占星術と陰陽論の融合


ホロスコープの基本となる4つの感受点と2つの感受点 (2013年7月27日 UNIRRY)
                                ASC(アセンダント)
天球と感受点太陽の通る“黄道”と東の地平線との接点
黄道と東の地平線との接点、それがホロスコープ
のASCです。地平線は、上半球と下半球の
境界、見えるか見なくなるかの境目なので、
切り替わりポイントとして強力なものと考えられ
ています。その地平線と黄道の接点になるASC
は、その人からみて太陽が昇ってくる、うまれ
てくる場所です。そこから、ホロスコープの
ASCには、その人がこの世にうまれた際に
あたえられた姿や資質、あらゆる物事に対する
はじめのスタンスなど、個としての「はじまり」
「出発点」「集団性との境界点」が意味づけられ
ました。具体的には、うまれもった容姿、体質、
外見、第一印象、物事に取り組む際の最初の
スタンス、などになります。


ホロスコープには、上に示しましたASC以外に、太陽の沈む地点であるDSC、
黄道のなかで最も天底に近い地点であるIC、逆に、最も天頂に近い地点であるMC
という4つの感受点があります。詳しくは上記のサイトを見てください。
さらに、AVtとVtという、補足的な2つの感受点があります。
AVtは、天球の真東と黄道の接点で、ASCに近い感受点です。
一方、Vtは、天球の真西と黄道の接点で、DSCに近い感受点です。これまで、
陰陽論と占星術の記事は書きましたが、この2つのつながりには触れていませんでした。
占星術を陰陽論と結びつけてみましょう。
記事9-2にあるような、陰陽分極が宇宙に起こりました。
しかし、1→2→4→8では、星占いの基本である12という数字は現れません。
実は、記事20-2にありますように、陰陽論では、4→6という数の増やし方があるのです。
これですと、1→2→4→6→12という経路をたどります。4分割の状態を四象と言いますが、
四象の4面のうち、2面が2つの状態を持つことを六爻(ろっこう)と呼ぶことにします。
六爻をピラミッド型にして、天球に当てはめます。
すると、下の図にようになります。ピラミッドの底(正方形)の対角線上に、
春分点と秋分点を配置することができます。これは北半球のもので、
南半球にも同様の六爻のピラミッドを配置すれば、12星座の完成です
(ピラミッドの面と12星座の位置が合っているわけではありませんが)。
記事19-3にありますように、一年の動きで考えると太陽は左回りに動きますから、
夏に向けて、春分点の位置から、太陽は天の赤道に対して昇っていきます(北半球では)。
上記の記事にありますように、春分点が「個」の出発点となります。
元々、12星座の出発点である第1ハウス(牡羊座)は、正方形の角にありました。
記事19-6の図にありますように、昔、ホロスコープは正方形で、角にハウスを配置していました。

陰陽論について・・・なぜ、陽陰論ではなく陰陽論と言うのでしょうか。
+-という言いかたからすれば、陽陰論のほうが普通であるように思われます。その理由は、
生まれた(春分点を通過した)太陽は、まず「陰」へ行き、それから「陽」に行くからです。
占星術は、密接に陰陽論と関係しているのです。
そもそも、「陰」「陽」という言葉が、日が当たる当たらないという意味ですから。

陰陽天球
スポンサーサイト

2014_04_27


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top