ブラックホールは全てをのみ込むわけではない=米研究
(2013年9月2日 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
米マサチューセッツ大学アマースト校の天体物理学者、Q・ダニエル・ワン氏は「物質がブラックホール
へ向けて流れる際、その99%以上ははじき出されることを発見した」と指摘する。
ワン氏は今回の研究チームを率いた人物だ。科学者たちはブラックホールの仕組みについての
数多くの理論は持っていたが、実際の観測に基づいた事実はほとんど持ち合わせていなかった。
ブラックホールの引力は、そこで生じた熱量を示すX線の放射量で測定することができる。
研究者が以前、ブラックホールのX線を調べた際、それは驚くほどかすかなものだった。これは
ブラックホールが放射線という形では大きなエネルギーを発生させていないことを示唆している。(中略)
天文学者は、ブラックホールに落ちていくガスはさらに高温になり、輝くはずであることがわかっていた。
このため、天の川銀河のブラックホール周辺が期待ほど輝いていないことに戸惑ってきた。
ワン氏のチームはこのほど、天の川銀河のブラックホールに向かって流れているガスの99%がはね返されて
いることを示して見せた。これは、ブラックホールからの放射線量がかすかなものであることを説明する。
今回の研究には携わっていないNASAの天体物理学者ジェレミー・シュニットマン氏によると、これまでの
理論は「ブラックホールに注いでいるガスのすべてが中に入っているわけではないのか、もしくは輝くこと
なしにのみ込まれているかのどちらか」だったが、後者の理論は「これではじかれたようだ」と述べた。
今回の研究による説明はこうだ。ブラックホールに引きずり込まれるガスや他の物質の量は引力の強さ
だけではなく、粒子の速度や方向にも関係がある。
ワン氏は「粒子は引力と戦いながら速いスピードで動いている」と話す。通常、粒子の方が勝つため、
大部分のガスはブラックホールには落ちないのだという。
(下に示したブラックホールのイメージ図及び写真はCNNに掲載されたもの)

ブラックホール1 もしあなたが、他人との関わりなしに
 自分自身を知ることができるのならば、
 あなたは星の影響を受けない。

 もしあなたに、
 気分の浮き沈みといった感情の起伏が全くないのなら、
 あなたにとって星の周期的な運動は意味を持たない。


ブラックホール2 もしあなたが、自分を特別視することなく、
 他人を見るのと同じように自分自身を観察することが
 できるのならば、地球だけが動かないホロスコープにより
 つくられるバースチャート(生まれた瞬間の天体配置図)
 とあなたは無関係だ。
 そうでなければ、
 あなたは星と何らかのつながりを持っている。


ブラックホール3 星があなたに及ぼす基本的な力は、
 引力とそれに対抗する力である。
 それはあなたは、
 好き嫌いという感情として認識することになる。
 宇宙に引力とそれに対抗する力があることを
 象徴的に示しているのが、
 ブラックホールである。




スポンサーサイト
2015_01_31


地球サイズの惑星公転、観測史上最古の恒星発見 国際チーム (1月28日 時事ドットコム)
【マイアミAFP=時事】地球サイズの惑星5個が公転している、観測史上最古の恒星を発見したとの
研究論文が、27日の天文学専門誌「アストロフィジカル・ジャーナル」に掲載された。
この結果は、惑星が宇宙の歴史を通して形成されてきたことを示唆しているという。
(写真はケプラー宇宙望遠鏡のイメージ図)
国際天文学者チームが発表した論文によると、この恒星系は、天の川銀河(銀河系)が誕生して
間もない頃に形成されたとみられ、その年齢は112億年と考えられるという。
この恒星は、2009年に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡を用いて
発見されたことにちなんで「ケプラー444」と命名された。
ケプラー444を公転している5個の惑星は、地球よりやや小型で、水星から金星ほどの大きさだという。
これらの惑星は、太陽に似た主星を10日未満の周期で公転しており、公転半径は太陽と地球の距離の
10分の1より小さい。このため、これらの惑星は高温すぎて生命の存在には適さない。
だが、天文学者らを驚かせたのは、恒星の年齢そのものだ。
地球から117光年の距離にあるケプラー444は、約45億年前に形成された太陽系より約2・5倍古い。
遠くにある惑星の年齢は「星震学」と呼ばれる天文学の手法を用いて測定できる。
星震学では、恒星内部に閉じ込められた音波によって発生する主星の振動を観測する。
内部の音波は、主星の光度に弱い脈動を発生させる。この脈動を分析することで、星の直径、質量、
年齢などが算出できる。論文の共同執筆者の一人、米アイオワ州立大学のスティーブ・カワラー教授
(物理学・天文学)によると、ケプラー444は非常に明るい星で、双眼鏡で簡単に見ることができるという。
論文の主執筆者、英バーミンガム大学のティアゴ・カンパンテ氏は「地球サイズの惑星が、
宇宙138億年の歴史の大半を通して形成されてきたことが、今回の研究で分かった」と話す。
 「これは、銀河系内に古代生命が存在した可能性の余地を与えるかもしれない結果だ」(カンパンテ氏)
【翻訳編集AFPBBNews】

ケプラー宇宙望遠鏡


宇宙の一番星を探して 宇宙最初の星はいつどのように誕生したのか宇宙の一番星を探して 宇宙最初の星はいつどのように誕生したのか
(2011/11/30)
谷口 義明

商品詳細を見る


ケプラー444は112億年前にできたということなので、現在138億歳の宇宙がまだ若かりし26億歳
のときに誕生したということになります。この星には5つの惑星があるということですが、この惑星は
小さくてかつ恒星のすぐそばを回っているということですから、水素やヘリウムでできているとは考え
にくく、少なくとも炭素、おそらくは地球と同じようにケイ素などの酸化物でできているのでしょう。
惑星も恒星が誕生したときにできたとするならば、そのケイ素はどこからきたのでしょう。
小さな星では、水素が核融合してヘリウムができて終了です。太陽よりやや大きな星の場合、
水素を使い果たして星が死に近づくと、ヘリウムが核融合して中心核に炭素と酸素ができるものの、
それらはそのまま白色矮星になります。さらに大きな星では中心核にケイ素が生成されます。
さらに大きな星では中心核に鉄ができて超新星爆発が起こります。
よく言われているのが、この爆発によるチリで次の星ができるというものです。
太陽のように比較的新しい恒星の場合はそうなのかもしれませんが、ケプラー444のように
古い星の場合、周囲で起こった過去の恒星のチリではなく、宇宙の再電離を起こした超巨星が
宇宙全体にばらまいたチリで構成されているのではないでしょうか?

宇宙が1億歳の頃には星ができていたのではないかと考えられていますが、その頃の宇宙は
今の宇宙とは全く違う状態であったのかもしれません。
なぜなら、1億歳の頃の宇宙空間にあった水素は、原子(分子?)状態だったからです。
宇宙が10億歳の頃、それまで非電離状態であった水素は、何か(おそらく光)によって電離され、
宇宙がはじまった頃と同じように、再び陽子と電子になってしまいました。
現在、宇宙から地球に降りそそぐものは、水素原子や水素分子ではなく、陽子です。
宇宙の温度は下がり続けているのですから、電離状態から非電離状態になるほうが自然であり、
それが再び電離状態になるにはかなりの高エネルギー線が宇宙を満たしたということになります。
それを生み出したのは星だと思われますが、現在あるような星ですと、宇宙全体の水素を電離
するようなエネルギーを放出するとは考えにくいでしょう。そこで、想像力を働かせてみますと・・・

非電離状態の宇宙にあった星というのは、わたしたちが現在見ているような銀河のなかに無数の星が
あるような状態ではなく、どんどん成長して大きくなり続ける星だったのではないでしょうか?
成長が止まらず、いつまでも大きくなり続ける星です。
燃料(水素)が周囲から集まり続けている間は、星は成長を続けます。しかし、いつか周囲から燃料を
集めきれなくなると中心核でヘリウムが融合しはじめ、炭素や酸素ができ、さらにケイ素ができ、
さらには鉄ができて、それでも止まらず、もっと大きな原子もつくられたのではないでしょうか?
鉄より大きな原子ができると温度が急降下して、現在の星では考えられないほどの大爆発を起こして、
高エネルギー線を宇宙全体に放射します。そのエネルギー線は宇宙全体を覆うほどのものです。
そのエネルギーで水素は再び電離してしまったのです。宇宙が高密度であれば、陽子と電子は
再び衝突して、水素原子に戻ることになったでしょうが、当時は既に、希薄になっていたのです。
それらのチリは宇宙全体にばらまかれました。
そのように考えると、地球にウランがあるのも納得できるような気がします。
宇宙がとても穏やかであったなら、ウランのような重い原子はできなかったのではないでしょうか?
人類が取り扱うのが困難なくらい、ウラン235にはエネルギーがつまっているのですから。
ウラン235の半減期は約7臆年ですから、126(7×18)億年前にウラン235ができたとするならば、
ウラン235の量は今より約26万倍存在していたということになります(かなりの量です)。
再電離後にできたウランもあるのかもしれませんが・・・

しかし、これがフィクションではなく本当のことであるとすると・・・宇宙には・・・
とんでもなく大きなブラックホールがあるはずです!
そのブラックホールは、今ある最も大きな星によってできるであろうブラックホールと比較しても、
桁外れに大きく、質量も大きなものでなければなりません。もうひとつ言うと、
「再電離以降に、ヘリウムより大きな元素を含まない星はない」ことも必要条件になりそうです。


