相対貧困率の推移子ども貧困なお高水準 学習、生活 地道な支援必要
(6月28日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
厚生労働省が27日公表した国民生活基礎調査によると、
2015年時点の「子どもの貧困率」は13・9%と前回12
年の調査より2・4ポイント低下し、12年ぶりに改善した。
景気回復による所得の増加などが要因とみられるが、貧困率は
国際的にはまだ高い水準にあり、子どもの困対策に取り組む
団体や専門家は、景気だけに頼らない継続的な支援や対策を
政府に求めている。(中略)
教育無償 財源が課題
今回公表された子どもの貧困率13・9%は、経済協力開発機構
(OECD)加盟36カ国中23番目に当たる数値で、前回(同26番目)より改善したが、それでもまだ7人に1人
という高い水準にある。 貧困家庭に育った子は、十分な教育や生活習慣が身につけられず、成人後に再び生活が苦しく
なる「貧困の連鎖」に陥る可能性が高いと指摘されている。子どもの貧困対策は、将来の収入改善などの効果が高いと
され、逆に15歳の子どもの貧困を放置すると、生活保護費など国の財政負担は1・1兆円増えるとの試算もある。
しかし、国連児童基金(ユニセフ)によると、日本の社会保障の現金給付による貧困率の削減幅は、先進37カ国中
31位と低い位置にある。16年に児童扶養手当の一部が増額されたが、18年度実施に向けて検討中の生活保護基準
の改定では、ひとり親家庭への加算見直しを求める動きもあり、貧困対策が後退しかねないのではないかとの不安の声
も上がる。 また、賃金上昇の影響で貧困率が改善されたとはいえ、ひとり親世帯は依然、半数が貧困状態にある。
これはOECD加盟国の中で最低水準だ。 特に子どもを抱えた女性は不安定で低収入の非正規の仕事にしか就けない
ことが多く、母子家庭では、所得が200万円以下の世帯が4割弱にも上る。就労支援の強化も必要だ。
政府は子どもの貧困対策として、今年度から返還不要な給付型奨学金制度を対象者を絞って導入。さらに「教育無償化」
を施策の柱に掲げる。幼稚園や保育の無償化に加え、貧しい家庭に育っても意欲があれば大学や専修学校への進学を
保障する仕組みの創設を目指し、有識者会議や担当閣僚を置く方針だ。 しかし、財源の確保が大きな課題だ。幼児教育・
保育の無償化にかかる費用について、内閣府は国と地方で計約1兆2000億円と試算している。財政の効率化や増税
などから確保する案も挙がるが、19年10月に予定される消費税率引き上げの増収分の使途は既に決まっている。
政府はさらに社会保険料に上乗せする「こども保険」や、授業料を無料にし、卒業後に所得に応じ拠出金を納付する
「高等教育拠出金制度」の創設なども検討する方針だ。 子どもの貧困対策は現金給付だけでなく、学習や生活支援など
多岐にわたる。未来の担い手を社会全体で支えるため、安定的な財源を確保し、継続的な対策を打っていくことが
求められている。

厚生年金平均月額厚生年金は月いくら? 80代後半の17万円が最多 
(6月28日 朝日新聞デジタル)
厚生年金の平均月額は60代後半が約15万円で、80代後半
は約17万円――。厚生労働省は厚生年金の年齢層別の受給額
を初めてまとめ、28日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)
の部会に示した。今年4月1日時点で71歳以上の人は年金が
より多くなる計算方式が使われていて、若くなるほど減る傾向に
ある。加入期間が25年以上ある厚生年金受給権者の平均値を、
基礎年金を含めて計算。2015年秋に統合された公務員の共済
組合の人らは除外した。最も多いのは85~89歳の17万
959円で、65~69歳の15万118円とは約2万円の差があった。60~64歳は基礎年金がない人が多く、
さらに少ない8万8353円。90歳以上は年金の加入期間が短い女性が多いことなどが影響し、15万5788円
だったという。4月1日時点で71歳以上の人の年金は、生まれた年ごとに違う乗率をかけるなどして支給額が
決まっており、70歳以下の人より多くなる。乗率は生まれが遅くなるほど低くなる。

現在、国は厚生年金の支給開始年齢を60歳から65歳に引き上げ中で、1961年4月
2日以降の生まれ(今年度56歳になる年齢以下)の男性の場合、厚生年金は65歳に
ならなければもらえません(減額されますが、60歳からの繰り上げ支給は可能)。
今回の年金支給開始年齢の引き上げは65歳で終了するわけですが、これで終わりに
なるとは到底、思えません。今は2.2人の現役世代で1人の高齢者を支えていますが、
2050年には1.3人に1人まで高齢化が進むのです。年金保険料の引上げは限界に
達しており、制度を維持するためには、年金支給総額を抑制しなければなりません。
これを、これまでのペースで支給開始年齢を70歳まで引き上げることで達成しよう
とすれば、基礎年金を70歳にするまでにさらに10年、厚生年金を70歳にするまでに
さらに10年かかりますから、1981年4月2日以降の生まれ(今年度36歳になる年齢
以下)の男性は、満額支給を望めば、70歳まで年金が全くもらえないという状況に
なります。これは世代間格差を助長していますし、若い人ほど老後が不安になって、
子供も持てないという状況になるでしょう。少子化対策と年金制度の維持を両立させ
ようとするのであれば、今すぐに厚生年金の給付水準を下げて、年金の支給開始年齢
をこれ以上、上げないことを確定させる必要があります。しかし、ほぼすべての
高齢者はこの改正案に大反対するでしょうから、与党と野党が話し合った結果として、
ほぼ全会一致の状態で可決しなければ成立しないと思います。自民党がどれだけ議席
を持っていても、これを「政争の具」にされるのならば、選挙で大敗するでしょう。
今、厚生年金の削減を行えば、その財源を利用して、幼児教育・保育の無償化を実現
できると思われますが、これには野党の協力が欠かせません。内閣ではなく、与野党、
有識者、官僚などが、可能な限り公開の場で話し合って法律案を作成し、国会に提出
するべきです。国民の痛みを伴う改革を後回しにすれば、国の借金を後世につけ回す
しか方法がなくなってしまいます。
教育予算の拡充は、憲法改正よりも重要で、しかも喫緊の課題ではないでしょうか?





スポンサーサイト
2017_06_30


高田重久会長兼社長タカタ、日米で民事再生=戦後5番目、負債1.7兆円
-来月27日に上場廃止
 (6月26日 時事ドットコム)
欠陥エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題で業績が悪化していた自動車部品
大手タカタは26日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理された。米国でも
法的整理を申し立てた。東京商工リサーチによれば、リコール費用を含めた負債総額
は約1兆7000億円に達する見込み。製造業では戦後最大、非製造業を含めても
5番目の大型破綻となった。東証1部上場のタカタ株は同日付で整理銘柄に指定され、
7月27日に上場廃止となる。米自動車部品会社キー・セイフティー・システムズ
(KSS)の支援を受けながら裁判所の管理下で再建を目指す。タカタは運転資金を
タカタの財政状態確保するため、主力取引金融機関の三井住友銀行から250億円を上限につなぎ融資
を受ける。自動車メーカーからも支援を受けて、リコールに必要な交換用部品の生産
を続ける。高田重久会長兼社長(51)は26日、東京都内で記者会見した。
「関係者にご迷惑をお掛けすることになり、心より深くおわびする」と陳謝。KSS
への事業譲渡が完了する2018年1~3月期までに辞任する考えを表明した。
子会社のタカタ九州(佐賀県多久市)とタカタサービス(東京)も民事再生法の適用
を申請、受理された。それぞれ佐賀県と滋賀県でエアバッグやシートベルトなどを
生産している。米子会社を含む海外子会社12社は、米連邦破産法11条(日本の
民事再生法に相当)に基づく再生手続き開始を申し立てた。日米とも18年4~6月
期までの手続き完了を目指す。(中略) タカタの財務の健全性を示す自己資本は、
リコール関連費用の計上に伴う赤字が響き、17年3月末で302億円と過去3年間
で約1400億円減少。費用を一時的に立て替えている自動車メーカーからの請求が
あれば、債務超過に陥り、資金繰りが行き詰まるのは確実だった。

【タカタ破綻】終始逃げ回った3代目の罪…追い込まれ破綻へ (6月26日 産経ニュース)
2008年に最初にエアバッグの欠陥を把握してから約9年。タカタは経営破綻という最悪のシナリオに追い込まれた。欠陥
エアバッグ問題でタカタの創業家3代目の高田重久会長兼社長は、自動車メーカーと責任の押し付け合いを続け、責任逃れに
終始した。早期解決への努力を怠り、説明責任からも逃げ回るなど、消費者を軽視した経営者の罪は重い。
「こういう経緯に至り、非常に責任を感じている」
26日、東京都内で記者会見した高田氏は、タカタを経営破綻に追い込んだ自身の経営責任をこう認めた。
タカタ製欠陥エアバッグの異常破裂が原因とみられる死者は米国など世界で少なくとも17人にのぼる。しかし、多くの
死傷者を出しながらタカタは「異常破裂が起きることは製造当時は予測困難だった」と逃げ続けた。自動車メーカーにも
装着状態などで一定の責任がある、と責任を押しつける言動もあった。高田氏は同日の会見でもエアバッグの不具合について
「なぜ、問題が起きたのか分かっていない」と、不具合の明確な原因がタカタにあるとは認めなかった。
■自動車大手も怒り
こうした“責任回避”の姿勢は、消費者への説明責任でも顕著だ。問題発覚以降、高田氏が会見したのは平成27年6月と
同年11月、そして今回の3回だけだ。会見で説明する機会が少なかったとの指摘に対し、高田氏は「(昨年2月に再建計画
の策定を委託した)外部専門家委員会が検討する再建計画に直接コメントするのは適切でない」と釈明した。確かに専門家委
はスポンサー選定を含め、再建計画の策定で大きな権限を持つ。だが、経営トップが途中経過すら説明できないという当事者
意識のなさは、社会的責任が重視される近年の企業の中では異様にすら映る。ある国内自動車大手の首脳は、民事再生法
適用前、高田氏の対応に「ふざけるな」と怒りをぶちまけた。くだんの高田氏は会見で小さな声で謝っただけだった。
「結果的に説明責任を果たせなかったのは、個人的に申し訳ない」
■創業家が大株主で経営者
タカタが責任回避ばかりの経営に陥ったのは、タカタ株式の約6割を高田氏や親族らが保有するオーナー企業の弊害だ。
経営トップが大株主を兼ねるオーナー企業では、他の株主など利害関係者の意見が経営に反映されにくい。昨年6月の株主
総会でも、高田氏ら取締役の再任議案は難なく承認された。自浄能力を欠く経営に対し、一般株主からは「問題だと思う」
という批判が集中していた。一方で専門家委に一任したという経営再建策の策定についても、高田氏は再三、口を挟んだ
という。裁判所が関与する法的整理ではなく、当事者間で再建策を協議する私的整理を求め続けた。法的整理を行えば
信用不安に陥り、取引先からの部材供給が滞って、エアバッグなどの安定供給に支障をきたす恐れがあるというのが
高田氏の主張だ。高田氏は会見でも「われわれがやっている部品の供給が停止すれば自動車業界全体に非常なインパクト
を与えると考えた」と述べ、正当性を強調してみせた。(後略)

原発事故がまさにシンボリックな出来事だったわけですが、他にも安全に関する事実
の隠蔽が後を絶ちません。世のなかに100%安全なものなど何もないと思いますが、
日本では、「安全」という言葉が使われすぎているのです。有権者を意識してのこと
でしょうが、政治家は何にでも「安全宣言」を出したがります。日本では「安全宣言」
を禁止にしたほうがいいくらいです。その替わりに、「危険性は極めて小さい」と
言ったほうがいいと思います。危険性はゼロではないことを明確にしておくべきです。
「安全」と言ってしまうと思考停止に陥りますが、「危険性は極めて小さい」と言えば、
危険性について少しは考えるようになります。原発を例に挙げると、「原発は安全だ」
と言ってしまえば、それ以上、追及しようと思いませんが、「原発の危険性はゼロでは
ない」と言えば、「重大事故につながる事態とはどんなものですか?」といった質問を
住民もするようになります。全電源喪失に陥ったと聞いても、その危険性をすぐには
理解できなかった福島原発の近隣住民のかたも多かったのではないでしょうか?
どんな製品にも、特に新しい機能を持った製品には、予想することのできない危険性が
つきものです。それが予見できなかったとしても、それ自体が罪に問われるものでは
ありません。タカタが問われたのは、結果として危険な製品を売ってしまったことでは
なく、自社製品の危険性を隠蔽し、安全性を高める努力を怠っていたことです。タカタ
は、社内で行なったエアバッグ部品の試験で、破裂につながる兆候が出た結果を隠蔽
していました。アメリカでエアバッグが破裂した事例報告があった後、米国本社でエア
バッグの試験を行った結果、事故のときにエアバッグを膨らませる部分にひびが入り、
破裂につながる兆候が見つかったのに、タカタの幹部はこのデータを消去させ、試験に
用いた部品を処分していました。タカタはアメリカ議会公聴会で、隠蔽の事実を否定。
社長は公聴会に出席しませんでした。どんな組織でも、安全に関することはトップマネ
ジメントであるはずです。これも、原発事故で雲隠れした東京電力の社長の例で分かる
ように、日本の悪しき慣習なのかもしれません。トヨタの社長は違いましたけど・・・
どうにも逃げられなくなった段階になって、タカタは、過去の姿勢を一変させ、全面的に
エアバッグの欠陥を認めました。三菱自動車のリコール隠しに見られるように、「安全」
に関する事実の隠蔽はタカタだけの問題ではありません。日本の横並び競争体質が、
隠蔽を助長している要因のひとつといえるでしょう。製品の価格や性能に関して、業界
内での競争が激化していても、いや、激化すればするほど、「安全」に関しての競争は
やめるべきです。「安全」については各社が協力しあい、業界として、製品の安全性を
高めるように努力してもらいたいものです。





