台風10号、日本海に 東北で41万人に避難指示・勧告 (8月30日 日経電子版)
大型の台風10号は30日、暴風域を伴ったまま日本列島の東海上を北上し、岩手県大船渡市付近に上陸した。太平洋側から直接、東北
地方に上陸したのは1951年の統計開始以来初めて。東北を縦断し、同日夜に日本海側に抜けた。激しい風雨で停電など影響は広がり、
土砂災害や高波被害に備え避難指示や勧告が相次いだ。青森、岩手、宮城3県の市町村は18万世帯余りの約41万人に避難指示や
避難勧告を出した。東北6県で延べ約3万5千戸が停電。北海道でも約3万2千戸が停電した。宮城県名取市で70代の女性が強風で
あおられた自宅のドアで左手中指を切断するなど、東北各地で7人がけがをした。宮城県登米市では風で家の屋根が飛ばされるなどした。
岩手県宮古市は東日本大震災の被災者614人が入居する市内の全仮設住宅に避難指示を出した。他に指示が出たのは同県の大槌町で
3115人、遠野市で577人など。消防によると、道路の冠水や落石で同県釜石市の222世帯481人が孤立した。青森県八戸市は土砂
災害が発生する恐れがあるとして、市内全域の約10万7千世帯23万4千人に避難を勧告した。全日空や日航などは、東北や北海道を
発着する便を中心に計100便以上を欠航。秋田、東北、北海道新幹線が上下線計51本運休するなど交通網に影響した。(後略)

台風10号の動き東西の高気圧や偏西風蛇行=台風10号、Uターンの主因 (8月28日 時事ドットコム)
八丈島近海で19日に発生した台風10号は南西へ進み、沖縄県・南大東島近海で26日朝に
Uターンして28日には本州の南海上に進んだ。30日夜以降には気象庁の統計開始以来、
初めて東北地方の太平洋側に直接上陸する可能性が高まっており、前例のないルートを
たどっている。気象庁の黒良龍太予報官によると、10号を迷走させたのは東西の高気圧と
偏西風の蛇行が主因。東の太平洋高気圧は平年なら日本列島への張り出しが強いのに、
今年は弱かった。一方、西日本を大陸からの高気圧が覆い、猛暑が続いた。
10号は発生後、西日本を覆う高気圧の縁を時計回りに回る大気の流れに乗り、南西へ進んだ。
しかし、南大東島近海で停滞した後の26日朝、今度は太平洋高気圧の縁を回る流れに乗って
Uターンし、東へ進み始めた。
28日には偏西風が蛇行し、寒気を伴う低気圧が西日本に南下。低気圧の縁には反時計回りの
大気の流れがあり、10号はこの影響を受けて北寄りにカーブした。30日にかけては北海道
の北東側にある太平洋高気圧が西へ張り出す影響も受け、進路を北西に変えて東北地方に
上陸する可能性が高まっている。(※30日に上陸)
                           <日本近海海水温 平年との差>
8月海面水温

東北で甚大な被害はもたらさなかった台風10号ですが、はじめて東北地方の太平洋側に上陸
した台風として、記録と記憶に残ることになります。迷走台風は過去にいくつもありましたが、
1000キロ以上にわたって南西方向に進んだ後、東へ戻ってきた台風というのは珍しいのでは
ないでしょうか。この台風は発生から異例ずくめでした。今回の台風の発生位置は、いつも
なら太平洋高気圧が張り出しているところです。さらに日本近海において、台風は太平洋高気圧
の縁にそって北西・北東方向に進むことが多いのですが、今回は南西方向に進んでいます。
通常、日本付近には台風を南西に進める風は吹いていませんから、台風が南西方向に進むこと
はとても珍しいことです。なぜ、この台風がはじめ日本に近づかなかったかといえば、西日本
の上空に高気圧があったからです(地上の天気図には見えませんが)。その後、一時停滞した
沖縄近海で平年より高い海面水温の影響で勢力を拡大し、南から張り出してきた太平洋高気圧
の縁を回る風にのって、東方向に向きを変えました。そして、そのまま東に進み続けるのかと
思えば、そうはなりませんでした。28日以降、寒気を伴い上空を回転する気流「寒冷渦」が
南下してきて、北西へ向かう強い風が吹いたため、台風はその流れにのって、東北地方に上陸
しました。寒冷渦は偏西風の蛇行によって生まれますが、偏西風の流れとは切り離されること
により、速度が遅くなります。また、寒冷渦の周囲には、反時計回りの風が流れています。
この流れにのって、北西方向に台風が進んだのです。
どうしてこのような不思議な動きをする台風が生まれたのでしょうか?その根本の背景には、
海水温の上昇があると思われます。実際、今年の8月、日本近海は海水温の高い状態がずっと
続きました。とはいえ、どのようなメカニズムで、海水温の上昇が今年の夏のような気圧配置
を生み出すのかを正確に説明することはできないでしょうし、来年以降の予測も困難です。
つまり、今後、地球温暖化によって海水温の上昇が続いたときに何が起きるかを正確に知る
ことは不可能なのです。平均的には暑くなるということでしょうが、すべての地域が暑くなる
とは限りませんし、雨量については地域的・時間的変動が大きくなるでしょう。今まで適度な
雨が降っていたところで、大雨や干ばつなどの異常気象が起こり、農作物を収穫できなくなる
ことが頻発するでしょう。





スポンサーサイト
2016_08_31


貧困たたき抗議デモ貧困たたき 新宿で緊急抗議デモ 作家の雨宮処凛さんらも
(8月27日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
子どもの貧困問題を扱ったNHKのニュース番組で体験を語ったひとり親家庭の
女子高校生がインターネット上で中傷され、人権を侵害された問題で、「生活
苦しいヤツは声あげろ 貧困たたきに抗議する新宿緊急デモ」が27日、東京・
新宿であった。最低賃金引き上げを求める若者グループ「AEQUITAS
(エキタス)」が主催し、作家の雨宮処凛さんらも参加した。約500人(主催者
発表)の参加者が「貧困たたきは今すぐやめろ」「貧困知らない政治家いらない」
とコールしながら繁華街を歩いた。都留文科大3年、栗原耕平さん(21)は
「当事者の女子高校生に見てほしいと思い、デモとスピーチをした。ものすごく生活が苦しい人しか声を上げられないというのでは
おかしい」と話した。 番組に登場した女子高校生は、ネット上でプライバシーをさらされたうえに発言や容姿を中傷され、持ち物
や趣味についても「ぜいたくだ」「貧困ではない」などと非難された。エキタスのメンバー、原田仁希(にき)さん(27)は
「貧困状態にある人が抑圧されて声を上げられなくならないよう、バッシングを許さない人がいることを示したかった」と話した。
平均的な生活水準を下回る「相対的貧困」では貧困とみなさないかのような風潮に対し、原田さんは「どこまで貧困だと声を
上げられるというのか。貧困のラインが必要最低限の衣食住を満たせない『絶対的貧困』の方に引き寄せられようとしている」
と危惧する。 28日には名古屋市や京都市でも同様のデモが予定されている。

ひとり親家庭の現状

「社会的弱者」とのイメージが否定された? 炎上させる人の傾向 「年収の高い子持ち男性」が話題 (4月6日 R25)
国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの山口真一助教が、「ネットで炎上に加担しやすい人」の傾向をまとめた
研究が、話題となっている。この研究では、2014年11月、マイボイス社のインターネットモニター・20歳以上の男女1万9992人
を対象におこなった「インターネットの利用に関するアンケート」のデータを利用。「性別」「年収」「結婚」「子供の有無」
などの個人属性が炎上加担行動にどのような影響を与えているのか分析したところ、炎上に加担しやすい人の傾向は、
・女性よりも男性
・子供と同居している人
・個人年収や世帯年収が多い人
・インターネット上でいやな思いをしたことのある人
・平日におけるソーシャルメディア利用時間が長い人
・掲示板に書き込む人
・ネット上では非難しあってよいと考える人   などだという人物像が明らかになった。
山口助教は、これらの結果を踏まえ、「炎上加担者は社会的弱者、バカ等としている先行研究と実態が乖離していることが
確認された」と結論づけた。子供と同居している親が炎上に参加しやすいという結果については、毎日新聞の取材に対し
「子育て関連や安全保障関連の話題は、子持ちの親の方が関心が高いため、炎上に参加する確率が高くなる可能性は
十分に考えられる」とコメントしている。Twitterには、これらの結果に対して、
「社会的地位もあって善良な“フリ”してるストレスからってことかなぁ(笑)」と、関心を持つ声がある一方で、
「炎上の定義をきちんとするべき」 「『炎上荷担者』(編集部註:原文ママ)の定義がすごく納得できないんだけどな。
書き方、書いた内容等々、何も考慮してないっぽい」と、そもそも「炎上」とは何を指すのか、という点について疑問を
呈する声も多く、山口助教の論文でも「炎上には確立した定義はない」としている。とかく、社会的な恩恵にあずかれて
いない人が起こすもの、というイメージのあった「炎上」。今回の研究は、その既成概念に一石を投じたといえそうだ。

「炎上」にも様々な種類があって、「炎上」のタイプによって「加担者」も違うはずです。
今回の場合、問題の捉えかたは多面的であり、報道のしかたの問題や政治家の発言などと
いった問題もあります。また、取材に応じた一般人への攻撃であることから、芸能人や
政治家への批判とは質的に異なるものがあります。
「貧乏人は慎ましく生活しろ」「貧乏人は趣味に金を使うな」などという「貧困者たたき」
は今回がはじめてというわけではありませんが、今回の特徴は、主に生活保護受給世帯に
向けられる「貧困者に俺たちの税金を使うな」というものではなく、「あのような持ち物
が持てるくらい自由に使えるお金のある人間が自分は貧困だと言うな」という主張なのでは
ないでしょうか?さて、このような主張をするのはどのような人なのでしょうか?
もっとつらい貧困生活をおくっている人とか、同じような貧困生活をおくってきたがそれに
耐えてきた人というのは当然、想定されるわけですが、そのような人ばかりではないと
思われます。今回の貧困女子高生に対して最も厳しい目を向けそうなのは、貧困ではないが、
自分の自由になるお金をほとんど持たない人たちではないでしょうか。具体的には、教育費
や住宅ローンの負担が大きいのに給料が思うように増えないために、小遣いを減らされて、
昼飯代を除くと自由になるお金をほとんど持たないサラリーマンです。
ですので、個人年収や世帯年収が比較的多く、子供と同居している男性が想定されます。
母子家庭の多くが貧困状態に置かれていることは確かであり、貧困の連鎖を防ぐ社会的支援
をもっと拡充するべきだと普通の人は考えます。一方、自由になる金のないサラリーマンは、
救済されることはありませんし、同情してもらえません。それが欲求不満の原因になります。
しかし、残念ながら、それは当然だとは言えないでしょうか・・・
貧困女子高生は生まれながらにその環境に置かれていますが、小遣いなしサラリーマンは
自己責任ですから。自分の収入に応じた生活設計ができていないことが原因なのでしょうし、
自分の収入に見合わない住宅ローンが原因なのかもしれません。妻は夫に期待できないと、
子供にばかり期待するようになり、無駄に?教育にお金をかけようとする傾向にあります。
収入に見合わない教育費支出をしてしまうこともしばしばで、これが家計を圧迫します。
甲斐性なしには未来はないのかと思われるかもしれませんが、自分が甲斐性なしと思って
いるのなら、家庭を持たないという選択だって可能なのですから、やはり自己責任です。
自分が救われないのは当然であると知っているからこそ、解消できない欲求不満がどんどん
たまっていきます。このような人が、今回の貧困女子高生を癪に障る存在であると感じ、
ネットでバッシングしたのかもしれません!?






