100年コート三陽商会、売り場250カ所閉鎖へ 10ブランド廃止
(10月28日 朝日新聞デジタル)
アパレル大手の三陽商会は28日、経営改善の進み具合を公表した。
英ブランド「バーバリー」の国内ライセンス契約が昨夏に切れ、
業績不振が続いているため、来年8月までに計10ブランドを廃止し、
計250カ所の売り場を閉める。ただ、抜本的な立て直し策は打ち出
せていない状況だ。同社はバーバリーの後継ブランドに「マッキン
トッシュ ロンドン」などを投入したが、販売に苦戦している。
約250人の早期退職を実施するが業績の見通しは厳しく、追加の
改善策を迫られた。同社は30以上あるブランドのうち、来年2月末
までに「ポール・スチュアートスポーツ」など8ブランドを終了。
さらに成長の期待できない2ブランドもやめる方向だ。また昨年末に
1478カ所あった売り場のうち、今年は80カ所、来年は170カ所を閉鎖する。保有している株式や資産の売却も進める
方針だ。同日発表した2016年1~9月期決算は、売上高が前年同期比35・0%減の478億円。営業損益は83億円
の赤字、純損益も81億円の赤字だった。記者会見した杉浦昌彦社長は「直近の業績が当社の実力を示していると真摯
(しんし)に受け止めている。赤字脱却のための構造改革を最優先課題と位置づけている」と話した。
同社の再建策づくりは難航しており、10月中に公表予定だった新たな中期経営計画についても、「若手も含めて全社的
に考えたい」(杉浦社長)として、来年2月に公表を延期する。

「アパレル業界は集団自殺している」 ワールド元幹部が語る、業界不振の病根 (10月28日 日経ビジネスオンライン)
確かに企画まで商社やOEM(相手先ブランドによる生産)メーカーに丸投げにしたことで、モノ作りの空洞化を招きました。
その昔、決済や物流管理だけ請け負っていた時に商社が受け取るマージンは1~3%程度でした。それがOEMやODM
(相手先ブランドによる設計・生産)をやると、15%取れるようになる。一方で、上代は下がってきていたので、素材に
しわ寄せがきて、商品の質が劣化しました。個人的には「売れ筋」という言葉がすべてをおかしくしたと感じますね。だって
そうでしょう。百歩譲って売れ筋を追いかけるのはいいとして、じゃあ、その売れ筋は誰が作ったのか、という話ですよ。
アパレル企業が生き残るには、売れ筋を作る側に回るしかない。つまり、お客様に迎合せず、むしろ引っ張り、結果として
マーケットを動かす、という流れです。お客様からすると「迎合してほしいなんてお願いしていないのに、迎合したような
商品ばかり出てきてつまらない」というのが現状ですから。アパレル企業は商社やOEMメーカーに「売れ筋を作ってくれ」
とお願いしているので、罪が深いですね。
消費者の視線も厳しさを増しています。ファッションレンタルやフリーマーケットアプリが流行していますが、
これは企業側の提示する「定価」に疑いの目を向けるようになったからだと思うのですが。

自動車と同じように、若者の気持ちが服から離れています。今は服に金と手間をかけるのがむしろかっこ悪いという風潮
すらある。ただ、これだけ古着のマーケットが存在し、それに耐えられる品質の服が流通しているという土台もあるので、
これが残っている今のうちに手を打つしかない。アパレル各社のプロパー消化率(定価販売商品の売上比率)を見たら、
あまりに低くて恐ろしくなります。確かに「定価とはなんだ」という気持ちにさせられますよ。小売店が販売促進のために
値引きをするのと、メーカーが陳腐化した商品を切る意味で値下げするのではまったく意味が違う。それなのにセールが
常態化し過ぎて、値引きと値下げの違いが分からなくなり、お客様にも同じように見えてしまっています。(中略)
アパレル業界は川上から川下まで分断されているがゆえに、全体として効果的な対応策を打ち出しにくいように見えます。
まずは不振の現状を正しく認識し、その上で、業界全体で議論する必要があります。このままでは業界が集団自殺している
のと同じですよ。だからこそ、集団再生する必要があるということに気付かないといけない。アパレルほど横連携しない
業界も珍しいです。例えば、日本百貨店協会と日本チェーンストア協会が、一緒になにかやっているという話を聞いたこと
がありますか。カギを握るのはテキスタイル(織物)業界だと思っています。川上と川下の間という立ち位置がいいですね。
ニュートラルな旗振り役として、川上、川下、そして横の連携も広げるいい調整役になれる可能性があります。
大手アパレルは大規模なリストラに取り組みました。ただ、短期的なリストラで問題は解決しそうにありません。
店頭を訪れても、掘り出し物に出会うというわくわく感がなくなりました。当たり障りのない商品ばかりです。余分な
ブランドや店舗を切るのは、外部から来たしがらみのない人ならすぐにできますが、その先が難しい。商品を見直して
店頭を面白くしつつ、それが採算の合わない水準まで肥大しないようバランスを取る。
リストラの後、彼らは本当に難しい課題に直面することになるでしょう。

 日本のアパレル業界の場合、大幅な値引きなしでも大勢の人が買って
 くれるバーバリーのような超有名ブランドを自社で持っていないので、
 売れないと大幅な値引きをせざるを得なくなります。それだけでなく、
 よく売れている商品でも、どんどん追加で仕入れるので、売切れに
 なるということが少ないのです。最後はバーゲンで売り切ることに
 なるのですが、消費者はそのことをよく知っているので、定価で買う
 のがバカバカしくなります。売れ筋をどんどん売るというやり方は、
 完全に限界に来ているといえるでしょう。
本当の問題は、どこの会社も戦略が横並びだということです。そして、ライバル企業
との競争に明け暮れます。売上げが伸びないと値引き競争になるのは分かりますが、
縮小しつつある市場で顧客の奪い合いをすれば、産業そのものが衰退してしまいます。
残された道はコスト削減。しかし、質を落としてしまえば、客離れが進む一方です。
なぜ、多くの企業が最善とはいえない戦略に飛びつくのでしょうか?努力の方向が
「他社の客を奪うためにはどうすればよいか」という視点から抜け出せないからです。
しかし、頑張っても結果の出ない問題をいくら解いても、長期的には成果がでません。
昔の成功体験を捨てて、他社とは異なる視点で問題解決をはからなければなりません。
そのためには視野を広げて論点を捉え直す必要があります。
一般的に、このような進歩のない衰退業界では、破壊的イノベーションによって、
新興企業や海外企業にいともたやすく敗れてしまうことになります。
アパレル業界でいえば、一貫生産により、低価格なのに品質がそこそこよい商品を
売り出したユニクロであり、ZARAやH&Mなどのファストファッションでした。
破壊的イノベーションから生まれた製品やサービスは、既存企業の主要顧客の重視
する性能が低過ぎるため、「従来商品の主要顧客に見せても見向きもされず、安物
呼ばわりされるようなイノベーション」といえます。 日本では、イノベーションと
いうと、今までにない機能を持った新製品を思い浮かべがちですが、そのような
イノベーションのほうが稀で、破壊的イノベーションがイノベーションの王道です。
「そんなばかな。こんなレベルの低い商品に負けるなんて!」とはじめは思える
ようなものに既存企業は負けてしまうのです。ある面、これは正しい?認識である
といえるでしょう。経営判断を誤ったからではなく、合理的で正しい?判断を繰り
返した結果、不合理なものに圧倒されることになります。つまり、既存の大企業は、
「真面目に経営された結果、破壊的イノベーションに敗れてしまう」のです。

ペンパイナッポーアッポーペンお笑いだって、ひとつの業界。
進歩が止まると、今までの視点
からは誰も予想することができ
なかった破壊的イノベーション
が起きることになります。
ピコ太郎のように・・・
お笑いで、海外から火がつく
というパターンも意外ですね。




スポンサーサイト
2016_10_30


大川小_震災当日の状況<大川小津波訴訟>「7分前に危険性予見」
学校の過失を認定
(10月26日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
◇仙台地裁 石巻市と宮城県に総額14億
2658万円賠償命令

東日本大震災の津波で児童、教職員計84人が死亡・
行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校を巡り、
児童23人の遺族が市と県を相手取り約23億円の
損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁は26日、市と
県に総額14億2658万円の支払いを命じた。
高宮健二裁判長は「教員らは津波襲来の7分前には
危険性を具体的に予見したのに、安全な裏山では
なく不適当な場所へ避難しようとした」と指摘し、
学校の過失を認定した。大震災による最悪の学校
災害に対する司法判断は、教育現場に重い課題を
                                  突きつける内容となった。
裁判の大きな争点は(1)大川小への津波襲来を予見できたか(2)安全な場所への避難は可能だったか--の2点。判決は
まず、校舎付近が震災までに大津波に襲われた経験がなく、ハザードマップの浸水予測区域外だったことから、震災前や地震
直後の段階では襲来は予見できなかったとした。一方で当時の市職員の法廷証言から、北上川河口への津波襲来や高台避難
を呼びかける広報車が校舎前を午後3時半ごろに通り、7分後に実際に津波が襲ったと認定。「教員らは広報を聞いた段階で、
大規模な津波が襲来し、児童に危険が生じることを予見したと認められる」と指摘した。教職員や児童らはその後、北上川の橋
のたもとにある標高約7メートルの「三角地帯」と呼ばれる高台に向かう途中に津波にのまれた。市側は、遺族側が主張する
裏山への避難について「山崩れや倒木の危険があった」と反論したが、判決は「児童らはシイタケの栽培学習で登っており、
裏山への避難を決断すべきだった」として、学校側に過失があったと結論付けた。賠償額は慰謝料、逸失利益など児童1人に
ついて約5300万~6000万円とした。大川小の被災を巡っては、市が2013年2月に第三者検証委員会を設置。
14年2月、被災の直接原因を「避難決定が遅れたこと」とする報告をまとめたが、その背景事情には踏み込まず、遺族が
同年3月に市と、国家賠償法に基づき教職員の給与を負担する県の責任を問うため提訴した。
亀山紘・石巻市長の話 大変重く受け止めている。控訴するかどうかは検討し、早い段階で結論を出したい。
大川小津波訴訟判決の骨子
  ・宮城県と石巻市は、児童23人の遺族に対し約14億円を支払え
  ・教職員は市の広報車の避難呼びかけを聞いた段階で、津波襲来を予見していた
  ・北上川の橋のたもと(三角地帯)への避難は不適当で、裏山に避難させるべきだった

現在の大川小学校裏山に逃げていれば助かったのに、
なぜ教頭(校長は不在だった)は
裏山を目指さなかったのか?
想像するに、まさかここまでは
津波が来ることはないと思った
ことと、裏山へ逃げるときに
生徒が怪我をしたら責任問題
になると思ったのではないで
しょうか。亡くなった先生の責任について今さら何を言ってもしかたがないのですが、
大川小学校が津波の浸水想定区域に入っていなかったことが教頭先生の現場での最終
判断を誤らせてしまった可能性があると思います。裁判において、市と県が、津波の
浸水想定区域に入っていなかった大川小学校近辺での津波の被害は想定外であるため、
行政には責任がないと主張していますが、これは道理が通っていません。津波の浸水
想定区域を指定したのは石巻市です。石巻市の主張が認められるのなら、自治体は、
危険地域を狭く指定しておけば、責任を逃れられることになります。石巻市は、大川
小学校を危険地域に指定してしまうと、小学校を移転しろと言われるでしょうから、
安全だということしたのではないかという疑念さえ持ってしまいます。危険地域の
指定回避については、住民側の要望であるケースもあります。
広島市の豪雨災害においては、指定すべき地域の数に比べて担当者が少なかったと
いう問題だけでなく、住民の反対で土砂災害警戒区域の指定が遅れていたことも指摘
されています。土砂災害警戒区域に指定されると、地価は大幅に下がるでしょうから。
今回の大川小学校の裁判では、津波襲来は予見できたと判断されたので児童遺族への
賠償が認められたわけですが、逆に言えば、予見できなかったと判断されれば責任は
回避できるということです。実際、東京電力の社長がそうだったように、予測でき
ないリスクの発現ならば、罪に問われないわけです(強制起訴はされていますが)。
原発事故の場合、想定外だからといって事業主体が責任を逃れることはできませんが、
津波の想定を低めにしていたことが功を奏して?、社長は無罪でいられるわけです。
それだけでなく、津波の想定を低めに設定すれば、津波対策コストも削減できます。
危機管理においては、予測できないリスクを可能な限り減らすことが重要であるのに、
予測できないリスクを減らそうというインセンティブが組織のトップには働きません。
予測できないリスクの発現ならば、罪に問われないのですから・・・
原発事故のような重大事象が起きても、事業主体のトップは責任をとらず、事業主体
は負担しきれないので国民にツケを回す。こんなことが許されるのでしょうかねぇ。


福島第一の廃炉費が拡大見通し 東電の原発事業を分社案 (10月26日 東京新聞 TOKYO Web)
経済産業省は二十五日、財界人らでつくる「東京電力改革・1F(福島第一原発)問題委員会(東電委員会)」を開き、
福島第一原発の廃炉費用を工面するため、東電から原発事業を切り出して分社し、ほかの電力会社との連携や合併などを
模索する案を提示。廃炉に必要な費用の額は現状の年八百億円から、今後は年数千億円に拡大するとの見通しを示した。
廃炉費用が膨らむのは、二〇二一年にも、溶け落ちた核燃料の取り出しなど世界でも例のない作業が始まるため。政府と
東電は、廃炉作業が終わるまでの期間を少なくとも「三十~四十年」と計画しており、費用総額は一三年に見込んだ
二兆円から数兆円規模で増加することが確実になった。資金確保のため、経産省は東電を電力各社と提携させて、利益を
増やす案を模索。東電はすでに火力発電と液化天然ガス(LNG)の調達で中部電力と提携しており、経産省は原発部門も
子会社として分社し、他社との提携を目指す。安全対策の資材・機材の共同調達など、経費の圧縮効果も狙う。
しかし、事故を起こした福島第一原発を除いても、東電が保有する福島第二原発と柏崎刈羽原発は再稼働のめどが立って
おらず、提携先が見つかるかは未知数。さらに、事故被災者への賠償や、放射線で汚染された土壌を取り除く「除染」に
かかる費用もそれぞれ数兆円規模で増加する見込みで、国民の負担増が現実味を帯びている。(後略)