宇宙の再電離
すばる望遠鏡 > 観測成果 > 2012年 > 最遠方銀河で見る夜明け前の宇宙の姿



2015_01_29


星座作り(コンステレーション) ~内なる惑星 トマス・ムーア~
フィチーノの心理学において、病は、生を一つの神が支配し、想像力が一種類の意識によって
固定されてしまう一神教からもたらされることになっている。
このような一神教的支配は、鬱への傾向(土星)として、あるいは恒常的な関係性および性への固執(金星)、
あるいはかんしゃくや怒りによる日常生活のさまたげ(火星)などといったかたちで現れてくる。
ここでのフィッチーノのアドバイスは、二重のものとなっている。一つには反対の性質を持つ霊を呼び込んで
一つの傾向を中和するということ。そして同時に、一つのダイモーンを、徹底的に体験しつくことである。
フィッチーノ自身は、そのホロスコープの中で強調されている土星のダイモーンに悩まされていた。
フィッチーノは、自らの見解にしたがい、強い土星の力に対抗する実際的な予防をしつつ、
深く土星の重さの中へと分け入って行ったのだった。
最初の戦略は、補償だとか、自我による統制であるとか、防衛のようにも見える。
しかし、フィッチーノの意図は、ある一つの霊を主力においたままで、スピリットの多様性を保つこと、
静的で固定化された、偏狭な考えに陥らないことであった。(中略)
星座作り(コンステレーション)が補償と違うのは、その非直接性にある。
補償は自我の働きで、調和やバランスを獲得しようとする試みなのだ。その一方で
星座作りは多様性、複数性を持つ宇宙を個人の心の景観の中に作り出そうとする試みである。
一度でも鬱を体験したことがあるなら、ただ「笑ってみて」土星から解放されることなどできない
ということを知っているだろう。そんなやりかたでは鬱のよい面を引き出すことはできない。
星座作りの目的はほかの精神的(スピリチュアル)な意味での養生にある。
星座作りとは、人の意識の中に「満天の星空」を作ることだ。

満天の夜空
<出典> GOTRIP 「【最高】世界で最も美しい星空!?テカポ湖でみる満天の星空」

人質の拉致及び殺害により、連日、イスラム国の報道がされています。イスラム国は反米を掲げていて、
アメリカ・イギリス対イスラム国という図式のように思われますが、イスラム国は単に欧米諸国とだけ
対立しているわけではありません。イスラム国が本当に国としての体制を整えたときに戦うであろう
相手は、チェチェン共和国を抱えたロシアであり、新疆ウイグル自治区のある中国であるかもしれません。
イスラム国はことあるごとに十字軍という言葉を使って、イスラム教徒に異教徒(キリスト教徒)との戦いを
促しているようですが、いまや欧米は宗教を中心とした社会ではありません。
この対立は、宗教対非宗教、封建社会対近代社会ともいえます。
イスラム国の理想は、ヨーロッパでいえば、ルネサンス以前の中世に戻るような運動だとはいえない
でしょうか?つまり、宗教を中心とした封建的国家の樹立です。

ルネサンスとはどのような時期だったのでしょうか?
上の引用文は、『内なる惑星』(アメリカ・ユング派の著述家トマス・ムーアがイタリア・ルネサンス期の
哲学者フィチーノの著作を研究対象にして書いた本です)
に書かれている内容で、一神教を駆逐するというルネサンスの思想の影響を大きく受けています。
ルネサンスという言葉には良いイメージがありますが、神を絶対視し人間を罪深いものとするローマ教皇
の思想が支配していた封建的社会を「暗黒の時代」とし、その暗黒から人間を解放しようとした運動です。
ルネサンス期は文芸復興などという良いイメージとは程遠く、オカルトが大流行した時代なのです。
ルネサンスの中心地のイタリアでは絶えず戦争があり、魔術がスコラ学(キリスト教の教義に束縛
されているものの、比較的理性的な学問)にかわって学術の主流となったのです。
古代の文化を復興しようとする流れのなかで、中世キリスト教社会において抑圧されていた魔術によって
社会が支配された時代なのです。上の引用文に書かれている「ダイモーン」とは、
惑星に属する肉体を持たない人間のような存在であり、その階級に見合った魂を持った存在です。

魔術はとても非科学的なので、魔術の否定が科学であるように思われるかもしれせんが、実は、
魔術の発展形が科学なのです。
なぜなら、ルネサンス期に起こった思想、人間は欲するところにより一切を認識し万物に君臨しうる、
あるいは自然の主人にして支配者になりうるという想念が、中世における神と人間の関係を根本的に
改めさせたのです。つまり、神だけに許されていた奇蹟を人間も行使することが、魔術なのです。
「すべての時間・場所について同一の法則がはたらいているという仮定、自然法則の発見とそれを
検証する実験の制度化、伝統的権威への懐疑と観察・測定にもとづく客観的事実の尊重、
法則を数学的に定式化しようとする志向性、科学の進歩ために努力することへの称賛」
これら科学法は人間の神からの離脱を意味していて、イスラム原理主義者からすれば、
イスラム法に反しており、受け入れることのできないものでしょう。イスラムにおいて
立法者は神のみであり、人類は神の命令(すなわち法)に従って生きなければなりません。

科学よりも占星術を上位において意見するならば、科学は対象にできるものは徹底的に分析する一方、
対象にできないものは全く検討せず、無いものとして無視してよいとする傾向を持っています。
認識可能な分野だけを対象にして、理解が十分進んだといっているに過ぎないのです。
占星術から見れば科学も宗教のひとつであり、日本人のように信仰心のない民族は、「科学一神教」を
信仰している状態だといってもよいでしょう。これについて、上の引用文にあるフィッチーノの主張を
適用するならば、科学という一神教的支配は、土星による鬱への傾向として理解することが可能です。
もしくは、火星によるイライラへの傾向としても捉えることができます。数式化するならば、
「土星の暗い面+火星の暗い面=ストレス社会」です。

科学的な見方をする人からは、このような非科学的なことを言ってはいけないとお叱りを受けそうですが、
何を基準にしてものを考えるかによって評価はいくらでも変えることができます。
イスラム原理主義者は自爆テロをするかもしれませんが、自殺はしません。
どちらが正しいことをしているのかは誰にも判断できません。

もし核兵器により人類が滅亡したなら、「むかしむかし、科学という魔術で火遊びした結果、滅亡した人類
という愚かな生命体が銀河系に存在したのです」となるかもしれません。
少なくとも、イスラム国は人類を滅亡させることはないでしょう。
しかし、結局のところ、イスラム国は欧米に勝てません。
なぜなら、科学技術に秀でた国のほうが、軍事力で圧倒的に優位にたてるからです。
どのような科学技術も結局のところ、武力の増強に貢献しているに過ぎないという見方もできるのです。
いくらきれいごとを言っても、人類は、最終的には、武力で決着をつけるのです。少なくとも、
科学技術は人類を賢くしてはいないといってよいと思います。

この記事では、科学に対する疑問を呈しているであり、イスラム国を擁護しているのではありませんので、
あしからず。人質をとって脅すというやりかたは、どの宗教でも間違った行為でしょう。


ルネサンスの神秘思想 講談社学術文庫ルネサンスの神秘思想 講談社学術文庫
(2014/11/28)
伊藤博明

商品詳細を見る




2015_01_27


「稲盛哲学に見るデフレマインド」 (1月5日 あがたグローバルコンサルティング > お役立ち経営コラム)
総理も日銀総裁も「デフレマインドの払拭」を声高に訴えます。ことほどさように、近年はデフレマインドが諸悪
の根源のように言われますが、私はビジネスにおいては、デフレマインドは必須の思考方法だと思っています。
インフレマインドとデフレマインド
デフレマインドとは言っても、教科書的な定義があるわけではありません。デフレマインドを明確にするために、
その逆のインフレマインドから見ていきましょう。インフレマインドにも定まった定義があるわけではありませんが、
大よそ以下のように集約されると思います。「インフレでは貨幣価値に比べてモノの価値が上昇するから、
インフレマインドとは貨幣をいたずらに貯蓄することなく、できるだけ早めにモノを購入するのが有利」
と考える志向です。デフレマインドはこの反対ですから、「モノの価値は先に行くほど下がるのだから、
モノの購入はできるだけ遅い方がいい」という考え方になります。
前段の貨幣とモノの価値の関係を除き、モノを買うという行動様式だけに焦点を当てると、インフレマインドは
「早めにモノを購入すること」であり、デフレマインドとは「できるだけ遅くモノを購入すること」ということになります。
カネを保有しているだけでは経済成長に貢献しませんから、インフレマインドの方が経済成長に貢献することは
明らかであり、政策当局は「デフレマインドからの脱却」を切望するわけです。(中略)
大切なのは企業の外ではなく中
デフレマインドとインフレマインドの大きな違いは、モノを購入する動機に起因します。インフレマインドでは
買おうとするモノの値段が上がるかどうかがポイントですが、デフレマインドでは買おうとするモノが自分の会社
で今必要かどうかに注目します。つまり、購入動機の出発点がインフレマインドでは企業の外にあるのに対し、
デフレマインドでは企業の中にあります。モノの価格が上がるからという思惑で買うのではなく、
モノの価格がどうであれ、自分の会社にとって必要なモノを必要な量だけ買うのが稲盛哲学です。
デフレマインドはマクロの経済成長にはマイナスかもしれませんが、ミクロの企業経営では忘れてはならない思考だと、
私は思います。

WTI2015年1月
<出典> チャート広場

ガソリン2015年1月
<出典> e燃費

日銀は物価上昇率2%という政策目標を掲げていますが、2015年度の物価見通しを前年比1.0%に大きく
下方修正しました。その理由は、急激な原油安だと言われています。
黒田総裁は「需給ギャップや期待インフレに変化はない。心理の転換が着実に進んでいる」と言っていますが、
デフレマインド、その逆のインフレマインドとは一体どのようなものなのでしょう。
国民にとって、ガソリンや灯油の価格が低下することは嬉しいことです。
特に、地方では車に乗る人が多いし、寒冷地では灯油の価格高騰は生活を苦しくする要因のひとつです。
燃料高に苦しむ中小企業にとってもよいことでしょう。ガソリン価格が下がれば、車で遠出をする人も増える
でしょうから、新しい需要を生むことになるのではないでしょうか?
やはり、原油価格の下落は日本経済によい影響をもたらすものと思われます。

