「震源、じわじわと東に」 別の活断層に影響の可能性 (4月16日 朝日新聞デジタル)
16日未明に熊本県熊本地方を震源とする、推定マグニチュード(M)7・3の地震で、気象庁はこの地震を14日に震度7(M6・5)
熊本大分の地震活動を観測した後に発生した一連の地震の「本震」とする一方で、
熊本県阿蘇や大分県でも別々に規模の大きな地震が発生する
「今までの経験則から外れている地震」との見解を示した。16日
午後に会見した橋本徹夫・地震予知情報課長は、規模の大きい
M6・5の地震発生後に、さらにそれを上回る規模の本震が発生した
記録などが存在しないことから、「3カ所で別々の地震活動が発生
している。活発化している地震活動が、今後どうなるかは分からない」
と説明した。一連の地震の余震活動は、16日も活発な状態が続い
ている。震源から北東方向の熊本県阿蘇地方、大分県西部、中部
でも地震活動が高まっている。14日午後のM6・5の地震発生
から16日午後1時半までに、本震の震源付近では、M3・5以上
の地震が計137回発生。1995年の阪神大震災などを上回り、
04年の新潟県中越地震(M6・8)に迫る勢いだ。

経験則というのは法則ではなく、あくまで経験に過ぎません。断層が震源地になるのは、周辺の
地盤に比べて弱く、過去に動いていることで、さらに動きやすくなっているからでしょう。
しかし、それでは表面的な現象を説明にしたに過ぎません。なぜ、断層を動かす力が働いたのか?
気象庁は、熊本、阿蘇、大分へと断層沿いに拡大していく地震現象について「広域的に続けて
起きるようなことは思い浮かばない」と述べ、観測史上、例がない事象である可能性を示唆して
いますが、これまでに一度も起こったことのないことが起きても不思議ではないのです。
なぜなら、M9の地震が起きた後に何が起きるかなど、知る由がないのですから。残念ながら、
高齢の地元住民のかたの経験も意味がありません。「動くべきところが動いていない」の
ならば、過去に地震のないところは地震の起きる確率が高まり続けていると言えるでしょう。
しかし一方、日本のなかでも、「動くはずがないところなので動いていない」地域もあるのです。
その違いは何なのか・・・(次回の記事にて)
九州は大地震の起きる可能性が非常に高いと考えられていました。予想どおりだったのです。


「M8九州大地震が近い」戦慄データ続出の不気味(1)非常に高い発生確率が算出 (2013年2月19日 アサ芸プラス)
文科省所管の地震調査研究推進本部が、九州の活断層28を分析した結果、今後30年の大地震発生確率がきわめて高いことが判明した。その
規模はなんと最大M8を超える。折しも鹿児島の桜島が1月だけで100回も噴火。大地震の予兆を示す戦慄のデータが頻出しているのだ。
「今後30年、九州全域でM6・8以上の地震が発生する確率は30~42%」 地震調査研究推進本部の発表は衝撃的だった。
活断層研究の専門家である東洋大の渡辺満久教授に聞くと、「活断層の長期評価で40%というのは非常に高い数値だと思う」と、
今回発表された確率が示す危険性を語った。防災ジャーナリストの渡辺実氏は、「3・11以降、日本中の活断層を再評価しようという機運
が高まっている。あの巨大地震によって日本列島はゆがんでいる。こういう情報を発表したのは警鐘を鳴らす意味もあるのではないか」
と話すが、ともあれ、地震調査研究推進本部に話を聞いてみなければなるまい。「今回、九州の28の断層帯を評価しました。地域によって
活動には差があり、中部の大分、熊本、福岡南部が最も高くなります。その評価の方法ですが、過去にそれぞれの活断層で地震が発生した
間隔と、直近の地震が発生した時期から、次に発生する確率を推定します。今回の長期評価では、個別の活断層の確率を出したうえで
特定の地域のどこかで、M6・8を超える地震が、今後30年間に少なくとも1回発生する確率を割り出しました。算出の手法は地域内の
活断層の数値を加算していくイメージに近いため、活断層が多いほど確率も高くなります」(本部の担当者)
とりわけ、巨大なのは福岡県の西山断層帯。これまで北部の長さ31キロだけを評価してきたが、南部を追加して110キロとし、
予想地震規模をM7・9~8・2と引き上げた。
一方、熊本県の布田川断層帯と日奈久断層帯が連動した場合はM7・8~8・2と想定した。
活断層の活動周期は通常1000年から長いもので数万年とされる。誤差も1000年なら短いほう。したがって、ある活断層の評価を
専門家に聞いても、「もうそろそろ起きても不思議はないが、ひょっとするとまだ500年先かもしれない」などと、
一見非常に悠長な感じになってしまう。生き物にとっての時間と地質学的時間にものすごい隔たりがあるせいだが、油断は大敵なのだ。
前出・調査研究推進本部の担当者も、「九州には活断層が多い。住民の方には常に活断層を意識していただきたい」と警鐘を鳴らす。

倒壊した阿蘇神社阿蘇神社の楼門や拝殿も倒壊してしまいました。
残念なことではありますが、ある面、宿命的な
ことでもあります。神社は、断層の上に建てら
れていることが多いのです。布田川断層の東側
は阿蘇山の麓で不明確になっていますが、
阿蘇神社付近を走っているものと思われます。
今回の地震域の広がりを見ても分かります。

西山断層と宗像大社地震規模M7.9~8.2と予想される
九州一の巨大断層である西山断層。
ほぼその断層上に、宗像大社の3つ
の神社が並んでいます。これは
たまたまではなく、意図的なもので
しょう。伊勢神宮は中央構造線上に
ありますし、中央構造線が糸魚川・
静岡構造線に合流しているところに
諏訪大社がありますので。
当然ながら、地質調査をしたのでは
なく、「何か」を感じられる人が、
「何か」を感じとって、そこに神社
を建てているのです。






スポンサーサイト
2016_04_17


03  « 2016_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top