2016_10_28


死因第3位の肺炎“治療控える選択も”学会が新指針案 (10月20日 NHK NEWS WEB)
がんなどの終末期や老衰のため肺炎にかかり死亡する高齢者は、国内で年間10万人以上に上ると見られていますが、
日本呼吸器学会はこれらの肺炎について患者本人が希望する場合には積極的な治療を行わない選択肢を初めて認める
ガイドライン案をまとめました。これらの肺炎は再発を繰り返すなど苦痛が続き、生活の質が損なわれることが多いため
ですが専門家は、「人生の最終段階で多くの人がかかる病気だけに医療現場や介護の現場など広い範囲に影響が出る
と予想される。本人の意思を尊重するのが大原則で患者や家族の側もどのように死を迎えたいのか日頃から話し合って
おくことが大切だ」と話しています。肺炎は、がんや心臓病、それに老衰などのため体力が低下した高齢者が細菌感染
などをおこしてなる場合が多く、毎年、10万人以上が死亡する日本人の死因の第三位を占める病気です。終末期や
老衰の場合、治療しても再発を繰り返し呼吸が苦しい状態が続いたりするほか人工呼吸器を装着して家族と会話も
できないまま亡くなってしまうケースも少なくありません。また学会などによりますと医療現場では高齢者が肺炎で救急
搬送され入院するケースが増えていて、長期の入院によってほかの救急患者の受け入れが難しくなったり、人工呼吸器
などの医療機器がひっ迫したりする事態がおきている医療機関もあるということです。こうした点を踏まえ、全国1万
2000人の専門の医師らが加盟する日本呼吸器学会は、これらの肺炎の治療をどうすべきか議論してきました。
その結果、ことしの診療ガイドラインの改訂でがんなどの終末期や老衰のため肺炎を起こした場合には、人工呼吸器の
装着や抗生物質の投与などの積極的な治療は行わず、痛みを取り除く緩和ケアを優先する選択肢を初めて認める案を
まとめました。具体的には、患者が、がんなどの終末期や老衰の状態にあるか、医学的に判断したうえで、適切な情報
提供と説明を行って本人の意思を最大限に尊重するとしています。そして治療を差し控える場合には、医師が1人で
決めるのではなく多くの専門職からなる医療チームが、患者や家族と話し合って決め、合意した内容を文書に残すなど
人生の最後の段階での医療の在り方を定めた厚生労働省の指針に従うなどとしています。ガイドラインを改訂する委員
会の委員長を務める河野茂長崎大学副学長は、「終末期の肺炎の場合、繰り返し苦しんだ末に亡くなってしまうことが
多く、どこまで治療すべきか、患者や家族、医療者それぞれに葛藤がある。患者にとってどのような選択肢が望ましいの
かを一緒に考えてもらうきっかけになってほしい」と話しています。また生命倫理が専門の東京財団の橳島次郎研究員は、
「肺炎は人生の最終段階で多くの人がかかる病気だけに今回の改訂は、医療現場だけでなく介護の現場など広い範囲に
影響が出ると予想される。本人の意思を尊重するのが大原則であり、治療をしない選択肢と同様に最後まで積極的な治療
を受けたいという希望も尊重されるような支援をどのようにしていくのか考えていく必要がある。患者や家族の側もどの
ように死を迎えたいのか日頃から家族の間で話し合うことが大切だ」と話しています。学会では、このあと、一般からも
意見を募るパブリックコメントを行ったうえで年明けにも全国の学会の医師にガイドラインを配布することにしています。
選択を迫られる患者と家族
がんや脳卒中などの病気や老衰によって体力の衰えた高齢者が繰り返し肺炎にかかるような場合どこまで治療をすべきか、
患者やその家族は難しい選択を迫られます。東京・江東区の78歳の女性は肺気腫の持病があり、10年ほど前から肺炎
のため入退院を繰り返してきました。一時は、激しいせきや高熱、それに意識障害や呼吸困難に陥り家族は、医師から、
命の危険があるので覚悟してほしいと告げられたといいます。2か月近く治療を受けた結果退院はできたものの、その後
も肺炎の再発を繰り返して体力が衰え、トイレなど生活のほぼすべてが夫の手助けなしにはできない状態になっています。
当初は少しでも長生きしたいと積極的な治療を望んでいたといいますが体力が衰えていく中で肺炎のつらい症状にいつ
まで耐えられるのか、自信がなくなりつつあるといいます。女性は「肺炎になると全力で走ったときのようにうまく息が
吸えない状態が何日も続くので死ぬほど苦しいです。家族のことを考えると生きなければという思いもありますが、
最近は苦しまずに亡くなるならそれがいちばんいいのかもしれないとも思い始めています」と話していました。10年
近く妻を介護してきた夫は、今後、さらに症状が悪化し、意思疎通が難しい状態になったとき、肺炎の治療を望むのか、
それとも苦痛を取り除く緩和ケアだけにするのか、妻と話し合っているものの決めきれないでいるといいます。夫は、
「妻は強がりなので苦しいとはなかなか言わないのですが、苦しむだけで単なる延命になるなら緩和ケアだけにした
ほうがいいのではないかということは妻と話し合ってはいます。ただ、これまでは治療して治っていますし、家族として
は元気で長生きして欲しいという思いも当然あるので、また肺炎になったときにどこまでの治療を望むのかはそのとき
になってみないと正直わかりません」と話していました。
高齢患者が増加 医療の現場では
学会では、今回のガイドライン案がまとめられた背景には、医療機関での高齢の肺炎患者の受け入れが難しくなりつつ
ある実態もあるとしています。およそ150万人が住む川崎市の救急医療の拠点の1つとなっている関東労災病院では、
救急患者のおよそ半数を65歳以上の高齢者が占めています。地域住民の高齢化に伴って高齢者の肺炎患者は増える一方
で、呼吸器内科のベッドだけでは足りなくなり、3年前からは230床ある内科全体で肺炎の患者を受け入れています。
しかし、それでも患者が多い冬の時期はすべてのベッドが埋まってしまい、ほかの救急患者を受け入れられない日が
たびたびあるといいます。去年1年間にベッドの満床が理由で受け入れられなかった救急患者は78人で、人数は年々
増える傾向にあるといいます。さらに、重症患者を受け入れる集中治療室のベッドや人工呼吸器がすべて埋まってしまう
日もあるといいます。人工呼吸器が足りないときは業者からのレンタルでしのいでいますが、集中治療室のベッドが不足
することで重症患者の受け入れに支障が出ているのです。救急総合診療科の小西竜太部長は、「周辺は古い住宅街で
老人ホームも多く、高齢者の肺炎は年々増えていて1つの病院の努力では対応できなくなってきています。病院の医療
資源が限られる中でどういった人に優先的に使うべきなのか、判断に悩むケースは多いです」と話しています。

主要死因の年次推移寿命が伸びたことによって、「がん」や
「心疾患」により亡くなるかたが増えて
いることはなんとなく理解できますが、
「肺炎」が死亡原因の第3位だという
のは意外です。肺炎と聞くと、「風邪
をこじらせて・・・」という病気を思い
浮かべがちですが、肺炎で亡くなる
高齢者の大半は誤嚥性肺炎なのです。
誤嚥性肺炎と聞くと、餅や団子のよう
に非常に粘りけのある食品や、いか、
こんにゃく、かまぼこなど弾力性に
富む食品などを食べないようにすればそれで大丈夫かといえばそうでもなく、
加齢とともに嚥下機能は低下して、どんな食べものでも誤嚥リスクが高まります。
睡眠中に胃の内容物が逆流して肺に入ることでも肺炎になってしまうようです。
誤嚥性肺炎であることが分かれば、治療して病気を治すことを目指すわけですが、
何度も再発を繰り返し、無理な治療で患者が苦しむのなら、家族も悩むでしょう。
病院側も、治療が終わればすぐに退院してもらわないとベッドが不足してしまいます。
まだ病気が完治していないのに強制退院させられて、「病院に見捨てられた」という
経験をされたかたの苦しみが理解できる一方、ベッドの空きがないために病院が急患
を受け入れられないようでも困ります。単純に、病院、そして医師や看護師を増やせ
ばいいのではないかと思われるかもしれませんが、年間の医療費の総額が40兆円を
突破した現状で、どこまで国民が負担に耐えられるのかという問題も無視できません。
政府は2025年度には医療費が54兆円まで増えると推計していますが、それ以降
も高齢化は進行しますし、労働人口も減っていくことから、さらに医療費は増加し、
国民負担もさらに増加すると予想されます。国民全員が、「健康であり続けることは、
自分にとっても家族にとっても国家にとってもハッピーなことである」という意識を
強く持たなければならない時代になったといえるでしょう。


肺炎とは肺炎の死亡率が高いのはなぜ?種類や症状を把握しておこう!
(5月27日 Hapila ハピラ)
肺炎とは
肺炎は多くは病原体(細菌・ウイルス・マイコプラズマ・
クラミジアなど)による炎症性の病気です。また、アレルギー
反応を基礎にした過敏性肺炎も注目されてきました。
入院中に発生する院内感染も問題であり、対策が求められ
ています。日常的には細菌性(ウイルス性)がほとんどで、
原因不明な場合も結構多く、抗生物質で治癒することが
多いです。(中略)
特に死亡率が高いのはどのタイプ?
肺炎は毎年死亡率が3~4位と常に上位ですが、近年、高齢化に伴い急激に増加しているのが、誤嚥性肺炎です。
肺炎の中でも誤嚥性肺炎の死亡率は70%以上の割合を占めています。若いうちの肺炎とは違い、誤嚥性肺炎は
加齢による嚥下機能の低下により、1度治癒しても再発を繰り返してしまうため、徐々に抗生剤に対して耐性ができ、
薬が効かなくなってくることにより、肺炎が重症化し、死亡してしまうことから死亡率が高くなっているのです。
誤嚥性肺炎とは
上記にも記述したとおり、飲み込む力(嚥下機能)が低下してしまうことにより、食物残渣(食べかす)や細菌を含んだ
胃液や唾液が気管に流れ込んでしまい感染し、肺が炎症を起こす病気です。高齢者(特に寝たきりで介護が必要な高齢者)
に非常に多く、全身機能が低下しているため、症状そのものが出現しにくく、気がついて病院へ受診させる頃には重症化
してしまっているケースはよくあります。(中略)
誤嚥性肺炎になってしまったら
誤嚥性肺炎は症状に気づきにくい病気です。ほとんどの場合入院治療となり特に寝たきりの人には注意が必要です。
中でも37.0~37.3度前後の微熱が1週間以上続く、冷感がある、呼吸がやや荒くて浅い、顔が白っぽいまたは蒼白になって
いるなど、「何か様子がおかしい」と感じたら、手遅れにならないうちに気がついた時点ですぐに病院へ受診しましょう。
退院後は再発しないための予防を行うことが大切になります。その際には援助する人は決して焦ってはいけません。
援助者のあせりは相手に伝わります。ともに長く苦しい闘いのプロセスになりますが、上手くいかなくても、気楽に構え、
少しづつすすめていきましょう。
まとめ
肺炎の死亡率は高齢化とともに年々高くなってきています。心疾患などと違い、肺炎は風邪と同じような扱いで軽く
みられがちですが、放っておくと死に至る病気です。特に誤嚥性肺炎は高齢者に多い病気ではありますが、若い年代
でも、うっかりむせ込んで誤嚥したものが感染源となり肺炎をおこすこともあります。肺炎を甘く考えず、症状に気が
ついたらすぐに病院へ受診して治療するようにしてくださいね。




2016_10_26


演奏するボブディラン「ボブ・ディラン氏は無礼で傲慢」ノーベル委員長が苦言 (10月22日 朝日新聞デジタル)
今年のノーベル文学賞の受賞が決まった米国のミュージシャン、ボブ・ディランさん(75)
が沈黙を貫いていることについて、同賞を選考したノーベル委員長のペール・ベストベリィ氏
が21日、「無礼で傲慢(ごうまん)だ。でもそれが彼ってものだ」と苦言を呈した。
スウェーデン公共放送SVTのインタビューに応じた。ベストベリィ氏は、ディランさんの公式
ウェブサイトから「文学賞受賞」の文言が21日までに削除されたことも認識しているとして、
「予想していなかったが、彼は気難しいようだから驚きはしなかった」と語った。
12月10日にストックホルムで開かれる授賞式前には、受賞者による記者会見や講演も予定
される。だがディランさんが受賞するつもりがあるかも不明だ。授賞を発表したスウェーデン・
アカデミーはディランさんに直接連絡することを断念している。「我々は待つ。彼が何と言おう
と彼が受賞者だ」とベストベリィ氏。「これは非常に特異な状況。おそらく彼は式典ぎりぎり
              まで返事を引き延ばすかもしれない」と話した。
 