正直言って、インフレを目指す理由がよく分かりません。
不動産や住宅においては、先高感があると購入が促進されるという面があるのではないかと思いますが、
普通のモノについては、デフレになろうがインフレになろうが、国民は必要なものを必要なだけ買うでしょう。
いや、ガソリン価格が下がったことにより遠出する人が現れるように、デフレになれば消費は増えるでしょう
(ここでは、デフレの原因が消費の減退ではないものとしている)。
インフレになったら余計なものを買わない(買えない)ようになるのではないかと思います。つまり、
インフレになっても国民はインフレマインドにはならない
と思いますが、日銀はそのあたりをどのように考えているのでしょうか。
例えば、家電のようなものを考えると、今後高くなりそうだからといって急いで購入することにはなりません。
値段が上げればグレードを落としてより安いものを買うか、買うのを我慢するかです。
価格を下げれば売れるのが、経済の原理です。
企業の仕事は、今まで高くて庶民が手を出せなかったものを安価に提供することであり、
顧客が望まないような機能をつけて値段を上げることではありません。電子レンジのボタン多すぎます!
「高級戦略」という言葉が出てくると、「終わったなこの会社も」といった感じです。
このようなことからすると、ホリエモンの宇宙旅行の話は意外にまっとうな考えで、
宇宙旅行が10億円なら行く人は限られますが、1000万円なら行きたい人もかなりいるでしょう。
わたしは乗り物にすぐ酔うので、タダでも行きたくありませんが・・・

価格を下げることは企業の使命のような話をしましたが、いくら価格を下げることが重要だとはいっても、
粗悪なものをつくって安く売る戦略は問題です。安けりゃ何でもいいのではありません。
はじめはうまくいっても、何か顧客の信頼を失うトラブルが発生して、商品が売れなくなります。
最悪なのは、安全を損ねるものです。典型的な例が「格安バス」です。
いくら安いのがいいといっても、過重労働で朦朧としている運転手のバスには乗りたくありません。
消費者も、適正な価格を払わないものにはリスクがあることを認識すべきでしょう。

消費マインドの話に戻りますと、国民が消費したくならない理由は、「先行き不安」です。
不安の最大の要因は、年金です。
誰だって、年をとって「食べるのに困る」ことにはなりたくありません。
一体、国民の何%が「政府の言うことを信じている」のでしょうか?年金の現行制度の根本的欠陥は、
今働いている人の支払いを原資にして、リタイアした人に年金を支給していることです。
人口の減少に伴い、労働人口は減少し続けて、高齢者の人口は増加し続けます。
年金が破綻するとは思いません。基金が破綻しないように、支給開始年齢をさらに上げて、
給付額を大幅に削減するでしょう。さらに、国の借金が多すぎることも不安要素です。
国家財政が破たんすれば、増税と年金の大幅な減額は避けられません。超不景気になります。
普通の考えかたであれば、このように想定するものです。なす術(すべ)なしです。
日本の現状を打破するためには、ホリエモンのような「ぶっ飛んだ」人が必要なのかもしれません。


我が闘争 (幻冬舎単行本)我が闘争 (幻冬舎単行本)
(2015/01/13)
堀江貴文

商品詳細を見る



2015_01_25


地球温暖化は止まったのか (1月16日 日経ビジネスONLINE)
東京大学大気海洋研究所・渡部雅浩准教授にハイエイタス現象を聞く
一昨年ぐらいから話題になっているのですが、温室効果ガスの濃度は上がり続けているのに、
気温上昇率は21世紀に入ってから10年当たり0.03℃とほぼ横ばいの状態になっています。
ハイエイタス(地球全体の気温上昇の停滞状態)と呼ばれている現象です。
下のグラフのように、気候モデルによるシミュレーションでは1960年から2030年まで一貫して気温は
上昇すると予測しています。しかし、2000年ごろまでは実際に観測される気温の長期変化をよく再現
していましたが、最近10年ほどは温暖化傾向を過大に再現してしまっています。
それ以前の10年間に比べて88%も誤差が大きくなっているのです。
ハイエイタスの原因には、「太陽活動が不活発な周期に当たっている」「成層圏で水蒸気が減っている」
など諸説あります。しかし、いずれも現象のすべてを説明できるものではなく、主因とは考えられません。
地球全体のエネルギー収支のデータを見ると、正味では入ってくるエネルギーの方が多く、2000年以降
も地球が温められています。したがって、外因と内因に分ければ、内因に変化があると考えられます。
そこで私たちが注目したのは、海の深層部分の熱吸収が活発になっているのではないか、ということです。
(中略)深層が温まるという現象は、10~20年周期で起こる太平洋の海面水温の自然変動
(PDO:太平洋十年規模変動)と連動しています。言い換えれば、熱帯地域の水温が低く、
日本などの中緯度地域が高くなっている時期にハイエイタスが起こっています。
このことから、少なくとも部分的には自然変動であると推定できます。
私たちは10年先の近未来の気候予測がどれだけできるのかを研究しています。通常、気候モデルは
直近の観測値を与えず、19世紀から現在まで連続して計算を行うのですが、今回はハイエイタスを
反映させるために最近の海洋の観測値をあらかじめモデルに与えておいて計算してみました。
その結果、あっという間に気温は元の上昇トレンドに戻ってしまいました。ハイエイタスが終わり、
海が熱を吸収しなくなって、再び気温上昇が始まったと読み取れます。ただ、世界で10以上のグループ
が近未来予測をしていますが、いずれも元の上昇トレンドに戻るものの、その時期はばらばらです。
ハイエイタスが終わる時期がいつかまでは予測できないのが現状です。

全球地表温度

ネットで検索すると、地球温暖化はウソなのではないかとする意見が多く登場しますが、本当のところ
どうなのでしょうか。「人為的な二酸化炭素の排出により地球は温暖化していて、それが地球環境に甚大な
影響を及ぼす」という主張が絶対正しいとは言えない以上、反対意見にはつねに耳を傾ける必要があります。
まず、「地球は温暖化しているか」ということですが、ここ100年間くらいで見れば地球が温暖化している
ことは確かです。しかし、これは地球の温度サイクルの範囲内だとする意見もないわけではありません。
また、太陽活動に関係したものだという意見もあります。ただ、今のところ決定的な説明はありません。
また、ここ100年間くらい、大気中の二酸化炭素の濃度が上昇していることも間違いありません。
では、地球が温暖化すると、わたしたちはどのような不利益を受けるのでしょうか?IPCCによる評価結果
などを参考にすると、気候変動により、地域によっては全く雨が降らなくなったり水害が多発したりする
ことが指摘されています。また海面上昇によって、水没する地域がでる可能性もあるとされています。
しかし、これらはあくまでも予測ですので、本当のところは起きてみないと分かりません。
「可能性があるというだけで対策に莫大な費用を投じる必要はない」という意見もあれば、
「起こってからでは遅い。今すぐ抜本的な対策を」という意見もあって、人によって意見はバラバラです。
ここでは、基礎講座?としまして、二酸化炭素について考えてみたいと思います。
100年くらい前に300ppmだった二酸化炭素の濃度は400ppmを越えようとしています。
ppmは「百万分の一」ということですから、400ppm=0.04%です。大気(乾燥空気)の組成は
窒素78%、酸素21%で、残りのほとんどはアルゴンです。このわずかな二酸化炭素がそれほど
大きな影響を及ぼすのかと疑問に思う一方、このわずかな二酸化炭素で植物が光合成を行っている
ことを考えると、二酸化炭素は希薄でも非常に重要であるようにも思えます。
さて、濃度を%もしくはppmで表記しましたが、この単位はちょっと不明確です。0.04%(400ppm)
では、空気1kgのなかに二酸化炭素が0.4gあるともいえるし、空気1Lのなかに二酸化炭素が0.4ml
あるともいえそうです。しかし実際は、ガスの場合、%は体積%のことです。そういう規則があるのか
どうかは知りませんが、実際そうなっています。一方、水に溶解している物質の含有率、例えば水道水中
の総トリハロメタンの濃度を0.1ppmと表記をする場合がありますが、この場合は、水1Lに0.1mg
のトリハロメタンがあるという意味で使っていることが多く、正確には0.1mg/Lということです。
このようにppmは誤解されやすい単位なので、できるだけ使わないほうがいいのです。
しかし、ガスの場合は、(体積)ppmが最適です(理由は後述)。
※L(リットル)は本来lなのですが、1とlは似すぎているため、lではなくLと表記しています。
ここで問題です。二酸化炭素400ppm(体積比であることを示すためにppmvと表記することもあります)
は、何g/mなのでしょうか?
ここで必要になるのが、PV=nRT(R=0.082 L  atm/K /mol)です。
1Lの空気中には0.4mlの二酸化炭素がありますので、V=4✕10-4(L)です。Pを1気圧とし、
0℃つまりはT=273.15(K)のとき、n=1.786✕10-5(mol)です。二酸化炭素の
分子量は44ですから、モル数✕分子量で質量(g)になります。1mは1000Lなのでこの質量を
1000倍すると0.786g/mとなります。ちなみに10℃のときは0.758g/mとなります。
20℃なら0.732g/mです。つまり温度によって変化するので、温度を併記しておく必要があるのです。
一方、ppmの場合、温度が上がって体積が増えても基準となる空気の体積も同じ割合で増加しますから、
温度の影響はありません。という理由で、ガス濃度はppmで表記するほうが便利なのです。

話をもとに戻しまして上の引用文の話を考えますと、ここ10年間、二酸化炭素の濃度は上昇し続けて
いるのに地球全体の温度は上昇していないことから、二酸化炭素濃度の上昇は想定されていたほどには
気温の上昇に寄与しないのかもしれません。地球温暖化対策には莫大なコストがかかることから、
自然科学的な見地からだけではなく、今の時点では保険としてここまではしておこうといった判断を
随時行っていく必要があります。「正しく怖がる」ためには、変化への対応力が必要なのです。
かつてダイオキシンは猛毒だと言われていましたが、これまでダイオキシンでの大きな被害は
報告されていません。ダイオキシンでガンになったという話も聞きません。
つまり、ダイオキシンが毒かといえば、確かに有毒ではありますが、
ダイオキシンの毒は想定ほどではなかったのです。
地球温暖化に関していえば、このまま二酸化炭素を排出し続けても危機的な状況が起きない可能性がある
一方、危機的な状況になって二酸化炭素排出量の大幅削減が避けられない事態になるかもしれません。
現状から考えると、地球温暖化の原因が人為的な二酸化炭素の排出であることは間違いないものの、
二酸化炭素は想定したほど地球温暖化に寄与しない
可能性もあると思います。