2016_08_29


公的資金の運用損益公的年金、運用損5.2兆円=過去3番目の赤字-4~6月・GPIF
(8月26日 時事ドットコムニュース)
公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は26日、
株安や円高で国内外の保有株の評価損が膨らみ、2016年4~6月期の
運用損益が5兆2342億円の赤字になったと発表した。14年10月に基本
ポートフォリオ(資産構成)を見直し、内外株式の投資比率を5割に倍増した
ことが裏目に出た。また、資産構成見直し後の累計も初めて赤字(1兆962
億円)に転落した。民進党など野党が安倍政権による株式比率の引き上げに
批判を強めるのは確実だ。赤字は2四半期連続。比較可能な08年4~6月
期以来の四半期ベースの赤字幅としては、15年7~9月期(7兆8899億
円の赤字)、08年10~12月期(5兆6601億円の赤字)に次ぐ3番目
の大きさ。今年4~6月期は英国の欧州連合(EU)離脱決定などで円高が
進み、国内の株価が下落した。外国株や外国債券も円高で資産が目減りした。
運用損益の資産別内訳は、国内株が2兆2574億円の赤字、外国株が2兆
4107億円の赤字、外国債券が1兆5193億円の赤字、国内債券は9383億円の黒字だった。

公的資金の資産構成容易ではない資産構成再見直し=GPIF運用損失拡大で
(8月26日 時事ドットコムニュース)
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用損失拡大を受け、
株式の比率を倍増した基本ポートフォリオ(資産構成)について、
再見直しを求める声が強まる可能性がある。しかし、長期保有を前提
に取得した国内株式を売却すれば、相場を崩しかねない。安倍政権
の成長戦略にも逆行するため、実際には容易ではない。GPIFは
2014年10月、比較的安全な資産とされる国内債券を60%から
35%に引き下げる一方、リスクの高い国内株式と外国株式はいずれも
12%から25%に、外国債券も11%から15%にそれぞれ引き上げた。GPIFは「国内債券比率の引き下げが
主な狙いだった」(幹部)と説明する。デフレから脱却し、賃金が上昇すると、国内債券中心では賃金上昇を前提と
した年金運用に支障が出るためだ。内外合計の株式比率を50%としたことに関しては、「GPIFの運用利回り目標
を最小限のリスクで達成するため最適と判断した」(同)という。一方、市場関係者は「50%の株式比率は高過ぎる」
と指摘。このうち半分を国内株が占めることに対しても、グローバルな分散投資として適切なのか異論が出ており、
国内株価の浮揚が目的」との見方は根強い。

GPIFの運用資産は現在、約130兆円です。130兆円というと、あまりに額
が大きすぎてピンとこないかもしれませんが、国民ひとりあたり約100万円です。
よく考えてみてください。簡単にするために、月給20万円の人が月3万円の
厚生年金を支払っている(本人負担はその半分)としますと、1年で36万円を
国に納めていることになります(ボーナスを無視している)。つまり、GPIF
の運用資産は、一般的なサラリーマンの約3年の納付額にしかなりません。
国民全員がサラリーマンではありませんが、それにしても少なすぎです!
つまり、このことは、自分が年金を受けとるとき、その原資は自分の支払った
保険料ではなく、そのときに徴収している保険料だということを意味しています
から、これからの日本で何が起きるのかは容易に想像できます。現在、高齢者
(65歳以上)1人を現役世代(20~65歳)2.4人で支えていますが、
2050年には現役世代1.2人で支えることになるのですから・・・
困ったことはそれだけではありません・・・
非正規労働者の増加で厚生年金を支払っていない人が増加していますし、正規
労働者の給与も上がっていません。つまり、徴収できる保険料は減っていきます
ので、年金の支給開始年齢と年金支給額に反映せざるを得ません。年金受給者は
年金が減れば、消費を減らさなければなりません。消費支出が伸びないので、
事業者の売上げも伸びません。事業者が儲からないので、労働者の年収も上がり
ません。そのうえ、税金や社会保険料が増えれば、可処分所得はその分だけ減る
ことになります。可処分所得が減れば、消費を減らさなければなりません。
さらに消費支出が減少して・・・可処分所得が減少して・・・
日本人はなぜ不安なのか・・・理由は簡単だと思いますけど・・・


日本人はなぜ不安なのか? 40年前に書かれたライシャワーの洞察 (7月24日 ハーバー・ビジネス・オンライン)
確かに日本は豊かになった。にもかかわらず、いまだ幸せだと感じにくいのはなぜなのだろう? 内閣府の平成26年版
『子ども・若者白書(全体版)』によると、自分の将来に希望を持つ割合は諸外国の中で最も低く、60%程度しか
いないのだという。もっとも、その数字ですら高いように感じられる昨今の情勢である。こういった調査結果は
なんとなく受け流してしまいがちになるが、もしそこに本質的な問題が潜んでいたとしても、無視できるだろうか。
なぜ経済大国であることと、幸せに暮らすことがイコールで結ばれないのだろうか?
いまからおよそ40年前に、こうした日本の姿を“予言”したアメリカ人がいる。(中略)
ライシャワーは、現代の工業化がもたらした社会内部の機能不全を見過ごさない。「あまりに複雑化した結果、
自らの重みに耐えかねて、管理不能かつ崩壊の兆しをみせつつある。」と指摘している。それゆえ閉塞感漂う
現在の日本だが、仮にのちに破局に見舞われたとしても、若者に責任を押し付けてはならないと語っている。
いずれにせよ、これまでおざなりにしてきた大きなビジョンを描くための準備が喫緊の課題となるだろう。技術
を先鋭化し、効率的に富を得ようとすることが悪いのではない。しかし繰り返しになるが、ではその富によって、
一体私たちは何をしたいのだろうか。富によって富を増やすことの限界に行き当たったのがリーマンショック
以降の世界の姿だとすれば、未来のシナリオは修正されねばならない。
ライシャワーは、21世紀の全人類が直面する諸問題を解決する旗振り役となる日本人の姿を想像している。(後略)




2016_08_27


北朝鮮、潜水艦から弾道ミサイル発射 日本の防空識別圏に落下か (8月24日 ロイター REUTERS)
韓国軍は24日、北朝鮮が同日午前5時半ごろ、東海岸沖の潜水艦から弾道ミサイル1発を発射したことを明らかに
した。聯合ニュースは、北朝鮮の弾道ミサイルは約500キロメートル飛行し、日本の防空識別圏に達したと伝えた。
米軍もほぼ同距離の飛行を確認し、発射されたのはKN─11潜水艦弾道ミサイル(SLBM)との見方を示した。
韓国当局によると、衛星画像では、ミサイル発射地点に近い東海岸の新浦に潜水艦の基地が確認できるという。
北朝鮮ミサイルSLBM韓国軍当局者は、ロイターに対し、「北朝鮮のSLBM
技術は進歩したようだ」と語った。米ミドルバリー国際
研究所のジェフリー・ルイス氏は、今回のミサイル発射
は「おそらく成功だった」との見方を示した。
軍縮問題の米専門誌「Nonproliferation Review」の
編集者ジョシュア・ポラック氏は、北朝鮮にとって
SLBM技術を獲得したと主張することは軍事的に
米国やロシア、中国などと並ぶ特別な地位を得る
ことを意味すると指摘した。朝鮮半島では韓国軍と
米軍が2日前に定例の合同軍事演習を開始しており、
北朝鮮はこれに反発して「核先制打撃」を仕掛ける
と警告していた。北朝鮮は1月に4度目となる核実験を実施、2月には事実上の長距離弾道ミサイルを発射するなど、
一段と国際社会からの孤立を深めている。
今月初めには北朝鮮が発射した弾道ミサイルの弾頭部分が日本の排他的経済水域(EEZ)内に初めて落下した。

やっぱり危ない伊方原発 発電初日の地震直撃に専門家警鐘 (8月17日 日刊ゲンダイDIGITAL)
発電初日、襲われた。15日山口県で起きた震度3の地震。伊方原発3号機がある愛媛県伊方町でも震度2を観測した。
四国電力では12日に原発を再稼働し、15日から発電と送電を始めたばかり。いきなり地震に“直撃”され、周辺住民は
「やっぱり伊方原発は危険だ」と不安を強めている。伊方原発は以前から、その“危険性”が指摘されてきた。わずか
8キロ先に国内最大の活断層「中央構造線断層帯」があるからだ。4月の熊本地震はその延長線上の「布田川・日奈
久断層帯」が動いて起きた。愛媛県の中村時広知事は「(伊方原発で)福島と同じことが起こることはない」と断言して
いるが、何を根拠に言っているのか。武蔵野学院大の島村英紀特任教授(地震学)がこう言う。
「熊本地震以降、震源地は周辺地域に広がってきています。今回の震源地の伊予灘は伊方原発のすぐ隣にある。
非常に怖い場所で起こったといっていい。中央構造線断層帯沿いは、これまで地震が繰り返され、地震に弱い岩盤が
広がっていて、不安要素は多いんです。しかも、福島第1原発事故の本当の原因は、まだ地震か津波か、はっきりして
いない。そうした段階で、伊方原発を『安全』と言い切るのは早すぎるでしょう」
原発事故の本当の原因は不明■電力十分に原油安で再稼働必要なし
そもそも、いま危険な「伊方原発」を再稼働させる理由はほとんどない。
電力業界は「電力の安定供給に原発は欠かせない」と説明するが、
原発稼働がゼロでも、電力は十分足りている。しかも、原油安の
影響で火力発電の燃料費も安く済んでいる。「原発のほうがコスト
は安い」という言い分も、事故対応や廃炉への費用を考えると、
正しい見方とはいえない。ジャーナリスト・横田一氏はこう言う。
「電力会社が再稼働を急ぐのは、すでに燃料も買って施設もある
からです。初期投資が大きい原発では、なるべく長期で使用した
ほうが、経営上はプラスになる。政治家側も、現在は電力会社
から直接の政治献金はありませんが、選挙時に運動員を出すと
いう人件費の無償提供を受けている。『脱原発』という候補には、『応援しないぞ』と脅しをかけるケースも多い。
選挙を“人質”に取られ、原発推進にならざるを得ないんです」
国民の安全よりも、大切なのはカネと選挙ということだ。発電初日に伊方原発を揺らした地震は、天の啓示ではないか。

不安を感じていること

不安には個人的なものと社会全体で共有されるものがあります。老後の生活や健康問題
は自分のことであり、自己管理が最も大切です。一方、テロや犯罪など社会全体で共有
されるものは、個人の努力で避けることの難しいものがほとんどです。そのなかでも、
日本に住んでいる限り避け難いのが、地震・津波です。住宅の耐震化を進めるなどの
対策をとることは可能ですが、人間の力ではどうすることもできない面も大きいのです。
しかし、地震や津波によって起こる原発の事故は不可抗力に因るものではありません。
原発がなければ、原発事故は起きないのですから・・・
勿論、このような考えに反対の人もいるでしょう。対策を十分にとれば、完璧ではない
かもしれないが、原発は十分に安全であるとする意見もあります。原発事故のように
起きる確率は低いが起きれば甚大な被害が及ぶものについては、ポジティブに考えるか、
ネガティブに考えるかで意見が大きく分かれることが多いのです。
ネガティブ思考ばかりではいけないと思うこともありますが、ポジティブに考えなさい
と言われれば言われるほど、ネガティブな方向に考えてしまいます。
北朝鮮のミサイル発射のニュースと原発再稼働のニュースを聞くと、現実的に考えて、
北朝鮮のミサイルが飛んでくることはないとは思うものの、不安な気持ちになります。
北朝鮮は日本の原発をターゲットにはしているでしょうし、精度よく飛んでくれば、
日本は防御できず、原子炉に命中するでしょう。やはり原発が原理的に危険なもので
あって、ひとたびテロ・事故が起これば甚大な被害がでるものである以上、原発がなく
ならない限り、人々の不安感を取り除くことが不可能であることだけは確かです。


人はネガティブ思考になりやすい!? (8月22日 朝日新聞デジタル&M)
今回はいきなり質問からはじめましょう。人は快楽を追求するのと、苦痛から逃げるのではどちらが得意でしょうか?
答えは、苦痛から逃げるです。これは人間の進化の歴史に関係しています。その昔、人は目の前のりんごを採ること
よりも、目の前の猛獣から逃げることを優先させた方が生き延びる確率は高かったです。りんごを採ることは失敗して
も大丈夫ですが、猛獣から逃げ損ねれば命に関わります。苦痛から逃れるための学習には猶予がありません。
すぐにその経験や危険だということを学習してしまわないといけないのです。人は快楽については失敗することが
できても、苦痛についてはできるだけ失敗しないようにプログラムされているのです。
人はネガティブ思考になりやすい一般的に言って私たちは快楽を求めることよりも、苦痛から逃げることの方が
学習しやすいという特徴を持っています。これを脳のネガティブ・バイアス
(ネガティブ偏向)と言います。この特徴は生物として生き残るためには
都合が良いのですが、社会の中で感情をコントロールしながら生きていく
上では不都合になることが多々あります。
ネガティブなことの方が学習しやすいということは、例えば両親に怒られた、
友達と絶交した、裏切られたといったような人間関係でのネガティブな経験
の方が記憶に残りやすいということです。でもネガティブなことばかり記憶していたら、人間関係は辛いものになるし、
イライラしたり、不安になったりと、後ろ向きな感情に支配されることが多くなってしまいます。
ただ、脳は変化するという特徴も持っています。これを少し難しい言葉で言うと、神経可塑(かそ)性と言います。
最新の脳科学でわかってきたのは、脳は自分の思考に合わせて変化していくということです。もし思考がネガティブ
な傾向にある人は、脳はよりネガティブに思考しやすくなります。逆にポジティブに考えられる人は、よりポジティブ
に考えやすいように脳が変化します。
では自分の感情と上手に付き合い、より良い人生を歩めるようにするにはどうすればよいか。そのためにはできるだけ、
誰かの楽しい、うれしい、幸せ、ポジティブな経験や話を聞くことが、良いトレーニングになります。人の幸せ話を聞いて
も、ひがんだり、うらやましがったりしては意味がありません。誰かの話を聞く時のコツは、できるだけその人が話して
いる経験を五感を使って同じように感じるということです。すると、相手の話を自分の幸せな体験のように感じることが
できます。それを繰り返すことで、脳がポジティブな思考をしやすいように変化していきます。
実は出来事にはポジティブもネガティブもなく、あるのは事実のみです。その出来事をポジティブなものと捉えるのか、
ネガティブなものとして捉えるのかは本人次第です。物事のポジティブな面をより多く見られるようになれば、あなたの
人生はより生きやすいものになります。ぜひ、そんな風に誰かの話を聞く練習をしてみてください。




