抗がん剤、高齢患者への効果少なく 肺がん・大腸がん・乳がんの末期は治療の有無で生存率「同程度」 
政府など調査
 (4月27日 産経ニュース)
政府と国立がん研究センターが、高齢のがん患者に対する抗がん剤治療について「延命効果が少ない可能性がある」とする
調査結果をまとめたことが26日、分かった。調査を踏まえ、厚生労働省は年齢や症状に応じたがん治療のガイドラインを
作成する方針。今後は、患者の生活の質(QOL)向上も踏まえて効果の高い治療法を推進し、高齢社会におけるがん治療
のあり方を検討する。国立がん研究センターと厚労省、経済産業省が主体となり調査を実施した。平成19年から20年に
同センター中央病院を受診したがん患者約7000人のうち、70歳以上の高齢者約1500人が対象。がんの種類別に、
抗がん剤による治療を中心に行った場合と、痛みを和らげる「緩和ケア」に重点を置いた場合とで、受診から死亡までの
期間(生存期間)を比較した。その結果、主に肺がん▽大腸がん▽乳がん-で末期(ステージ4)の高齢患者の場合、
抗がん剤治療の有無にかかわらず、生存率は同程度にとどまった。抗がん剤治療が明確な効果を示さない可能性がある
という。例えば肺がんの場合、生存期間が40カ月以上のグループは抗がん剤治療を受けなかった患者のみだった。同様
に75歳以上で見た場合、10カ月以上生存した人の割合は、抗がん剤治療を受けなかった患者の方が高く、生存期間も
長かった。このため、肺がんでは抗がん剤治療は5年生存率に効果を示さない可能性があると指摘した。胃がんと肝がん
については高齢の患者数が少なく評価を見送った。政府は調査結果を基に、年齢や症状ごとに適切な治療を行うための
診療プログラムの作成を図る方針。抗がん剤治療の副作用で苦しむ患者のQOL改善に役立てる考えだ。

ストレスはやっぱり健康に悪い (4月8日 毎日新聞 医療プレミア)
精神的苦痛やストレスが健康に悪いくらい誰でも知っているが、ストレスを具体的に表現する方法が難しいので科学的な
データは案外少ない。最近、ストレスと健康に関連した論文が発表されたので紹介する。
精神的苦痛でがんが増える三つの理由
まずはBMJ誌オンライン版に2017年1月25日掲載された、英国のG David Batty氏らによる精神的苦痛とがんの関係に
関する研究を紹介しよう。1994~2008年に開始された16件の研究に参加した患者の中で、自身の報告による精神的苦痛
スコアの記録がある16万3363例を解析の対象にしている。かなり大規模なデータではあるが、精神的苦痛に関しては自己
申告である。平均約10年の調査期間中に1万6267例が死亡し、このうち4353例ががんで死亡した。 解析の結果、精神的
苦痛が軽度の群に比べ、苦痛が重度の群は、すべての部位のがん死亡率が高かった。精神的苦痛が重度の群は、喫煙非関連
がん、大腸がん、前立腺がん、膵(すい)がん、食道がん、白血病のリスクが特に高かった。この中でも大腸がんと前立腺
がんのリスクは、精神的苦痛スコアが上がるに従って増加したという。
精神的苦痛でがんが増えるのはなぜなのか、Batty氏らは三つの理由を挙げている。
1)実はがん細胞は健康な人でも毎日数千個くらいできている。それを免疫、特にナチュラルキラー(NK)細胞がやっつけて
くれているので大きながんにはならない。精神的苦痛に繰り返しさらされると、そのNK細胞の機能が低下してがんが増殖する。
2)脳の視床下部は自律神経やホルモンをコントロールする重要な部位であるが、ストレスが続くとその機能が低下し、とくに
ホルモン関連がんの防御過程に悪影響を及ぼす。
3)苦痛によって飲酒や喫煙が増え、運動不足や食生活の乱れによる肥満などのリスクを介して、間接的に発がんの可能性
を高める。(中略)
二つの研究で指摘されたように、視床下部や扁桃体はストレスの影響を受けやすい。こうした脳の働きを自身でコントロール
するのは、極めて困難である。それゆえに、がんや心臓病を予防するには、生き方や働き方を見直してイライラせずに
のんびり生きることがよさそうだということは間違いないだろう。

抗がん剤治療は、手術、放射線治療と並んで「がん治療の3本柱」のひとつと言われて
いますが、大きな副作用があるだけに、延命効果が全くないのなら、抗がん剤治療を
受けたいとは誰も思わないでしょう。高齢者の場合、抗がん剤の副作用に耐えられる
だけの体力が残っていないということなのでしょうか?気力、体力に自信がない人間
は、高齢者でなくても、抗がん剤治療を受けることを躊躇してしまうかもしれません。
抗がん剤治療が全くの無意味ということではないのでしょうが、「苦しみたくない」
という患者の声も無視できません。今後のさらなる調査での正確な情報を期待します。
何はともあれ、健康な人にとっては、がんにならないことを目指すべきです。

ガン予防の可能性のある食品原因が明白ながんもありますが、
多くのがんでは、生活習慣、化学
物質、放射線、紫外線、ウイルス、
細菌、酸化ストレスなどの要因が
複雑に絡み合っているものと思わ
れます。喫煙は体によいことが
何もないだけに、がんにならない
ためには喫煙をすぐにやめたほうが
いいでしょう。では、食生活はどう
すればいいのでしょうか?
食べ過ぎないことや塩分摂取量を
減らすことなどが有効だと思われ
コーヒーと肝がんの関係ますが、野菜を多く摂ることも
重要なことでしょう。嫌いなもの
を無理して食べる必要はないで
しょうが、がん予防の可能性の
ある食べ物については、できる
だけ多く摂ったほうがいいのです。
コーヒーについては、すべての
がんについて言えるわけでは
ありませんが、少なくとも、健康に悪い飲み物ではないようです。無理して飲む必要
もありませんが・・・それに比べて、明らかに健康に悪そうなのが、ストレスです。
コーヒーのがんに対する効果も、コーヒーの成分による直接的な効果より、ストレス
軽減によるものなのかもしれません(リラックス効果にはカフェインが影響している)。




スポンサーサイト
2017_04_29


五月病ってどんな病気五月病を侮るな!不安障害やうつ病に悪化することも
(4月22日 ダイヤモンド・オンライン)
環境変化への不安が高まる5月
一時的にうつ状態を引き起こすこともある

「木の芽どき」や「新緑の季節」と呼ばれるこの季節は、一年を通して
最も気持ちのいい時期だ。気持ちの浮き立つ時期と考える人が多いだろう。
だが木の芽どきには精神状態が不安定になりやすいとの俗説もあるように、
悪い意味で気持ちの浮き立つ時期とも言えるかもしれない。それに加え
就職や進学、企業などでは配置転換もよく行われる時期でもある。まさに
(期待と)不安の時期なのだ。いわゆる「五月病」の季節でもある。
「五月病」とは医学上の正式な病名ではない。環境が変わってしばらく
たった新入社員や新入生を中心に、五月頃になるとやる気が出ない、気分が沈みがちという状態がよくみられることから名付け
られたものだ。新しい生活パターンへの対応、とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。多くの人が経験した
ことがあるはずだが、気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともある。とはいえ、そのうちに治ってしまう
ことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えない。しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、
人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼす。例えば、気分が落ち込み体調も優れず会社を休んでしまったが、そのことにより
自分を責める、他者の視線も気になり出社しにくくなる、あるいは心身の調子が悪いのに無理して働いているうちに本格的に
体調を崩し精神状態も最悪になる、などの影響だ。症状を深めるように悪循環を引き起こすと、「うつ病」と呼ばれる状態に
なってしまう。病院へ出向けば、うつ病などの「気分障害」か、適応障害などの「不安障害」と診断されることになるだろう。
将来起こり得る危険や苦痛に対する不安が心身を押しつぶす「不安障害」
仕事にも学業にも不安はつきものだが、とくに慣れない環境での不安は「不安障害」を引き起こすことが多い。将来起こる
可能性がある危険や苦痛に対する不安が心身を押しつぶすのだ。不安の原因を除けず対策が取れないと、不安は増大して
しまう。困ったことに、精神状態が良くない場合は不安を特定して対策をとるといったプロセス自体が非常に困難なものに
思えてしまい、後回しになる。その結果不安は払拭できずさらに増大するという悪循環に陥ってしまうのだ。このような
状況では、交感神経、副交感神経といった自律神経系の働きに乱れが生じ眠れなくなっていることが多い。脳内の「興奮を
鎮めるメカニズム」がうまく働かないためだ。不眠による疲労が心身に与える悪影響により、ここにも悪循環への入り口が
開いてしまう。不安障害は抑うつ状態やうつ病と症状は似ているが、原因(ストレスの要因)が比較的はっきりしていると
いう点が異なるとされる。つまり原因を除くことができれば症状も良くなるということだ。だが気分障害(うつ病など)と不安
障害(適応障害など)は共存していることが多いとされるため、完全に切り分けることも難しいようだ。
五月病症候群の予防は「健康への万能薬」
自覚したら早く病院へ

これらを含む可能性がある「五月病症候群」の予防法だが、まず規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動、と
いった健康への万能薬が挙げられる。さらに趣味の時間を確保したり、友人と楽しく過ごしたり、可能なら人に相談する
ことも重要だ。だが五月病を「発症」してしまうような状況では、多忙の中で時間が足りず予防法の実行そのものが難しい
場合も多い。あなたが自分の症状を自覚できたら、あるいは幸いにも誰かが指摘してくれたら、医師に相談するのが結局
は五月病から逃れる早道だろう。その時間すら作りにくい、その気力も湧かない状態かもしれないが、ここだけは無理して
みよう。何らかの病気が疑われるのならあれこれ考えるより、まず病院へ。これはすべての症状にいえることで、周囲の
人々はもちろんあなた自身のためになることだ。

うつ病と認知症を見出す魔法の質問 (4月25日 毎日新聞 医療プレミア)
診断技術が飛躍的に進歩して、がんや動脈硬化のような形のある病気(器質的疾患)はかなり早期から発見できるように
なった。しかし、うつ病や認知症のような精神的な疾患は血液検査やCT、MRIのような画像検査では判別がつきにくい
ので、慣れた医師が丁寧な問診をして総合的に診断しているのが現状である。そのために複数の医師の診断が微妙に
食い違うこともよくある。
やっぱり「定番」!
うつ病では本人が過小に申告すると見逃す可能性があるので、周囲の人の意見を聞くことも重要である。私の男性更年期
外来では妻にも来てもらい、患者である夫の状態を聞いている。私の経験では、妻の意見を参考に治療する方が良いこと
が多い。 うつ病の診断では「最近の2週間以上気持ちが落ち込み、何をしても楽しくないと感じますか?」などの、うつ病
関連のサイトでもよく見かけるおなじみの質問がある。高齢者のうつ病判定におけるこの質問の精度に関し、多くの論文を
検討した研究が中国から発表された(The British Journal of Psychiatry誌オンライン版2017年2月16日号)。これは
「過去1カ月間で、気持ちが落ち込んだり、憂鬱な気分、絶望的な気分になりましたか」「過去1カ月間で、しばしば
小さなことに悩まされたり、何をしても楽しくないと感じたりしますか」という二つの質問の精度を、高齢者のうつ病に
関して調査したものである。133件の研究を調査したところ、4万6651例に16種類のスクリーニング(ふるい分け)法が
使用されていた。 調査対象の二つの質問は六つの研究で使用されていた。本当にうつ病の人のうち、その二つの質問
で正しくうつ病だと診断された人の割合(感度)は91.8%▽うつ病でない人のうち、正しく除外された割合(特異度)は
67.7%--というからかなり信頼性があるようだ。ただ質問がどちらか一つになると、やや診断精度は落ちる。
二つとも従来ある一番簡単で有名な質問なので、専門家なら「やっぱりこの質問が定番だ」と納得できる。(後略)

うつ状態の脳うつの傾向を全く持っていない人間からすると、
「うつは単なる甘え」と思うかもしれません。
しかし、うつの傾向を持っている人間なら、
「うつ」は甘えや怠けとは別モノであることが
理解できるでしょう。ネガティブな傾向の人は、
ポジティブ状態を長くキープしていたとしても、
環境の変化やショッキングな出来事を契機に、
崖から落ちるようにポジティブからネガティブ
へ急降下します。ネガティブになることくらい
誰にでもあることだと思うかもしれませんが、
そのネガティブさが尋常ではないのです。
人生における圧倒的絶望感とでも言えばいいでしょうか。特に、朝起きたときが問題です。
今日一日を普通に過ごすことが絶対不可能であるように思えてきます。思えるというより、
体がそのように訴えているのです。夕方になって、多少調子がよくなってきて油断して
しまうのですが、翌朝になると、どん底の精神状態に戻ります。また、抑うつ傾向の人に
とって、「疲労感」は人生のお友達です。睡眠不足になると「疲労感」は増しますが、
いくら寝ても「疲労感」は解消しません。うつの傾向を全く持っていない人には、いくら
寝ても「疲労感」の抜けない感覚が理解できないかもしれません。何かをすれば疲れる
のですが、何をしようとしまいとその疲れがとれないのです。
しかし、抑うつ傾向の人間だからといって、必ずうつ病になるわけではありません。
よい環境に居さえすれば、うつ病にはなりません。よい環境とは、休養を十分とれる環境、
ストレスの少ない環境、将来への希望が持てる環境などです。そんな理想的な環境、ある
もんかと思われるかもしれませんが、だからこそ、どうすれば苦痛の少ない日常生活を
おくれるかを日頃から考えておかなければなりません。日頃というのは、抑うつ状態では
ないとき、という意味です。一方、うつ状態のときには、何を考えても良い方向に物事は
進みません。うつ状態ではないときの考えに従って行動したほうがいいのです。うつ状態
では、休養と時間が薬です。多くの場合、一週間もすれば、心の晴れ間が見えてくるもの
です。二週間以上、どん底から復帰できないようならば、心療内科や精神科に行ったほう
がよいようです。
        ※今回の内容は、うつ病になってしまった人の治療に役立つものではありません。