CO2濃度気象庁

地球温暖化はどれくらい「怖い」か? ~温暖化リスクの全体像を探る地球温暖化はどれくらい「怖い」か? ~温暖化リスクの全体像を探る
(2012/04/20)
江守 正多、気候シナリオ「実感」プロジェクト影響未来像班 他

商品詳細を見る




2015_01_23


全349社、すべて実名! 10年後「大きくなっている会社」「小さくなっている会社」 トヨタ 三菱商事 みずほ銀行
野村證券 日本生命 朝日新聞ほか 働く人も、株をやる人も、就活生も必読
( 1月15日 現代ビジネス )
「多くの日本人経営者は、未来を予測するのは不可能だと訳知り顔で語り、目先のことばかりに執着した
経営を行っています。しかし、先を見通せないというのは言い訳でしかない。世界のトップ企業では、
経営陣が生き残りのために必死で未来のシナリオ分析に力を注いでいるのが実情です。これからは
あらゆる業界が劇的な変化に襲われる。いますぐにでも先に向けて一歩を踏み出さなければ、多くの日本
企業が小さく萎んでいく悪夢の道を辿っていきます。名の知れた巨大企業でさえ、漫然と時を過ごしていては、
10年後に生き残っていることはできないでしょう」 (百年コンサルティング代表の鈴木貴博氏)
そんな過激な時代はもう幕開けしている。(中略)
一体これから何が起きるのか、生き残れる会社はどこなのか。本誌は経済・企業に精通するプロ8人に
これから10年間の業界予測を行ってもらった。同時に、日本の有力企業349社の中から、
「10年後に大きくなっていると思う会社」「現状維持はできているだろうと思う会社」を選び、
それぞれに◎、○をつけてもらった。言い換えれば、無印は「10年後に小さくなっている会社」ともいえる
※結果をまとめたのが下の表。16点が満点。       「週刊現代」2015年1月3日・10日号より

企業予測1
企業予測2

上の表はあくまでも予測ですから当たるとは限りません。というより、予測なんて当たるはずがありません。
しかし、この表を見ていると、これから起きることをある程度、予見することができます。
8点が中間になりますが、8点未満の企業ばかりです。ほとんどの企業が縮小再生産をすることになるのです。
どのような産業でもライフサイクルがあって、導入期、成長期、成熟期、衰退期がありますが、
産業によってそれぞれの期間の長さは様々です。成熟期の産業だからといってすぐに衰退期に入るわけではなく、
産業のなかで新分野が生まれることでまた成長期に戻ることもあり得えます。
しかし、国内の産業について考えてみますと、多くが衰退期に入ることは間違いないでしょう。
多くの業界において、生産や販売の効率が上昇している一方、需要は減少し続けることになりますので、
生き残れない企業が出てくることは避けられません。再編がどのように進むかですが、まず第一に、
規模の原理での淘汰が進むでしょう。
必ず大が小を食うわけではありませんが、生産設備や管理システムの導入などで多額のコストがかかる場合、
大手の専業メーカーしか対応できないことになります。つまり「規模の原理」が働く産業では、
規模を大きくするか、さもなければその分野からは撤退するかしかありません。
IT化が進むにつれて、「規模の原理」が働く分野は増えています。国際競争にさらされる産業は特にそうです。
DRAM業界では日本は完全に負けてしまいましたが、やるなら「早く、大きく」するべきでした。

次に大切なのは「分業」です。
国内で伸びている産業が少ない状況なので、過当競争になることは避けられません。そこで重要になるのは、
何で自社の競争優位を保つかです。その場合、「技術」なのか、「人材」なのか、「ブランド力」なのか、
いろいろあるとは思いますが、やはり価格競争力がなければ生き残れません。
そのためにもコストを下げる必要がありますが、何から何まで作っているとコストは上昇してしまいます。
これを売ると決めたら、それについては市場を独占するくらいのつもりでいかなければなりません。
いい例が、ユニ・チャームです。ユニ・チャームの紙おむつは、アジアでも圧倒的な強さを誇っています。
一方、電機産業では「何でも自前主義」が仇となって、デジタル化や水平分業化といった国際的な流れ
についていけませんでした。また、ハードではなくソフトに付加価値をつけることにもあまり成功していません。
手遅れになるまで既存のビジネスから撤退せず、これというものに先手を打つことができない状態が
解消される見込みもないことから、厳しい状態が続くものと思われます。
なぜ日本の企業は、「得意分野に特化して、後は他の会社に任せる」ことを嫌うのでしょうか?
はやり、電機産業の復活は厳しいと言わざるを得ません。そのなかでも頑張っているのが日立です。
三菱重工も10点以上になっていますが、社会インフラの分野は意外に将来が明るいのかもしれません。

10点を越える企業が非常に少ないので、個別に挙げてみたいと思います。
トヨタ13点に対して、日産は0点。コストカットは大切ですが、魅力のある車をつくらないとどうにもなりません。
電気自動車がコケたのはしかたないとしても、ハイブリッドに転換する速度が遅すぎました。
しかし、トヨタは安心ということでもありません。技術的な進歩が止まれば、国際競争力を失う可能性もあります。
意外と強いのが、素材メーカーと部品メーカーです。東レ、日本電産、村田製作所など技術力に定評のある
会社は強いといえますが、素材や部品では、会社が急成長するということはなさそうです。
素材産業の代表格である鉄鋼も意外に粘るかもしれません。技術進歩がないにもかかわらず、競争力を
失っていません。品質がいいものをつくり続けているからなのでしょう。
人材力という面では、三菱商事やリクルートでしょうか?ITの進展により、中間業者は必要なくなる
傾向にありますが、三菱商事やリクルートは別格です。この方面に詳しくないので、間違っているかも
しれませんが、企業と企業をつないだり、人と人をつないだりすることがすごくうまいのでしょう。
逆の見方をすれば、日本の企業は連携下手なのです。

最後に、日本ではアメリカのような新興企業が登場しそうにもありませんが、既存の企業が
新しいテクノロジーを武器に、全く別業種の企業に生まれ変わる可能性はあると思います。
ファナックを超えるようなロボットメーカーが日本に現れる日は来るでしょうか?
移民を受け入れる意思のない日本にとって、
救世主は「自己学習するロボット」だと思いますが・・・
ロボットの分野では、日本の企業がグーグルやアマゾンを負かしてほしいものです。


爆発前夜 ロボット社会のリアルな未来 (日経BPムック 日経ビジネス)爆発前夜 ロボット社会のリアルな未来 (日経BPムック 日経ビジネス)
(2014/12/16)
日経ビジネス

商品詳細を見る

2015_01_21


「スイスショック」から日本の投資家が学ぶべきこと (1月17日 BLOGOS)
2011年9月から3年間以上続けてきた、スイスフラン売り、ユーロ買い為替介入を行った結果、
スイスの外貨準備高はGDP(国内総生産)の7割を超える規模まで膨らんでしまい、
ユーロ建て資産がさらに拡大するリスクを無視できないレベルになったのです。このタイミング
での発表の理由として、欧州中央銀行(ECB)の理事会が来週に控えていることが考えられます。
ECBが量的緩和をはじめる発表をするという憶測があり、実際にそうなれば、スイス中銀はさらに市場介入
を継続せざると得ない状況に追い込まれる可能性があった。つまり、早めに撤退したということです。
スイスフランは他の通貨に比べ金利が低かったので、FX取引で「スイスフランを売り、他の通貨を買い」
というポジションを作ることで、金利差をスワップ金利という形で受け取ることができました。南アフリカランド円
やトルコリラ円と同じように、金利の安い通貨を売り、相対的に金利の高い通貨を買う取引です。
高金利通貨は、金利で稼いでも通貨が暴落すれば利益が飛んでしまいますが、スイスフランは自国通貨が
強くならないように「中央銀行が無制限に売って1ユーロ=1.20スイスフランを維持する」と約束していたので、
投資家は安心してスイスフランを売って、他の通貨を買っていたのです。
ハシゴ外しの唐突な発表を受けて、スイスフランは急騰。チャートを見ると、1.20の上限に張り付いていた
レートが、一時0.8近くまで急騰したことがわかります。ドル円で例えれば、1ドル=120円だったものが、
突然1ドル=80円になったようなイメージです。実際、FX業者によっては、スイスフラン/日本円が短期的に4割
近く変動したケースもあったようです。レバレッジをかけて、スイスを売りまくって他の通貨を買いまくっていた
人はどうなるのでしょうか。FXのレバレッジは、国内では25倍に規制されていますが、それでも4%動けば
証拠金が100%無くなる計算になります。そこに、短期間で40%の変動が来たらどうなるでしょうか?
25倍で40%動けば、1000%。つまり証拠金の10倍の損失が発生することになります。
FX取引は、通常証拠金の80%程度が無くなれば、強制的に取引を終了させるロスカット機能が付いています。
例えば、120円でレバレッジ25倍でドルを買えば、117円くらいまで円高になって損失が出ると、
業者が勝手にドル売りを行って、損失を証拠金の範囲内に収めるようにするのです。
ところが、120円で取引していたものが、突然80円になったらどうでしょうか?流動性が枯渇した状態では、
ロスカット取引ができません。結局、80円でロスカットのためにドルを売ることになれば、
証拠金の何十倍もの損失になり、その損は投資家に追加の証拠金という形で請求されます。
証拠金100万円で取引していたら、1000万円の追加請求が来たらどうなるでしょうか。
支払ができなければ、その損失はFX業者が被ることになります。かくして、英国のアルパリ、ニュージーランド
のエクセル・マーケッツ、アメリカのFXCMといったFX会社が、破綻や経営難に追い込まれています。
今回の教訓も「おかしなことはいずれ是正される」ということだと思います。中央銀行が人為的に
為替レートを維持しようとしても、市場原理には勝てないということです。
1992年にジョージソロスがポンド売りによって、イギリスをERM脱退に追い込んだのもイングランド銀行が
ポンドを人為的に維持していたことが原因です。歴史は繰り返したということです。
日本でも中央銀行である日銀が、国債市場で人為的に相場を動かしています。日銀の国債購入で
金利は低下し、10年債の金利は0.2%台と史上最低です。イングランド銀行、スイス中銀にできなかった
「マーケットをコントロールする」ことが、果たして日銀にはできるのでしょうか?
日本の投資家が今回の「スイスショック」から学ぶべきことは、まさにここにあるのではないかと思います。

