持続可能な独自の使命を持つ


豆腐店、続々廃業「365日働いても利益ない」
豆腐業者が倒産や廃業に追い込まれるケースが増えている。
大豆価格の高騰に加え、スーパーから値下げを求められるなどして経営が悪化し、
豆腐業者はこの10年間に全国で約5000軒が廃業。
今年8月に破産申請をした都内の業者は「365日丸々働いても利益が出なかった」
と苦しい日々を打ち明けた。 (11月2日 YOMIURI ONLINE)

「おいしい豆腐をつくって、みんなに喜んでもらうのがわたしの使命だ」、
すばらしい考えだと思います。
しかし、それが持続可能であるかは、社会状況によります。
まともに働いて利益がでない、どころか損失がでる、
しかもそれが一時的なものでなく構造的なものであるならば、
残念ながら、社会から必要とされていないということになります。
つまり、いくら使命感を持ったとしても、社会的使命そのものがないのです。
レッドオーシャン(血で血を洗うような激しい価格競争が行われている既存市場)において、
常識的なやりかたでは、確実にダメになってしまいます。
「スーパーでは絶対に売っていないおいしい豆腐をつくって、みんなに喜んでもらうのが
わたしの使命だ」としても、厳しいでしょうが、可能性はあるかもしれません。
前記事に書いた「3かんサイクル」は、常識的発想でいくと、
同じようなことをする人との激しい競争になることが多いのです。
「競争に勝ち抜いて、栄光をつかむ」という価値観を持っているなら、それでいいのですが、
独自の「3かんサイクル」に磨きをかけたほうが、合理的なように思います。
常識的に考えると、常識的に考えて得られた
発想はうまくいかないものなのです。

ただし、いざ、非常識な発想で行動すると、常識的にするよりももっと失敗します。
何でも非常識に行動したらいいと言っているのではありません。
自分の独自の価値観に基づいた結果、自然と常識的でなくなるのです。
失敗する勇気と、あきらめず続けるねばり強さ、そして、
自分の価値観・使命感・習慣を見つめ続けることが必要です。
借り物の価値観から出発すると、「3かんサイクル」は役に立ちません。


96%の人がやっていない 稼ぐ人の常識破りの仕事術96%の人がやっていない 稼ぐ人の常識破りの仕事術
(2013/08/30)
北岡秀紀

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2013_11_04


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top