浅い震源、内陸型か 震源地周辺の断層帯、動いた可能性 (4月14日 朝日新聞デジタル)
                     熊本県を中心とする九州地方で14日夜に発生した、最大震度7の地震。
九州の活断層気象庁は横ずれ断層型との解析を出した。専門家は、震源が内陸の深さ10キロと
いう浅い場所で起きていることから、典型的な活断層の活動による地震とみている。
熊本県には、阿蘇外輪山西斜面から南西方向に、布田川(ふたがわ)・
日奈久(ひなぐ)断層帯が走っている。この断層は全長約101キロと九州最長で、
北西部に熊本市がある。震源地の周辺について、政府の前地震調査委員会委員長
の本蔵義守さんは「布田川・日奈久断層帯のほか、小さな規模の活断層が多くあり、
いずれかの断層が動いた可能性が高い」と話す。気象庁も横ずれ断層型との解析を
出していることから、「この地域で過去に起きた地震ともメカニズムが一致する」と
指摘する。地震予知連会長の平原和朗・京都大教授(地震学)は、布田川・日奈久
断層帯の北東部の断層の一部が動いた可能性があると指摘。「断層の北東部が
動いた今回の地震によって、(政府の地震調査研究推進本部が)マグニチュード
(M)7・6程度と予想する中部、M7・2程度と予想の南西部の断層帯が連動して
動く可能性は否定できない。今後の余震の広がりに注意する必要がある」と話す。
一方、推定されるMは6・4。地震の規模の割に、最大で震度7と揺れは大きい
という。このことから本蔵さんは「地盤が弱い場所など局所的に大きく揺れたの
では」ともみる。山岡耕春・名古屋大地震火山研究センター長も、地震の規模や
熊本市内の様子をテレビの中継で見た限り、阪神大震災のように断層が本格的に
動いたわけではないようだ、とみている。「震度7の場所は、動いた断層の真上か地盤が悪い場所だったのか、理由があった
のでは。余震に注意しないといけない」と話す。政府の地震調査研究推進本部の資料によると、熊本県には布田川・日奈久
断層帯のほかに別府―島原地溝帯があり、過去にはこれらの周辺で地震が発生している。以前に熊本市付近に被害を及ぼした
地震としては、1889年のM6・3の地震が知られる。市街地の直下で発生、死者20人、400棟以上の家屋が全・半壊
した。これ以外に、1625年、1723年、1848年、1907年にもM5~6の地震が発生している。

今回の地震は熊本県内に走っている活断層帯のなかにある断層の一部が動いたのでしょう。
貞観時代の地震ただ、その背後に大きな原因があるの
かもしれません。東日本大震災により、
日本全体が地震活動期に入っている
と考えるべきです。
そのなかでも、フィリピン海プレート
の動きが特に気になります。
注意しなければならないのは、東海、
東南海、南海地震連動性の巨大地震
だけではありません。今回のような
内陸で起きる直下型地震も要注意。

4月1日と14日の地震M6.5でも死者がでる地震に
なります。直下型地震はM7クラス
までだ考えられていますが、M8
クラスも絶対ないとは言えません。
東日本大震災だって、予想外の
大きな地震だったのですから。
M7クラスでも、大都市の直下
で起これば、阪神大震災のような
大災害になります。いつ、どこで
起こるかは誰にも分かりません。

海洋研究開発機構 「東海、東南海、南海地震連動性評価研究」
1996-2000 年のGEONET データからもとめたすべり欠損速度、 深部低周波微動、
南海・東南海地震の津波波源域 (橋本・鷺谷・田部井、2009)に加筆
→それに加えて、4月1日と今回の地震の震源等を加筆




スポンサーサイト
2016_04_15


03  « 2016_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top