2017_06_28


海老蔵「妻を天から授かったのだと、おもうばかり」 (6月25日 日刊スポーツ)
歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が25日、ブログで、22日夜に妻の小林麻央さん(享年34)が乳がんで亡くなり、
23日の会見で明らかにしてから、世界中からメッセージが届いたと明かし「改めてすごい妻を天から授かったのだと、
おもうばかり」と、麻央さんの存在感の大きさをあらためてつづった。海老蔵は、千秋楽を迎えた東京・渋谷のシアター
コクーンで上演した自主公演「市川海老蔵 第四回 自主公演 ABKAI 2017~石川五右衛門 外伝 ~」の、
まさに千秋楽中の楽屋で思いをつづったようだ。
「ロンドンの知り合いから中国でもアメリカからも みんな連絡をしてくれます、まお どうして皆様ご存知なのかは
わかりませんが、私 改めてすごい妻を天から授かったのだと、おもうばかり、おもうばかりです、」(後略)

6月24日は蟹座の新月 2017年下半期に向けた、さまざまな環境調整を願える日! (6月21日 i無料占い)
今回の「蟹座新月」の特徴は?
蟹座は、深い愛情を司る星座です。近しい人の感情を敏感に察知することができ、恋人や家族に対して献身的に世話を焼く
など、無償の愛を注ぐエネルギーを持っています。また、蟹座は家そのものや近しい身内、親友なども象徴。自分の住環境
や親密な対人関係などを居心地よく整えることに特別な才能を発揮します。
今回の新月はそうした蟹座パワーにプラスして、自分のなりたい姿へと変化していけるエネルギーも働いています。
心地よい愛情に包まれた関係性や職場環境などを願うには、最適な新月となるでしょう。(後略)
ハウスの特性
ハウス
ハウスを区切る線のことをカスプと呼びます。12個のハウスは
いくつかのグループに分けることが可能です。例えばASCとDES
を結ぶ線を「地平線」とし、この地平線を境にホロスコープを
上下に分け、上を南半球、下を北半球と呼びます。南半球は
主に社会的な領域、北半球は個人的・プライベートの領域を
示します。他には、MCとICを結ぶ線を「子午線」とし、右側と
左側に領域を分ける区分もあります。右側を西半球・左側を
東半球と呼び、西半球は他者・他人との関係を示す領域、
東半球は自分自身の領域を示します。(i無料占い)

最近はノンフィクションの記事ばかりでしたが、占星術の話は物語と思ってください。
6月21日13時半頃、太陽は蟹座に入りました。つまり夏至。直後に、水星も蟹座に
入って、太陽とコンジャンクション(今回は外合)しました。24日には、月も蟹座に
入って、太陽とコンジャンクションしました(新月)。既に、金星も蟹座に入っていた
ので、太陽、月、水星、金星は深い愛情を司る蟹座に集まりました。前にも触れました
が、小林麻央さんの誕生日は、蟹座における日食の日(日本では見られなかった)です。
西洋占星術における運勢の変化の読みかたには様々な手法があり、決まった方法がある
わけではありませんが、通常、生まれたときの星の配置図(バースチャートもしくは
ネイタルチャート)を使います。バースチャートはその人の生まれ持った性格や才能を
表すと考えられています。しかし、多くの人が知りたいのは、自分の特性を知ることで
はなく、「いつ」「どんなこと」が自分に起きるかです。それを占う主な方法として、
トランジット法とプログレス法があります。
トランジット法は、「実際の天体の運行」をもとにして運命を読んでいく占星法です。
現在のリアルタイムな星の動きとバースチャートを照らし合わせながら占います。
その位置関係によって、運命の流れを読んでいく方法です。
プログレス法は、ある法則に基づいて、自分のホロスコープ上の星を進行させます。
進行図には様々な種類がありますが、一番ポピュラーなのは「1日1年法」です。
これは、その人の1年の運勢は、その人が生まれて「1日」の配置図を見れば分かる
という発想に基づいています。太陽が地球を一周するのは24時間であり、かつ1年
でもあることから、多くの人に用いられている方法です。では、「1日一生法」を
適用すると、どういうことになるでしょうか。はっきり言って、これは占いとしては
実用的ではありません。その人が何歳まで生きるのかを予想しないと、占うことが
できませんから。何年、生きたかではなく、天寿を「一生」とした場合、亡くなった
かたについても、天寿を全うしたかどうかによって解釈が変わってきます。
小林麻央さんの誕生日の一日は、と言えば・・・
午前4時頃に太陽と月がコンジャンクション。このとき、太陽、月、ドラゴンヘッド、
水星、金星がすべて蟹座。約1時間後には「日の出」。午後9時半頃には、海王星が
MCを通過して、すべての星が「他人との関係を示す領域」である西半球へ・・・
小林麻央さんは、蟹座に生まれ、蟹座に召された天使だといえるでしょう。
あらためて、蟹座の特徴を説明しますと・・・
蟹座生まれは穏やかで思いやりのある家庭的なタイプです。他人の気持ちに敏感で
サービス精神に富んだ人物といえます。ただし、他人を楽しませることに心を傾ける
面がマイナスに働くと、何かと気を使い過ぎて、疲れてしまうかもしれません。


1982年7月21日ホロスコープ



2017_06_26


小林麻央さん死去小林麻央さん死去 乳がんで闘病 
(6月23日 NHK NEWS WEB NHKオンライン)
歌舞伎俳優、市川海老蔵さんの妻で、乳がんの治療を
続けていることを公表していたフリーアナウンサーの
小林麻央さんが亡くなりました。34歳でした。
小林麻央さんは東京出身で、大学生のころから芸能
活動を始め、民放のバラエティー番組にレギュラー
出演したり天気情報のキャスターを務めたりするなど、
タレントとして活躍しました。大学卒業後はフリー
アナウンサーとしてニュース番組の司会などを務め、
平成22年に歌舞伎俳優の市川海老蔵さんと結婚しました。その後は芸能活動を控えて2人の子どもの子育てに専念して
いましたが、去年6月、夫の海老蔵さんが会見し、麻央さんが乳がんと診断されて2年近く治療を受けていることを明ら
かにしました。去年9月にはブログを開設して、闘病生活や家族とのやり取り、それに日々の心境などを詳しくつづり、
大きな反響を呼びました。11月にはイギリスの公共放送BBCが、このブログががん患者だけでなく多くの人を勇気
づけたとして、麻央さんを世界の人々に影響を与えた「ことしの女性100人」に選んでいます。ブログによりますと、
麻央さんは手術や放射線治療を受けたあと、ことし1月には退院の報告をしていましたが、4月に再び入院したことを
明らかにしていました。その後、先月29日に退院し、在宅医療を続ける様子をつづっていました。(中略)
患者増える 乳がん
乳がんは女性のがんの中で最も患者数が多く、食生活の変化などの影響から患者は増え続けています。国立がん研究センター
の推計によりますと、平成24年は7万4000人が新たに乳がんと診断されていて、女性のがん全体のおよそ20%を
占めています。患者は若い人にも多く、30代から増え始めて40代後半から50代前半がピークとなり、仕事や出産など
女性の生活に深刻な影響を及ぼします。早い段階で見つけて適切な治療を受ければ治療成績はよく、去年、国立がん研究
センターが発表した5年相対生存率は、がんが乳房にとどまっている場合は98.9%だった一方、別の臓器などに遠隔
転移している場合は33.7%となっていました。症状が進行すると骨に転移することが多いがんのため、手術や放射線
治療、それに薬物療法といった基本となる治療のほか、骨折を防ぐために骨の修復を促す薬が使われることもあります。

新しい抗がん剤、分子標的治療薬ってどんなくすり?副作用は本当に少ないの? (2016年7月29日 いしゃまち)
医療は日々、進歩しています。特に、がん治療の分野における進歩は目覚ましく、より効果の高い画期的な治療法が次々と
開発されています。そのひとつが、新しい世代の抗がん剤といわれる「分子標的治療薬(ぶんしひょうてきちりょうやく)」
です。分子標的治療薬は2001年より日本でもがん治療に導入され、徐々に増えてきました。例えば、肺がんの患者さんに
使われている「イレッサ」や、乳がんや胃がんに対して使われる「ハーセプチン」という薬をご存じのかたもいらっしゃる
でしょう。分子標的治療薬は今までの抗がん剤とどう違うのでしょうか?また、従来の治療が効かなくなったがん患者さん
を救う「夢のくすり」として期待されていましたが、実際はどうなのでしょうか?
今回、腫瘍外科医の立場から、分子標的治療薬について解説します。
分子標的治療薬とは?
従来の抗がん剤は、がん細胞そのものを標的としたものではなく、例えばがんの特徴である分裂をくり返して増殖している
細胞を攻撃する薬でした。このため、正常な細胞(特に、分裂がさかんな骨髄の細胞など)もやっつけてしまい、副作用
も多く出てしまうというデメリットがありました。これに対して分子標的治療薬とは、がん細胞が持っている特定の分子
(遺伝子やタンパク質)をターゲットとして、その部分だけに作用する薬のことです。分子標的治療薬のメカニズムに
ついて、簡単に説明します。例えば、下の図のように、がん細胞は、増殖因子(細胞の増殖を促進する物質)が細胞の表面
分子標的治療薬のメカニズムにあるレセプター(受容体)に
結合することによって細胞増殖
の信号がオンになり、増え続けて
いきます。分子標的治療薬(ここ
ではレセプター抗体薬)はこの
レセプターにより強く結合して
ふさぎ、増殖因子が近づいても
結合できなくします。これに
より、信号がオンになるのを
防いでがん細胞の増殖を抑制
します。分子標的治療薬には、
大きく分けて細胞のシグナル
伝達(増殖などを促すため、
細胞内で指令が伝わっていく
システム)を阻害するもの
(肺がんに対するゲフェチニブ
(イレッサ)、エルロチニブ(タルセバ)、大腸がんに対するセツキシマブ(アービタックス)やパニツムマブ(ベクティ
ビックス)など)と、血管新生(がんに栄養を運ぶ新しい血管が作られること)を阻害する薬(ベバシズマブ(アバスチン)
など)があります。現在、肺がん、乳がん、大腸がん、胃がん、腎臓がん、血液がん(白血病)、肝臓がんなどの治療に
分子標的治療薬が導入され、効果を上げています。おもに転移や再発をした患者さんが適応となりますが、手術後の再発
予防のために使われる場合もあります。(中略)
分子標的治療薬の問題点
分子標的治療薬の効果については、従来の抗がん剤に比べて格段に効果が高いというものではありません。なかには、
臨床試験において統計学的に有効であると判断されたものの、患者の生存期間にほとんど差がない薬もあるのが現状です。
また、一旦は効果がみられた場合でも、次第に効果が薄れてくることもあります。したがって、「夢のくすり」といった
過度の期待は禁物です。分子標的治療薬は、正常の細胞も傷つける抗がん剤と違い、副作用が少ないといわれています。
しかしながら、実際には従来の抗がん剤とは異なる特徴的な副作用が報告されています。例えば、肺がんに対する分子標的
治療薬のイレッサには間質性肺炎という重大な副作用があることがわかり、死亡例が相次いだことより問題となりました。
また、抗EGFR抗体薬などでは、皮疹などの皮膚症状がでることがあり、ひどい場合には生活に支障を来すこともあります。
また、分子標的治療薬は一般的に高額であり、多くの場合医療費の負担が増えます。例えば、分子標的治療薬による治療
を受けた場合、1か月の薬代が数十万円という例も珍しくありません。ただし、公的医療保険には、患者さんの負担の上限
を定めている「高額療養費制度」があるため、上限額を超えて支払った分は還付される仕組みとなっています。いずれに
しても、国民全体の医療費は上昇の一途をたどっており、分子標的薬の登場も原因のひとつと考えられています。(後略)

