占星術も対称性が大事?


タモリさんのホロスコープを読む (2012年7月1日 【大阪】占星術未来創造カウンセリング
タモリさんのホロスコープを見てみましょう。
太陽・水星・冥王星が獅子座なので、基本的にオレ様です。意外かもしれませんが。
太陽は水星とコンジャンクションのみです。
さんまさん、武さん、タモリさんと、このお笑い三巨頭は、みんなそれほど太陽の
アスペクトがいっぱいあるわけではないです。これも意外な感じ。(中略)
水瓶座の月が、天王星・海王星・冥王星とトランスサタニアンすべてとアスペクトあるので、
私生活がかなりユニークで幻想的でとんでもないところがありそうです。すごい月です。
プライベートのタモリさんてすごい魅力的かもしれません。
さんまさん、武さん、タモリさん、みんなそんなにいっぱいアスペクトあるワケではありません。
「偉大さ=アスペクトの多さ」ではないようです。

占星術では、アスペクト(2つの星がつくる角度)や惑星がどの星座にあるかといった観点が
重要視されます。しかし、大切なのはそれだけなのでしょうか?
まず見るべきは、チャートの見た目の美しさではないでしょうか。
見た目というと、いい加減な感じがしますが、要は、対称性です。
人間は、なぜか、対照的なものを美しく感じるものなのです。
前記事で、「里田まい」と「宇多田ヒカル」のバースチャートを示しましたが、
どちらのバースチャートも、惑星(太陽と月を含む)のないエリアが半分あって、
その空白エリアのなかにドラゴンヘッドがあります。
下の図には、「明石家さんま」と「タモリ」のバースチャートを示しましたが、
「さんま」のチャートは、「里田・宇多田」と同じタイプです。
このタイプは人気者のひとつのパターンなのです。しかも、「さんま」のチャートは、
「里田」「宇多田」のチャートより、対称性を持った形をしています。
図に対称の中心となる軸を示しておきました。この線を中心として左右を見比べてください。
冥王星と海王星、木星と土星、月と火星が対称の位置になっていて、非常に美しい形です。
対照的なものは、安定感・持続性があります。
対照性のあるチャートを持っている人は、素晴らしいバランス感覚が備わっているタイプなのです。
「タモリ」のバースチャートも非常に対称性の高い形をしています。
「さんま」のチャートは、対称軸上には星がありませんが、
「タモリ」のチャートでは、対称軸上に月と冥王星が存在していて、強い存在感があります。
他の星もすべてが対称性を持っていて、美しいチャートです。
しかし、「タモリ」と「さんま」のチャートの最大の違いは、「さんま」のチャートが、
完全に「里田・宇多田」型であるのに対し、「タモリ」のチャートは、その変形で、
ドラゴンヘッドがあるべき位置になく、そのかわり、空白エリアに月があることです。
問題は、この月がドラゴンヘッドの替わりになるかということですが、
「タモリ」の月は、上の引用文のとおり、すごい月なのです。
「タモリ」のチャートの月と天王星、月と海王星はトライン(2つの星が120°の角度を持つ)
していますが、記事19-6にあるように、トラインは幸運の援助により物事が順調に進むさま
を示しています。月、天王星、海王星の特性から判断すると、
月と天王星のトライン 人がびっくりするような形での願望の成就
月と海王星のトライン 幻想的な才能、妄想のようなことが現実となり、堅実な名声を得る
ということになるでしょうか。しかし、月と冥王星の関係はオポジションです。
これは、「理不尽なことや権力、高圧的態度を示す者へ強い反発心」といった
否定的な意味合いを持っています。
すごい月とはいえ、ドラゴンヘッドと異なり、月には否定的な意味合いも含まれています。
月の否定的側面が現れたとき、周りに星がないので、ダイレクトに影響が及びます。
タモリには、他の人が経験しないような、辛い過去もあるのではないかと思います。


タモリさんま
スポンサーサイト

2014_04_03


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top