2016_08_25


小池都知事、五輪旗受け取る リオ五輪閉幕式 (8月22日 朝日新聞デジタル)
第31回オリンピック競技会リオデジャネイロ大会は21日(日本時間22日午前)、ブラジル・リオデジャネイロ市のマラカナン
競技場で閉会式が始まった。南米で初開催となるリオを中心に繰り広げられた17日間の祭典はクライマックスを迎えた。2020
年の次回大会は、東京で開かれる。閉会式は冒頭で花火が打ち上げられ、ブラジルの人気サンバ歌手らが華やかな雰囲気を演出。
選手入場では各国選手が旗手を務め、日本は陸上男子10種競技の右代(うしろ)啓祐(30)=スズキ浜松AC=が開会式に
続いて日の丸を掲げた。五輪旗の引き継ぎ式では、東京都の小池百合子知事が旗を受け取り、東京大会をPRするアトラクションに
は安倍晋三首相も登場した。今大会には史上最多となる205カ国・地域の選手と、国際オリンピック委員会(IOC)が今大会で
初めて設けた10選手の「難民選手団」が参加。IOCから資格停止処分を受けているクウェートの選手は個人資格での出場した。
国家ぐるみのドーピング隠しが発覚したロシアは、当初389人の選手団が100人以上減った。約1万人の選手が28競技の
リオ閉会式の小池知事と安倍首相306種目で競った。日本は今大会で
ハンドボールを除く27競技に338選手
が出場し、金12、銀8、銅21の計41
個のメダルを獲得。目標の金メダル14個
には届かなかったが、メダルの総数は世界
6番目で、前回ロンドン大会の38個を
上回り、史上最多となった。
米国が金メダル46個で2大会連続の1位。
総メダル数121個も世界一だった。


安倍首相のマリオ姿は海外では好評だったようですが、日本人からみれば、リオへ急いでいる
安倍首相にドラえもんが「どこでもドア」を出してくれなかったことのほうが衝撃的です!?
まあ、これまでドラえもんは「どこでもドア」なら一発解決の場面で、タケコプターしか
出してくれなかったことが何度もあります。リオへ行くのに、タケコプターしか出して
くれなかったのなら、今回の選択は賢明だったのかもしれません!?
気持ちは既に東京オリンピック。今後、そもそも興味なしのブラジルへの関心が衰えていく
ことは間違いありませんので、きっとこれが最初で最後のブラジルの記事を・・・
ブラジルの人口は1970年頃には約1億人だったのですが、現在は2億人(世界第5位)です。
今後も緩やかに人口が増加していく見込みですし、世代別にみると、労働人口(15~64歳)
が全体の2/3を占めており、経済成長の条件を備えているように感じられます。ブラジル
には日系人が多くいるというイメージがありますが、ブラジル全人口の1%未満です。
経済が成長して国民が豊かになれば、内需も期待できるブラジル経済ですが、資源に依存
した成長を期待している限り、経済がすぐに好転することは難しいように思われます。
オリンピック開催決定前後には高値だった鉄鋼価格も今は低迷。日本の高品質鉄鋼製品
への影響も無視できないほどの状況で、ブラジルの鉄鋼業にとっては死活問題です。
その原料となる鉄鉱石の価格も低迷しており、価格が回復する見込みはありません。
そもそも、ブラジルがロシアのような資源依存国家になろうとすることに無理があります。
資源から得た利益を国が吸いあげて、それを国民に分配するには強大な国家権力が必要
であり、ロシアにはプーチン大統領がいるからこそ可能なことなのです。政治家の汚職が
暴露されるのはブラジルが民主主義国家だからだともいえますが、政治の混乱が続くこと
で経済がさらに悪化するようでしたら、何のための民主主義なのかが問われることになる
でしょう。ブラジルが国として企んだ儲け話は原油です。しかし、これは鉄鋼石より悪い
結果になっています。ブラジルの石油生産はほとんどが海底油田からのもので、しかも、
かなり深い海底の油田。生産コストが高すぎるのです。アメリカのシェールオイルも、
コスト高が大きな課題になっているのですが、技術開発やコスト削減努力などにより、
1バレルが30ドル台でも生産を続けています。原油価格が上がれば開発可能なシェール
オイル油田は数多くありますから、原油価格の大幅な上昇の可能性は低いのです。
ブラジルの海底油田から採掘して儲かるほどの原油価格は、当面、期待できません。
政治と経済が混迷を続けるブラジルは今後さらに無法地帯になることが懸念されます。
日本の企業もあまり深入りしないほうがいいのではないでしょうか?


鉄鉱石価格の推移






オリンピック開催前の記事です

リオ五輪まで1カ月を切る。ブラジル経済、産業別で明暗 (7月10日 ニュースイッチ Newswitch by 日刊工業新聞社)
リオデジャネイロ五輪の開催まで1カ月を切ったブラジル。しかし2015年の実質国内総生産(GDP)成長率がマイナス
3・8%と、リーマン・ショックの影響を被った09年以来のマイナス成長に落ち込み、景気回復の兆候がみえない。ただ、
同国は石油や農産物などの豊富な資源に加え、2億人の人口に支えられる巨大な消費市場も大きな魅力。日系企業は今後の
景気回復を見据えた戦略を展開できるのか、実力が試される。ブラジル経済は、原油や鉄鉱石などの資源価格下落に加え、
深刻な財政難や高インフレにより悪循環に陥っている。ただ、自動車や建設機械は販売の落ち込みが続く一方で、「食品や
農業関連は悪くなく、産業別で明暗が出ている」(大久保敦日本貿易振興機構サンパウロ事務所所長)という状況だ。
政治の混乱が収まり、インフレの克服が進んでいけば「自動車や家電などの消費財も回復が見込める」(同)と期待する。
また現地の日系企業からは、「医薬品や化粧品の分野は、景気の影響を受けにくく今後も成長する」(ブラジル住友商事)
との声も上がる。
投融資額は最も大きい日系企業
三井物産はブラジルでの投融資残高が約9000億円と、ブラジルに進出した日系企業の中で最も大きい。手がける事業分野
資源開発から農業、教育分野まで幅広い。中でもインフラ開発は物流網の整備ニーズが拡大しており、成長分野の一つと
して重点を置いている。(中略)
主要業界の動向は?
【造船・海洋】不透明感漂う 
三菱重工業やIHI、川崎重工業などがブラジルの造船・海洋合弁事業で、巨額の損失処理を余儀なくされた。ブラジル国営
石油会社ペトロブラスをめぐる汚職問題に加え、原油安で海洋資源開発が停滞。三菱重工とIHIは出資を引き上げ、ブラジル
での合弁事業から撤退した。現地の大手企業と合弁で造船事業を展開する川重はすでに損失処理を終えており、合弁契約に
基づいた協力関係は継続する方針。ただ「追加的な資金・リスク負担には一切応じない」(餅田義典常務執行役員)と慎重な
構えをみせる。1月に1バレル=20ドル台まで落ち込んだ原油価格は、足元で50ドル前後まで回復。このまま上昇基調が
続けば、世界の海洋資源開発は勢いを取り戻す可能性は十分にある。だがブラジルに限って言えば、ペトロブラスは依然と
して汚職疑惑の渦中にあり業績は低迷。国家の屋台骨となっていた海洋資源開発は、しばらく不透明感が漂うとみられる。
【鉄鋼】減産続く
鉄鋼業界は苦境にあえぐ。同国の粗鋼生産量は11年の約3522万トンをピークに4年連続で減少中。16年も1―5月で
前年同期比13.9%減と、下げ足はむしろ加速している。世界鉄鋼協会によると、同国内の鋼材消費量は15年の前年比
16.7%減に続き、16年の予測も同8.8%減と内需は縮小が続く。鉄鋼メーカーの業績も悪化の一途。新日鉄住金が
大株主のウジミナスは、新日鉄住金が主導した割当増資で何とか当面の資金難を乗り越えられそう。ただ、ウジミナスでは、
新日鉄住金ともう一方の大株主であるテルニウム(アルゼンチン)の対立に収束の兆しが見えないままだ。
「役員陣が中長期の経営方針を持つ新日鉄住金と、短期利益を求めるテルニウムとに別れ、一枚岩になれない」
(日本企業の現地駐在員)とみられ、業績立て直しを最優先にできない状況が続く。(後略)




2016_08_23


400mリレー最終走者のボルトとケンブリッジ
ケンブリッジ飛鳥、ボルトにバトンが当たり「やべえと思った」 (8月20日 サンスポ SANSPO.COM)
リオデジャネイロ五輪第15日(19日=日本時間20日、五輪スタジアム)陸上男子400メートルリレーの決勝を行い、
予選と同じ山県亮太(24)=セイコーホールディングス、飯塚翔太(25)=ミズノ、桐生祥秀(20)=東洋大、
ケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=のオーダーで臨んだ日本は、37秒60の日本新&アジア新記録で銀メダル。
銅だった2008年北京五輪以来、2大会ぶりのメダルを獲得した。ジャマイカが37秒27で金メダルを手にした。
日本は自己ベストが桐生は10秒01、山県が10秒05、ケンブリッジが10秒10で飯塚は10秒22。日本の五輪史上
最強ともいえるカルテットだった。ウサイン・ボルト(29)に次いで2位でゴールしたアンカーのケンブリッジは、ボルト
にバトンが当たったことを明かし「やべえと思った」と振り返った。
400mリレー直後のケンブリッジ--ボルトと接触した
「バトンが当たってしまった。走る途中で僕が寄ってしまってバランスを崩した。
あまり覚えていない。いままでの100メートルで一番短かった」
--銀メダル
 「ボルトにどこまでついていけるのかなと思って走った。やった
なという感じ。今までで一番最高。(2位に)入ったかなという
自信はあったけど、電光掲示板を見てよしっと思った」
--桐生とはレース前に何を話した
「走る前に『絶対いい位置でゴールするから後ろから追いかけてきて』
といった。全然緊張はしなかった。『来た、来た、来た』と思った」
--ボルトと走って
 「最後はグンといかれて悔しかったけど、メダルを取れてよかった。
前だけを見ていた。バランスを崩したときはやばいと思った。そこで
一度、スピードが落ちてしまったので。(ボルトと)当たったときに
やべえと思った。力みにはならなかったけど、最後はうまく加速できなかった」
--レース前はチームで何を話した    「チャンスがあるから絶対にメダルを取って帰ろうと口々に話した」
--レース後は場内を1周した      「気持ちよかった。あそこを1周走れる機会はなかなかない。いい体験だった。
ボルトが出迎えてくれてうれしかった。あこがれでもあり目標でもある選手から祝福されたので。入場のポーズは飯塚さんが考えた」 
--決勝へ向けて何かしたことは     「もともと仲がよかったので、特別何かしたことはない。チームワークがすごくいい。
ハイタッチして入場した。4人とも緊張感は少なかった。笑顔が多かった。みんな前向きにレースに挑めていた」
 --銀メダルの要因は         「予選もそうだし合宿でもいいタイムが出ていた。個人の力がついてきたのが大きい。
リレーは陸上で唯一、みんなで力を合わせてやれる種目。いろんな感情を共有できる」
--トラック種目では1928年アムステルダム大会女子800メートルの人見絹枝に並ぶ日本勢の最高順位タイ
「最高ですね。気持ちいい。3人のメンバーに感謝している。一緒に競えあえてよかった」
--3人のメンバーの性格は       「桐生が一番負けず嫌いで、山県さんと飯塚さんはマイペース」

桐生が「ケンブリッジさん」と言っていることに違和感を持たれた人もいるのではない
でしょうか?見た目では桐生より若く見えるケンブリッジ飛鳥ですが、桐生が20歳、
ケンブリッジ飛鳥は23歳。それほど有名ではなかったケンブリッジですが、2014年
にボルトが所属するクラブで1週間ほど練習をし、世界トップレベルの選手たちとの体格
の差を痛感して、冬から本格的な肉体改造を行ったそうです。その結果、今年になって、
100mで10.1秒の記録を出し、にわかに注目されるようになりました。そして今回、
自身の父親の祖国であるジャマイカの英雄ボルトと一緒に戦いたいという願いが叶い、
ボルトにはついていけませんでしたが、銀メダル(400mリレー)を勝ちとりました。
結果を早く出そうとすると、安易に「量」をこなすトレーニングをしてしまいがちです。
一方、肉体改造をしてもすぐには結果は出ないでしょうから、短期的には無駄なことを
しているような感じがしてしまいます。しかし、長い目で見ると、一見無駄に思えること
が実は最も効率的な方法であったりすることもあるのです。ただし、「急がば回れ」とは
いえ、どの回り道でもよいということではなく、何が最適かを知っておく必要があります。
スピード競技ならば、「速くなるのに最も効果的な作業」でなければならないのです。
400mリレーを走ったケンブリッジ、桐生、山縣、飯塚は、100mでは決勝にさえ
残れませんでした(飯塚は200m)が、4人ともメダリストになりました。
勝てない勝負にこだわる必要はありません。なんでもいいから、「勝つ」ことが大切です。
実際、日本選手がいくら努力してもボルトに勝てるとは思えません。相手にすべき敵を
間違えています。倒すべき敵は「10秒の壁」!ケンブリッジ、桐生、山縣3選手が、
今後、「10秒という壁」に勝つことを期待しています!