小林麻央さんが亡くなりました。誰もがご存知だとは思いますが、死因は乳がん。
いくらなんでも34歳は早すぎます。最近は、40代50代の女性が亡くなると、
死因は乳がんなのではないかと思ってしまいます。それほど、比較的若い女性に
(そしてそのまま亡くなるかたに)乳がんは多いのです。わたしたちは、進行がん
になって「治療しても治る見込みがない」と医者に判断されたとき、どうすれば
よいのでしょうか。まさか、余命を告げられて、「はい、分かりました。緩和ケア
だけを受けて、残りの人生を楽しみます。」とは言えないでしょう。進行ガンで
打つ手なしと診断されても、別の病院に移ったら治療を勧められたという話も
あります。医者によって意見も異なりますから、一人の医者に「治療しても治る
見込みがない」と言われたからといって、すぐに諦めるべきではないでしょう。
ただ、どんなに苦しんでもよいから、徹底的に病気と闘いたいかと聞かれれば、
多くの人が「うーん」となるのではないでしょうか。これからの時代、医者任せ
ではなく、自分自身で判断を下すことが必要不可欠になっているようですので、
素人でも、がん治療に関する知識を持っておいたほうがよさそうです。
固形がん患者だと仮定して、特に悩むのが、抗がん剤を受けるべきか否かでは
ないでしょうか。ネットで調べると、「代替療法でがんが治った」という体験談
もありますが、科学的な有効性が証明された代替療法は存在せず、抗がん剤より
効果があると断言できる代替療法はないと考えたほうがいいでしょう。ただし、
食事療法やサプリメントなどの一部の代替療法を、抗がん剤などの基本治療
と組み合わせて治療を行うことは検討に値するのかもしれません。全くもって
個人的な感想を言わせてもらうと、可能ならば、従来型の抗がん剤ではなく、
分子標的治療薬を試したいところです。なぜなら、従来型抗がん剤(細胞障害性
抗がん剤)だと確実に苦しみそうな気がするからです。例えば、胃がん、大腸
がん、乳がん、子宮がんなどに用いられるフルオロウラシルの分子構造をみる
と、ウラシル(リボ核酸を構成する塩基)の水素原子がフッ素に置換されていて、
こんなものが正常な細胞に取りこまれるのなら、これで死んでしまいそうな気が
します。どうせ死ぬのなら、苦しまずに死にたい・・・

※本記事は特定の治療法を勧めるものではありませんし、治療しないことを勧めるものでもありません。




2017_06_24


新聞読者別安倍支持率東京新聞読者の安倍政権支持率は「5%」、
対する産経新聞読者では「86%」― 都内世論調査番外編
 
(6月20日 Yahoo!ニュース)
(前略)特徴的なのは産経新聞と東京新聞だ。産経新聞読者
のなかでの政権支持率は86%に達した一方で、東京新聞読者
ではわずか5%と極端な差が表れている。不支持率は産経新聞
読者が6%なのに対して、東京新聞読者は77%と、そのまま
支持率を裏返した結果となった。 朝日新聞、毎日新聞の読者
も政権支持率はそれぞれ14%と9%にとどまり、かなり低い。
安倍首相が国会答弁で「熟読」を求めたことで話題になった
読売新聞の読者層では、政権支持率は43%と、不支持率29%
新聞読者別小池支持率を上回っている。 また、唯一の経済紙である日本経済新聞
では、支持率が41%なのに対して不支持率は38%と拮抗した。
全体の傾向として、各社の社説や右・左といった報道姿勢の
「立ち位置」と、政権支持率の傾向とがかなり一致している
と言える。対照的なのが小池知事の支持動向だ。産経新聞
を除く全ての社の読者層で、支持が不支持を上回った。
継続的に公開してきた都内世論調査でも、各政党支持層
から幅広く支持を得てきた傾向を指摘しているが、
「新聞読者層」という切り口でも同様の傾向が見える。

それでも"政権擁護"に徹する読売の無理筋
日経でさえ「強引すぎる」と批判
 (6月20日 PRESIDENT Online プレジデントオンライン)
読売社説は論理のすり替えだ
「通常国会閉幕 疑惑追及だけではもの足りない」。6月19日付読売新聞の社説の見出しだ。冒頭が「重要な法律の成立
では成果があったが、疑惑の追及ばかりが目立ったのは物足りなかった」である。やはり読売社説はどこか変だ。1強独裁
の安倍晋三首相が力ずくで「共謀罪法」案の採決を強行したところに民主主義の根幹の問題があるのに、それを棚に上げて
「物足りない」国会だという。論理のすり替えではないか。対する朝日新聞は16日付の社説で共謀罪法の成立を「国会の
歴史に重大な汚点を残しての制定である」と鋭く批判し、18日付で大きな1本社説を組み「国会の議論が空洞化してしまっ
ている」と指摘する。新聞ジャーナリズムには、反骨精神を持って権力を監視する役目がある。それがどうだろうか。
読売は安倍政権擁護の御用新聞に成り下がっている。新聞ジャーナリズムの大きな危機である。
日経でさえ「あまりに強引すぎる」と批判
さて今回は18日に閉幕した国会について各新聞の社説を見ていこう。興味深いのが16日付の日経新聞の社説だ。
「最後は多数決で決めるのが国会のルールには違いない」と書き出し、「しかし与党の都合で法案審議の手続きを一部
省略し、早期成立にこだわるような手法はあまりに強引すぎる」と手厳しく批判する。
保守的で企業や財界よりの日経が社説でここまで書く。それゆえおもしろいのである。
日経社説は「過去にも委員会採決を経ずに衆参の本会議で採決をした例はある。だがそれは野党が委員長ポストを
握っていたり、各党が個々の議員に本会議採決での賛否を委ねたりするケースだった。与党が議事運営の主導権を
確保していながら、審議の手続きを省略したのはどう考えてもおかしい」と今回の自民党の参院法務委員会での採決
を省略する「中間報告」という手続きを使い、参院本会議で採決して共謀罪法を成立させた経緯のおかしさを明らかに
している。社説の最後は「政府は今後も閉会中審査などに応じ、さまざまな疑問に丁寧に答えていく必要がある」と
締めくくっているが、全くその通りである。(後略)

新聞購読者経年変化 左右両極端である東京・産経新聞とは
いえ、これほど、安倍内閣支持率に
差があるのは驚きです。都民の多くが
自分(家族?)の政治思想に合った新聞
を選んでいるようです。一方、多くの
地方では、地方紙のほうが主流で、
メジャー地方紙が県内独占といっても
いい状態なので、地方の新聞購読者は、
政治傾向で新聞を選ぶことはできません。
最近、20代30代を中心に新聞購読者は
減り続けており、新聞は既に時代遅れの
媒体だとの意見もあります。実際、全国紙の購読者は減少の一途を辿っているのですが、
地方紙は全国紙に比べればかなり健闘しています。海外や全国のニュースはネットを
見ればいいのですが、地域ニュースはネットには載っていないものが多いので、地方の
人間にとっては地方紙のほうが役に立つのです。また、新聞の折り込みチラシも地方紙
のほうが充実しています。
たいてい、都市部よりも地方のものが先に衰退していくのですが、新聞の場合は逆で、
全国紙の存在意義が問われています。苦戦しているなかでも、最もシェアが高いのは
読売新聞です。御用新聞と批判される読売新聞ではありますが、他の新聞社のホンネ
は、読売新聞を叩いて読者を奪いたいだけです。ただ、読売読者の安倍内閣支持率
から判断すると、ちょっと政権に寄りすぎているような気もします。これは、独自の
憲法改正案を国会で問われて「読売新聞を読んでください」と答えて、読売の宣伝
マンとなった?安倍首相のメシ友であるナベツネ氏の意向でしょうか。
この新聞購読者別世論調査で注目すべきことは、安倍も小池も嫌いという都民は意外に
少なく、安倍嫌いに小池ファンが多いようにみえること。ただ個人的には、安倍さんと
小池さんの政治信条はそれほど変わらないように思います。安倍さんは支持率が落ちて
どうにもならなくなったら、次の総理大臣に小池さんを担ぎあげたらどうでしょう。
「小池さんが国会に戻るまではわたしが総理大臣を続ける」と言えば、延命可能!?




2017_06_22


過労死110番息子が自殺…相談278件 過労死110番 
(6月17日 日テレNEWS24)
長時間労働や過労死が社会的に問題となる中、弁護士らが
全国一斉の電話相談を行った。この電話相談は今年で30回
目となるが、17日は「長時間労働などでうつ病になった」
「飲食業で働く息子が長時間労働で自殺した」といった相談
が、全国32都道府県からあわせて278件寄せられた。
過労死問題に詳しい川人博弁護士「最近は20~30代の倒れ
たり、倒れそうだという相談が多くなってきている。精神的な
                             ストレスがとてもひどい状況だと」
                             主催者は「社会全体が関心を持つことが大事だ」と話している。
労働相談
「辞めさせてくれない」 退職の相談7.2%増
 (6月17日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
厚生労働省は16日、2016年度に全国の労働局などに寄せられた労働相談の件数を発表した。
「退職したいのに会社が辞めさせてくれない」など自己都合退職に関する相談は前年度比7.2%増の4万364件で、解雇に
関する相談(3万6760件、同2.7%減)を初めて上回った。同省担当者は「景気がよくなり、人手不足になっていることが
背景にある」と分析している。 厚労省によると、16年度は、使用者と労働者個人の間の労働紛争に関する相談が延べ約31万件
寄せられ、集計を始めた02年度以降で最多となった。内訳をみると、「いじめ・嫌がらせ」に関する相談が同6.5%増の7万
917件で、5年連続で一番多く、自己都合退職は2番目だった。 16年度の平均有効求人倍率は同0.16ポイント上昇の
1.39倍、完全失業率は同0.3ポイント低下の3.0%で、いずれも7年連続で改善している。

上野千鶴子さん団塊左翼の自己中心主義 (2月14日 Yahoo!ニュース)
はじめに
中日新聞・東京新聞に掲載された上野千鶴子氏のインタビュー「平等に貧しくなろう」
が物議を醸しています(いました?)。
〝この国のかたち 3人の論者に聞く(2017年2月11日 中日新聞・東京新聞)〟
すでに様々な論者が様々な観点から様々に論じられていますので、私が何か付け加え
られるような余地もない気もするのですが、私からは世代間格差の観点から少し論じて
みたいと思います。
団塊の世代とは
団塊の世代とは、第2次世界大戦直後の1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)
間に生まれた世代を指すとされています。世界的には、もちろん、日本でも、第一次
ベビーブーム世代とも呼ばれています。上野千鶴子氏はプロフィールによりますと
1948年生まれですから、まさに団塊の世代ということになります。 この世代は、終戦
後に生まれ、小学生の時に高度成長が開始、団塊世代のうち左翼的な思想の持ち主は、学生運動に身を投じた後、一般企業にも
就職、終身雇用・年功序列にほぼ守られた世代で、働き盛りの頃にはバブル景気を経験しています。多くはバブル開始前には
結婚していたので、地価が高騰する前にマイホームを取得していた方々も多いはずです。しかし、経済や社会でそれなりの役割
を期待されだして以降は、失われた10年・20年の中で迷走を続けた世代でもあります。そして退職後は、人によっては学生運動
の思い出がよみがえるのか、反原発、反安保法の運動に参加したりもしています。 つまり、団塊の世代とは、戦前・戦中世代の
作ったレールに乗っただけのキャッチアップ世代であり、そのレールに軌道修正が必要になったにもかかわらず、抜本的な
手当てを一切行わず、挙句の果てには世界でも深刻な世代間格差を生みだした元凶(そしてその自覚すら持ってない)という
のが私の個人的な理解です(総体としてみて結果的にという意味です。個々人では尊敬に値する立派な方々を多数存じ上げて
はいます)。 さらに、経済成長の恩恵に浴した一番の世代であるにもかかわらず、事あるごとに、反成長的な態度を取るのも
(私には)理解できない特質であると言えます。
 滅びの美学
 上野氏は、上のインタビューで
〝日本は人口減少と衰退を引き受けるべきです。平和に衰退していく社会のモデルになればいい。 〟
 と述べておられます。まさに滅びの美学ですね。そして、どうすればすんなり美しく滅んでいけるかと
 いうと、上野氏によれば、国民負担率を増やせばいい!とのことです。国民負担率は税負担と社会保険
 料負担とからなりますが、基本的にはいま働いている世代が中心に担うものです。ご自分は引退されて
 いるので、当然現在の勤労世代に比べて重い負担を課される心配がないことを熟知されているのでしょう。
 上野氏が指摘されるように、日本に本当の社会民主政党があるのかないのか私には分かりませんが、
 そんなものの有無にかかわらず、誰から取り上げて誰に与えるかを貧しくなっていく国で政治的に決め
 ようと思えば、大きな摩擦は避けられないと考えるのが自然なんだと思うのですが、こうしたご発言を
 聞くと、そういう政治的軋轢について思いが及ばないのか意図的に無視しているのか、その真意を測り
かねます。 それとも、政府が一言命じれば、世代間連帯の美名のもと、肥えた高齢世代を痩せた若年世代が支えるため、若い
世代は唯々諾々としてその命令に従わねばならない奴隷なのでしょうか。そもそも、世代間連帯とは本来上の世代を下の世代
が支えるだけではなく、余裕のある世代もしくは人間が余裕のない世代・人間を支える、世代を超えた連帯でこそあるべきな
のは論を待ちません。(中略)
おわりに
日本の現状を変える努力を放棄し、将来世代に破綻同然の日本を引き継いでも心が全く痛まない人々には、何を申し上げても
無駄かもしれませんが、貧しくなる覚悟を他の世代に説くのであれば、先ず隗より始めよ、ご自分たちがまず全資産を将来
世代のために拠出して、貧しくなることを実践されてはいかがでしょうか。 平等に貧しくなろうという提案に続くのは、
もしかすると、経済的には貧しくなっても精神まで貧しくなってはいけない。逆に、精神さえ豊かなら経済的に貧しくなって
も豊かに生きていけるという戦時中の軍国主義日本と本質的に同じ根性論かもしれません。(後略)

