羽生 史上初の300点超えでNHK杯優勝 (11月28日 NHK News Web)
羽生NHK杯優勝
フィギュアスケートのNHK杯、男子シングルで羽生結弦選手が後半のフリーでミスのない完ぺきな演技を見せ、
合計322.40と史上初めて300点を超え、ショートプログラム、フリー、それに合計といずれも世界最高得点を
更新する圧巻の内容で今大会を制しました。羽生選手は、前半のショートプログラムで106.33と自分が持って
いた世界最高得点を更新してトップに立ち、28日のフリーに臨みました。
羽生選手は、演技冒頭の2種類の4回転ジャンプを流れるように美しく跳び、さらに基礎点が高くなる後半に
入れた3つ目の4回転は3回転との連続ジャンプで跳ぶなど、8つのジャンプの要素をすべて成功させました。
また、スピードのあるスケーティングや和風の曲に合わせた力強さとしなやかさを織り交ぜた表現力も高く評価
されました。羽生選手は、フリーで史上初めて200点を超える216.07をマークしました。
この結果、ショートプログラムとの合計で322.40とこちらも史上初めて300点を超え、圧巻の内容で3年ぶり
2回目の優勝を果たしました。男子シングルの合計の世界最高得点は、これまで、カナダのパトリック・チャン選手
が持っていた295.27で、羽生選手は、一気に30点近く更新しました。
無良崇人選手は合計242.21となって2年連続で3位に入り、初出場の田中刑事選手は自己ベストの
234.90で5位と健闘しました。男子シングルのグランプリシリーズは6大会すべてが終わり、
羽生選手は来月10日からスペインのバルセロナで開かれるグランプリファイナルに5年連続で進みました。
羽生選手はグランプリファイナルで大会初の3連覇がかかります。
羽生「『絶対王者』と言い聞かせた」
300点を大きく越える衝撃的な得点で優勝した羽生結弦選手は、「このスコアは皆さんのおかげです。
スコアはびっくりしました。カナダ大会から本当に血のにじむような練習をしてきました。『やってやるぞ』とは
思っていた。今回のフリーはすごく緊張していてコーチと話すこともなかった。長野オリンピックと同じリンクで
プレッシャーがあったが、『絶対王者だぞ』と言い聞かせてやっていた。これ以上の演技ができるように練習を
積み重ねたい」と興奮した様子で話していました。 (後略)

 感動しました!!!羽生、凄過ぎです!
 単に強いとか上手だとかいう次元ではなく、
 今まで誰も見たことのない新しい世界を切り開いています。
 羽生の闘志に火をつけたのは、SPでもフリーでも、羽生の
 直前に滑走した金 博洋(中国)の滑りではないでしょうか?
 羽生より若い金は、まだまだ表現力では劣りますが、
 羽生が飛べない4回転ルッツを飛ぶことができます。
 「俺のほうが上であることを見せてやる」という感じでしょうか?


フィギュアスケートのジャンプは6種類あって、すべて後ろから着氷します。
アクセルジャンプだけは前から飛びますので、トリプルアクセルといっても3回転半
ということであり、他の3回転ジャンプより難しいのは当然です。真央ちゃんの
得意とするジャンプですが、今回はSP、フリーともに成功しませんでした。
サルコーは飛ぶ前がハの字になるのが特徴で、比較的簡単なジャンプです。
トゥループは連続ジャンプで後に飛ぶことが多いジャンプで、ジャンプする直前に
反対の足でトゥをついて飛びあがる感じ(イメージ)が特徴で、簡単なジャンプです。
4回転では、多くの選手がサルコーかトゥループです(羽生はどちらも飛べます)。
ループは体をあらかじめひねって飛ぶ感じです。それ以外のジャンプは、フリップか
ルッツということになります。フリップは回転しながら飛ぶ感じで、ルッツは直線的に
飛びあがったあとに回りだす感じです。フリップとルッツの見分けやすさは、選手に
よります。真央ちゃんの場合、わたしのような素人から見ると、フリップとルッツが
同じように見えます。実際、ルッツでロングエッジと判定されることもあって、
真央ちゃんはトリプルルッツに苦しんでいるようです。女子の場合、トリプルルッツが
飛べるかどうかを見ると、トップ選手かそうでないかが分かります。
トリプルルッツでも難しいのですから、四回転ルッツはとても難しいジャンプなのです
が、今回、金 博洋は華麗にこのジャンプを決めました。一方、羽生は、
前半に2回、4回転ジャンプ(サルコーとトゥループ)を入れました(フリー)。
そして後半、4回転トゥループを飛んだ後に、トリプルアクセルを2回入れています。
男子の場合、後半に1回、トリプルアクセルを入れる選手が比較的多いのですが、
このジャンプが成功するかどうかが得点に大きな影響を及ぼします。
真央ちゃんだけでなく、男子にとっても、トリプルアクセルは難しいジャンプなのです。
羽生はそのトリプルアクセルを、後半に、しかも4回転を飛んだあとに(後半に4回転を
入れること自体がすごいのですが・・・)、しかも2回も飛んで、成功させたのです。
さらに、羽生は、非常に難しいアプローチからトリプルアクセルを飛んでいます。
もう一度言いますが、「感動しました!!!羽生、凄過ぎです!」
今後、羽生の敵は、「世界最高得点をとった自分自身」しかいないでしょう。


ジャンプの難易度 (最終更新11月3日 フィギュアスケートガイド
ジャンプ得点
                  (フィギュアスケートガイド ジャンプの得点表)
プログラム中でジャンプとして認められるのは、アクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、トゥループの6種類です。
これらは同じ回転数でも難易度が大きく異なります。たとえば、トリプル・トゥループは基礎点が4.0に対して、トリプル・
アクセルは基礎点は8.2です。実に2倍以上の開きがあります。アクセルは他の5種類のジャンプに比べて0.5回転分
回転数が多いですので難易度に差が出るわけですが、同じ3回転であるトリプル・ルッツの基礎点は6.0であることから、
同じ回転数でも種類によって難易度があるということがわかります。 (基礎点は現在、少し変わっています)
なぜ難易度が違うのか、ということは、「実質的な回転数」ということを考えると大体当てはまります。
アニメーションをスローでみるとわかるのですが、トゥループやサルコウの場合、踏み切った瞬間にすでに半回転ほど
しているのがわかります。これですと、実質的には2.5回転程度すれば着氷できることになり、3回転ジャンプといえど、
難易度は低くなるのです。ループにおいてはトゥループやサルコウほどではありませんが、踏み切った瞬間には若干
回転方向に向かっており、実質2と3/4回転くらいになるのでしょうか。
フリップとルッツにおいては、踏み切る前の体の向きが回転方向と反対になっているため、その分余計に回転しない
といけません。ルッツにおいては助走で描いてきたカーブもジャンプの回転方向に反しているため、さらに実質的な
回転数が増えることになります。結果として、「実質的な回転数」による難易度を考慮すると、
アクセル>ルッツ>フリップ>ループ>サルコウ=トゥループとなります。 (後略)



スポンサーサイト
2015_11_29


二度と生まれ変わらない死=「涅槃」 (4月11日 NHKテキストビュー
『涅槃経(ねはんぎょう)』はブッダの最後の旅の様子が語られた経典である。
「涅槃」という単語の意味について、花園大学教授の佐々木 閑(ささき・しずか)氏に伺った。
涅槃には大きく分けて「悟りを開くこと」と、「その悟りを開いた人が死ぬこと」という二つの意味がありますが、
『涅槃経』の涅槃は「死ぬ」方です。それは、悟りを開いた者だけが到達できる特別な「死」であり、
二度とこの世に生まれ変わることのない完全なる消滅を意味します。この涅槃という言葉を理解するには、
当時のインド人が共有していた「輪廻(りんね)」の考え方を知っておく必要があります。
輪廻とは、「あらゆる生き物は、死んでも死んでも、別のかたちに生まれ変わり続ける」という思想です。
「亡くなったお父さんが天国へ行って、私たちを永遠に見守ってくれている」といったキリスト教のような
生まれ変わりではありません。生まれ変わった先にもやはり寿命があり、その寿命がくればまた別のところへ
生まれ変わっていく、このサイクルが無限に続くというのが輪廻です。生まれ変わりの場所も決まっていて
「天の神々」「人」「畜生(動物)」「餓鬼(がき)」「地獄」という五つの世界で、私たちは生まれ変わり
死に変わりを延々と繰り返す、そういう世界観です(後の時代、「阿修羅(あしゅら)」が入って六つになりました)。
「永遠に再生を繰り返します」と聞けば、うれしいようにも思いますが、「生きることは苦しみである」と考える
仏教の立場から見れば、それは永遠に苦しみが続くということを意味します。
「生まれ変わっても苦しみしかない」のなら、二度と生まれ変わらないことが最上の安楽ということになります。
「もうこの先二度と生まれ変わらない」という確信を得た時、人は真の安楽に身をゆだねることができるのです。
そしてそのような状態に入ることを涅槃と言います。輪廻を止めて涅槃に入ることこそが、仏道修行者にとって
の究極の終着点であると考えられていたのです。では輪廻を止めるには具体的になにをしたらよいのか。
ブッダは次のように考えました。我々を輪廻させるのは業(ごう)のエネルギーである。
それを取り除かない限り輪廻は止まらない。では業のエネルギーを作り出す原因はなにか。
それは我々の心の中にある「悪い要素」、すなわち煩悩である。
煩悩が作用すると業エネルギーが生み出され、我々は自動的に輪廻してしまう。したがって我々が為すべきことは、
自力で煩悩を断ち切って、業エネルギーが作用しないようにすることだ。そのためには精神集中のトレーニングに
よって心の状態を正しく把握し、煩悩を一つずつ着実につぶさねばならない。それが修行の意義である。
もちろん現代人の多くは、輪廻を信じることなどできないでしょう。しかし輪廻とか業といった古代インド特有の
考えから離れて、「自己の努力によって煩悩を断ちきり、それによって真の安らぎを得る」という視点でみれば、
ブッダの教えは現代人を苦しみから救う貴重な道しるべになっているのです。
■『NHK100分de名著 ブッダ 最期のことば』より

涅槃仏

日本の仏教が、輪廻転生を受け入れているのかいないのか知りませんが、
輪廻転生肯定派の場合、仏教の目的は「輪廻を止めて涅槃に入る」ことですが、
輪廻転生否定派の場合、「苦しんでいる衆生を救済する」ことが目標
なのでしょうか?その場合、「輪廻を止めて涅槃に入る」という究極の目標は
放棄したということなのでしょうか?それとも、それは究極の目標ではあるが、
当面の目標ではないということなのでしょうか?
それとも、ブッダの輪廻転生の教えはなかったということにしたのでしょうか?
仏教の場合、輪廻転生をスルーしたくなる気持ちも分からないでもありません。
仏教の輪廻転生はかなりショッキングなものだからです。