正々堂々を捨てよ。「勝てる場所」で勝ちにいこう (2013年1月13日 ダイヤモンド・オンライン)
「ひとつの方法」に固執するのは逃げである
為末 最初からバリューは出せるものですか?
伊賀 いいえ、今から思えば入社したての頃は、仕事ではなく「勉強」をしていました。朝から必死で資料や情報をインプット
して8時間経つと、「あー、今日も頑張った!」と思えるんです。長い時間、頑張った自分に満足してしまう。でもそこで
「今日お前が出したバリューって何?」と訊かれます。すると自分にとっては勉強になったけれど、世の中にもクライアント
にも価値を出せてないことに気づく。「あーこれはやばい」と焦って、翌日から仕事の仕方が変わります。その繰り返しですね。
為末 試合的ですね!僕らは社会的なバリューではなく、自分の競技力を磨くことに関してですが、同じように問われます。
20代前半までは足りない部分は、練習量を増やして補えるんですが、だんだんと歳を重ねるごとに、体の回復が間に合わなく
なってくるんです。そうすると、「速くなるのに最も効果的な作業」以外は削らなければならなくなります。前回お話しした
「有限感」の意識に似てるなって思います。
引き算のセンスと、無駄を無駄と気づくこと。
アスリートの世界は、状況としてそれに気がつきやすいケースが多いと思うんですけど、ビジネスの世界って、やっぱり
それが見えにくいというところがあると思うんです。だから2回目の人生に上手くジャンプできないというか。抜け出せない
というか。(中略)短距離の世界では、自分の限界が早い段階で見えた。時間と才能の有限感を意識するようになった
のはそこからです。100メートルの短距離走では、高レベルの争いになると、「足が速い」くらいしか勝負のしようがない。
でも僕の場合は、自分の走りに、小さい頃にやっていた体操の経験が合わさることで、ハードルという競技への新しい
挑戦ができたんです。合わせ技って言うんですかね。この合わせ技を持っているハードル選手ってあまりいなかった。
そういう風に自分と向き合いながら自分の戦場を見つけていくことは大切だと思うんです。どの戦場を選ぶのかっていう
ことを戦略的に考えるのは、大事なことですね。
伊賀 企業経営でもまさに同じことが言えると思います。例えば「技術」を第一に掲げている会社は、それ以外を軽視し、
技術だけで勝とうとする傾向があります。「モノ作り」も同じですよね。何十年も変わらず、そこだけを強調し続ける。
もちろんそれで勝てるならそれでもいいでしょう。でもそうでないなら、他のどこかに勝てるところはないか、積極的に探そう
という柔軟な考えがないと、生き残るのは難しいと思います。経営者のミッションは、社会に価値を提供して企業価値を
向上させることであって、それを技術で成し遂げなければ意味がないわけではありません。一つの強みにこだわりすぎる
必要もないし、一度決めた方法でも、やってみてダメなら変更すればよいはずなんです。
為末 目標のためのひとつの方法が、美学という名の一種の逃げの意識に繋がってるということもありますよね。
根性論の世界で育った選手は「正々堂々、受けて立つ!」という感じが物凄く強いんです。スピードにはスピードで、
パワーならパワーでというような。スピードにはテクニックでというのを逃げと捉えてしまうんです。(後略)




2016_08_21


金銀レスリング女子泣きじゃくる吉田、無念の銀 ここ一番の攻撃力出せず (8月19日 朝日新聞デジタル)
マットに突っ伏したまま、しばらく起き上がれない。再び顔を上げたその表情には、涙と
ともに無念さがにじんでいた。マルーリスとの女子53キロ級決勝。吉田はバックを取ら
れるなどして、1―4とリードされた。残りは約1分。相手の懐に何度も入り込もうと
するが、攻めきれなかった。 「最後、自分の力が出し切れなくて申し訳ないです」。
その言葉通り、世界女王として君臨してきた吉田の爆発的な攻撃力がここ一番で見られ
なかった。五輪4連覇に挑んだ吉田は33歳。スピードを生かして攻め立てるスタイルが
持ち味だが、20代の頃のように、相手を圧倒する試合は減っていた。

レスリング・川井梨紗子が金メダル 女子63キロ級 (8月19日 朝日新聞デジタル)
 リオデジャネイロ五輪第14日は18日、レスリング女子63キロ級の川井梨紗子
(21)=至学館大=が初の五輪で金メダルを獲得した。(中略)
 レスリング女子の日本勢は全6階級で戦いを終え、金4個、銀1個のメダルを獲得した。

金金金レスリング女子伊調馨が決めた!五輪4連覇「最後はお母さんが助けてくれた」
(8月18日 ドットdot.)
4度目の五輪金メダルを獲得した女王は、試合直後、安堵の表情を見せた。リオ五輪の
レスリング58キロ級で、伊調馨が金メダルを獲得。五輪史上初となる、女子個人種目
4連覇という記録を打ち立てた。過去3回、金メダルに輝いている伊調は、今大会も終始
危なげない試合運びで決勝まで駒を進めた。初戦から相手に10点差をつけるテクニカル
フォール勝ちをし、準決勝に至っては開始わずか2分20秒で10点を獲得。ここまで圧倒
的な強さで勝ち上がった伊調だったが、決勝では最後の最後まで苦しめられた。相手は、
ロシアのワレリア・コブロワゾロボワ。伊調は試合序盤に1点を先取したが、その直後に
相手が伊調の足を取り、2点を獲得。1-2で逆転を許し、前半の第1ピリオドを終える。
追う立場で迎えた第2ピリオド。攻めるしかない状況に追い込まれた伊調だったが、ここ
でも攻めきれず、得点を重ねることができない。相手にリードを許したまま時間は経過
し、試合が動いたのは試合時間が残り約30秒となった終了間際。相手に足をとられたが、
組み合いながらなんとか相手のバックにまわり2点追加で逆転したのは、なんと試合終了
の約3秒前。最後の最後まで手に汗握る展開のなかでみせた、大逆転劇だった。
試合を終えた伊調は、その内容を次のように振り返った。
「内容があまり良くなかったんですけど、こうやってたくさんの人に喜んでいただいて。
でももっといい試合したかったです。(最後は)相手がタックル入ってきてくれたので、
最後のチャンスだと思って。ここしかないと思って取りに行ったんですが、取れて
よかったです」 (後略)


シャープ、新社長に鴻海副総裁の戴正呉氏 再建へ求心力維持が課題 (8月13日 産経west)
台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の出資を受け傘下に入ったシャープは13日、臨時取締役会を開き、新社長に鴻海グループの戴正呉
副総裁(64)が同日付けで就任する人事を決定した。鴻海主導の再建が本格化する。10月ごろに新たな中期経営計画をまとめる
予定。戴氏と鴻海日本法人幹部の高山俊明氏ら計4人がシャープ取締役に就任。取締役9人のうち6人が鴻海指名、シャープ指名は
3人となった。代表取締役は戴、高山の両氏とシャープ出身の野村勝明副社長の計3人。鴻海は12日、シャープへの計3888億円
の出資を完了、議決権ベースで株式の66%を握り子会社化した。シャープの高橋興三前社長は同日付で退任していた。
シャープのプライド
郭氏は「シャープの財務の“ブラックホール”は数年で解決する」と意気込む。鴻海の最大顧客である米アップルの成長鈍化や主要市場
の中国経済減速などへの懸念もあり、経営合理化を急ぐ構えだ。しかし、シャープ内からは戸惑いの声が聞かれる。「研究開発費が
高すぎるといわれた。必要性が理解されない」「工場の昼休憩までチェックされるとは」
シャープには「自由な発想がものづくりを支えてきた」(幹部)自負があり、一部で鴻海への不満もくすぶる。求心力を欠いたまま
改革を急げば、人材流出に拍車が掛かり成長力がそがれる恐れもある。

シャープの経営危機は電機業界特有の問題だけではなく、日本メーカーの課題を浮き彫りに
しています。海外勢との戦いという面で、失敗のシャープと大活躍した日本の女子レスリング
選手は対照的であり、よい比較材料です。金メダルをとった日本女子4選手に共通している
のは、スタミナ負けしないこと、守りが非常にしっかりしていること、攻めあぐねても
チャンスは逃さないという集中力でしょうか。いくら日本選手が優れているとはいっても、
攻撃すれば反撃される危険性は高くなります。レスリングでは「攻めは最大の防御なり」では
なく、「攻めにはリスクがともなう」もののようです。ディフェンスは何事においても基本。
企業にとって重要な「防御」は、売上げや純利益よりもキャッシュフローを重視すること。
利益があがっていると現金も増えそうなものですが、必ずしもそうとは限りません。
シャープのフリーキャッシュフローは、営業利益が過去最高を更新した2007年3月期も
マイナスでした。一言でいえば、投資額が大きすぎたのです。シャープの場合、投資額が
大きくなった理由のひとつに、液晶パネルや液晶テレビを一貫生産する大規模システム
の導入が挙げられます。「攻めにはリスクがともなう」とは考えなかったのでしょうか?
伊調馨は4連覇を果たしましたが、今回のオリンピックでは、勝負だけでなく体力の温存
にも注意を払っているように感じられました。3回戦ではあまり積極的には攻めず地味な
勝利。準決勝ではワンチャンスをものにして、第一ピリオドでテクニカルフォール勝ち。
このことが、決勝の最後で踏ん張れたことにつながったのかもしれません。年齢を重ねれば、
戦いかたを変えていくのは当然です。吉田は、準決勝までは今までのどおりの攻撃力だった
のですが、決勝戦ではそれを出せませんでした。一方、シャープの場合はどうでしょうか。
一時的な成功(客観的にみれば成功でもなかった)をいつまでも引きずって、戦略転換を
怠りました。「技術が良ければ売れる」という神話を信じ続けたために、経営状態は悪化。
経営陣は、市況の回復という「神風」を待っていたのでしょうか。その結果、資金が枯渇
して「無い袖は振れない」状態になり、有能な技術者は流出し、競争力を失って、最終的
には台湾企業の傘下に入ることになったのです。コスト意識を持たない「攻めの研究開発」
や「自前のものづくり」の是正が求められます。
「技術で勝って事業に負けました」ではダメです。伊調のように、試合に負けても勝負
には勝たなければなりません。シャープは、他の国内電機メーカーと連携をとるのが下手
だと言われています。オリンピックを見ていると、たとえ個人競技であったとしても、
日本人選手同士の団結力が、勝利を引き寄せているように感じられます。






2016_08_19


ボルト男子100m三連覇五輪3連覇のボルト「引退は1年様子を見て考える」
(8月15日 NHK news web)
リオデジャネイロオリンピック、陸上男子100メートルで
史上初の3連覇を果たしたジャマイカのウサイン・ボルト
選手は試合後、「監督からは、このあと1年様子を見て引退
について考えようと言われている」と話しました。陸上男子
100メートル決勝でジャマイカのウサイン・ボルト選手は、
ラスト50メートルをのびのある走りで加速し、この種目で
史上初の3大会連続の金メダルを獲得しました。試合後、
ボルト選手は、「大会の良いスタートを切れたと思う。決勝は
あまり速く走れなかったが、すばらしいレースだった。勝ててうれしいし、みんなには『僕はまた優勝する』と言っていたでしょ」と、
笑いを誘ってレースを振り返りました。一方、ボルト選手は、大会前から今大会が最後のオリンピックになると明言していますが、
「決勝のレースは完璧ではなかったが、勝つためにここに来たし、本当に勝ててよかった。監督からは、このあと1年様子を見て
引退について考えようと言われている」と話しました。

『楽しむことができれば、良い結果を出したいと思うようになる。僕は走ることが楽しいから
練習もするし、モチベーションを保てる。もし好きなことでなければ頑張る気になれないかも
しれない。』 ウサイン・ボルト
これは日本人向け名言です。日本人の場合、「楽しむことができなくても良い結果を出したい」
と思うのではないでしょうか?楽しくなくても、良い結果を出すことができれば努力も報わ
れます。しかし、辛い思いをして、しかも結果は全然ダメ。そのうえ、KY発言?に非難殺到
では、努力をしてきた選手がかわいそうです。


五輪陸上:低迷日本、浮上せず 女子マラソン (8月15日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
14日は女子マラソンがあり、福士加代子(ワコール)は2時間29分53秒で14位、田中智美(第一生命)は19位、伊藤舞
(大塚製薬)は46位に終わり、日本勢は3大会連続で入賞を逃した。スムゴングが2時間24分4秒でケニア勢として初の
優勝を果たした。キルワ(バーレーン)が2位、M・ディババ(エチオピア)が3位に入った。マラソン女子日本代表の歴代
最年長となる34歳4カ月でたどり着いた大舞台だったが、福士は実力を見せられず、低迷する日本の救世主にはなれなかった。
10キロ手前で一度はトップ集団から離れたが、果敢に追いかけ、12キロ過ぎで集団に戻った。しかし、20キロ過ぎの急激な
ペースアップには付いていけない。リオの刺すように強い日差しが、暑さに弱い福士の体力を奪った。
6月には右足甲に痛みがあり、疲労骨折の疑いがあった。箇所は異なるが、福士は2015年3月に右足甲を手術するなど
1年間に3回、左右の足を疲労骨折している。今年1月の大阪国際で優勝した後も足の痛みは続いた。年齢を重ね、近年は
スピードを犠牲にしても故障を防ぐために靴のクッションを厚くしていた。それでも、故障が相次ぎ、思うような練習をこなせ
なかったことが大舞台で響いた。 1万メートルで日本選手権6連覇を達成するなど「トラックの女王」と呼ばれた20代の頃、
本人は「あんな長い距離を走りたくない」とマラソンを嫌っていた。 しかし、日本人が世界で勝負できる種目はトラックより
マラソンだ。永山忠幸監督は福士のためにスピード練習主体で1カ月の短期間に詰め込む調整方法を確立し、3度目の挑戦で
五輪のマラソン出場を果たした。
本人もリオ五輪まで1年を切った昨秋、周囲に「本当に欲しいものは口に出さないと取れない。メダルを取るための決意も練習も
精神も足りなかった」と熱く語り、ようやく本気でマラソンに向き合うようになった。誰もが福士の潜在能力の高さを認める。
もう少し若い時からマラソンに向き合っていれば、結果は変わっていたのだろうか。

きっと、血のにじむような努力をしてきたのだと思います。その結果、思ったような
タイムが出せなかったら、さらに努力する・・・体が悲鳴をあげるのも当然でしょう。
「努力」を英訳するとeffortという単語が出てきますが、これは「目的達成に向けて
取り組む」ぐらいの意味合いです。「努力」という言葉もそのような意味で使われる
こともありますが、多くの場合、「一度決めたことなら、無理をしてでも頑張る」とか、
「嫌なことでも我慢する」「肉体的・精神的限界を根性で乗り切る」というイメージが
付加されているうえ、「努力は素晴らしいことだ」という風潮が蔓延してします。


ボルトは、『速く走ろうと思うな。自分の走りに集中しろ』という名言も残しています。
これも、日本人向け?の素晴らしい言葉です。「成功するためには、良い結果が出せる
ように努力すべきだ」と、日本人は考えてしまいがち。これは日本人のマインドセットに
なっていて、根拠のない美学といえるものです。どうして、「成功したいと思うなら、
自分の必勝スタイルを磨け」とはならないのでしょうか?第一、がむしゃらに頑張るより、
「自分のスタイル」を追究するほうが楽しいと思います。
さんまさんも「努力」に対して批判的。「努力ではなく、行動だろ」ということです。
しかし、「一流の人が1の努力をすれば、凡人は100の努力をしなければならない」
と反論する人は必ずいます。しかし、これは「凡人をさらに苦しめる言葉」です。
「無駄な努力はするな。まずはじめに、自分が本当にやりたいと思えることをやれ」と、
なぜ言ってくれないのでしょうか?