2017_04_27


仏大統領選マクロン候補仏大統領選、中道マクロンの「右でも左でもない」苦悩
(4月24日 ニューズウィーク日本版)
<5月7日の決選投票はマクロンとルペンの対決に。変化
と前進を掲げて大躍進した中道派のマクロン、気鋭の
カリスマを待ち受ける「当選後」の洗礼とは>
(中略)昨年8月まで2年間、経済相を務めカリスマ性も
あるマクロンだが、政界では比較的新顔だ。1年前に
結成した政治グループ「前進!」は左派と右派それぞれ
の元支持者が集まり、双方の考えからえりすぐった綱領
を掲げる。最新の世論調査によると、大統領選は5月に
行われる決選投票で、マクロンが極右政党・国民戦線の
党首マリーヌ・ルペンを破る見込みだ。ただし、大統領に当選すれば安泰とはいかない。6月に行われる総選挙(国民
議会選挙)で「前進!」は、左派では社会党、右派では共和党という既存の組織とそれぞれ戦わなければならないのだ。
連立政権なら前途多難
仏大統領の権限の多くは首相の支持を必要とし、首相の任命は基本的に国民議会の同意を必要とする。グランデノンに
よると、マクロンもそこは分かっている。「議会で過半数を制して初めて、実際の力を手にする」
まだ若い「前進!」が明確なアイデンティティーを確立し、十分な選挙戦を展開して議会で過半数を獲得することができ
るだろうか。もしできなければマクロンはどの勢力を頼り、どのように政治基盤を築けばいいのだろうか。単独で過半数
に届かなければ、他党の協力が不可欠になる。右派左派どちらかの政党と連立政権を組み、その関係に身動きが取れなく
なれば、「右でも左でもなく、前に進む」という大義が損なわれる。手を組むなら、社会党の穏健派が妥当な相手になり
そうだ。彼らは自党の大統領候補ブノワ・アモンが「左寄り過ぎる」と不満を抱いている。マクロンの親EU路線と、
再生可能エネルギー分野を中心とする公共支出拡大政策も受け入れやすい。ただし社会党と協力すれば、今回は
マクロンに投票した共和党のリベラル派も、次の22年の大統領選で共和党支持に舞い戻ることも考えられる。
一方で、マクロンは週35時間労働制の見直しや年間600億ユーロの歳出削減を掲げるなど、経済政策は社会党より
かなり右寄りだ。従って共和党も取り込んでおけば、公約の実現には有利だろう。ただし、マクロンの中心的な支持者
は左派出身者が多く、彼らは共和党との接近に困惑するだろう。「前進!」は全選挙区に候補者を立てる予定であり、
単独で過半数を得られるとマクロンは主張する。だが、そこには大きな課題がある。
世間にとって「前進!」のアイデンティティーは、「何者か」というより「何者ではないか」だ。「前進!」のアルノー
・ルロワ副代表は、「極右ではない」と自分たちを定義する。「(私たちは)フランスの民主主義にとって、ルペンに
滅ぼされる前の最後のチャンスだ」そのような主張は、大統領選の決選投票では「ルペン阻止」の票を集められるかも
しれないが、総選挙のメッセージとしては弱い。(後略)

ポピュリズムとは大衆迎合、なぜダメ?ポピュリズムと民主主義の違いは
(4月23日 朝日新聞デジタル)
各国で注目される選挙が近づくたびに必ず耳にする言葉が
ある。ポピュリズムだ。大衆迎合主義とも訳され、批判
する文脈で使われる。でも、大衆が決めるのは民主主義の
基本のはず。大衆に迎合して決めたら、なぜだめなのか?
 「今日はみなさんの一日。米国はみなさんの国です」
今年1月の就任演説で、米国のトランプ大統領はそう語り、
国民の団結を訴えた。選挙戦でトランプ氏はツイッターで
虚実ない交ぜの情報を発信するなどして関心を集め、既存
の政治に不満や怒りを抱く人たちの心をつかんで支持を
拡大。民主主義のダイナミズムの成功事例にも見えるの
だが、ポピュリズムの典型例として批判も根強い。
ポピュリズムの特徴は、極端に単純化した争点を掲げる、
大衆の欲望を読んで「敵」を見つけて攻撃する、などが
挙げられる。「みなさんの国」と語ったトランプ氏も他の
集会では「市民の団結が重要だ。他の人たちはどうでも
いい」と発言。「みなさん」に含まれない市民はかなり
いるようだ。評価は難しい。仏大統領選に立候補している
右翼・国民戦線ルペン党首は、「今の政治は民衆を侮り
すぎている」とポピュリストを自任。危うさは残るが政治と民意をつなぐべき政党が役割を果たさない時、ポピュリズム
が議会政治のゆがみをただすと評価する専門家もいる。(中略)森政稔・東大教授(政治思想史)は民主主義思想の歴史
的な発展を踏まえると、「ポピュリズムは民主主義とは違うものと考えるべきだ」と語る。ルソーが『社会契約論』で
語ったように、民主主義の基本には人民主権という考え方がある。だが、現代の民主主義はさらに進み、主権を持つ
「我々」の内部にはいろんな人がいることに気づいている。その「違い」を守る仕組みを含めて民主主義と考えると
いうのだ。米国の公民権運動やベトナム反戦運動の展開を踏まえ、デモやNPO活動など選挙以外の手段で、私たちは
民意を「表現」し、民主主義をよりよいものにアップデートしようとしてきた。
「選挙は民主主義の回路の一つに過ぎない。それを絶対視し、民意を聞けば『何でもできる』と語るポピュリストは
実は古いタイプの政治家です」
閉塞(へいそく)した政治にポピュリズムしかないと考えるのは、政治の刷新どころか後退なのだ。

ポピュリズムという言葉を最近よく聞ききますが、定義は意外に難しいようです。
一般的には、既存の支配層や知識人などによるエリート主義や官僚主義を拒絶し、
一般大衆の欲求不満を背景にした政治思想のことだと言われています。一般大衆
を尊重するのですから、民主主義的なのかと思えば、そうでない面もあります。
人々の欲求不満を煽って実行不能な政策を訴える戦略は、結局のところ、大衆を
不幸にすることにもなりかねないのです。このため、ポピュリズムは大衆に迎合
して人気を得ようとする「大衆迎合主義」というネガティブな意味で使われること
が多いようです。
ポピュリズムを複雑にしている要因に、右派と左派の存在があげられます。左派
ポピュリズムは「バラマキ政治」です。税金を低く抑え、年金の支給額も引き上げ
ます(もしくは支給開始年齢を下げる)。雇用対策としては、公共事業を増やし、
若者の多くを公務員として雇用すれば、国民は大賛成するでしょう。これを実践
したのがギリシャ。ただし長期間にわたってこの政策を続ければ、国家の財政が
破綻すること間違いなしです。アメリカの大統領選においても、もし、民主党の
指名争いでサンダース氏が勝っていたら、ポピュリズム対ポピュリズムの争いに
なっていたでしょう。
これに比べて、トランプ大統領のような右派ポピュリズムは、何を目指している
のかが理解しにくい。左派の敵は資本家階級ですが、右派の敵は誰だと決まって
いるわけではありません。でも、ポピュリズムには、誰の目にも分かりやすい敵
が必ず存在します。小泉元総理は既得権益を持つ抵抗勢力を敵にしていました。
小池さんの敵は、自民都連とそのドン。トランプ大統領の場合は、不公正?貿易
相手国である中国や日本でしょうか。そして今は、そう、北朝鮮!
この選挙の結果、フランスはマクロン政権になりそうですが、マクロン大統領
が成果を上げられなければ、ポピュリズムを敵にすることで、反ポピュリズム
勢力を寄せ集めただけの人物ということになるでしょう。




2017_04_25


フィギュア国別対抗戦日本チームフィギュア日本、国別対抗戦制す 3大会ぶり2度目
女子フリーで17歳の三原2位 (4月22日 日経電子版)
フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は22日、東京・国立代々木競技
場で行われ、女子フリーで四大陸選手権女王の17歳、三原舞依(神戸ポート
アイランドク)が世界歴代4位となる日本歴代最高の146.17点で2位、
16歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が145.30点で3位となるなど、
日本はチーム得点を109点に伸ばし、3大会ぶり2度目の優勝を果たした。
従来の日本最高は宮原知子(関大)の143.69点。女子フリー1位で自身の
世界歴代最高を塗り替える160.46点を出したエフゲニア・メドベージェワ
らを擁したロシアが105点で2位。メドベージェワは20日のショートプログラム(SP)と合計した得点も241.31点で自身の世界
歴代最高を更新した。ペアのフリーで須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組は97.57点で6位だった。
6カ国が参加し、男女各2人、ペアとアイスダンス各1組が演技したSP(アイスダンスはショートダンス)とフリーの順位ごと
に与えられる得点の合計で争われた。

NHL選手が不参加へ リーグが派遣せずと発表 (4月4日 産経ニュース)
アイスホッケーの北米プロリーグ、NHLは3日、同リーグ所属選手を2018年平昌冬季五輪に派遣しないと発表した。米国や
カナダ、欧州の人気選手を多く抱えるNHLは1998年長野大会から5大会連続でシーズンを中断して五輪参加に協力していた。
NHLはリーグ中断で生じる経済的損失などから派遣に難色を示してきた。3月末には国際アイスホッケー連盟(IIHF)が
過去の五輪では免除されていた保険などの経費負担を受け入れると報じられたが、NHLは「有意義な話し合いはなされなかった。
五輪参加の議論はこれで終了とする」との声明を出した。

2017年3月6日北朝鮮弾道ミサイル地面に伏せ、窓から離れて…政府HPにミサイル避難方法 
(4月21日 朝日新聞デジタル)
政府は21日、弾道ミサイル攻撃を受けた際の避難方法を国民に周知するため、内閣
官房のホームページに掲載した。同日には都道府県の危機管理担当者を集めて説明会
も開催。北朝鮮情勢をめぐる不安の高まりを背景に、政府・自民党が力を入れる弾道
ミサイル防衛(BMD)の強化も加速しそうだ。菅義偉官房長官は21日の記者会見
冒頭、ミサイル落下時の対応策を「国民保護ポータルサイト」に掲載したと発表。
菅氏は「国民が高い関心を持っていることを踏まえ、身を守るためとるべき行動を
まとめた」と説明した。サイトへのアクセス数急増を受けた対応だという。今回掲載
された「弾道ミサイル落下時の行動について」では、着弾の可能性がある場合、頑丈
な建物や地下街に避難し、建物がない場所では物陰に隠れて地面に伏せるよう要請。
屋内にいる時は、窓から離れることを求めている。政府は最近、緊迫度の高い情報
発信を続けている。外務省は在韓邦人向けに注意を促す海外安全情報を発表。安倍
晋三首相は国会で、北朝鮮がサリンを弾頭に装着して攻撃できる可能性に言及した。
                                                      (後略)
三原は期待どおりの良い演技でしたが、樋口は期待以上の出来だったのではないでしょう
か?特に、ジャンプの着氷がとても良かった。しかし、メドベージェワは別格。筋肉の質
が人と違う感じ。ジャンプに入るときの瞬発的な力は、誰もマネできないでしょう。平昌
オリンピックでは、フィギュアスケート男女の他、スキージャンプ女子、スピードスケート
女子などでも活躍が期待されます。しかし、日本選手がどうのこうのという以前の問題と
して、オリンピックは予定どおり開催できるのでしょうか?どのオリンピック会場でも、
開催が近くなると、中止になるのではないか?という噂が飛ぶものです。リオでも様々な
トラブルがありました。でも今回は次元が違います。他国からミサイルが飛んでくるかも
しれないというリスクを除去するのは困難です。ずっとオリンピックに協力してきたNHL
は、リーグ中断で生じる経済的損失を理由に選手を派遣しないと決めたようですが、本当に
経済的損失だけが理由なのでしょうか?北朝鮮は平昌オリンピックに選手を派遣する意向
を示していますが、北朝鮮は、自国の選手がいるからミサイルを撃たない国ではない!
現実問題として、ミサイルは打たないとしても、オリンピック期間中に北朝鮮が核実験を
する可能性はあるでしょう。「即時攻撃されない今がチャンス」と思っても不思議ではあり
ません。「南朝鮮を一撃で灰にし、日本列島を沈没させ、米本土に核のひょうを降らす」
と警告している北朝鮮ですから、開催直前に、「オリンピック会場は撃滅の炎の雨を免れ
ないだろう」と発表するかもしれません。韓国が配備を決めたTHAAD(終末高高度防衛
ミサイル)は、近距離で発射される低高度のミサイルには対応できません。北朝鮮国境に
近いソウルだけでなく、平昌の距離ならロケット弾が飛んでくるでしょう。北朝鮮は日本
に届く弾道ミサイルを何百発程度しか持っていないでしょうから、日本列島を沈没させる
ことはできません。しかし、中長距離向けのロケット弾なら、何万発?、いやそれ以上
持っているかもしれませんから、オリンピック会場に炎の雨を降らすことは不可能では
ないのです!