スイスフラン円

リスクを取らないリスクリスクを取らないリスク
(2014/09/16)
堀古 英司

商品詳細を見る


これは驚くべき事態です。FXでスイスフランを売っていた人はどのくらいの損失を出したのでしょうか?
ただ、スイスフランを売っていた人は、日本ではそれほど多くはないでしょう(長期保有者の話です)。
なぜなら、日本においては、基本的にFXは、外貨を売るものではなく外貨を買うものだからです。
日本の金利はとても低いので、高い金利の外貨を持つことでスワップポイントが手に入る一方、
高い金利の外貨を売ることで常にスワップポイントを支払い続けないといけないので、
長期的に外貨のショートポジション(売りポジション)を持ち続けることは難しいのです
(スイスは金利が低いので、スイスフランのショートポジションは可能ですが)。
ニュージーランドの政策金利は3.5%ですが、日本では0.1%ですから3.4%の金利差があります。
為替変動という大きなリスクに晒されるお金で3.4%くらいの利益を得ても、
それほど意味のないことのように思われるかもしれませんが、そうではありません。
FXは外貨預金とは異なり多くの人がレバレッジをかけています。100万円を証拠金として預けて
レバレッジを20とすると、2000万円分の外貨を購入したことになります。
2000万円分のニュージーランドドルですと、3.4%の金利がつくとすれば年間で68万円になります。
これを証拠金から考えますと、実質金利が68%になっています!
しかし、金利差の一部をFX業者が利ざやとして差し引いていますので、これだけの利益を得られるわけでは
ありません。実際のところを計算してみますと(日々変動しているのであくまでも概算です)、外為オンライン
(1月14日以降分)では、1万ニュージーランドドルで1日80円となっていますので年間29200円です。
ニュージーランドドルの買いレートを91.75とする(先週末の大凡の価格)と、レバレッジが20では、
1万ニュージーランドドルを購入するのに必要な証拠金は45875円です。ということは、金利は約64%
ということになります。しかし、必ず儲かるのでしたら誰でもやります。
理論上は損も得もしないはずですから、為替レートで相殺されることになります。つまり、普通に考えれば
円高になるはずなのです。日本のように低い政策金利を続けていれば、金利の高い国の通貨に対して
円高になるのが当然なのです。スイスも政策金利が低いので、スイスフランは高くなるはずです。
しかし、日本と同様、自国通貨が強くなると、輸出品は売れないわ海外から観光客が来なくなるわで
国内産業が疲弊してしまうということで、スイス中央銀行は市場介入によりスイスフランが高くなりすぎない
ようにしていたのです。高くならないのなら、金利の低いスイスフランで資金を調達して、
金利の高い通貨を買っておけば儲かりますから、「リスクなしで儲かる」はずでした。

しかし、「おかしなことはいずれ是正される」もののようです。
しかも突然です。スイスフラン売りを継続できないと考えたスイス中央銀行は突然、自国通貨の上限設定を
撤廃してしまいました。これであわてたのがヘッジファンドです(実際は、あわてたというより、スイスフランが
急上昇すれば自動決済するシステムになっているのでしょうが)。しかしながら急激に変化しているときは、
売買が成立しません。FX業者については、責任は顧客にあるので損をしないシステムになっているのですが、
顧客の多額の損失を回収できない可能性があります。ただ、日本の場合は、そもそもスイスフランを売っていた
人はほとんどいなかったでしょうから、業者が大きな損失を被ることはないでしょう。
スイスフランを売っていた人がどのくらいの損失を被ったのかわかりませんが、最悪の場合を考えてみます。
10万スイスフランをレバレッジ20で、120円のときに買っていたとすると、証拠金は60万円。1円の変動は
10万円に相当しますから、125円程度で強制決済されるはずでした(ストップロスを置いていないとします)。
実際、取引量やFX業者の決済方法によっても変わってきますので、現実にいくらのときに決済されることに
なったのか知りませんが、運悪く、160円で10万スイスフランを買い戻すことになったとしますと、
400万円の損失です。証拠金を差し引いても、追証が340万円発生することになります。
FXではストップロスを置くと安全だと言われていますが、今回のような場合はそうとも言えないでしょう。

さて日本はどうでしょうか?民主党政権では1ドル80円を切るようなレベルでしたが、低金利を続けてきて
これらからもそうであろう国の通貨では、当然のあり様ともいえるのです。
ではなぜ、これだけ円安が進んだかといいますと、日銀が「円は紙くずになるかもしれないぞ」と脅す政策をとって
いるからです。これだけ円安になっても、日本の輸出が伸びているわけでもありませんし、経済が好調になって
もいません。よって、メインシナリオは、「アメリカ経済の堅調な展開が続いて円安が進むだろう」です。
しかし、リスクオン時には、円高になるかもしれません。そのときは、あっという間に円が急騰するでしょう。
スイスフランと同じことが起きたときのことを想定をしておくことは無駄なことではありません。
想定していないリスクには対応できませんから・・・

最後に言っておきますと、FXをしていない人には関係ない話に聞こえるかもしれませんが、
円で貯金していることは、円が紙くずになったときには損失を被るというリスクをとっていることになります。
現実にはリスクをとらないという選択肢はないのです。


リスクマネジメント
<出典> リスク対策.com シリーズ > みならい君のBCMS構築物語 > 第3回 リスクアセスメントの実施プロセス




2015_01_19


史上初の冥王星観測開始へ 無人探査機、9年かけ近づく(1月16日 朝日新聞デジタル)
探査機ニューホライズンズと冥王星の想像図
=NASA提供
冥王星想像図米航空宇宙局(NASA)は15日、2006年に打ち上げた
無人探査機「ニューホライズンズ」が冥王星に近づき、
史上初の探査機による観測を始めると発表した。
今年7月中旬には約9600キロまで接近し、なぞが多い大気
の組成や地形などを詳しく調べる。探査機の管制を担当する
ジョンズ・ホプキンス大応用物理研究所によると、
探査機は15日現在、地球から約48億キロ離れ、
冥王星まで約2億キロの位置を秒速15キロで移動中。
25日から冥王星の撮影などを始めるが、本格的な観測は
距離が近づく今春以降になる。探査機は省エネのため
休眠状態を繰り返し、9年がかりで到達した。
冥王星は過去に探査機で調べられたことがなく、
実態がよくわかっていない。太陽系の9番目の惑星とされてきたが、06年に国際天文学連合による
定義の見直しで準惑星に区分された。今回は冥王星の衛星カロンも調べるほか、多数の小天体が集まる
「エッジワース・カイパーベルト」の探査も行う予定。望遠鏡による観測では得られない、
太陽系の形成過程の解明などに役立つデータ収集も期待される。
探査機には、1930年に冥王星を発見した米国の天文学者トンボーの遺灰が積まれているという。

数学問題
<出典> 大学入試数学の問題 (解答もついています。本記事と解き方が違います。)

占星術ではネガティブにとらえられることの多い冥王星ですが、破壊的パワーで敵を粉砕する力を持っている
とも考えられています。しかし、占星術の解釈はそれほど確定的なものではなく、現実と同様、謎に満ちています。
冥王星は硬い地面を持っているといわれていますが、表面は氷で覆われているのでしょうか?
冥王星は非常に遠いうえ、月より小さく、地球から冥王星の表面を観察することはできないので、
今春からの「ニューホライズンズ」の撮影結果が楽しみです。今春を明るく迎えていただくため?、
数学できっとよく出題されるであろうベクトルについて考えてみました。

ロッテとロッテリア
ロッテリア ニュースリリース

ベクトルにおいては、「内分点・外分点の座標 」 「3点が一直線上にある条件」 「重心・内心の位置ベクトル」
「内積」の4つを理解していれば多くの問題が解けるのではないでしょうか?
ベクトルの問題を解く場合には、これらの公式を思い出しておく必要があります。線分ABを1:2に内分する点Cの場合、
c(太文字にしたものはベクトルです。以下同様)は、(2/3)a+(1/3)bです。これを逆にすると答えを間違えます。
公式をしっかり理解していれば、ベクトルの場合、図形の問題を解くときのようにひらめく必要はありません。
そもそも、複雑な図形を考えなくてもよい手段としてベクトルがあるのです。
この問題も、図形として解くことも可能ですが、ベクトルとして解いたほうが確実だと思われます。
一言でいえば、素直に解いていくことが肝要です。PQとは、qpです。Qは辺BCの内分点なので、qbc
表記できます。Pは原点とAの内分点なので、paで表記できます。これではじめの問題は解けます。
次に、Rは線分PQの中点なので、(1/2)p+(1/2)qです。はじめの問題でpqa,b,cで表記しましたので、
ra,b,cで示すことができます。直線AR上の点Sは、m+n=1としたとき、ma+nrと表すことができますから、
これをa,b,cで示します。これが△OBCを含む平面上にあるということはaの係数が0ということですから、
mとnの関係式ができます。これとm+n=1の連立方程式を解けばいいのです。
この問題の場合、mは負になりますので、Sは線分AR上にはなく、R側に外挿した直線上にあることになります。
位置関係がつかめれば簡単に解くことができます。
最後の問題をベクトルで考えようとする場合は、別の知識が必要です。ここで重要になるのは、
OABCが正四面体であることです。正四面体は、a=(1,1,0)、b=(1,0,1)、c=(0,1,1)と置くことができます
abcの座標は入れ替えてもいい)。特に1にこだわる必要もなく、この問題では分数がでてこないように、
a=(8,8,0)、b=(8,0,8)、c=(0,8,8)としておけばいいのです。
qb,cで表記されていますから、qの座標は定まります。あとは内積の公式を思い出すだけです。