ヤングタウン土曜日明石家さんまが「努力」について語りカッコよすぎると
話題に
 (2015年7月28日 AOLニュース)
7月25日に放送されたMBSのラジオ番組『ヤングタウン
土曜日』にて、明石家さんまが「努力」について持論
を展開し、話題となっている。番組では、先日テレビ
番組『明石家電視台』で、ブラックマヨネーズの2人
から「お笑いに対して、さんまさんのされている努力
を教えてくだい」という質問に対し、さんまが「努力は
していない。当たり前のことをしているだけ」と語った
ことが話題に。その名言を聞いた、カントリーガールズ
の稲場愛香、モーニング娘。の飯窪春菜と鞘師里保(※2015年卒業)は「カッコいい!」と大絶賛、さんまも「どさくさ紛れに、
カッコええこと言うてるな、俺は(笑)」と自画自賛した。続けてさんまは、「前から言うてんねんけど、辞書から無くさな
あかん言葉の一つで『努力』っていうのがあるからね。努力なんて『努力する』って言ってするもんじゃないからね。
あの言葉は、物凄い邪魔な言葉」と持論を展開。続けて、「ああいうのは除けて、『行動』という言葉に変えた方がええ。
努力も『行動』の中に入れた方が良い」と言い放ち、女性陣は「凄い!また名言生まれちゃいましたね!」と絶賛、
「さすがです!」「勉強になります。人として成長できる気がします」と心を打たれた様子。さんまは、「本当に、そういう
逃げ言葉も人が作ってるから。こういう言葉がいっぱい、邪魔な言葉がいっぱいあるから」と語った。
ネット上では「かっこよすぎるなw」「さすが!」「目が覚める」など絶賛の声が多く上がっている。





2016_08_17


SMAP結局解散!キムタクと香取の溝埋まらず、事務所には残留 (8月14日 サンスポ SANSPO.COM)
1月に分裂、解散危機騒動が表面化した国民的グループ、SMAPが12月31日をもって解散することが14日未明、
ジャニーズ事務所から発表された。解散後も中居正広(43)、木村拓哉(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(42)、
香取慎吾(39)の5人は事務所に残留し、ソロとして活動する。5人はジャニー喜多川社長(84)と話し合いを重ねたが、
メンバー間の溝は埋められず。デビュー25周年に重い決断を下した。騒動発覚から7カ月。5人は解散という苦渋の決断
を下した。関係者によると、1月の騒動を受けて、事務所は2月から、ファンへの感謝を込めたコンサートや、デビュー25
周年イベントの開催をメンバーに提案してきた。5月には「解散はありえない。(デビュー25周年を)盛大にやるべき」
と発言したジャニー氏が音頭を取り、メンバーと話し合いを重ねてきた。(中略)
木村は25周年の活動に積極的だったが、メンバー数人が「今の5人の状況ではグループ活動を継続することは難しい」
と主張。出演依頼があった7月の音楽特番も辞退していた。この状況を受けて、3週間前から、事務所はメンバーに
海外での語学留学や芝居の勉強などを含め、グループ活動の休止を提案した。が、稲垣、草なぎ、香取の3人が
「休止明けのグループ活動がイメージできない。休止といってファンに期待を持たせるのは失礼。休みより解散したい」と、
今月10日に事務所に正式に申し出たという。翌11日に、事務所役員による協議で12月31日をもっての解散が正式に
決定。解散時期を年内いっぱいにしたのは、レギュラー冠番組の編成やファンの気持ちを考慮して、区切りのいい四半世紀の
歴史で終止符を打つことにこだわったようだ。解散の最大の要因とみられるのが、木村と香取の軋轢だった。
香取は、SMAP独立を計画した女性元チーフマネジャー、Iさん(59)を母親のように慕っていた。ただ、独立は木村が
事務所残留を決めたことで頓挫し、Iさんは退社を余儀なくされた。香取の木村に対する不信感は修復不可能な状態となり、
2人の溝は大きくなった。ただ、リーダーの中居は、グループ活動が少なくなっても現状のままSMAPの存続を願っていたが、
関係者は「香取のグループに対する虚脱感が大きく、グループ活動を続ける意義を見つけられなくなった」といい、それに
他のメンバーが押し切られた格好だ。(後略)
SMAP Smac

結局、SMAPは解散することになりました。最終的には、キムタクと香取の不仲が解散の
原因になったとのこと。育ての親である飯島三智マネージャーについていこうとした中居、
稲垣、草薙、香取とジャニーズ事務所を選んだキムタクとの間の亀裂はやはり決定的なもの
だったのでしょう。騒動の後、ジャニーズへの忠誠を誓っていたキムタクが仕切るかたちで、
ジャニー喜多川への謝罪の言葉を淡々と述べる様子は異様なものでした。ケンカ別れという
のは寂しい気もしますが、結成25年たっても依然として人気を保ち続けているアイドル
グループの存在自体が驚異的なことです。たとえ今年で解散したとしても、これまでの
功績は輝かしいものがあります。最終的な理由が何であれ、そもそも、SMAPメンバー
同士の仲がよくなかったことが根本的な原因になっています。SMAPメンバーに限らず、
人間関係に悩まない人はいません。そのなかでも仕事の人間関係は大きな悩みです。

仕事でのストレス1仕事内容はある程度、自分で選ぶことができても、
上司や同僚を選ぶことはできません。人間関係が
原因で仕事をやめる人も少なくないのですが、
転職後、良い仕事仲間に出会えるとは限りません。
仕事には、人間関係の悩みがついてまわります。
特に、日本の職場ではそうでしょう。日本では、
仕事をコロコロ変えることはいいことだと思われて

仕事でのストレス2いませんし、実際、待遇面で不利な扱いを受ける
ことがほとんどです。正規で再就職することは容易
ではありませんし、たとえ正規で再就職できても、
多くの場合、給料が前の職場より下がります。
ですから、転職したいと思っていても、我慢をして
今の職場にとどまろうという気持ちが強くなりがち
なのです。問題は、我慢の限界がどこにあるかです。
ちょっと嫌になったから辞めるのでは、転職を繰り
仕事でのストレス3返すことになるでしょう。全く我慢しなくてもよい
職場などあり得ません。一方で、理不尽な扱いを
受けて、精神的に追い詰められているのなら、
修復不能になる前に、転職するべきでしょう。
一般的に、人間関係のストレスは人間関係のなかで
しか解消できないので、完全な人間不信になって
しまうと、社会人としての再スタートが難しくなって
しまいます。我慢し過ぎないことも大切なのです。


人間関係のストレスは「人間関係の中でしか解消できない」と判明 (2013年11月9日 ウーリス WooRis)
仕事に悩みを抱えている人は多いですが、その中でもダントツに多いのが“人間関係の悩み”。苦手な上司、愚痴の多い先輩、
敵対視してくる同僚……息の詰まりそうな職場の人間関係に疲れ、一人になりたいと願ったり、お酒や買い物でストレスを
解消したりする人が多いでしょう。でも、根本的な解決には繋がっていないのかも?
子育て情報サイト『MIND』の中で、児童精神科医の佐々木正美先生は「(ストレスは)基本的には、人間関係の中で感じる
わけです。だけど、とても大事な事は、ストレスを解消するのも人間関係の中で、ということです」と言います。
一体どういうことなのか、サイトよりご紹介します。
■ストレス解消の人間関係を持たないのが原因
佐々木先生の言うストレス解消のできる人間関係とは“気心の知れた、安心できる友人、知人、家族”です。「現代人が、なぜ
ストレスが多いかというと、ストレスになるような人間関係が多く、ストレスを解消できるような人間関係を持たないからです」
ギクッときた方も多いのではないでしょうか? 仕事中心の生活になると、気心の知れた友人との付き合いや、家族との時間
も減ります。仕事に関わる人間関係が増えるわけですが、どうしても“仕事感”は拭いきれません。
“気心の知れた、ホッとできる、何でも言える相手”にはなりえず、緊張感は残ります。一方で気心の知れた相手との時間は、
心からリラックスできますよね。一緒にいて他愛もない話をするだけでもストレスは消え、楽しさや心地良さが残ります。
「ありのままの自分でいても、いいんだ」とも思えますよね。
■孤独ストレスを知ろう
「いや、私は一人が一番いい!」と思う人もいるでしょう。「孤独というストレスがあります。対人関係にストレスを感じて、
逃げこんで一人でいるということは、ストレスの解消にはならないのです。一時的な休息にはなっても、ストレスはたまって
いくばかりです。ということを知らないといけないですね」
たしかに、一人になれば対人ストレスから逃げることはできますが、次は孤独ストレスが待っています。寂しさを感じたり、
孤独な自分に自信が持てなくなったりしてしまうのです。
■ストレス解消になる人間関係を築こう
では、人間関係のストレスを解消するにはどうすればよいのでしょうか。
「一人でいる方が、退屈で苦痛であって、コミュニケーションする時の方が、ストレス解消になるんだというふうな人や家族、
友人、知人を持たなければ人はストレスを解消していかれないのです」
仕事が忙しいと、つい疎かになる身近な友人、家族、恋人との時間。実はその中にストレス解消の答えがあったのですね。





2016_08_15


ペルセウス座流星群について (ほしぞら情報2016年8月 国立天文台)
ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。 ペルセウス座流星群は、とても観察しやすい
流星群です。 毎年、ほぼ確実に、たくさんの流星が出現することがその理由のひとつです。1月の「しぶんぎ座流星群」、
12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれています。活動が極大の頃に夜空の暗い場所で観察すれば、
最も多いときで例年40個以上の流星を見ることができます。 また、流星群の活動期間が多くの方の夏休みやお盆休みに
重なっているため、夜更かしをしやすかったり、星のよく見える場所に行きやすかったりすることも理由に挙げられます。
さらに、「しぶんぎ座流星群」と「ふたご座流星群」の活動は冬の寒い時期に当たりますが、ペルセウス座流星群の活動
は夏の盛りに当たりますので、観察時の寒さについてあまり心配する必要がありません。
今年のペルセウス座流星群 観察に適した日時
8月12日の夜半から13日未明にかけて最も多くの流星が見られそうです。また、その前後、11日の夜半から12日未明に
かけてと、13日の夜半から14日にかけても多くの流星が出現すると考えられます。 2016年のペルセウス座流星群の
極大は、日本時間の8月12日22時頃と予想されています。その時刻にはまだ月明かりの影響がありますので、夜半頃
に月が沈んだ後が観察に適した時間帯です。未明まで流星の活発な出現が続くと考えられます。 (後略)
ペルセウス座流星群
ペルセウス座流星群極大時のホロスコープ流星については、不吉だとも言われますし、
願いごとをかなえてくれるとも言われてい
ます。どちらが本当なのでしょうか?
きっと、時と場所(立場)によりけりなの
だろうということで、 流星群が極大で
あるときの空をホロスコープで見てみると、
凶星ばかりが夜空に輝いています。
土星と月はコンジャンクションしていて、
その土星と月に対して、金星がスクエア、
海王星もほぼスクエアの状態です。
上昇星はなく、カルミネートしている星が冥王星ということで、「不吉だ」としか
いいようがありません。そして、実際の夜空で最も気になるのは、土星の近くに
ある、2つの赤い星、火星とアンタレスです。火星は、戦争、暴力、事件・事故
など悪い出来事の象徴です。そして、アンタレスは、直径が太陽の600~800倍
ある赤色超巨星です。日本にとって、赤に彩られた巨大な存在といえば・・・そう
中国です。もし、太陽系の中心にアンタレスがあったとするならば、アンタレスは
火星の公転軌道を越えた大きさです。つまり、地球は呑み込まれてしまいます。
このようなことから、日本が中国に呑み込まれてしまうことが想像されるのです。
しかし、ペルセウス座流星群は全く違う可能性を示しています。ペルセウス座の
アルゴルは明るさが変化する星(変光星)として有名です。アルゴルという名前は
アラビア語の悪魔(アル・グール)に由来しています。周期的な変光は、回りあう
2つの星(明るい星を主星、暗い星を伴星と呼ぶ)がお互いを隠しあうことで
起きます。現在の伴星はかつては大質量で早く進化して膨張したのですが、ガス
の一部がかつては小質量であった現在の主星に流れ込んだ結果、かつての巨星は
現在のように小さくなってしまったと考えられています。
つまり、アルゴルは、かつての巨大な存在が小さくなってしまうことの象徴であり、
中国がチベット、ウイグル、内モンゴルなどを失って、現在の占領体制が崩壊して
しまうことを意味しているとも考えられるのです。
巨星が周囲を呑み込むのか?それとも、巨星が自己崩壊を起こすのか?
その歴史的分岐点は、思ったより近いうちに訪れるかもしれません。
ソ連の崩壊が「あっけないもの」であったように、大きな存在が求心力を失えば、
その分裂は「あっという間」です。