2017_04_23


新卒3年目までの離職率「新卒社員の3割が3年で辞める」はなぜ30年間変わらない
のか
  (4月20日 ダイヤモンド・オンライン)
(前略)厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」
によると、新入社員(大卒者)の3割が、入社後3年以内に
最初の会社を辞めている。この状態はバブル時代から変わる
ことなく、1987年以降、「新卒3年目までの離職率」は概ね
25~35%の範囲で推移している。キャリア採用の浸透とともに
転職に対する抵抗感が少なくなったことや、転職手段が増え、
転職自体が容易になったことなどがその理由として考えられる。
その他にも、近年の「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれる
若者の志向の変化や時代背景など、さまざまな見方がある。
「新卒3年目までの離職率」がバブル時代から現在まで変わら
ないという事実は、入社した企業が構造的な問題を抱えていること、また、採用選考のあり方に問題があることも同時に示している。
なぜこのような採用の「ミスマッチ」が起きてしまうのだろうか。実は3年で3割が辞めると言っても、従業員規模によってその状況
は大きく異なる。厚生労働省が発表した「新規大学卒業就職者の事業所規模別離職状況」(平成25年3月卒)によると、「新卒3年目
までの離職率」は、上記の通りだ。(後略)

普通の生活に必要な支出埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査
(4月17日 朝日新聞デジタル)
埼玉県内で人並みに暮らすには月約50万円の収入が必要で、子供が大学に入る
と支出が急に増え、奨学金がないと成り立たないとする調査結果を、県労働組合
連合会(埼労連)と有識者がまとめた。「賃金の底上げとともに、教育や住宅の
負担を下げる政策が必要」と指摘している。調査は、昼食を食べる場所や日ごろ
の買い物の場所や支出など、日常生活でのお金の使い方を聞く「生活実態調査」
と、生活に必要な持ち物を聞く「持ち物財調査」のアンケートを、昨年1月に
埼労連の組合員など3千人に依頼し、3カ月で597人(有効回答率約20%)
が答えた。その分析で、回答者の7割以上が持つ物を「必需品」とし、それを
持つ生活を「普通の生活」と定義。回答者がよく買い物をしている店などで
実際の価格も調べた。こうした積算で、次の各モデルの結果が出た。
いずれも夫は正社員で妻はパート勤務、車はない設定。
【30代夫婦で小学生と幼稚園児】さいたま市郊外で月5万5千円の賃貸住宅
(2LDK、約43平米)で暮らす
1カ月の生活費は▽食費約10万8千円▽交通・通信費約3万8千円▽教育費約2万7千円などの計約43万円となった。
たとえば洗濯機は約6万円のものを国税庁の決まりをもとに耐用年数を6年として割り算し、月額を836円とするなどして、
家具・家事用品の月額負担は1万8356円と積算した。08年の前回調査と比べ、教育費と教養娯楽費が合計で3万円近く
増えたほか、交通・通信費も1万円余り増えるなど、約6万8千円増えた。この支出のためには、税や社会保険料を加えた
額面で、約50万円の月収(年収約599万円)が必要だ。しかし、厚生労働省の調査によると埼玉県内の30代男性の平均
年収は約411万円と、200万円近い開きがある。
【40代で中学生と小学生】30代より食費と教育費がそれぞれ約1万円増える一方、教養娯楽費は約1万3千円減るなど
した結果、額面の月収は約54万円(年収約647万円)が必要。平均の485万円との差は少し縮まる。
【50代で大学生と高校生】東京の私大に通わせる前提で▽教育費が40代よりも約9万円多い約13万円▽交通・通信費
も同1万1千円多い約5万円と大きく増える。教養娯楽費を30代より1万7千円余り少ない約2万8千円に抑えるが、全体
の支出は約58万円で、税などを加えた額面は約68万円(年収約821万円)と、平均の545万円を276万円上回る。
調査をまとめた静岡県立大学短期大学部の中沢秀一准教授は「妻のパートでは足りず、子供は奨学金を借りる。無償の奨学金
や住宅補助の制度を充実させないと子供の将来はさらに厳しい」と指摘している。

「人並みの収入を得て、人並みの暮らしをする」
簡単なことのように聞こえますが、若年層で、これを最後まで完遂できる人はとても少ない
でしょう。新入社員のなかには、既に、「もうやめたい」と思っている人もいるのではない
でしょうか?昔でも今でも、新卒社員の3割は3年以内に退職します。「3年我慢しろ」
と言う話がありますが、3年勤めて、身も心もボロボロになるくらいなら、早く辞めるのも
一案です。と言いますのも、30年前なら、次の職場も正社員で働くのが当然でした。
しかし、今なら、非正規雇用の道に入る人も少なくないでしょう。退職後に気力が残って
いないと「非正規でいいや」という気持ちになるのではないでしょうか?正社員に登用
される制度のない企業の場合、非正規だと、給料が低いうえに、キャリアアップの可能性
もほとんどありません。若いときに非正規だと、そのまま這い上がれず、一生貧困のまま
で終わる可能性が高いのです。給与体系だけでなく、手当、ボーナス、退職金、福利厚生
など様々な点で、非正規は不利な待遇をずっと受けることになります。さらに、人員整理
のときは非正規からリストラされます。では正社員は安泰かといえば、そんなことはない!
企業は正社員を簡単には解雇できないのですが、経営状態が悪化して正社員を解雇できる
となれば、ここぞとばかりにリストラが敢行されます。大手企業も例外ではありません。
電機業界がよい例です。企業としては、中高年の正社員を追い出して、ピラミッド型の
年齢構成に近づけたいのです。そこそこの給料をもらっている人は、それに見合った支出
を伴う生活をしていることが多いでしょう。そのような人がリストラされて、これまでと
同レベルの給料をもらえる職場を見つけられる可能性は極めて低いのです。このパターン
のほうが、一生貧困よりも辛い人生になるかもしれません。
「普通の収入を得て、普通の暮らしをする」ことがいかに難しいか!これぞ日本社会です。





2017_04_21


「がんは学芸員」発言撤回 山本地方創生相が謝罪 (4月17日 日経電子版)
山本幸三地方創生相は17日、外国人観光客らへの文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員」など
とした発言について「適切ではなかった。反省しており、撤回しておわびしたい」と述べた。東京都内で記者団に語った。
菅義偉官房長官に同日朝、発言を撤回する考えを伝え、菅氏は「そうしてもらえれば結構だ」と応じたと説明した。
山本氏は16日、大津市で開かれた地方創生に関するセミナーで、学芸員について「自分たちだけが分かっていればいい、
分からないなら来なくていいよ、というのが学芸員の連中だ。この連中を一掃しないと駄目」などと批判した。山本氏は
この発言について、記者団に「学芸員の方々に観光マインドを持ってもらう必要があるという趣旨だった」と釈明。進退に
ついては「全力を挙げて地方創生などを頑張っていきたい」と述べ、引き続き職責を果たす意向を示した。学芸員は、
博物館法に定められた専門職員。資料の保管や展示、調査研究などを行う。

批判殺到でとりあえず謝罪したものの、腹の虫がおさまらかったようで・・・

記者の質問に答える山本地方創生相山本地方創生相、報道に反論 二条城の観光振興策めぐり
(4月18日 朝日新聞デジタル)
山本幸三地方創生相は18日の閣議後の記者会見で、世界遺産・二条城(京都市)の
観光振興に向けた取り組みが不十分という自身の発言に事実誤認が含まれていると
の一部報道について、「記事の方が事実誤認だ」と反論した。山本氏は「(二条城内
の)国宝や重要文化財では水も火も使えなかった。昨年10月にお花が生けられる
ようになった。法律では禁止されていないのに、学芸員の判断だった」と主張。英語
の案内表示についても「最近、少しずつ改善しているが、なかなか抵抗が強かったこ
とは事実だ」と述べた。一方、二条城事務所によると、二の丸御殿台所(重要文化財)
では昨年10月以前でも生け花を展示したことがあるという。北村信幸所長は取材に
対し、「使い方や必要性を考慮した上で総合的に判断している」と話している。山本
氏は16日、大津市内での会合で、過去に二条城には英語の表示がなかったと指摘。
「水も火も使えなかった。去年から花を生けることができるようになった。革命的だ」
とした。そのうえで、「一番のがんは学芸員。この連中は普通の観光マインドが全くない」と述べた。

事実がどうなのか知りませんが、がんなのは学芸員ではなく、「あなた」でしょう。
というよりも、地方創生担当の大臣は不要ですね。だって、役に立たないでしょ。
誰が大臣になっても、何もできないでしょう。余計なことを言うか言わないか程度
の違いがあるだけ。ただ、山本氏の発言には、組織のマネジメントに関する問題

マネージャーと専門家の関係が隠されているように思います。
専門家の基本は、「狭く深く」
専門領域を追究することですから、
組織の目的とは異なる方向に行き
がちです。しかし、自分の強みを
活かさないのなら、専門家は素人
同然です。ですから、学芸員なら
学芸員でなければできないことを
するのは当然なのです。
マネージャーの役割では、専門家が組織の成果のこと
を全く無視していいかといえば
そういうことではありません。
専門家は間接的に、組織に貢献
するべきなのです。そのために、
専門家の個別の成果を組織全体
の成果に結びつける「橋渡し役」
が必要です。この「橋渡し役」
には相当の能力が必要とされます。「橋渡し役」は専門知識を持っていなければ
なりませんし、組織の意図や方針についても理解していなければなりません。
最近はますます専門分野が細分化される傾向にありますから、完璧でなくても、
幅広い分野の知識をそれなりに持っていないと、「橋渡し役」になりません。
このような「橋渡し役」こそ、組織の要となる人材なのです。
しかし多くの組織で、優秀な「橋渡し役」が、いないんですよね・・・





2017_04_19


講演する山本地方創生相「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相(4月16日 朝日新聞デジタル)
山本幸三・地方創生相が16日、大津市内のホテルで開かれた滋賀県主催の地方創生セミナー
で、文化財観光の振興をめぐり見学者への案内方法やイベント活用が十分でないことを指摘し、
「一番がんなのは学芸員。普通の観光マインドが全くない。この連中を一掃しないと」と発言
した。学芸員は博物館法で定められた専門職員で、資料の収集や保管、展示、調査研究など
を担う。今回の発言はセミナーでの講演後、滋賀県長浜市の藤井勇治市長から「インバウンド
観光振興について助言を」と質問された際にあった。外国の有名博物館が改装した際のことを
引き合いに出し、「学芸員が抵抗したが全員クビにして大改装が実現した結果、大成功した」
などとも述べた。セミナー後の記者会見で、山本地方創生相は「新しいアイデアに、学芸員は
『文化財だから』と全部反対する。学芸員だけの文化財ではない。『一掃』は言い過ぎたが、
観光マインドを持って観光客に説明することを理解してもらわないと困る」と釈明した。山本
地方創生相は、衆院福岡10区選出で当選7回。一方、愛知県内の美術館に勤務する学芸員は、
美術館も博物館も、どうしたら来館してもらえるかを真剣に考えている学芸員は多いと反論する。
「政府の経済至上の発言を聞くと、集客の少ない小規模館は切り捨てられるのではないかと不安になる」と話した。

ゆるキャラは地方創生に役立っているのか「目的」と「目標」が乖離してしまう残念な地方創生
(4月15日 Newswitch 日刊工業新聞社)
日本の人口は2008年の1億2800万人を頂点に減少局面に入りました。
それ以降ばらつきはあるものの毎年20万人のペースで人口は減少し続けて
います。このままでは日本の将来人口は2030年に1億1600万人。1億人の
大台は2041年に下回ってしまうと言われています。それまで日本の人口が
減少することを政府は事前に把握できてなかったかというと、もちろん把握
できていました。人口問題の際に必ず持ち出される指標に「合計特殊出生率
(一人の女性が生涯で出産する子供の数)」がありますが、人口を維持する
ためには2.06が必要とされています。この合計特殊出生率は1974年に2.06を下回り、現在は1.4あたりを推移しています。つまり
この合計特殊出生率を見ていると必ず人口減少局面に突入することは分かっていたわけです。
「人口の絶対数」で見てはいけない
ではなぜ、最近になるまでほとんど対策されず、話題にもならなかったのでしょうか。それは政府もメディアも「人口の絶対数」
しか見てなかったからでしょう。1974年に2.06を切ったにも関わらず2008年までの34年間も人口は増え続けていました。
それは、医療技術の発達などによりお年寄りの寿命が伸びていったからです。生まれる子供は減ってきているけれど、お年寄りが
長生きするようになったので、合計特殊出生率が2.06をきってからも34年間人口が増えていったわけです。人口の絶対数しか見て
ないと、「人口は増えてるよね。安心安心」という結論で落ち着くわけです。しかし、今後は人口減少の勢いは加速しています。
「そろそろ人口が減りだしたので、対策をしましょう!」といまさら言っても、合計特殊出生率が2.06を切ってからの34年間の
助走をつけた上で減少に転じているわけです。早い段階で対策していればまだ傷口は浅いものの、思いっきり助走を付けられて
人口減少に突入しているので、人口減少を止めることはもちろん、減少率を緩和することも困難を極めます。
「目的」は必ず数値化できるとは限らない
最近流行りの地方創生の取り組みは、この人口減少を少しでも緩和することを目的の一つとして取り組まれています。毎年500人
が減っていれば、それを300人に押さえて、30年後に人口◯万人の維持を目指しましょう、という具合です。自治体の施策の中に
目標数値を入れるということ自体は素晴らしいことだと思うのですが、この目標が「人口の絶対数」ということには気を付けなけれ
ばいけません。前回の寄稿で「問題」と「課題」を混同してしまう残念な地方創生とも共通しますが、目標と目的の意味は似ている
ようで全然違います。目標というのは「標(しるべ)」と書くようにどこか行きたい場所があり、そこに向かうために参考にする
案内板のような意味です。実際の案内板にも◯◯まであと5kmと書いてあるように、目標は数値化もしくは言語化されています。
目的は「的(まと)」と書くように到達したい、もしくは到達すべき場所、状態のこと指し、必ず数値化・言語化できるとは限り
ません。ボーリングではレーンの途中に横に並んだ5つの三角印があります。その印(=標)を参考にして玉を投げると狙ったピン
(=的)に当たるという関係が、まさに目標と目的の関係になります。では地方創生における目標と目的は何か。目標は先述した
ように「年間で減少する人口を◯◯人から、△△人に緩和する」「移住者を年間☓☓人にする」とか数値化できるものです。
では目的は何かというと、「東京一極集中を是正し地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力をあげること」というのが
政府見解です。
地域の持続可能性を高める
それを踏まえて地方にとっての目的は何かというと、「地域に根ざす伝統や文化、産業、経済などを次世代(=若者)につなぎ、
進化させ、地域の持続可能性を高める」ということになるでしょう。地域の人口をある程度維持し、伝統、文化、産業、経済を
維持発展することが、国全体の活力につながります。政府にとっても地方にとっても広義の目的は「持続可能性を高めること」
です。その目的に到達するための標として、地方の人口を増やすことが設定されているわけです。では、その目的を達成するため
の目標が人口の絶対数で間違いないのでしょうか。この人口の絶対数を追いかけて施策を打てば地方の持続可能性が高まり、
国の活力があがるのでしょうか?答えはノーのケースもある、ということです。当たり前の話ですが、生まれたての赤ちゃんと、
働き盛りのビジネスパーソンと100歳のおばあちゃんは同じ人口1人でも、その役割や必要な社会的援助は全然違います。
そのような幅広い年齢の人を「一人」とカウントし、目標に設定することは間違った標になりかねないのです。地方創生に文脈に
おいて度々「人口減少が問題だ」という語り方をされるケースがありますが、厳密に言うと、人口減少自体が問題なのではありま
せん。地域にとっての本当の問題はその地域の持続可能性が損なわれ、地域が消滅してしまうことです。それを防ぐために地域
の持続可能性高めることが大事なのです。(中略)
目標は目的との最短距離上に設定する
目標は目的との最短距離上に設定することを心がけないといけません。そうでなければ、目標は達成しているけれど、どんどん
目的から離れていく、といった疲労感しか残らない残念な状況に追い込まれる可能性があるのです。(後略)