ちなみに、最初の問題でも座標を定めて解くことは可能ですが、座標を定めると計算が複雑になる
(3つの連立方程式になります)ことが多いので、注意が必要です。
とにかく時間との勝負ですから、最も簡単な方法を採用しなければなりません。
ベクトルの場合、分数を含む面倒な計算になり、計算間違いによる不正解が多いものと思われます。
計算間違いをしない自信のある人は標準的な解き方でもいいのかもしれませんが、計算が得意でない人は、
できるだけ問題を簡単にして解く工夫も求められます。また、計算の過程をきれいに書くことも大切です。
あとから見直して、計算間違いに気づくことができるかもしれないからです(計算の過程を書くのに、
余計な時間がかかってはいけませんが)。図をきれいに書いておくことも有効です。図を適切に書くことが
できれば、計算を間違えたときに、「この結果はおかしいぞ」と気づくことができるからです。
単純なことでいうと、はじめのPをOA上に描くときPを少しAに近く描いておけば、pが(1/2) aより大きい
ことは明白です。ここで仮にp=(3/7) aとしたとすれば、すぐに間違っていることが分かります。
第二問目においても、きれいに図を描いていれば、下の図においてS位置はRより手前にあることが分かります。
つまり、下の図のようにm、nを置いたとき、mが負でnが1より大きくなることは予想できます。
そうならなかったら、計算が間違っているのです。計算を間違わないことも
大切ですが、計算間違いに早く気づくことも大切です。

以上、とてもつたない数学講座でした(ミスっていたらごめんさい)。

数学解答


2015_01_17


設問別分析 (河合塾ケイネット > 学習対策 > センター試験対策 > センター試験 英語(筆記) )
第1問 AとBの2部構成で、Aは発音問題3問、Bはアクセント問題4問。AとBの合計の問題数は昨年と同じく7問で、
難易度も昨年並み。Aではonion、oven、label、loose、Bではparade、categoryなどのカタカナ語が多く出題されている。
第2問 Aの文法・語法問題は、問題数は10問で変化がないが、問8~問10の3問は文中の2つの空所に入れるのに適切な語の
組合せを選ばせる問題になった。Bの対話文完成問題は、発話数が昨年の4から今年は5と6に増えたが、選択肢が昨年より短くなった。
Cの語句整序問題は、空所の数が昨年度の5つから6つに増えて、2011年度と同じ形式に戻った。難易度はA、B、Cとも昨年並み。
第3問 Aは会話文中の「exuberant(喜びと元気にあふれた)」と「got cold feet(おじけづいた)」の意味を類推する問題。
いずれも会話の流れから正解を絞りやすい問題だった。Bは「幼児の質問に対する親の対応」「都会と田舎
のどちらに住みたいか」「金魚の飼い方」に関する3つのパラグラフから取り除いた方がよい文を選ぶ新傾向の問題。
Cは、昨年までBで出題されていたのと同形式の発言の主旨を選ぶ問題。第3問の難易度は昨年並み。
第4問 Aは「合衆国の州における移住・定住の傾向と分析」についての図表問題。設問は昨年の3問から1問増え、4問になった。
問4は段落の続きの内容を問う問題で新傾向。4Bは「ウェブサイトでのマラソン大会の申込み」について、
昨年までと同様、情報を読み取る問題。問2は計算の条件を見落とさないように注意する必要がある。難易度は昨年並み。
第5問 「スペイン人画家の日記と孫の手紙」を読んで、内容に関する問いに答える問題。問題数は昨年と同じく
内容把握問題が4問、イラスト問題が1問の計5問であった。イラスト問題は、昨年の「場面の順序を答える」形式から、
一昨年の「説明内容に合っているイラストを選ぶ」形式に戻った。難易度は昨年並み。
第6問 「オーディオ機器の利便性と音質の向上」に関する論説文の長文読解問題。段落の主旨を選択する
B問題の空所が5から4に減ったが、総語数は昨年とほぼ同じで本文も読みやすく、全体的な難易度は昨年並み。

センター試験英語の傾向

前記事の続きで、大学受験の英語について考えみたいと思います。センター試験では、速読ができる人は問題ないのですが、
いつも時間が足りなくなる人にとって時間配分はとても大切です。何点を目指しているのかによって作戦は変わってきますが、
最大のポイントは、最後にある「長文読解」をどうするかです。
配点が高いだけに、8割以上の正解を目指そうとすれば、「長文読解」を軽視することはできません。
しかし、問4や問5は、時間をかけてゆっくり読めば解けそうな問題であるだけに、ここであわてることは禁物です。

「長文読解では時間が足りなくなる」とはじめから思っていれば、気が動転して頭が回転しなくなる危険を
避けることができます。「長文読解で時間が足りなくなった」ときの作戦ですが、まず問題を先に読みます。
それぞれの設問のポイントを日本語で書いて、何を理解しなければ解けないのかを考えてみます
(本文の内容がこうだろうとあまり決めつけ過ぎてはいけません)。そして、
可能な限り早く、一度だけ本文を読んでみます。分からないところがあっても、とにかく読み進めるのです。
論説文だと信じて話をしますが、最初の数文と最後の数文だけゆっくり読んで、できるだけ内容を理解します。
その後、文章を読まずに、筆者の一番言いたいことはどこにあるかを探します。
こうすれば見つかるというベストな方法はないのですが、後半以降に、「but、though、however、nevertheless」
など、これまでの主張を覆すような箇所が見つかれば、その前後の文章をゆっくり読んで訳してみます。
ここで時間がなくなれば、問題を解くしかありません。時間があれば、この後で本文を通して読んでみます。
「時間が余ったときだけ、本文を全部読めばいいや」と思っていると気が楽になります。
とにかく冷静に問題を解いていくことが大切です。さて、下の文章を訳してみてください。
問題①
Cultural or man-made environment is continually changing, dumb but definite evidence of human activity for good or ill.
問題②
Perhaps the most striking fact about modern science is that, like poetry, it reveals depths and mysteries beyond,
and, this is important, quite different from the ordinary matter-of-fact world we are used to.
問題③
To “read” a face is to guess at what might have been and what may still be.
The noblest face reveals potential evil overcome, the vilest potential good suppressed.

ウカール
<出典>(株)明治 カールおらが村 

この問題は、「何々は・・・だ」という簡単な構造になっています。しかし余計なものがあって分かりにくくなって
いるのです。書いている内容自体も結構難しいです。すらっと読んで理解できれば、大したものです。
問題①は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
Cultural or man-made environment is
continually changing, dumb but definite evidence of human activity for good or ill.
これでも分かりにくいようでしたら、これはどうでしょう。
Cultural or man-made environment is
continually changing, dumb but definite evidence of human activity for good or ill.
名詞の前に複数の形容詞があると、単純な構造でも読みにくくなるものです。
訳「文化的な環境、ないしは人間が作り出した環境は、善に向かうにせよ悪に向かうにせよ、
人間活動の、絶えず変化してゆく無言ではあるが明確な証拠である。」

問題②は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
Perhaps the most striking fact about modern science is that, like poetry, it reveals depths and mysteries beyond,
and, this is important, quite different from the ordinary matter-of-fact world we are used to.
これでも分かりにくいようでしたら、これはどうでしょう。
Perhaps the most striking fact about modern science is that, like poetry, it reveals depths and mysteries beyond,
and, this is important, quite different from the ordinary matter-of-fact world we are used to.
これでも難しいかもしれません。Itは科学を指しています。そして、
depths and mysteries beyond the ordinary matter-of-fact world でもあるし、
depths and mysteries quite different from the ordinary matter-of-fact world でもあるのです。
quite different from the ordinary matter-of-fact world はthis is important だと言っていますので、
「筆者が現代科学に関して重要であると考える主張は何ですか」という質問があったなら、解答としては、
「科学は、わたしたちの慣れている現実世界を越えた深奥なるもの、神秘的なものを明らかにしてくれること」ではなく、
「科学は、わたしたちの慣れている現実世界とは全く異なる深奥なるもの、神秘的なものを明らかにしてくれること」
と答えなければなりません。
訳「おそらく現代科学について最も顕著な事実は、科学が、詩と同じように、わたしたちの慣れている普通の現実的な世界のかなたの、
そしてこれは重要なことだが、それとは全く異なった深奥なるもの、神秘的なものを明らかにしてくれることであろう。」

問題③は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
To “read” a face is to guess at what might have been and what may still be.
The noblest face reveals potential evil overcome, the vilest potential good suppressed.
これでも分かりにくいようでしたら、これはどうでしょう。
To “read” a face is to guess at what might have been and what may still be. The noblest face reveals
potential evil overcome, the vilest (face reveals) potential good suppressed.
対応関係に気づけば何かが省略されていることに気づき、何かが省略されていることに気づけば
何が省略されているかも分かるのですが、一度読んでこの対応関係に気づくのは容易ではありません。
overcomeとsuppressedが対応関係にあることに気づけば、overcomeが過去分詞であることも気づくでしょう。
つまり、evilとgoodは、(不可算)名詞たっだのです!
訳「顔を『読む』というのは、過去にあったかもしれないことと、まだそうあり続けるかもしれないことを推量するということである。
最も気品のある顔は潜在する悪が克服されたことを表し、最も下劣な顔は潜在する善が抑圧されたことを示している。」
Wish you good luck!