村上春樹がノーベル文学賞を取れない理由  そもそも本当にノーベル賞候補なのか? (10月18日 東洋経済オンライン)
受賞される村上春樹氏村上春樹とノーベル文学賞を巡る問題でまず押さえていただきたいのは、
それが空論であるということだ。「なぜ取れないのか?」と問うため
には、春樹がノミネートされているという前提の事実が必要だが、
そもそも候補になっているのかどうか、わからないのである。
毎年「今年は春樹の受賞可能性は○位」などという記事が出て、2016年
は1位だとか報じられていたが、あれはブックメーカーが勝手に発表して
いる賭け率であって、選考にあたっているスウェーデン・アカデミーは
何ら関与していない。(中略)
ノーベル文学賞の理念は、アルフレッド・ノーベルが遺言した「理想主義的傾向のもっとも注目すべき文学作品の著者に贈る」
に則っている。まれに特定の作品が対象とされていることもあるが、基本的には作家の功績全体を鑑みて授賞を決定している。
「理想主義的傾向」は、人間と自然、国家や民族、歴史などに対する洞察や想像力、精神性の深さといった要素を意味すると
考えてよさそうだ。一言でいえば道徳的、啓蒙的である。1926年度デレッダ(イタリア)の授賞理由「のびのびした明晰さで
故郷の島の生活を描き、深い共感をもって人間一般の問題を掘り下げた理想主義文学」が典型的だろうか。
戦後になると傾向に変化が出てきて、いわゆる前衛的な作家への授賞が増えるが、根が優等生的であることに変わりはない。
ボブ・ディランへの授賞理由は「偉大な米国の歌の伝統に、新たな詩的表現を創造した」というものだった。
村上作品はノーベル文学賞の理念にマッチするか
そこで問題は、村上春樹の諸作が「理想主義的傾向」にマッチするか否かということになるわけだが、なかなか判断が難しい
ところだ。春樹の小説は構造に類型がある。喪失感や虚無感を抱えた主人公が何か(ピンボールマシン、羊、ガールフレンド、
妻……)を探している。世界は2層になっていて、現実と異界が接触しており、その間の行き来によって物語は推進力を得ている。
異界には何か邪悪なもの(羊、やみくろ、リトル・ピープル……)が存在しており、現実世界へ侵入してくる。オウム真理教事件
と阪神淡路大震災を境に作家の意識に変化が生じ(デタッチメントからコミットメントへ、と春樹は表現している)、以降の作
では、現実や歴史がより強く作品世界に取り込まれ、それまで漠然とファンタジックだった異界から来る邪悪なものも比較的
リアルな輪郭を持つようになる。『ねじまき鳥クロニクル』が代表作と見なされるのは、前期と後期を繋ぐ集大成の趣きがある
からだろう。『1Q84』は後期の意識で前期の『羊をめぐる冒険』を書き直したような作である。
春樹の小説にある種の普遍性があることはたぶん間違いない。でなければあれほど世界中で読まれまい。そしてその普遍性の
源はおそらく、この構造類型に求められるのではないか。そう仮定して、では春樹の小説の構造類型に「理想主義的傾向」が
認められるかと考えると、よくわからない。よくわからないが、到達度的に難しいのではないかというのが個人的な印象である。
『ねじまき鳥クロニクル』では戦争を招くものが、『1Q84』では宗教の善悪両義性が「邪悪なもの」に措定されていると見る
ことができるが、突き詰めたとまで果たして評価できるか。(後略)

スウェーデンの化学者であるノーベルは、わずかな振動でも爆発するニトログリセリンを
珪藻土に吸収させて、持ち運びを容易にしました。これがダイナマイトです。これにより、
ノーベルは巨万の富を得ました。運搬可能なダイナマイトは、トンネル建設の土木工事
などの民生利用でも使われましたが、社会に最もインパクトを与えたのは軍事利用でした。
結果的には、短時間で効率よく大勢の人間を殺害する画期的な方法を発見したノーベルが、
遺産を科学や平和の発展に使いたいと考え設立したのがノーベル賞。遺言によりますと、


「一部は、物理学の分野で最も重要な発見または発明をした人物に、一部は、化学で最も重要な発見または改良をなした人物
に、一部は、生理学または医学の領域で最も重要な発見した人物に、一部は、文学の分野で理想主義的傾向の最も優れた作品
を創作した人物に、そして一部は、国家間の友好、軍隊の廃止または、削減、及び平和会議の開催や推進のために最大もしく
は最善の仕事をした人物に。」(経済学賞については記述がない)

とのことなので、文学賞に世界平和を目指す理想主義的傾向があるのは当然だといえます。
ノーベルの没後(1896年)、世界は二度の大戦を経験し、今でも世界各地で戦争が
行われています。ノーベルの目指した「理想」主義的傾向は、ノーベルの予想どおり?、
「理想」に留まっています。「理想」を持つことは、現実を良くするために本当に有効
なのでしょうか?理想主義者や平和主義者にとっては意外に思われるかもしれませんが、
「理想の押しつけ」は結構、嫌なものです。世界にはヨーロッパの現実離れした理想主義
を嫌っている人も多いのではないかと思います。特に、理想を言葉にすればそれでよいと
いう傾向は危険だとさえいえるでしょう。日本の近くには、「○○民主主義人民共和国」
なんて独裁国もあります。さすが人民のことを一番大切にする国だけあって、多くの人が
「友愛されて」(=粛清されて)いますね。美しい言葉には気をつけろ!です。
日本にはヨーロッパとは異なる独自の文化があるわけで、ヨーロッパの独善的・高圧的な
理想主義に毒されないように気をつけたいものです。
皮肉なことに、ヨーロッパのユートピア的理想主義は、自爆テロリストのダイナマイト
で打ち砕かれようとしています。国家間には節度ある距離感が必要です。欧州の統合は、
ロシアやイスラム社会との緊張感を高めることにつながります。なぜなら、ロシアや
イスラム圏の国家にとって、国境のない社会とは、自国がヨーロッパに呑みこまれる
ことを意味するのですから・・・





2016_10_24


鳥取県の地震鳥取地震「横ずれ断層型」 熊本と同じ内陸直下
気象庁が見解 (10月21日 日本経済新聞web刊)
21日に鳥取県中部で発生した地震は熊本地震と同じく内陸直下で起きた。気象庁は、
この地域に多い「横ずれ断層型」の地震との見解を示した。付近で大きな活断層は
知られておらず「未知の断層」が震源となった可能性がある。地震を起こすひずみが
たまりやすい地域との指摘も出ており、政府の地震調査委員会は22日に臨時会合を
開いて今回の地震を検証する。 地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.6。震源
の深さが11キロメートルと浅く、同県倉吉市などで震度6弱を記録した。防災科学
技術研究所によると、瞬間的な揺れの強さを示す加速度は倉吉市で1494ガルと、
熊本地震の1580ガルに迫る大きさだった。日本列島の周辺は地球表面を覆うプレート
(岩板)がせめぎ合う。プレート同士がずれると、東日本大震災のような「海溝型」
の巨大地震を起こす。プレートの動きは内陸にもひずみをため、断層がずれる引き金
となる。1995年の阪神大震災や今年4月の熊本地震も内陸直下のタイプだった。
大きな地震を繰り返す断層を活断層と呼び、地震調査委は主要な97の活断層で地震
の規模や発生確率の予測を公表している。ただ今回の地震は「これまで知られてい
鳥取地震の震度なかった断層で起きた可能性がある」(京都大学の飯尾能久教授)。
周囲には43年に鳥取地震(M7.2)を起こした鹿野―吉岡断層や、
岩坪断層があるが、今回の震源からは離れている。
鳥取県では2000年にも鳥取県西部地震(M7.3)が発生した。
京大の梅田康弘名誉教授は「最近もM4級の地震がたびたび
起きており、地震活動は活発な地域だ」と指摘する。
東京大学の佐藤比呂志教授は「地震を起こすひずみがたまり
やすくなっている」と話す。



韓国・頻発する地震、熊本と同じ地殻変動? 研究者「西日本なお警戒を」 (9月23日 西日本新聞 : 九州のニュース)
韓国で最大級とされた12日を含む一連の地震について、日本の研究者から「熊本地震を引き起こしたのと同じ地殻変動
が原因」とする見方が出ている。南海トラフ地震を引き起こすフィリピン海プレートが、九州や朝鮮半島を載せた大陸側
プレートを押し込み、その力が「地震はない」とされてきた韓国に及んだという分析。地殻変動は南海トラフ地震まで
続く可能性があり、研究者は「西日本でも引き続き注意すべきだ」と警戒を呼び掛けている。
韓国での地震は12日午後8時32分に発生。震源は韓国南東部の慶州市で、マグニチュード(M)は5・8。直前の
午後7時44分には近くでM5・2を観測し、19日夜にもほぼ同じ場所でM4・5の余震があった。7月5日にも
ウルルン断層が走る蔚山(ウルサン)沖でM4・9の地震が起き、韓国国民を驚かせた。
産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の石川有三招聘(しょうへい)研究員は、一連の震源を梁山(ヤンサン)断層
付近、震源の深さを数キロ~15キロと分析。12日の最大地震は「震度5強、場所によっては6弱」と推測し、熊本
地震と似た浅い内陸地震とみている。東京大地震研究所の佐藤比呂志教授(構造地質学)も「熊本地震と同じ地殻変動、
力のかかり方で発生した」と指摘する。熊本地震ではフィリピン海プレートが沈み込む際、九州東部から大陸側プレート
は北西方向に押し込まれる一方、九州南部は沖縄トラフの影響で南へ押される力が働き、断層面のずれを生じさせた
とされる。同じような力によって韓国の地震が起きたとの見方だ。南海トラフ地震は100~200年周期で起き、
その50年前くらいから内陸地震が起きやすくなる。神戸大の石橋克彦名誉教授(地震学)は、阪神大震災や福岡沖地震、
熊本地震も一連の内陸地震と捉えており「韓国の地震も大局的にはその一つ」とみる。
朝鮮半島はプレートが潜り込む場所から離れているため地震の記録が少ない。それでも、1681年には日本海側で
M7・5級が発生した調査結果があり、26年後の1707年に南海トラフ沿いで日本最大級の宝永地震が起きている。
佐藤教授は東日本大震災の影響も挙げる。同地震で東北沖のプレート間で蓄積されていた力が解放され、大陸側
プレートが動きやすくなり、韓国での地震を誘発したとの考え。韓国ではこの説が主流だが、佐藤教授は「二つの
要因が複合的に作用した可能性もある」と分析する。懸念されるのは原発だ。朝鮮半島の日本海側には月城
(ウォルソン)、古里(コリ)の両原発が立地する。事故は日本への影響も考えられるだけに、韓国内の断層を調査
した経験がある名古屋大の鈴木康弘教授(変動地形学)は「韓国の活断層をしっかり調べることが必要だ」と提起する。

今まで起きたことのないような場所で地震があるときは、何か今までと違う地殻変動が
起きていると考えるべきでしょう。海側のプレートと陸側のプレートが限界まで激しく
ぶつかりあえば、相対的に弱い陸側のプレートの脆弱部が崩壊しても不思議ではあり
ません。いつか起きることになる南海地震への対策も重要ですが、アムールプレート
がさらに小さいプレートに分裂しているとすれば、アムールプレートとそれらの分裂
プレートの境界もかなり危険です。今回の鳥取地震は、4月にあった熊本地震の前震
とほぼ同規模の地震です。地震の深さも10キロ程度で似たようなものです。
アムールプレートの分裂した小プレートが動くことにより、熊本地震の本震が起きたと
考えるならば、今回の震源域でも、プレート自体が動けば、今後、M7クラスの地震が
起きる可能性もあるでしょう。ただ熊本地震と少し異なるのは、熊本地震が(阪神淡路
大震災も)、アムールプレートの分裂した小プレート同士の境界であるのに対し、今回
の地震は、一方がアムールプレートそのものであると考えられることです。韓国での
地震はそのアムールプレートそのものの内部にも崩壊が起きていることを意味している
のかもしれません。断層上で地震が起きやすいことは確かですが、断層がない場所では
起きないというものでもありません。どこで地震が起きてもおかしくない状況である
と考えておいたほうが賢明でしょう。特に怖いのは、アムールプレートの境界および、
アムールプレートが分裂した小プレートの境界でしょうか?大阪市周辺、京都市、福井
市、岐阜市、名古屋市などの都市にも大きな地震の可能性があります。もっと小さな
プレートがどこにあるか分かりませんので、やはり日本国内に安全な場所はありません。


東進するアムールプレート
NHKスペシャル『巨大災害 MEGA DISASTER Ⅱ 日本に迫る脅威
地震列島 見えてきた新たなリスク』(4月3日放送)の上に加筆


 
2016_10_22


トランプ氏への抗議デモ相次ぐ女性問題 トランプ氏への抗議デモが各地で
(10月19日 NHK NEWS WEB)
アメリカ大統領選挙の共和党のトランプ候補による女性スキャンダルが
相次いで報じられる中、女性団体のメンバーがニューヨークなどで抗議
のデモを行いました。共和党のトランプ候補をめぐっては、今月に入って、
11年前に女性を見下すような発言をしていたことや、過去に体を触られ
たなどと訴える女性の証言が相次いでメディアで取り上げられています。
こうした事態を受け、アメリカ各地の女性団体が18日、抗議のデモを
呼びかけ、このうち、トランプ氏の地元、ニューヨークではトランプ氏の
住居や事務所が入っている高層ビル「トランプタワー」の前におよそ
100人の女性たちが集まりました。女性たちは、「共和党は私に触るな」
と書かれたプラカードを掲げたり、「トランプ氏への支持を撤回せよ」
などと声を上げたりしながら「トランプタワー」の前で座り込みを行いました。デモに参加した女性は、「トランプ氏はこの国の代表に
はなりえません。ただの笑いものです。共和党は彼を見捨てるべきだ」と話していました。デモは18日、シカゴや首都ワシントンなど
で10数人から100人余りの規模で行われ、大統領選挙が来月8日に迫る中、トランプ氏への女性からの反発の声が表面化しています。

演説するトランプ氏「スターには女は何でもやらせる。思いのままだ」 トランプ氏の女性蔑視発言が
またも明るみに
(10月8日 産経ニュース)
米紙ワシントン・ポスト電子版は7日、米大統領選の共和党候補トランプ氏が2005
年にテレビ番組収録に参加した際に録音された会話を公表、トランプ氏は「有名人なら
女を思うままにできる」などと女性を蔑視する発言を繰り返していた。9日の討論会で
民主党候補クリントン氏が一連の中傷発言を追及するのは必至で、新たな打撃に
なりそうだ。ポスト紙によると、会話はトランプ氏が番組収録の現場に向かうバスの中
で録音された。トランプ氏は「きれいな女には目がない。キスをするのが待ち切れない」
と話した後に「スターには女は何でもやらせる。思いのままだ」などと語った。
ある女性と性交渉をしようと家具を買い与えたが、女性が既婚だと判明したために断念したとのエピソードも紹介した。トランプ氏は
当時、メラニア夫人と結婚したばかりだった。

トランプ氏の発言は大統領候補としては失格です。有権者の半分を敵に回しても勝てると思って
いるのでしょうか?ただ、単なる富豪であればそのくらいことを言っても問題はないでしょう。
実際、金持ちに靡(なび)く女性だっていると思います。日本でも・・・