地方創生において、なぜ目的と目標が乖離してしまうのか?理由は簡単。地方創生なんて
そもそもできっこないからです。それでも目標を立てろと言われれば、目的に近くて達成
不能な目標を立てるか、それとも、目的から乖離した達成可能な目標を立てるかのどちら
かです。目標を達成できないと担当者は責任をとらされるでしょうから、後者を選ぶこと
になります。確かに、地方創生において、観光産業が大切であることは間違いありません。
博物館の来場者を増やすことも大切なことでしょう。そして、そのようなことに全く協力
しない学芸員もいることでしょう。しかし、学芸員がいくら努力したところで、博物館の
来場者はたいして増えないでしょう。博物館の来場者が少しくらい増えたとしても、地方
を訪れる観光客はそれほど増えないでしょう。観光客が少しばかり増えたからといって、
地方創生にはつながらないでしょう。地方間で、短期的な観光客の奪い合いをしても、
全く意味はありません。京都のような揺るぎない観光資源を生み出して、今までにない
価値を創出しなればなりません。そして、学芸員は学芸員が専門とすることに集中する
ことで、今まで明らかにされていなかった地方の魅力を発見しようとするでしょう。
日本では戦前から繰り返してきた誤りなのではないかと思いますが、「不可能なことでも、
みんなが頑張れば達成できる」という考えは間違ってます!日本は中央集権体制の国です
から、政府がモデルを示すしかありません。地方は、そのプログラムに従って実行する
のみです。中央集権という意味では、日本と北朝鮮は似ています。中国は民主主義国家
ではありませんが、中央集権体制が不十分で、中央が地方をコントロールできていない分、
地方には活力があります。今後、中国政府が中央集権体制を強めていけば、日本と同様、
地方が活力を失うでしょう。とはいえ、日本において、地方分権を進めればよいとも
思いません。なぜなら、地方は自力で何かをする気持ちはありませんし、その能力もない。
ポイントは衰退の速度です。地方が衰退しているといっても、明日あさっての問題では
ありません。よって、「自分が生きている間は、どうにかなるでしょ」となるのです!
だって、既に地方は、高齢者が多数派ですから・・・



2017_04_17


市民連合イベント参加の野田幹事長「ネットが一番つらい」民進・野田佳彦幹事長 党勢回復に苦しい胸の内 
(4月12日 産経ニュース)
「ネットが一番つらい」-。民進党の野田佳彦幹事長は12日、都内で市民グループ「市民連合」
との対談に臨み、インターネット上で民進党への批判が強いことについて「われわれに非常に
厳しく(自民党に)非常に甘い状況が生まれている」と苦しい胸のうちを語った。
野田氏は旧民主党時代から、ネット対策は「自民党より早かった」と言及したが、「今は批判
ばかり」とも指摘。「発信だけでなく受け止めることが大事。みんなで徹して耳を傾ける運動を
していかなければいけない」と強調した。(後略)



長島議員離党会見「『アベ政治を許さない!』と叫ぶことを求められた。
熟議も提案もない」と痛烈批判
(4月10日 産経ニュース)
長島昭久衆院議員が10日、国会内で記者会見を開き、民進党からの離党を表明した。
会見の冒頭、「独立宣言-真の保守をめざして」と題した声明文を読み上げた。
会見の詳報は次の通り。

私、長島昭久。本日、ここに一人の政治家として「独立」を宣言いたします。つい今
しがた、野田佳彦幹事長に離党届を提出してまいりました。このたび私が民進党を離れる決意をした最大の理由は、保守政治家と
して譲れない一線を示す、この1点であります。共産党との選挙共闘という党方針は、私にとり受け入れ難いものです。一昨年の
「安保法制廃案」の熱狂の中で、突然打ち出された共闘路線は、まともな党内論議もないまま共産党主導で進められ、最近では
民進党の基本政策にまで共産党が影響を及ぼすかのような場面が目立つようになりました。(中略)
「党内ガバナンス」という魔法の言葉によって、一致結束して「アベ政治を許さない!」と叫ぶことを求められ、過去に自分たちが
推進し、容認してきた消費税も、TPPも、ACSA(物品役務相互提供協定)も、秘密保護法制も、安保法制も、憲法改正論議も、
共謀罪も、すべて反対、徹底抗戦、廃案路線で突き進む。行き詰まると、院外のデモ隊の中に飛び込んで、アジる、煽る、叫ぶ。
そこには熟議も、建設的な提案もない。与野党の妥協も政策調整の余地もない。国民世論の統合を期待されている国会において、
かえって国民の中にある分断の萌芽をさらに拡大しているようにしか見えませんでした。もちろん、これは野党だけの責任では
ありません。政権の側にしばしば見られる独善こそ厳に慎むべきものだと申し上げておきたい。そこで、「真の保守」とは何か。
それは、わが国の歴史と伝統を貫く「寛容の精神」だと思います。ですから、「真の保守」は多様な意見を包摂することができる
のです。実はこの間気付いたのですが、リベラルといわれている皆さんの方がけっこう過激でありまして、権力に対するルサンチ
マンのようなものがあって、寛容さに欠ける言動がしばしば見られます。政府や保守的な主張に対する攻撃は時に激烈であります。
「市民連合」なる組織を率いるある政治学者が、一国の総理に向かって「お前は人間じゃない。叩き斬ってやる」などと叫んだり
していました。一方、保守の側も昨今劣化が激しく、籠池(泰典)さんのように、教育勅語を信奉していれば保守だといわんばかり
の粗雑なキャラクターが際立っています。 私は、「真の保守」というのは、国際社会でも通用するような歴史観と人権感覚を
持ち得なければならないと考えております。不寛容なリベラルも、粗雑な保守も、1度立ち止まって国内外の現実を直視し、
それぞれの議論を整理し直すべきではないかと考えております。
「真の保守」は、左右の主張を包摂しつつ、対立点について粘り強く説得に努め、この国に「秩序ある進歩」、これは私の尊敬
する小泉信三先生の言葉だが、この国に秩序ある進歩をもたらすことに力を注ぐべきではないかと考えます。(後略)

ネットの声がすべて正しいとは言いませんが、民進党のやっていることよりはマトモでしょう。
支持率が上がらないのは、自分たちのせいではなく、ネットのせいだとでも言いたいの?
「自分たちは正しくて、自分たちを非難する人間は間違っている。」まさに、末期的な組織
の責任者が言う常套句です。マトモな人間は腐った組織から出ていくしかありません。
民進党は、自分たちを支持してくれる特殊な集団に属する人間の声ではなく、一般市民の
声を聞くべきです。「アベ政治を許さない!」と「民主党政権を許さない!」
あなたはどっちに賛同しますか?と、普通の市民に聞いてみてください。
民進党の人たちは、自分たちが政権をとっていたときの失敗からもっと学ぶべきでしょう。
ただ、野田幹事長には同情しています。ルーピー鳩山とアホ菅の後なら、誰が総理大臣に
なってもうまくいかなかったでしょうから。逆に、自民党は、とってもやりやすい!
ちょっと失敗しても、「あの暗黒時代よりはマシでしょ。みなさん」と言えばいいのですから。
民進党の批判を書こうと思えばいくらでも書けるのですが、さすがに飽きてきました。
そんなことより、民進党から組織論を学んだほうがいいように思います。当然のことながら、

 民進党は悪い組織の代表例です。組織というものは腐りはじめますと、自分
 たちの失敗を認められなくなります。そのくせ、組織公認の意見とは異なる
 ことを言う人間を激しく責めたてます。特に、組織内の人間が、組織の批判
 をすることを認めません。一方、うまくいっている組織では、失敗がないか
 といえばそうではなく、はやり失敗だらけなのです。ところが、その失敗に
 対して、内部から公然と批判が浴びせられます。批判を抑えようとはするの
 ですが、組織内の人間は黙っていません。自分の言いたいことを言うのを
 やめないのです。ダメダメであっても、少しずつ自浄作用が働くのです。
      小池都知事の発言は、自民党員らしからぬものばかりです。民進党なら即刻、
      除籍処分になっていたでしょう。やっぱり、民進党批判になってしまいました。


風通しのよい職場と悪い職場【図解】コレ1枚でわかる「風通しの悪い組織」と
「風通しの良い組織」
(2015年7月23日 ITmedia)
(前略)「風通しの悪い組織」は、「問題があっては
ならない」という意識に支配され、「問題が出ない
ように厳しく管理する」ことが組織の方針であり、
行動原理となっています。そのため、不平を口に
するのはルール違反であり、組織を混乱なく回す
ことが最優先と考えられるようになります。そして、
あらゆる行動に牽制や抑制が働き、無難な対応
しかできない組織となってしまいます。結局は、
何をやっても成果はそこそこに、大きなビジネス
を生みだすことは難しいでしょう。また、問題があってはいけないから、問題が起きれば、なんとか表沙汰にならないようにと
隠蔽化し、個人で解決しようという意識が働きます。しかし、解決できないままに深刻な事態へと向かってしまえば、ビジネス
にも個人にも大きなダメージを与えることになるでしょう。このような事態を避けようと、部下は自然と防御的行動をとるように
なりまする。例えば、 •上司の意見に合わせる •文句を言わず黙って従う •面倒な情報は上司に伝えない
当然、組織のパフォーマンスが上がることはありません。
これに対して「風通しの良い組織」とは「問題があるのは普通」という考えが行動を支配しています。そのため、問題を早く出さ
せるように多くの機会を作ろうします。そのために、問題をどんどん提起することを評価し、困難があっても改善、改革すること
を奨励するような雰囲気作りを努力するようになります。その結果、新しい発想、新しいきっかけ作りが誘発され、潜在力が
引き出されるようになるのです。また、問題が小さい内に顕在化されるので、深刻な事態を回避することにもなります。
このような組織は、常に積極的な行動を取るようになります。
例えば、 •積極的な「抵抗勢力」になる •おかしいと感じたらすぐに伝える •問題を解決しようと支援を求める
組織は、個々人の持てる力以上のものを引き出す事ができるようになり、高いパフォーマンスを維持しづけることができるのです。
(後略)



