「高速電波バースト」、数十億光年先の銀河で発生 国際研究 (2月25日 AFPBB News)
オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)などの研究チームが24日、宇宙のはるかかなたで瞬間的に強力な電波が
爆発的に放射される謎の現象「高速電波バースト(FRB)」の一つが、地球から約60億光年の距離にある銀河から発せ
られたことを世界で初めて突き止めたと発表した。高速電波バーストについては、天文学者らは9年間にわたって、
その発生源の特定に取り組んできた。研究論文は、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。
人間の目には見えないフラッシュ現象である高速電波バースト。ほんの一瞬の現象だが、1000分の1秒間に放射する
エネルギー量は、太陽放射の約1万年分に匹敵する。ただその発生原因は、まだ科学的に解明されていない。
CSIROのサイモン・ジョンストン(Simon Johnston)氏は「今回の発見で、何がこのバースト現象を引き起こしている
のかを解明するための道が開ける」と話す。2007年に発見された高速電波バースト現象は、これまでに17回しか
観測されていないが、日々1万回以上は発生していると考えられている。一部では、宇宙人からの信号なのではとの
仮説が提唱されていたが、世界最大級の電波望遠鏡建設計画を推進するスクエア・キロメートル・アレイ機構
(Square Kilometre Array Organisation)のエバン・キーン(Evan Keane)氏は、これをきっぱりと否定。
「それはないね、悪いけど」と述べた。同氏は、今回の研究論文の主執筆者だ。2015年4月18日に観測された
高速電波バーストに関してキーン氏は、より可能性の高い発生源として、超高密度の中性子星2個の衝突が
考えられると指摘している。今回のバースト現象は、豪州東部にあるCSIROのパークス(Parkes)電波望遠鏡
で検出された。これを受けて、他の望遠鏡での観測が促され、数時間以内に、CSIROのコンパクト電波干渉計
(Compact Array)で高速電波バーストの「残光」が検出された。その後、米ハワイ(Hawaii)州にある日本の光学
望遠鏡「すばる望遠鏡(Subaru Telescope)」を用いて、約6日間続いたこの残光がどこから来ているかが調べられた。
キーン氏は、AFPの取材に「こうすることで、単体望遠鏡の1000倍のズーム倍率で観測対象をとらえることができた」
と語っている。高速電波バーストの発生源として特定された銀河は楕円(だえん)銀河で、太陽系がある天の川銀河
(Milky Way)のような渦巻型ではない。直径は約7万光年で、太陽サイズの恒星約1000億個分に相当する質量を持つ。
■失われた通常物質はどこに?
研究チームによると、今回の発見によって、もう一つの長年の科学的疑問である「ミッシングバリオン」の問題に
解決の糸口がもたらされるという。宇宙は、約70%を占めるダークエネルギーと25%の検出不可能なダークマター、
そして約5%にすぎない通常物質(バリオン)で構成されると考えられている。惑星や恒星、人間などは、この通常物質
でつくられている。しかし問題は、天文学者らがこれまでに、通常物質の約半分の存在しか説明できておらず、残りは
「行方不明(ミッシング)」とみなされていることだ。今回の最新研究で、研究チームは高速電波バーストの伝搬距離と、
真空中を伝搬した場合に要すると考えられる時間を算定することができた。電波の到達時間が真空の場合より遅く
なることは、発生源の銀河と地球との間にある、物質粒子が存在する空間を電波が通過してこなければならなかったことを
示していると考えられる。このことについてキーン氏は、「宇宙空間は、完全な真空というわけではなく、密度が非常に
低いだけ」と説明。そして、「そこには物質が存在するけれども、これまではそれを確認できなかったと考えられる。
高速電波バースト信号に遅れが生じることで、それが分かる」と続けた。
今回の観測結果に基づき「われわれは行方不明の通常物質を発見した」とキーン氏は主張している。

アインシュタインの相対性理論は、「いかなる場所でも光速度は不変である」という
意味ではありません。光の速度が299792458 m/sであるのは、真空中のときです。
光速は、物質中では真空中よりも遅くなります。
そして、振動数(周波数)が低いと速度はより遅くなるのです!


電磁波の速度図1 星間プラズマ中の電磁波の伝搬の概略図.左下の
パネルは,位置x=0 の放射源で時刻t=0 にすべての
振動数の電磁波が同時に放出されたことを表す.
右下のパネルは,位置x=d の観測者に振動数ごとの
成分が到着する時刻を表す.時刻t=ta(=d/c)は,
真空中の光速c の群速度を持つ電磁波が観測者に
到着する時刻.振動数の低い成分の電磁波ほど
観測者に到着する時刻が遅れていることがわかる.
『宇宙からの謎の電波突発現象,高速電波バースト』
日本物理学会誌 Vol. 69, No. 9, 2014


同じ場所から同時発信された振動数の異なる電波バーストが、振動数により地球に
やってくる時間が異なる(振動数が低い電波のほうが遅い)ことは、宇宙空間に
物質が存在するということ意味しています。希薄であっても、総量は膨大です。
これはあくまでも物質です。宇宙には物質(バリオン)以外に、暗黒物質とダーク
エネルギーが存在していると考えられています。宇宙の質量とエネルギーに占める、
通常の物質の割合は、わずか4%程度だと見積もられています。
よって、宇宙の大部分は暗黒物質とダークエネルギーによって占められていること
になりますが、その正体は依然として不明です。


ミッシングバリオン

私的と個的1心の中身
人間の心も、宇宙と似たような
ものなのではないでしょうか?
意識できるものはごくわずかで、
わたしたちが知ろうと思っても
知ることのできない部分が
大半を占めているのでしょう。
宇宙の物質、暗黒物質、ダーク
エネルギーに相当する部分を、
それぞれ、マインド、ハート、
ソウルとしておきましょう。
あえて日本語に訳さないほうが、
固定観念を持たずにすむかも

私的と個的2しれませんが、ハートはマインド
より、身体の近くにあるものです。
ハートは、知識として学ぶことは
できません。ハートを知るには、
パーソナリティではなく、
インディビジュアリティを
見つける必要があるようです。
パーソナリティの隠された部分、
ミッシングパーソナリティを知る
ことで、インディビジュアリティ
を発見できるかもしれません。





スポンサーサイト
2016_02_27


01  « 2016_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

中央構造線は、
わたしたち赤龍の国と
日本海にいる黒龍の国との
境界線といえるでしょう。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top