“中の上”の悲劇:結婚相手の条件は年収2,000万以上?男性をエクセル管理する代理店女子
 (10月15日 東京カレンダー TOKYO CALENDAR)
「一億総中流社会」と言われる日本。 容姿、学歴、収入。全てにおいて「中流」の少し上に位置する人間は口を揃えてこう言う。
「上を見ればキリがないが、知らなければいい世界もある。」
この連載では”中の上”に位置する男女に起きた、さまざまな悲劇に迫る。 これまで登場したのは、東大卒エリートサラリーマン・
サトルやMARCH卒の商社マン・健二、元CAの麗子など。今回登場する、広告代理店勤務のマユのこだわりとは...
広告代理店勤務、マユ30歳。彼女が求める結婚相手の条件とは?
「私、年収2,000万円以上の人じゃないと結婚しないって決めているんです。」
会って早々そんな言葉を口にしたのは、広告代理店勤務のマユ、30歳だ。 綺麗に焼けた肌に奥二重の小さい目は少し釣り上っていて、
素材としては、“クラスで3番目に可愛い女”、といったところだろうか。しかし、巧みな化粧と流行りのファッションで、いかにも
「いい女」風の雰囲気を醸し出している。 美容にもファッションにも手を抜かない、稼ぎの良いアラサー独身女性の典型的なタイプだ。
普通の素材でも、時間と手間をかければ、女性の場合はそれなりに仕上がる。 彼女は同志社大学を卒業後、就職を機に上京した。
代理店女子である彼女の年収は800万円弱。家賃12万円、池尻大橋のワンルームに一人暮らしをしている。 30代に突入し、
「そろそろ結婚したい」と語る彼女。しかし、彼女には譲れない条件がいくつかあった。そのうちの一つが「年収2,000万以上」
というものだった。(中略)就職して東京に来てからは毎日が刺激的だった。特に、会社の同期である静香との出会いは大きかった。
静香は東京で生まれ育ったお嬢様。慶應を卒業後、マユと同じ広告代理店に入った。素材的にはマユ同様それほど美人ではない。
しかし、巧みな化粧とファッションでいい女オーラを纏う静香は「自分と同じ匂いがした」と言う。 静香は非常に人脈が広く、頻繁に
食事会やホームパーティーを開いており、マユはその常連メンバーだった。出会う男性メンバーは商社マンや外銀、医者からパイロット
まで様々だが、非常にレベルが高い。そのため自然と男性を見る目も肥え、次第にそのレベルが「普通になってきた」と話す。 彼女の
スケジュール帳を見せてもらった。予定帳はびっしりで、最近は減ってきたが、今でも週に何回かは食事会を開いているという。
さらに驚くことには、「出会う人が多過ぎて覚えられない」という理由から、出会った男性を全てエクセルで保管していた。
出会った日時から印象、勤務先や学歴、また家族構成まで全て一覧化している。
そんな彼女の理想の第一条件は「年収2,000万円以上」。
この条件も、几帳面な彼女が「都内である程度の生活を送るための最低の金額」を算出して出した額らしい。その内訳を聞くと、まず
「子供を産んで自分が働かなくても、今の生活レベルを落とさない」という前提のもと。 年収2,000万だとしたら、推定手取り収入は
月に100万円程度。彼女は「結婚したら広尾に住みたい」らしく、広尾でそれなりの物件だと家賃は25万円以上。現在月10万以上
かかっている美容・ファッション代はそのまま。「たまにはいいレストランに行きたい」ので、外食1回でかかる値段4万円前後を月に
2、3回と考えても、外食費だけで10万以上。 「子供ができたら絶対必要」と考える車の維持費や教育費など、計算はどんどん膨らみ
「子供ができたら年収1,000万だとロクな生活ができない。最低でも2,000万は必要」という結論に落ち着いたという。

「子供を産んで自分が働かなくても、今の生活レベルを落とさない」ことを考えたこの女性が
なぜ「年収2000万円以上」にこだわるのか考えてみました。
年収が800万円の場合、社会保険料を約115万円(健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・
雇用保険料など)とすると、社会保険料を除く収入は685万円。基礎控除が38万円で、給与所得
控除は200万円なので、課税所得は約450万円です(細かい計算は無視)。これに課税されます。
住民税一律10%なので45万円、所得税は約50万円。実収入は約600万円ということになります。
一方、年収2000万円の場合、社会保険料は約200万円(厚生年金保険料は頭打ちになるので
それほど多額にはならない)、社会保険料を除く収入は1800万円。基礎控除が38万(×2にして
おきます)で、給与所得控除は220万円(平成29年分から)なので、課税所得は約1500万円。
住民税は150万円、所得税は約340万円。実収入は1300万円ということになるでしょうか。
年収2000万円(給与所得)なら、年収800万円の手取りの2倍を越えます。
さすが広告代理店で働いているだけあって?、この女性はちゃんと計算されていますね。
首尾よくそのような男性と結婚できたとしましょう。問題は、旦那がずっと2000万円を稼ぎ
続けることができるかどうかです。若くして年収2000万円が稼げるといえば、外資系の金融
機関が思い浮かびますが、さて何歳まで勤められるでしょうか?外資系だからといって定年まで
勤められない会社ばかりではないでしょうが、年収2000万円を稼ぐ職業では、それなりの結果
を出し続けられなければ、辞めざるを得なくなるでしょう。
年収800万円で共稼ぎのほうが現実的です。とはいえ、自殺者を出すほど過酷な業界のよう
ですから、子育てをしながら、広告代理店で女性が働き続けるのは・・・





2016_10_20


新潟県知事選初当選の米山氏原発再稼働、現状で認めず=当選から一夜明け、米山氏-新潟
(10月17日 時事ドットコム)
16日投開票の新潟県知事選で初当選した米山隆一氏(49)は一夜明けた17日朝、
同県魚沼市内の自宅前で記者団の取材に応じ「重大な責任を負うことになり、身の
引き締まる思いだ」と語った。最大の争点となった東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、
刈羽村)の再稼働問題については「県民の命と暮らしを守ることができない現状において
は認められない」と述べ、現時点で反対する考えを改めて示した。
米山氏は「東電福島第1原発事故の検証と総括なしには再稼働の議論は始められない」
とする泉田裕彦知事の路線継承を掲げる。泉田氏の不出馬で中断された、福島原発事故
の炉心溶融(メルトダウン)隠しを調査する新潟県と東電の合同検証委員会について
米山氏は「再開し、継続する」とした上で「東電にきちんと協力してもらい真実を究明
したい」と述べた。 米山氏はさらに、原発事故時の避難方法や健康への影響の検証が
不十分だと指摘。再稼働の議論は「閉ざすつもりはないが、現時点では非常に難しい」と話した。

講演する小泉元首相「原発ゼロ、生きているうちに」~小泉元首相講演~
(5月26日 時事ドットコム)
自然エネルギーでやっていける
「原発は全エネルギーの30%だった。私は2、30年で原発ゼロ。
自然エネルギーだけで、日本のエネルギーはやっていける
(と言っている)。原発で使った金の何分の1かを自然エネルギー
の支援に回せば、できると思う」
「米国でさえも、高速道路、鉄道に太陽光発電をつけようと実験
が始まっている。高速道路の横の壁かと思ったがそうじゃない。
自動車の走る道路を太陽光発電にしようと。鉄道のレールとレール
の間の空き地を太陽光発電にしようと。これができれば日本なんて十分ですよ」「風力だって太陽光だって、風がなければ、
日が当たらなければ駄目だというが、蓄電技術はどんどん発達している。原発に回す金をこちらに回せば、30年たたずして、
今まで原発に依存していた30%程度の電源は十分に自然エネルギーで(賄え)無限にある。自然環境を大事にするエネルギー
と共存しながらやっていけるんじゃないかと、ますます確信を持っている。原発を使うより、自然を大事にし、自然に無限に
あるエネルギーを使う方がはるかにいい時代が来ると思いませんか。まだ生まれて来ない将来の世代に重い負担を与えるより
も、より良い時代をつくっていこうと思うならば、原発ゼロを直ちにした方がいい」「3年前、原発直ちにゼロと言ったら、
推進論者や経済界は『小泉さん、直ちにゼロは無理ですよ。将来、先の話ならまだ分かるが、直ちにゼロなんてやったら、
日本経済は発展できない。寒い冬、暑い夏が来れば、当面、原発は必要だなと分かってくる』と言っていました。ところが、
今、原発事故から5年に至る。2011年3月から2013年9月まで、たった2基しか原発は動いてなかった。
2013年9月から15年8月まで原発ゼロで、今、たった2基しか原発は動いていない。実質的に原発ゼロで5年2カ月、
江戸時代には戻ってない。原発2基なんて自然エネルギーの数%でしょう。日本は原発ゼロ宣言をしていない。ドイツより
も先に、実質5年2カ月、原発ゼロでやって、たいして不自由していない。耐乏生活、窮乏生活なんて送ってない。
事実が証明している。こんな分かりやすいことがどうして分からないのか」

福島第一原発の事故が起こる前、地震、津波、火山という原発3大リスクが揃っている
この日本において、「原発は安全だ」という言葉を何度聞いたことでしょう。いまだに
約9万人が避難生活を強いられているんですよ!事故を起こしてしまえば、放射能を
まき散らす以外にどうしようもないことをわたしたちは知ってしまったのです。政府が
そして東電が本当に原発が安全だというならば、いや少なくとも火力発電所並みに安全
だというならば、東京湾に原発を建設すればいいのです。福島や新潟にあること自体が
「もし何か起きたときでも、被害を最小限に抑えよう」という発想が当初からあったと
いうことです。本当は全く安全ではなかったのに、「安全だ」と騙されて、原発事故で
我が家を奪われた人の気持ちを国民全体でもっと共有すべきです。東京湾内には、福島、
新潟、若狭湾のような津波はやってこないでしょう??? 

そうだ、豊洲はいかがでしょう?
原発なら土壌汚染など全く問題になりませんよ。何度も言いますが、今後の原発は安全
だというのなら原発を東京近郊に造ってください。系統を拡充する必要もありませんし、
電力ロスもありません。効率的だと思いますよ。東京近郊には造れないほど危険なもの
なら、地方でもお断りです。政治家は「安全」という言葉を安易に使いすぎています。
原子力規制委員会は、安全審査で合格したからといって安全を保障するものではない
との見解を示していますが、○✕式で○ならば、安全であるような錯覚を与えます。
どの原発も危険度が同じということは考えられませんから、原発ごとの危険度を数値化
するべきです。さらに、過去にさかのぼって、当時の福島第一原発の危険度はいくら
だったのかを再検証するべきです。もし、福島第一原発の事故が、「起こるべくして
起こった」事故ではなく、「予見できない」事故だったというのなら、その不運は
いつどこで起きるのか分かったものではありません。米山氏の「東電福島第一原発事故
の検証と総括なしに原発の再稼働なし」という表明は至極まっとうな意見なのです。





2016_10_18


ボブディランボブ・ディラン氏にノーベル賞、文学界で賛否噴出
(10月14日 AFPBB News AFP通信)
今年のノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)に米歌手の
ボブ・ディラン(Bob Dylan)氏(75)が選ばれたことを受け、
文壇には「衝撃が走った」と言っても、まだ控えめな表現になる
だろう。今年の候補としては、シリアの詩人アドニス(Adonis)
氏やケニアの小説家・批評家のグギ・ワ・ジオンゴ(Ngugi Wa
Thiong'o)氏が有力視されていた。ディラン氏の受賞は、戦慄
(せんりつ)や当惑、歓喜といったさまざまな反応で迎えられた。
フランスの小説家、ピエール・アスリーヌ(Pierre Assouline)
氏はAFPに対し、「ディラン氏の名はここ数年頻繁に取り沙汰
されてはいたが、私たちは冗談だと思っていた」と語り、選考
                            委員会に対する憤りをあらわにした。
「今回の決定は、作家を侮辱するようなものだ。私もディランは好きだ。だが(文学)作品はどこにある? スウェーデン・
アカデミー(Swedish Academy)は自分たちに恥をかかせたと思う」
フィリップ・ロス(Philip Roth)氏、ジョイス・キャロル・オーツ(Joyce Carol Oates)氏、ドン・デリーロ(Don DeLillo)
という米国の文豪3人もまだ同賞を待っているのに加え、ノーベル賞に無視され続けた末に亡くなったホルヘ・ルイス・ボルヘス
(Jorge Luis Borges)といった巨匠たちの例もあり、他の作家らも相次いで批判的な態度を示した。
映画化もされた「トレインスポッティング(Trainspotting)」で知られるスコットランド(Scotland)の小説家、アービン・
ウェルシュ(Irvine Welsh)氏も、ディラン氏の選出を酷評。「私はディランのファンだが、これは、もうろくしてわめく
ヒッピーらの悪臭を放つ前立腺がひねり出した検討不足で懐古趣味な賞だ」とツイッター(Twitter)に投稿した。
■決定を歓迎する文豪も
これに対し、同じくノーベル賞候補の一人と目されているインド生まれの英国人作家、サルマン・ラシュディ(Salman Rushdie)
氏は、より寛大な姿勢を見せている。同氏はツイッターで「素晴らしい選択」と評し、「(ギリシア神話の吟遊詩人)オルペウス
(Orpheus)から(パキスタンの詩人)ファイズ(Faiz)まで、歌と詩は密接な関わりを持ってきた」と、選考委員会の声明と
同様の見解を示し、「ディラン氏は吟遊詩人の伝統の優れた伝承者だ」とたたえた。ソーシャルメディア上での発信を頻繁に行う
上述のオーツ氏も、選考委員会からの電話を息を詰める思いで待っていたわけではないと示唆し、「傑出した、ユニークな選択」
だったとディラン氏に対する祝意を表明。「心に残る彼の音楽と歌詞は常に、最も深い意味で『文学的』に感じられた」とツイート
した。「思い出してもみてほしい、ボブ・ディランという名は、ロバート・フロスト(Robert Frost)のように、ノーベル賞こそ
受賞しなかったが受賞に値した20世紀の偉大な詩人、ディラン・トマス(Dylan Thomas)にちなんでいることを」(オーツ氏)