2016年8月火星の動き火星・土星・アンタレスが接近
(ほしぞら情報2016年8月 国立天文台)
宵の南西の空には、火星と土星が仲良く
並んで輝いています。そのすぐそばには、
さそり座の1等星アンタレスを見つけること
ができます。 12日には、前日上弦を迎えた
月が、見かけ上、火星と土星に近づきます。
月と明るい星たちが競い合うように輝く
ようすが目を引くことでしょう。 地球の
まわりを公転している月は、背景の星に
対して西から東へと、日々位置を変えて
いきます。12日を中心にした前後何日間
かは、火星と土星の近くを、日に日に形を
変えながら移動していく月にも注目しま
しょう。月に比べると速さはゆっくりして
いますが、火星も徐々に位置を変えていきます。24日には、火星が、土星とアンタレスの間に割って入るように、アンタ
レスに接近します。0等級の火星と土星、1等級のアンタレスと、明るい3つの星が一直線上に並ぶようすを楽しみましょう。





2016_08_13


日本語を活用した英会話習得法 多くの達人が実践している学習法
“暗唱”が最強の英語学習法である理由(1) (7月23日 日経ビジネスオンライン)
(前略)一般にはあまり知られることのないまま、また実践されることもないまま、密かに達人たちを生み出してきた英語
の学習法とはいったい何なのでしょう――それが「暗唱」なのです。
「暗唱は応用が利かない」は完全な誤り
今この記事を読んでいる人の中で、「暗唱」を実践したことのある人はほとんどいないはずです。なぜなら、一般には
「暗唱=暗記=応用が利かない」という方程式のようなものが信じられていて、実践されるどころか、強く避けられる傾向
があるからです。しかし、これには仕方のない点があります。
なぜならどう考えても“丸暗記”したものが自在な応用につながるとはイメージしにくいからです。そこに、「言葉にはルール
がある、だからルールについて学び、演習を行って、そのルールを使えるようにすれば言葉は自在に使えるようになる」、
と言われると暗唱なんて意味が無いのでは? という結論になってしまうわけです。ところが、21世紀に入って、事情は
大きく変わってきました。脳科学の進歩のおかけで、脳がどのような情報処理を行っているかが分かり始めたからです。
脳はルールを操りながら言葉を話しているのではありません。「決まった形」として覚えた情報が多数重なる中で、
そこにある規則性を自然に理解していき、それにしたがって情報を組み合わせているだけなのです。(中略)
なぜ暗唱は避けられるのか。
このように、暗唱は間違いなく強力な学習法で、その効果については、明治の昔から現代に至るまで、何度も何度も実証
され続けています。実際のところ、英語の達人というのは、例外なく必ず暗唱・朗読、あるいはそれに準じた学習を行って
います。 ではなぜ、暗唱は日本の英語教育に取り入れられないのでしょうか。ここには、大きく2つの理由があります。
1つ目は、入試(とくに大学入試)にスピーキングテストが無いということです。「学習はテストに規定される」―――
それが学習とテストの間にある鉄則です。ですから、話す力、あるいはスピーチをする力がテストされないとなると、
暗唱どころか、正しい発音や読み方さえ教えられずに放置されるということになります。
おそらく、英語の先生の中には暗唱や朗読の重要性を理解されていて、なんとか実施したいと考えている方がいるはずです。
しかし、入試に出ないとなると、そもそも学習者、つまり生徒にモチベーションが生まれません。現代ほど、暗唱が手軽に、
そして的確にできる時代はかつてなかったわけですから、これはとても皮肉な話です。(中略)
2つ目も、入試問題と関係があるのですが、受験英語ではあまりにも「文法的正確さ」に重点がおかれ過ぎているため、
教える側(先生)も教えられる側(生徒)も、さらには保護者の方々も、文法解説・文法演習を行わないと不安になる傾向
があります。そのため、どうしても文法に走ってしまうのです。 この不安は決して根拠のないものではなく、暗唱だけに
よって入試に対応できる英語力を身に付けさせるには相当な工夫が必要です。(後略)

暗唱というと、ずっとそれを覚えておかなければならないというイメージがあります。
イスラム圏に行く人は、テロ対策としてコーランの主要部を暗唱できるようにして
おいたほうがいいと言われています。「I am Japanese.」は役に立たない!
この場合の暗唱は、完全に暗記しておくという意味です。
一方、英語の勉強における暗唱は、文章を見た直後に、文章から目を離した状態で
口に出して唱えることができる程度でいいのではないでしょうか?
それをリピートすれば、自然と暗唱した英文を覚えてしまうかもしれません。
受験英語の場合は、意味の似ている英単語を暗唱するという方法もあります。
例えば、「goal, target, objective, aim, purpose」と暗唱するのです。ゴールの
意味はだいたい分かるでしょうから、後の単語の意味もおおかた予想がつくでしょう。
8月7日の記事にある英文には、題名にgoalがあって、文中にはgoalとobjectiveが
何度も登場します。この文章では、goalとobjectiveの意味の違いにとりたてて注目
する必要はありませんが、少しニュアンスが異なるようです。
Do you know the difference between a goal and an objective?というタイトル
の解説があるくらいですので、ネイティブにとってもそれほど自明なことではないの
かもしれません。ところで、直接、受験に関係のない暗唱は役に立つのでしょうか?
objective-less challenge(無目的な挑戦)が、goal(目標)への近道かも。


<出典>"Difference between goal and objective" http://www.differenceall.com/
 ↓
ゴールとオブジェクティブ2「目標」、「目的」の英単語の違いと使い分け
/goal、target、objective、aim、purpose
(2015年12月8日 イラスト英単語学習)
(前略)もっとも簡単な英単語は”goal”でしょうか。
マラソンコースなどの「ゴール」としても使われる”goal”なので、
最終的な大きな目標、というニュアンスで使われます。
次に簡単な英単語は”target”でしょうか。こちらは”goal”と違い、
短期的なものです。ビジネスの世界で使われるときには数値目標のあるものを言います。
“purpose”という英単語も、中学だか高校だかで習いますね。“purpose”というのは、その行動や行為を行った理由、
その行動や行為に至った動機付けという意味での「目的」を意味します。ある研究をして学術論文を書くときには、
必ず「(この研究の)目的」というものを書きますが、その「目的」は英語で”purpose”です。つまりこの研究を行った
理由や動機付け、ということですね。なので、目標値といった数値的目標を表すときには”purpose”は使いません。
次に”aim”です。“aim”は、”purpose”がより広い意味であまり具体性がなく、曖昧な目標や目的に対して使うのに対し、
より狭義で、具体的であり、明確な目標や目的に対して使われます。と書いたら何のことだかさっぱりですが、例えば
「我々の目的は事業計画を達成することだ」→”purpose”を使う→Our purpose is to achieve the business plan.
「この会議の目的は、事業計画を達成する(purpose)ために、その販売方法が妥当であるかを検討することだ」
→”aim”を使う→For the purpose to achieve the business plan, the aim of this meeting is to think about
validity of the sales plan.となります。
「事業計画を達成する」というのは「販売方法の妥当性の検討」よりも広義で具体的でなく、曖昧ですね。
また、「事業計画を達成する」ためには「販売方法の妥当性の検討」、「新商品の開発」、「価格の見直し」などなど
細かい段階が必要で、この細かい段階をクリアする目的・目標が”aim”です。
つまり、”purpose”には複数の”aim”が含まれている、”purpose”のスモールステップが”aim”であると言えます。
「目標」、「目的」を表す言葉の中でなかなかに堅苦しい言葉は”objective”です。こちらは主にビジネスの世界で
使います“objective”とは、短期~中期の具体的な目標のことです。例えば「今期の目標売上高1億円」のように、
達成するまでに期間が決まっており、かつ達成できたかを明確に判断できるものであることが必要です。

ゴールとオブジェクティブ1<出典>
ブログサービスblogger
assignment
"Differences between
Vision and Mission"







2016_08_11


イチロー三千本安打達成イチロー、大リーグ3千安打達成 史上30人目
(8月8日 朝日新聞デジタル)
大リーグ・マーリンズのイチロー外野手(42)=本名・鈴木一朗=
は7日(日本時間8日)、米コロラド州デンバーのロッキーズ戦の
七回、右越え三塁打を放ち、日本選手では初、大リーグ史上30人目
となる通算3千安打を達成した。イチローは、2000年オフに
ポスティングシステムを利用して、日本プロ野球のオリックスから
大リーグのマリナーズに移籍した。メジャー初安打は、01年4月2日
のアスレチックス戦。05年6月にメジャー通算1千安打を記録し、
09年9月には史上2位の早さで2千安打に到達した。(後略)

萩野公介と瀬戸大也その背に憧れ追いかけた 大也と公介の物語、続きは東京
(8月7日 朝日新聞デジタル)
ずっと追い続けてきた背中には、3秒66届かなかった。6日の競泳
男子400メートル個人メドレーで銅メダルだった瀬戸大也(だいや、
22)。金メダルに輝いた萩野公介(21)は、憧れで、目標で、
そして一番のライバルだった。競泳の同一種目としては60年ぶりに
日本選手2人が並んだ表彰台。一番高い中央で金メダルを受ける
萩野の隣で、瀬戸は胸の銅メダルに触れた。そして萩野と肩を組み、
メダルを掲げての撮影に応じた。(後略)

太田雄貴三宅宏実苦難に耐えた三宅、2大会連続メダルの重み
(8月7日 日経電子版)
耐えに耐えてつかんだメダル――。(中略)
五輪前から苦難の道のりが続いた。3月ごろ
に腰を痛め、五輪に臨むまで満足な調整が
できなかった。本番でも苦戦。前半のスナッチ
と後半のジャークはいずれも最後の3回目
の試技で成功した。ジャークを成功させた
際は「やったー」と叫び、下ろした直後には
バーベルをなでて喜びを表現した。



フェンシング太田、現役引退を表明 初戦で敗れる (8月7日 日経電子版)

イチロー、競泳の萩野と瀬戸、重量挙げの三宅選手・・・いつでも日本人スポーツ選手は
わたしたちに大きな感動と勇気を与えてくれます。重量挙げの三宅選手が腰痛に耐えて
バーベルを持ち上げる様子は、感動ものというより涙ものでした。実は、プロ野球選手
とオリンピック選手では目標の立てかたが全く違います。競技によって事情は違いますが、
オリンピック選手にとってはオリンピックが最大の目標となっていて、オリンピックで
負けてしまうと、4年間の努力が無駄になってしまったように感じることもあるでしょう。
一方、イチローはメモリアルな数字を達成するたびに、これはゴールではなく単なる
通過点に過ぎないと言ってきました。ヒットは積み重ねていくものなので、3千本目の
ヒットも、イチローにとっては、特別なものではないのでしょう。わたしたちにとって
参考になるのは、断然、イチローのほうです!なぜなら、負ければ努力がすべて無駄に
なってしまう一発勝負のオリンピックより、毎日、目の前にある試合(野球選手の場合)
に集中したほうが、モチベーションを保ち続けることができそうだからです。
とはいうものの、高校生ならば、大学受験を目指さないのに一生懸命勉強するという人
はあまりいないでしょう。そこで、受験のための英語として・・・
英文読解で難しいことのひとつがイディオム。イディオムが難しいのは、意味が非常に
多くて誤解しやすいからです。前記事(8月7日)の英文にあるイディオムを調べて
みました。タイトルにあるhold backがいきなり難しい。ここでは、hold us backで
「わたしたちの進歩を止める」といった感じでしょうか?
目標への過度の集中は、「わたしたちの進歩を止める」のです!?


