幼児教育の重要性


「シュタイナーの具体的教育法」
シュタイナー教育の特徴
●子どもは周囲の大人を模倣して育つ
幼児期の子どもは、目の前で起こっていることをすべて受け入れ、模倣し、吸収していく。
大人は、常に子どもに見られているという意識を持って、生活しなければならない。
●静かで安心できる環境が子どもの心を育てる
大きな音を立てたり、大声で叫んだりすると、子どもは興奮し、心が安らがない。
子どもが安心できるよう、静かな環境を作る。
●規則正しい生活のリズム
1年、1ヶ月、1週間、1日の生活のリズムが子どもの成長に大きく影響する。
毎日の生活のリズムを繰り返す中で、子どもの心は安定し、集中力が高まり、
落ち着いて集団行動ができるようになる。
シュタイナー教育でしてはいけないこと
■テレビは見せない
■早期教育はさせない
■絵本を読まない (2009年4月22日 All About )

誕生数が人の運命に影響するとはいうものの、それは人生のバックボーンとして、
わたしたちが気づかない心の奥底で活動しているものなのです。
誕生数が示す運命は、人生に何度かやってくる大きな転機においては、
重要な役割を果たすのですが、
いつ、わたしたちがその運命に出くわすのかという情報は含まれていません。
きっと、わたしたちの準備が整ったときなのでしょう。
誕生数が海底に流れる大きな流れとするならば、海面に近くでわたしたちに大きな
影響を及ぼしているのは、年をとるという逆らうことのできない流れであり、
出だし(子供時代)でおかしな方向へ行ってしまわないことが重要です。
特に、乳幼児の頃は、自分の意志で方向性を決めることができないので、
教育はとても大切なのです。特に、物心がつきはじめる頃の幼児教育は、
生涯にわたる人間形成の基礎を築くためにとても重要な時期です。
幼児は生活や遊びをとおして、情緒的、知的な社会性を身につけていきます。
この時期に習得した習慣は潜在意識として深く根をはるため、
これを大人になって変えようとすれば大きな困難が待ち受けています。
幼児のときの潜在意識が大きな人生の障害となり、
誕生数が持つ課題に取組むことなく、人生が終わることもあるのです。
記事11-1の図を見ていただければわかりますが、人間のバーチャルな世界は、
意志、感覚、思考、感情で構成されています。幼児において最も重要なことは、
外部の強制的な刺激で、意志、感覚、
思考、感情を使う習慣をつけないことです。

外部の強制的な刺激にさらされると自発性が疎外されて、感性が鈍ります。
刺激を求めるばかりの人生になり、生命の根源とリンクできなくなります。
人生の目的を一言でいってしまうと、「ありきたり」のなかに
「喜び」を見出すことなのですから。



あなたと宇宙とあなたの使命~潜在意識は知っている~あなたと宇宙とあなたの使命~潜在意識は知っている~
(2012/03/20)
浅見 帆帆子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2013_10_25


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top