ボブ・ディラン氏、ノーベル賞の熱狂と距離 (10月14日 日経電子版NIKKEI STYLE)
ボブ・ディラン氏のノーベル賞受賞後初となるコンサートが終わった。受賞へのコメントは一切ない。同氏は受賞の喧騒(けん
そう)から明らかに距離を置こうとしているように見えた。米誌ニューヨーカーが「受賞を祝おう。グロテスクなトランプ台頭に
代わる明るい話題だ」との記事を出すなど、既に政治的な対立にも巻き込まれつつある。それに対し冷静に振る舞うことで米国
における大統領選と音楽の蜜月関係にも一石を投じようとしているように見える。
米西部ネバダ州ラスベガスで13日夜(現地時間)、ノーベル文学賞の受賞決定後初となるディラン氏のコンサートが開催された。
開演前から多くのファンが詰めかけた。近郊から来た自営業のキース・スコット氏(59)は「1970年代からずっとファン。
ノーベル賞は正当な評価だと思うよ」と笑顔をみせた。会場にはカジュアルな服装の50歳代以上とおぼしき落ち着いた白人夫婦
が目立った。受賞を祝う横断幕などの浮かれたものは全くない。ディラン氏がステージに登場すると、観客は総立ちとなり、
大歓声で迎えた。だが、同氏は受賞後のメッセージを待つかのような観客には目もくれずピアノ演奏に入った。(中略)
ディラン氏は受賞後も一切コメントを出していない。コンサートではノーベル賞受賞の話題だけでなく、曲以外の会話その
ものが一切なかった。ステージは暗くディラン氏の顔もかろうじて見える程度。声と曲が強調される「歌が全て」という演出
だった。ステージでは、アンコールに応え代表曲「風に吹かれて」を演奏した後、最後はフランク・シナトラが歌って有名な
「Why try to change me now(なぜ今僕の気持ちを変えようとするの?)」で締めた。世間から少し離れた自分の世界に入り
「そっとしといて」と歌う曲だ。意味ありげな選曲だった。(中略)
かつてディラン氏はこの民主党色が強いフォークの象徴であり、音楽と政治の蜜月を体現した存在だった。共和党の支持層と
重なる保守系団体を激しく批判したこともある。明らかに思想信条は民主党寄りで、オバマ政権誕生を歓迎するコメントを出し、
2010年にはホワイトハウスに招かれコンサートに参加したこともある。ただ、その一方で「答えは風に吹かれている」と繰り
返す代表曲「風に吹かれて」に象徴されるように、基本的には特定の思想信条や政党に深入りすることにはずっと懐疑的な立場
を取り続けてきた一面もある。ディラン氏の音楽遍歴もそれを反映している。政治色の強いフォークを離れ、ロック、ブルース、
ゴスペルなどが入り交じる音楽に、旧約聖書の詩篇、シェイクスピアなどエリザベス朝文学から影響を受けた抽象的なモチーフ
を乗せる独自の様式を築き上げてきた。ディラン氏のコンサート会場では曲や歌詞にうなずきながら座って音楽をじっくり楽しむ
客が大半だ。全体的にジャズのコンサートに近いような落ち着いた雰囲気だ。熱狂から一定の距離をおくこと、冷静に考えること。
そこには大統領選を控えた米国の国民にディラン氏が歌を通じて求めている姿が体現されているようにも見えた。

ボブ・ディランがノーベル文学賞と聞いたとき、ボブ・ディランは作家としても活動して
いたのかと思った人もおられたかもしれません。それも無理はありません。普通、文学賞
は文学作品に与えられるもので、楽曲の作詞に与えられるものではありませんから。
日本の文学賞でミスチルの桜井さんが受賞したら、誰だって驚きますよね。
ただ「文学」とは何かと考えてみると、その定義は曖昧。大きく分けると、文学には
言語表現による芸術作品とそれらを研究する学問があります。大学の文学部の場合は、
後者しょう。英語の場合も、文学部はdepartment of literatureなので、literatureと
文学はほぼ同じ意味だと思われます(スウェーデン語でどうなのかは知りませんが)。
ノーベル文学賞は前者を意味しているのでしょう。歌詞は文学作品とはいえませんが、
言語表現による芸術作品とはいえますので、選考対象としては間違ってはいません。
ただ個人的には、ノーベル文学賞が「政治介入」に利用されることには疑問があります。
政治色が多少あるのは許されるとしても、他国の選挙に首をつっこんではいけません。
アメリカ大統領選の直前に、明らかに民主党支援のアーティストを受賞させる意味とは
何なんでしょうか?ボブ・ディランさんがどのように考えているのか分かりませんが、
ノーベル賞受賞に対するコメントを大統領選前に出すと、共和党支持者の気持ちを逆に
奮い立たせることにつながるかもしれません。支持政党ではない候補に投票する人の
数は選挙結果に大きな影響を与えます。ボブ・ディランのノーベル賞受賞を喜ぶ人は、
ヒラリー候補に投票するに決まっていますから、現時点でそのような人をさらに喜ばす
必要はありません。今必要なのは、共和党支持者にヒラリー候補へ投票してもらうこと
ですから、共和党支持者を怒らせる言動を避けようとしているのではないでしょうか?
共和党支持者が何に不快感を示すかと言えば、他国のアメリカへの政治干渉です!
ここで共和党支持者の愛国心を傷つけるような発言は、トランプ候補有利に働きます。
ボブディラン氏とオバマ大統領日本だってそうです。中国や韓国から
熱烈に支持される総理大臣候補がいたら
どう思いますか?わたしなら絶対に応援
しません。与党政治家の無責任さや私利
私欲ぶりにはいつも嫌気がさすものの、
売国奴よりはいい。少しくらい問題の
ある総理大臣なら我慢できますが、
「総理大臣は、国を売らないこと!」
これだけは守ってもらいたいものです。




2016_10_16


サムスンギャラクシーノート7Samsung Galaxy Note 7発火問題、業界では障害の原因はバッテリー
コントローラーとの見方も
(10月11日 BusinessNewsline)
Samsungの最新モデル「Galaxy Note 7」に搭載されているバッテリー
が発火を起こすという事故が頻発し、製品の生産停止が決まった問題に
関連して、業界関係者の間で、問題が生じたのはバッテリー本体ではなく、
デバイス本体側に搭載されているバッテリーコントローラーではないかと
する噂が広がっていることが判った。業界関係者の間で生じている噂とは、
Samsungは、Galaxy Noteは充電する速度などを早めるバッテリー
コントローラーに改良を加えたが、この改良によって、搭載されているリチウムイオンバッテリー側の負荷が増大し、発火を
起こす可能性が増大したというものとなる。この論理では、Galaxy Note 7で生じている問題は、リチウムイオンバッテリー
側にあるのはなく、本体側のICチップにあるということとなり、リチウムイオンバッテリーを交換しても発火を起こすという
問題は解決できないこととなる。ただし、シンガポールの検査機関が実施した試験では、Galaxy Note 7に搭載されている
バッテリーは、折り曲げるなどの圧力が加えられた場合には発火を起こすという試験結果も上がっており、実際には、
バッテリーとバッテリーコントローラーの両方に問題があった可能性も生じている。
Galaxy Note 7に関しては搭載しているリチウムイオンバッテリーからの発火事故が起きたことから、Samsungは9月1日
付けでリコールを実施することを発表し、販売店舗で、発火の起きない正常品との交換を始めていた。
しかし、販売店舗で交換が行われた製品でも発火が起きる事故が起きたことから、Samsungは最終的判断として、
製品の製造を停止する決定を行った。これによってSamsungは少なくとも30億ドルの損失を被ったものと見られている。

ソニーさえ撤退に追い込んだ電池事業の苦境
今や自動車が主戦場、日本メーカーは岐路に
(7月30日 東洋経済オンライン)
世界で初めてソニーが実用化に成功してから四半世紀。リチウムイオン電池は軽くて高電圧・高容量という特長から、スマート
フォンやノートパソコン、デジタルカメラなど幅広い機器に使われてきた。今後も電気自動車の普及に伴い拡大が期待されて
いる。しかし、その生みの親は市場からの撤退を選んだ。7月28日、ソニーは電池事業の譲渡に関し、電子部品大手の村田
製作所と協議中であると発表したのだ。譲渡価格など条件交渉を経て、2017年3月末の取引完了を目指すという。(中略)
体力勝負のタフな市場
リチウムイオン市場は、首位サムスンSDI、2位パナソニック、3位LG化学の3強が世界シェア6割を占める。ただ、2015年度
の各社の電池事業の業績は、サムスンSDIが赤字、パナソニック、LG化学も営業利益率0.1%以下という惨憺たる状況だ。
背景には、ノートPCやスマホ向け電池の需要が鈍化する中、成長が見込める車載用電池での生き残りをかけ、各社とも
研究開発費がかさんでいることがある。車載用リチウムイオン電池市場では、米西海岸の電気自動車ベンチャーである
テスラ・モーターズに独占供給を行うパナソニックが一歩リードしているものの、韓国勢もテスラへの供給に関心を示して
おり、その地位がいつまで続くかは不透明だ。また、事業を買収する村田製作所も長期的には車載用電池の開発を狙っており、
熾烈な戦いが予想される。主戦場がスマホから電気自動車へとシフトし、新たなステージに入ったリチウムイオン市場。日本勢
は今度こそ世界をリードする存在になれるのか。投資がかさむビジネスだけに、待ち受けているのは体力勝負のタフな戦いだ。

日産ついに撤退か、車載電池で再編の号砲
日本勢が総崩れした液晶の二の舞は防げるか
(8月8日 東洋経済オンライン)
電池市場に激震が走った。8月5日、日産自動車が車載用電池事業から撤退する方針であることが、一部メディアで報じられた。
7月28日にはソニーが電池事業の譲渡に向けて、村田製作所と交渉中と発表したばかりだ。”日の丸電池”再編の動きが活発化
している。日産は撤退報道に関し、「憶測に対してコメントはしない」とするのみで、否定も肯定もしなかった。ただ、三菱
自動車の日産傘下入りや電気自動車(EV)「リーフ」の次期モデルの発売にあたり、電池調達先の合理化を検討する中、
今回の話が浮上してきたものとみられる。売却の対象となる子会社のオートモーティブエナジーサプライ(AESC)は、
日産が51%、NECグループが49%を出資する合弁会社。リーフ向けのリチウムイオン電池はAESCが製造している。
EVのコストの半分が電池代?
もっとも、日産が車載電池事業を切り離す背景には、その製造コストが高すぎるという事情があるとみられる。自動車に搭載
されている電池は、角形や円筒型、ラミネート型など、メーカーによってさまざまで、自動車メーカーは、AESCのような合弁
会社を電機メーカーと設立し、独自の電池開発をしているケースが多い。そのために標準化は進まず、製造コストが下がり
にくい構造になっている。EVの製造コスト全体に占める電池のコストは、「ざっくり言って半分程度」(あるアナリスト)
のため、EV自体の価格を押し上げる要因になり、普及の足かせにもなっている。
このような状況を打破すべく、車載電池の汎用化を進めて製造コストを抑え、EVをより手に入りやすいものにすることで、
今一つ盛り上がりに欠ける市場の起爆剤としたいと、日産が考えていたとしても不思議ではない。
そして気になる売却先だが、パナソニックや中国メーカーが候補に挙がっている。(後略)

今回のスマホバッテリー発火事故の原因が、バッテリーそのものにあるのか、バッテリー
コントローラーにあるのかは現時点では不明です。2013年にあったボーイング787
のバッテリー発火トラブルの原因については、バッテリーの不適切な設計と不十分な試験
だったとの調査結果が発表されています。今回の事故は、サムスンの業績にもかかわる
重大事であり、あってはならないことなのですが、スマホが発火すること自体は大いに
「ありうる」ことなのです。なぜなら、携帯電話に搭載されているバッテリーはリチウム
イオン電池で、その電解液は有機溶剤なので火がつけば燃え上がります。さらにリチウム
そのものも発火しやすい物質です。ですから、火がつくほどの熱暴走を起こさないように
設計することが大切で、ひとつの電池セルがショートしてもそれが他の電池セルに波及
しないようにしなければなりません。とはいうものの、体積あたりのエネルギー密度も
高めていかなければなりません。電極間の距離を狭めれば狭めるほど、充電時間を短く
しようとすればするほど、短絡や異常発熱の危険が高まりますから、性能と安全性は、
トレードオフの関係になっています。そして、これらをうまく両立させていこうとすると、

ドミナントデザイン前後のイノベーションどうしても開発コストや製造コストが高く
なってしまいます。スマホ関連部品と聞く
と花形産業であるように思いますが、数量
の増加に合わせて、コストを下げていく
ことができなければ、利益があがらない
状況に陥ります。太陽電池パネルや液晶
などでもそうですが、ドミナントデザイン
(製造法・製品の仕様などの標準化されたデザイン)が確立され、製品がコモディティ化
してくると、価格低下競争についていかなければなりません。このときのコスト削減戦略
をしっかりもっていないと、大赤字を出して撤退ということにもなりかねません。
このような状況下では、日本企業の多くは次の売り先を探します。しかし、電気自動車の
バッテリーについても、やがて同様のことが起きるでしょう。電気自動車はガソリン車より
安全と思われていますが、実際はそうでもなく、自動車においてもバッテリーの安全対策

テスラ炎上が重要です。しかも、スマホ
より長期耐久性が必要です。
バッテリー価格は車の価格に
直結するだけに、バッテリー
の価格低下圧力は大きく
なっていくでしょう。










2016_10_14


オリバーハート教授ノーベル経済学賞に米大学2教授 契約理論の発展に貢献
(10月11日 朝日新聞デジタル)
スウェーデン王立科学アカデミーは10日、2016年のノーベル
経済学賞を、米ハーバード大学のオリバー・ハート教授(68)と、
米マサチューセッツ工科大学(MIT)のベント・ホルムストロム
教授(67)に贈ると発表した。授賞理由は「契約理論への貢献」
で、社会の基盤となる契約を包括的に分析する理論を構築したと
評価された。契約理論は、雇用、報酬、保険、売買といった契約
を結ぶ前提や結果を分析し、最適な契約のあり方を探るもの。
たとえば、企業が最大限に業績を上げるため、経営者の報酬体系を固定給にするか、業績連動にするかを考える際に
使われる。ハート氏は、契約が将来起きるすべての事象を予想して対処しているわけでないという、契約の「不完備性」
を研究。そこから生じる企業経営の問題と契約のあり方などを理論的に示した。(後略)

 ゲーム理論とならぶミクロ経済学における流行のトピック、契約論。この分野の定番書、Firms,
 Contracts, and Financial Structure, Oxford University Press, 1995の翻訳。
 ▼オリバー・ハートが中心となって発展させてきた不完備契約理論を自らサーベイし、わかり
  やすく伝える解説書となっていると共に、不完備契約理論を適用して企業の範囲や金融構造、
  さらには破産など多様な問題について理論の発展方向に関する視座を与える。
 ▼不完備契約理論は、およそ経済取引において、すべての起こりうる状況を網羅し何が起こっ
  ても対処しうる完璧な契約を結ぶことは本来不可能であるという、極めて現実的な認識から
  出発する。この立場から様々な現象について議論し、さらに伝統的なアプローチが分析の対象
  としてこなかった「パワー」の問題まで言及される。