2015_01_15


今からでもできる!センター試験本番直前 まだ1科目20点伸びる!
Toshin Times on WEB 東進タイムズ2015年01月01日号 1面)
センター試験までついに2週間あまり。今号の東進タイムズでは、入試本番までにやるべきこと、そしてセンター
試験本番で実力を最大限に発揮するために最後にやっておきたいことを独自の調査で明らかにしたので紹介しよう。
直前でも、まだまだ伸びる!
現役合格者の最後の1カ月の伸びを前号で見たところ、全体の33.8%が、50点以上伸ばしていた。さらに、
本番直前「最終12月センター試験本番レベル模試」の得点が低かった科目ほどよく伸びていることが判明した。
「苦手科目」は直前でもまだまだ伸びるのだ。 本紙発行日の1月1日からセンター試験本番まであと2週間あまり。
時間は限られているが、取り組み方次第で、特に苦手科目はあと20点や30点は伸びる可能性が残されている。
直前期の集中力を持って本気で取り組めば、1時間1点アップもけっして夢ではない。
今から学力をさらに伸ばし、本番で最大限に力を発揮するには、いったい何をすべきなのか検証していこう。
センター試験 最大の壁は「時間」だ!
資料1は、本紙編集部実施のアンケートで、今年難関大を現役合格した高校生に「センター試験で得点する
ために改善すべきことは何か」を調査した結果である。 (資料は省略)
最も多かった回答は「解くスピードを上げる」が48.3%、続いて「ケアレスミスをなくす」が35.1%、
「時間配分を工夫する」で29.4%、「問題演習量を増やす」が27.9%であった。
直前に知識量を大幅に増やすことは難しいとしても、解くスピードを上げたり、ケアレスミスをなくしたりするため
の工夫は可能だ。また、時間配分を工夫して見直しの時間を設ければ、ケアレスミスを減らすこともできる。
センター試験の「時間の壁」は、学力を高めるとともに時間配分の工夫で克服しよう。
成功のカギを握るのは時間配分と優先順位づけ
では、難関大現役合格者は具体的にどの科目で「時間が足りない」と感じていたのだろうか? 
資料2は、「もっと時間がほしかったのはどの科目か」を質問した結果である。(資料は省略)
これによると、現代文が24.6%と最も多く、次に数学II・Bが19.9%、古文が19.5%、英語が11.1%と続き、
圧倒的に主要3科目に時間の足りなさを感じていたことがわかる。
試験本番で持てる力を十分に発揮するには、解ける問題を時間内に確実に解答することだ。
今からの学習は、時間配分と優先順位づけを意識して取り組もう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今週末はセンター試験ということなので、大学受験の英語について考えみたいと思います。
共通一次試験(昔はそう呼ばれていた)を受けてから25年あまり、英語の勉強をしたことはありませんが・・・
(第二章でも英語について書いていますのでご覧ください)
突然ですが、下の文章を訳してみてください。(センター試験に筆記はありませんが・・・)
問題①
If you can get a child learning to walk to fix his eyes on any object, he will generally walk to that point without failing.
問題②
Nobody will willingly let one of these pretty homes, built by our forefathers some centuries ago, fall into decay.
問題③
When a man is acquainted only with the habits of his own country, they seem so much a matter of course
that he ascribes them to nature, but when he travels abroad and finds totally different habits and standards
of conduct prevailing, he begins to understand the power of custom.

これが時間をかけずに解けるようでしたら、英語は問題ありません。以下の文章は不要です。

キットサクラサクよ
<出典>ネスレ キットカット ブレイクタウン

問題①は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
If you can get a child learning to walk to fix his eyes on any object,
he will generally walk to that point without failing.
さらに言うならば・・・・
get・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~で、「・・・に~させる(してもらう)」です。
・・・のなかにもtoがあることで、「get ・・・ to~」を気づきにくくさせています。
I got him to wash my car. (彼に車を洗ってもらった)とか、
I got my car out of the garage. (車をガレージから出した)のように、「SVO+?」において「O」が
短いと誰でも理解することができます。ところが、「O」が長くなるにつれて難しくなるのです。(差がつく!)
訳「歩けるようになりかかっている子供に、何か目標となる物に視線を固定させることができれば、
たいていその子供はその地点まで転ばずに歩いていけるだろう」

問題②は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
Nobody will willingly let one of these pretty homes, built by our forefathers some centuries ago, fall into decay.
「forefathers」は先祖、「decay」は朽ちるという意味です。
さらに言うならば・・・・
let・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・~(原形の動詞)で、「・・・に~させておく(~するの許す)」です。
Let it go! Let it go! です。(ということで、上の写真があります)
・・・のなかにカンマで閉じられた挿入句を入れて、その後に、名詞のように思える原形の動詞があるのです。
訳「わたしたちの先祖の手で数百年前に建てられたこれらの美しい家のひとつが荒れはてるのを、
喜んで放置しておく人は誰もいないだろう」

問題③は、こうすれば訳せるようになるでしょうか?
When a man is acquainted only with the habits of his own country, they seem so much a matter of course
that he ascribes them to nature, but when he travels abroad and finds totally different habits and standards
of conduct
prevailing, he begins to understand the power of custom.
単語も難しいです。「be acquainted with ~」は、~を知っている、「ascribe・・・ to ~」は、・・・を~のせいにする、
「prevail」 (動詞)は広くゆきわたるという意味です。
so・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・that が見えてないと、何度も読み直さなければならなくなるでしょう。
さらに、このように考えれば、全体の構造が理解できるかもしれません。
When a man is acquainted only with the habits of his own country, they seem so much a matter of course
that he ascribes them to nature, but when he travels abroad and finds totally different habits and standards
of conduct prevailing, he begins to understand the power of custom.
when節のなかにonlyがあって、but whenとくるわけですから、「~だけのときには・・・であるが、~のときには・・・」
という形が見えてきます。
訳「人が自分の国の習慣だけしか知らない場合には、それらの習慣はきわめて当然に思われるので、それらを
自然のせいにしてしまう。しかし、海外旅行をしてみて、全く異なった習慣や行動の基準が広くゆきわたっているの
が分かると、慣習の持つ力を理解しはじめる」
これは、難しいです!いずれも、「SVO+?」の「O」がとても長いのです。ちなみに、以下のようなものもあります
ので、分からないものは調べてみてください(イメージしやすいよう、意図的に・・・を長くしています)。
ask・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
cause・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
force・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
expect・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
wish・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
help・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(to)~
like・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
tell・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
encourage・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~
persuade・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・to~


2015_01_13


2013年12月18日 パナソニックの「人工光合成システム」 メタン生成した実験装置を初公開
~エコプロ2013で大注目の未来を拓く環境技術!

パナソニック企業情報 > ニュース > トピックス > 2013年 > パナソニックの「人工光合成システム」
メタン生成した実験装置を初公開~エコプロ2013で大注目の未来を拓く環境技術!)
■人工光合成とは?~未知の領域への挑戦 植物の光合成は、
1. 明反応:太陽光のエネルギーで水を分解して水素イオンと電子と酸素を生成
2. 暗反応:明反応で得られた電子と水素イオンを用いて二酸化炭素からグルコースなどの糖類などを
生成という2つの反応から成り立ちます。これらの反応を人為的に再現した技術が「人工光合成」です。
地球温暖化の原因と考えられている二酸化炭素を吸収するとともに、その二酸化炭素から燃料を
つくり出す技術として、世界中から多くの注目を集めています。
大学などで取り組まれている研究の多くは、有機錯体(有機物系の配位子に金属の原子が結合した
構造を持つ化合物)を用いて植物の光合成のメカニズムを模すというアプローチで進められており、
注目すべき成果が報告されています。しかし、有機錯体は特定の波長の光にしか反応しないため、
幅広い波長の光で構成される太陽光を十分に活用できないなどの欠点がありました。
一方、パナソニックのR&D本部 先端技術研究所が開発した人工光合成システムは、
・光電極に窒化物半導体を採用。光により励起された電子を二酸化炭素の還元に必要なエネルギー
状態にまで一気に高めることに初めて成功。
・還元電極に電子が伝わりやすい金属の触媒を用いることで二酸化炭素の反応を促進。
電気的な損失が少ないため、反応速度が高速化されるとともに、金属の種類を変えれば有機物を
選択的に生成することが可能。という特長を持っており、“反応に用いる電極を全て無機材料のみで
構成するシンプルかつ高効率なシステム”である、という点が、パナソニックの独自技術なのです。
人工光合成パナ

2014年12月 人工光合成 世界最高の効率で、二酸化炭素から燃料原料生成に成功 
東芝トップページ > 企業情報 > 研究開発・技術 > 研究開発センター > 研究開発ライブラリ >
人工光合成 世界最高の効率で、二酸化炭素から燃料原料生成に成功)
概要 当社は、太陽光エネルギーを用いて二酸化炭素と水から化学原料や燃料となる
炭素化合物を生成する、人工光合成技術を開発しました。太陽光の利用効率に優れた多接合半導体と、
二酸化炭素と水との化学反応を促進する金ナノ触媒を用いることで、炭素化合物への変換効率において
世界最高の1.5%を達成しました。(中略)
人工光合成技術 当社は、光利用効率の高い可視光を吸収する多接合半導体と
ナノサイズの構造制御技術を適用した金ナノ触媒を用いることで、燃料の原料となる一酸化炭素への
変換を世界最高の1.5%の効率で達成しました。ナノメートルオーダーの金ナノ触媒の作製条件を検討
することで、二酸化炭素を一酸化炭素に変換する活性サイトを増加させ、さらに電解液も工夫することで
効率を向上させることに成功しました。本技術は、二酸化炭素排出設備(火力発電所、工場など)に
付随する二酸化炭素の分離回収システムへの適合を目指しています。

人工光合成東芝

人工光合成と有機系太陽電池 (CSJ Current Review)人工光合成と有機系太陽電池 (CSJ Current Review)
(2010/07/08)
日本化学会