2017_04_15


シムズ理論とは「シムズ理論」が成功しても庶民だけが損をする理由
(4月10日 ダイヤモンド・オンライン)
増税せずに債務減「シムズ理論」とは?
財政拡大を正当化するシムズ理論が話題だ。この理屈が
分かれば上司にも一目置かれるはず。しかし、よくよく
聞くと、政府には都合がいいが、庶民は犠牲を強いられる
理論のようだ。たとえば、借金をしたいだけして、楽に返
すことができる。そんなうまい話があれば誰でも飛び付く
だろう。通常は、そんな話は存在しないのだが、今の政府
の中にはうまい話が存在すると思っている人もいるようだ。
今話題のシムズ理論である。増税せずにインフレで財政
赤字を小さくし、債務残高を減らせるという夢のような
理論だ。元となる「物価水準の財政理論(FTPL)」
の提唱者である米プリンストン大学のクリストファー・
シムズ教授は、2011年にノーベル経済学賞を受賞して
いる。シムズ理論に基づいて、財政再建のメカニズムを
説明してみよう。まず、政府が物価上昇率の目標達成
(日本では2%)までは増税しないと宣言する。その上
で減税を行い、公共事業などを増やして財政を拡大する。
所得が増えた国民や企業が、消費や投資を増やす。ここで肝心なことは、増税をしないという政府の宣言を国民や企業が
「信じる」ことである。将来、増税するのであれば、増税時に備えて貯蓄をしようとするから、消費や投資を増やそうとはしない。
消費や投資が増えれば、需要が増えるので物価が上昇する。もし、物価が目標値を超えて上がり過ぎるようなら、中央銀行
(日本では日本銀行)が金利を引き上げるなどして、物価の上昇を抑える。物価が上昇すれば、通常であれば賃金も増加する。
やや極端な例になるが、説明しやすくするために、物価が2倍になり、年収も400万円から800万円になったと仮定する。
インフレが進行して金利が上昇すればいずれは利払いの負担が増えるが、政府の借金の元本自体は即座には増えない。
それどころか、2倍になった物価水準から見た借金の実質的価値は2分の1になる。一方、増税をしなくても税収は増加する。
日本も含め多くの国で、所得税については、所得が増えれば税率が高くなる累進課税という仕組みが採用されている。日本では、
所得が400万円から800万円になれば、適用される税率が10%から20%に上がる。税収が増加することで債務返済を進めやすく
なる。現政権は、高等教育、幼児教育を含む教育の無償化に充てる財源として教育国債発行を議論するなど、財政拡大には熱心だ。
そして、国際公約の20年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス〈PB〉、国債以外の歳入と国債の元利払い以外の歳出の
収支)黒字化目標の旗を降ろす姿勢を見せている。一方で、PB目標に代えて、債務残高の対GDP(国内総生産)比を目標に
しようとしているのも、GDPを拡大させれば、財政支出が増えて債務残高が膨らんでも対GDP比は低下させることができる
からだ。シムズ理論のもくろみ通りにいけば、現在の日本の政策当局にとっては願ったりかなったりである。異次元緩和による
デフレ脱却に行き詰まっていただけになおさらだ。だから、昨年8月の米国でのジャクソンホール会議(世界各国の中銀関係者や
経済学者らが参加する会合)での、「ゼロ金利の下では、マネーを増やしても物価を上げる効果は小さい。そうしたときには
財政拡張が有効」というシムズ教授の論文に飛び付いた。特に、昨年11月に内閣官房参与の浜田宏一氏がシムズ理論を聞いて
「目からうろこが落ち、考えを変えた」と発言して以降、急速に日本での注目度が高まっている。ただ、日本以外の国では、
ほとんど注目されていない。裏返せば、今の日本にとってそれだけ都合のいい理論なのだといえる。
日本では機能しない可能性が高い
では、シムズ理論は日本において効果を発揮できるのだろうか。冷静に見ていくと、発揮できない可能性の方が高い。
なぜなら、日本の場合、政府の「増税しない」との宣言を国民が信用したとしても、それ以外の要因が働いて消費を増やさない
公算が大きいからだ。その一因が社会保障。若年層を中心に、老後の生活設計に見合った額の年金を受け取ることができない
という不安が根強い。それ故、所得が増加しても消費に回さず貯蓄される可能性が高い。消費が増えなければ物価は上昇しない。
物価上昇率目標が達成できないのでずっと財政支出の拡大が続き、財政赤字が膨らみ債務残高が積み上がることになる。
しかし、無制限に債務残高を積み上げることはできない。いずれは財政赤字を縮小するために増税することは避けられないだろう。
たとえ首尾よくシムズ理論のもくろみ通りに物価が上昇したとしても、多くの庶民は損をするだけになる。というのも、物価が
上昇することで、庶民の預金や貯金の額が目減りするからだ。政府が抱える借金の負担が軽くなるのと正反対である。加えて、
先ほど触れたように、所得税の支払額が増える。庶民にとっては踏んだり蹴ったりだ。シムズ理論がうまく機能してもしなくても、
庶民が損をして、得をするのは莫大な借金を抱える政府だけということになる。シムズ理論は、政府にとっては救世主かもしれ
ない。しかし、庶民にとっては悪魔の理論でしかない。(後略)

こども保険と他の方法の比較jpg小泉進次郎氏ら提言「こども保険」で考える“負担”の問題
(4月11日 ダイヤモンド・オンライン)
3月29日、小泉進次郎氏を中心とする「自民党・2020年
以降の経済財政構想小委員会 (2017)」が、「『こども
保険』の導入~世代間公平のための新たなフレームワーク
構築~」と題する提言(以下「提言」)を公表した。
「子どもが必要な保育や教育を受けられないリスクを社会
全体で支える」ための仕組みとして、年金や医療、介護に
続く新しい社会保険制度として導入しようというもの。
増税や教育無償化のための「教育国債」などに加えて、
子育てや教育の財源をめぐって、新たな問題提起が
された形だ。
新たな保険料を徴収 児童手当に給付金上乗せ
「子ども保険」の内容は、「保険料率0.2%(事業主0.1%、勤労 者0.1%)の保険料を、事業者と勤労者から、厚生年金保険料に
付加して徴収する。自営業者等の国民年金加入者には月160円の負担を求める。財源規模は約3400億円となり、小学校就学前の
児童全員(約600万人)に、現行の児童手当に加え、こども保険給付金として、月5000円(年間で6万円)を上乗せ支給する」
というものである。少子化を放置すれば、経済の停滞、社会保障の持続可能性の崩壊につながる。また、十分に教育を受けられ
なかった人は、高所得の得られる仕事につけず、子どもにも十分な教育を受けさせられないという形で、格差の連鎖を生み出す
ことにつながっていく。その意味では、こうした問題を正面から取り上げて、公的保険という制度で解決しようという「提言」は、
自民党内で別途繰り広げられている、「教育国債(赤字国債)で教育無償化を」という、負担を将来世代に先送りするだけの
安直な議論と比べて、貴重な問題提起として評価したい。もっとも、子育てや幼児教育の財源を公的保険として構築するには、
様々な乗り越えるべき課題もある。簡単には実現しそうにはないが、今後この議論を、建設的な国民負担の議論につなげる
起爆剤とすることが「提言」の価値と評価できる。だがさまざまな問題点があることは確かだ。
子育ての負担論議の起爆剤に 富裕高齢者も所得税で負担を
本稿では、負担論として、どのような問題があるのかを考えてみたい。第1に少子化対策や幼児教育は、少子高齢化が急速に
進む日本にとって最重要課題であるだけに、勤労世代だけに負担を負わせる社会保険制度での対応ではなく、高齢世代にも
負担を求める方法をとることがあるべき姿ではないか、という問題である。有権者のなかで高齢者の割合が大きくなる中で、
高齢者への負担増を避けようとするのは、今日まで続いてきた、高齢者の利害を優先しがちなシルバー民主主義をなぞるもの、
といわざるを得ないのではないか。高齢者にも負担を求める方法としては、誰もが一律に負担する消費増税が思いつくが、所得
の多い人がより多くの負担をする所得税での対応が重要である。具体的には、年金のほかにも所得がある高所得年金受給者
への課税強化(公的年金等控除の縮小)、富裕高齢者に多くが帰属する金融所得に重く課税することが考えられる。これらは、
高所得・富裕高齢者に集中的に負担を求めるもので、高齢者に社会保障の受益が偏りがちだという世代間・世代内の公平性を
大きく向上させるというメリットがある。子育てをめぐる負担論議でもこの選択肢を放棄すべきではない。
子どもがいない世帯は 給付がないのに負担をするのか
第2に、保険制度、保険原理としての課題である。提言を読むと、「(保険は)負担額と給付額が一致しているので、国民全体
で見れば、全く負担増にならない。給付を前提に負担を求める点で、増税とは違う」と書かれているが、例えば子どもがいない
世帯にも保険料の負担を負わせることが公的保険として妥当か、という問題にぶち当たる。子どものいない世帯にとっては
必ずしも「受益と負担」がバランスしているとは限らない。加えて、現在の国民年金保険料負担の実態を見ると、自営業者
(非正規雇用者も含む)は定額(月1万6000円強)となっており、高所得者ほど負担が軽くなるので、消費税より逆進性
(低所得者により重い負担)が高い構造となっている。厚生年金についても、高所得サラリーマンには負担の上限があり、
所得水準がそこを超えると負担は相対的に下がっていくという逆進性が見て取れる。このことは、保険制度では、所得の
再分配に対してマイナスの影響を与えかねないという問題である。低所得の非正規雇用者の負担するこども保険料で、豊かな
正規雇用のサラリーマン家庭の子育てを支援する、という逆説的なことが生じうる。もっとも、保険は本来はリスクをカバー
することが目的で、所得再分配はその機能ではない、ということかもしれない。そうであれば、所得格差の拡大が問題になっ
ている現状では、所得再分配機能の強化(格差是正)も可能となる所得税方式の方が、メリットがあるということになる。
事業者の負担増加  非正規雇用を増やす恐れ
また現状でも、国民年金の4割が未納という保険の実態をどう認識するのか、という問題もある。「子ども保険」の保険料が
上乗せされることで、低所得の人たちの未納をさらに増やすことにもなりかねない。さらには、事業者にこれ以上の負担増
を求めることは、事業コストの増加につながり、それを避けようとして低賃金の非正規雇用化への流れにつながりかねない
ということも留意点であろう。これらの点については、「報告書」は記事冒頭の図のような比較表を掲載している。(後略)

最近注目されているシムズ理論。しかしこれは、理論どおりにはなり得ない理論です。
国民が最も不安に思っているのは国の借金の額であり、それが増え続けていることです。
現在の負担もずしりと重いものですが、国が破綻すれば、現在と比較にならないほどの
大きな負担が国民に降りかかってくることになります。現状で、国が破綻するかといえ
ば、その可能性は低く、それほど心配しなくていいと思います。しかし、今のペースで
国債を増やし続ければ、いつか、国家財政は破綻します。そのとき、金利は急上昇し、
負債が多い企業は倒産し、変動の住宅ローンを多く抱えた個人は自己破産するでしょう。
物価は急上昇し、給与や年金の伸び率を大幅に上回ります。いや、年金は減額です。
物価が急上昇して、年金が減らされるとどうなるか?誰でも、その結果を予想できます。
したがって、国が借金を増やせば増やすほど、個人はやがて来る財政破綻に備えなけれ
ばなりません。では、政府が歳出削減策として社会保障を減らした場合はどうでしょう。
この場合、財政破綻は遠のきますが、社会保障の削減により、国民は高齢になったとき
に十分な支援を受けられないことになりますから、将来に備えて資産を増やさなければ
なりません。大幅増税をした場合も財政破綻は遠のきますが、この場合、可処分所得が
減りますので、国民は消費したいと思っても、先立つものがありません。
さらに消費意欲を減退させるのが保険料の増加です。消費税の場合、消費した額に
応じて負担が増えるので、消費しないことで負担を減らすことが可能です。しかし、
保険料の場合、サラリーマンは強制的に徴収されますから、保険料が上がるというのは、
給与を減らされるのと同じ意味になります。しかも、こども保険の場合、他の保険と
違い、自分がその恩恵にあずかれる可能性がないのに、保険料だけを負担させられる人
を大量に生むことになります。自分は、国の支援を多くは受けず、少なくない教育費を
負担し続けてきて、やっと子どもが社会人になって少しは生活が楽になったかと思えば、
こども保険をとられるようになった・・・これで多くの国民が納得するでしょうか?






2017_04_13


小林麻央さんのブログ読者200万人超!「え?まだ生きてたの?と数年後にも言われたい」 (4月5日 スポーツ報知)
小林麻央さんスポーツ報知歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻でがん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)
が5日、自身のブログを更新しブログの読者が200万人を超えた事への感謝の言葉をつづった。
「読者登録をして下さった方が200万人を超えました。とても驚いています。いつも ブログを
見て下さっている方、いいね!、コメント、リブログして下さる皆様、本当に、、、ありがとう
ございます」と感謝を述べてから、「初心にかえり、一回目の記事を読み直してみました。
この頃と、少し変わった自分がいました。自分のために始めたブログでしたが、今、ある気持ち
が加わっています。それは、癌ステージ4=死に向かって弱っていくというイメージがまだまだ
強いならば、希望ある違うイメージも強くしたいということです」と前向きな思いを記した。
続けて「そして、もちろん弱っている日はありますがそればかりではない日常を書いていくことで、
            え?まだ生きてたの?と数年後にも言われたいです笑」と書き込んだ。(後略)

小林麻央 息切れ、しんどさに「試行錯誤しています」  (4月9日 デイリースポーツonline)
がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が9日、自身のブログで「試行錯誤」のタイトルで現状を報告した。
「今日は雨だったからか、起きるのに 一苦労でした」と書き出し、「ここ数日、息切れとしんどさに襲われどうやって
乗り切ろうか試行錯誤しています」と思いを記した。「しこりをさわるとあっちも こっちも大きくなった」と感じると
いい、そんな時は、先輩から受けたという「春 芽吹くとき、癌も花開いても落ち込まないこと」という言葉を思い出して
いるとつづった。 「苦しいときは『大丈夫』と胸腺に手をあてるのが私なりの暗示です」と心境をつづり、「連日、姉の
友人にも甘えて頭や肩や背中に手をあてて優しいマッサージをしてもらい、安心できました。手の力って本当に不思議で
ありがたいです」と感謝した。
がん細胞の集団モデル幹細胞死滅でも復活=大腸がんで発見―慶大
(4月8日 時事ドットコム)
大腸がんで転移や再発の原因となる幹細胞だけを
死滅させても、幹細胞が生み出した寿命の短い
細胞が先祖返りして復活すると、慶応大医学部の
佐藤俊朗准教授らが8日までに発表した。近年、
幹細胞を標的とする新薬の開発が進んでいるが、
完全に治すには既存の治療薬と組み合わせる必要
があるという。論文は英科学誌ネイチャー電子版
に掲載された。大腸は正常な状態でも、幹細胞と
寿命の短い細胞がある。幹細胞は自らも増殖を続け
ながら短寿命の細胞を生み出すが、短寿命の細胞
は増殖できない。2種類の細胞ではそれぞれ特有の遺伝子が働いている。佐藤准教授らは、患者から採取した大腸がん細胞
を立体的に培養し、幹細胞に特有の「LGR5」遺伝子が働くと緑色の蛍光で識別できるようにした上で、マウスに移植
した。特殊な薬剤で幹細胞だけを死滅させると、がん組織の増大が止まったが、薬剤投与をやめると幹細胞が再び出現し、
増大し始めた。観察の結果、幹細胞が生み出した短寿命の細胞が先祖返りし、幹細胞に戻ったことが原因と分かったという。