1000兆円の借金を抱える我が国において、左翼のかたが言われるように、成長を放棄し
衰退を容認した場合、どのようなシナリオが想定されるのでしょうか。成長戦略をやめた
場合、これとは逆の縮小戦略が必要になります。そのときに、最も抵抗勢力になるのは、
労働組合です。平等な縮小戦略をはじめるには、今すぐに、年金を大幅カットし、社員
全員を非正規化する必要があるでしょう。そうしなければ、世代間の格差を解消できま
せん。しかし、左翼と労働組合は深いつながりを持っています。日本が成長しなければ、
最大の既得権階層は正社員になります。なぜなら、企業が衰退していく過程で、終身
雇用という特権に守られた正社員がいる限り、これから採用する社員を非正規化する
ことによりコストカットを進めるしか、企業を存続させる道がなくなるからです。
つまり、労働組合に支えられた左翼の平等思想が、実は世代間格差を助長しているの
です。左翼は成長戦略に反対で、かつ既存労働者の特権を維持させたいわけですから、
そのような思想に共感できない若者が多くなるのは当然のことなのです。
また、衰退過程ではモノが売れないのでデフレがさらに進みます。モノの価値が下がる
ことは、カネの価値が上がることを意味します。資産保有層(多くは高齢者)は相対的
にますます豊かになります。グローバル企業のなかには成功企業も現れるでしょうが、
デフレ下では円高になりますので、生産の空洞化が進み、地方経済はさらに疲弊します。
多くの中小企業では、競争の激化と業績の悪化により、従業員に無理な労働をさせるか、
従業員の給与を低く抑えなければ、会社が存続できなくなってしまいます。したがって、
労働条件のよい若者の雇用の機会はますます失われることになります。左翼に政権を
わたすことは、多くの若者にとって、「地獄」を意味するのです。
労働組合の支援を受ける民進党が、エセ若者支援派であることを国民は理解しておく
べきです(民進党は衰退戦略ではなく、成長戦略を政策に掲げていますが、それが
「絵に描いた餅」であったことは、民主党政権下で実証済みです)。






2017_06_20


瑞風一番列車JR西日本の豪華寝台列車「瑞風」 一番列車が出発
(6月17日 NHK NEWS WEB NHKオンライン)
関西と中国地方を周遊するJR西日本の豪華寝台列車「トワイライト
エクスプレス瑞風」の運行が17日から始まり、一番列車が大阪駅
を出発しました。「トワイライトエクスプレス瑞風」は1泊2日や
2泊3日で、関西と中国地方を周遊する豪華寝台列車です。
17日はJR大阪駅で出発式が行われ、午前10時前にホームに
深い緑色の流線型の先頭車両が姿を現すと、待ち受けた大勢の
鉄道ファンから歓声が上がりました。10両編成の列車には16の
客室があり、先頭と最後尾の車両は天井まで窓が広がる展望車と
なっていて、乗客が外に出ることができるデッキも備えています。また、食堂車では景色を楽しみながら西日本各地の旬の
食材を使った一流のシェフの料理が提供されるほか、本格的なバーカウンターや茶の湯も楽しめるラウンジもあります。
料金は1泊2日のツインの部屋で1人27万円から、最も豪華なスイートは2人で利用した場合、1泊2日で1人75万円から
と高額ですが、一番列車の抽選倍率は平均で25倍に上ったということです。新婚旅行として夫婦で瑞風に乗車した小林あやか
さん(39)は「すでに引退したかつての寝台特急、『トワイライトエクスプレス』で夫と知り合ったので、もう一度乗りたい
と思っていました。歴史的な列車の特別な時間と空間のすべてを楽しみたい」と話していました。一番列車は乗客16組31人
を乗せて、午前10時20分ごろに大阪駅を出発しました。今回は山陰地方を通って1泊2日で山口県の下関駅を目指すコース
で、途中、兵庫県の城崎温泉や幕末の歴史がいきづく山口県萩市などに立ち寄ります。

フリーゲージトレイン試験車両長崎新幹線フリーゲージ断念の方向 安全性や費用ネック
(6月14日 朝日新聞デジタル)
九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)での新型車両フリーゲージ
トレイン(FGT)導入について、JR九州が断念する方向で検討
していることがわかった。安全性への不安のほか、車両の費用も
高く、収益が確保できないとみている。国などにも今後、こうした
考えを正式に伝える見通しだ。FGTは、線路幅が違う新幹線と
在来線を、車輪の間隔を変えて直通できる新型車両で、国の外郭
団体が開発を進めてきた。国や地元自治体などと長崎新幹線への
導入でいったん合意しており、JR九州が方針転換するとなれば
反発も予想される。長崎新幹線は2022年度までに、博多―武雄
長崎新幹線ルート温泉間を在来線特急が走り、武雄温泉駅で新幹線と乗り換える「リレー方式」で
暫定開業の予定だ。FGTは25年度の全面導入を目指していた。ただ、400
億円超の国費が投入されてきたFGTの開発は、耐久走行試験での不具合など
で難航しており、JR九州は安全性を懸念している。維持管理などの費用も
一般の新幹線より高く、「効果的なコスト削減策が見つかっていない」
(JR九州幹部)。(後略)

JR西日本の豪華寝台列車「瑞風」は順調な船出となった
ようですが、長崎新幹線は暗雲が立ちこめてきたようです。
理由は、計画していたフリーゲージトレインの導入が困難
な状況になってきたからです。山形新幹線と秋田新幹線
(いわゆるミニ新幹線)は、新幹線の線路を新規に建設
することなく、既存の在来線を改軌して、在来線路線上に
新幹線が走れるようにしたものです。ミニ新幹線では車輪間隔を変える必要はありませんが、
普通の新幹線車両は車体幅が広いので、車体幅が狭い専用の新幹線車両が必要です。だから、
ミニ新幹線なのです。ミニ新幹線は在来線路線上では低速ですが、新幹線路線上では、普通
の新幹線と同じ速度で走れます。ですから、普通の新幹線に連結させて走ることができます。
一方、フリーゲージトレインは、軌間の異なる新幹線/在来線区間の両方を同一の列車が
走れるよう、車両の車輪に工夫を加えたものです。フリーゲージトレインでも、普通の
新幹線との連結が期待されていました。具体的には、新大阪-鹿児島中央・長崎といった
列車を走らせることになります。しかし、現状ではフリーゲージトレインの最高時速は270
キロなので、最高時速が300キロの山陽新幹線の車両に連結させることができません。
新大阪-博多間をわざわざ速度を落として走らせるのでは意味がありませんし、今でも、
新大阪から長崎に行くのでしたら、博多か新鳥栖で1回乗り換えればいいわけですから、
時間短縮効果の低いフリーゲージトレインを導入する意義はなくなってしまうわけです。
ではなぜ、ミニ新幹線ではなく、技術的に確立していなかったフリーゲージトレインの導入
を決めたのでしょう。それは、ミニ新幹線では、路線の工事中に該当区間を運休させなけ
ればならないからです。長崎新幹線では、山形新幹線や秋田新幹線のように、運休時の
代替路線がありません。また、これに成功すれば、山陰や四国にも適用できるのです。
結局、リレー方式で暫定開業させるしかなさそうです。九州新幹線(鹿児島ルート)でも、
新八代-鹿児島中央間部分開業時はリレー方式でしたが、時間短縮効果はありました。
長崎新幹線では、リレー方式による新幹線開業メリットがありませんので、将来的には、
全線をフル規格にするしかないでしょう。採算性を考えると、武雄温泉-博多間に一駅も
設けず、替わりに、博多-佐世保・ハウステンボス間の在来線特急を存続させたほうが
いいと思います。佐賀県民、佐賀市民は絶対に賛成してくれないでしょうけど・・・





2017_06_18


共謀罪NO「共謀罪」異例の採決省略 自民幹部も「やり過ぎだ」
(6月15日 朝日新聞デジタル)
与党が「共謀罪」法を成立させるために国会の基本的な手続きを省いた
ことについて、野党が批判を強めている。安倍政権の強権姿勢のあらわれ
だとして、23日告示の東京都議選でも訴える構えだ。与党側は正当性を
主張するが、選挙戦への波及を懸念する声も出ている。与党は15日未明
の衆院本会議で野党4党が提出した安倍内閣不信任決議案を否決。その後
の参院本会議で、法案を付託した委員会採決を省略する「中間報告」を
用いて同法を成立させた。中間報告は、同法自体には賛成した日本維新の会も「正当性を欠く奇手」(片山虎之助
共同代表)と指摘する異例の手続きだ。民進の蓮舫代表は15日午後の記者会見で「自分たちに都合の悪いことは
先送りし、都合良く通したい法案は数の力で立法府の立場を踏みにじっても通していく強行政治であることが明らかに
なった」と指摘。「国政と都政は違うが、この問題は(都議選で)高らかに訴えていきたい」と語気を強めた。
共産の穀田恵二国会対策委員長は「委員会審議を事実上封殺した暴挙で、許しがたい」と批判。「国会を閉じれば逃げ
切れると思っているかも知れないが、そうじゃない」と述べた。自由の玉城デニー幹事長は「法は問題だらけ。国会外
で声を上げ、廃止を目指す」。社民の照屋寛徳国対委員長も「市民運動を巻き起こしていく」と述べた。一方、自民の
二階俊博幹事長は「(中間報告は)国会のルールで認められている。強行でも何でもない」と記者団に強調。公明の
漆原良夫・中央幹事会会長は会見で「(野党が)廃案路線でぶつかってきた。東京五輪で(テロから)首都を守り抜く
姿勢を示すにはこの方法しかなかった」と語った。ただ、自民幹部は「普通にやれば済むことで、やり過ぎだ」と指摘。
与党が多数を握る委員会で採決したうえで、本会議で可決して成立させるべきだったとの認識を示した。公明議員から
も「(強硬姿勢が際立って)よけいに傷つく」との声が漏れた。(後略)