ハート氏は、世のなかでは予期せぬ出来事が常に起きることから、想定できるあらゆる
可能性を契約に盛り込むことはできないとして、理論を組み立てているそうです。
その上で、現実に予期せぬ出来事が起こったとき、企業や個人がどのように行動する
のかを分析しています。しかし、日本においては、アメリカと少し事情が異なるような
気もします。アメリカはどんなことでも両者がしっかりとした契約を結ぶようですが、
日本では何を契約したのかよく分からないものが多くあります。この代表が雇用です。
雇用されたときに、雇用契約書なんて受け取った記憶がない人も多いでしょう。また、
日本の契約では、そこに書かれている言葉だけでは判断できないものも多いのです。
これは不完全な契約というレベルではなく、暗黙の了解とか、不文律のようなものです。
どちらかというと、日本ではそのような見えない力のほうが重要だったりするのです。
「ムラの掟」の力学をアメリカ人に理解してもらうのは容易ではないのかもしれません。
契約理論では、不完全契約で起きる問題のひとつとして、いったん締結されてしまうと
元に戻すのが難しく、しかも不測の事態において交渉相手が強さを増してしまうような
投資に関する事象などについて議論されるようです。しかし、わたしたち日本人(個人)
にとっては、不測の事態が起きようと起きまいと、契約に付随している「隠れた契約」
が大きな問題であるように思います。その代表例が結婚です。結婚という契約には、
その後の、出産、住居購入、子供の教育費のねん出がセットになっていることは暗黙の
了解になっています。逆に、結婚せず、実家暮らしを続ければ、住宅費、教育費はゼロ。
それでも、快適な老後をおくろうと思って貯金にはげめば毎日の生活は楽ではない。
一般人にとって、経済学の難しい数式は必要ありませんが、しっかりとした経済観念を
持っておく(数字に強くなる)ことは重要だと思います。


「人生の3大費用」が何か分かりますか? 答えられる人は2人に1人 (10月1日 ZUU online ズー・オンライン)
結婚の費用突然だが読者の皆さんへ質問だ。次の(1)~(3)から一つ、
「人生の3大費用」を指している組み合わせを一つ選んで
欲しい。
(1) 生涯の生活費、子の教育費、医療費
(2) 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費
(3) 住宅購入費、医療費、親の介護費
これは金融広報中央委員会が、いまの日本の個人に対する
「お金の知識・判断力」を大規模に調査した「金融リテラシー
調査」での質問だ。10代からの金融教育を求める声が高まる
中、実施状態やその有無によっての回答率の差など、実に興味深い内容でまとめられている。
金融リテラシー調査による、日本人のお金に対する理解・行動
冒頭のような質問51項目から構成され、全国18歳~79歳の2万5000人を対象にしたアンケート調査をまとめたものが、
2016年6月に発表されたのだが、その質問の一部に、先ほどの「人生の3大費用」がでてくる。実際の正解率は47.6%で、
わずか約2人に1人が正解という結果だった。
正解は(2)。子の教育費、住宅購入費、老後の生活費が3大費用である。だれが決めたのだなんて屁理屈を言わないで
最後までお読みいただきたい。別の質問項目で得た回答を当てはめてみると、「必要額を認識している人」の割合は、
49.4%~56.8%、「資金計画を策定している人」の割合は35.2%~48.8%、「資金を確保している人」の割合は、
15.5%~32.8%となっている。
我が国 負のサイクル要因「教育費」
2009年度文部科学白書によれば、大学卒業までにかかる平均額は、すべて国公立で1000万円、全て私立となると
2300万円にもなる。仮に直近のデータを採取するのであれば、その数字は2009年度より増えているだろう。
よく世間では「子供一人に1000万円」と言われるが、筆者自身シングルで子育てをしていていつも思うのは、
「教育費に1000万円」であって、その他生活費を含めると、2倍~3倍にもなるのだ。FP業界では、子供が人生の
経済的重荷のような話になりがちだが、一方では次世代の貴重な担い手であって、その育成負担を個別の親にだけ
強いるのは、もはや限界に達している。
実際に同白書中の、教育費負担に関する国民の意識調査結果では、「子育てのつらさの内容」の上位2つが、
「子供の将来の教育にお金がかかること」で45.8%、「子供が小さい時の子育てにお金がかかること」で25.5%
--となっており、合算すると経済面での不安が実に71.3%も占めている。いかに子供の教育にお金がかかるか、
またその負担が、少子化の負のサイクルの要因になっているかがお分かりいただけるだろう。
一生にかかる住宅費は、5700万円~1億円?
「いつかはマイホーム」--。画一的なキャッチコピーが並ぶ高度経済成長期とは変わって、生涯の住まいは賃貸で、
とする人も、最近では珍しくない。とはいえ、住まいにかかる経済的負担は、家計の中で最も大きいものと言えよう。
国土交通省の2015年度住宅経済関連データを調べてみると、持ち家世帯が住宅ローンなどの返済に割り当てる
収入比率は、平均8.9%。賃貸世帯が13.9%。一見、持ち家の方が負担は少なそうに思えるが、この費用以外に、
毎年6月に支払う固定資産税・都市計画税、マンションであれば管理費・修繕積立金などがある。一戸建ての場合は、
老朽化に備えて、自ら修繕費用をねん出する必要もでてくる。持家か賃貸か、という議論はメリット・デメリットの
違いで、個々の幸福感によって変わる事もあるので、その議論はまた別の機会にするとして、一生のうちに住宅
にかかる費用を、大まかな計算ででも見てみよう。25歳~85歳までの60年間で、次の費用が生涯賃金の中から
住宅費として、必要になる。毎月家賃の8万円だと5760万円、10万円で7200万円、12万円で8640万円、15万円の
場合は1億800万円となる。やはり大きな支出だ。
仕事をせず長生きすればするほど、必要なお金は甚大
老後の生活費となると、はやり「(老齢)年金」の話になる。先日政府が閣議決定した法案では、国民年金の受給
資格を、最低25年から10年まで短縮するという。国民年金は、20歳~60歳まで40年間満額を支払ったとして、
受け取れる年金額は約78万円。受給額はひと月あたり6万5000円だ。10年への短縮が認められたとして、単純に
40年を10年に換算したら、ひと月あたりの受給額は1万6250円、子供の小遣いぐらいだろうか。厚生年金は、平均
報酬月額36万円の場合、専業主婦世帯の年金受給額は約23万円。国民年金の夫婦で13万円(6万5000円×2人)
よりは随分多いが、それでも満足に暮らせるには満たないだろう。緊急予備資金など貯えも必要だ。ではその差額
を自助努力で現役世代にこしらえて置くしか方法がないとすると、現在の銀行定期預金(長期金利)0.3%で計算
すると、複利運用40年間の積立額は、3,000万円貯めるのに、毎月約5万9000円、5,000万円貯めるのに、毎月
約9万8000円。7,000万円貯めるのに、毎月約13万7000円、1億円貯めるのに、毎月約19万6000円とこんな具合だ。
預金だけ、しかも0.3%という年利数値の計算なので、少々現実味が欠けるかもしれないが、数字はウソをつかない。
単に「3大費用」というと耳慣れしてしまうものだが、掘り下げて数値化すると、落胆の声が聞こえてきそうだ。
このような話は10代の頃に筆者は知りたかった。
金融教育が時代に合わせた形で、一刻も早く広く実行されることを願う。




2016_10_12


九州各地で10月の最高気温更新 佐賀で33.6度記録 (10月2日 朝日新聞デジタル)
2日の九州は、熊本、佐賀、鹿児島、福岡の各県で33度を超えるなど各地で気温が上がり、午後3時40分現在、
最高気温の上位10地点を九州が占めた。うち7地点で10月の最高気温を更新した。鹿児島地方気象台によると、
太平洋高気圧の勢力が依然強く、南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響もあり気温が上がったという。
最も暑かったのは佐賀市の33・6度。熊本市と熊本県菊池市が33・3度▽福岡県久留米市33・2度▽鹿児島市
33・1度など。3日も各地で30度を超える暑さになると予想されるが、台風18号の影響を受け天気は南部から
下り坂となる見込み。

台風一過 各地で真夏日…10月の最高気温更新 (10月6日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
台風一過の日本列島は6日、西日本から東日本にかけて広い範囲で秋晴れとなった。千葉県茂原市で34.0度を
記録するなど10月の最高気温を各地で更新し、30度以上の「真夏日」は全国に929ある観測地点のうち110
以上となった。 気象庁によると、台風18号が暖かい空気を運び込んだことに加え、午前から日差しが強く気温が
ぐんぐん上がった。 各地の気温は、甲府市32.7度、鹿児島県天城町32.6度、茨城県筑西市32.4度など。
横浜市は31.8度、高知県南国市は31.1度で10月の過去最高気温を更新。東京都心は31.3度、大阪市は
28.8度だった。

秋サケ漁、序盤不調 高い海水温影響か 釧路管内46%減、根室23%減 (9月28日 どうしんウェブ電子版)
釧路・根室両管内の序盤の秋サケ定置網漁が不調だ。釧路十勝海区、根室海区の両漁業調整委員会によると、20日
現在の漁獲量は釧路管内が前年同期比46%減、根室管内が同23%減。関係者からは不振の要因として、海水温の
高さを指摘する声が上がっている。今年は台風10号の影響で網の設置作業が遅れ、釧根管内では3日に初水揚げ、
5日以降本格化した。10日時点の漁獲量は、台風に伴う川水の増水や流木の影響などで思うように漁ができなかった
ため、釧路管内が同53%減、根室管内が同65%減とさらに落ち込んでいた。20日現在は釧路管内の浜中、散布
の両漁協と根室管内の落石漁協を除いて前年同期の漁獲量を下回る。「釧路管内は東寄りは好調だが、西寄りは不調」
(釧路十勝海区漁業調整委員会)で、同71%減の釧路市東部漁協の佐々木透専務理事は「出だしとしては最悪。
海水温が高くて9月下旬に入っても定置網にブリが入る異例の状況で、秋サケが寄ってくるよう海水温が下がって
ほしい」と話す。10日時点で前年同期比94%減と根室管内最大の落ち込みだった羅臼漁協は20日時点で同14
%減まで回復。同漁協サケ定置部会の中谷洋部会長は「知床岬方面はいくぶん捕れるようになってきたが、夏に
見られるクラゲがまだ大量におり、水質や水温が変化しているのでは」と心配する。一方、漁獲金額は釧路管内は同
34%減の6億6000万円、根室管内は同14%減の19億2500万円。漁業情報サービスセンター(東京)に
よると、9月上旬の道東海域の表面水温は前年同期より2~4度高い17~23度台で推移。さけます・内水面水試
2016年10月日本と海外の気象(恵庭市)の宮腰靖之・
さけます資源部長は
「釧路沖の海域は岸近く
まで高い水温となっており、
サケが高水温を嫌がって
沿岸に寄ってこないのでは」
と推測している。








西日本、東日本が太平洋高気圧に覆われた10月8日、大阪の最高気温は31℃
になりました。しかし、9日になって大陸生まれの冷たい高気圧が張り出したこと
でようやく「夏」も終わりになった模様です。しかし、10月になっての太平洋
高気圧の強さは異常です。日本近海でずっと海水温の高い状態が続いていることが、
その原因のひとつになっているものと思われます。海水温が高いため、サンマが日本
近海になかなか近づいてこられなかったことが影響して9月は不漁になりましたが、
同様の理由で、現在、サケも不漁になっています。海外でも、5段階評価で勢力が
2番目に強いカテゴリー4の「怪物ハリケーン」がハイチに上陸。同国では300人
以上が死亡したとのことです。一般的に、台風は海水温が27℃以上で発達すると
言われていますが、台風の強さは海面水温よりも海洋表層の蓄熱量と密接な関係が
あるのではないかと考えられています。一見してわずかに見える海水温の上昇は、
海洋表層における蓄熱量の膨大な増加を生みだしている可能性があり、そのことが
思ってもみない深刻な影響をもたらしているのです。海水温の上昇がさまざまな地球
規模の異常気象の発生頻度を高め、しかも変動幅を大きくしているといえるでしょう。
地球温暖化の支配的原因が大気中の二酸化炭素濃度の増加であると断言はできない
ようにも思いますが、逆に、二酸化炭素濃度の増加が地球温暖化に寄与しないという
証拠は全く得られていません。少なくとも現状でいえるのは、地球温暖化の原因が
人為的な二酸化炭素の排出であるとして、再生可能エネルギーの普及などの対策を
政府が講じていることに対して、「そんなことをやっているのは世界中で日本だけ」
と言い切る中部大学教授の武田邦彦さんの意見は間違っているということです。日本
政府は、パリ協定がこれほど早く発効するとは思っていなかったのでしょう。日本が
世界の先頭に立つ必要はないと思いますが、とはいえ、世界の潮流を無視することも
できません。日本に不利なルールを作られても困りますし・・・


パリ協定が来月4日発効 73カ国批准、日本出遅れ (10月6日 TOKYOweb 東京新聞)
国連は五日、二〇二〇年以降の地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」が十一月四日に発効する、と発表した。
協定は、海水の温度上昇による海面上昇や海岸浸食、巨大台風をはじめとする異常気象の増加など温暖化がもたらす
影響を最小限に食い止めるのが狙いで、今月五日時点で七十三カ国・地域が批准。これにより、石炭や石油を燃やす
ことで発生する二酸化炭素(CO2)など温暖化に及ぼす影響が大きい温室効果ガスの世界の排出量に占める比率が
2016年10月パリ協定批准状況55%を超え、発効要件を満たした。一方、日本は未批准で、世界的
な流れに出遅れている。国連の潘基文(バンキムン)事務総長は、
同日発表した声明で「かつては不可能と思われていたことが今や
(動きを)止められなくなった」と早期発効に祝意を示し、批准して
いない国々に国内手続きを加速するよう促した。温暖化対策に力を
入れてきたオバマ米大統領も、声明で「地球を守るための歴史的な
日だ」と述べた。協定は昨年十二月の採択からわずか十カ月で発効
にこぎ着けた。七年を要した京都議定書に比べると格段に早く、
温室効果ガスの排出量を今世紀後半に実質ゼロにすることを目標
に据えた野心的な取り組みだ。温室効果ガスの削減義務を先進国
だけに課した京都議定書と違い、途上国を含めた百九十六カ国・
地域全てに拡大したのが特徴。ただその分、国別の削減目標値は
各国が自ら決定し、目標達成は義務づけられていないなど、参加
ルールは比較的緩くなっている。協定の発効に向けては、九月初めに
米国、中国の二大排出国が批准し流れをつくり、同下旬には約三十カ
国が国連に批准書を提出、発効要件の一つである五十五カ国の批准
は達成していた。今月五日にフランスやドイツ、オーストリア、ハンガリーなどの欧州連合(EU)加盟国が批准書
を提出。国連気候変動枠組み条約事務局によると、五日時点の排出量の比率が約56・9%にまで達し、もう一つの
要件をクリアできた。十一月七日にモロッコで開かれる国連気候変動枠組み条約第二十二回締約国会議(COP22)
では、パリ協定の具体的なルール作りが協議される。




