魂はどこにある?


時間と量子 ~宇宙を織りなすもの(上) ブライアン・グリーン~
実際に何が起こっているのかに対する説明を求めたり、なぜこの結果になったのかを
理解しようとしたり、検出器の目盛りとコンピューターの出力を超えたレベルで宇宙を
理解しようとしたりすることは、行き過ぎた知的貪欲さの表れだということになる。
しかし、私も含めて、そうは考えない人たちは多い。
なるほどデータの説明をする事は科学の仕事だ。しかし、それだけでなく、データによって
裏づけられた理論を重く受け止め、その理論を使って宇宙の性質について可能な限りの洞察を
得ようとすることもまた、科学の仕事だと考える物理学者は少なくないのである。

科学は観測結果が真実であるという原則に基づいているので、
観測結果に疑いをもつと、科学の根底が崩れることになりかねません。わたしたちは、
確率として存在する世界、確定されていない状態の世界をそのまま観測することはできません。
真実の物理世界は、わたしたちの感覚世界とは大きく異なっているのです。
ある量を測定する場合、真の(誤差のない)値は、神のみが知っていることになっています
(だから、科学的には、真の値からの誤差ではなく、不確かさという概念を用いる)。

まして、魂の世界など、どんな世界であるかを考えても意味はありません。
分かるのは、肉体的に、精神的に現れたものだけです。しかも、どれが魂から発せられたもの
なのか、どれが魂から発せられたものではないのか、見分ける方法がありません。
なぜなら、魂が何かがわからないからです。定義できないものは測定できません。
さらにしかも、魂から発せられたものであると思われても、それが
魂の真の姿を示しているわけではないのです。
物理的に見ると、時空を越えていて、不確定で、あいまいさで構成される世界。
心理的に見ると、主観的で、正誤がなく、善悪がなく、パラドックスに満ちた世界。
魂を知るには、感性に頼らざるを得えません。美的感覚も重要です。
実は、物質世界でも同様のことがいえます。よく考えてみれば、
物理学において対称性の破れが話題になること自体、不思議なことです。
対称性は、物理法則の大前提です。そういうものなのです。
魂については、そのようなものが明らかになってはいませんが、
魂の世界は、物質の背後と潜在意識の奥を
つなぐものなのでしょう。

星の動きは、魂の世界とどのようにつながっているのでしょうか?


 天の岩戸(三重県) 2013年12月27日撮影
スポンサーサイト

2014_01_03


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top