仏教が説く輪廻はおそろしい (2012年6月3日 仏教の教えと瞑想~原始仏教の世界
六道輪廻はお釈迦さまが最初に言われた輪廻の様ですが、お釈迦さまが説かれる輪廻は、世間一般に信じられて
いるのとは違うところがあります。まず、生命は、何か目的を持って転生しているのではないということです。
これを聞いただけでもショックを受ける方もいらっしゃるかもしれません。ですが仏教では、このように説きます。
魂の成長をはかるため、とか、何か使命を帯びているため、というのは原則的にありません。
生命は、ただ「執着と無明の煩悩によって輪廻しているだけ」と喝破します。
はっきりいって夢も希望もありません。メルヘンちっくな話しは、お釈迦さまの輪廻転生にはほとんどありません。
もっとも輪廻の中にも、変易生死(へんにゃく-しょうじ)というのがあります。変易生死とは、悟りの門に入った
預流果以上の生命(聖者)が、悟りを得るために輪廻を続けることをいいます。変易生死は特殊なケースです。
一般的には分断生死(ぶんだん-しょうじ)といいます。ほぼすべての生命は執着や無明に基づいて、
オートに輪廻転生を繰り返しています。分断生死の輪廻がほとんどすべてです。
この部分を書いただけでも、読んだ方は、暗い気持ちになるのではないかと思います。すので、
この仏教的な輪廻の思想を生理的に拒絶する方が多くなります。また言及されない方もいらっしゃいます。
ですが仏教は、一面、まずこの真実を受け止めた上で、修行しましょうと説きます。
とはいいましても、輪廻の思想に耐えられない場合も出てくると思います。もしも不安や恐怖を感じる場合は、
スルーしてください。前にも書きましたが、自分で確かめられないことは鵜呑みしない、という姿勢です。
真実とは鋭い刃のようであり、時として人を恐怖と不安に叩き落とします。仏教で説く輪廻転生には、実に、
ブログでは書けないほどの恐ろしい話しもあります。書けば、ショックを受けてトラウマを抱える方も出てくる
と思います。ですので輪廻転生については慎重に書かざるをえなくなります。

大変不謹慎ではありますが、輪廻転生のイメージはこんな感じです。

ハムスターが夜中に回し車回しまくってうるさかったから回し車固定したら・・・
(5月26日 カナ速 - 2ちゃんねるまとめブログ)
ハムスター
3日で死んだ
なんで?…餌も水もちゃんとあげてたのに
運ど不足で死ぬことあるの?……  (後略)

ハムスターのほうがまだましかもしれません。
ハムスターは死ねば、回し車から逃れられますので・・・😓😓😓
生きている間に悟りをひらくことなく、輪廻転生から逃れたいかたは、
記事53-6で紹介しました「チベットの死者の書」をお読みください!!!


 本当のところ、輪廻転生は存在するのでしょうか?
 問題は、<わたし>とは何者かということです。
 <わたし>は脳によって生み出されているのか?
 それとも、<わたし>は、脳を経由してこの世に姿を
 現しているのか?そして、わたしの考える<わたし>は
 <わたし>のすべてなのか?
 現代の科学では、結論を出すのは難しそうです。


〈わたし〉はどこにあるのか: ガザニガ脳科学講義 (5月25日 文系の自然科学本の書棚>脳/医学)
分離脳研究で知られるガザニガが、脳科学の知見に基づき、意識、自由意志と責任、社会的行動などを論じたもの
著名な認知神経科学者ガザニガが行った二週間の連続講義をまとめたもの。
本書は、脳科学の発展を辿り、また著者らの分離脳研究を紹介しながら、脳の働きを見ていくことからはじめる。
ヒトの脳には、モジュールと呼ばれる「特定の仕事をする局所的かつ専門的な回路」がいくつも存在しており、
脳は並列分散処理をしているという。モジュールの構築は「脳の大きさ」と関係があるようだ。
著者は分離脳の研究をとおして、「意識的経験とは、専門の能力を持つ複数のモジュールから生じる感覚なのでは
ないか」と考える。「専門的な能力を発揮する領域が脳内で次々に見つかり、意識的経験がそうした領域と密接に
結びついていることが判明したことによって、意識は脳全体に分散しているのだという見解に到達した」という。
脳は無数のモジュールで構成されており、脳に「ボス」はいない。そうであるなら、なぜ私たちは統一のとれた
「わたし」を感じているのか。それは、左半球にある「インタープリター・モジュール」の働きによるというのが
著者の主張だ。「インタープリター(解釈装置)」というのは著者らの命名。
意識に関する本書の見解は、つぎのようにまとめられている。「現在の神経科学では、意識は総合的な単一の
プロセスではないというのが定説だ。意識には幅広く分散した専門的なシステムと、分裂したプロセスが
関わっており、そこから生成されたものをインタープリター・モジュールが大胆に統合しているのだ。
意識は創発特性なのである」と。「自由意志」をどう考えるか、というのも本書の大きなテーマ。
自由意志と責任の問題、私たちの社会的行動についても論じられている。




2015_11_27


心が強い人が持つ「他人に反応しない」技術 (8月12日 東洋経済オンライン)
もう、ムダに反応するのはやめなさい
golden buddha statue
悩みを生む「ムダな反応」していませんか
ブッダの考え方の特色は、「肯定」も「否定」もしないこと。「なるべく良し悪しを判断しない」という発想に立ちます。
というのも、いいとか悪いとか、勝ち負けや優劣を作り出すのは、人間の「判断」だからです。判断によって
優越感をもつこともあれば、コンプレックスに悩むこともあります。「判断こそが悩みを生んでいる」と理解して、
「ならば、ムダな判断はしない」という「考え方」に立つのです。もうひとつの特色は、「何をめざすかは人それぞれ、
目的は個人が選んでいい」というオープンな立場に立つことです。「承認欲」だって否定する必要はありません。
仕事・勉強で認められることをめざすのもよし。「認められることに大して意味はない」と割り切って、
自分の道を進むもよし――この発想の自由さが、目覚めた人ブッダの特色です。
大切なのは、「悩み」が出てきたときなのです。(中略)
悩み・空しさから脱出しようと思えば、「もう、ムダな反応をしない!」と決心するしかありません。
どうやって? その方法を一部紹介しましょう。
ひとつは「心の状態を理解する」という心がけ――“瞑想タイム”のススメです。
まずは、デスクの前でも、電車の中でも、目を閉じて「心を見つめる」時間を作ります。そして、「怒り」を
感じているときは、胸のあたりを見つめて「怒りが湧いている、怒りがある」と、冷静に理解するようにします。
仕事で大きなミスをしてしまって、かなり動揺したときには、「動揺しているな、落ち込んでいるな」とありのままに
理解します。大事なのは、このとき「腹を立ててはいけない」とか「動揺してはいけない」と「否定」しないことです。
そのために、アタマの中で「怒りがある」「動揺している」と客観的に“言葉で”確かめるとよいでしょう。
こうして、「心の反応を理解する」にとどめて「それ以上に反応しない」ように心がけるのです。
最初は難しく感じるかもしれませんが、だんだんできるようになります。
もうひとつの方法は、「カラダの感覚を意識する」という方法です。たとえば、
・出勤途中の「歩いている足の裏の感覚」を意識します。右足、左足、右足……と歩きながら、足の裏を感じ取ります
・仕事の合間に目をつむって深呼吸をして「お腹のふくらみ・縮み」を意識します
(初めての人は手のひらをお腹に当てて「ふくらんでいる、縮んでいる」と意識するとよいでしょう)

 悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある
 --ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには?
 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。
【目次】
 第1章 反応する前に「まず、理解する」
 第2章 良し悪しを「判断」しない/
 第3章 マイナスの感情で「損しない」
 第4章 他人の目から「自由になる」/
 第5章 「正しく」競争する
 最終章 考える「基準」を持つ

イスラム原理主義というと過激派というイメージがつきまといますが、そうでない
人もいます。キリスト教にも原理主義者はいます、というより、もともと原理主義者
といえばキリスト教原理主義者のことです。どちらも共通しているのが、いい意味
では用いられていないことです。仏教の場合、原理主義者と呼ばれる人がいるのか
どうか知りませんが、イスラム教原理主義者・キリスト教原理主義者のような極端な
思想を持つ可能性はないのではないでしょうか?なぜなら、ブッダは、人によって
様々な話をしているので、「厳密にそれを守る」ことが難しいからです。
これこそ、本当の教えではないでしょうか?科学だって、つき詰めると何が真実
なのかよく分かりません。どうしても、「真実は何か」というならば、
「変わり続けることだけが変わらない真実だ」ということになってしまいそうです。
とはいえ、
「所詮、この世は苦しみの世界」
「究極の目標は、この苦しみの世界からの永遠の脱出」
こそが、仏教のエッセンスなのではないでしょうか???
こうしてみると、仏教原理主義的教義は意外に過激なのかもしれません!!!


第4回 原始仏教の様相 (仏教へのいざない 東京大学仏教青年会)
仏教の広がり 苦行を止めたブッダは菩提樹の下で瞑想に入り、悟りを開いた。
 その直後に通りかかり、食べ物を布施したいと申し出た二人の商人が、
 仏教史上最初の在家信者とされる。そして、初説法(初転法輪)の際に、
 それを聞いて悟った五人の比丘が、仏教史上最初の出家修行者とされる。
 その後も、ブッダとその弟子たちの布教により信者数は増大し、徐々に
 組織化が進んで、サンガ(僧伽)と呼ばれる仏教僧団が成立した。
 出家修行者には、二百五十戒を受けた比丘(男性出家修行者)と
 三百四十八戒を受けた比丘尼(女性出家修行者)があり、別々の僧団を
 運営していたが、比丘尼僧団は常に比丘僧団の指導下に置かれていた。
 また、比丘のもとには沙弥、比丘尼のもとには沙弥尼、およびその
 一変形である式叉摩那という見習いがいた。一般に出家者といった場合
 には、この五種類のうちのいずれかを指す。一方、在家信者は男性が
 優婆塞、女性が優婆夷と呼ばれていた。彼らは仏・法・僧の三宝に帰依
 することによって在家信者として認められ、普通はその直後に五戒の受持
 を誓った。そして、出家修行者は説法を通じて在家信者を教え導き、
 在家信者は経済的な面で出家修行者をサポートするなどといったように、
 両者の間には相互依存の関係が成立していた。

原始仏教僧団は、ブッダの入滅後およそ百年にわたって統一を保っていたが、組織の拡大や時代の変遷に伴って、様々な
点で意見が分かれるようになった。なかでも、教団の規則をめぐって保守派の上座部と進歩派の大衆部の間に生じた対立
は非常に大きく、原始仏教僧団は大きく二つに分裂してしまった(根本分裂)。その後も、地域差や教義の差によって、
さらなる分裂(枝末分裂)を繰り返してゆき、二百年から三百年の間に、最終的には約二〇の部派に分かれた。
そして、各部派が様々な解釈を行い、相互に自らの正統性を主張する部派仏教の時代に入っていった。
相手に応じて教えを説く
原始仏教の根幹をなす重要な教えとしては、ブッダが菩提樹の下で悟ったとされる縁起の教えと、初説法で説いたとされる
四諦・八正道の教えを挙げることができる。縁起の教えは、人間の根本的な無知(無明)から老いや死という苦しみ(老死)
へと至る一二段階のプロセスを因果関係でもって明らかにした理論である。一方、四諦の教えは、1人生は苦しみに
満ちているという真理(苦諦)、2苦しみには原因があり、それは欲望であるという真理(集諦)、3苦しみの原因を取り
除けば、涅槃に到達するという真理(滅諦)、4涅槃に到達するための実践方法があるという真理(道諦)という四つから
成る。そのうちの道諦が、正しい見解(正見)、正しい考え方(正思)などの八つの正しい道から構成されており、八正道
と呼ばれている。以上のほかにも、応病与薬(病に応じて薬を与える)という言葉もあるように、原始仏典のなかの
ブッダは相手に応じて、時に優しく、時に厳しく、様々な教えを説いたため、原始仏教の教えは非常に多彩である。




