16年3月物価と消費支出3月経済指標 景気の停滞鮮明…雇用改善、消費に波及せず
(4月28日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
28日公表された3月の経済指標は、景気の停滞ぶりを改めて浮き彫りにした。
雇用情勢の改善が消費に波及せず、消費者物価は2年11カ月ぶりの下落幅
を記録し、家計の消費支出も2カ月ぶりにマイナスに転じた。熊本地震による
影響も懸念される。全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比
0.3%下落した。下落幅は、日銀が大規模金融緩和を導入した13年4月以来
の大きさだ。要因は引き続き、原油安によるエネルギー価格の下落で、電気代
やガソリン代などエネルギー価格が13.3%下がった。
これに加え、円安時の輸入価格上昇により値上がりが続いていた食品も、円高
の影響で上昇の勢いが弱まってきた。物価変動の大きい生鮮食品を除いた
食品は2.0%上昇したが、伸び率は2月から0.1ポイント縮小。食品は1月
に下落に転じた後、2月は横ばいだった。先行指標となる4月の東京都区部では
0.5ポイントも縮小している。市場では「円安効果がはげ落ちたことに加え、
景気低迷も影響している。物価は当面、マイナスが続く可能性が高い」
(新家義貴・第一生命経済研究所主席エコノミスト)との見方が広がっている。
 物価が低迷するのは、原油安や円高だけでなく、消費そのものが伸び悩んで
いるためだ。家計調査によると、1世帯(2人以上)当たりの消費支出は30万889円で、物価変動の影響を除いた実質で
前年同月比5.3%減少した。2月はうるう年の影響で増加したが、その影響を除けば7カ月連続のマイナスだ。 (後略)

日銀が28日に開いた金融政策決定会合において、現状の金融政策の維持が決まりました。
2%の物価目標の達成時期についても、17年度「前半ごろから年度中」に再び先送りして
おり、黒田バズーカの弾切れが明白になりました。アベノミクスのもう一つの頼みの綱で
ある輸出についても、アメリカ経済が個人消費や企業の設備投資で迫力に欠けていること
から、大きな期待はできない状況です。国民の意識も変わってきたような気がします。
NHK世論などでは、投票先を選ぶ際に最も重視したいと考えていることとして、社会保障
が景気対策を上回るようになっています。景気がよくなってほしいと思わなくなったわけ
ではありません。景気対策をしても効果がないだろうと思っているのです。それだったら、
景気対策につぎ込む予算を社会保障に回せというわけです。
もし、あなたが政治家でしたら、社会保障の拡充策として何を考えますか?
下の投票率を見て、よーく考えてみてください。わたしなら、年金の拡充を訴えます!
なぜかって?そうしないと当選できそうもないですから。自分たちが選挙で勝つための政策
を訴えるのは、政治家としては当然のことです。落ちればタダの人ですから・・・

年代別投票率

連休中に記事の整理整頓をしようと思います。
ジャンル別に分類しようかと思うのですが、書いている内容があまりにもバラバラなのでどうすればいいのか・・・





スポンサーサイト
2016_04_29


03  « 2016_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

あなたがたは苦痛になると
物理時間より体験時間が長くなる。
これは錯覚ではなくて、本当に
体験時間が長くなっているんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:47歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top