高齢化に伴って、がん患者数が増加するのは理解できますが、がん研究は盛んに行われ
ており、医療技術は日々進歩しているのに、「どうして、治してあげられないの?」
と思ってしまいます。がんの体験談は、患者によって大きく異なります。進行がんでも
完治したという話を聞く一方で、最先端の治療を受けたのに亡くなってしまう人も大勢
います。何が生死を分けているのでしょうか?理由はよく分かりませんが、がんのなか
には、集団として生き残るための高度な能力を持った「とんでもないやつ」がいるよう
なのです。がん細胞が単に増殖しているだけなら、抗がん剤が効いて全滅しそうなもの
ですが、現実には、がんは特性の異なった多様な細胞で構成されていて、抗がん剤に
耐性を持つ一部のがん細胞が生き残ります。全滅したようにみえたとしても、どこかに
再発・転移してしまうのです。しかし、がん細胞のなかで、多種類の細胞に分化しうる
能力(多分化能)を持つものはごく一部。このことから、がん細胞のなかには、分裂
して自分と同じ細胞を作り出すことができるだけでなく、いろいろな細胞に分化できる
細胞(がん幹細胞)がいるのではないかと疑われています。最近、様々ながんで幹細胞
が発見されていますので、これを叩けば、悪性度の高いがんでも治せるのではないか?
そのような期待が高まっているのです。しかし!です。そのような期待を裏切ることに
なるかもしれないのが「先祖返り」です。完全に分化したがん細胞が、がん幹細胞に
戻る能力を持っているのなら、がん幹細胞を取り去っても効果がないのかもしれません。
花の散るらむ悪性度の極めて高いがんというのは、
どんなに人類が医療技術を発展させ
ても克服できない「すごいやつ」
なのでしょうか?
ネガティブなことを言ってしまいま
したが、このような素人の意見が、
全面否定される日がやってくること
を願わずにはいられません。






2017_04_11


初の米中会談に臨んだトランプ大統領米中会談中にシリア攻撃…世界騒然 トランプ氏、北朝鮮増長
許した習氏を恫喝 笑顔なし、強い不満も

(4月8日 ZAKZAK 夕刊フジ)
ドナルド・トランプ米大統領と、中国の習近平国家主席による
初めての首脳会談が6日午後(日本時間7日未明)、米フロリダ
州パームビーチの別荘「マール・ア・ラーゴ」で始まった。2日間
にわたる会談の焦点は、弾道ミサイルを発射し、6回目の核実験
をチラつかせる金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長
率いる北朝鮮への対応だ。トランプ氏は会談と並行して、化学
兵器を使用したシリアへの攻撃を発表するなど「決断する大統領」
を体現した。北朝鮮の増長を許してきた中国の責任も追及し、
米軍によって破壊されたシリアのシャイラト空軍基地「斬首作戦」か「正恩氏亡命」かを迫る構えだ。
「すでに長い時間議論したが、今のところ収穫はない。何も得て
いない。ただ、友人にはなれた。今後も関係を発展させていく」
トランプ氏は6日夜、習夫妻を招待した夕食会の冒頭、こうスピ
ーチした。一部メディアは《親密さをアピールした》などと報じた
が、これはトランプ流の牽制(けんせい)・恫喝(どうかつ)だ
ろう。パームビーチに向かう大統領専用機「エアフォースワン」
でも、トランプ氏は「われわれは長年、中国との間でひどい貿易を
続け、不公平な扱いを受けてきた。会談では貿易について話すこと
になるだろう。もちろん、北朝鮮についても話すことになる」
と記者団に語り、中国への強い不満をあらわにした。
トランプ氏は写真撮影でも、あまり笑顔を見せなかった。安倍晋三
首相を2月に迎えたときとは違っていた。
ワシントン情勢に精通し、本紙で「ドキュメント永田町」を連載するジャーナリストの山口敬之氏は「トランプ流の交渉術だ」
といい、続けた。「米中間には、貿易・為替問題や、中国の軍事的覇権主義による東・南シナ海問題など、懸案事項が多々ある。
これらは双方に言い分があり、平行線になりかねない問題だが、北朝鮮問題は違う。中国は事実上の後見国であり、北朝鮮の
核・ミサイル開発を放置してきた責任がある。トランプ氏は北朝鮮問題をカードにして、強い口調で習氏に要求するはずだ」
首脳会談では、北朝鮮の核・ミサイル開発で緊張が高まる朝鮮半島情勢を協議する。米中両国が、北朝鮮の開発断念に
向けて一致した対応を打ち出せるかが焦点だ。トランプ氏は2日付の英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、
中国が、北朝鮮の核・ミサイル問題で具体的役割を果たさない場合、「俺たち(だけで)でやる」と明言した。
米国は「越えてはならない一線」(レッドライン)として「米本土を攻撃できる核ミサイルを北朝鮮に持たせない」との方針
を設定している。トランプ氏の発言は、米国単独での「斬首作戦」や「限定空爆」などを示唆したものだ。
これに対し、中国は「問題解決には米朝間の対話が必要」との立場を崩しておらず、協議が難航するのは必至だ。
ただ、国際社会の対北包囲網は狭まっている。国連安全保障理事会は6日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を強く非難する
報道声明を発表した。過去の制裁決議の「重大な違反」に当たるとして核・ミサイル開発の自制を求めた。
シリアへの攻撃を断行したトランプ氏の姿勢が、中国や北朝鮮を揺さぶる可能性もある。トランプ氏は6日の演説で「シリア
の独裁者アサドが、恐ろしい化学兵器で罪のない市民や子供を殺した」「多くの一線を越えた」「米国は正義のために戦う」
と断言した。口先だけで軍事介入に消極的だったオバマ前大統領を意識したといえる。
正恩氏は、核・ミサイルで周辺諸国を恫喝するとともに、自国民への拷問・餓死・処刑を繰り返し、異母兄の金正男(キム・
ジョンナム)氏を猛毒の神経剤VXで暗殺、著しい人権侵害である拉致事件を放置している。「北朝鮮=悪」であり、
トランプ氏が軍事行動に出る条件は整っている。(後略)

バンカーバスター米軍、金正恩氏「7日で排除」 3月にも世界最強の軍事力行使か、
韓国紙は日本配備のステルス戦闘機に言及

(2月17日 ZAKZAK 夕刊フジ)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、
金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件は、
国際社会が注目している。「毒劇物による暗殺」の可能性が高まる
なか、ドイツ・ボンで16日に開催の日米韓外相会談でも、事件や
北朝鮮の核・ミサイル問題は議題となった。ドナルド・トランプ米
大統領は、北朝鮮への対抗姿勢を強めており、3月にも世界最強
の軍事力を行使する可能性がある。北朝鮮は16日、故金正日
(キム・ジョンイル)総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えたが、
専門家は正恩氏排除までの期間を「早ければ7日」と断言した。
(中略) 「まず考えられるのは、北朝鮮と取引する中国企業が
使用する金融機関に対する金融制裁のグレードアップだ。さらに
米韓軍事演習の強化や、米国防情報局(DIA)を通じた工作も
強化してくるのではないか」
米韓軍事演習については、拡充する見通しを韓国紙が伝えている。
朝鮮日報(日本語版)は11日、米原子力空母「カール・ビンソン」が前日にグアムに到着したことや、ステルス戦闘機
「F22ラプター」の日本配備に触れ、米軍の戦略部隊が朝鮮半島周辺に集結していることを報じた。記事では、軍関係者
の話として「3月の米韓軍事演習『キー・リゾルブ』と『フォールイーグル』に参加する可能性が高い」と伝えている。
カール・ビンソンは「動く軍事拠点」とも呼ばれるニミッツ級の原子力空母で、同紙は「西太平洋を担当する第7艦隊には、
すでに原子力空母『ロナルド・レーガン』が配備されている。米国が西太平洋で2つの空母機動部隊を運用するのは異例」
と指摘した。かつてない規模で行われる3月の米韓軍事演習だが、過去には正恩氏を急襲し、確保・排除する「斬首作戦」
に沿った演習が行われてきた。軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「本物の『斬首作戦』に変更してもいいような軍事演習
となるだろう」といい、北朝鮮攻撃のシナリオを次のように語る。
「陸からは、韓国軍と米軍の特殊部隊で平壌まで行く。空からは、B2爆撃機が平壌(ピョンヤン)上空まで行き、地下の
約50メートルまでコンクリートをぶち抜ける爆弾『バンカーバスター』を使って、地下壕にいる正恩氏の居場所を徹底的に
攻撃するだろう。海からは、恐らくトマホークを打ち込む。海上にはイージス艦もいるので、北朝鮮が弾道ミサイルで反撃
してきた場合は、海上配備型迎撃ミサイルSM3で全部打ち落とすだろう」
トランプ氏が、暴走する正恩氏を排除する決断を下すきっかけは何か、作戦終了までにかかる時間はどの程度か。
世良氏は「北朝鮮が米国に到達する能力を持つICBM(大陸弾道間ミサイル)を発射したとき、またはトランプ氏が
何らかの情報に基づきゴーサインを出したときが考えられる。早ければ1週間程度で、正恩氏を排除できるのではないか」
と語っている。

アメリカは北朝鮮を攻撃するのか?本当にやるのかどうかは分かりませんが、準備を
していることは間違いないでしょう。そして、トランプ政権になって、オバマ政権の
ときより攻撃の可能性が高まっていることも間違いありません。しかし、シリアの
ように簡単には実行できないことは確かです。シリアを攻撃しても米軍は反撃される
可能性がほとんどありませんから、お灸をすえる程度のジャブを打つことが可能です。
一方、北朝鮮の場合、米軍が何らかの軍事行動を行った場合、反撃してくる可能性が
高いため、大きな被害が出ることも覚悟しておかなければなりません。よって、やる
のならジャブではなく、金正恩を殺害するパンチを食らわせる必要があります。また、
出口戦略も重要です。イラクの場合、イラク軍を壊滅させることには成功しましたが、
その後の統治には失敗しました。北朝鮮の場合、金正恩がいなくなった後、各地で
抵抗運動が起きる可能性もあります。正統な指導者が現れて、北朝鮮国民を納得させ、
国体を安定させなければなりません。そのためには、殺害された金正男氏の長男、
ハンソル氏がキーパーソンになるでしょう。ハンソル氏が金正恩なき北朝鮮に戻り、
「わたしは、国民を騙して国家を支配した国賊金正恩を討った。われこそが、正統な
最高指導者であり、その地位に就任した。」と国民に説明する必要がありそうです。
さて、本当に米軍が北朝鮮を攻撃するかどうかですが、中国の対応次第で状況は大きく
変わるでしょう。しかし、中国の説得が成功する可能性は低くなっています。米本土を
攻撃できる核ミサイルを北朝鮮が持たないことを担保できなければ、アメリカはいつか、
やるでしょう。その場合、米軍が、北朝鮮の地下施設の位置をどの程度、把握している
のか?最新兵器である新型のバンカーバスターの能力がどの程度なのか?ミサイル施設
といった軍事上の重要拠点をどの程度、的確に破壊できるかなどが重要になります。
ミサイルは日本にも飛んでくる可能性があるだけに、米軍と連携して、的確な体制を
整えておく必要があります。





2017_04_09


上昇が続く生涯未婚率生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高
(4月5日 朝日新聞デジタル)
50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人、
女性で7人に1人いたことが、国立社会保障・人口問題研究所の調査
で分かった。こうした人の割合を示す「生涯未婚率」は、10年の前回
調査から男女とも3ポイント以上増えて過去最高を更新した。研究所は
5年に1回、国勢調査を分析して生涯未婚率を割り出している。今回は
男性が前回調査比3・23ポイント増の23・37%、女性は同3・45
ポイント増の14・06%だった。男性は1970年まで、女性は60年
まで1%台が長い間続いたが、その後、増加傾向に拍車がかかっている。
都道府県別でみると、男性では沖縄の26・20%がトップで、岩手
26・16%、東京26・06%が続いた。女性は東京の19・20%
が最も高く、次いで北海道17・22%、大阪16・50%だった。低いのは男性では奈良18・24%、滋賀18・25%、
福井の19・19%で、女性は福井の8・66%、滋賀の9・21%、岐阜の10・00%だった。同研究所が昨年9月に
公表した出生動向基本調査によると、「いずれは結婚したい」と考える18~34歳の未婚者の割合は男性85・7%、
女性89・3%だった。高水準だが、「結婚資金」や「結婚のための住居」の確保が障害と考えている人が多く、研究所の
担当者は「非正規労働者の増加も生涯未婚率の上昇に影響している」とみている。

