FC2ブログ


トランプ流にNOを突きつけなかったアメリカ国民

category: 新しい記事9  

2018年米中間選挙における7つのポイントjpg米中間選挙の結果、7つのポイント (11月7日 CNN.co.jp)
米中間選挙が6日に投開票された。大勢が判明したところで、その結果
を7つのポイントにまとめた。中間選挙の大筋は、世論調査の予想と
ほぼ同じ結果になった。野党・民主党は都市近郊の女性票に狙いを
定めた作戦が功を奏し、下院の過半数を奪還。与党・共和党は上院で
予想通り過半数を維持した。知事選では民主党がミシガン、イリノイ、
さらにはカンザス州を制する一方、大きな注目を集めたフロリダ、
オハイオ両州ではいずれも共和党候補が当選した。
1.民主党の女性候補、下院で旋風
下院民主党は過半数の奪還に向け、全米各地で多くの女性候補を擁立。医療制度や減税などを争点に、都市近郊の女性有権者を
巻き込んだ。この作戦が間違っていなかったことは明らかだ。出口調査の暫定集計をみると、投票者の52%を女性が占め、中で
も民主党候補に票を入れた女性が多かった。結果として下院では、女性議員の数が史上初めて100人を超える見通しとなった。
2020年の大統領選で民主党が女性候補を指名すれば、トランプ大統領との対決を有利に運ぶことができるかもしれない。
2.トランプ氏への信任投票
中間選挙をトランプ氏への信任投票と位置付けるかどうか、同氏自身の発言は揺れていた。応援演説で「この候補への投票は私へ
の票だ」と訴えたかと思うと、「候補者名簿に私の名前はない」と語り、共和党がどうなっても責任は取れないと強調することも
あった。だが6日の出口調査では、トランプ氏への賛否を表明するために投票した人が3分の2を占め、全体の4割近くは反対票
を入れたと答えた。ただし、中間選挙が大統領の信任投票と位置付けられ、しかも不信任の意見が強くなりがちなのは、歴代政権
でもみられた現象で、トランプ氏に限った話ではない。上院が共和党、下院が民主党という「ねじれ議会」は、賛否が激しく
分かれるトランプ氏らしい結果ともいえる。親トランプ派は「トランプ氏がいなければ共和党は上院も失っていた」と主張し、
反トランプ派は「トランプ氏のせいで共和党は下院を失った」との説を唱えるだろう。
3.共和党で光ったマコーネル氏の政治手腕
今年の夏には一時期、民主党が上院を制する可能性も取りざたされていた。しかし共和党のマコーネル上院院内総務は少しも
あわてずに党をまとめ、接戦が伝えられたテネシー、テキサス両州で現有議席を維持したうえ、フロリダ、インディアナ、ノース
ダコタ各州で民主党現職から議席を奪うという快挙に持ち込んだ。上院選はもともと、改選議席の分布が民主党26、共和党9と
差があり、共和党が有利とされてきた。それでも、世論の支持が民主党に傾くなかで共和党が議席を増やすことは、ほんの1カ月
前まで不可能に近いと思われていた。
4.民主党に響くブラウン上院議員の声
オハイオ州の上院選では、民主党の現職ブラウン氏が予想通り3選を果たした。同州は16年大統領選で、トランプ氏が8ポイント
差で勝利した土地だ。大統領選では中西部の票がトランプ氏を勝利に導いたことを考えると、ブラウン氏の勝利は民主党にとって、
20年大統領選へのひとつの指針となりそうだ。ブラウン氏は勝利演説で「全米の目を中西部の工業地帯、五大湖沿岸州へ向け
させよう。我々が全ての労働者にどれほど敬意を払っているかを、全米に知らせよう。これが18年のオハイオからのメッセージ
であり、20年に向けた我が国の青写真だ」と訴えた。
5.すでに始まった20年大統領選
20年大統領選といえば、上院選で勝利した民主党の現職、ニューヨーク州のジリブランド、ミネソタ州のクロブチャー両氏は今後、
すでに蓄えている多額の資金を背景に、大統領選出馬を目指すことが確実視される。クロブチャー氏はブラウン氏と同様に中西部
で勝てる候補として、ジリブランド氏は女性のために戦うリベラル議員として、それぞれ自身を売り込んでいくことになるだろう。
6.民主党、期待の新星は全敗
民主党支持者が地元の候補以外に注目していた期待の星といえば、フロリダ州初の黒人知事を目指したギラム氏、ジョージア州で
米国初の黒人女性知事を目指したエイブラムス氏と、テキサス州上院選のオルーク氏が挙げられるだろう。だが3人とも敗れる結果
となった。3人の空白はいずれ、民主党から出てくるほかの新星が埋めることになるだろう。ミシガン州知事選で当選した女性の
ホイットマー氏、同性愛者と公言した初の知事となるコロラド州のポリス氏らが注目される。オルーク氏も今回の善戦を踏まえ、
改めて大統領選に出馬する可能性がある。
7.注目の知事選は共和党に軍配
民主党が期待をかけていたフロリダ州とオハイオ州の知事選は共和党が制した。どちらも大統領選の激戦区として知られる州だ。
大統領選に向けた選挙戦では、激戦州の知事を味方につけていることが大きな意味を持つ。21年に予定される各州の選挙区改正
は、共和党に有利な結果となることが予想される。

