FC2ブログ


避難指示解除準備区域への未成年者の立入りは禁止すべき

category: 新しい記事9  

2018年10月27日に再稼働した伊方原発3号機伊方原発3号機が再稼働 四国電力、仮処分取り消し受け 
(10月27日 日経電子版)
四国電力は27日未明、伊方原子力発電所3号機(愛媛県)を再稼働した。
同原発が運転するのは1年ぶり。3号機は定期検査終了後の2018年1月
に再稼働する予定だった。だが17年12月の広島高裁による運転差し止め
の仮処分決定と、その後の同高裁の異議審での仮処分取り消しを受け、
当初より約9カ月遅れでの再稼働となった。伊方3号機の再稼働で、稼働
中の原発は8基となった。四国電は今年9月の仮処分取り消しを受け、
再稼働に向けた準備を進めていた。30日に送電を始め、11月28日には
営業運転に移る予定。再稼働により、四国電は月間35億円程度の収支
改善を見込む。伊方3号機は四国では唯一の原発。出力は89万キロワットで、四国電の出力全体の約15%をカバーする。東日本
大震災後の新規制基準に合格し、16年8月に再稼働した。17年10月に定期検査に入った。伊方1、2号機は既に、廃炉を決めている。

福島への帰還、国連が見合わせを要請 日本政府は反論 (10月26日 AFPBB News フランス通信社)
国連(UN)の人権専門家が25日、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所事故の汚染地域に女性や子どもが帰還することに
ついて、被ばくの懸念から見合わせを求めたのに対し、日本政府は翌26日、この要請に反論した。国連のバスクト・トゥンジャク
(Baskut Tuncak)特別報告者は、人々は「政府が以前安全としていた放射線量の基準を超える場所など、危険を伴う地域に帰還
を強いられていると感じている」と話した。福島第1原発事故の直後、日本政府は被ばく線量の許容限度を年間1ミリシーベルトか
ら20ミリシーベルトへ引き上げた。この許容限度を再び引き下げるよう要請が出ているにもかかわらず政府がこれに応じていない
ことについて、トゥンジャク氏は「憂慮している」と述べ、「日本政府には、幼少期の被ばくを予防し、最小限に抑える義務が
ある」と指摘した。これについて、AFPの取材に応じた外務省関係者は、トゥンジャク氏の指摘は一方的な情報に基づくもので、
「福島に関して不必要な不安をあおる恐れがある」と反論した。日本政府は、被災地域の大部分で避難指示を段階的に解除して
きたが、指示は放射線量が引き続き高い場所では依然出されたままとなっている。政府は被災地の復興と再生を強く推し進めて
いるが、政府がいう放射線量の「安全」基準が国際基準に一致していないとの批判にさらされている。

放射線被ばくが人体に与える影響伊方原発3号機の再稼働により、
稼働中の原発は8基となりましたが、
これらはすべて加圧水型軽水炉。
事故を起こした福島第一原発が
沸騰水型だったことから、加圧水
型のほうが安全だというイメージ
があります。しかし、冷却機能を
喪失すれば、沸騰水型よりも早く
メルトダウンするでしょうから、
地震、津波対策はやはり大切です。
伊方原発は瀬戸内海側にあります
ので、大きな津波は来ないと思わ
れています。しかし、インドネシ
ア・スラウェシ島の大地震で発生

イラストで分かる放射線の種類した津波は、海底の地滑りが原因
だとみられています。四国電力は、
別府湾にある活断層や伊予灘の
活断層(中央構造線断層帯)など、
震源地付近で発生する津波を想定
しているようですが、震源地直下
ではなくても、海底の大規模な
地滑りによって、想定外の大きな
津波が発生しうるのです。
福島の現状においても、安全軽視が懸念されています。自然から受ける被ばく線量は年間
2ミリシーベルト程度であることから、その程度の線量を浴びても問題はないのでしょう。
しかし、被ばく線量の許容限度が年間20ミリシーベルト以下ということなら、安全性に
疑問があります。年間100ミリシーベルト以下ならば明確な健康被害がないということで、
宿泊ができない避難指示解除準備区域なら、立入りを認めても大丈夫だと国は判断した
のでしょうが、子どもの立入りに関する制限がないのは不可解です。放射線被ばくには、
「外部被ばく」と「内部被ばく」があり、体の内部に入った放射性物質が発する放射線に
よって被ばくすることを「内部被ばく」といいます。現在の福島における放射線の主因と
されるセシウム137の半減期は30年ですから、体内に入れたとしてもすぐに排出されるの
ならば、大きな影響はないのかもしれませんが、体内にずっと留まり続けているのならば、
セシウム137がバリウムに崩壊するときに発生するベータ線の影響を受けます。アルファ
線やベータ線は遮蔽が容易なので、あまり怖くないイメージがありますけど、内部被ばく
での破壊力は強力です。セシウム137の重量あたりの蓄積量は、子供は心筋・甲状腺に
おいて大人のおよそ3倍、その他の臓器ではおよそ2倍とされています。臓器のなかでも、
脾臓や胸腺といったリンパ組織は放射線感受性が高く、胸腺は放射線に暴露されると萎縮
することが知られています。特に、胸腺がT細胞を盛んに産出している思春期は感受性が
高いとか。高齢者ならいいのかもしれませんが、少なくとも、避難指示解除準備区域への
未成年者の立入りは禁止すべきです。





スポンサーサイト

2018_10_29


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

時間が流れるという概念を
受け入れたのは、
あなたがた自身。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:48歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top