「結婚したくない」20代男性が7年前の2倍に 女性はどう考えているのか (2016年11月5日 J-CASTニュース)
「結婚したくない」と考える20歳代の男性は2015年度に2割を超え、2008年度の2倍近くに増えたことが、独立行政法人・
国立青少年教育振興機構の調査でわかった。一方、女性は「早く結婚したい」と「結婚したくない」の割合がいずれも増えた
が、「結婚したくない」と考える女性は16.0%と男性より少なかった。「子供はほしくない」という男女も倍増している。
「子供はほしくない」も急増
国立青少年教育振興機構が2016年11月1日に発表した「若者の結婚観・子育て観などに関する調査」は、全国の20~30歳代
の男女4000人を対象に、2015年度に実施。2008年度と比較した。 その結果、結婚願望の現状は、20歳代の男性は「早く
結婚したい」が5.3ポイント減って12.1%。「結婚したくない」は9.7ポイント増えて21.6%となり、結婚に消極的な傾向が
強まった。一方、女性は「早く結婚したい」が25.5%、「結婚したくない」が12.9%だった。いずれも増加した。年代別に
みると、男女とも年代が上がるにつれて「早く結婚したい」人の割合が低下し、「結婚したくない」人の割合が増えている。
年収別にみると、「結婚したくない」と考えている人の割合は「100万円未満」が26.8%で最も高く、「100万円以上200万
円未満」が22.0%、「200万円以上300万円未満」が16.3%、「300万円以上400万円未満」17.1%、「400万円以上500万
円未満」が16.0%、「500万円以上」が15.1%となった。 同機構はこうした結果から、「結婚したくない」という若者の
増加は、「若者の収入の低さ」に要因があるとみている。一方、子供のいない人(2850人)に子供について聞くと、
「結婚後も子供はほしくない」と答えた人は24.8%にものぼった。子育て願望は、「夫婦生活が安定したらほしい」という人
が27.0%で最多だったが、「子供はほしくない」人はそれに次ぐもので、前回(2008年度)調査と比べて約2倍に増えた。
また、「子供はほしくない」人の割合は男性(25.6%)のほうが高かった。以下、「夫婦生活を十分に楽しんだ後にほしい」
が19.5%、「結婚したらすぐにでもほしい」(18.2%)と続いた。
年代別にみると、20代は約2割なのに対して、30代は約3割にのぼっている。
男女別結婚願望結婚したくないのか、できないのか
こうした調査結果に、インターネットでは、
〝「結婚するメリットがデメリットより少ないんだよなぁ」
「結婚したくないんじゃないんだ。できないだけなんだ...」
「結婚に対してネガティブ情報が多すぎるんだよな」
「昔から言うもんねぇ、結婚は人生の墓場って...」
「そりゃ自分の生活で手一杯なうえ、女性の要望、要求は
 上がる一方なんだから独身貴族でいたほうが楽でしょw」
「嫁も子どももほしいがそれ以上に金がほしい」〟
といった声が寄せられている。
ネットの声からも、若者が「結婚しない」「結婚したくない」背景に、
収入の低さがあることがうかがえる。(後略)

「あなたはなぜ結婚しないのか?」、これは難しい質問です。何かをするときには、
それなりの理由があるでしょう。でも、何かをしないのに積極的な理由などありません。
結婚しない積極的な理由があるのではなく、結婚したい積極的な理由がないだけ。
逆に、既婚者に、「なぜ、あなたは結婚したのですか?」と聞き返したいくらいです。
みんな結婚しているから、自分も結婚しなれければいけないと思った人もいるでしょう。
みんなが結婚しているからといって、どうして自分もしなければならないと考える必要
があるのでしょうか?これこそ憲法で保障された「誰からも強制もされず、自由に考え、
自由に行動できる権利」です。しかも、最近になって、結婚していなくても何も言われ
ない時代になりました。なぜなら、未婚者が大勢いるからです。
生涯未婚者は、LGBTの方よりも早く、権利を獲得しました!
寂しくないか、ですって?自殺率が最も高いのは、伴侶と死別・離別した男性。孤独
に慣れている人間は、死別・離別ほどの精神的ショックを受けることはないでしょう。
どうも、年配の人は、結婚するのは当然だと思っているようですが、結婚したいのなら
すればいいし、結婚したくなければしなければいいだけのことなのです。
ただ、年収が低いために、結婚したくてもできない人がいることも確かです。しかし、
これも、「どうして俺の年収で、ベンツが買えないんだ」というのと似ているようにも
感じます。つまり、男性にとって、結婚はいまや「贅沢品」なのです。
贅沢したい人はすればいい。ただし、自分の稼ぎの範囲内で・・・
そのように考えると、結婚したくない理由がないわけでもありません。基本路線として、
できるだけお金がかからない生活をしたいのです。なぜ、金がかからない生活をしたい
かといえば、将来、日本が衰退して、生活が苦しくなると思っているからです。
日本が衰退すると思っているから、結婚せず、子供を持たない。そのことが、さらに
日本の衰退を加速させてしまう・・・これは、ゆっくりと進む、亡国スパイラル。





2017_04_07


「錬金術」夢と終わるか 核ごみの変換、研究30年目 (3月30日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
やっかいな「核のごみ」を、安全な別の物質に変えられたら--。こうした夢をかなえようと日本原子力研究開発機構などが
進めているのが「核変換」の技術だ。しかし実現には大きな壁が立ちはだかっており「現代の錬金術」とも言われる。現状と
課題を探った。
核変換技術●「夢の技術」期待も
原発の使用済み核燃料のうち、95%を占める
ウランとプルトニウムは核燃料として再利用
される計画の一方で、5%は高レベル放射性
廃棄物(核のごみ)として残る。国はガラスと
混ぜて固めて地下深くに埋める(地層処分)
方針だが、放射線量が天然ウランのレベルに
下がるのに約8000年、安全になるまで数万
年以上かかり、長期にわたって隔離保管する
必要がある。 ごみに含まれる放射性物質の
半減期を短くして、扱いやすくするのが核変換
の目標だ。原子力機構は、高速の中性子を施設
内で使う「高速炉」や「加速器」を使って、
ごみの中の放射性物質に中性子をぶつけ、
核分裂させることで半減期の短い物質に変え
たり、放射能のない物質にしたりすることを
目指している。 国内では政府が1988年、
研究方針を盛り込んだ「オメガ計画」をまとめ、
本格的な研究がスタートした。実現すれば、
          人間に影響がある放射性物質の「毒性」を下げることが期待されることから「夢の技術」と言われてきた。
●「ごみ分別」の壁
ただ、すべてのごみをゼロにできるわけではない。ごみは主に、ウランが中性子を吸収してできた「重いごみ」(マイナーアクチ
ノイド=MA)と、核分裂で小さくなった「軽いごみ」(核分裂生成物)の二つがある。軽いごみは核変換が難しく、基本的には
地層処分する。 一方、MAは中性子を高速で当てると核分裂しやすい。ネプツニウム237(半減期214万年)の場合、最終的
には放射能がないセシウム133やルテニウム102に変えられるとされる。「ごみが減れば処分場も小さくなり、国民の負担が
減る」。原子力機構幹部は利点を強調する。 核変換にはまず、対象となるMAをごみから分別する必要があるが、この最初の
ステップから難しい。MAには、ネプツニウム237のほか、アメリシウム243(同7370年)などがあり、強い放射線を
半永久的に出す「長寿命核種」と言われる。 政府は核変換によって、ごみが天然ウランレベルの線量に下がる期間を約8000年
から、300年に短縮できるとしている。しかしこれは、ごみのMAを99・9%以上回収できた場合の試算だ。これだけ高い
確率でMAを分別する技術は確立されていない。 分別作業には専用の再処理施設が必要で、さらにMAを核変換させるために
核燃料の形に加工する施設もいる。しかし長寿命核種を扱う技術はハードルが高く、ともに実現の見通しは立っていない。
オメガ計画から約30年経過したものの、技術的な壁は克服されておらず「現代の錬金術」とも皮肉られる。
●複数基が必要に
高速炉と加速器の技術も道半ばで、実際の使用済み核燃料を使った核変換の実験も実績がない。日本原子力学会の専門部会は、
国内の核変換技術の進捗(しんちょく)度(9段階レベル)について高速炉を「4」、加速器を「3」と評価している。
高速炉では、原子力機構が2006年に高速実験炉「常陽」(茨城県大洗町)で、海外から購入したMA試料を含んだ核燃料に、
短時間だけ中性子を当てる実験をしただけ。高速炉の一種の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)も、昨年末に廃炉が
決定。政府はもんじゅに代わる後継機を開発する計画だが、白紙のまま。加速器はさらに遅れている。文部科学省の部会は13年、
加速器施設「J-PARC」(茨城県東海村)について、実験施設の建設方針をまとめたものの、予算化のめどは立っていない。
国内保管される使用済み核燃料は1万7000トン。ここからMAを分別して核変換するには、高速炉でも加速器でも複数基が
必要とされる。しかし実用化手前のもんじゅ(原型炉)でさえ、ほとんど運転できず廃炉に追い込まれた経緯もある。内閣府
原子力委員会の前委員長代理で、長崎大の鈴木達治郎教授は「もんじゅも十分に動かせないのに、高速炉の実用化なんてできる
のか」と懐疑的な見方を示す。

イノベーションと「リスク」にまつわる4つの誤解 (2016年12月5日 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー)
(前略)Dictionary.comの妥当な定義によると、リスクとは「負傷や損失の可能性にさらされること。危険を引き起こすもの、
危険性」である。リスクのないイノベーションはありえない。結果はどうしても不確実であり、時には望ましくない結末もあろう。
よってリスクテイクを奨励すれば、イノベーションを後押しすることにはなる。とはいえ、失敗を何でも認めていいことにはなら
ない。多くの場合、失敗は悪いことだ。準備不足、スキルが足りない、訓練を十分にしなかった、等が理由で失敗する人もいる。
この種の失敗はけっして歓迎してはならない。むしろ経営幹部に必要なのは、イノベーションを成功させる道はまっすぐでは
ないという認識だ。つまり、ファンブルもフライングも、そして時には失敗もゲームの一部、という覚悟である。
「成功に報いれば、リスクテイクを奨励できる」という思い込み
イノベーションに飢えた大企業の幹部はしばしば、報酬の問題で歯ぎしりをする。自社の制度上、ユニコーン企業の起業家
(現実には非常にまれな存在だ)が得るような無制限の報酬を、社内イノベーターに提供できないと嘆くのだ。たしかにそう
かもしれない。しかし、ほとんどの企業でイノベーションが抑制されている原因は別にある。それは報酬の不足ではなく、処罰
の存在だ。実行を重んじる会社では通常、数値目標を達成した人に報い、そうでない人を罰する。しかしイノベーションに伴う
不確実性を考えれば、すべてを正しく実行しても、商業的には失敗となることもありうる。その結果が厳しい処罰につながる
ならば、誰も、いかなるリスクも取ろうとはしないだろう。変革の取り組みでは、成果を素早く上げることで信用が築かれる
のはよく知られている。だがイノベーション能力を伸ばしたい企業は、「素早い失敗」による損失を想定しておくことが必要だ。
プロジェクトが打ち切られても、スケープゴートを探すのではなく、全員で(軌道修正を)歓迎しよう。そうすれば、会社が
思考と行動を新たにするという意図を社員に示せるはずだ。あなたが次回、リスクについて聴衆に話す準備をするときには、
いったん立ち止まり、上記の間違いをしていないか確かめてほしい。そうすれば「すべてが変わる」はずだ。

イノベーションとは今でも、イノベーションと技術革新を同じ意味で使用している
新聞記事もありますが、イノベーションと技術革新は同義語
ではありません。日本では、科学技術により社会を変革できる
という信仰が社会に広まっており、「優秀な科学者や技術者が
イノベーションを起こしてくれる」という意識があるようです。
しかし、はっきり言いまして、30年間研究開発を行った結果、
技術的な壁が除去できないプロジェクトがあるとすれば、それ
は失敗であり撤退するしかありません。それがオメガ計画です。
できないものは、いつになっても、いくら金をかけても「できない」。いくら研究者魂
を失わない技術開発者が情熱を傾けても、できないものはやっぱり「できない」。
「夢の技術」は本当に夢だったのです。技術開発者の立場にたてば、30年間失敗続きの
プロジェクトを任されても困ります!何をすればよいか、途方にくれることでしょう。
イノベーションにはリスクはつきものです。なかでも、技術革新が社会的な新しい価値
を生みだすことが確実なタイプのイノベーションは最も難しく、期待薄なのです。
例えばアルツハイマー病治療薬。誰もが望んでいますが、ネガティブな話ばかり・・・
「できなくて当たり前」というスタンスで開発させてもらえないと、挑戦できません。
しかし、原子力の計画は現在の原子力事業の置かれた立場からして「失敗は許されない」。
このようなことに誰が挑戦するでしょうか?
これは、いつ全面撤退するか、誰が全面撤退の決定を下すかの問題です。
責任をとらされて自殺に追い込まれる新たな犠牲者を生まないためにも・・・