2015_11_25


日本にも蔓延する「ポジティブ思考」という病 (9月9日 東洋経済オンライン)
ドイツにおいてはネガティブなことをいっさい言わずポジティブなことしか言わない人は、「自分の頭で考えることの
できない中身のない人」「知識や教養がないから批判のひとつもできない人」と思われることが、しばしばあります。
なお、ポジティブ発言が多く、かつ笑顔を絶やさない人に関しては「新興宗教の勧誘の人かしら」と周囲の人から
警戒されることもあります。ヨーロッパ人は米国人と比べるとネガティブ思考の人が多く、あまり「ポジティブ思考」
なるものを信用していない人も多いのですが、ドイツで育った私もまた「ポジティブ思考」に違和感を抱くひとりです。
「暗い話」で意気投合するドイツ人たち
確かに米国人はポジティブです。彼らと話していると、愚痴やネガティブな内容のことを聞かされることはまずない
ですし、口から出る言葉は前向きそのものです。あまりついていけていない私を察してか、ご丁寧に“Be positive!”
(「ポジティブにね!」)とか“Think positive!”(「ポジティブに考えよう!」)と言ってくださる方もいます。
ネガティブなことをいっさい口に出さないあの明るさには、きっと何か裏があるのではないか、と当初はよく勘ぐった
ものです。「心の中は本当のところ、どうなっているのだろう。何かどす黒いものが渦巻いているのではないか……」
などと、ひねくれた考え方をしたことも一度や二度ではありません。というのも、同じ人間であるにもかかわらず
ドイツ人は基本的にネガティブな情報を発信するのが好きな人たちです。初対面であっても、あいさつや自己紹介も
そこそこに「天気が悪すぎる、政治も悪すぎる、地球の環境汚染が心配だ、食品の安全も心配、仕事は大変だし、
ITによって世の中からはどんどん人間らしさが失われているし、そもそも……」とネガティブな話が延々と続くことが
珍しくありません。聞いている側もうなずきながら、自分のさらなるネガティブ体験を語ったり、ネガティブな会話の
中でお互い意気投合したりと、何気に楽しそうです。ところが来日後、日本人、ドイツ人、米国人が多くいる職場で
働くようになってから、じつはネガティブ思考やネガティブ発言をよしとしているのはドイツ人だけであるということ
を実感させられました。ドイツ人に「元気?」と聞けば「ちょっと猫の具合が悪くてね……」という返事が返ってくる
ことも少なくないのに、米国人にいたっては「元気?」と聞けば必ず「元気!」という答えが返ってきたものです。
そして日本人も基本ポジティブ思考です。たしかに米国人よりは愚痴の頻度が多い気がしないでもないですが、
そうはいっても日本の社会全体に「ポジティブ思考」が広く浸透している印象を受けます。(後略)

 成功すれば幸せになれるように思いますが、
 実際は、幸せな人間が成功するのだそうです。  
 ネガティブであるよりポジティブのほうがいいことは確かです。
 どんなに厳しい環境にあってもポジティブであり続けることで、
 新しい道を切り開いた偉人がおられることも間違いないでしょう。
 どんなことにも、ポジティブな面があるものです。
 ポイントは、気持ちの切り替えなのでしょう。


<内容>ハーバード大学で人気第1位の講師直伝。「自分は幸せだ」と思える人ほど、よい結果を生んでいる。
    最先端のポジティブ心理学が解き明かす「成功」と「幸福」の驚くべき関係。

しかし、生まれつきネガティブな人もいると思います(わたしもネガティブです)。
そのようなタイプの人は、ポジティブを目指さないほうが賢明だと思います。
生まれつきネガティブな人が最も危険なのは、ポジティブになり過ぎたときです。
ポジティブなときに厳しい現実に直面して、超ネガティブに落ち込みます。
ややネガティブなときはそれなりの覚悟があるので、何が起きても超ネガティブには
なりにくいものです。ネガティブな人間から見れば、幸福は「不幸の不在」です。
幸福になる方法は思いつきませんが、不幸にならない方法はある程度考えることが可能
です。科学だって評価できるのは、「確かさ」ではなく、「不確かさ」ですから・・・
第8章には「ラッセル幸福論」について書いていますが、ラッセルの言うように、
「自分自身に無関心になることを学んだ。注意を外界の事物に集中するようになった。」
を実践すれば、「不幸さ」は確実に減少するように思います(ゼロにはなりませんが)。
自分を認識することがなければ(つまり動物は)、不幸になりようがありません。
「自分」を考えないようにすることが難しいのなら、外部のものに集中することです。


銀河たち
Image credit: X-ray: NASA/CXC/MIT/M. McDonald et al.; Optical: NASA/STScI

Galaxy clusters are often described by superlatives. After all, they are huge conglomerations of galaxies, hot gas,
and dark matter and represent the largest structures in the Universe held together by gravity.
Galaxy clusters tend to be poor at producing new stars in their centers. They generally have one giant galaxy
in their middle that forms stars at a rate significantly slower than most galaxies – including our Milky Way.
The central galaxy contains a supermassive black hole roughly a thousand times more massive than the one
at the center of our galaxy. Without heating by outbursts from this black hole, the copious amounts of hot gas
found in the central galaxy should cool, allowing stars to form at a high clip. It is thought that the central black
hole acts as a thermostat, preventing rapid cooling of surrounding hot gas and impeding star formation.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日本語で「銀河」というと、恒星や星間物質の集まりである銀河なのか、太陽系が属している銀河なのか、
文脈を読みとる必要があります。一方、英語の場合でもどちらもgalaxyですが、以下のように区別が可能です。
the Galaxy:わたしたちが存在する銀河(つまり、天の川銀河)
       上の文章では、our Milky Wayまたはour galaxyと表現されています。
(可算名詞)galaxy:(恒星や星間物質の集まりである)銀河
without:「…なしで」よりも、「 もし…がなかったら」と訳したほうがよい場合もあります
at a fast(good、rapidなど)clip:急速に
impede:邪魔する


2015_11_23


大きいほど幸福感?脳の部位 京大、世界初の相関解明 (11月20日 京都新聞)
幸福を強く感じる人ほど右脳の特定部位が大きいことを、京都大医学研究科の佐藤弥准教授らが突き止めた。
幸福感と脳の構造の相関を解明したのは初めて。英科学誌に20日発表した。心理学では幸福感の強さを
質問用紙で数値的に計測できるとされる。佐藤准教授らは、質問結果と磁気共鳴画像装置(MRI)で測定した
脳の各部位の体積で相関を調べた。10~30代の男女51人で実施。質問用紙を使い、幸福感について尋ねた。
質問への回答を数値化し、各人の脳の各部位の体積と比べた結果、幸福感が強い人ほど右脳の内側にある
「楔前部(けつぜんぶ)」が大きいと分かった。また、快・不快と人生の意味についても質問し、回答を数値化すると、
幸福感関連部位同様に楔前部(けつぜんぶ)の体積と相関していた。快・不快と人生の意味の
感じ方は幸福感と関わりがあるという心理学の知見を脳科学で裏付けた。
楔前部は左右の大脳半球にある。右側の体積だけ大きかった理由は、右脳が感情を
担うとする説と関連する可能性があるという。佐藤准教授は「幸せの意味は古代の
哲学者以来、考えられてきた。脳科学的な視点で幸福の一端を解明できた」と話す。



←幸福と関わると分かった大脳の楔前部(佐藤准教授提供)

とても興味深い研究ですが、物質と心の関係はやはり謎です。
科学としての限界は、「幸福」というものが概念として曖昧なことです。
脳が精神に影響を与え、精神が脳に影響を与えるのでしょうが、先天的なものもある?
気になるのは、幸福を感じやすい人は不幸も感じやすいのかです。幸福を強く感じる
が、不幸になるとどん底になるのでしたら、感情の起伏が激しいだけです。

国連が発表する調査に幸福度報告書というものがありますが、これは、国民1人あたり
の実質GDP(国内総生産)や健康寿命、社会的支援、人生選択の自由度などから
幸福度を割り出したもので、実際にその国民が幸福なのかどうかは分かりません。
人に直接聞いてみれば分かりそうなものですが、そうでもありません。
「幸福」という言葉の意味をどのように受けとるかは、人によって異なります。
日本語の「幸福」は、英語では、「happiness」や「well-being」と言うようですが、
「happiness」と「well-being」ではニュアンスが異なるのでしょうかねぇ?


世界各国の自殺率

幸福度を客観的に判断する方法はありませんが、関連するものに自殺率があります。
宗教との関係もあって、自殺率が低いからといって幸福度が高いとは限りませんが、
自殺率が高いところは、不幸度が高いのではないかと想像できます。
ただし、女に比べて男の自殺率が圧倒的に高いところは、アルコール中毒の影響かも。
アルコール依存症は、病死以外にも自殺によりこの世を去る人が多い病気だそうです。
いずれにせよ、韓国・北朝鮮は世界のなかでも別格の自殺率です。
とはいえ、日本は、他国のことを言っている状況ではありません。
2000年以降、うつ病を中心とする「心の病」に罹る人が増加し続けています。ただ、
これは新薬発売と関係があるとも言われており、幸福の評価は難しいものがあります。


うつ病患者数



2015_11_21


焦点:米共和党がシリア難民に拒否反応、パリ攻撃で移民政策に波紋 (11月18日 ロイター通信)
13日に発生したパリ同時攻撃を受け、米国では移民や国家安全保障に関する議論が再燃している。
議員らからは17日、シリア難民への監視強化を求める声も上がり、難民の受け入れ拒否は「攻撃的であり、米国の
価値観に相反する行為」とするオバマ大統領への厳しい批判につながっている。オバマ大統領は9月、今後1年間に
少なくとも1万人のシリア難民を受け入れるよう指示しているが、下院の共和党議員らはこの計画に強く反発。
民主党も、過激派組織「イスラム国」と関係のあるシリア難民がいる場合に備え、厳しい身辺調査が必要だと主張した。
共和党のポール・ライアン下院議長もシリア難民1万人の受け入れの一時中止を主張した。
今回の問題は、「虐げられた移民を歓迎する」という米国のイメージに異を唱えるものだ。一部の議員からは、
シリア難民全員の入国を禁止すべきとの主張や、キリスト教徒のシリア難民をイスラム教徒より優先して
受け入れるべきとの主張も出ている。
これに対しオバマ大統領は、難民問題で点を稼ごうとする政治家を批判。時折怒りの表情をのぞかせながら
「ヒステリー状態で、誇張されたリスクに基づいて判断を下そうとするなら、良い結果は生まれない」と述べ、
「このような議論から来るレトリックこそ、ISIL(イスラム国)へ過激派を呼び込む最大の要因だ」と強調した。

アメリカは難民を受け入れないという選択も可能ですが、
ヨーロッパには既に80万人超の難民や移民が押し寄せているのです。
その多くが、国を追われたシリアの人々。人道上、支援しないわけにはいきません。
とはいえ、イスラム国が十字軍をせん滅するチャンスを逃すはずもありません。


イスラム国戦士潜入





 9月7日
 イスラム国エージェントの
 情報として、Sunday Express
 が報道。

このような事件が起きると、トランプ氏の発言も暴言だとはいえません。
もしも、イスラム国の警告どおり、ワシントンがテロ攻撃に遭ったとしたら、
しかも、そのテロリストが偽装シリア難民であったとしたら、
「だから言っただろ!」と、トランプ氏は叫ぶでしょう。勿論、英語で!


