天王星と冥王星のスクエア… どうして大騒ぎ? Vol.1 (2014年12月15日 Tarot.com Japan
占星術家たちは、現在進行中の大規模な天王星と冥王星とのスクエアに大騒ぎしています。
このスクエアは連続したもので、最後に起こるのは2015年です。劇的な変化を示す惑星である天王星と、
変容の惑星である冥王星がつくる7回のスクエアは、個人に対しても世界のスケールでも見ても、
大きな変革の時期を告げています。では、細かく見てみましょう。
天王星と冥王星のスクエアとは?
スクエアとは、2つの惑星がつくる90度のアスペクトです。そしてこのアスペクトは衝突を…あるいは、
もっと耳障り良く言えば、非常に求められていた変化が起こるチャンスをもたらします。
革新的な天王星が変容を象徴する冥王星と、それぞれ牡羊座と山羊座に入ってスクエアになる時、
まず現れる影響としては、古い考え方ややり方が一掃されて改革への環境が整います。
そして最終的に、生まれ変わり新しい生き方を始めるのです。
天王星が冥王星とスクエアになる日付け:
・2012年6月24日 ・2012年9月19日 ・2013年5月20日 ・2013年11月1日
・2014年4月21日 ・2014年12月15日 ・2015年3月16日

これまでに天王星が冥王星とスクエアになったことはある? (Vol.2より)
あります。直近の天王星と冥王星のスクエアは、1932年と1934年の間、そう、世界が大変動に直面した
時期と重なります。世界大恐慌、原子爆弾の発明、そしてアドルフ・ヒトラーの台頭などが例に挙げられます。
天王星と冥王星のスクエアを迎える準備は?
良い知らせは、この記事を読んだことで、あなたはすでに準備ができているということ!
この数年における成功の鍵は、自分の不安に向き合い、たゆまず前進することなのです。
悪い習慣を捨て去り、いつものパータンから脱して、来るべき変化を受け入れましょう。
全ての始まりは、ひとりひとりの個人です。
あなた自身が考え方や物の見方を変えれば、この世の中もまた、良い方へと変わるでしょう。

2015キティちゃん2015年になりました。
繰り返し言っていることですが、
占いは、未来がこうなるだろうと
予想するものではありません。
なぜなら、わたしたちには自由意思があり
「道」を選択することができるからです。
しかし、わたしたちは人生においても
「道」の上を歩きます。
いくら望んでも「道」がなければ、
望む方向に進むことはできません。
確率的にみて可能性の低い「道」は
注目されませんが、それでも
選択可能な「道」は存在しています。
悪路を知っておくことは有効です。
なぜなら、それを意識的に避けようとすることができるからです。


革新的発想で既存体制を打破する力を持つ天王星と強制的な変化を促す冥王星がスクエア(克服しなければ
ならない障害がある)している状況においてどのような事態が想定されるでしょうか。個人の運命は、
天災、戦争、経済活動といった個人の力では変えられない大きな出来事によって、大きく左右されます。
2014年の後半に逆行していた天王星が今は牡羊座にあって、突然で予想外の出来事を象徴しています。
突然で予想外の出来事には、噴火、地震だけでなく、エボラ出血熱など恐ろしい感染症も含まれます。
これらは被害に遭う個人にとっては災難でしかないのですが、人類にとっては異なる意味合いを持ちます。
硬直した世界に新しい力を与える存在として、無くてはならないものなのです。
新年早々、おめでたくない話で申し訳ありませんが、最悪の「道」を考えてみましょう。
2012年から続いた天王星と冥王星のスクエアは2015年で終わりを迎えます。
その前に天王星と冥王星のスクエアがあったのは、1932~1934年でした。1929年に世界大恐慌が
あり、1933年にヒトラー政権が誕生します。では、天王星と冥王星のスクエアがあった1934年以降、
世界はどうなったかといいますと、1939年に第二次世界大戦がはじまることになるのです。
今となっては、ドイツ国民がなぜヒトラーを称賛したのか不思議に思われるかもしれませんが、ドイツは
世界恐慌の影響をまともに受けて、困窮を極めた国民は藁にもすがる気持ちでヒトラーに期待したのです。
貧困を極め、餓死者が出る状況で、平和の大切さをどれだけ訴えることができるでしょうか?
「戦争では死にたくないけど、餓死ならいい」とは思わないですよねぇ、普通の人間は。
経済の破綻は、戦争への道の入口です。今年以降、世界が大混乱に陥る要因は何でしょうか?
そのひとつは、昨年誕生したイスラム国です。
イスラム国への支持がどんどん拡がれば、国際社会に対する大きな脅威になるでしょう。
しかし、このような見方は、イスラム国が悪で、既存の社会が善であるという前提にたっているから
そうなるのです(イスラム国を支援しようと思っているわけではありませんので、念のため)。
「抜けられない貧困よりはイスラム国」と思う人が増えないという保証はどこにもありません。
イスラム国が中東の石油を押さえると世界が変わります。
そんなこと国際社会が許すはずがないと思われるかもしれませんが、
アメリカが動かなければ、イスラム国を倒す実力など国際社会にはありません。
中東から石油が来なくても困らなくなってきたアメリカが、石油が来なくなると経済が困窮する日本の
ために行動するのか?いや、そうなったら、日本はイスラム国から石油を買うのでしょうか?
アメリカは本気で、イスラム国を壊滅させようとしているのでしょうか。これが疑問なのです。
成長を促しているといえば言い過ぎでしょうが、アメリカはイスラム国の成長を黙認してきたといえます。
万が一、イスラム国がイラクを制覇すれば、すぐにイランとの戦闘状態になるでしょう。
ホルムズ海峡が閉鎖されたとき、日本の杞憂が現実のものになります。
「中東から石油が来なくなってもいいや」くらいの気持ちでないと、平和主義は貫けないのです。
一方、戦争に参加しても、日本に世界を動かす力などないことも理解しておかなければなりません。


天王星冥王星のスクエア


スポンサーサイト
2015_01_01


12  « 2015_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top