大坂正明容疑者46年逃亡の大坂容疑者?逮捕 「公安警察」の仕事とは?
(6月4日 THE PAGE ザ・ページ)
46年前の「渋谷暴動事件」で指名手配中の中核派活動家、大坂正明容疑者とみられる男が
先月逮捕されました。この逮捕で重要な役割を果たしたのが、いわゆる「公安警察」です。
この男は近く殺人容疑で再逮捕され、東京に移送されて警視庁公安部の取り調べが始まる
と報じられています。公安警察とはどのような組織で、どんな仕事をしているのでしょうか。
どんな組織で職務なの?                          (中略)
公安警察の組織は、公開情報によれば、最大組織の警視庁公安部を始め、各道府県警、
所轄署に至るまで、規模こそ異なれ、同様の職務を担当する機能が備えられています。
その職務とは、極左暴力集団や右翼団体の捜査(公安課、係)と、外国政府による対日
工作等を阻止するための捜査(外事課・係)、国際テロ関連の捜査などです。
公安警察には、容疑者の逮捕を最重要課題とする法執行機関という側面と、対象の組織を最終的には壊滅に追い込むことを
目標に掲げ、その関連情報の入手に努めるという、いわゆる情報機関としての性格も持っていると考えられます。警察の
情報収集活動はあくまで捜査のためという枠組みの中でのことといわれますが、最大の組織力を擁する警察の情報収集能力
には定評があるといわれています。しかし、一般論で言えば、米国や欧州などの先進国では、法執行機関(強制捜査権を
持つ)の機能と、情報機関としての機能を明確に分けていますので、日本の例はむしろ特殊な部類に属するかもしれません。
公安警察の職務の中でも、主に外事課が担当する敵対国によるスパイ活動を阻止するための捜査は注目に値します。
スパイ摘発という一見スリルのある捜査は、一般人の目にはまるで映画や小説のように映るかもしれませんが、スパイの
証拠をつかみ、関係者の逮捕にまで漕ぎつけるためには、長期にわたって内偵を続け、他人には口外できない苦しい戦いが
あるはずです。すなわち、相手の外国人は、それぞれの母国で長年諜報員としての訓練を受けたプロ中のプロだからです。
公安調査庁にも防諜(カウンター・インテリジェンス)を行う部署は存在しますが、マンパワーの問題から、公安警察の
ように人員を動員して外国のスパイ活動をあぶりだすという作業には自ずと限界があります。スパイ天国と言われて久しい
我が国ですが、現在国会で審議されている組織犯罪処罰法改正案(共謀罪の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する)
を含め、スパイやテロを取り締まる法律をいつまでも持てないのであれば、危険な敵対国やテロリストにとってこれほど
安心して活動できる国はほかにないでしょう。公安警察の負担軽減も少しは考える時期にきているのではないでしょうか。

政府の説明を聞いても、それほど差し迫った必要性を感じない共謀罪法案ですが、
強引な手法を用いてまでも性急に法案を通そうとする理由は何なのでしょうか。
この法案を通したい真の隠された理由があるのではないかと疑ってしまいます。
いわゆる共謀罪では、起きてもいない犯罪を捜査するわけですから、「怪しい」
「危険だ」と警察が認識した集団を日常的に監視する必要があります。でなければ、
起きていない犯罪を取り締まれるはずがありません。そうでなくても忙しい警察に
そんなことができるのでしょうか。これは、一般の警察ではなく公安の仕事でしょう。
公安としては、監視対象に何か疑わしい点がみつかれば、監視対象を共謀罪の捜査
対象に格上げすることができるようになるでしょう。公安警察には、公安調査庁
(法務省)、警察庁警備局、都道府県警察にある公安担当部署の3つがあります。
そのなかでも、公安の実働部隊は警視庁公安部です。ちなみに、警察庁は国の組織、
警視庁は東京都の組織です。神奈川県なら神奈川県警ですが、東京都は東京都警
ではなく警視庁。公安の監視対象は、共産党、極左、右翼、外国人スパイなど。
オウム真理教残党は勿論、監視対象ですが、安保法案に反対したSEALDsも対象に
なっていました。今回逮捕された大坂正明容疑者は、46年前の渋谷暴動事件での
指名手配犯です。これまで何人の公安警察官がこの事件を担当したのか知りません
が、半世紀近くにわたって容疑者を追い続けたわけですから、容疑者にたどりつく
ことなく、関係していた多くの公安警察官が退職を迎えたということになります。
これは根気のいる仕事です。これまでは、内通者をつくって情報を漏らしてもらう
ことが主体だったと思いますが、これからは、映像やメール、音声データなど、
膨大なビッグデータから犯人の痕跡を見つけるなど、最新のITを用いた手法が
重要になってくるでしょう。つまり、共謀罪で犯罪集団の捜査をするということは、
一般市民のデータを集めるということになりますね。




2017_06_16


『日本の病巣』 (6月9日 北尾吉孝日記)
今国会中テレビや新聞を見ていると、安倍政権は「森友学園問題」に始まり「加計学園問題」に至るまで毎日のように
突っ込まれて大変なようですが、両問題に対する追及も何ら核心を突くようなものでなく、野党及び報道各社は
「よくもまぁこんな仕様もない突っ込みを何時までも続けているなぁ…」というふうに小生は見ています。そして此の
詰まらぬ劇場に登壇してくる主人公あるいは役者を務めるのは、文部科学省の前事務次官・前川喜平氏を筆頭に実に
詰まらぬ面々だと思います。先日の報道で此の前川という人は座右の銘が何かと聞かれ、「面従腹背:めんじゅう
ふくはい…表面では服従するように見せかけて、内心では反抗すること」と言い放っていました。YouTubeでも
『前川の乱:座右の銘は「面従腹背」』が閲覧できますが、こういう下らぬ男が文部科学事務次官として日本教育の
根幹部分を司っていたわけで、私は「これなら日本の教育は良くならなかったはずだ」と痛感した次第です。
昨今「いじめとの関連が疑われる生徒の自殺について、教育委員会や教委が設けた第三者機関の調査に遺族が不信
を抱き、再調査やメンバー交代などを求める」ケースが相次いでいます。例えば茨城県「取手市中3いじめ自殺」
(15年11月)を巡り同市教委は、16年3月より「いじめの事実は認められない」としてきました。ところが先月末、
文科省から指導を受けて直ぐ様に「いじめがあったことは認めざるを得ない」と、その判断を一変させたのです。
また「いじめはなかったという当初の判断で作られた第三者委員会」の人選自体にも勿論重大な過ちがあった
と言えましょうが、同時に此の明らかないじめをいじめと認められなかった当委員会のメンバーに対して憤りを
禁じ得ません。これら取手市教育委員会(教育長・矢作進氏)を中心とした御粗末のオンパレードにつき、
「なるほど。面従腹背を座右の銘とする前川氏が文科省の事務次官をやってたら、そりゃあそうなるわなぁ」と
妙に納得した位です。(中略)為政者最大の基本道徳として様々な中国古典で、「面従腹背するような人間に絶対に
なってはならない」と言われているにも拘らず、それが座右の銘である人が「文教行政のトップとして、子供たちに
学問の意義や人の道を教える立場だった」のですから開いた口が塞がりません。菅義偉官房長官も2週間前「さすがに
強い違和感を覚えた」と述べておられた通り、「女性の貧困問題の調査のために、いわゆる出会い系バーに出入りし、
かつ女性に小遣いを渡してい」たなどは論外ですが、それ以前の問題としてそうした事柄を滔々と述べるような人を
「教育行政の最高の責任者」に据えていたこと自体、政府与党も深く反省すべきだと思います。(後略)

前川前次官インタビュー前川前事務次官の言うところの
「秘にしてはいけないもの」は、
加計学園の問題よりもむしろ、
天下りの闇でしょう。前川前次官
は懲戒処分を受け、責任をとって
退職した役人であることを改めて
思い出しておくべきです。


天下りあっせん処分者前川次官もあっせん関与 文科省天下り別案件
規制逃れへOB使う (1月20日 日経電子版)
文部科学省元幹部が組織的なあっせんを受け再就職した問題で、不正が疑われる
別の案件のなかに前川喜平事務次官=依願退職=自身がかかわっていたものが
2件あることが20日、分かった。また規制の網をすり抜けるため人事課OBを
使ったり、再就職等監視委員会に虚偽説明を繰り返したりするなど、悪質な行為も
複数認められた。監視委や文科省によると、前川氏による不正なあっせん行為は、
文部科学審議官だった2015年12月と16年3月の2件。文科省OBの再就職のため、
学校法人理事長だった別の文科省OBに退任する意向の有無を問い合わせたとされる。
また、別の学校法人から文科省職員の求人を受けた際には、退職予定の職員に意向
を打診。文科省の人事課OBを介し、その意向を法人側に伝えていた。監視委の
調査では、人事課による再就職あっせんにはOBを使って法規制を逃れるための
「マッチング」の枠組みができていたとも指摘した。文科省によると、この方式は
09年ごろから運用され、違反が疑われる再就職の多くはこのOBを介しているという。
早稲田大学に再就職した吉田大輔元高等教育局長については、退職前に再就職の活動をしていたことも分かった。15年7月
に人事課職員と共同で履歴書を作成したり、早大側と面談の日程を調整したりしたという。翌月4日に退職し、2日後の
同6日には採用面談を受けていた。人事課職員も15年6月下旬、早大側に文科省職員の受け入れを打診。同7月中旬以降、
退職予定だった吉田氏の履歴書を送っていた。人事課の職員は15年9月末、早大側に対してこの再就職に文科省が関与
したことを隠蔽するよう依頼。16年5月に人事課が監視委の調査を受けた際には、文科省で吉田氏の3年先輩だった
元早大職員による仲介で再就職が行われたとの虚偽の話をまとめ、吉田氏や早大側にも口裏合わせをするよう求めたり、
調査への想定問答集を作ったりしていた。こうした虚偽説明は16年10月まで繰り返されたという。

前川前次官が明らかにするべきことは、政権の闇ではなく、文科省の無作為です。
前川前次官は日本の教育の現状についてどのように考えているのでしょうか?
部下の天下り先の心配ばかりして、教育のことなどどうでもよかったのでしょう。
いじめられて苦しんでいる生徒がいても、どうでもいいことだったのでしょう。
自分たちの既得権を擁護し、新規参入者への不当差別を行いながら、文科省行政へ
の横やりを内閣府に入れさせないことこそが自分の任務だと思っていたのでしょう。
文科省が博士号取得を促進しておきながら、ドクターになってもポストがなく、いつ
辞めさせられるか分からない非常勤講師で、年収300万くらいのポスドクを大量生産
してきたわけです。そのような文科省に騙された人間を踏み台にして、霞が関から
パラシュートのように教授ポストに高級官僚が天下ってくる仕組みを守り抜いてきた
(最終的には、守り切れなかった)責任については、無視ですか!
北尾氏の言われるように、こんな人間が文科省の事務次官を務めているようでは、
「日本の教育は良くならなかったはずだ」。安倍政権はよくやっているのですが、
もっと、政治は、省内の人事に積極的に関与して、省益ではなく国益を考えている
人間を昇進させるようにするべきです。
役人や役人OBが、政治の内幕をばらすことで(不正があれば話は別ですが)、政権を
ひっくり返そうとする企みについては賛成できません。戦前のように、国民が選ぶこと
のできない組織既得権擁護者に、この国を乗っとられてはならないのです。





2017_06_14


バスに衝突した乗用車【東名バス事故】なぜ中央分離帯を乗り越えられた? 
「速度100キロ以上」「盛り土に乗り上げ」
 
(6月10日 産経ニュース)
高速道路で乗用車が中央分離帯を飛び越えて観光バスに突っ込んだ事故。
ドライブレコーダーの記録などを見た専門家らも、前代未聞の映像に驚くと
ともに、乗用車がスピードを出し過ぎたことが事故の原因ではないかとの
見解を示した。交通政策などに詳しい関西大の安部誠治・社会安全学部長は
「中央分離帯の形にもよるが、通常は運転を誤っても(制限速度の場合である)
80キロ程度であれば中央分離帯にぶつかれば、走っていた車線で止まるはず。
ただし、よほどスピードが出ていれば、その勢いで乗り越えることもあり得る」
と指摘。高速道路は一般道と比べ日常的に点検が行われていることから、
「道路の構造が古くなっていることは考えにくい」と推察する。
県警などによると、事故現場付近の中央分離帯は盛り土のようになっており、
スピードを上げた乗用車が乗り上げて、中央分離帯を飛び越えた可能性もある
という。安部氏は「おそらく100キロ以上のスピードを出した状態で走行して
いたのではないか」と推測した。(後略)

福岡 母子3人殺害、子どもの発育で夫婦が悩みか (6月9日 TBS NEWS)
福岡県小郡市で母子3人の遺体が見つかり、妻を殺害した疑いで警察官の夫が
逮捕された事件で、夫婦が子どもの発育をめぐり、悩みを抱えていたとみられる
ことが捜査関係者への取材で分かりました。福岡県警本部から報告です。
現職の警察官の逮捕という、異例の事態から一夜明け、事件の背景とみられる
家庭内の状況が見えてきました。逮捕された福岡県警の巡査部長、中田充容疑者
(38)は、今月6日、福岡県小郡市の自宅で妻の由紀子さん(38)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。
自宅からは長男の涼介くん(9)と長女の実優ちゃん(6)の殺害された遺体も見つかりました。涼介くんと実優ちゃんは
生まれつき周囲と接するのが苦手な面があり、由紀子さんが2人の発育について悩みを抱えていたとみられることが捜査
関係者への取材でわかりました。中田容疑者は容疑を否認する一方で、「妻は育児に悩んでいた」と話しています。
警察は、子どもの発育をめぐる問題が事件につながった疑いもあるとみて、慎重に捜査を進めています。

