組織で働くということ


世界でダントツ最下位!
日本企業の社員のやる気はなぜこんなに低いのか?

「従業員エンゲージメント」とは「組織の成功に貢献しようとするモチベーションの高さ、
そして組織の目標を達成するための重要なタスク遂行のために自分で努力しようと
する意思の大きさ」ということで、要するに「仕事に対するやる気」である。
この「従業員エンゲージメント指数」、世界最高はインドで77%。以下、デンマーク67%、
メキシコ63%と続く。他の主要国では、アメリカが59%で5位。中国57%、ブラジル55%、
ロシア48%など。イギリス、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ先進国も40%台後半で弱い。
韓国は40%でブービー賞。日本が31%でダントツの最下位である。
というわけで、日本の社員のやる気は世界最低という次第である。
実は僕自身も90年代後半くらいから、日本企業の社員のやる気、仕事へのモチベーション
がどんどん下がってきたと実感していた。しかし、世界最低と言えるほどに低いという
事実は衝撃的だった。 (1月15日 DIAMOND Online)

海外のサラリーマンがどのような意識で働いているのかは知りませんが、
わたしのイメージでいうと、日本の会社員は、仕事嫌いではないが積極的に何かをして
やろうという気持ちがないように感じられます。なぜそうなるかと言いますと、
仕事自体がつまらないことに加えて、頑張ってもいいことがないからです。
下手に頑張ると、人から足をひっぱられてひどい目にあうことにもなりかねません。
仕事嫌いではないというのも、他にすることがないという消極的な理由だと思います。
組織に所属している人間が使命感に燃えるためには、「組織全体が持っている使命」、
つまり、この組織が社会に必要な根源的理由を受け入れる必要があります。
しかし、社員が惚れ込む社会的使命を持つ会社
って、日本にどのくらいあるのでしょうか。
組織そのものが腐っている場合、組織の底辺にいる人間にはどうすることもできません
(ここでは、組織に所属して働くという前提で話をします)。
給料がもらえるのだからここにいよう、と思うのも無理からぬことです。同業でしたら、
日本の会社はどこも似たようなものですから、転職すればいいというものでもありません。
わたしとしては為す術なしでありまして、いい方法があったら教えてほしいくらいです。
ただ、「組織そのものの使命」には納得できなくても、独自の社会的使命感を持つことで、
熱意を持って仕事をすることができる可能性はあります。
例えば、人を育てるということ。
これは、会社にとっても、社会にとっても共通の使命です。そのような価値観に共感できるなら、
価値観→使命感→習慣というサイクルが回る可能性はあるでしょう。
しかし、組織で働く人間にとって、役割は組織から与えられることが基本なのです。
そして、仕事に関してのみいうならば、組織とともに自己実現と自己成長があるのです。
組織で働く人間にとって、「無私」な気持ちで働くことが
理想の姿なのです。

でも、今の日本の多くの組織においては、無理だ!とわたしは思います。
次の章は、組織など忘れて、全く別の視点の話にします。


ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由
(2012/10/08)
岩田 松雄

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2013_11_05


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬・神津島ライン上に、
宗像三女神の長女、田心姫が
祀られている沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top