ドナルド・トランプ氏「俺が大統領になったら、難民は強制帰国させる!」
ドナルド・トランプ氏、もし自分が大統領になったらシリア難民は帰国させると発言!
海外「スゲェ、でもこれは正論だろ!」             (10月2日 海外反応! I LOVE JAPAN)
ドナルド・トランプ氏の爆弾発言が世界で話題に!
2016年米大統領選の共和党予備選候補者で支持率トップの不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏
が9月30日、大統領に選出された場合、米国入りした大勢のシリア難民を本国に送還すると述べた。
トランプ氏はロシア軍がシリア中部と北部で空爆を開始した日、米CNNテレビでこの発言をした。
同氏は米国が20万人規模の移民を受け入れる可能性があると述べ、「今ここで明言するが、もしも私が
勝利したらその20万人は帰国することになる──このことは本人たちが知っておく必要があるし世界にも
伝えておく」と表明した。「ISISかもしれない20万人を受け入れることはできない。彼ら(難民)が何者なのか
われわれには全くわからない。言っておくが、彼らは、オバマ大統領の弱さ故に(米国に)入り込んでくる
可能性がある」とトランプ氏は語り、仮に自分が大統領に選出されれば、移民を本国に送還すると約束した。

ドナルドトランプ
トランプ氏「難民なんて受け入れられるかバカヤロー!そんなの全員強制帰国させりゃいいんだよ!」
トランプ氏「難民の中にはISISのメンバーが居る可能性もあるのに受け入れられる訳ねーだろ!」

ちなみに、日本がイスラム国に軍事介入することはあり得ませんが、
一方で、難民を受け入れる可能性も低いでしょう。アメリカと日本の対応は
全く異なります。国連が何を言おうと、知ったことではありません。


安倍首相「移民受け入れよりも女性活躍」 会見で発言 (9月30日 朝日新聞デジタル)
安倍晋三首相は29日(日本時間30日)、訪問先の米ニューヨークでの記者会見で、日本がシリア難民を受け
入れる可能性を問われ、「移民を受け入れるよりも前にやるべきことがある。女性、高齢者の活躍だ」と述べた。
首相の発言は複数の海外メディアで取り上げられ、ロイター通信電子版は「首相はシリア難民を受け入れる前に、
自国の問題を解決しなければならないと発言」などと報じた。
首相は会見の冒頭で「(国連総会の)今年の最大のテーマは難民問題だ」と強調した。ただ、その後の質疑で
難民受け入れの可能性について問われると、「国際社会で連携して取り組まなければならない課題だ。
人口問題で申し上げれば、移民を受け入れるよりも前にやるべきことがある」と述べ、女性の活躍など政権が
掲げる政策の必要性を訴えた。

現時点でいえることは、ショッキングな出来事に心を奪われないようにすること。
一歩引いて、物事を眺める必要がありそうです。
今、フランス人にそれを言ったら、怒られるかもしれませんが・・・


出来事は魅惑的1出来事は魅惑的2

「力」より大切なのは、テロを生み出す土壌を調べることです。
そして、事実を歪めないこと。事実を歪めると、必ず、将来に禍根を残します。


慰安婦強制「なかった」 “100歳生き証人”ねじ曲げに憤り
(11月17日 YAHOO!JAPANニュース 産経新聞の記事)
韓国が慰安婦問題で攻勢を強める中、元朝鮮総督府官吏の西川清さん(100)=和歌山県田辺市=が取材に応じ、
「強制的に女性を集めることはなかった」と慰安婦募集の強制性を明確に否定した。昨年、朝日新聞が慰安婦記事
の一部誤報を認めたものの、「日本軍による強制連行」の象徴として海外都市に慰安婦の少女像が設置され、
誤った史実として広がっている。“生き証人”の証言は、「慰安婦狩り」が創作だったことを改めて示す突破口になるか。
◆差別感情存在せず
 「80年もたってまさかこんな状況になるとは…」
満開の桜の下で肩を組む男性4人の写真。昭和9年春、朝鮮半島東部にある江原道(こうげんどう)の春川(しゅん
せん)で撮影された。当時、朝鮮総督府の見習官吏だった西川さんはセピア色の写真を手に、ため息をついた。
同僚と行った花見で日本人と朝鮮人が2人ずつ記念写真に納まった。うち1人が西川さん。8~20年に総督府に
勤めていた。「朝鮮人への差別感情はなく、同等という雰囲気だった。今、韓国が日本統治時代はすべて悪業と
して批判していることは、事実としてあり得ないことだ」
正式に総督府江原道の官吏になった12年当時、朝鮮には日本の県にあたる道が13あり、その下に市にあたる
郡と府、さらに町村にあたる邑(ゆう)と面があった。職員の多くは朝鮮人。
同僚や上司、知事や部長クラスの重席にもおり、分け隔てなく野球をやったり、飲み会をしたりもした。
「朝鮮人同士は朝鮮語を話していたし、朝鮮名の職員も多かった。何でもかんでも日本が強制したということはない。
ましてや、女性を強制的に慰安婦にしたなんてありません」(中略)
11月上旬の日韓首脳会談では慰安婦問題の交渉加速化で一致したが、日韓の隔たりは大きい。
事実がねじ曲げられた現状を正さない限り、真の理解と友好は得られない。西川さんはそう確信している。



2015_11_19


フランス、シリアのIS「首都」を空爆 パリ襲撃事件後で初 (11月16日 国際ニュースAFPBB News
フランスの空軍は15日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の事実上の「首都」となっているシリア北部ラッカ
(Raqa)を空爆し、指揮所と訓練基地を破壊した。仏国防省が発表した。ISが犯行声明を出したパリ(Paris)の
連続襲撃事件以降、同国がISを空爆したのは初めて。
作戦には戦闘爆撃機10機を含む軍用機12機が参加し、20発の爆弾を投下した。軍は声明で「破壊した第1目標
は、ダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)が指揮所、過激派の人員採用施設、武器弾薬庫として使用
していた。第2目標にはテロリスト訓練施設があった」と述べている。

仏軍IS空爆

パリ在住の日本人が見た「テロ翌日でも普通にすごす」フランス人の覚悟 (11月16日 女子SPA!
世界中にショックを与えたパリでの同時多発テロ(現地時間11月13日夜)。死亡者は129人に上り(15日時点)、
非常事態宣言が出されています。いまパリの普通の人たちはどんな状況なのでしょうか?
女子SPA!連載陣で、パリ在住15年(フランス在住18年)の皮膚科医・美容ジャーナリストの岩本麻奈さんに、
テロの2日後に電話取材しました。(中略)
「テロはある」という前提で暮らしている
パリでは、今年1月に出版社「シャルリー・エブド」がイスラム過激派に襲撃されて12人が殺害されていますが、
過去にも、テロやテロ未遂事件が起きています。テロに対する感覚は日本とはかなり違うようです。
「以前からよくパリの友達と話していたのは、『テロがあるか、ないか』ではなくて、『いつあるか』だけの話だね、
と。 テロがあるのが当たり前。パリに住むっていうのはそういうことだ、と昔から思っていました。1995年には
サン=ミッシェル=ノートルダム駅で爆弾テロがあったし、それ以降も、テロ未遂事件はいくらでもありました。
いままでパリが安全だったことなんかない。でも住人は逃げようがないし、覚悟のうえでパリに住んでいるんです」
日本人とはテロの受け止め方が違う
今回のテロは、今年9月にフランス軍が、IS(イスラム国)を標的にシリアを空爆したことがきっかけだという報道
もあります。日本だったら「政府が悪い!」の大合唱になりそうですが……。
「私や子供の周りでは、現段階でそういう声はまったくないです。あくまで今の時点ですよ、これから変わるかも
しれませんが。きっと政府の対応が引き金だとは、わかってはいるんですよ。だからといって政府の決断に対して
攻撃はしない。まだ判断できる情報が足りないこともあります。
そもそもフランスは人種も宗教も多様な多民族国家ですし、歴史的にいろいろ戦争や侵略が繰り返されておりますし、
テロの危険が常にあることを当たり前と受け止めてます。日本人とは受け止め方の根っこが違うんですね」

日本でも多くの国民は、「政府の対応が悪い」なんて言わないと思います。
真っ先に「政府が悪い」というのは、一部のマスコミとエセ学者です。
後藤健二さんが殺害されたときにも、報道ステーションでは、
安倍総理が、外務省の進言を無視してイスラム国に対抗するための支援を
表明したことに疑問を呈する報道がされました。
外務省はすぐに否定しましたが、事実関係さえ明らかになっていません。
たとえ事実だったとしても、総理を批判することに違和感を持たれたかたも
多いと思います。だいたい、総理が外務省の指示に従うべきだということ?
普通は逆でしょう。政府を批判するとしても、タイミングというものがあります。
事件直後に政府を批判すれば、事件の責任が政府にあるように受け取られます。

今回の件については、即座に「力」を誇示することは当然です。
ですが・・・根本的な解決策についても検討するべきでしょう。
政治的・軍事的な検討だけではなく、学問的に考えてみることも重要です。
そのひとつに「システム思考」があります。「システム思考」のいいところは、
イデオロギー的な規範性を持たない(~すべきだとは言わない)ところです。
「総理が悪い」とか「アメリカが悪い」などと、善悪を持ちだすこと自体が
非学問的だと思います。エセ学者に騙されないようにしたいものです。

施策への抵抗











←ドネラ・H・メドウズ著でした。
 もう他界されましたが、今でも、
 「成長の限界」は有名です。



2015_11_17


共産と選挙協力「シロアリみたいなもの」 民主・前原氏 (11月14日 朝日新聞デジタル)
民主党の前原誠司・元代表は14日、読売テレビの報道番組で、来夏の参院選に向けた民主党と共産党の選挙協力について
「シロアリみたいなもので、協力したら(民主党の)土台が崩れてくる」と批判した。参院選では野党の「共倒れ」を防ぐ
ため、民主執行部は野党候補の一本化を模索。共産は安全保障関連法廃止に向けて「国民連合政府」を呼びかけている。
これに対し、前原氏は「いまの野党の低迷の一つは、共産党が統一政権を呼びかけ、民主がそれに揺さぶられているという
ことだ」と指摘。そのうえで「外交安保は政権交代があってもそれほど大きく変わらない。内政は、自民党の小さな政府、
新自由主義と対峙(たいじ)するため、民主党が中心となっていくのが大事だ」と訴え、党執行部を牽制(けんせい)した。
また、前原氏が主張する民主党の年内解党と新党結成については「党を分裂させることが目的ではなく、(野党結集の)
大きな固まりをつくっていくための問題提起だ」と説明した。
シロアリに食べられた材木 つまり、今の民主党はこんな感じでしょうか?
 国民をナメてはダメです。
 表面だけ美しく飾っていても、中身がスカスカでは、
 国民の支持は得られません。
 共産党はいいんです。偉大なる野党でいいのですから。
 民主党はもう一度、政権をとるつもりなんでしょ???

↑ シロアリは木材の軟らかい部分(早材)を好んで食べ、硬い部分(晩材)を食べ残す
日経BPネット SAFETY JAPAN「シロアリの被害と対策」

特に、絶望的になるのが、岡田代表の発言です。
「息苦しい政治を変えるのが民主党」岡田代表が早大で講義 (11月3日 BLOGOS ブロゴス)
岡田克也代表は2日午後、東京の早稲田大学で、安保法制や経済政策、民主党が進めようとしている共生創造社会などに
ついて100人以上の学生を前に講義を行なった。同大学の2015年度グローバルエデュケーションセンターが設置する
科目の「21世紀日本の構想」の講義で、ジャーナリストの田原総一朗氏が塾頭を務める大隈塾が担当している。
岡田代表は、戦後最長の会期となった先の通常国会での安全保障関連法案の審議をめぐって、これまで政治に距離を
置いていた多くの人々が国会議事堂周辺や全国各地での抗議活動に参加したことを取り上げ、「危機感を持って、動員
などということではなく、自分の判断で国会を取り囲んだり、全国で声を上げるということをした。新しい動きが出てきた
ことに注目しているとともに、うれしいことだと思っている」と述べ、新しい日本の民主主義の発展への期待感を表明した。
民主党批判プラカード気は確かか???
自分たちが政権をとったら、このようなプラカードを
持って国会を囲んでくれということなのか?
41.4%が共産党、14.7%が社民党、11.7%が民主党、
5.8%が生活の党を支持
(9/12・13 産経新聞社FNN合同世論調査)
しているデモ参加者が国民を代表するということ?