2016_10_10


瀬戸内寂聴さん「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら反発
「気持ち踏みにじる言葉だ」 日弁連シンポで死刑制度批判

(10月7日 産経WEST)
日本弁護士連合会(日弁連)が6日、福井市内で開催した死刑制度に関する
シンポジウムに、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)がビデオメッセージを
寄せ、死刑制度を批判したうえで「殺したがるばかどもと戦ってください」
と発言した。会場には全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーや支援
する弁護士らもおり、「被害者の気持ちを踏みにじる言葉だ」と反発した。
日弁連は7日に同市内で開く人権擁護大会で「平成32年までに死刑制度の
廃止を目指す」とする宣言案を提出する。この日のシンポジウムでは、国内外
の研究者らが死刑の存廃をめぐる国際的潮流について報告。瀬戸内さんのビデオメッセージはプログラムの冒頭
と終盤の2回にわたって流された。この中で瀬戸内さんは「人間が人間の罪を決めることは難しい。
日本が(死刑制度を)まだ続けていることは恥ずかしい」と指摘。「人間が人間を殺すことは一番野蛮なこと。
みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください。そして、殺したがるばかどもと戦って
ください」と述べた。瀬戸内さんの発言について、あすの会顧問の岡村勲弁護士は「被害者はみんな加害者に
命をもって償ってもらいたいと思っている。そのどこが悪いのか。ばか呼ばわりされるいわれはない」と話した。

日弁連が謝罪…瀬戸内さん「殺したがるばかども」発言で 「被害者への配慮なかった」 (10月7日 産経WEST)
作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)が、日本弁護士連合会のシンポジウムに寄せたビデオメッセージで死刑制度を
批判し、「殺したがるばかどもと戦ってください」と発言したことについて、日弁連は7日、福井市内で開いた人権
擁護大会の中で「犯罪被害者への配慮がなかったことは、おわび申し上げる」と謝罪した。(後略)

死刑をめぐる世論調査寂聴さんがどのような思いでこのような発言をした
のか知りませんが、犯罪被害者やその遺族の傷口に
塩を塗るような言葉であるとの認識はなかったので
しょうか?「人間が人間を殺すことは一番野蛮な
こと」ってどういう意味なのでしょう。基本的には、
複数の人間を殺害した犯人が死刑になるのですから、
一番野蛮なことをした人間に極刑を下すことに
何か問題があるのでしょうか?確かに、死刑を執行
してしまうと、後から冤罪であることが分かって
も取り返しがつかなくなりますから、無罪を主張
している死刑囚に死刑を執行することには、慎重
であるべきでしょう。理想論としては、死刑など
必要のない社会になればいいなと誰でも思います。しかし、他人の命を意図的に奪う
人間がいる以上、死刑判決は必要でしょう。多くの人は、権力によって命を奪われる
より、卑劣な犯人によって命を奪われる確率のほうが高いと感じているでしょう。
日弁連は、国家の横暴をチェックすることを自分たちの重要な任務と考えているの
かもしれませんが、それより自分たちをチェックしたほうがいいと思います。
悪徳弁護士により、何の落ち度もない人が苦しめられています!
日弁連が、イデオロギーではなく、真の意味で人権を重視しているのであれば、
いじめや過労による自殺の問題をもっと重視するべきでしょう。奮闘されている
弁護士のかたも多くおられるとは思いますが・・・
いじめや過労による自殺の問題では、懲罰的な賠償をもっと求めていくべきでは
ないでしょうか?


横領1億円でキャバクラ豪遊も 元弁護士に実刑 (10月7日 朝日新聞デジタル)
成年後見人として管理していた高齢者の預金を使い込んだとして業務上横領罪に問われた元弁護士、渡部直樹被告
(49)に対し、東京地裁は7日、懲役6年(求刑懲役7年)の実刑判決を言い渡した。稗田雅洋裁判官は「成年
後見制度に対する社会の信頼を揺るがしかねない悪質な犯行だ」と批判した。判決によると、渡部被告は2011~
15年、法定後見の2人と任意後見1人の計3人の高齢者の口座から、計約1億1200万円を引き出して横領した。
公判で弁護側は、被告は双極性障害の精神障害があり、犯行当時は善悪の認識能力が著しく損なわれた「心神耗弱」
の状態だったと主張した。判決は、被告を診断した医師の証言をもとに、「精神障害の症状は認められない」と判断。
横領した金は事務所費や借入金の返済、キャバクラでの豪遊に浪費した、と指摘した。この事件をめぐっては、被害
女性2人が新たに選任された成年後見人を代理人に、計約7900万円の損害賠償を求めて提訴。東京地裁が9月、
渡部被告に全額の支払いを命じる判決を言い渡し、確定した。女性側は、渡部被告を成年後見人に選任した家裁
にも責任があるとして、国にも損害賠償を求めて提訴している。

24歳東大卒女性社員が過労死 電通勤務「1日2時間しか寝れない」 クリスマスに投身自殺 労基署が認定
(10月7日 産経ニュース)
最長月130時間の残業などで元電通社員の高橋まつりさん=当時(24)=が自殺し、三田労働基準監督署(東京)
が過労死として認定していたことを7日、遺族側弁護士が会見で明らかにした。弁護士によると、高橋さんは平成27
年3月、東京大文学部を卒業後、同年4月に電通に入社。インターネットの広告部門を担当し、同年10月から証券
会社の広告業務も入った。弁護士側が入退館記録を基に集計した残業は、10月が130時間、11月が99時間と
なっていた。休日や深夜の勤務も連続し、12月25日に、住んでいた寮から投身自殺した。高橋さんが友人や母親
に送信したツイッターなどでは、1日2時間睡眠が続いたことなどを訴えた上で、「これが続くなら死にたいな」
「死んだほうがよっぽど幸福」と記していた。高橋さんの母、幸美(ゆきみ)さん(53)は「娘は二度と戻って
きません。命より大切な仕事はありません。過労死が繰り返されないように強く希望します」と話していた。
電通は「社員の自殺については厳粛に受け止めております。労災認定については内容を把握しておりませんので、
コメントは差し控えます」とした。



2016_10_08


酵母のオートファジー【大隅良典さんノーベル医学・生理学賞受賞】
栄養を再利用…「オートファジー」って何?

(10月4日 産経ニュース)
成人は1日に160~200グラムのタンパク質を体内
でアミノ酸から合成し利用している。だが、食事などで
摂取するタンパク質やアミノ酸は1日わずか60~80
グラム。不足分の調達に大きな役割を果たしているの
が、細胞内で劣化したタンパク質などを分解し再利用
する「オートファジー」だ。新生児も生まれた直後は
オートファジーで栄養補給する。胎盤から離れると
母親から栄養を得られず飢餓状態に陥るため、自分の
細胞内のタンパク質を分解して生き抜いているのだ。山などで遭難した人が、水だけで何日も生き延びられることがある
のも、オートファジーのおかげだ。大隅良典氏の研究で、こうした飢餓の解消だけでなく、細胞内の老廃物を分解する
浄化や、侵入した細菌や異物を分解する防御など、複数の重要な役割を担うことも判明した。生体内の主な浄化機能
には、オートファジーのほか不要な細胞を「自殺」させるアポトーシス(細胞死)と、細胞内の不要なタンパク質を
見分けて分解するユビキチン・プロテアソーム系がある。それぞれ欧米の研究者が発見し2002、04年にノーベル
賞を受賞した。大隅氏が「第3の浄化機能」で受賞に輝いたことで、日本の細胞生物学のレベルの高さが示された。
オートファジーは多様な病気との関連が研究され、国際競争が激化している。日本の研究者は、オートファジーの異常
が神経疾患や生活習慣病などを起こすことを動物実験で解明し、リードしてきた。
ただ、がん治療への応用では米国が先行している。がん細胞は抗がん剤によって死滅しそうになると、オートファジー
を悪用して生き残る性質がある。臨床の規制が緩い米国では、この性質を利用してオートファジーの阻害剤をがん患者
に投与する治験が既に始まっている。このままでは日本の優位性は保てない。
山中伸弥京都大教授が12年にノーベル賞を受賞した人工多能性幹細胞(iPS細胞)に国は多額の研究費を投入。
審査迅速化で臨床研究を加速し実用化を後押ししている。オートファジーも将来、大きな医療市場を生み出す可能性
が高い。日本が優位性を確保して持続的な経済成長に役立てるためにも国は支援策を急ぐ必要がある。

基礎研究を究められた大隅氏のノーベル賞受賞は、同じように、不思議だと思った
こと、興味を持ったことを徹底して研究する姿勢を貫いている研究者の大きな励み
になるものと思います。基礎研究をやるのなら、世のなかに役に立つかどうかなど
考えず、オンリーワンになることを目指してほしいものです。基礎研究者にとって
最も言われたくない言葉は、「世界一になる理由は何があるんでしょうか、2位で
はダメなんでしょうか?」ではないでしょうか。こんなに短い言葉で、基礎研究の
息の根を止めるとは・・・基礎研究をやっていればそれが応用につながり、やがて
社会に貢献できるから基礎研究は重要なんだというのも、危険な発想です。実際、
10年スパンで考えれば、基礎研究はサイエンスの世界での成果にとどまるものが
多いですし、先進的であればあるほど、そうなるでしょう。基礎研究を応用研究
の前段として位置づけるのは適当ではありません。費用対効果の観点からみれば、
基礎研究はやめたほうがいいという結果になるでしょう。基礎研究は、長期的に
見れば社会に貢献していますし、短期的に見れば、新しい知見でいいのです。
といっておきながら・・・直接的に人の役に立つ研究も大切です。
そして、儲かる研究も・・・新薬は病人を救い、大きな利益につながります。
とはいえ、新薬の開発に基礎研究の成果を利用できると決めつけるのは危険です。
例えば、病理学の知見から、ベータアミロイドがアルツハイマー病の原因では
ないかと考えられています。しかし、ベータアミロイドを標的にしたアルツハイマー
病の新薬開発が成功したという話は聞いたことがありません。
アルツハイマー病になると、ベータアミロイドとタウタンパク質の蓄積が進み、
それが原因で脳神経細胞が死滅して病状が悪化します。しかし、ベータアミロイド
は病気の主因ではなく、まだ明らかになっていない真の原因があるのではないで
しょうか?複合的要因が複雑に絡み合っているのかもしれません。
実用化では、基礎研究のような「こだわり」が成功を妨げるケースも多いのです。


アミロイドとオートファジー飢餓により誘導されるオートファジーに伴う
“細胞内”アミロイドの増加を発見
―過度な食事制限はアルツハイマー病を加速
する可能性を示唆―
(2015年7月14日
日本医療研究開発機構プレスリリース)
研究成果の意義
本研究により、脳神経細胞においても飢餓誘導性
オートファジーが存在し、さらにマクロオート
ファジーの活動性には日内変動があることを示し
ました。さらに本研究成果は、アルツハイマー
病態におけるオートファジーの活性化が細胞外
から細胞内へのベータアミロイドの取り込み促進
に働くものの、細胞内部でのベータアミロイドの
分解処理には不十分であり、むしろ細胞内にベータアミロイドが蓄積して細胞膨張を伴う細胞死につながる可能性を強く
示唆しています。今日では、過度なカロリー摂取などの生活習慣がアルツハイマー病進行を早める要素であることが広く
認められています。しかし、脳内で細胞外のベータアミロイド濃度がある程度高まった後では、むしろ、カロリー制限に
よってオートファジーを過度に活性化することがアルツハイマー病態を悪化させるリスクとなることが、本研究成果から
想定されます。これは、食習慣を通じた認知症予防・治療を今後進める際に重要なポイントと考えられます。また、
アルツハイマー病のゲノムワイド関連遺伝子解析(GWAS)においてオートファジー関連遺伝子が優位な相関を示してい
ることから(Lipinski et al, Proc Natl Acad Sci USA, 2010)、アルツハイマー病においてオートファジーが機能不全
に陥っている可能性も疑われます。この点も、カロリー制限による過度なオートファジー促進がアルツハイマー病の
増悪因子となりうることを示唆しています。(中略)
さらに本研究成果は、細胞内ベータアミロイド蓄積が細胞死を経て細胞外での蓄積のシードとなる可能性も示唆しており、
細胞内外のベータアミロイド沈着と細胞内のタウタンパク質沈着を結ぶアルツハイマー病の総合的な理解への布石となる
知見とも考えられます。