人工知能(AI)とは?非エンジニアのための「よくわかる人工知能」 (2016年6月21日 The Finance)
ディープラーニング(深層学習)やビッグデータなどの新技術と人工知能
過去の人工知能は、膨大な知識やルールなどを人間が全て教える必要があり、現実社会で通用するレベルにはなかなか近づけ
なかった。だが、最近の人工知能は「機械学習」、つまりコンピュータが勝手にルールを学んでくれる技術が軸となっている。
特に、大量のデータから自分で物事を分類するルール(特徴量と言われる)を見つけ出す「ディープラーニング(深層学習)」
という技術のおかげで、人工知能の能力が飛躍的に進化し、実用レベル、適用の幅、可能性が大きく広がったと言われている。
周辺技術の進化も人工知能の発展の大きな要因だ。「ビッグデータ」や「クラウドコンピューティング」など大量データを
ネットワークで集めて処理する技術、ネットワーク自体の高速化、ヒトから機械まで全て繋がるIoT(Internet of Things)、
大量の画像を高速処理できるGPU(Graphics Processing Unit)の進化など、近頃よく話題になるITの進化が、実は人工知能
の発展、実用化にも直結している。

6月10日の東名バス事故で、バスに衝突した乗用車は中央分離帯を直線的に飛び出して
いますが、その後、上から見ると左回転しており、車前方から見ても左回転しています。
どうすればこうなるのかよく分かりませんが、ハンドルを右に切った状態で中央分離帯
に近づき、左に急ハンドルを切った直後に、右前を盛り土にぶつけた衝撃で、空中に
飛び出したのではないでしょうか。いずれにしても、減速しない(ブレーキをかけない)
で発射台から飛び出した形になっており、普通、危険を感じると本能的に運転者は
ブレーキを踏みますから、この事故は通常ではあり得ないケースです。バスが頑丈に
つくられていなければ、もっと大きな被害になっていたでしょう。
ちなみに自動運転だったら、バス側は、この事故を回避できたでしょうか?きっと、
できなかったと思われます。なぜなら、このような事故は想定していないでしょうし、
AIに学習させようとしても、サンプル数が少なすぎてAIが判断力を身につけること
は不可能だと思われるからです。まあ、衝突した乗用車もAIで運転していれば、
そもそもこんな事故も起きなかったでしょうけど・・・

教えてgooの恋愛相談AI一方、子育ての悩み相談にはAIが有効でしょう。
AIが恋愛相談に答えるサービスを始めたNTT
レゾナントは、子育て相談のサービスも検討中
だそうですが、発達障害や学習障害の子供を持つ
両親向けは公的機関が整備すべきでしょう。
発達障害や学習障害には様々なタイプがあります
ので、国が、発達障害の子供を育てた経験を持つ
両親からのアドバイスや、発達障害を持っている
(成人になった)本人からの経験をデータとして
集めて、AIに学習させたらよいでしょう。政府の骨太方針では、AIなどを使った
利便性の高い社会「ソサエティー5・0」を目指す提言がされるようですが、教育
だけでなく、「子育てのアドバイス」の質を高めることも必要だと思われます。



2017_06_12


脳番地1万人の脳画像でわかった 40歳からの脳の鍛え方
明日からできる脳力10大活用術 (6月7日 文春オンライン)
(前略)使わないと脳は衰えます。特に50代からは脳の老化力が
アップするので、何もしないと急速に老化していきます。ですから、
40代になったら、現在の脳の状態を知り、自覚的に脳を鍛えて
ほしいのです。それが50代以降の脳の老化を防ぎ、脳の持続的成長
を促します。40代が運命の分かれ道なのです。では、どのように
脳を鍛えればいいのか。最も重要なことは、使っていない脳の部位
を使うことです。私は機能別に脳を「思考系」「運動系」「視覚系」
「感情系」「理解系」「聴覚系」「伝達系」「記憶系」の8つに分け、
それぞれを「○○系脳番地」と呼んでいます(それぞれが脳のどの部分にあたるのかは、図1を見てください)。
あなたがいつも使っている脳番地は、これからも使われる可能性が高い。しかし、脳は同じ使い方を続けると、楽を
しようとして、省エネを覚えます。1時間かかったことが、30分でできるようになります。若いころは、これは
「進歩」でしたが、50代に入ると、この脳の省エネ化は「退化」を招きます。一方、使っていない脳番地は、あなたが
これまでの人生で、あまり使ってこなかった脳番地ですから、50代からは急速に老化していくでしょう。だからこそ、
先ほども述べたように40代のうちから、自分が使っていない脳番地を鍛える習慣を身につけることが大切なのです。
しかし、40代の特に男性は、脳を鍛えるどころか、脳の使い方がマンネリ化し、著しい省エネ脳になりがちです。
40代の女性は、仕事をしながら、家事や育児をし、地域社会でも様々な関係を築いていきます。だから、様々な
脳番地が開発されて、マンネリ脳になりにくい。その間、男性は何をしているかといえば、机に座って、パソコンに
向かっているだけ。給料が上がり、地位が上がると、現場を離れて、現状に満足してしまい、脳が衰える。この
悪循環にはまってはいけません。さて、40代で使っていない脳番地を使いはじめるとどうなるか。その脳番地は
急速に成長します。つまり、これまで使っていない脳番地は、あなたの脳の「伸び代」なのです。
では、使っていない脳番地を使うにはどうすればいいのか。その答えはあなたにとって、できるだけ「新しい」こと
をすることです。それは、これまで使っていた脳番地の省エネ化を防止するのにも役立ちます。使っていない脳番地
に「新しい」刺激を与える。それが脳を鍛える最良の方法です。それでは、脳番地ごとに、どんな人がその番地を
使っていないのか、使っていないとどんな症状が出るのか、そして、その番地に「新しい」刺激を与えるには
どうすればいいのか、を順番に説明していきましょう。(後略)

認知症になりやすい生き方 (認知症の症状が家族に出たとき、あなたはどう対応しますか?)
※該当するタイプの人が必ず認知症になるということではありませんので、誤解なきようお願いします。一般的な予防
の参考としてお読み下さい。
相手まかせ、人まかせの人
親子夫婦、様々な場合に当てはまるかもませんが、相手に対する依存度が高い人が認知症になりやすいといえるようです。
例えば、これは世代によってかなり違うかもしれませんが、高度経済成長期を生き抜いてきた世代で、夫がいるときには
「お父さん、お父さん」といって、何をするにも決めるにも、自分で考えようとせずに「相手まかせ」「人まかせ」に
なってしまう妻がいたとします。夫が家の主役であり、夫に物事の意思や決定を任せている、という状態です。夫に
対する依存心が高い妻というわけですが、これは認知症になる傾向が高いようです。同じように、妻に対する依存心が
高い夫もまた然り、ということでしょう。
発展しようとしない人
「認知症になりやすい職業(学校の教師、職種別)」でも触れていますが、例えば、多くの業績を残して成功を収めた
著名な学者でも、認知症になる人はなるようです。いくらその世界で名を残した人であっても、後年その権威の中に
どっぷりと浸かって新しい研究をするという「意欲」を持たない、他の学者の新説に対して論駁(ろんばく)する気力も
ない、そうなってしまうと、もはやそれ以上の発展性がもてなくなり、それまでいかに頭を使って生きてきたとしても、
やがては認知症になってしまう可能性が高いといいます。
結局は、それまでの経緯や今の環境とは別な、現在の本人の考え方・生き方に左右されるように思います。
変化を求めず、変わらぬ環境で生きてきた人
サラリーマンの世界を見てみるとどうでしょう。昔は「安定」といったイメージがあったかもしれないサラリーマン
ですが、昨今では決して平坦な道はなく、いつ会社が傾くか、いつリストラされるかという不安の中で、戦々恐々
として日々仕事している人も多いのではないでしょうか。これでは、心理的には不安定な状態の自営業者とあまり
変わらない部分もあるかもしれません。しかしむしろこれは、「認知症になりにくい」といえるようです。なぜならば、
日々生きるために必死になり、意欲を持って工夫して生き延びなければならないからです。しかし、会社によって、
職種によって、また時代によっては、ずいぶん環境が違うかもしれませんが、不条理な上司のいいつけを我慢して
守り、変化を好まず、「真面目に、勤勉に、遅れず、休まず」そしてある意味「働かず」という生き方をして、やがて
つつがなく定年を迎えた人たちが認知症になった例が、とても多いといいます。
言い換えると、意欲を持たずに何事にも我慢して従ってきた人で、波乱万丈とは全く無縁な人生です。 こうした人
が定年後に家庭に戻ると、妻子に「はい、ご苦労様」と粗大ごみ扱いされて、家庭の中で行き場を失っていく。
このような状態を長年許容して、やがて認知症へ進んでしまうのは想像に難くないと思います。フレディ松川先生の
病院では、このような人生を送った人で、早い場合60代後半から認知症が始まっている人もいるといいます。(後略)

高齢者における認知症の現状アルツハイマー型認知症では、
アミロイド仮説やタウ仮説などの
変異型タンパク質の蓄積が病気
の原因だと考えられてきました。
しかし最近、これらの仮説に疑問
を呈する報告が出されています。
アルツハイマー型認知症は、
「いつも走っていないと最終的には全く走れなくなる」といったタイプの機能障害
であり、タンパク質の蓄積はその結果でしかないように思われます。ですから、
アルツハイマーと診断された人が「全く走れない人」とするならば、「いざという
ときしか走れない人」は、アルツハイマー予備軍といえるのではないでしょうか。
認知症は脳の機能障害ですから、頭を使わないことで頭が働かなくなる病気である
ということになります。では、頭を使うとはどういうことなのでしょうか?脳は、
これまでの習慣によって無意識でもできることをするときはほとんど働きません。
学校の先生のように、知的であっても(あるように見えても)、ワンパターンで
授業をしているだけならば、脳は働きません。生徒は新しいことを学んでいますが、
先生は生徒のように学んではいないでしょう。退職前の先生でも、生徒が興味を
持てるように、授業に工夫を加えたり、説明のしかたを改善しようしていれば
脳は働くのでしょうが、そのようなことに意欲を持ち続けるのは、簡単なことでは
ないでしょう。何かに挑戦することは、アルツハイマー型認知症の発病の予防に
必要不可欠な手段なのです。簡単にいえば、「頭を使うのが面倒くさい」と思える
ようなことをすればいいんです。一般的に、高齢者は物事の判断が断定的です。
過去の経験に基づいて、無意識的かつ瞬間的に物事を判断しているばかりでは、
頭は固くなるばかりです。世のなかの流れに合わせて自分を変え続けていく姿勢
は、死ぬまで続けたほうがいいみたい。高齢者こそ、勉強すべきです!




2017_06_10


正社員を減らした会社5年前から正社員を減らした300社ランキング
エレクトロニクス業界の低落を映す結果に
(6月6日 東洋経済オンライン)
東芝の半導体メモリー事業の売却が難航している。
アメリカのファンドなどと共同出資を検討している
官民ファンドの産業革新機構は、出資決定を5月末
で決められなかった。東芝の再建には欠かせない
スキームだけに、関係者は気をもんでいるだろう。
勢いのある企業は従業員を増やすが、もちろん
そんな順調な企業ばかりではない。経営が芳しく
なかったり、グループ再編の一環で不振事業や本業
との関連の薄い部門の整理を進めたりすれば従業員
は減少する。東洋経済オンラインは、過去5年で
正社員を大きく減らした上場企業を独自に調査。
上位300社をランキングした。昨年も同種の
ランキングを掲載したが、最新版となる。ランキングは有価証券報告書(2015年12月期~2016年11月期)に記載されて
いる「従業員数」を正社員数と見なし、2010年12月期~2011年11月期の人数を比較して減少数の多い順に並べた。
従業員数は連結ベースと単独ベースの数字が開示されているが、今回は連結ベースの人数で比較を行った。単体ベース
の数字で比較すると、この5年間にホールディングス化を行うなどのテクニカルな影響が大きくなってしまうためだ。
5年前比の正社員増加率や非正社員数も併載した。
1位パナソニックは11万7000人の減少
目立つのは電機大手だ。2016年11月までの有価証券報告書の注記からランキングは作成しているので、現在も人員削減を
進めている企業ではさらに正社員数が減っている可能性がある。5年で1000人以上の正社員を削減した会社は81社だった。
ニッポン電機の低落を映す結果となった。1位のパナソニックは11万7417人の大幅な削減となっている。同社の事業規模
は縮小傾向にあり、売上高で比べると8兆6926億円から7兆5537億円へ1兆円余り減少。連結子会社数も633社から474社
まで減少した。グループのスリム化を進めた結果の大幅な人数減といえる。ただ、こうしたスリム化の甲斐もあり純利益が
740億円から1932億円となり収益性には改善がみられる。2位のソニーは4万2000人の減少となった。最も多くの正社員
を抱えるエレクトロニクス分野の従業員数を減らした結果、全体でも大きな減少となった。映画や音楽、金融事業に関わる
従業員数は横ばいかやや増加するなど、事業分野によって傾向が分かれているのが特徴だ。東芝はこの5年で正社員の削減
は1万4829人にとどまっているが、予定されている半導体メモリー事業の売却でさらに正社員数は減少する見通しだ。
なお、2016年3月期の有価証券報告書時点のセグメント情報によると、半導体事業が含まれる電子デバイス部門の従業員
数は3万4158人となっており、売却の動向によってはこの規模の人数が東芝の正社員から減る可能性がある。

