星の一生と人の一生


星の一生 (weblio辞書 宇宙百科事典)
星間物質のかたまりから、星が誕生する
宇宙空間はまったくの真空ではなく、非常にうすい水素やヘリウムのガスや、ちりのような
星間物質がただよっています。これが星の原料になります。星間物質のかたまりがまわりの
星間物質を引きつけてしだいに大きくなり、やがて自分の引力でだんだん収縮していきます。
そして、中心温度が約1,000万℃に達すると原子核反応がはじまります。
ここまでの期間を星の「収縮期」といい、太陽程度の質量の星では約5,000万年かかります。
一生の中でもっとも長い主系列星の時代
収縮期が終わると、いわば一人前の恒星―主系列星の時代です。この時期の恒星は、水素原子
4個でヘリウム原子1個をつくる原子核反応によりエネルギーを放出していきます。
そのため、水素がだんだん減っていきヘリウムが増えていきます。主系列星の時代は星の
一生のなかでもっとも長く、太陽程度の質量の星で約100億年ぐらい続きます。私たちの太陽は
誕生してから約46億年と考えられていますから、主系列星時代の中間ごろにあたります。
ヘリウム核により外層がふくらみ赤色巨星になる
星の中心部にヘリウムが増えるとやがてヘリウム核ができ、原子核反応はその外側で
進むようになります。ヘリウム核が重くなっていくと温度も上昇し星の外層が膨張して、
やがて赤色巨星という非常に大きな赤い星になります。太陽程度の質量の星の場合は、
その後外層のガスを放出して収縮していき、最後には白色わい星という小さな星になります。
しかし質量が太陽よりはるかに大きい星は、巨星時代の最後に超新星爆発を起こします。
巨星時代の長さは主系列星時代の約1/10程度です。
星の一生

星(恒星)の場合、中心温度が上がると重水素の核融合がはじまり(重水素が燃料)、
さらに温度が上がると、水素がヘリウムになる反応が起こり、継続されます(水素が燃料)。
水素が少なくなると、ヘリウムが炭素や酸素になる反応が起こり(ヘリウムが燃料)、
質量の大きな星では、中心で鉄ができると、爆発を起こして死を迎えることになります。
太陽のような質量がそれほど大きくない星では、爆発を起こさず、白色わい星になります。
このプロセスは、以下のように、4つの段階に分けることができます。
誕生(収縮期)→主系列星(通常の星)→赤色巨星(膨張期)→白色わい星または超新星爆発
最後の段階では2つの可能性があるので、5つの状態があるといえます。

これを「人間の一日」に当てはめるとどうなるでしょうか?
わたしたちは、覚醒→活動→浅い眠り(夢見)→深い眠りという4つの状態を繰り返しています。
下の図にあるように、深い眠り(ノンレム睡眠)の後に、浅い眠り(レム睡眠)があると考えたほうが
いいのかもしれませんが、順序についてはここでは考慮しないことにします。
レム睡眠ノンレム睡眠
しかし、いつの日か、この繰り返しの途絶える日が来ます。
覚醒につながらない眠り、つまり永眠がやってきて、サイクルが終わります。
このように考えると、「人間の一生」は次のようなサイクルであるということができます。
覚醒→活動→浅い眠り(夢)→深い眠りまたは死
4つの段階と5つの状態があるところは、「星の一生」と似ています。
時間的に見ると、通常の活動に費やす期間が一番長いことも、類似しています。

さらに、これを陰陽論に当てはめてみましょう。
6つの状態がある「四象」(記事21-4などを参照してください)において、
四象では「太陰」がスタート地点であることから、「太陰」が覚醒であり、以下、
「少陽・少陰」が活動、「太陽」が夢、「右陽・右陰」は眠りまたは死、と当てはめることが可能です。
「少陽・少陰」については、「少陽」を受動的活動、「少陰」を能動的活動と考えばよいでしょう。
これを強引に星の場合にあてはめると、水素からヘリウム4(通常のヘリウム)ができる過程は、
水素からヘリウム3ができる活動(水素が燃料)と、ヘリウム3からヘリウム4と水素ができる活動
(ヘリウム3が燃料)に分かれているといえます。
動物(発達した大脳を持つ動物)の場合はどうでしょうか?
動物にも眠りが必要ですし、レム睡眠があって、夢を見ているのではないかと言われていますから、
このサイクルは、人間だけに当てはまるものではありません。ですので、
「動物の一生」のサイクルと言うほうが正確で、そのサイクルを人間も継承しているのです。
ただし・・・
イルカは左半球と右半球の脳が交代で眠っていますが、レム睡眠をしないと言われています。
イルカは独自の進化を遂げているのでしょうか?

天の陰陽サイクル
スポンサーサイト

2014_05_04


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top