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず (7月14日更新 WELQ ウェルク)
「アミロイド蓄積説」は当てにならないのかもしれない。認知症の発症には従来、脳内のアミロイドβと呼ばれるタンパク
質の蓄積が関わるとされる。このたび健康な人を調べたところ、確かに遺伝子とアミロイドβとの関係はあったものの、
認知能力の低下とは関係していないと分かった。
認知症のない人を調べた
米国ミネソタ州に本部を置く総合病院メイヨー・クリニックの研究グループが、米国医師会が発行する神経学分野の
国際的専門誌ジャマ(JAMA)ニューロロジー誌2015年5月号で報告した。研究グループは、30歳〜95歳の認知症のない
1246人について、認知症に関係する要素を2006年3月〜2014年10月に調査した。調査した項目としては、年齢と性別、
記憶力の状態、記憶力に関係する脳の部分である「海馬」の体積、認知症のなりやすさと関係する遺伝子で、アポリポ
タンパクEの複数ある種類のうちの一つである「APOEε4」を持つかどうか、PET検査による「アミロイドβ」の蓄積の状態。
記憶力とアミロイドβは無関係
その結果、全体的に、記憶力は30歳代から悪化し始め90歳代まで悪化を続けていた。全体的に記憶力の衰えは、女性より
も男性の方が大きく、特に40歳以降で顕著だった。海馬の体積は30歳代から60歳代半ばまでは徐々に小さくなって、それ
以降は急激に縮小していた。全体的に海馬体積の減少は、女性よりも男性の方が大きい。特に60歳以降に顕著だった。
男性でも女性でも、全ての年齢において、APOE ε4を持っているから記憶力が大きく下がるという差はなかった。
アミロイドβの蓄積の程度は、平均値は70歳代までは低いが、それ以降は増加していた。70歳以降では、APOE ε4を
持っている人では、持っていない人よりもアミロイドβの蓄積が多いと見られた。10%の人たちがアミロイドβ陽性と判定
される年齢はAPOE ε4を持っていると57歳、持っていないと64歳だった。
「通念に異議を唱えている」
遅発性アルツハイマー病では、生来の認知能力の低下を背景に、アミロイドβが加齢とともに蓄積していく。今回の調査に
よると、認知能力の低下は、加齢と関連しているが、アミロイドβの蓄積とは関係していなかった。ジャマ・ニューロロジー
の論説では、「アミロイドβの蓄積が全ての年齢を通じて記憶力と関わっているという通念に異議を唱えている。認知症の
ない正常な脳の加齢プロセスに関する知識を広げてくれた」と称賛している。認知症の背景は依然としてはっきりしない。




2016_10_06


ボート連盟会長と小池都知事国際ボート連盟会長、五輪会場変更に反対
小池知事と会談 (10月3日 日経電子版)
2020年東京五輪・パラリンピックの競技施設整備に関し、国際ボート連盟の
ロラン会長は3日、都庁で小池百合子知事と会談し、現行計画を変更しない
よう求めた。ボートの会場整備をめぐっては、都政改革本部の調査チームが
会場変更を含む大幅な見直しを提言している。小池知事は費用削減の必要性
を強調したが、今後の調整は難航しそうだ。「詳細に調査、分析して到達した
結論だ」。ロラン会長は会談で、五輪のボート会場を当初の計画通り臨海部の
「海の森水上競技場」とするよう訴えた。(後略)

盛り土問題の経緯豊洲の謎、なぜ解けない 都調査に対し怒りや不信の声
(10月1日 朝日新聞デジタル)
日本の台所・築地市場(東京都中央区)の移転はどうなるのか。豊洲市場(江東区)
で建物の下に盛り土がされなかった問題で、都の調査は責任者の解明に至らなかった。
調査を命じた小池百合子知事は淡々とその結果を説明したが、市場の人や都民からは
不信の声が上がった。(中略)東京五輪に向けたフラッグツアーなどの話題に続き、
豊洲市場問題の調査結果の発表へ。小池氏はわずかに表情を険しくし、パワーポイント
で報告書を解説していった。主要な建物の下に地下空間を造ったのに、盛り土があると
説明し続けた都職員の対応を、強い口調で断じた。「非常に遺憾」「恥ずかしい状況」
問題発覚後に石原慎太郎元知事が報道陣に「都庁は伏魔殿」と発言したことを念頭に
置いてか、「『伏魔殿』と評論家のように言っているわけにはいかない」と述べ、
改革を進める意欲を示した。だが報告書は、どの時点で誰が盛り土をしないことを
決めたのか、特定しなかった。小池氏は「流れの中で、空気の中で進んでいった」
と淡々とした表情で語った。28日の都議会での所信表明では、責任の所在を解明する
と宣言していた。報道陣から「これ以上詰め切れないのか」「責任の所在はいつまでに
明らかにするのか」と質問が相次いだが、「(報告書では)明確な答えがまとまって
いないと思います」。
さらに日本人論で知られた評論家の名を持ち出し、「山本七平さん的にいえば日本の
空気の研究。それでは大学の研究に終わっちゃいますので、それからもう一歩、二歩
進める」と話し、公益通報制度を使うなどして調査を続ける考えを示した。(後略)


「組織は頭から腐る」 (2015年10月20日 電通報)
魚も組織も頭から腐る 「魚は頭から腐る」は西洋のことわざですが、企業や組織でも「組織は頭から腐る」という言葉が使われます。
「頭」とは、社長など組織長を示しており、社長の社内での無理な業績要求や、目標達成を過度に追求する姿勢・発言が、組織
(企業)を腐らせることを表現しています。要するにこの言葉は、危機管理におけるトップの重要性を訴えている言葉なのです。
実際に、われわれが企業の緊急時広報を支援している現場においても「上からの強い要請があった」「物を言えない社風が…」などの
声が漏れ伝わってきます。トップの過度なプレッシャーから組織文化が壊れていき、世間の常識と企業の常識にズレを生じさせ、結果、
不正が行われてしまう。こうしたことは、多かれ少なかれ記事を目にしている企業人であれば感じたことがあるのではないでしょうか?
組織の頭(トップ)というのは、強いリーダーシップがあるものであり、その発言や文章は、自身が考えている以上に強い影響力が
あるということを、経営者や危機管理担当者はあらためて強く認識すべきでしょう。(中略)
リスクマネジメントは経営トップの責務 これからの時代、経営トップは事件・事故・自然災害にとどまらず、投資や為替・技術開発
など自社に影響を与える可能性のある、あらゆるリスク事象を的確に見積もりマネジメントしていく仕組みと風土を構築していく
義務が強まっていくと考えています。安全・無難に経営をおこなっているだけでは、古くさい企業としてのレピュテーションが定着し、
顧客や市場、さらには従業員からも見放されていくリスクが高まるのではないでしょうか。

豊洲の問題も五輪経費の問題も、小池都知事にお任せするしかないでしょう。このような
社会問題が表面化すると、顕在化したトラブルの解決に躍起になってしまいがちになります。
しかしながら、このトラブルを解消したところで、根源的な問題が解決されていない限り、
同じような問題がまた発生するだけでしょう。起きたトラブルを解消することはマイナスを
ゼロに戻すだけの作業といえます。その一方で、根源的な問題を解決することは、世のなか
をグレードアップさせ、良い方向へと導いていく推進力になるでしょう。根本的な問題は、
トップの能力不足、認識不足にあると思います。小池都知事は全職員に向けて意識改革を
促していますが、マネジメント層の意識が変わらなければ、一般職員には何もできません。
特に危機管理ついてはマネジメント層でなければできません。今回の問題でも、一般職員は
命令を忠実に実行しているだけでしょうし、逆にそれをしないと叱責されたり処分されたり
することになるのかもしれません。東京都の内情を詳しく知りませんが、退職数年前で、
リスクマネジメントなど何も知らない人が局長級などに就くのでしょうから、盛り土など、
「わたしは何も分からない」というのも嘘ではないでしょう。自分の在職期間に何か起きて
処分されないことが目標なのですから、組織がダメになるのも当然です。いやいや、課長
クラスがしっかりしていれば大丈夫だと思われるかもしれませんが、課長は自分の課の業務
以外のことはタッチしません。隣の課に口出ししたら越権行為です。トップマネジメント層
がリスクマネジメントを担当しないと、課内で解決できる小さなリスクは除去できても、
組織全体を揺るがすような大きなリスクは放置されたままになってしまうのです。まともな
人が都知事になることは最も大切なことですが、都知事がすべてを掌握できるわけでは
ありません。○○長の言葉を鵜呑みにせず、自分のブレーンに事実を確認させることが
大切になるでしょう。





2016_10_04


ロゼッタ任務完了彗星探査機ロゼッタ、探査を終了 欧州宇宙機関
(10月1日 朝日新聞デジタル)
欧州宇宙機関(ESA)は9月30日、彗星(すいせい)探査機ロゼッタを
操作し、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着地させたと発表した。今後、
彗星が太陽から離れて太陽電池による電力が十分得られなくなることなど
から探査を終了させたという。ESAによると、同彗星は現在、火星と木星の
軌道の間にあり、太陽から遠ざかっている。ロゼッタは最後の写真撮影などを
しながら彗星に向かって秒速90センチほどで近づき、30日午後7時40分
(日本時間)ごろ、表面に着地した。約40分後に確認の信号を受信した。
ほかの探査に影響しないようシステムを遮断したため、彗星に到達後の状態は
わかっていないが、表面にとどまっている可能性が高いという。
ロゼッタは2004年に打ち上げられた後、14年夏に彗星の周回軌道に到達。
同年11月には着陸機フィラエを投入して、史上初めて彗星に着地させ、彗星
の成分を調べることなどに成功した。彗星が太陽に近づくにつれて尾が生じ、
活発にガスを噴き出す様子などを観測したほか、地上に送られてきた成分データ
の分析から、多数の有機物を発見。彗星の水に含まれる重水素の割合が地球の
水と大きく異なることや、多くの酸素分子を含むなど新たな知見も得られた。
(後略)

極度のジャイアントインパクト月ができる時、地球がほぼ蒸発していた可能性が浮上
(9月17日 ギズモード・ジャパン)
月の石と地球の石はほとんど同じ…ということは?
月が形成される起源についてはいくつかの仮説が提唱
されてきましたが、中でも「ジャイアント・インパクト説」
というのが今まで有力でした。地球に火星くらいの大きさ
の天体テイアが斜めに衝突し、バラバラになったテイアと
地球の一部がまとまって月になったのだとする考えです。
が、1970年代にアポロ計画で採取された月のサンプルを
再分析したところ、その衝撃は従来の仮説よりはるかに
強大で、テイアだけでなく地球もほとんどが蒸発するほど
だった可能性が高まってきました。Natureに新たに発表
された論文によると、テイアが地球にぶつかる衝撃は「スイカをスレッジハンマーで叩くようなもの」だったらしいのです。
上の画像は、その激しさをイメージしたものです。これまでジャイアント・インパクト説が支持されてきたのは、月の大きさや軌道上の位置に
ついてすんなり説明できるからでした。でも21世紀に入ってからアポロ計画で採取された月の石の組成を新しい技術で再分析したところ、
従来の説では説明が付かないことが出てきたんです。
「我々は今も1970年代のアポロのサンプルを使っていますが、最近進歩した技術で再分析しているところです。以前よりはるかに小さな違いを
測定できるようになっているので、70年代には気づかなかった多くのことを発見しています」ワシントン大学の准教授でこの論文の主著者である
Kun Wangさんは米Gizmodoに語っています。「古いモデルでは、新たな観測結果を説明できなかったのです」
40年前の仮説が正しければ、月を形成する物質の半分以上はテイアに由来するもののはずでした。でも月の石を分析すると、地球の石と非常に
似通っていたのです。月の形成時の状況を推定するためには、カリウムの同位体の分析が有効とされています。そこでWangさんたちはカリウム
の同位体を従来の10倍の精度で分析できる手法を開発し、月の石と地球の石の違いを見出そうとしました。その結果、たしかに違いはあったん
ですが、むしろ月と地球の緊密な関係をさらに裏付けるものでした。その違いとは、月の石にはカリウム41というカリウムの中でも重い同位体が、
地球の石より0.4パーミル(パーミルは1000分の1)多く含まれていることです。その状態を作り出すには従来の仮説で考えられるよりはるかに
高温が必要とされ、説明するには地球とテイアが正面から激しくぶつかり合ったと考えるのが適切というわけです。このモデルでは、極端な高温
と強い衝撃によってテイアも地球の大半も蒸発してしまいます。蒸発したものが地球の500倍サイズにまで広がった後、それが冷えて凝縮した
結果が月、と考えられています。「我々の研究結果によれば、月の形成にははるかに大きな衝撃が必要でした」とWangさんは言います。
「『ジャイアント・インパクト』は、『極度のジャイアント・インパクト』と言うべきです。従来必要とされていたエネルギーでは、足元にも
及ばないんです」またWangさんはこうも語っています。「初期の太陽系について今わかっていることはすべて、隕石や月のサンプルによるもの、
本当に古い石から得られるものばかりです。我々はそこから、初期の太陽系に対する理解を変化させてきました。それは、我々が思っていたより
ずっと激しいものだったのです」
Wangさんたちはこれからもアポロ計画で採取された月の石の分析を続け、さらなる知見を得ようとしています。40年前に持ち帰った石は、
我々にまだまだ新しい秘密を教えてくれるようです。

様々な成果を残したロゼッタですが、そのひとつが彗星から放出される大量の酸素(O2 )を検出した
ことでしょうか?地球上の空気には酸素が多いので驚くべきことのように思えませんが、地球上の
酸素は植物の光合成でできたものです。酸素は反応性が高いため、宇宙空間において、酸素分子と
してはあまり存在しないと考えられていました。それと並ぶ大きな成果は、彗星を取り巻くコマの
部分からアミノ酸のグリシンを発見したことでしょう。グリシンにはL体・D体の区別はありませんが、
それ以外のアミノ酸にはこの区別があります。今後の彗星探査では、グリシンの次に簡単な形をして
いるアラニンを検出したいところです。そのアラニンはL体なのかD体なのか?どちらかが多いのか?
それともラセミ体(両者が等量)なのか?タンパク質を構成するアミノ酸はすべてL体ですが、この謎
を解くためにも是非知りたいところです。しかし、彗星を調べるよりもいい方法があります。
極度のジャイアントインパクトにより地球と月ができた後、地球にも月にも、様々な有機物が宇宙から
降り注いだことでしょう。そうなると、月には地球の初期の有機物が存在している可能性があります。
月の表面の大部分は乾燥していますが、極地方の永久影になったクレーターには大量の氷が存在する
とされていますから、その氷のなかにあるガスや有機物を詳しく測定したいですね。有人基地を建設
するさいの水も調達できますし。氷のなかには大量の酸素もあるかもしれません。個人的には、火星
を目指すよりも、再び、月の有人探査を目指したほうがいいと思います。
もし、月の氷からタンパク質、脂質、核酸などが発見されたら・・・そうなると、生物のかけらが
宇宙空間にあることに。つまりは、生物が地球以外に存在するということになりはしないか?
宇宙の生物は、L体のアミノ酸でできたタンパク質を持つものだけでなく、D体のアミノ酸でできた
タンパク質を持つものもいるのかもしれませんよ!?




2016_10_02


09  « 2016_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top