(岡田代表の講義の続き 中略)経済については、「安倍政権は、アベノミクスと言うことで3本の矢を繰り出した。
第1の矢は異次元の金融緩和で円安にした。第2の矢は財政出動で公共事業を増やし景気を一時的に浮揚させた。
しかし、輸出企業は円安で利益が上がったが、国内の生産量は増えず、下請けや関連企業は仕事が増えなかった。
第3の矢の持続可能な経済成長はうまくいかなかった」とアベノミクスの失敗を指摘した。さらに最近安倍総理が
打ち出した「新3本の矢」についても、「出生率1.8、介護離職ゼロ、GDP600兆円と言うが、これは矢ではなく
的である。矢と言う手段が無いままに目標だけ出してくるのは、広告会社に頼りすぎで、キャッチフレーズばかり
先行しているのではないか」と批判した。
民主党の経済政策は個人の所得を増やすことだと述べた上で、「個人の所得を増やすなら経済のパイを大きくしなく
てはならない。また経済の成長とともに公平な分配をいかに両立していくかも重要だ。所得の多い人と少ない人の
格差の是正もしていかなくてはならない」と指摘。「特に、子ども、若者、女性の切り口で格差を是正していき、一人
ひとりが能力をきちんと発揮できるようにする。この道しかないと政治が同じ方向に走らせるのではなく、それぞれ
が能力が発揮できるように壁を取りのぞくことが政治の役割りだ」と民主党の共生社会創造という考え方を説明した。
こうした説明を踏まえて岡田代表は、「民主党政権3年3カ月の間に出来たことはたくさんあると思う。しかし未熟
だったところも多くある。しかし、自民党政治が続いてきて、それを変えていくことがいかに困難かを分かって
いただきたい。安倍政権で自由にものを言える雰囲気がかなり減ってきている。息苦しい政治を変えていくには、
違う考え方を持った政治勢力が政権を変えていくしかない。それは民主党を中心にした政治勢力だ」とまとめた。

反日政党申し訳ないが、
安倍独裁政治より、
民主売国政治の
ほうが息苦しかった。
売国だけは、
やめてほしい。
悪口ばかりではかわいそうなので、良いところを言っておくと、自民党と違って、
継続的な予算措置を講じようとしていること。自民党の景気対策はいつも一時的
措置なので、今年は予算がついても、来年はゼロになることもあります。
これでは、予算がついたことで後々ひどい目に遭う可能性もあるので、
予算措置が構造改革につながらないのです。
しかし、将来にわたって続けなければならない負担を国民に背負わせてまで、
行わなければならない施策とは何なのか?
よく練られ、かつ国民のコンセンサスが得られなければ、実行不可能です。
自由にものを言える雰囲気だけでは、意見がまとまりません。




2015_11_15




冥王星に「氷の火山」 米探査機、発見続く (11月10日 産経ニュース)
米航空宇宙局(NASA)は9日、冥王星の2カ所で火山のような地形を発見したと発表した。半ば凍った水や窒素、
アンモニア、メタンなどでできた、どろりとした物質を噴出した「氷の火山」ではないかという。7月に冥王星に接近
した無人探査機ニューホライズンズの観測結果。ハート形をした地形の一部で「スプートニク平原」と名付け
られた地域の南側で見つかった。直径が数十キロ、高さは3~6キロ程度で、山頂部に噴出口とみられる
くぼみが確認された。NASAの担当者は「冥王星の大気や地質学的な活動の歴史を解く鍵になるかもしれない」
と話している。また冥王星の五つある衛星のうちの一つで、最も遠くにあるヒドラは、冥王星を1周する間に89回
も回転することが判明した。月も含め太陽系のほかの衛星の多くは、惑星に対して常に同じ面を向けて周回する。
ヒドラは異例で、NASAの研究者は「まるでコマのようだ」としている。

冥王星の火山冥王星の地表面


冥王星とバースチャート宮島へ行く連絡船から島全体を
眺めていると、冥王星の様子が
頭のなかに浮かんできました。
宮島にそびえる山、弥山(みせん)。
弥山は山としては小さいけれど、
どこまでもどこまでも果てしなく、
太陽系を脱出するほどの、
精神の高みのような気がします。
物質的に登れるのは、
535メートルまでですが、
一時的感情(月)を克服し、
日々の任務をこなし(火星)、
運命の流れ(木星)にのり、
自我(土星)を克服し、
本当の自由(天王星)を得て、
心理の深層にある真理(海王星)
を理解することで、冥王星に
たどりつけるのかもしれません。



2015_11_13


国産旅客機・MRJ、11日初飛行 名古屋空港を発着 (11月10日 朝日新聞デジタル)
国産初のジェット旅客機「MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)」を開発する三菱航空機は10日、
初の飛行試験を11日に行うと発表した。開発の本格化から約7年半。巨大プロジェクトは大きな節目を迎える。



11日の午前中にも、愛知県豊山町の県営名古屋空港を発着して、1時間ほど飛行する計画。
遠州灘か能登半島沖との間を往復し、上昇や下降、左右への旋回といった基本性能を確認する予定だ。
飛行試験の開始は、当初計画から4年以上遅れた。設計の変更や部品調達の遅れなどが影響した。
直近ではコックピット内のペダルに問題が見つかり、10月下旬の予定を2週間先送りしたが、ペダルの改修が
終わり、10月末には国土交通省から飛行許可が出た。滑走路での走行試験でも、離陸時に近い時速220キロ
に達し、初飛行の準備が整ったと判断した。三菱航空機は、初飛行の様子をウェブサイト(www.flythemrj.com/j)
で生中継する予定。一方、名古屋空港は、航空ファンが殺到して空港運営に影響が出ないよう展望デッキを閉鎖する。
初飛行の後は、5機体制で日米で飛行試験を続ける予定。必要な改善を続け、主な販売先である日米欧で安全証明を
得る構えだ。航空会社への納入開始は、2017年春をめざしている。

注意すべきは、技術的進歩と、技術が顧客価値を生み出すことは違うということ。
技術的な素晴らしさではなく、顧客が求めている価値を創造しているかです。
ある地域で、ある一定期間に生み出された付加価値の総額をGDPと言います。


1億総活躍:政府と自民党に温度差…政権の新看板 (11月7日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
安倍晋三首相は6日、東京都内で講演し、保育所に希望しても入れない待機児童対策として、2017年度末までに
40万人分の保育施設を整備する政府の目標を、50万人分に積み増す方針を表明した。首相はこの日、政権の
新看板「1億総活躍社会」のアピールに余念がなかったが、対照的に自民党1億総活躍推進本部の初会合では
「夢物語」と懐疑的な意見が続出。政府と党の温度差がのぞいた。(中略)
首相が自らアピールするのは、「1億総活躍社会」の評判が芳しくないためだ。首相は講演で「戦前のスローガン
のようだとか、国家による押し付けだとかいう批判があるが、まったくの的外れだ」と強調したが、これは批判に
敏感になっている証拠ともいえる。一方、記者団に公開された自民党1億総活躍推進本部の初会合は、首相官邸
主導の「政高党低」といわれる安倍政権では異例の展開になった。丹羽雄哉元厚相は「夢物語を掲げているの
ではないか。(介護離職ゼロなどの目標が)実現できない場合は失望感が強くなる」と指摘。森雅子元少子化
担当相も「『1億総活躍』が出てきて『女性活躍』という言葉が消えた。女性活躍はどこにいったのかと毎日の
ように聞かれる」と不満を語った。党内には、かけ声だけでは来年夏の参院選を戦えないと懸念する声があり、
逢沢一郎本部長は「参院選の公約にどう書き込むか、党内で議論したい」と引き取った。

過去のデータから見て、GDP600兆円は無理。
日本はここ20年間、新たな付加価値を生み出すことに成功していません。
なぜ、そうなったか?一概には言えないのですが、ここ20年間、
グローバリゼーションが急速に進展した一方、国内でテクノロジーの
進化が起きなかったことが要因のひとつに挙げられます。

日本の名目GDP

記事45-1や46-5でも紹介していますが、「ゼロ・トゥ・ワン」によれば・・・
ゼロから1を生み出す垂直的な進歩を一言で表わすと、「テクノロジー」になる。ここ数十年間の情報技術(IT)
の急速な進歩から、シリコンバレーが一般的には「テクノロジー」の首都だと見なされるようになった。
でも、テクノロジーとはコンピュータに限らない。正しくは、ものごとへの新しい取り組み方、より良い手法は
すべてテクノロジーだ。グローバリゼーションとテクノロジーは異なる進歩の形であり、両方が同時に起こること
もあれば、片方だけが進むことも、どちらも起きないこともある。たとえば、1815年から1914年までは急速な
技術革新とグローバリゼーションが同時進行した時代だった。第一次世界大戦からキッシンジャーが中国との国交を
再開した1971年までは、テクノロジーが急速に進歩した一方でグローバリゼーションはあまり進んでいない。
1971年以来、グローバリゼーションは急速に進んだけれど、テクノロジーの進歩はほぼIT分野だけに限られている。
このところのグローバリゼーションの進展から考えれば、今後数十年間で世界がより収斂し同質化してくと想像して
もおかしくない。日々の言葉遣いからも、テクノロジーの進歩が終わりに近いと誰もが信じていることがうかがえる。
たとえば、世界をいわゆる「先進国=発展を終えた国(ディベロップド)」と「新興国=発展途上にある国
(ディベロッピング)」に分ける表現には、「先進国」に途上の余地はなく、貧しい国は先進国に追いつけば
それでいいという意味合いにも感じられる。だけどその思い込みは間違っている。
先ほどの逆説的な質問(賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?)への僕自身の答えは、
「ほとんどの人はグローバリゼーションが世界の未来を左右すると思っているけど、実はテクノロジーの方が
はるかに重要だ」というものだ。今のままのテクノロジーで中国が今後20年間にエネルギー生産を2倍に
増やせば、大気汚染が2倍になってしまう。インドの全世帯が既存のツールだけに頼ってアメリカ人と同じように
生活すれば、環境は壊滅されてしまう。これまで富を創造してきた古い手法を世界中に広めれば、生まれるのは
富ではなく破壊だ。資源の限られたこの世界で、新たなテクノロジーなきグローバリゼーションは持続不可能だ。

日本は反グローバリズムの道を進むべきだ。
しかし、それはTPPに反対して、保護主義に走れという意味ではない。
日本は「一億総イノベーター社会」を目指すしかない。
勿論、全員がそうなれるわけではないが、みんながトライすることはできる。
日本にとってグローバル人材はいらない。必要なのはイノベーション人材のほう。
この全く方向の異なる2つの軸を混同してはならない。
そうしないと、日本はグローバリズムに滅ぼされてしまう。


成長の直交軸




2015_11_11


安倍外交に死角なし!日韓首脳会談、朴大統領も驚いた安倍首相の「切り札」とは? (11月7日 現代ビジネス)
死角が見当たらない
(前略)朴大統領は一貫して「年内妥結」を主張、安倍首相は期限を決めるべきでないと反論、最終的に両氏は
「できるだけ早い時期」で妥協した。逸る朴氏を安倍氏が制した結果となった。
その切り札となったのが安倍首相の「お詫び」の気持ちを手紙にして、存命する元従軍慰安婦のもとに届ける
というものだ。その時期は、帰国後の4日に会談した谷垣禎一自民党幹事長に「越年」を示唆したように年明け
の1月初旬になると見られる。そしてその手紙を持参するのは、河村建夫・日韓議連事務局長(元官房長官)
になると思われる。日中韓首脳会談の一応の成功によって、同会談は再び定例化されることが決まり、
来年5月中旬の東京開催が確定した。すなわち、2016年前半の安倍外交は、年初の「慰安婦」問題妥結から
始まり、「桜の花が咲く頃」のプーチン・ロシア大統領の日本公式訪問、5月中旬の日中韓首脳会談、
そして同26~27日の伊勢志摩G7サミット開催と間断なく展開されることになる。
もちろん、その前に11月15~16日の主要20ヵ国・地域(G20)首脳会議(トルコ・アンタルヤ)、18~19日の
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議(フィリピン・マニラ)、20~22日の東南アジア諸国連合
(ASEAN)関連首脳会議(マレーシア・クアラルンプール)、30~12月2日の国連気候変動枠組み条約第21回
締約国首脳会議(フランス・パリ)出席で、安倍首相は休む暇もない。12月中旬にはインドを訪れ、
原発と高速鉄道(新幹線)をトップセールスする。さらに現在なお、ひそかに進行しているのが水面下での
日朝接触である。これもまた外務省頭越しの官邸主導だ。日経平均株価が再び上昇トレンドに戻ったうえに
外交成果が喧伝されるとなると、当面、安倍政権にとっての死角は見当たらない。

外交では意外にうまくやっている安倍政権。
その成功の理由は、軸がぶれていないことにあると思います。
しかし、経済政策は既に頓挫したといえるのではないでしょうか?


