9-2 日食


サロス周期(サロスしゅうき、Saros cycle)とは日食や月食が起こる日を予測するのに
用いられる周期である。単にサロスと呼ぶこともある。1サロス周期は6585.3212日
(約18年10日8時間)である。1サロスごとに太陽と地球と月が相対的にほぼ同じ位置に来る
ため、ある日食または月食から1サロス後にはほぼ同じ条件の日食または月食が起こる。
“サロス周期”. ウィキペディア日本語版. 2013-06-02. (参照 2013-11-29).

前記事で、誕生日の頃、自分の星座は太陽の明るさのため見えませんといいましたが、
見える可能性のある状況があります。それは、皆既日食のときです。
皆既日食のとき、普段は太陽の光で隠れていた自分の星座の光が、地球に降り注ぐのです
(実際にどの程度見えるかは知りませんが)。
当然ながら、日食のとき、太陽だけでなく月も同じ星座のなかに入ります。
太陽と月という明るい星が同じ星座のなかに入り、そして、その星座が現れるのです。
星座がわたしたちにメッセージを伝えようとしているのです。
太陽系外の星で構成される星座は、地球から非常に遠くにあります。
宇宙で遠いというのは過去を意味しています。
日食のとき、星座によって、わたしたちの過去が示されるのです。
過去といっても、昨日とか、おとといとかいうのではなくて、
宇宙のはじまりから現在に至るまでの自分の姿が示されるのです。
宇宙のはじまりにおける自分って何?
古代の人は、日食のとき、本当に自分の過去を見ることができたのかもしれません。
きっと、恐怖につつまれたことでしょう。

ある地域で日食があったとすれば、その地域での日食はほぼ18年で巡ってきます。
8時間ずれているので、18年後には見えないことが多いのですが、
8時間のずれも3回繰り返せば、1日のずれになりますから、
18×3=54で、54年後には再び見えることが多いのです。
人間の周期も日食や月食に合っているので、還暦は54歳にしたらいいのではないでしょうか。

下で紹介しているスピリチュアル占星術では、日食の重要性について詳しく書かれています。
本書は、誕生前でかつ誕生日に最も近い日に起きた日食について、その日食が起きた星座を
自分の「日食星座」とするもので、一般的に言われている自分の星座に関するものとは
異なりますが、日食がスピリチュアル?な面から、重要なイベントであることがよくわかります。


スピリチュアル占星術―魂に秘められた運命の傾向と対策スピリチュアル占星術―魂に秘められた運命の傾向と対策
(2006/05)
ジャン スピラー、カレン マッコイ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2013_11_30


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top