日本政府、同盟深化に注力=トランプ氏の出方警戒-米中間選挙 (11月7日 時事ドットコム)
日本政府は、引き続き同盟関係の深化に注力し、米中間選挙の影響を最小限に抑えたい考えだ。だが、野党の民主党が下院で多数
を握ったことで、トランプ大統領の政権運営が厳しくなることは避けられない。日本政府内では、トランプ氏が対外的に強硬姿勢
を強めかねないとみて、今後の出方を警戒する声が出ている。菅義偉官房長官は7日の記者会見で、「日米同盟は揺るぎない。
その重要性については共和党、民主党問わず共通認識が存在している」と強調した。中間選挙ではトランプ氏の政治姿勢そのもの
が主要争点となった。外務省幹部は「外交は論点になっておらず、米政府の外交政策に変化はないだろう」との見方を示した。
下院は野党多数となったが、防衛省幹部は「外交・安保には直接的には影響を与えることはできない」と指摘した。 ただ、物品
貿易協定(TAG)交渉を控え、「上下両院のねじれで、トランプ氏は内向きになるのではないか」(政府関係者)と見る向きは
少なくない。公明党の山口那津男代表は「バランスのとれた方向へ導くならば、日本に対して悪い影響ばかりではない」と期待を
込めるが、別の政府関係者は「トランプ氏が変なことを言い出しかねない」と懸念を示す。

米中間選挙における政権与党の議席変動大統領選でトランプさんが勝利できたのは、オバマ
さんが大統領だったからとも言えるのですが、中間
選挙でトランプ旋風を再び吹かせなかったのも
オバマさんだったのかもしれません。
「Yes, we can」
国民の熱い期待を担って誕生したオバマ政権が行動
を伴う結果を出せなかったことは周知のとおりです
が、そのなかでも、国民の最大の失望は、格差の
拡大を止められなかったことでしょう。高所得層は
ますます富み、それ以外の層の所得はほとんど伸びませんでした。特に中間層からドロップ
アウトした白人の怒りは大きく、トランプさんを支持する原動力になりました。オバマさん
は、2010年中間選挙で下院の多数を共和党にとられたことで、大幅な妥協を迫られ、自身
が主張していた政策を実行できなくなり、決められない政治が続いてしまったのですから、
オバマさんの責任だけとは言えない面もあります。また、オバマ政権時代の前から、格差
の拡大は大きな社会問題になっていましたから、「オバマのしたことをやめる」だけでは
根本的な問題解決にはなりません。民主党が多数となった下院は、今後、「反トランプ」
の姿勢を強めることが予想されます。しかし、「トランプがしようとすることを阻止する」
だけでは、アメリカの分断はさらに深まるでしょう。
格差を広げた要因として、IT技術の進展とグローバル化があると言われています。トランプ
さんはグローバル化の阻止を狙っていますが、IT技術の進展は止められません。今後は、
AIの進歩により、高度な技術が必要であると思われていた職業ほどAIに置き換えられるかも
しれないのです。要するに、そこそこの給料をもらうのがさらに難しくなっていくでしょう。
トランプさんが民主党に妥協するとは思えませんから、予算を伴うもので成果を上げるのは
難しくなります。そうなると外交で得点をあげるしかありません。具体的には反グローバル
戦略をさらに進めていくことになるでしょう。最大の注目点は、自由貿易を制限していく
ことで、インフレになったり、景気が悪化したりしないかということです。トランプさんの
政策はさらに予測不能になりそうですが、世界経済もまた不確実性を高めています。




スポンサーサイト

2018_11_08


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

時間が流れるという概念を
受け入れたのは、
あなたがた自身。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:48歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top