ロジカルシンキングをする時に用いられる「ゼロベース思考」の強みと弱み
ゼロベース思考とは?  (2014年4月14日 U-NOTE
ゼロベース思考とは、ある物事について考えるときに既成概念や常識といった先入観を取り払って
フラットな状態から思考を開始する方法です。一般的な思考では、常に常識や既成概念、
先入観といったものが先に立ってしまいます。それらが有効になる場合もありますが、往々にして自由な
発想を阻害してしまい、論理的な思考の妨げになってしまいます。ゼロベース思考とは、余計な要素に
左右されないフラットな思考のための技術であり、公平・公正な思考をするために最適の技術です。
ゼロベース思考のメリット
ゼロベース思考を用いる最大のメリットは、物事をありのままに捉え、本質的な問題を発見することが
できる点です。過去の経験や常識をもとに思考を行う場合、その経験が今では役に立たないものに
なってしまっている可能性もありますし、常識そのものが誤ったものである可能性もあります。
ロジカルシンキングの基礎である論理的思考とは、事実を積み重ねていくことで結論を導き出す技術。
思考に採用した事実の中に間違ったものや誤解が存在する場合、その結論は誤ったものになって
しまいます。しかし、ゼロベース思考を用いることで思考の出発点における誤りを排除し、
余計な要素や情報に左右されない正確な論理を構成していくことができるのです。
ゼロベース思考を用いることで、どのような場合でも常に一定の条件でロジカルシンキングを行うことが
可能になります。前提条件を整えることで本質的な問題を捉えることが可能になり、
どのような状況にも当てはまる客観的で公平な結論を導き出すことができるでしょう。
ゼロベース思考の欠点
ゼロベース思考とは、前提条件に左右されない結論を導き出すための技術です。その結論は一般的な
事象に当てはまるものですが、前提条件が重要な意味を持つ場面においては、ゼロベース思考は
役に立ちません。国が異なれば文化も風習も異なるのは当然のことであり、動かしがたい事実です。
特定の問題を国際的なケースで考える場合、国よる前提条件の違いを排除してゼロベース思考を
実践したとしても、その結論はどの国にも当てはまらない無意味なものになってしまいます。
ゼロベース思考は本質的な問題を捉えるのに適した技術ですが、現実には前提条件を無視して
行動することは不可能です。ゼロベース思考はあくまでも論理的思考のための技術であり、
結論を現実に応用するためには、改めて前提となる要素を再検討する必要があるでしょう。


0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる
(2015/02/14)
スティーヴン・レヴィット、スティーヴン・ダブナー 他

商品詳細を見る


ゼロベースとはいっても、思考においてすべてをゼロにすることはできないので、何をゼロベースで
見直すかが大切なことになります。結局のところ、試行錯誤でやってみるしかないのですが、
ベースとする現行の前提条件が正しいもしくは都合のよいものなのでしたら、見直す必要はありません。
見直さないといけないのは、何かおかしな方向へ進んでしまったものについてです。わたしの提案は、
因果関係にとらわれない発想です。
科学だけでなく占星術でもそうですが、人間がかかわっていることで、簡単な因果関係で説明できることなど
それほど多くはありません。わたしたちが住んでいる世界は、相互に関連する複数の要因が合わさって
全体としてなんらかの性質を持つ世界であり、個々の要因からはその性質を明らかにできないのです。
現在の科学は、単純系にて説明できる事象を探しすぎていると感じられるのです。
たとえ因果関係で説明できる事象を見つけたとしても、「それが分かって何かいいことある?」
と聞きたくなるようなことで溢れています。占星術の場合は、「そんなこと、本当にいえる?」です。

科学においては、最近いい傾向がでてきています。それは、ビッグデータです。
ビッグデータが従来の科学と根本的に異なっているのは、はじめに因果関係を想定していないことです。
勿論、こうなるかもしれないなという思いはあるでしょうが、それによってバイアスをかけてしまうと事実が
歪められてしまいます。また、結果を安易に因果関係として結論づけようとしないところも新しい傾向です。
データにより得られるのは、確率で示される相関関係です。
因果関係と相関関係は違います。
相関関係があるからといって、安易に因果関係に関連づけるべきではありません。

それ以外にも、因果関係にこだわない考えかたが存在します。それが「陰陽論」です。
陰陽論は0ベースというより”ゼロサム・循環”思考です。
世界を動かしている大きな要素は、因果関係よりむしろ循環です。これまで陰陽論についていくつか
記事を書いてきましたが、陰陽的視点からみれば「鶏が先か卵が先か」を議論しても意味がありません。
それは見方によって変わるものであり、どの視点に立って物事をみるかや、どのような主張をしたいのか
によって変化してしまいます。陰陽的には、この世の出来事は循環しているだけです。
因果関係があるように見える事象の多くも実は大きな循環の一部なのです(周期が長い)。
真に因果関係に属するものが全くないのかといえばそうでもないでしょうが、安易に因果関係を求めないことで、
真の因果関係が明らかになる可能性もあります。これは、最終的には宗教の世界のお話なのかもしれません。
陰陽論は0思考だといいましたが、単に「無」というわけではなく、ひとつ重要なファクターがあります。
それは、右回りなのか、左回りなのかということです(善循環・悪循環というものもありますが・・・)。
ゼロサムでも、スピンは存在するのです。
ゼロサムゲームである宇宙も、ゼロからスタートしたのでしょう。


デブリ円盤
『ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しきブルー「デブリ円盤」
私たちの太陽系でも同じ光景が繰り広げられていたかもと研究者』 2014年11月14日 ロケットニュース24

前記事からの物理の問題の続きです。
例えば、天体2(3も同じ)に働く遠心力をx軸成分とy軸成分に分けることを考えてみると、
下の図のように各成分のベクトルを実際に書いてみて、もとのベクトルの大きさを三角形の斜辺の長さで
割って、各成分の辺の長さをかけると、各成分の大きさが求められます。
同様にして、万有引力と遠心力のつり合いをx軸成分とy軸成分に分解して示すと、①~③の式になります。
物体にはたらく重力の合力の作用点を重心といいます。天体の場合、重力ではないのですが、
地球上にこのようなおもりが、地面と平行な面上にあると考えることにします。
物体を重心で支えれば力がつりあうだけでなく、回転しないのは当然なのですが、
これでは答えにはならないので、重心の位置をGとすると、下の図の④の式が成り立ちます。
この問題のy軸成分においては、④より、Gy=(Mb-2mc)/(M+2m)となります。
②、③より、Mb=2mc・・・⑤ですので、Gy=0です。Gx=0は自明なので、GはOと一致します。
問題(d)はどのようにすれば解けるのか悩んでしまいますが、①の式から導けると考えるしかありません。
⑤より、M=2mc/b、②より、ω2=2G(b+c)m/bL3、これらを①に代入し、
両辺をGmで割った後、両辺にある2ac/bL3を消去すると、2a/L3=1/4a2となります。
よって、L=2a。確かに、これは正三角形です。
これを①に代入すれば、ω2a=GM/8a2+Gm/4a2。これを計算すれば、問題(e)が求められます。

なお、問題と答え合わせは以下のサイトを参考にしております。
CHALLENGE from the VOID-数学・物理の大学- りるらる > 物理入試問題の研究 > 東工大2004年

東工大解答2


スポンサーサイト
2015_02_20


01  « 2015_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top