20年に一度と言えば


田中将大、ヤンキースと7年161億円で契約 (1月23日 YOMIURI ONLINE)
日本のプロ野球から米大リーグ入りするため、新しいポスティングシステムを利用しての
移籍を表明していた東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手(25)がヤンキースと
7年の長期契約で合意したことが22日(米国時間)に分かった。

職場はブラック企業ばかりで這い上がれない!
派遣を転々とする大学院卒ロスジェネ世代の絶望
(1月23日 DIAMOND online)
Aさんは、大学院を卒業後、一部上場企業に就職した。
しかし、仕事の内容は新人のときからトラック運転手。しかも、1人で1日15時間近くも
ハンドルを持たされる状態が続き、数ヵ月で過労退職に追い込まれた。(中略)
身体を壊しては会社を辞め、また働きはじめても身体を壊して辞める…という繰り返しだった。

昨日のこの2つ記事を並べる人もあまりいないとは思いますが、
「俺の年収は、マー君の千分の1にも及ばないぞ」という人もかなりいるでしょう。
ここで言いたいのは格差のことではなく、このようなことは、生まれる前に、
どの程度、人が運命として持っているのかということです。
占星術で診ると、木星と土星の関係として考えたくなります。
「チャンスを活かして幸運をつかむ」木星と「人生の試練を与える」土星。
どちらかといえば平等に影響を降り注ぐ「太陽-月」の組合せとは異なり、
「木星-土星」の組合せは、人によって受ける影響が大きく異なります。
木星と土星は、20年ごとにコンジャンクション(位置が重なる)します。
前々記事の図に従うならば、胎児となったわたしたちは、はじめて出会う惑星として、
MC(南中)付近で、土星と木星の位置を通過することになります。
人生における運命的なものは、ある程度、このときに仕込まれているのでしょう。
前記事の図(内宮)では、「太陽-月」の組合せが強調されていますが、
内宮は「木星-土星」の影響を何らかの形で、組み込んでいるはずです。
なぜなら、遷宮の間隔(20年)は、木星と土星がコンジャンクションする間隔
と一致しているからです。
同じ間隔といっても、少しずつずれていくので、今では、よくわからなくなっていますが、
当初、木星と土星が特定のアスペクト(二星間の角度)を持ったときに、
遷宮が行われていたのではないかと推察されます。


木星土星合
スポンサーサイト

2014_01_24


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top