コラム:潜在成長率回復を阻む「真犯人」 (11月5日 ロイター)
(前略)振り返れば2000年代半ばに実質円安という極端なカンフル剤が打たれなければ、電機セクターは経営
判断を誤ることもなく、国内生産能力の拡充の代わりに、収益性の高い新規ビジネスに打って出た可能性がある。
もし革新性やデザイン性、コンテンツに自信があるのなら、生産工程を全て外部化しファブレス企業に進化する
こともできた。電子機器の受託製造サービス(EMS)やファウンドリーに進化し、モノづくりで徹底的に勝負する
という選択もあり得ただろう。過剰ストックを積み上げた電機セクターの苦境は明らかだが、経済資源を奪われ、
成長分野の出現を阻害された内需セクターのデメリットについては、出現しなかったがゆえに、計測不能で忘れ
がちである。いずれにせよ、2000年代に潜在成長率が低下した理由は、単に労働力が減少しただけでなく、
超金融緩和の長期化・固定化を背景とした超実質円安の下で、収益性の低い過剰ストックが積み上がり、
生産性上昇率も低迷、その後の資本蓄積が滞ったことが影響したと筆者は考えている。
このことは、2010年代初頭にはすでに明らかだったはずだが、こともあろうに2012年末に開始された
アベノミクスで全く同じ過ちが繰り返されてしまった。正確に言うと、過ちを犯したのは政策当局だけで、
輸出企業は当時の電機セクターの失敗に学び、極端な実質円安が進んでいるにもかかわらず、誘惑に耐え、
今のところ国内投資を積極化させていない。
とはいえ、今回は問題が小さいとも言い切れない。確かに過剰ストックが積み上がるという資源配分の問題は
観察されていないが、大幅な実質円安の進展によって、所得分配が大きく歪められ、個人消費の回復を明らか
に阻害している。分配が歪められても、現象面としては国内総生産(GDP)が低迷する要因となる。
前述した通り、「所得・支出アプローチ」に立つと、基点の輸出増を何とか達成しようと、景気回復が始まった
後も、金利を低く抑え、円安に維持しようとする。それでも所期の効果が得られないのなら、アプローチが間違って
いると考えても良さそうだが、さらにアグレッシブな金融緩和を行い、円安を助長したのがアベノミクスである。
しかし、その結果、家計の実質所得が抑制され、個人消費はさらに低迷している。筆者は早い段階から懸念
を表明していたが、2014年年初に経済が完全雇用の領域に入ったため、円安になっても輸出数量はなかなか
増えない状況になっていた。経済が完全雇用に達し、円安になっても、輸出数量が増えていない以上、円安は
単に家計から輸出企業への所得移転に堕している。所得制約に直面し支出性向の比較的高い家計部門から、
キャッシュ・リッチで支出性向の低い輸出企業に所得を移転することは、一般論として、景気拡張的に働くと
言えるだろうか。もちろん、輸出企業の業績改善を反映して株価は上昇しているが、日本では株式を保有する
のは限られた富裕層であり、その支出性向も当然、一般の家計に比べれば相当に低い。インバウンド消費が
刺激されているといっても、要は外国人に対して大安売りを行っているだけであり、その代償に食料や
エネルギーなどの日用品購入に日本人が割高なコストを強いられているのなら、一体何を目的にマクロ経済
運営を行っているのかということになる。
(中略)ゼロ金利政策や大量の国債購入政策、それらがもたらす実質円安を前提にした経済主体が増えれば
増えるほど、収益性の低いビジネスばかりが増え、我々はますます、低成長から抜け出すことができなくなり、
結局、政策も終わりを迎えることができなくなる。日本だけのストーリーとして終わるのだろうか。あるいは、
この問題でもまた日本がフロントランナーとなるのだろうか。

家計貯蓄率

「100年後も生き残れると思う日本企業」調査 (11月8日)
 ↓     現代ビジネス:100年後に「生き残る会社」「消滅する会社」予測〜自動車業界はどうなる!?
100年生存企業日本経済の最大の問題は、一般家計が冷え込んでいることです。
安倍政権も気づいてはいるでしょうが、有効な政策がでてき
ません。ポイントは、「一般」家計ということです。
いくら経済界に賃上げを要請しても、賃上げできる余裕を
持った企業しか実行できません。つまり、
「特殊」家計を潤すことにしかつながりません。
株価の上昇についても、同様のことがいえます。
一般家計では貯蓄率が負なのですから(つまり借金状態)、
株価がいくらになろうと、大きな影響はありません。
逆に、金利が上がると、一般家計はさらに冷え込む
ことを意味しています。これは、左翼的イデオロギーでは
なく、一般家計が潤わないことには、日本経済にとって
最も重要である内需の拡大が見込めないのです。
一般消費者は「いいものがないので買わない」のではなく、
「いいものを買いたいけど、お金がないから買えない」
のであり、企業もコストカットを目指すしかありません。
無理なコストカットをするには、「手抜き」か、「偽装」か、従業員を
こき使うか・・・これからも様々な企業がニュースになるでしょう。
ではどうすればよいのか・・・内需がダメなら設備投資しかないかと・・・
現状では、トヨタを中心とした大手自動車メーカーに、中長期的大規模投資
をしてもらうように促していくしかないように思います。なぜ、トヨタか
といえば、円安の恩恵を一番受けているでしょうし、他の企業ですと、
10年以上返ってきそうもない投資をする余力はないからです。
トヨタがすると、ホンダや日産もせざるを得なくなるでしょう。
何に投資するかですが、自動車に関するものだけでは限界があります。
自動車を国内でいくら製造しても国内販売は伸びないでしょうし、輸出は
円高リスクがあります。自動車を媒体としたエネルギーマネジメント関連
への中長期的な大規模投資をしてもらいたいところです。


トヨタが描く未来




2015_11_09


宇宙の謎解明なるか? 「重力波」検出目指す観測施設「かぐら」が岐阜に完成 アインシュタインが存在予言
(11月6日 産経ニュース)
宇宙から届く謎の「重力波」の検出を目指す東京大宇宙線研究所の観測施設「KAGRA」(かぐら)が岐阜県
飛騨市神岡町の地下に完成し6日、報道陣に公開された。重力波は非常に重い天体が激しく動いたとき、
重力の影響で空間にゆがみが生じ、それが波のように遠くまで伝わっていく現象。
アインシュタインが相対性理論に基づき約100年前に存在を予言したが、直接観測した例はない。
かぐらは長さ3キロのトンネルをL字形につなげた構造で、中心部からレーザーを2方向に同時に発射。
重力波が届くとトンネル内の空間がゆがんで伸縮し、レーザーが鏡で反射して戻ってくるまでの時間にわずかな
差が生じるのを検出する。振動が少ない地下200メートルに建設した。総工費は155億円。
重力波観測施設かぐら今年度中に試験観測を開始。
追加工事を経て平成29年度に本格観測に
入れば、1年以内に重力波を捉えられる
という。世界初の観測に成功すれば、
ノーベル物理学賞の受賞が決まった梶田隆章氏
が素粒子ニュートリノの質量を発見したスーパー
カミオカンデに続き、神岡の施設群で3つ目の
ノーベル賞が確実とされる。
ただ欧米も類似の施設で観測を目指しており、
競争は激しい。同研究所の三代木伸二准教授は
「人類初の観測をぜひ実現したい」と意気込む。
重力波の観測は光やX線などでは捉えられ
なかった天文現象や、宇宙誕生時の謎の解明
に役立つ。かぐらを統括する同研究所長の
梶田氏は「神岡の地から新たな研究分野が
生まれるような成果が出てほしい」と期待を
込める。

なんでこのような形をした観測施設で、重力波が検出できるかといえば、
重力波が以下のようなものだと想定されているからです。

重力波とは
「重力波検出実験の最近の進展」 http://rironkon.jp/sympo06/proceedings/s.kawamura.pdf

そういえば、昨年、重力波が検出されたというニュースがありましたが・・・
ノーベル賞級「重力波の痕跡」発表は誤り (1月31日 日本経済新聞電子版)
138億年前に宇宙が誕生した直後の「重力波」の痕跡をとらえたとした米研究チームの昨年3月の発表は誤り
だったと、欧州宇宙機関(ESA)などの国際研究チームが30日発表した。
発表後にデータの解釈に疑問が示され、専門家らが検証していた。重力波は、物理学者アインシュタインが
存在を予言。宇宙が急激に膨張したとする「インフレーション理論」を裏付けるとして観測計画が進み、
確認されればノーベル賞級ともいわれるが、今回はお預けになった形だ。
米チームは、南極にあるBICEP2望遠鏡がとらえた「宇宙背景放射」と呼ばれる電波を分析、特徴的な
パターンを発見し、これが宇宙急膨張の際の重力波によって生じた名残だと昨年3月に発表した。
だがこのパターンが銀河のちりの影響である可能性が浮上。BICEP2のデータに加え、ESAのプランク宇宙
望遠鏡が観測したより広範囲のデータを、米チームを含む国際チームが精密に分析し、ちりの影響に間違い
ないとの結論が出た。ただ重力波やインフレーション理論そのものが否定されたわけではない。
国際チームの研究者は「重力波の探索は今後も続く」としている。
インフレーション理論は1980年代初めに、佐藤勝彦自然科学研究機構長らが提唱した。

では、重力波がどのようなときに生まれるかといえば、質量四重極モーメント
が変動したときだそうだ。これは、電気の場合とは全く異なっている!
正負のある電気と負のない質量を、無理やり比較するとすればだが・・・

電気双極子と四重極子
「宇宙おける電磁波の放射」 http://www.astro.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~kenta/radioastro/radioastro-1.pdf

電磁波の場合、電気双極子モーメントの変化が重要で、
四重極モーメントの影響は無視できる。どんどん話がそれていきますが、
上の図の説明で、二酸化炭素の場合、双極子モーメントが変動しないのは、
回転や対称伸縮振動のときで、逆対称伸縮振動では双極子モーメントが
変化しますので、二酸化炭素は電磁波(赤外線)を吸収します。
これが、二酸化炭素が温室効果ガスである理由だとされています。