リチウムイオン電池も有機ELの二の舞か?
日本勢の危機感不足と油断は致命傷を招く(5月25日 日経ビジネスオンライン)
(前略)サムスンSDIの当時の金淳澤(キム・スンテック)社長の熱い想いと忍耐強さによって、08年にはサムスンの
携帯電話「ギャラクシー」に有機ELは採用されるところまで漕ぎ着けた。その後は、一気呵成に生産と供給量を拡大し、
有機EL事業はサムスンSDIから代わってサムスンディスプレーの中で着実な発展を続けている。前述したように17年
秋モデルから、アップルもiPhoneに有機ELを採用する。画質面と消費電力などの魅力を認めたことでの決断だろうが、
供給できるメーカーはサムスンディスプレーしかないことで、サムスン側の主導権で契約交渉が進んでいるはずだ。
18年からはLGディスプレーもアップルに有機ELパネルを供給すると言うから、いよいよ有機ELが主流になる舞台へと
移行する。シャープにしてもジャパンディスプレイ(JDI)にしても、「液晶の次は液晶」「液晶での更なる差別化」
を戦略骨子として拘わり過ぎた分、有機ELには完全に出遅れた格好である。両社とも準備は進めていると言うものの、
現在のサムスンと同等レベルまで事業を展開するには、4~5年は必要であろう。あるいは、それでも無理かもしれない。
ましてその間に、サムスンディスプレーは独占的立場で先行利益を確保し続けることになるだろう。さらに競合が参入
してくれば、次は製造コストを低減させつつ価格主導でビジネスをリードする戦略ということになる。(中略)
2007年くらいまでは、日本勢が圧倒的なシェアと強みをもっていたLIB(リチウムイオン電池)事業に暗雲が垂れ込め
たのは、それ以降のことであった。ソニーに9年遅れの2000年にLIB事業に参入したサムスンSDIが存在感を示すのに、
長い時間は必要なかった。研究開発への投資、生産キャパ拡大への投資、積極的なマーケティングによる顧客開拓、
日系部材メーカーとの良好なビジネス関係、コスト低減等々、サムスンSDIは多くの手段で存在感を示すことになった。
LG化学も同様に存在感を向上させた。一方、当初は強い競争力を有していた三洋電機、パナソニック、ソニーは、
個社の自信と慢心で、後発組に対する危機意識をもつのが遅すぎたということになろう。
しかしここで、また更なる難題が押し寄せている。香港に本社がある中国ATL(Amperex Technology Limited)の
急速な成長が、韓国勢と日本勢の間に割って入ってきて脅威を与えている。ATLはアップルとの強いビジネス展開で
成長しており、「ATLの一人勝ち」とまで言われる状況に移り変わった。現在では市場シェアで1位を誇るサムスン
SDI、続くLG化学も利益を出せない事業となっている。日系でも、パナソニックは直近で年30億円ほどの赤字、
ソニーに至っては事業売却で、17年7月に村田製作所に移管され、26年のLIB事業に終止符を打つ。このままの状況が
続けば、事業撤退を強いられるLIBメーカーも出て来るであろう。そうした状況を日系電池メーカーが打開するため
には、時間軸を変えて二つの方法がある。一つは直近の課題ではあるが、日系の強い素材・部材メーカーの先端技術
をいち早く適用することでの競合社と差別化すること。すなわち、素材・部材メーカーに対する電池各社の求心力を
高めることである。そしてもう一つの方法は、LIBでは到達不可能な革新電池を日本が実用化して、競合他社の追随を
許さないビジネスモデルを発掘することである。まさに、ニッケル水素電池からLIBへ移行したと同様なモデルである。
革新電池と言えども、今後、先行利益を得る期間は次第に短くなるものと思われる。LIBで日本が先行利益を確保できた
のは20年弱の間。その頃は競争力のあるプレーヤーは限られていたが、今は競争力を有す海外企業が増えたため、先行
利益の確保は高々10年ほどかと考える。すなわち、日系にとっては革新のサイクルを早めていくこと、強力な知財で
牽制すること、それが生き残り戦略のひとつになるだろう。電池個社で革新電池研究を地道に推進することは経営資源
の面でも容易ではない。産学連携での基礎研究強化と、強い特許の確立が重要な手段となるであろう。(後略)

日本のトップ企業でも、わずか5年間で、3人のうち1人が会社を去らなければなら
ない状況に陥ってしまうわけですから、この会社は安心だと断言できる企業などない
と言ってもよいくらいです。この10年で日本のエレクトロニクス産業は激変しました。

有機ELと液晶の違い日本のメーカーは今まで液晶の
高機能化を追求してきましたが、
一つ一つの素子が発光する有機
ELは、バックライトで画面を
明るくする液晶では実現できない
「黒」を達成することができます。
日本メーカーが液晶の「高品質」
をいくら売りにしても、海外の
メーカーとの品質の差など微々たるものです。それよりも、有機ELのほうが圧倒的
に「コントラスト」を出すことができるのです。また、薄型液晶パネルも同様です。
バックライトが要らない有機ELのほうが薄くできるに決まってます。薄型の液晶
パネルを売りにしても、メーカー間の差など微々たるものです。有機ELのほうが、
液晶より薄いのです。有機ELの発光効率がよくなれば、バックライトが要らない
有機ELのほうが省エネです。明るさと寿命、そして製造技術の改善が進んだことに
より、スマホのディスプレイは、薄くて省エネで、曲面ディスプレイも可能な有機
ELが主流になるでしょう。液晶がなくなるということはないと思いますが、安価な
商品に限られます。液晶の価格競争をするのなら意味はありますが、液晶の性能を
競う時代は終わりました。有機ELは今になって突然生まれた製品ではなく、技術と
してはかなり昔からありました。素人考えでも「液晶の次は有機EL」だったのに、
「液晶の次は液晶」「液晶での更なる差別化」などという戦略がまかりとおる日本の
メーカーは、組織として世界に太刀打ちできないのかもしれません。専門の技術者は
分かっていたでしょうに。価格競争で勝てない日本メーカーが開発競争でも敗れる
ようでは、どこに勝機を、いや商機を見つけたらよいのでしょうか。商品の無意味な
高機能化ではなく、シンプルで使いやすい革新的製品の開発に乗り出してもらいたい
ものです。しばらくすれば、液晶と同様、有機ELも価格競争に入るでしょう。有機EL
の開発競争に乗り遅れた日本のメーカーは、大怪我をしないためにも、有機EL への
研究開発、設備投資を控えたほうがよいのかもしれません。




2017_06_08


減らない若年者の自殺 孤立を防ぐ対策が大事だ (6月4日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
日本の自殺者の数は年々減少しているが、世界各国の中では依然として高い水準にある。特に若年層は高止まりしたまま
だ。どうして子供や若者は自ら命を絶つのか。その原因を詳しく分析し、若年層に重点を置いた対策を講じる必要がある。
政府が閣議決定した自殺対策白書によると、日本の自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)は世界で6番目に高く、
女性だけだと3番目。主要7カ国で10位以内に入ったのは日本だけだ。日本の自殺者数は2003年の3万4427人を
ピークに顕著な減少傾向が続いており、16年は2万1897人になった。だが、若年層だけは減少の兆しが見られない。
5歳単位での統計を見ると、15~39歳の死因はどの年代も自殺が最も多く、15~34歳の自殺死亡率は事故による
死亡率の2・6倍に上る。主要7カ国で自殺が事故を上回るのは日本だけだ。自殺の背景には、長時間労働による過労、
生活困窮、育児や介護疲れ、孤立などが複雑に絡まっている。政府や自治体は自殺対策として相談窓口の整備に努めてきた。
子供の場合はいじめや友人関係の悩み、学業不振、家庭内の問題などが指摘される。だが、一般の相談窓口になかなか
つながらず、周囲が予兆に気づかないケースが多い。政府は、子供自らが周囲に悩みを打ち明けやすい環境を作ること、
学校における「SOSの出し方教育」を進めていくことを検討している。そのためには、担任教師だけでなくスクール
カウンセラーなどの専門職をもっと配置する必要がある。周囲の大人に対する教育も重要だ。子供が小さなSOSを
出しても、学校関係者や家族がそれに気づくことができる感性や知識を身につけていなければ生かされないだろう。
また、高校中退者や自宅に引きこもっている若者は、教育と福祉のはざまで困窮状態にある人が多い。孤立する若者を
どう支援につなげるかを考えないといけない。先進国の間では子供の自殺について政府主導の調査研究で未然防止に
つなげようという動きがある。日本も重要な国政の課題と認識し、全力で取り組むべきだ。

公的制度は高齢者を優遇か70代も半数は「高齢者が優遇されすぎ」と回答
日経ビジネス独自アンケート、世代間不公平への不満
続出(5月26日 日経ビジネスオンライン)
優遇されすぎ!高齢者
年金や医療、介護保険制度について「高齢者を優遇し
すぎか」とストレートに尋ねたところ、最も不満を
持つ割合が高かったのは30代。82.5%が「そう
思う」「どちらかといえばそう思う」と回答した。
20代でも約8割、40代でも約7割が不満を抱いている。
全体では「高齢者の年金などを賄うための借金のツケ
を若い世代が負っている」(70.3%)が一番多く、
「高齢者がもらえる年金額が今の若い世代が受給年齢に達した時より多い」(58%)と続く。70歳以上は5割が肯定した
ものの、「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」の合計は49.6%と拮抗した。そう思わない理由は「日本の
発展を築いたのは今の高齢者だから」(57.3%)、「若者もいずれ現行の社会保障制度の恩恵を受けるから」(27.9%)
が多かった。(中略)
世代間不平等は「自業自得」?
「世代間不公平」が是正されない要因は、高齢者の声が大きすぎること。所得の低い年金生活者を対象に3万円を
ばらまいた2016年の「臨時給付金」は大票田の高齢者におもねる政策そのものだ。65歳以上の人口は、16年時点で
20代の2.8倍。もともと数が多いうえに、投票率も若い世代より高齢者層は高い。選挙への意思を聞いた設問では
「必ず行く」と答えた割合は、70歳以上が80.9%で、最も少なかった30代は47.5%だった。いかないのは「自分の利益
を代表してくれる政治家・政党がない」(41.7%)のが最大の理由だった。働き盛りの30~40代は休日に選挙に行く体力
・気力がないのかもしれない。だが「現状に満足している若者が多いことの表れで、この状況を克服する必要はない」
(42歳男性)、「投票しない若者の自業自得」(49歳男性)との冷静な意見も寄せられた。ただ、若い世代とみられる
回答者からは「私と同世代など比較的若い人の投票率が低いという理由だけで、高齢者への社会保障が手厚くなるのは
腑に落ちない」(女性)との反論もあった。(中略)
不満と不安がたまる若い世代
最も恵まれていると思われている世代は断トツで70歳以上だった。これはすべての世代で共通。背景には、「高齢者でも
収入や資産に応じて負担を増やすべきだ。このままでは、制度自体が破綻する」(66歳男性)、「余裕のある高齢者も
たくさんいる」(51歳男性)など、社会保障で支えなくても生活できる高齢者の存在がある。高齢者からも「確かに若い
世代は大変だと思う」(73歳男性)との声が上がる。実際、総務省の家計調査(2015年)によると、世帯主が70歳以上
の世帯当たりの貯蓄は平均2389万円、60代は2402万円。50代の1751万円、40代の1024万円、40歳未満の608万円を
大幅に上回る。しかも、40代以下は住宅ローンなどを抱えており、負債が貯蓄を上回っている。(後略)