hold back 1.〔事実・本心などを〕隠す[秘密にする・しまっておく]、本当のことを言わない、〔事実・本心などを
打ち明けることを〕はばかる[恥ずかしがる] 2.〔感情を〕抑える、〔行動を〕(差し)控える、自制する、思いとどまる 
3.(すごすごと)引き下がる、尻込みする、ためらう、遠慮する、手加減する、容赦する、気後れする、ひるむ 
4.押しとどめる、引き止める、食い止める、〔群衆を〕制止する 5.制御する、阻止する (以下略)
hold ~ back (人)の行動を制限する、(人)を前に進めなくする (以下略)
get through 1.~を通り抜ける、通過する[させる]、押し通す 2.~を通って(目的地に)着く[到達する・達する] 
3.〔話・意味・メッセージなど〕通じる、伝わる、分からせる、理解させる 4.連絡がつく、連絡を取る 5.〔試験に〕通る、
合格する、パスする 6.〔決勝に〕進む 7.〔法案などが〕通過する、可決する 8.届く、(送り)届ける 9.~を終える、
終了する、やり終える、済ます、処理する(以下略)
go about 【句自動】1.〔うわさや病気などが〕広まる、まん延する 2.〔長い時間人と〕一緒に過ごす[出掛ける]
(以下略)【句他動】1.〔仕事や生活などを〕普通にこなす、いつもの通り行う 2.〔仕事・問題などに〕取り掛かる 
3.〔うわさや病気などが~に〕広まる、まん延する
over time  1.時間と共に、そのうちに、ひとりでに 2.ゆっくり時間をかけて、長い期間をかけて、徐々に
what if もし~だったらどうなるか、もし~としたらどうなるだろうか、たとえ~でも構うもんか
take A as B  AをBと取る[受け止める・解釈する・考える]
take ~ as a given ~を所与のもの[こと]と考える[見なす] take ~ as it is ~をあるがままに受け入れる
take ~ as you find ~をありのままに受け止める
take ~ as read ~を文字[額面]通り受け取る、~を当然[周知・了解済み]のこととする[見なす]
                                  ※アルク「英辞郎 on the WEB」での検索結果



2016_08_09


小学生英語の問題英語、小5から正式教科に 次期指導要領案 (8月1日 日経電子版)
小中高校の教育内容を定めた学習指導要領の改訂案が1日、固まった。小学校5~6年生
で外国語(英語)を正式教科にするほか、歌やゲームなどで英語に親しむ「外国語活動」
の開始を3年生に早める。高校の地理歴史科を再編し、小中高の全教科にアクティブ・
ラーニング(能動的学習)を導入するなど、時代の変化に応じた新しい学びの姿を打ち
出した。中央教育審議会の特別部会が同日、改訂に関する審議のまとめ案を大筋了承した。
新指導要領は小学校は2020年度、中学校は21年度、高校は22年度の新入生から順次実施
される見通し。今回の改訂は「予測が難しい社会で未来を創り出すために必要な資質や
能力を育む」(同案)ことが狙い。社会の変化を柔軟に受け止められる「社会に開かれた
教育課程」を目指すとした。現在の指導要領は主に教える内容が書かれているが、改訂案は
子供の学び方や教員の教え方も重視。「主体的・対話的で深い学び」に向けて能動的学習
の導入などで授業を改善する。知識と思考力は共に重要だとして学ぶ内容は減らさない。
小学校英語は11年度に5~6年生で「話す・聞く」中心の外国語活動(週1コマ)が
始まって以来の改革となる。改訂後は5~6年生で正式教科となり授業も週2コマに増加。
「読む・書く」を入れて内容も充実させる。英語の教科化などで小学校6年間の総授業時間
は140時間増える。中学校は変わらない。(後略)

英語はいつ身につけるべきか英語ができる人1000人に聞いた、子供にマスターさせる近道
(2014年7月21日 プレジデントオンライン)
単に言葉の勉強ではないはず
英語ができる人はわが子の英語教育にも関心が高い。「子供に英語を身につけ
させたい」と答えた人が8割以上、「小学校の英語必修化」には7割以上が賛成
している。英語を身につける時期として、「幼児期」や「小学生」という答え
が多く、「日本人が英語ができるようになるには何が必要か」という問いでも、
「早期教育、幼児教育」や「小中学校の授業の充実」を挙げる人が多かった。
現在小学6年生の息子を持つ山崎さん。自身は子供に特別な英語教育は施して
いないという。「ネイティブと同じように英語を使えるようにしようと思えば、
早期教育も考えなければいけないのかもしれませんが、そこまでは必要ないと思っています」
アンケートでは「母国語も身についていない幼少期から英語を学ばせるのは疑問」という声があったが、山崎さんも同じ方針。
その根底には、英語を学ぶとは単に言語を覚えることではない、という考えがある。「小学校低学年のうちは論理的な思考もでき
ないし、抽象化や概念化もできていない。言語を学ぶうえで大事なのは、概念の理解や、感情の説明能力です。バナナとかアップル
とか、物の名前を覚えさせるのを英語の勉強とするなら、やらなくていいと思う。それなら英米の歴史や文化を学ばせたほうがいい」
(後略)
とにかく英語が話せるようになりたいとか、将来は海外で活躍したいという人にとっては、
できる限り小さい頃から英語の「音」に慣れておく必要があるでしょう。言語を学ぶには、
「聞く」→「話す」→「読む」→「書く」という順序が自然な流れでしょうから、
「聞く・話す」を小学生のうちに(それより早く)学ぶことは重要なことだと思われます。
でも、日本という国のよさは英語を学ばなくても困らないところにあるのであって、
母国語でない英語教育をフィリピン並みに徹底させても、フィリピンのようになれるだけ。
母国語で訳されている文章が理解できないのなら、原文(英文)が分かるはずもない。
8月6日の記事で引用したハーバード・ビジネス・レビューの原文は以下のようなもの。
難しい単語さえ分かれば、高校レベルの英語で訳せそうなものですが・・・続く


preordained あらかじめ運命づけられた        feat 手柄、偉業、妙技、早わざ、芸当
bureaucratic 官僚的な               timeline 時系列に表示したもの、予定表
alignment 調整、協力、団結
firmware ファームウェア(ソフトウェアをROM等のLSIに書き込んだ状態で機器に組み込んだもの)
metrics 基準・指標                 obsession (人が強迫観念に)取り憑かれていること
stagnate 停滞する、停滞させる           bolster を強化する、を支持する        
serendipity 思わぬものを偶然に発見する才能     viagra バイアグラ(男性用性的不能治療薬の商品名)
angina pectoris 狭心症               ergot rye fungus ライ麦由来の麦角菌
respiratory 呼吸(器)の[に関する]        dating site 出会い系サイト
detour 遠回り、回り道、迂回路           greenlight (計画などを進めてもよいという)認可を与える
mindset マインドセット(気質、経験や教育、時代の空気などから形成される視点や考えかた)

How Overfocusing on Goals Can Hold Us Back (Harvard Business Review) March 17, 2016
Imagine you want to design a robot that can get through a maze by itself. How might you go about it?
First, you would probably define the robot’s objective: Find the exit of the maze. Then you would create
a mechanism to reward the robot for moving toward that goal and to punish it for moving farther away,
so that over time it finds its way out. But what if the robot comes to a dead end right next to the exit?
It’s geographically as close as possible to its objective but it can’t get there. And it won’t want to turn around
because that would mean moving away from the goal and getting punished. Your robot would be stuck.

Kenneth Stanley is a professor in artificial intelligence who has studied this problem, the stagnation
that can result from dogged pursuit of a prescribed goal. Eventually he and his colleagues arrived
at a simple solution. What if instead of rewarding the robot for getting closer to the maze exit,
they rewarded it for trying new and interesting directions? They found that this shift in programming
significantly improved the robots’ ability to solve mazes — a successful result in 39 out of 40 trials,
versus 3 out of 40. Testing objective-less challenges in many other AI contexts, Stanley got similar results.
When made to seek novelty, his robots developed surprising and creative solutions to problems they could
not previously solve.

Stanley and Joel Lehman present their research in their new book, Why Greatness Cannot Be Planned:
The Myth of the Objective, and argue that it has serious implications for humans as well. If we, like the robots,
pursue new and interesting directions rather than preordained goals, we’ll achieve better outcomes.

Of course, reprogramming people and organizations is no easy feat. One of the most sacred texts
in the business world is Peter Drucker’s classic, The Practice of Management, which introduced the concept of
“management by objectives” (MBO). Dave Packard, who based Hewlett-Packard’s “HP Way” on MBO,
described it as “a system in which overall objectives are clearly stated and agreed upon, and which gives people
the flexibility to work toward those goals in ways they determine best for their own areas of responsibility.”

Most modern managers take this as a given. Of course goals should be clear; how can you prioritize work or run
a company without them? We have corporate and group objectives (quarterly and annual), project objectives,
and individual objectives, and we’re reviewed and rewarded for meeting them. At a large bureaucratic company,
a typical objective for a midlevel manager might look something like, “Ensure optimal support for assigned projects
in line with agreed timelines and priorities.” This might be followed by 20 project-specific objectives such as,
“Ensure high quality and timely delivery of cross-functional alignment plan for printer firmware update.
” In today’s data-driven world, organizations seem to be more focused than ever on metrics that track progress
toward such goals; we all want to know whether and how quickly we are moving toward desired results.

But Stanley’s work indicates that our objective obsession might be doing more harm than good, causing people,
teams, and firms to stagnate over time. And this view is bolstered by statistics on and stories surrounding invention.
Reports indicate that half are the result of not direct research but serendipity — that is, people being open to
interesting and unexpected results.

Consider just a few examples. Viagra was originally developed to treat angina pectoris, a painful heart condition.
LSD was synthesized from ergot rye fungus with the objective of developing respiratory drugs. YouTube was
conceived as a dating site. Instead of focusing only on their initial goals, and most likely failing to achieve them,
the people working on these projects allowed themselves to take detours, in the process creating different
breakthrough drugs and technology.

Outside the R&D department it’s hard to imagine an organization or an individual leader greenlighting a project
with no goal other than to discover something new and interesting. But this is a mindset shift we all need to make.
The more time we spend defining and pursing specific objectives, the less likely we are to achieve something great.





2016_08_07


人生の終盤で気づく5つの小さな後悔 (7月6日 ライフハッカー日本版 lifehacker)
結婚や出世に失敗して後悔する人は確かにいます。しかし、「苦しいけれど、些細な後悔」は回避できることもあります。

『人生が終わりに近づいたとき、人はどのような後悔をするのでしょうか?』

これはある人がQ&Aサイトの「Quora」に寄せた質問です。(中略)
1. 他人を喜ばせるために頑張りすぎた
これは、死に直面したときの後悔について知る機会がたくさんあったホスピスの看護師による有名な記事で述べられたもの
と同じです。彼女がホスピスでもっとも頻繁に聞いたのは「他人が期待する人生ではなく、自分自身に正直に人生を歩む
勇気を持てばよかった」という言葉です。Quoraにもこのような回答がたくさんありました。「世界中で愛情を注ぐ価値の
ある人は、自分以外にはいません。そのことをもっと自分に言い聞かせるべきでした。他の人を喜ばせようとした時間を
すべてとっておけたら良かったのに」と、ブロガーで投資家のJames Altucher氏が書いていることもその一例です。
「他人に言われたことしてきた、そして自分の役割を果たしてきたことを後悔しています」と、作家のChristopher Page氏
も同意しています。
2. 無用の心配をしすぎた
これは科学によって証明されています。「コーネル大学の研究で、私は何百人ものアメリカ人高齢者に何を後悔しているか
と質問しました」と、Karl Pillemer教授は言います。「私は大きな問題、例えば不倫、怪しげなビジネス取引、中毒などと
いったものを期待していました。だから『心配することに自分の時間を費やすべきではなかった』というような反応がくる
とは思ってもみなかったのです。コーネル・レガシー・プロジェクトで1200人の高齢者に人生を振り返ってもらったのです
が、繰り返しそこで聞いたのは『心配する時間がもっと少なければよかった』、『何に対しても心配しすぎたことを後悔
している』でした」。
3. モノを手に入れることにこだわり過ぎた
「多くの人が、モノ、お金、さらには人に至るまで、それらを快楽的に追い求めることからは幸福と達成感は得られないと
いうことに気が付くのが遅すぎるのです」と、指導者のTrevor Emdon氏が書いています。前述のAltucher氏がこれに賛同
し、「モノを買わずに、代わりに経験を買いましょう。経験によって、意義が生まれるのです」とアドバイスしています
(これについても、多くの研究でその有効性が証明されています)。
4. 健康に無頓着だったこと
あまりにも些細なことなので心配するには及ばないと思えるようなライフスタイルの選択は、歳をとった人の心からは離れ
ないものです。例えば、「定期的に活き活きと運動をする習慣を身につけておけばよかった」と会社設立者、Stephanie
Vardavas氏は書いています。「走りましょう。血管が活性化します。たくさんの酸素が脳に送られます。もっと賢くなって、
人生が良くなります」と、Altucher氏はアドバイスしています。作家Kurt Vonnegutでさえこの主張に賛同していました。
「あなたの将来にとって役立つヒントを1つあげるとすれば、それは日焼けに注意することです」と、その作家の言葉を
引用してある回答者が書いています。
5. たくさん旅行をしなかったこと
これはPillemer教授の研究でみられた他の後悔です。「子どもが大きくなったら、または定年退職を待つのではなく、若い
うちにたくさん旅行をしましょう」と、同教授チームの結論をまとめたニューヨークタイムズ紙の記事は推奨しています。
「旅行から得られるものは大きいので、他の何よりも優先して若い人は旅行にお金を使うべきでしょう」と、Pillager教授は
述べています。Quoraに回答を寄せた人たちは、人生の早い段階で行っておきたい旅行先のリストに関心を向けるべきだ
という点に同意しています。「私に関して言えば、これまでの人生で今実感しているもっとも深刻な後悔は失った時間に
関することです」と、ITマネージャー、Gary Teal氏は書いています。「マチュピチュを見ずして人生を終えてしまう可能性
がますます高くなっているという実感があり、ショック、そして不安です」。