二酸化炭素の赤外吸収分子の振動と赤外光の吸収 (日本分光 「FTIRの基礎」)
分子を構成する原子間では、結合部分が伸縮します。
伸縮振動のエネルギーは赤外光のエネルギー付近
にあり、赤外光を吸収して振動します。ただし、赤外光
を吸収できる振動には「双極子モーメントの変化を
伴うもの」という制限があります。2つの振動が互いに
打ち消しあうものは、赤外吸収をしないということです。
直線状分子のCO2の場合、対称伸縮振動は双極子
モーメントが変化しないため赤外光を吸収しませんが、
逆対称伸縮振動は双極子モーメントが変化する為、
赤外光を吸収します。
また、直線分子の中でも2原子分子のO2やN2の場合は、逆対称伸縮振動ができず、赤外光を吸収しません。
CO2が温室効果ガスとして働くのは、CO2が赤外光を吸収する振動を持ち、大気が暖められるためです。



2015_11_07


平成生まれ社員の働きがい企業ランキング トップ3をあのグループが独占! (10月28日 共同通信社)
いまやバリバリの若手社員といえば“平成生まれ”という時代だ。そこで、就職・転職のための企業リサーチサイト
「Vorkers」を運営するヴォーカーズ(東京)は、「平成生まれ版:働きがい企業ランキング」を発表した。
調査レポートでは、対象を平成生まれの社員に絞り、Vorkersの会社評価指標のうち若手社員が働きがいを
感じる上で特に重要となる5項目「待遇面の満足度」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」
「20代成長環境」の合計値を集計しランキング! 平成生まれの社員が働きがいを感じている企業はというと・・・。
トップ3となったのは、何とリクルートグループの企業が独占! トップ10をみても4社ランクインする結果
(1位リクルートライフスタイル、2位リクルートホールディングス、3位リクルートキャリア、9位リクルート
マーケティングパートナーズ)となっている。
リクルートグループは、「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」という社是の下、起業家として
独り立ちする社員も多いので、チャレンジ精神旺盛な若者から、その辺が評価されているのかもしれない。
働きがいランキング

「生きがいとは何か」は誰にとっても難しい問題であるのと同様、「働きがい」
も簡単には説明できない問題です。ただ確実に言えることは、「働きがいのある
仕事のほうがいい」ということですが、これは聞いてみないと分かりません。
実際、日本において、働きがいを感じている人はそれほど多くはないようです。


働きがいを感じているか

仕事のやりがいを決める要因として、「仕事に応じた報酬」は必要です。
公平でない、もしくは、気の合わない上司がいないことも重要だと思います。
でもそれだけかといえば、そうでもない気がします。


「働きがい」はどのように作られるか (4月14日 ハフィントンポスト日本版)
「働きがい」という言葉がある。当然のことながら、仕事にやりがいを感じてくれる社員が多いほうが、
企業にとって有利であることは間違いなく、企業は様々な活動を通じて従業員の働きがいを演出
しようとする。それには、仕事の内容を変えること、社内の提案制度の採用、社員食堂の充実、
給与から異動の施策まで様々なものがある。だが、それらの施策は本当に当を得ているのだろうか。
内閣府による調査では、「仕事についてやりがいを感じている」という人の割合は20%以下。しかも
漸減している。残念ながら、生活時間の半分以上を占める「仕事」において、やりがいを感じてもらう
ことは非常に難しいようである。現在のところ、残念ながら多くの企業は有効な手を打てていない。
「従業員の働きがいなど気にしない」と言う経営者もいようが、良い人材の獲得は競争であることを
鑑みれば、その考え方は改めざるをえないだろう。 実際に上で紹介した内閣府のレポートでも、
“中小企業において、仕事のやりがい等に対する従業員の満足度を向上させることは、従業員の定着率や
生産性の向上を通じて、当該中小企業の業績にプラスの効果をもたらすことを示唆していると考えられる。
”と結論づけている。さて、それでは従業員のやりがいはどのように生み出されるのか。
これについては、古くから研究が行われているが、最も有名なものの一つが1920年代のイリノイ州
ホーソンのウエスタン・エレクトリック社での実験だ。
この一連の実験により導かれた説は、驚くことに「働く者の満足を左右するものは、仕事の内容ではなく、
仕事の重要度への認識である」というものだった。つまり、
「自分が重要な仕事をしている」という認識こそが、仕事のやりがいを決めるのであり、仕事が単調だろうと、
作業内容が退屈だろうと、「自分の価値」が確認できる仕事であればやりがいは生じるということである。
もちろん経済的に困窮していたり、労働時間が長すぎたりすれば労働者の意欲は低下する。
しかし、そういった条件をクリアしてもなお、「働きがい」を得ることができない労働者が多い理由は、
「自分の仕事に対する誇り」が持ちにくいことにある。
(中略)技術職が自分の仕事にやりがいを感じないのは、技術レベルが低いからではない。
「自分の技術が世の中の役に立っている」という実感がわかないからである。
事務職が自分の仕事にやりがいを感じないのは、「社内の人々にとって自分たちが重要であるとの
認識がされないからである。これは、働いている組織の規模とは関係なく起こりうる。
内閣府の調査を見ても、仕事へのやりがいを感じる人の割合は、会社の規模によらないことがわかる。
むしろ大企業の方が少しやりがいを感じる人の割合が低い。
結局、人は「その他大勢」であること、「無意味だと感じる仕事」には耐えられないのである。
ピーター・ドラッカーは著書「企業とはなにか」において、こう述べている。
”昔から言うように、仕事に意味を持たず食べるためにのみ生きる者は、市民ではないし、
市民足りうるはずもない”自分の仕事が「重要な仕事である」と感じるだろうか?
部下は今の仕事を「重要な仕事だ」と考えて働いているだろうか?

確かに、自分の仕事が「あってもなくてもよい仕事」だと感じられると、
モチベーションが上がるはずもありません。
「自分が重要な仕事をしている」という認識が大事なのは分かりましたが、
最終的にその仕事がうまくいくことも重要です。重要なことは分かるけど、
頑張っても達成できそうにもないのなら、やりたくありません。


聞き取り調査で続々判明!「チャレンジ強要職場」の悲惨な実態 (10月30日 ダイヤモンド・オンライン)
決して他人事ではない!?無謀な「チャレンジ」を強いる職場
「あの部署は大幅赤字になりそうなんだよね。だから、君たちのところで彼らの利益も出してくれない?」
大手メーカーの東芝が起こした不正会計騒動。リーマンショックが発生した2008年から2014年まで、
合計で約2000億円を超える利益の水増しを行っていたという問題だ。
これらの原因となったのが、「チャレンジ」と呼ばれる経営陣の無茶な要求。各部署に、短期間では
おおよそ達成不可能な利益目標を示し、圧力をかけた。なかには、3日で120億円の利益を出すよう
求めたこともあるという。その結果、“水増し”という不正行為が蔓延していったのだった。
このチャレンジの中心にいたのは、東芝の歴代3社長。彼らはすでに提訴される方向で、刑事責任が
追及される可能性もある。国内有数の大企業が起こした動揺は、当分収まりそうもない。
東芝のチャレンジはあまりに規模が大きいため、私たちはつい“他人事”のようにニュースを眺めがちだ。
しかし、実際はどうだろう。スケールに差はあれど、このように上から無茶な要求をされた経験は、
多くの会社員が持っているのではないだろうか。社員に「チャレンジ」を強要する職場とはどんなところで、
そこでは実際にどんな「チャレンジ」が行なわれているのだろうか。現役の会社員にアンケートを行ない
「チャレンジ」の体験談を聞いてみた。
その結果、多くの人々が自身に降りかかった想像以上に深刻なエピソードを明かしてくれた。
すらすらとチャレンジ体験談を語る人たちを目の当たりにして、「会社員でいる以上、チャレンジは
免れないのかもしれない……」とさえ思ったほどだ。
ただし、チャレンジのエピソードを集めていくと、ひどい事態が起きる企業には、ほぼ例外なく
その原因となる企業風土が背景にあることも見えてきた。「チャレンジ」は、特定の部署や一過性の
人間関係の中で突発的に起こる現象ではないようだ。ということで、巷にあふれる“チャレンジ体験談”
を紹介しつつ、その裏に潜む企業風土の課題を考察していきたい。 (中略)
度を超えたチャレンジはじわじわと企業を弱体化させる
今回紹介したエピソードからもわかる通り、小さなものまで含めれば、社会人を苦しめるチャレンジは至るところ
で起きているだろう。むしろ、どんな企業にいても、上からの要求を「無茶だ」と感じる場面はあるかもしれない。
その中でも、あまりに度を超えたチャレンジについては、「起こるべくして起きている」と言える。そしてその
大きな原因は、先に述べたような「企業風土」と言えるのではないだろうか。結果、そういったチャレンジが
社員を疲弊させ、離脱させていく。このサイクルが会社のメリットになるとは到底思えない。
また、チャレンジが過熱していけば、あたかも社内で目標が達成されたかのように偽るなど、今回の東芝の
ような事態を招く可能性もある。つまり、チャレンジの社内蔓延は、その企業を弱体化させるきっかけになると
言えるはずだ。もしも社内での“日常的なチャレンジ”に心当たりのある経営者は、今すぐにでも抜本的な
改革を考えた方が良いだろう。
チャレンジの強要

東芝、CMOSセンサー事業から撤退の方針―工場をソニーに売却 (10月24日 iPhone Mania)
東芝がCMOSセンサー事業から撤退する方針を固め、同センサーを生産する大分工場の一部をソニーに
売却する方向で最終調整に入ったことが明らかとなりました。日本経済新聞などが報じています。
                    不正会計を発端としたリストラの一環
CMOSのシェア 世界のCMOSセンサー(イメージセンサー)はソニー、オムニビジョン、
サムスン、SKハイニックス、東芝、キャノンなど様々な企業が
シェアを占めていますが、技術力はソニーとサムスンに集中しており、
ハイエンドCMOSはこの2社がほぼ独占的に供給を行っていました。
しかし、東芝にとっては、iPhoneにも採用されているNAND型
フラッシュメモリと比較すると、CMOSセンサーは収益が大きく見込
めない部門であるため、不正会計問題を受けた構造改革の一環として
リストラを敢行、同部門をソニーに売却する方針としたようです。
一方、次世代iPhoneにも搭載が噂されているデュアルカメラに向け、
ハイエンドCMOSセンサーの更なる需要を見込むソニーにとっても、
国内の工場における生産能力を増強し、CMOSセンサー事業の強化を
図りたいとしていただけに、両社の思惑が合致した格好となりました。
東芝は今後、自社の強みであるNAND型フラッシュメモリ部門に力を
注ぐ方針で、早くも16年度1-3月期から容量を増加した次世代製品を
                    四日市工場で量産していく体制を固めているとのことです。

半導体の場合、初期投資が大きいうえに、研究開発投資も多額になります。
販売量が少ないと、初期投資コストに見合った売上げが得られません。
CMOSにおいて、これだけ差をつけられてしまえば挽回不能です。
「NANDのようにCMOSも成功させろ」と言われても、これは無理です。
責任ある仕事を任せてもらいたいとはいえ、「東芝流チャレンジ」はご免です。