「先が見えない不安」というのは、誰でも多少は感じるものなのかもしれませんが、
若者のほうが深刻に考えがちです。ある程度の年齢になると「先が見えてくる」
ので、失望することが多くなる一方で、心が押し潰されそうになる不安感は減って
いくように思われます。しかし、現在の若者の場合、「先が見えない不安」が単なる
杞憂ではなく、「目前に見える絶望」につながっているのかもしれません。最大の
リスクは、国の財政破綻です。もし自分が政治家だったら、世代間格差を是正する
政策を提案するかどうか考えてみてください。高齢者に嫌われる政策を掲げる政党に
属する政治家は、次の選挙で落選するでしょう。若年層も高齢者も大切にしようと
すれば、財政がもちません。現在、国の借金は1000兆円程度ありますが、本来なら、
1000兆円程度積立てておくべきだったのです。現在の年金積立金は140兆円余り
ですから、あまりにも少なすぎる額です。今こそ、若年層へのサポートが必要な
ときなのに、日本はこれから財政再建をしなければならないのですから、絶望的な
状況です。結局のところ、増税するしかないのですが、増税すれば国内消費を冷え
込ませて不景気になりますから、必要な分だけの増税はできません。最終的には、
財政が破綻するまで、プライマリーバランスの黒字化はできないものと思われます。
財政破綻で、「円」の資産価値を落とすことでリセットするしかないのです。財政が
破綻しても、国家が破綻するわけではありませんが、経済弱者にしわ寄せが及ぶこと
は間違いありません。ハイパーインフレ、金利の高騰、円安、年金カット、公務員の
リストラ、増税、金融不安などが予想され、いずれも国民生活にマイナスになるもの
ばかりです。高齢者にも負担を強いるものになりますが、「先が長い」だけに、若者

デフォルト危機でのギリシャの若者に最も大きな影響が及びます。今でも
債務問題で苦しむギリシャでは、15
~24歳の若者の48%が失業状態だと
報道されています。ギリシャのような
事態が、いつ日本に起こるのか?
これは誰にも分かりませんが、
「先が見えない不安」は増すばかり。





2017_06_06


60歳以上の2割、子や孫へ生活費 ほぼ賄うケースも (6月2日 朝日新聞デジタル)
60歳をすぎても、18歳以上の子や孫の生活費を一定以上負担している人が2割いることが、内閣府の調査でわかった。
近く閣議決定される今年の高齢社会白書に盛り込まれる。生活費をもらう子や孫の8割は働いていて、収入が足りない
若い世代を親世代が支え続けているようだ。調査は昨年6月、全国の60歳以上の男女約2千人から聞き取りで実施した。
83・4%は学生を除く18歳以上の子どもや孫がいて、生活費について尋ねたところ、16・3%が「一部まかなっている」
と答え、「ほとんどまかなっている」も4・6%いた。生活費を出してもらっている子や孫は72・9%が同居していた。
20・7%は無職だったが、8割は働いており、正社員・職員が47・5%、パート・アルバイトは19・8%、自営などが
7・6%だった。子や孫の収入状況は調べていないが、60歳以上の平均収入は年金を含めて月10万~20万円未満が
もっとも多く32・9%。20万~30万円未満が26・4%、5万~10万円未満の15・2%が続いた。経済的な暮らし
向きについて「心配ない」は64・6%に上り、「心配」の34・8%を大きく上回った。

転落の始まりは10万円 銀行カードローンで狂った人生 (4月19日 朝日新聞デジタル)
転落のきっかけは、ネット銀行に10万円の借り入れを申し込んだことだった。東京都内の元会社員の男性(57)は
2013年秋、母親のがん治療費などですでに複数の消費者金融などから計100万円超の借金があった。返済がきつくなり、
ネット銀のカードローンを頼った。ネットで申し込むと、審査は驚くほど簡単に通った。収入証明書も不要だった。融資枠は
キャンペーンなどの誘い文句で増え、借入額は半年で200万円超に。他の銀行カードローンでも借り入れを重ねた。手取り
は20万円余りだったが、毎月の返済額は十数万円を超え、行き詰まって今年1月、自己破産を申請した。「最初に借りた
ときはありがたいと思った。でも抜け出すのは難しかった。本当にバカでした」と男性は話す。債務整理にあたった森川清
弁護士は「社会福祉協議会の資金貸付制度などを使えば、破産せずに済んだ可能性がある」と言う。公的支援を知る前に、
街にあふれるカードローンの宣伝に触れ、「安易に借りて後戻りできなくなる人が増えている」とみる。

自己破産13年ぶり増、銀行カードローン急増が背景か (4月3日 朝日新聞デジタル)
個人による自己破産の申立件数が昨年、13年ぶりに前年を上回った。多重債務問題で消費者金融への規制が強化されて
減少が続いていたが、最近は規制対象外の銀行カードローンが急増。自己破産増加の背景にはこうしたローンの拡大があると
の指摘が出ている。最高裁によると、2016年の個人の自己破産申請件数は、前年比1・2%増の6万4637件だった。
03年の約24万件をピークに減り続けていたが、13年ぶりに増えた。近年の自己破産の減少は、消費者金融への規制強化
の影響が大きかった。多重債務問題を受け、改正貸金業法が06年に成立し、10年に完全施行された。利息制限法の上限
(20%)を超える「グレーゾーン」金利が撤廃され、年収の3分の1超の貸し出しは原則禁止となった。
それでも昨年に自己破産が増えた背景として、債務整理に取り組む弁護士らは、銀行の無担保ローン(カードローン)での
過剰融資を指摘する。銀行は貸金業法の規制対象外で、銀行カードローンの貸付残高は、この4年間で1・6倍に急増。
16年末は約5・4兆円と、消費者金融など貸金業者(4・0兆円)を大きく上回った。

家計の金融行動

各種世帯の生活意識

6月2日の東京株式市場で日経平均株価が2015年12月以来、1年半ぶりに2万円を回復。
では、日本の経済が成長しているかといえば、ほとんど成長していません。
したがって、一部大手の好業績企業を除けば、給料はほとんど上がらないでしょう。
株価が上昇すれば投資家は儲かりますが、株式などの金融資産を持っていない人たちに
とっては何の利益にもなりません。「r > g」を実証したピケティの本を読まなくても、
「労働者よりも資本家のほうが儲かる」ことは誰だって分かります。資本家というと、
大金持ちをイメージするかもしれませんが、資産を運用している高齢者だって立派な
「資本家」です。よって、今の日本社会の現状に当てはめて、豊かさを比較すると、
「資産を持たない高齢者< 一般労働者 <資産を持つ高齢者」となります。
このことは、同程度の収入を得ている労働者に新たな格差を生みだしています。
「資産を持たない親を持つ労働者< 0 <資産を持つ親を労働者」となっているのです。
間に0を入れたのは、資産を持たない親は労働者の負担になるという意味です。
安月給の会社に勤めていても、親から資金援助を貰える人は、生活に困っていません。
将来、この状況は解消されるどころか、さらに格差が広がるでしょう。なぜなら・・・
人口減少社会では、現在の所得よりも、過去に蓄積した資産のほうが重要だからです。
金融資産がないだけでも非常に不利な状況なのに、その上、リターンを生まない借金
(住宅ローンなど)をしていれば、さらに不利な状況に陥ります。しかも、高金利の
ローンに手を出してしまえば、破滅の道を歩むことになるでしょう。低金利でも変動
ならば、大きなリスクを抱えています。「国債暴落=長期金利の急上昇」です。
元本保証のない金融資産のリスクについてはよく聞きますが、リターンが見込めない
ものを購入するために借金することのリスクについては無視されています。
本当にお金が足りないのなら、借金をしてはいけません!!!




2017_06_04


トランプ米大統領、パリ協定離脱を発表 (6月2日 産経ニュース)
トランプ米大統領は1日午後(日本時間2日未明)、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から離脱すると発表した。
選挙戦から離脱を公約してきたトランプ氏には国際社会から強い批判が出ていたが、反対を押し切って離脱を決めた形だ。
国際的な気候変動問題への取り組みの後退が懸念されるほか、米国の指導力低下につながるとの指摘も出ている。トランプ
氏はホワイトハウスで発表した声明でパリ協定は「米国に不利に働いている」と強調。温室効果ガス削減の取り組みが米国
経済の足かせになっているとの持論を展開した。パリ協定はオバマ前政権時代の2015年12月に約190カ国が合意。
16年11月に発効した。各国が温室効果ガス排出量の削減目標を提出し、削減に向けて努力することが柱で、現在の
不参加国はシリアとニカラグアの2カ国のみだ。しかしトランプ氏は選挙戦中から人間の活動が気候変動をもたらしている
との考えに懐疑的な立場を取り、排出量規制は石炭など米国のエネルギー産業に悪影響を与えると主張。パリ協定離脱
を公約していた。中国に次ぐ世界2位の排出国である米国の離脱表明は、各国の排出量削減の取り組みにもブレーキを
かけかねない。5月の先進7カ国(G7)首脳会議でも各首脳が残留を呼びかけていただけに、トランプ政権は離脱表明で
気候変動以外の分野でも国際社会からの信頼を失うとの指摘も多い。

国別CO2排出割合大気中のCO2濃度が過去最高 16年平均値 (5月31日 日経電子版)
気象庁は31日、地球温暖化の原因とされる大気中の二酸化炭素(CO2)
濃度の2016年の年平均値が、国内の観測地点3カ所でいずれも観測史上
最高だったと発表した。濃度は年々増加しており、1997年に観測地点が
3カ所になって以降、毎年過去最高を更新している。14年夏から16年春
まで続いたエルニーニョ現象の影響で、植物のCO2の吸収量が減ったこと
も影響したとみられる。気象庁によると、濃度は岩手県大船渡市407.2
PPM(前年比3.8PPM増)、小笠原諸島・南鳥島404.9(同3.4PPM増)、
沖縄県・与那国島407.1PPM(同3.2PPM増)。気候変動に関する政府間
パネル(IPCC)は、産業革命前からの気温上昇幅2度未満を達成する
ためには、2100年時点でCO2を含む温室効果ガス濃度を450PPMに
抑える必要があるとしている。各国のCO2排出量は横ばい傾向だが
世界的に濃度の増加は続いている。排出量削減や吸収量増加の対策をしても、濃度に影響するまで数年から10年程度
かかるとされる。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」では、世界の温室効果ガスの排出量を今世紀後半に実質ゼロ
にすることを目指す。トランプ米大統領は近く協定から離脱するかどうかについて表明する見通し。

CO2回収・貯留技術を実用化へ、2030年までに石炭火力発電所に適用(2月22日 スマートジャパン - ITmedia)
二酸化炭素貯留環境省は大量の二酸化炭素(CO2)を回収して地中に貯留する
「CCS(CO2 Capture and Storage、CO2回収・貯留)」の
取り組み状況をまとめて2月20日に公表した。その中でCCS
の実用化に向けて主要な技術や建設用地を確保しておく
「CCS Ready」の重要性を強調している。
CCSは火力発電所や製鉄所など大量のCO2を排出する設備
からCO2を分離・回収したうえで、回収したCO2を地中の深く
まで圧入して貯留する。CO2の排出量を削減する対策として
欧米の先進国で実証プロジェクトが進んでいる。日本でもCO2
を分離・回収する設備の実証試験と並行して、回収したCO2を
利用できるバイオ燃料の製造やCO2を地中に貯留する大規模な
実証試験が始まっている。(後略)

2016年、世界の平均気温は3年連続で史上最高を記録し、大気中の二酸化炭素濃度も
過去最高を記録したことから、二酸化炭素などの温室効果ガスの影響で地球が温暖化
しているという説を覆すことは難しくなってきています。オバマ政権下であった米国
は、昨年パリで採択された地球温暖化対策の国際ルール(パリ協定)を批准しました。
パリ協定では「2020年以降の地球温暖化対策にすべての国が参加」としていますが、
これが大きく揺らいでいます。パリ協定では「世界の平均気温上昇を、産業革命から
2℃未満、できれば1.5℃に抑える」ことを目指しており、これを実現させるためには、
「今世紀後半に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」必要があるとのこと。
今後、再生可能エネルギーを最大限導入していかなければなりませんが、それでも
石油、石炭、天然ガスが主要なエネルギー源であることには変わりがないでしょう。
従って、温室効果ガスの排出を止めるためには、化石燃料の燃焼ガスに含まれる
二酸化炭素を回収して、地下や海底に貯留しなければなりません。自動車の排ガス
を回収することなどできませんから、自動車は燃料電池車か電気自動車でなければ
ならず、自動車を考えただけでも、あまりにも非現実的過ぎて、やる気をなくして
しまいそうな感じです。地球温暖化を防止する対策だけでなく、地球温暖化により
頻発するであろう「洪水と渇水」への対策をもっと検討したほうがいいでしょう。
トランプさんの今回の決定で、パリ協定の実効性への懸念がさらに高まることに
なるかもしれません。
パリ協定において、発展途上国が賛成に回ったのは、「途上国への資金支援を先進国
に義務づける」という約束があるからです。途上国の気候変動対策費として、先進国
が2020年までに年間1000億ドルを支援することになっています。超大国アメリカが
不参加ならば、誰がその資金を出すというのでしょう?分担分以上のさらなる負担を
求められないよう、日本は注意しておかなければなりません。




2017_06_02


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top