北朝鮮新型ミサイルか北朝鮮ミサイル 30分間飛行 新型の可能性 
(5月14日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
北朝鮮は日本時間の14日午前5時28分ごろ、北朝鮮北西部・
亀城(クソン)付近から弾道ミサイル1発を発射した。日本政府
が発表した。菅義偉官房長官によると、東北東の方向に約30分
間、約800キロを飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)
外の朝鮮半島東約400キロの地点に落下したと推定される。
高度は初めて2000キロ以上に達したとみられ、稲田朋美防衛
相は「新型の弾道ミサイルであった可能性がある」と述べた。
政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。安倍晋三
首相は14日、首相官邸で記者団に「度重なる北朝鮮のミサイル発射は我が国に対する重大な脅威であり、国連の
安保理決議に明確に違反する。北朝鮮に強く抗議する」と語った。首相は首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を
断続的に開催した。 北朝鮮の弾道ミサイル発射は先月29日以来。通常より高い高度に打ち上げる「ロフテッド軌道」
をとったとみられ、実際の射程は4000キロを超える可能性がある。政府高官は「北朝鮮のミサイル開発の技術レベル
が上がっているのは間違いない」と述べた。米太平洋軍は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と飛行の特徴が「一致
しない」とする分析を発表した。 14日は中国が重視する経済圏構想「一帯一路」の国際首脳会議の開幕日。また、北
朝鮮に融和的な姿勢を取る韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任直後のタイミングで発射に踏み切ったことから、
中韓両国をけん制する狙いもあるとみられる。 文氏は14日、ミサイル発射を批判し「対話は可能であっても、北朝鮮
の態度に変化がある時に初めて可能になるということを示さなければならない」と述べた。同日朝のNSCで語った。
(後略)
一帯一路構想一帯一路、3年で1兆円援助へ 初の国際会議で中国表明 
(5月14日 朝日新聞デジタル)
中国が主導してアジア、中東、欧州に及ぶ経済圏の構築を
目指す「シルクロード経済圏構想(一帯一路)」の初の国際
会議が14日、北京で始まった。130カ国以上から参加し、
うち29カ国は首脳が出席。中国の習近平(シーチンピン)
国家主席は開幕式で演説し、構想に参加する途上国と国際
組織に今後3年間で600億元(約1兆円)の援助を提供する
ことを明らかにした。この構想は、習氏が2013年秋に自ら
提唱。この日の開幕式で習氏は「一帯一路を繁栄の道に
しなければならない。発展は一切の問題を解決するすべて
のカギだ」と強調した。同時に、「開放型の世界経済を守り、
透明なルールの構築を推進するべきだ。共に利益を得られる経済のグローバル化に力を入れる必要がある」とも述べた。
欧米で広がる保護主義を牽制(けんせい)したものとみられる。習氏は一帯一路の実現に向けた具体策も表明。インフラ
整備などを支援するシルクロード基金に1千億元(約1兆6400億円)を増資し、構想に参加する途上国への20億元
(約328億円)の食糧援助や途上国同士の「南南協力」の援助基金に10億ドル(約1130億円)を増資するという。
また会期中に30カ国以上と経済・貿易の協定に署名すると述べた。(後略)

一帯一路の国際会議に北朝鮮出席 米が中国に不満か (5月13日 時事ドットコム)
中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」をテーマにした初の国際会議に出席するため、13日に北朝鮮の代表団が
北京に到着しました。ロイター通信は、国際社会が圧力を強める中、中国が北朝鮮を会議に招いたことにアメリカが不満
を示したと伝えています。中国・北京では、中国が提唱するアジアとヨーロッパをつなぐ巨大な経済圏構想「一帯一路」
をテーマにした初の国際会議「一帯一路フォーラム」が14日から開かれる予定で、29か国の首脳を含む130余りの
国の代表団などが参加します。会議には北朝鮮も招かれていて、13日に北京の空港にキム・ヨンジェ対外経済相が到着
し、北朝鮮大使館の用意した車で市内のホテルに向かいました。北朝鮮は核・ミサイル開発をめぐって中国との関係が
ぎくしゃくしていますが、会議への出席で中国との経済的な結びつきを維持したい思惑がうかがえます。一方、ロイター
通信は12日、北京のアメリカ大使館が「核やミサイルの開発をめぐって国際社会が圧力を強める中で、北朝鮮を会議に
招いたことは誤ったメッセージを伝えることになる」として、中国外務省に不満を示したと伝えました。北朝鮮に対して
圧力を強めるアメリカと、あくまで対話による外交的な解決を求める中国の立場の違いが、今回の会議を通じても改めて
浮き彫りになりそうです。

「一帯一路」会議は中国にとって最重要の外交イベント。アメリカに反対されながら
も北朝鮮を会議に招待したにもかかわらず、その会議初日に北朝鮮はミサイル発射を
強行しました。北朝鮮が発射した弾頭ミサイルは大陸間弾道ミサイル(ICBM)
ではないと思われているので、アメリカ本土への直接攻撃を意図したものとの批判を
避けつつ、中国に対して「激烈な不満」をアピールしたものであると考えられます。
また、今回のミサイル着弾点が、ロシアの領海に非常に近かったことから、態度を
明確にしないロシアへの牽制という意味合いもあるのかもしれません。また、米朝
会談後、「ミサイル開発をやめない」ことを行動で示したものとも言えるでしょう。
北朝鮮への融和姿勢を示している文氏が韓国大統領に就任して僅か4日後という
タイミングでもあるので、「手荒い歓迎」といったところでしょうか?北朝鮮は
「絶対に態度を変えない」と宣言しているのと同じですから、韓国のできることは
既に限られています。アメリカも自衛権の発動たる攻撃を起こすことは困難なので、
現状では、中国への働きかけを強める以外の方法はなさそうです。よって、今後の
動きで最も注目されるのは、中国の対北朝鮮政策です。
中国は北朝鮮に対して、「核実験を行えば、国境を完全に封鎖する」と警告していた
模様です。中国にとっては、これを機会にアメリカに様々なことを要求できるので、
チャンスであるともいえますが、同時にピンチでもあります。北朝鮮の問題が全く
進展しなければ、アメリカがずっと黙っているとは思えないからです。
日本は何もできません。高度2000キロから落ちてくれば防御手段はありません。
THAADの迎撃高度は最高150キロとされるのに対し、PAC3の迎撃高度は
20キロ。PAC3は役に立ちません。ただし、高度2000キロまで上げれば、
ミサイルを正確な位置に着弾させることは不可能です。我が身の幸運を祈るのみ!





スポンサーサイト
2017_05_15


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top