の時代、アステカ文明では第二の太陽と呼びますけれども、
これは風(空気)を表しています。この時代の人類は暴風によって痛めつけられました。
神々は人類が吹き飛ばされないようにと猿に変えてしまったといいます。
太陽の時代左下の四角、これが第三の時代、第三
の太陽で火を表しています。この時代
は火の雨によって滅亡しました。
神々は人類を救うために
鳥に変えたと伝えられています。
 右下の四角、これが第四の時代、
第四の太陽で水を表しています。
この時代は大雨による大洪水に
よって滅びました。神々は人類を
魚に変えたと伝えられています。
そして中央に見られるのが第五の太陽、
太陽神トナティウで表されており、
これが現在の人類の住んでいる
                                  地球の第五の時代です。

記事24-9の物語には、「春分の日、太陽が真西に沈むとき、
天頂には蟹座があり、そこに上弦の月が輝いている。」とありますが、
春分の日の夕方、太陽と地球はどのような関係にあるのでしょうか?
記事24-6のFig.3(a)(b)にありますように、春分の日に太陽が沈むとき、
わたしたちの上空には、夏至の太陽が通る軌道が現れています。
つまり、同図(d)にありますように、春分の日の夕方の黄道は、
非常に高い位置にあります。逆に、同図(c)のように、明け方に黄道が低くなります。
ちなみに、秋分の日は逆の関係になり、黄道の位置が高いのは明け方です。
同記事Fig.4には、2月15日の午後8時頃の夜空を示しています。
1ヶ月の経過は2時間遡ることを意味します(黄道の位置は変化する)ので、
春分の日(3月21日頃)、太陽が沈む頃(だいたい午後6時)には、
ほぼFig.4に示した夜空になっています。このとき、南中しようとしている星座は双子座です。
しかし、これは現在の状態です。初期状態(春分の日に太陽が牡羊座にある)では、
星座はだいたい1つずつ西にずれていますので、南中するのは蟹座になります。
このとき、月が蟹座にあるかどうかは、太陽と月の位置関係しだいですが、
ホロスコープのできたとき、(物語の上では、)月が蟹座にあったのです。
日本では、太陽、月は、天頂(観測者の真上)に達することが一度もありませんが、
北緯23度26分を走る北回帰線上では、1年に1度、夏至に太陽は天頂に達します。
もし、春分の日の太陽が沈むとき、月が南中すれば、天頂近くにあることになります。
マヤのチチェンイツァ遺跡は、北緯20度40分にあります。
ということは、春分の日の太陽が沈むとき、月が南中すれば、天頂よりも少しだけ
北に位置することになります。数字に正確なマヤ文明にしては、いい加減だと
思われるかもしれませんが、そうだとは言えません。
記事22-7にありますように、太陽の軌道(黄道)と月の軌道(白道)は
最大5度傾いています。つまり、ドラゴンヘッドの位置が適当ならば(どこにあれば
いいのか、わたしには計算できませんが)、月は正確に天頂に位置するはずです。
天頂にある月は、天の意志が
地球に降りてくることを意味します。


となると、重大な疑問が生じます。
月が蟹座にあったので、蟹座の支配星が月だというならば、当然ながら、
牡羊座の支配星は太陽でしょう!
そうなのです。元のホロスコープでは、太陽は牡羊座にあったのです。
下の図の左のように、太陽は牡羊座にあったほうが、ホロスコープは合理的になります。
なぜなら、実際の星の配列と同じように、金星と火星の間に月がくるからです。
太陽が中央で、両隣りに水星があり、真向かいに土星があります。
ではなぜ、現在のホロスコープでは、獅子座に太陽があるのでしょうか?
それは、現在が第五の太陽と呼ばれる時代であり、
牡羊座を1とすれば5に当たる星座が獅子座だからです。つまり、
現在のホロスコープは、過去、人類が4つの文明
を体験してきたことを暗示しているのです。

最後に、問題です。第四の太陽時代には、月と太陽は、どちらも蟹座に位置して
いた考えられます。他の星座には惑星をどのように配置すればよいでしょうか?


太陽の時代ホロスコープ
スポンサーサイト

2014_05_19


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top