9-17 内なる宇宙の発見


タントラの世界 ~内なる宇宙の発見 和尚講話録~
知らなければ知らないほどいい。哲学的になったり、理論的になったり、
教条的になったりするのはたやすい。問題に知識を使って取り組むのはいたってやさしい。
問題に実存的に取り組むこと ― ただ考えるだけでなく、それを生き、それを通り抜け、
それによって自分自身を変えることは難しい。愛を知るために必要なのは愛することだ。

星占いにおいては、何が事実か、何が合理的か、何が論理的かと考えてはいけません。
「愛とは何か」を知るために、何か知識を得てもしかたがないのと同じです。
星にまつわる話は、詩であり、物語であって、事実を検証すること自体が無意味であり、
すべてを自分自身の体験として受け止めていくことが、理解の助けになります。

何を理解するのにも、2つの道があるのです。
ひとつは理論的に攻めることです。もうひとつは、理論を越えたものを体験することです。
合理的に物事を考えれば、水星はただの物質です。これには客観性があります。
しかし、魂をとおして水星を見れば、水星は様々なイメージとして出現することになるでしょう。
これは検証することが難しく、主観的なものになります。

「生きる」ことを取りあげてみましょう。
頭で考えて、生きる意味を合理的に説明することは容易ではありません。
一方、魂には「なぜ」はありません。「どのようにして」という言語しか持っていないのです。
つまり、魂の視点に立つならば、
「なぜ生きるか」ではなく、「どのように生きるか」
となります。
頭で考えれば、損な生きかたもあるし、得な生きかたもあるということになるでしょう。
魂が語れば、愛とともに生きるか、愛を避けて生きるかということになります。
魂は心ではありません。わたしたちが魂を理解するのは容易なことではないのです。
水星は、魂のメッセンジャーでもあるのです。


内なる宇宙の発見―和尚・講話録 呼吸・夢の超越・やすらぎ (タントラ秘法の書)内なる宇宙の発見―和尚・講話録 呼吸・夢の超越・やすらぎ (タントラ秘法の書)
(1995/12)
OSHO

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2013_12_30


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top