恋愛、金星と火星 


内なるパートナー ~占星学 リズ・グリーン~
伝統的なホロスコープの相性判定法(シナストリー)については数多くの書物が著されてきた。
それらは特定の星の組合せについて一般的理解を深めるためには大いに役立ってきたと
思われる。しかし、いかなる判定法をもってしても、人間関係をつくるべきか否か、
人間関係が存続するか否かを判断することはできないということを忘れてはならない。
この点に関しては強調してもし過ぎることはないくらいだ。
しかし、これについての安易な推測からはかり知れない被害が生み出されてきた。
(中略)人間関係の運命は星とともにあるのではない。個人とともにあるのだ。

金星と火星が、男女の関係を示唆するものであることは確かでしょうが、
二人のホロスコープから、男女の仲が永続的なものであるかを判断することはできません。
「占いで気になるのはやっぱり恋愛」という気持ちも分からないではないのですが、
この点に関して、星占いが役に立つようには思えません。きっと、どんな占いでも無理でしょう。
実証研究をして、何らかの相関関係が見つかったという占いの結果があるでしょうか。
とはいうものの、星占いで何も言えないということでもありません。
金星、地球、火星は、兄弟の惑星といってもいいでしょう。
であるからこそ、一つの惑星だけ大きく違うことがその惑星の特徴になるのです。
記事19-5に書いたように、火星の自転周期は1.03日で、地球とほぼ一致しています。
それに比べて金星上では、約117日で太陽が元に位置に戻ってきます(自転周期とは異なる)。
金星では時間がゆっくり流れており、時間の経過による変化に抵抗する力を象徴しています。
恋愛でいうならば、金星は愛を永続させる力として働きます。
一方、火星では、時間が地球と同じように経過していきます。
時間については金星が特殊なのですが、金星と地球には類似点も多くあります。
金星と地球は大きさが近似しているのに対し、火星は金星、地球よりかなり小さな星です。
つまり、火星は重力が小さいのです。このため、大気を保持しておくことができません。
これを恋愛で考えるならば、相手を自分のもとに留まらせておく力に欠けるのです。
火星には生命に適した水環境が存在したと推測されていますが、現在は荒涼した大地です。
火星は愛を一時的なものにする力として働きます。
金星は女性、火星は男性を意味するといわれますが、
男性のほうが浮気性であることも、火星の特徴と一致しています。


火星地面
スポンサーサイト

2014_02_11


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top