ビッグバンと陰陽論

category: 第四章 宇宙  

エントロピーは時間の矢の問題を解決しない ~宇宙を織りなすもの(上) ブライアン・グリーン~
基礎となる物理法則は時間反転対称性をもつため、私たちが「過去」と呼ぶものと
「未来」と呼ぶものとを、区別することさえできないのである。(中略)
物理法則には時間の向きを示すものはなく、物理法則は時間の向きを区別しない。(中略)
物理系のエントロピーは、私たちが「未来」と呼ぶものに向かって増大する確率が
圧倒的に高いだけでなく、「過去」と呼ぶものに向かって増大する確率も、
それと同じく圧倒的に高いのである。この様子を図6-2に示した。

エントロピー

エントロピーとエンタルピーを同時に学ぶと、どちらがどちらだったか分からなくなるものですが、
Sと表記され、乱雑さの度合いを示すほうがエントロピーです。
エントロピーは、熱力学的にみると、dU = TdS -PdV が一番分かりやすい表現のような気が
しますが(これでもとても難しい)、本質を完璧に理解するのは簡単ではなさそうです。
理屈はさておき、エネルギーが熱に変わるほど大きくなり、温度が均一になるほど大きくなり、
偏在した物質が拡散するほど大きくなる指標と理解しておけばいいように思います。
コップの水をこぼすと、元の状態には戻せなくなります。そうならないことは絶対にないし、
当たり前のことなのですが、「そんなの当然だろ」と言わないのが科学です。
「なぜエントロピーは増大するのか?」「さあね。」
ということなのですが、逆のことが起きないことは間違いありません(未来永劫とまではいえない)。
この法則(経験則)を熱力学第二法則といいますが、これは未来に向かっている法則といえます。
この法則と時間反転対称性を組み合わせると、上の右の図のような「とんでもない」ことになります。
これは、今、コップに入っている水が、5分前には、床にこぼれていたということをいっています。
これはあり得ません。過去のエントロピーは現在より低いはずです。
そうすると、その過去よりさらに過去のエントロピーは、さらに低くなければいけません。
となると、宇宙のはじまりは、とてもエントロピーの低い状態でなければなりません。
重力の影響力が非常に大きい空間では、均一にガスが広がっている状態がエントロピーの低い
状態であり、わたしたちの経験とは逆になってしまいますが、とにかく、エントロピーが低い
のですから、確率的にありそうもない状態から宇宙がはじまったということになります。
起こりそうなことが起きるためには、とんでもなく
起こりそうもない初期状態を想定しなければ
ならない
というのも、ちょっと不思議な感じがします。
とんでもなく起こりそうにない状態を説明するには、さらにとんでもなく起こりそうにない状態
が必要になるので、究極理論には、「とんでもない偶然」か「見えざる意思」を導入することに
なるのでしょうか?「ゆらぎ」にも限界があるように思います。

陰陽論は、碁盤に黒石と白石を半分ずつに分けた状態(確率的には起こりそうもない状態)で、
宇宙がはじまったといっているようなものです。
陰陽論も、初期状態から遠ざかるにつれて、エントロピーは増大していきます。
ビッグバンと陰陽論は、共通点を持っています。

宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 上宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 上
(2009/02/23)
ブライアン・グリーン

商品詳細を見る

宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 下宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 下
(2009/02/23)
ブライアン・グリーン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2014_03_16


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top