海外には行こうとは思いませんが、気持ちはアムステルダム・・・
8月4日 ホテルアムステルダムにて





2016_08_05


桐生、山県、ケンブリッジ 宇宙型一体感で9秒台だ (8月2日 デイリースポーツオンライン)
桐生山県ケンブリッジ選手リオデジャネイロ五輪に出場する陸上日本代表の選手団33人
(一部種目を除く)が1日、成田空港発の航空機で合宿地の
米ニュージャージー州へ向けて出発。搭乗前の会見で、男子
100メートル代表の桐生祥秀(東洋大)、山県亮太
(セイコーホールディングス)、ケンブリッジ飛鳥(ドーム)
らが、改めて意気込みなどを語った。五輪での個人的な目標
を問われた3人は、まるで口裏を合わせたように「予選を
きっちり通過して準決勝へ進む。準決では9秒台を出さないと
決勝に進むことは難しいので、そこで自己ベスト(の9秒台)
を出す」と答えた。息の合い方は身につけるアイテムでも
伺わせた。山県とケンブリッジの年長2人が左腕に全く
同型同色のGPS機能付き腕時計を着けて登場すると、20歳の桐生は羨望(せんぼう)のまなざしを向け、「そうか、それ空港
(免税店)にあるかな」と時計の秒針のように宇宙からの波動による一体感を求めた。

目標大きな目標を掲げ、それを達成するために一心不乱に努力する。
一流と呼ばれる人の姿を見ると、かっこいいなと思います。
オリンピック関係のニュースを見ていると、自分も高い目標に
向かって頑張らなくちゃいけないな、と思う人もいるでしょう。
しかし、一流人が一般人の模範になるかといえば「?」です。
目標達成型の生き方では、目標を達成するまで非常に大きな
プレッシャーを感じるでしょうし、大きな努力が必要です。
精神的にも肉体的にも、かなりタフでなければなりません。
高い目標を達成できれば大きな感動を得ることができます。しかしそれは一瞬の出来事で、
ずっとその喜びに浸り続けることはできません。次の喜びを得ようと思えば、さらに高い
目標を設定してそれを達成しなければならなくなるでしょう。一流の人は、目標達成が困難
であっても不屈の精神でそれを乗り越えることができます。しかし、普通の人は、目標達成
が困難になると、もうダメだなと思ってあきらめてしまうでしょう。一般人が一流を目指す
ことは素晴らしいことではありますが、普通に生きることも立派なことです。
しかも、最近は、目標に執着することは良い結果を生まないという研究結果も出ています。
達成できる目標ならすぐにすればいいわけですし、達成できない目標なら当初から目標を
立てないほうがいいわけです。達成できない状態で、目標に執着していると自己嫌悪に
陥ることになりますし、他人に目標を公言していれば、他人から「あの人は口だけ」とか、
「意識高い系」とか、悪く言われることになります。

自己破産した派遣社員目標は立てず、そのときどきで面白いこと、気づいたこと、
興味の湧いたことをするのも、ひとつの手です。
心に何も浮かんでこないときは、淡々となすべきことをする。
これのほうが、凡人が一流になる確率は上がるでしょうし、
少なくとも、精神的健康には良いような気がします。
挫折ばかりでは、モチベーションが保てません。

ただし、無目標と無計画は違います。
無目標は自分の将来を束縛することにはなりませんが、
無計画は自分の将来を破壊することにつながります。



目標必達主義では、人も組織も「迷路」を抜け出せない (5月20日 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー)
「迷路を自力で抜け出せるロボット」をあなたが設計したいとしよう。どんなアプローチを取るだろうか。
おそらく最初に、ロボットの目標をこう定義するだろう――「迷路の出口を見つけよ」。次に、ロボットが出口に向かって進む
と報酬を与え、遠ざかれば罰するという仕組みをつくるかもしれない。そうすれば、やがては抜け出せるはずだ。だが、
ロボットが出口のすぐ隣で袋小路に入ってしまったらどうなるだろう。位置的には目標に限りなく近いが、そこに達することは
できない状態だ。しかも、ロボットは方向転換をしたがらない。そんなことをするとゴールから遠ざかり、罰せられるからだ。
こうしてロボットは行き詰まってしまう。
人工知能(AI)を専門とするケネス・スタンレー教授は、この問題、つまり定められたゴールの徹底追求がもたらす停滞に
ついて研究した。最終的に、彼と共同研究者たちはある単純な答えにたどり着く。報酬の対象を「出口に近づく」ではなく、
「新しく、ユニークな方向を試してみる」としてはどうだろうか、と。このようにプログラミングを変更した結果、ロボットが
迷路を解く能力は著しく改善した。40回の挑戦で以前は3回だった成功数が、39回になったのだ。スタンレーは他にも多くの
AI環境で、課題を非目標志向にして検証し、同様の結果を得た。「新しいもの」を追求するように設定されたロボットは、
以前は解決できなかった問題に対して、意外性と創造性に富むソリューションを生み出したのである。
スタンレーとジョエル・リーマンは共著Why Greatness Cannot Be Planned: The Myth of the Objectiveの中で上記の研究
を提示し、この問題は人間にとっても重大な示唆になると論じている。私たちも前述のロボットのように、前もって定められた
ゴールの代わりに、新しくてユニークな方向を追い求めれば、より良い結果を出せるということだ。
もちろん、人や組織を再プログラミングするのは簡単ではない。ビジネス界の聖典の1つにピーター・ドラッカーの古典名著
『現代の経営』があるが、ここで「目標による管理(MBO:Management By Objective)」というコンセプトが初めて
紹介された。MBOを基盤としてヒューレット・パッカードの「HPウェイ」を築いたデイビッド・パッカードは、MBOを
次のように説明している。「このシステムでは全体的な目標が明文化され、合意される。人々にはそれらの目標に向けて
柔軟に取り組ませ、各自が担当領域に最も適したやり方を自主的に決める」
現代のマネジャーの大半は、これを当たり前のことと考える。もちろん、ゴールは明確にすべきであり、そうしなければ仕事
の優先順位づけも会社の経営もできない。四半期・年次の全社目標とグループ目標があり、プロジェクトごとの目標があり、
また個人の目標がある。それらが査定され、達成度に応じて報酬を受ける。
官僚的な大企業では、中間管理職の典型的な目標はこんな感じだろうか。「管轄するプロジェクト群において、合意された
スケジュールと優先順位に沿って最適なサポートを与えるよう万全を期すこと」。これには、各プロジェクト固有の目標が
さらに20個ほど連なるかもしれない。たとえば「プリンターファームウェアのアップデートに関する部門横断的な連携プラン
を、綿密かつタイムリーに示すこと」などだ。
今日のデータ駆動型社会では、組織は、目標への進捗を測る指標をかつてないほど重視しているように見える。
望ましい結果に向かって進んでいるかどうか、どれだけ迅速に進んでいるかを、誰もが知りたがっているのだ。
だが、スタンレーの研究は次のことを示している。目標への執着はプラス以上にマイナスをもたらすおそれがあり、
個人、チーム、そして会社が徐々に停滞する原因になりかねないということだ。
発明にまつわる統計やエピソードも、この見解を裏付けている。複数の報告によれば、発明の半数は直接的な研究の成果
ではなく、セレンディピティ(思いがけない幸運な発見)の産物だという。
つまり、興味深くて予想外の結果を受け入れたからである。
ほんの数例を挙げよう。バイアグラは元々、胸の痛みを引き起こす狭心症の治療を目的に開発された。LSD(幻覚剤)は
ライム麦由来の麦角菌から合成されたものだが、当初の目的は呼吸器系薬剤の開発であった。YouTubeは最初、出会い系
サイトとして考え出された。これらのプロジェクトに取り組んだ人たちは、当初の目標のみに専念する代わりに(そして
おそらく、その目標を達成できなかったがゆえに)、道から外れることをみずからに許した。その過程で、別の画期的な
薬剤やテクノロジーを創出するに至ったのだ。
R&D部門を除き、組織や個々のリーダーが「新しくてユニークな何かを発見すること」以外の目標を伴わないプロジェクト
にゴーサインを出すことは、想像しにくい。だが、この発想の転換こそ私たちに必要なものであろう。特定の目標を明確に
定めて追求することに、多くの時間を費やせば費やすほど、とてつもない何かを達成する可能性は減っていくのだ。




2016_08_03


小池百合子新都知事小池百合子氏 当選確実 (7月31日 デイリースポーツオンライン)
舛添要一前知事の辞職に伴う東京都知事選挙の投開票が31日、
行われ、元環境相、防衛相の小池百合子候補(64)の当選が
確実となった。小池候補は当初、所属の自民党に推薦願いを提出
していたが、後に自ら取り下げ、同党の支持を得ず無所属での
出馬となった。選挙戦では「都民が決める 都民と進める」を
キャッチフレーズに、政党のしがらみを脱却した都政の透明化推進
を中心に訴えた。選挙戦序盤から積極的に遊説を実施。トレード
マークとなった緑色の衣装に身を包んで行った演説の回数は、
130回を超えた。また、中盤では自民党の推薦を受けて立候補した
増田寛也候補(64)の応援演説を行った元都知事の石原慎太郎氏
(82)に「大年増の厚化粧」「ウソつき」などと攻撃される局面
もあったが、“中傷合戦”に応じることなく冷静に選挙戦を進めた。
野党4党の統一候補として立候補したジャーナリストの鳥越俊太郎候補(76)は当初、知名度の高さから有力視されていたが、出馬表明
直後から政策面での準備不足が指摘され、また選挙期間中に一部で過去の女性問題疑惑が報じられるなどの逆風もあり、票を伸ばせなかった。

街頭演説する鳥越氏鳥越氏陣営「選挙妨害か」岡田代表の退任表明に激怒
(7月31日 日刊スポーツ nikkansports.com)
東京都知事選は、今日31日に投開票され、新たな首都のリーダーが誕生する。
ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、元総務相の増田寛也氏(64)、
元防衛相の小池百合子氏(64)ら過去最高の新人21人が立候補した選挙戦は
30日、フィナーレを迎えた。東京の顔は2代続けて「政治とカネ」の問題から
任期を全うできなかった。4年後に五輪を控え、災害対策、待機児童問題など
課題が山積する中で、有権者は「今度こそ」の願いを込めて1票を投じる。
鳥越氏の最終日は、激動の1日となった。野党4党推薦をまとめた民進党の
岡田代表が夕方、代表選不出馬を表明。陣営に動揺が走る中、鳥越氏は新宿駅
で最後の訴えを行った。選挙カーの上で岡田氏と並んだ鳥越氏は「野党共闘を
成し遂げ、野党4党の推薦をくださった岡田さん。その労に心から報いたい」と
感謝の言葉をかけた。その上で支援者に向き直り「何事も勝負は詰めが大事。
街宣は午後8時までだが、皆さんにはまだ時間がある。お願いしますよ」と
支持拡大を託した。鳥越陣営がラストスパートをかけるタイミングでの退任表明
に陣営関係者は「選挙妨害か」と激怒。民進党議員は「勝負の最中に大将が白旗をあげたようなもの。センスがなさ過ぎる」とあきれた。
ボランティア女性は「まだ終わってないのに。私たちの17日間はなんだったの」と話した。訴えを終えた鳥越氏は記者団の質問に応じ
「民進党が必ずしも一枚岩ではない中で、岡田さんだから共闘ができた」と敬意を示した上で「率直に残念。もう少し続けて欲しかった
のが正直なところだ。タイミングが良かったか悪かったかは知りません」と複雑な表情を見せた。都知事選への影響を問われると
「分からない。ないでしょう」と楽観的な言葉で締めくくった。

今回の都知事選は小池さんの圧勝であり、順当な結果でした。投票率も高かったことから、
都民が小池さんを積極的に支持したことが分かります。
この結果はある程度予想されていたので、安倍総理は増田氏の応援には出かけませんでした。
もっとひどいのは、民進党の岡田代表。投票前日に代表選不出馬を表明。明かな負け戦であり、
岡田さんが何を表明しようと選挙結果は変わらなかったでしょうが、これは敵前逃亡です。
自民党にとっても痛手となった今回の都知事選ですが、民進党にとってはもっと大きな痛手。
鳥越さんは民進党が期待したような候補ではなかったのではないでしょうか?
まず、原発問題。民進党は脱原発ではありませんし、原発は東京都の問題ではありません。
この他、憲法改正の是非や安全保障など、鳥越さんの主張は都政には関係ないことばかり。
実は、待機児童や介護についても基本的には市区町村が担当している問題です。とはいえ、
東京都の場合は、広域事業として市区町村担当業務の一部を担うという方法もあるはず。
特に、都と特別区の関係は微妙です。保育や福祉は特別区の担当で、消防は都の担当。
効率がよく効果的な行政とは何か?ときの状況に応じた柔軟な対応が必要な難しい問題です。
小池さんも当確後のインタビューで、「政策議論が深まらなかった」と認めています。
政治家に限らず、ジャーナリストでも学者でも、イデオロギーを前面に出す人には魅力が
ありません。組織の論理やイデオロギーに縛られている人間は、「共感」を生みません。
脱組織でイデオロギー論争をしなかった小池さんに人々が熱中したのも頷けます。
左翼は、民衆が誰かに「共感」する様子を見て、「あれはナチスの手口だ」と言います。
これは「意見の主張」を越えているように思います。情報発信者の資質の問題です。
自分と意見の異なる人をナチス呼ばわりするような下衆な人間にはなりたくないものです。
小池さんには是非、特定のイデオロギーを持たず、特定の組織に属さない多くの選挙民の
意思に基づいた政治をしていただきたいものです。






2016_08_01


07  « 2016_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top