2015_11_05


高エネルギー宇宙線観測で、暗黒物質(ダークマター)の正体に迫る (10月26日 NEWSALT ニューソルト
高エネルギー宇宙線観測
宇宙航空研究開発機構(JAXA)と早稲田大学は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」モジュールの
船外実験プラットフォームに「高エネルギー電子、ガンマ線観測装置(CALET)」を設置し、宇宙を飛び交う
高エネルギーの宇宙線(電子やガンマ線、陽子・原子核成分)のエネルギー量とその種類や飛来方向の
高精度測定を、世界に先駆けて開始したと22日に発表した。
CALETを用いた観測で、
(1)高エネルギー宇宙線の起源と加速のしくみ
(2)宇宙線が銀河内を伝わるしくみ
(3)暗黒物質(ダークマター)の正体
などの「宇宙の謎」の解明を目指す。
CALETは、今年8月に「こうのとり」5号機で種子島宇宙センターから「きぼう」に運び込まれた。
その後、観測機器の初期検証作業を終え、現在は検出データの較正・検証作業を進めている。こ
の初期検証段階で、すでにテラ電子ボルト(TeV:1兆電子ボルト)領域の電子候補が観測されている。
CALETのデータの較正・検証作業後、定常観測に移行し、2~5年にわたる観測で高エネルギー宇宙現象の解明を目指す。

高エネルギー宇宙線は、空気にぶつかると二次粒子を発生させて高エネルギーでは
なくなってしまうが、大気圏外なら直接測定することができる。
しかし、高エネルギー宇宙線を測定することで、
ダークマターの正体が本当に分かるのだろうか?見つければ大発見になる。


銀河団衝突でも、ダークマター同士はすり抜ける (3月30日 アストロアーツAstroArts)
銀河団同士の衝突現場
今回の研究対象となった銀河団同士の衝突現場。ぶつかって動きを妨げあう高温ガス(ピンク)とダークマター(青)
が分離しているようすから、ダークマターはあまり衝突の影響を受けていないことがわかった。
(提供:NASA, ESA, STScI, and CXC)

スイス・ローザンヌ連邦工科大学のDavid Harveyさんらは、ハッブル宇宙望遠鏡とX線天文衛星「チャンドラ」の観測
をもとに、銀河団同士の衝突現場72箇所における銀河、高温の銀河間ガス、ダークマター(正体不明の重力源)
の分布を調べた。その結果、ダークマターは銀河と離れずに分布していることがわかった。
これまでの研究で、銀河団同士が衝突するとガスはぶつかって動きを妨げあう一方で、銀河そのものはあまり影響
を受けずにそのまま進むことがわかっている。今回の結果から判断すると、銀河同様にダークマター同士もあまり
ぶつからないということになる。
ダークマター同士の相互作用が弱いという研究結果は「弾丸銀河団」の観測からも得られていたが、多数の銀河の
観測から同じ結果が得られたことでその確実性が増した。
さらに今回の測定結果は、ダークマター同士の相互作用が従来考えられていたよりももっと弱いということを示唆
している。さまざまな説があるダークマターの正体をつきとめる、有力な手がかりとして期待される。

銀河には星がたくさんあるといっても、密度としては非常に希薄なものなので、
銀河が衝突しても、星が衝突することはほとんどない。
宇宙に、暗くて質量の大きな物体が数多くある可能性も否定することはできない。
そもそも、なぜダークマターの存在が予想されているのだろうか?


ダークマターの存在理由
「ダークマター(暗黒物質)の正体は何か?」より
http://www.resceu.s.u-tokyo.ac.jp/symposium/daigaku&kagaku/MINOWA.pdf

ダークマターが存在するということ自体はほぼ間違いないでしょう。
でも、未知の素粒子が本当に存在するのだろうか?
未知の素粒子は、実は多くの種類が存在する可能性だってある。
既知の素粒子で構成される、未知の安定な複合粒子があるのかも。
近いうちに、ノーベル賞がすぐにもらえるような大発見の可能性もあるが、
分かりそうでいつまでも経っても分からない可能性もある。


ダークマターの「雲」にずれ、実在の証拠か
ダークな存在を抜け出す日は近い? (4月20日 ナショナルジオグラフィック日本版サイト)
四つの銀河とダークマター
NASA/ESAのハッブル宇宙望遠鏡が撮影した、融合する4つの銀河の画像。そのうちの1つの銀河を取り巻く
ダークマターの「ハロー(かたまり)」の分布が銀河とずれているように見え、ダークマター粒子が実在する証拠
である可能性が出てきた。(PHOTOGRAPH BY ESO)

天文学者は80年近く前から、宇宙を満たす謎めいたダークマターの正体を明らかにしようと努力してきた。
彼らがダークマターの概念を思いついたのは、銀河の運動を観測すると、宇宙の質量が目に見える星や
銀河の質量だけでは説明できないほど大きいように見えるからだ。彼らはこの物質を、ビッグバンの際に
大量に生成した、重力には関わるもののどうやっても目に見えない素粒子だろうと推測した。
天文学者はこうした素粒子を直接観察できていないため、ダークマターは基本的にまだ理論上の存在である。
今回、ハッブル宇宙望遠鏡と超大型望遠鏡VLT(チリ)を使って行われた新たな観測により、ダークマターの正体
について決定的な手がかりが得られた可能性がある。『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』誌
に掲載された論文によると、エイベル3827という地球から約14億光年の彼方にある銀河団のダークマター粒子は、
重力以外の力を感知しているという。
この観測で実際に検出されたのはダークマターの異常な分布だ。通常、ダークマターは銀河を取り巻く巨大な
「ハロー(かたまり)」を形成している。私たちの銀河系でも例外ではない。銀河系は猛スピードで回転しているので、
ダークマターの大きな重力でつなぎ止められていなければバラバラに飛び散ってしまうはずだ。けれども、エイベル
3827銀河団にある1つの銀河は、ダークマターハローの中心と銀河自体の中心が約5000光年もずれていた。
宇宙では5000光年などたいした距離ではないが、一部の理論家が主張するようにダークマター粒子が重力にしか
反応しないのなら、この距離はゼロでなければならない。
理論家の中には、ダークマターは重力以外の力も感知するはずだと予想する者もいる。20年ほど前から、ダークマターは
「WIMP(weakly interacting massive particles:(相互作用が〈電磁相互作用と比べると〉弱くて重い粒子)」
であると考えれば、その性質をうまく説明できるという説が有力になってきている。
WIMPは、重力だけでなく、原子核のβ崩壊などを引き起こす、いわゆる「弱い力」も感知するとされている。
今回の発見は、ダークマターがWIMPからできていることを示す最初の経験的な証拠となるかもしれない。
研究チームを率いたダラム大学(英国)計算宇宙論研究所のリチャード・マッシー氏は、検出されたダークマターの
雲のずれをうまく説明するには、この雲がエイベル3827の中心にあるもうひとつのダークマターの雲の中を
通り抜けているところだと考えればよい。なんらかの力が働いて2つの雲の間に摩擦が生じ、一方のダークマターの
動きが遅れたために銀河の中心からずれたとマッシー氏らは主張するものの、その力の正体については不明だという。
この力はダークマターを直接見えるようにするものではないが、謎に包まれたダークマターに光を投げかける。



2015_11_03


3年以内の大卒者離職、なお3人に1人 厚労省 (10月31日 日本経済新聞 電子版)
厚生労働省は30日、大卒で就職後3年以内に仕事を辞めた人の割合が、2012年3月の卒業者で32.3%
になったと発表した。前年の卒業者に比べると0.1ポイントの低下にとどまり、ほぼ横ばい。
3人に1人が3年以内に離職する傾向が続いている。
厚労省によると、12年卒の就職内定率は前年に比べ上昇した。しかし08年のリーマン・ショックの影響が残り、
採用の門戸が十分に広がらない中で不本意な就職をした人は大きく減らなかったとみられる。
離職率を業種別にみると、最も高かったのは宿泊・飲食サービス業で53.2%。生活関連サービス・娯楽業が
48.2%、教育・学習支援が47.6%とサービス関連の業種で離職率が高かった。
企業規模別では、従業員千人以上の企業では22.8%だったのに対し、30人未満だと5割を超えた。
同じ12年春の高校卒業者で3年以内に仕事を辞めた人は40.0%で、前年より0.4ポイント上昇した。
早期に離職すると正社員になることが難しくなる傾向もあり、厚労省は学生と企業の間のミスマッチの防止
などに力を入れる。青少年雇用促進法が今月施行されたことに伴い若者の採用に積極的な企業を認定する
制度を創設したほか、来年3月から企業に採用者数や労働時間に関する情報の開示を義務付ける予定だ。

ハロウィン1クリスマスやバレンタインデーは、楽しみ
たくても楽しめない人も大勢いるので、
同性のみんなで楽しめるハロウィンが
これほど盛りあがるようになったのも、
理解できるような気がします。
でも今は、若者にとって、「楽しい時代」
にはなっていないでしょう。
このような時代だからこそ、ハロウィンが
若者のあいだで、盛りあがるように
なったのかもしれません。今も昔も、
仕事をすぐに辞める人はいました
(わたしもその一人なのですが😓)。
違うのはここからです。

ハロウィン2昔は、非正規なんてほとんどなかったので、
次の就職先を探せばよかったのです。
ところが、今は、仕事をすぐに辞めて、
次に正規で条件よいの仕事を探すのは
なかなか大変です。
はじめの就職につまずくと、その後も、
いい職につくことができないという連鎖
反応が起きることになります。よって、
「無理しても仕事を辞めてはいけない」と
いうことになってしまうのですが、これが
ブラック企業を生む原因になっています。
さて今年のブラック企業大賞の栄冠?は・・・


恐れられる賞になってきた「ブラック企業大賞」ノミネート発表 (10月29日 東スポWeb)
今年で4回目を迎える「ブラック企業大賞2015」のノミネート企業が27日、発表された。ブラック企業
とは長時間労働やセクハラ・パワハラなど労働環境に問題のある会社や組織のこと。今回は6社が選ばれた。
1社目は「株式会社セブン―イレブン・ジャパン」。最大手コンビニチェーンだ。販売期限が近い弁当を値下げ
して売る「見切り販売」をめぐって、フランチャイズ加盟店主と裁判沙汰になっていた。また、アルバイトに
正社員並みの仕事と責任を過剰に求める「ブラックバイト」の代表として選ばれている。
福井県にある消防用設備を取り扱う「暁産業株式会社」では、未成年の男性社員が上司からのパワハラで自殺。
中小企業の代表的事例としてノミネートされた。靴でおなじみの「株式会社エービーシー・マート」は今年7月、
残業させすぎたとして労働基準法違反の疑いで書類送検。
飲食店を運営する「株式会社フジオフードシステム」も長時間労働や残業代不払いで関係者が書類送検されて
いる。明光義塾を運営する「株式会社明光ネットワークジャパン」は賃金未払いで全国各地の労働基準監督署
から是正勧告を受けた。個別指導塾では賃金が払われないブラックバイトが問題となっている。
ネットで恫喝動画が話題になった「株式会社引越社関東」もノミネート。「アリさんマークの引越社」として有名だ。
懲戒解雇にした社員の「罪状ペーパー」を作成し、社内に張り出していた。
この賞はあくまでブラック企業がなくなることを願ってのもの。過去にノミネートされた企業に変化はあったのか。
同大賞実行委員会の佐々木亮弁護士は「すき家(株式会社ゼンショー)は第三者委員会を作って改善に向けて
動いています。『たかの友梨ビューティクリニック』もいい方向に進んでいると聞いています」と話す。
ブラック企業といえば13年大賞の「ワタミフードサービス株式会社」が有名になった。ブラック企業批判を浴びた
せいなのか、店舗の閉鎖など景気の悪い話も多い。ノミネートされたら不買運動が起きかねず、影響力は大きい。
同大賞はウェブ投票が可能で、結果は11月29日に発表される。かなり恐れられる賞になってきた。



2015_11_01


10  « 2015_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

不思議の国では、
時間は動かないんです。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top