2017_04_05


世界フィギュア2017男子【一問一答】羽生3季ぶり王座奪還「科学的に人間は5回転まで
跳べるらしい」
(4月1日 デイリースポーツonline)
「フィギュアスケート・世界選手権」(1日、ヘルシンキ)
男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位発進の羽生
結弦(22)=ANA=がフリーの世界歴代最高得点を更新する
223・20点、合計321・59点で、3季ぶり2度目の王座
奪還を果たした。SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリー
初の200点超えとなる214・45点、合計でも初の300点
超えで、羽生が持つ歴代最高記録(330・43点)に次ぐ世界
歴代2位の319・31点をマークし、2位となった。
プレスカンファレンスでの羽生の一問一答は次のとおり。(中略)
-現在のプログラムをミスなく滑ることの難しさは。
「昨季、自分がNHK杯とGPファイナルでノーミスの演技をして思ったのが、クリーンなプログラムを滑ることは非常に
難しいということ。技術的な難しさではなく、精神的なものもあるし、何度も試合に合わせる体力、調整が難しい。4回転
ループはまだ安心して跳べるジャンプじゃない。さらにもう1段階難しさを感じている」
-来年の五輪に繋がったものは。
「この構成、4回転を4本、トリプルアクセルを2本、コンビネーションをすべて後半にもってくる構成をまず試合でやりきる
自信がついたのが大きい。ただ、SPとフリーを揃えるのが1番大事。そういう意味では五輪に繋がるのは、まず4回転4回の
構成をやり遂げられた自信を持てたことと、SP、フリーを揃えるための課題が見つかったことかなと思います」
-今後、ジャンプはどこまで進化する?
「なんか、科学的なことでいえば、人間は5回転まで跳べるらしいんですよ。ただ、まだ5回転の点数(基礎点)はないですし。
でも自分は4回転アクセルは跳びたいと思ってます。試合に入れるか入れないかは分からないですが。ここまで4回転の多種類
時代を作ったのは彼(3位の金博洋)。彼がルッツをクリーンに跳んで、みんなが“ルッツ跳んでいいんだ”“ルッツで人間跳べる
んだ”ってなった。目指すべきところは僕の(世界記録の)330点だったりしたかもしれないけど、この4回転多種類時代を
作ったのは、彼だと思います」

世界フィギュア2017女子フィギュアスケートの世界選手権が行われた
のは、北欧フィンランドの首都ヘルシンキ。
なのに、観客に日本人が目立ちます。観戦
ツアーなのでしょうが、ほんと、日本人って
世界のどこへでも出かけますよね。新幹線
の座席でも3時間はかなり苦痛なのに、直通
でも、エコノミーで10時間の我慢。帰国後、
体調を崩して寝込まずにすむのでしょうか?
女子は、オリンピック出場枠を4大会ぶりに、
3枠確保に失敗して2枠となり、12月の全日本選手権では激しい代表争いが予想されます。
今大会、疲労骨折で欠場した宮原が女子の第一人者ですが、怪我の状況が心配です。今回
出場した三原、樋口、本郷に加え、来季からシニア参戦する15歳の本田真凜にも注目。
そう、浅田真央も忘れてはいけません。誰が出るにせよ、他国の強敵が待っています。
メドベジェワが普通に滑れば金メダル間違いなしですし、メドベジェワ以外のロシア勢、
アメリカ、カナダ勢にも実力者がいます。
※2017年4月、浅田真央さんは現役を引退しました
さて男子のほうは、1位羽生、2位宇野ですから、余裕で3枠を確保です(上位2人の順位
合計13以内が条件ですが、それが今回は最小の3)。とはいえ、男子もオリンピックでは
厳しい戦いになると思われます。平昌では、4回転を飛びまくらないと勝てそうにない
からです。男子フリーではジャンプを8回飛べますが、最低1つはアクセルでなければ
ならない(アクセルは半回転多いため、4回転アクセルを飛べる選手はいない)ので、
4回転を最高7回飛べるような感じがしますけど、実際はそうはいきません。
多くの選手は、4回転が飛べるといっても、飛べるのはトウループとサルコウ。
「3回転以上の単独ジャンプを二度跳んでしまうと、基礎点の70%が得点になる」ので、
同じジャンプを2回飛ぶ場合は、どちらかをコンビネーション(またはシークエンス)
にしなければなりません。例えば、4回転トウループ、4回転トウループ-トリプル
トウループ、4回転サルコウ、4回転サルコウ-トリプルトウループと飛んでしまうと、
「3回転以上の同じ回転・種類のジャンプは二種類を二度までしか挑戦できない」ので、
最後のトリプルトウループの得点を失ってしまいます。ですから、4回転のジャンプを
増やすためには、トウループとサルコウ以外の、さらに難しいジャンプに挑戦しなけれ
ばなりません。現状では、羽生は4回転ループを飛ぶことはできますが、ネイサン・
チェンなら、さらに難しい4回転フリップ、4回転ルッツを飛ぶことができます。
ちなみに、6種類、つまり、すべてのジャンプの4回転を飛ぶことができれば、フリーで
のジャンプをすべて4回転にすることができます。つまり、4回転アクセルを飛ぶという
ことです。羽生の発言を聞くと、「人間にできることなら、俺がやってやる」という
気概が感じられます。そう言えば、経営の神様、松下幸之助が同じようなことを書いて
いました。分野は全く違うけれども、共通するものがあるのかもしれません。


 不可能はない 指導者は天地自然の理にかなったことはすべて可能だと考えたい
(前略)なるほど、人間には不可能なことがたくさんある。それではどういうことが不可能かといえば、
 いわゆる天地自然の理に反したことである。たとえば人間いつかは必ず死ぬというのが天地自然の理
 である。だから、それに反して不死をいくら願ったところでそれは絶対にかなえられない。
 けれども、そのことは逆にいえば、天地自然にかなったものならば、すべて可能だということである。
 (中略)孫子は「彼を知り己を知らば、百戦してあやうからず」といっているが、それが天地自然の
 理にかなった戦の仕方だからだろう。そのように考えてみれば、不可能はない、ということばは、
 一面正しいといえる。天地自然の理に従い、志をもって、なすべきことをなしているかぎり、人間
 には不可能はないのである。不可能があるとすれば、それは自分で不可能にしているのだろう。
 (後略)



2017_04_03


「殺してぇな」上司の罵声2時間 自殺遺族、ヤマト提訴 (3月31日 朝日新聞デジタル)
ヤマト運輸の長野県内にある営業所のドライバーだった男性(当時46)が2015年1月に自殺した。妻子は、原因は上司の執拗
(しつよう)なパワハラだったとして、慰謝料など約9500万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。「劣悪な労働環境が
維持されないよう対策を講じて欲しい」。遺族の思いと、訴訟までの経緯を原告側代理人が語った。31日午後、長野市で会見した
代理人の鏡味聖善弁護士によると、自殺した男性は1989年7月に入社。県内の営業所でドライバーとして働き始めた。
2003年には所長となり、優秀な働きぶりで営業所を主管する同社支店長から表彰されたこともあったという。11年に男性は
通常業務のドライバーに戻り、被告の上司が所長に着任した。翌12年秋ごろ、突然、この上司から暴言や暴行を受けるように
なったという。14年5月10日は約2時間にわたって罵声を浴びせられた。上司は机を蹴飛ばして大きな音を立てたり、威圧的に
怒鳴りつけたりした。「俺、マジいらねぇコイツ、殺してぇなホントに」「クソみてぇなヤツ」。殴る、蹴るの暴行も受けたとしている。
同12日にも2時間以上、「本当に役に立たねぇ」「バカなんだよコイツ!それがむかつく」「明日から来るな」などと叱責(しっせき)
された。主管の支店長も同席していたが、制止しなかったという。この2日分については、家族の助言を受けた男性が内容を録音して
いた。鏡味弁護士は「人格、人間性をたたきつぶす暴言。『殺すぞ』という脅迫的言動もある。日常的で、非常にひどいパワハラ」と
指摘した。(後略)

うつ病退職  元社員を提訴した会社に110万円支払い命令 (3月30日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
「不当訴訟で精神的苦痛」横浜地裁判決
IT会社がうつ病で退職した元社員の男性(28)を相手取り約1270万円の損害賠償を求めた訴訟で、横浜地裁(石橋俊一裁判長)
は30日、「不当訴訟によって男性が精神的苦痛を受けた」として、逆に会社に110万円の支払いを命じた。 判決などによると、
男性は2014年4月、神奈川県内のIT会社に入社したが、長時間労働や上司のパワハラが原因でうつ病となり、同12月に退職した。
会社が15年5月に「詐病で退社して会社に損害を与えた」と提訴してきたため、男性も反訴した。 判決は「会社側が主張する損害は
生じ得ない」と指摘。訴状が届いた直後から不眠を訴えるようになるなど男性が精神的苦痛を受けたと認定した。男性の弁護士は
「退職後の報復的な損害賠償請求は労働者を萎縮させ、『辞められない』被害を生む」と話した。

うつ病を再発させない働き方とは (2016年7月30日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
(前略)独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が民間事業所を対象に実施した調査(2012年)によれば、メンタルヘルスに不調を
抱えた従業員が「休職を経て復職している」と答えた事業所の割合が37.2% と最多でした。しかし、仕事を離れてしまった人もいて
「休職を経て退職した」(14.8%)▽「休職せずに退職した」(9.8%)▽「休職を経て復職後、退職した」(9.5%)−−を合わせる
と、結果的に34.1%が退職していることが分かりました。 復職がうまくいかない理由は何でしょうか。原因はうつ病の再発率の高さに
あります。もちろん回復するケースも多いですが、中にはこじらせ、長引いてしまう人もいます。初めて罹患(りかん)した人のうち
50%以上が、3回罹患した人では90%が再発するというデータもあります。ちょっとショッキングな数字かもしれませんが、私たちに
とって大切なのは、事実を受け止めたうえでうつ病と共に生き、働き続ける方法を考えることなのです。(中略)
退職せず、リハビリを最優先に
待ち受ける再発の危機を回避する方法はあるのでしょうか。うつ病の経験者として本音を言いましょう。最良の方法は、とにかく退職
しないことです。最初の発症の際、休職期間が満了すると会社を辞めてしまう人が多いのですが、早急に事を決めるべきではありません。
前述のとおり、転職すれば周囲の期待に応えようとして新たな仕事を抱え込むことになります。それよりも、事情を知っている元の
職場に踏みとどまって、少しずつ少しずつリハビリしていく方がよいのです。ですから、復職してもすぐ元のように働くのではなく、
3カ月間は「ならし就労期」を取りましょう。休職中、医療機関などが提供するリワークプログラム(職場復帰支援のためのリハビリ
トレーニング)でトレーニングするうつ病患者は多いと思います。具体的には「会社の近くまで行ってみる」「図書館で本を読んで
みる」などです。しかし、実際に職場で仕事をするときの緊張感や疲労感は別物です。復職してからも単純作業や短時間の仕事を試し
つつ、身体、精神面をならしていく期間を十分にとる必要があります。
うつ病の経験を糧にキャリアを築く
ならし就労期を終えた後も、再発のリスクを抱えている限り以前のような働き方をしないよう、自重しなければなりません。もちろん、
「うつ発症前の自分とは違う」という事実を受け止めるのは簡単ではないと思います。私の場合もそうでした。出世している同期や
友人と自分を引き比べ、焦りもしましたし、暗たんとした気持ちにもなりました。自分にとって仕事とは、稼ぐこととは何か−−。
すぐに自分を納得させられる言葉は見つかりませんでしたが、それまでのような働き方を続けている限り、事態は好転しないこと
だけは明白でした。 たどりついた結論は、精神障害者として事務系中心の仕事に就くことでした。うつ病であることをオープンに
して働くには、この方法が一番合理的だと考えたのです。「うつ病の再発を防ぎながらでも、自分のキャリアを築いていくことは
できるはずだ」。ずっとそう信じてきました。そのプロセスを茶道や武道などで修業における段階を示す「守破離」で表せば、安定
して働くため、足固めをする時期が「守」、新しいキャリアの方向性を見いだすのが「破」ということになるでしょうか。「離」は、
病気を人格成長のトリガー(始まるきっかけ)とし、キャリアを開発していく段階です。長い年月がかかりましたが、自分はいま
「離」の段階までたどりついた気がしています。 人は人生においてさまざまな挫折を経験します。病気、けが、家族の看護や介護
−−険しい坂道を駆け上がるのが無理なら、ゆっくりと上っていけばいい。そんな悟りを得るのも、働く人としての一つの“成熟”
のありかたかもしれません。

自殺と精神疾患の関係まず「生きる」こと。これがすべてに優先されます。
自殺の背景には、うつ病などの精神疾患があります。
うつ病になってしまったら、医師の診断のもと、
場合によっては休職が必要になるかもしれません。
休職した後、可能ならば、元の職場に復帰したほう
はよいようです。元の職場では、うつ病で休職した
ことを隠せません。しかし、これは逆に言うと、
公表しなくても知ってもらえるということです。復帰後に、業務内容や配属先などで配慮
してもらうことができるでしょう。上司が替わるだけでも状況はかなり変わるように思わ
れます。仕事の内容と病気が関係ありそうならば、自分に合った職種とは何なのかを
考えなければなりません。一方で、転職は、健康な人でも大きなストレスになります。
以前よりも強いストレスを受けて、うつ病を再発する可能性は決して低くはありません。

うつ病患者の一日このようなことを考えてみると、
やはり、うつ病にならないことが
大切なのです。では、どのような人
がうつ病になりやすいのでしょうか。
一般的には、真面目で頑張り屋が
うつ病になりやすいと言われてい
ますが、これはあくまでも傾向で
あって、真面目で、頑張り屋で、
几帳面であってもストレスに強い人もいますし、それとは全く逆のタイプの人もいます。
性格のことよりも、夜と朝の感情の落差を考えたほうが、「うつ病のなりやすさ」を
知るチャンスになるかもしれません。うつ病患者の「うつ状態」は半数近くの人が、
朝起きたときに最も強く、時間が経つにつれて薄れていく傾向にあるそうです。
つまり、睡眠前には気分がよかったのに、朝起きてみると気分がブルーという人は、
危険だということです。 自分のことを考えてみると、学生の頃は「正にそのとおり」
でした。今でも「希望に満ちた朝」を迎えることはありません。朝、喜びに包まれる
のは、「仕事に行かなければならないと思って慌てて布団から出たら、その日は休み
だった」という瞬間だけです。年をとって変わったのは、夜に気分が高揚しなくなった
ことくらいでしょうか。その分、起きたときとの「感情の落差」は減りました。
このような感情の落ち込みって、いいことではないようです。





2017_04_01


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top