商品詳細を見る


「占い」では、何はさておき占いをして将来を占うイメージがありますが、それでは良い「占い」は
できないでしょう。合格祈願でも同じようなことがいえます。
神様にいくらお祈りしようとも、有名な占い師に「あなたは合格する」といわれようとも、
そんなことより、本人の努力が、合格するかどうかに最も大きな影響を与えるに決まっています。
まさか、「わたしはちゃんと受験勉強をしますように」と祈っているわけではないでしょう。
お祈りも占いも基本は、「人事を尽くして天命を待つ」です。ですから、「占い」をしなくて普通に考えて
解決できる場合には、占わなくても既に、占い師の結論はでていると思います。
しかしそれでは「お代」がいただけないので、占ってみせるのです。
「あなたは合格しますよ」と言ってみたところで、本人が努力しないのなら占いの結果も当たりません。
きっと、当たらなかったときの言い訳だと思われるでしょうが、実際のところ、本人次第なのです。
さて・・・
日本企業が最大限努力してイノベーションを起こす
という前提のもとに、水素社会の最終形を占ってみますと下の図のような感じになります。下の図では、
人工光合成の生成物をCO(一酸化炭素)としていますが、最終の化合物が何になるかは分かりません。
人工光合成が実用的なものになったとしても、日本のように利用できる土地が少なく中緯度で、かつ
日照時間の短いところでは効率が悪いので、広大な面積の適地が海外に必要になります。
例えば、オーストラリアの砂漠でこの事業を行うとすれば、船で何かを日本に運んでこなければなりません。
このときにどのような物質が効率的であるかはっきりしませんが、化学量論的に最も説明しやすい
化合物である一酸化炭素で下の図は説明しています。ただ、他の化合物でも水素を取り出すことが可能です。
どのような形にしても、二酸化炭素を人工光合成の農場?に送りこまなければなりません。
二酸化炭素は大気中にもあるので、植物の光合成と同様に空気をとりこめばいいのですが、その濃度は
わずか0.04%。二酸化炭素濃度が上がっているといっても、その程度です。植物の能力はすごいのです。
人工光合成では、やはり、二酸化炭素を現場に持っていく必要があるでしょう。
空気中の二酸化炭素を利用するシステムでは、効率が低すぎて、コスト高になりそうです。
藻類による燃料の製造でも二酸化炭素を吹き込まないと、生産速度が上がりません。
通常、燃料を運ぶ船は、日本から現地に行くまでは何も積んでいないのですから、そこに
液化炭酸ガス(液体の二酸化炭素)を積載できるようにしなければなりません。
そのように考えると、国内の港では、その近くで一酸化炭素かその代替物から水素を取り出して、
生成した二酸化炭素をそのまま船に載せて海外に運搬する必要があります。
ですので、水素は、大型船がやってくる港で貯蔵されることになります。国内において、
このような港から水素を運搬するインフラ整備を進めることは意味があるのです。

一方、運搬が困難な水素をわざわざ海外から運んでくることは合理的ではないと思われます。
そのようなインフラ整備は無駄になる可能性が高いので、進めないほうがよいでしょう。
水素を製造して港まで運んで貯蔵し、船で水素を運搬して、また港で貯蔵して、そこからまた国内の
各地に搬送するのでは無駄が多すぎます。水素社会になるからといって、
海外から水素を運搬するイメージを持つことは危険です。

ただ、水素ステーションを発展途上国で普及させることは困難ですので、別のシステムを構築する
必要があります。それでも、海外では別の形で燃料電池車用のインフラ整備が可能だと思います。


先進国水素社会



2015_01_11


燃料電池車と電気自動車、どちらが「真のエコカー」なのか?
「Well to Wheel」から見たCO2排出量の違い
 (1月7日 JB PRESS)
クルマ業界は水素ブーム
2014年12月15日、トヨタ自動車は世界初の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を発売した。
FCVは、走行時に「H2+1/2 O2=H2O+電気」と、CO2は一切排出せず水しか出ない。
それゆえ、「究極のエコカー」と呼ばれている。
2011年以降、クルマ業界では、水素で走るFCVがブームの兆しを見せている。
2011年9月にルノー・日産自動車とダイムラーが燃料電池自動車開発分野での共同開発に合意、
2013年1月にトヨタとBMWが提携、同月にルノー・日産自動車とダイムラーの提携にフォードが加入、
7月にホンダとゼネラルモーターズ(GM)が提携している。そして、2014年12月に、世界で先駆けて、
トヨタがFCVを発売した。2015年には、ホンダも発売を予定している。
業界に反旗を翻すテスラモーターズ
クルマ業界がこぞってFCVに進む中、米テスラモーターズは、(中略)2017年ごろには、375万円程度
の大衆車「モデル3」の発売を計画している。その際、モデルSと比べて、航続距離も加速性能も
落とさないと明言している。もし、これが実現したら、EVのイメージが大きく変わるかもしれない。
課題はどちらもインフラ整備
太陽光で水素を作ってもCO2排出量は14グラムだが、太陽光を充電したEVならCO2排出量は
たったの1グラムになる。「人類を滅亡から救う」ことを起業の目的にしているイーロン・マスク
(テスラモーターズCEO)がEVを選択しているのは、このためである。
FCVの普及のために、JX日鉱日石エネルギーは、2020年をめどに国内10拠点で水素を生産し、
約2000店に水素スタンドを導入する計画だという(「日本経済新聞」2014年12月22日)。
しかし、天然ガスなどの改質による水素を使っている限り、Well to Wheelから見たCO2排出量は
ガソリン車の半分にもならない。(中略)
マスクは「世界どこでも充電無料」と明言している。そして、行く末はマスク自身が会長を務める
ソーラーシティが、EV充電用に太陽電池の設置を計画している。
CO2排出量を劇的に低減するには、「FCV+太陽光」か「EV+太陽光」しか選択はない。
そして、「究極のエコカー」と言えるのは、どう考えても後者である。

自動車CO2排出量

トヨタMIRAIのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)トヨタMIRAIのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)
(2014/11/21)
不明

商品詳細を見る


占い師的に水素社会の未来を占ってみましょう。答えは簡単です。
「水素社会は必ず来る!」と、占い師は断言できます。なぜなら、いつ来るかを言ってないので、
「いつになったら来るんだ」と言われれば、「まもなくです」と言っておけばいいからです。
しかも、水素社会がどんな社会であるかを説明していないので、いくらでも言い訳が可能です。
しかし、この程度のことで占い師が非難されるのもおかしいと思います。なぜなら、国民の負託にこたえ
なければならない政治家のほうが、もっといい加減なことを言っているからです。
政治家はできもしないことを言ってはいけません(守られていませんが)。占い師は「占い師が」という時点で、
根拠のないことを言いますよと断っているようなものですから。さて、わたしの占うところによりますと、
「水素社会は必ず来ます!」。
と言うより、来てもらわないと困るのです。6日、トヨタが単独で保有する燃料電池車関連の特許を
すべて無償で提供すると発表しました。この決断は絶賛されているようですが、
ここまですること自体が、自動車業界全体の危機感を示しているものともいえます。
トヨタが成功しようと失敗しようと一企業の問題だからどうでもよい、と言っておれないところが日本のつらい
ところで、トヨタがこけると、自動車業界全体がこけ、地方にある関連中小企業も大打撃を受けてしまいます。
地場製造業を支えているのは自動車関連産業だという地方はかなり多いのです。
トヨタがこけると、地方創生どころか地方崩壊です。

電気自動車が世界のスタンダードになり、電気屋で自動車が売られるようになると日本の自動車産業は
苦境に立たされます。なぜなら、電気自動車はパーツを組み立てればできあがるので、中国などで
パーツを世界規模で製造することができるようになるからです。今のパソコンのような感じです。
それに比べて燃料電池車ですと、部品点数も多いですし、研究開発の余地も多く残されています。
そして、危険でもあります。危険であるほうがいいという説明はおかしいかもしれませんが、
危険なものだからこそ安全性が重要になってくるのです。実は、電気自動車にも危険性はあります。
電気自動車のバッテリーの電解質は有機溶媒ですので、衝突時や冠水時には爆発するかもしれません
(金属リチウムはナトリウムほどの反応性はありませんが、水と反応して発火することがあります)。
しかし、バッテリーさえ信頼できるものであれば、中国製電気自動車を電気屋で売ることは可能でしょう。
しかも、全固体型のリチウムイオン電池が開発されれば、安全性は飛躍的に高まることになります。
一方、燃料電池車については、いつになっても中国製の製品が電気屋で売られることはないでしょう。
なぜなら、バッテリーとは異なり、ガスはどこから漏れるか分からないので、中国製燃料電池車では信用が
おけないからです。また、燃料の供給にも常に危険が伴います。
先進国企業がつくる製品の最大の付加価値は安全です。
最近、消費者の信頼を裏切る事故が多いことは残念なことですが、国産の信頼度は今でも最高でしょう。
逆にいえば、「安全」や「精度」などが重要視されない製品ならば、発展途上国の企業がつくればいいのです。
ガソリン車やディーゼル車は基本的に危険です。「この車、10万円なんだけど、ときどき爆発事故が発生
していて人が死んでいるんだって」という車に乗る人はいないと思いますし、法律上も認められないでしょう。

「燃料電池車や電気自動車か」についてですが、ここでは電気自動車に関することだけ説明します。
今後、電気自動車が普及するどうかにおいて最も重要なことは、バッテリーの性能です。
容量と充電時間がガソリン車並になれば一気に普及する可能性がないわけでもありません。しかし、排熱の
ない電気自動車にとって暖房は頭の痛い問題です。燃料電池車には排熱がありますし、ヒーターを使用しても
燃料の減りが多少早くなる程度でしょうが、電気自動車では電池容量の問題に直結してしまいます。
もうひとつの問題は、発展途上国において、自宅に充電設備を持つようになる可能性は低いということです。
ですから電気自動車は主に先進国の乗り物であると考えるべきでしょう。
今後、車を買ってくれそうな発展途上国であまり売れないということでは、魅力がありません。
さらにいうと、現在の日本の電力事情からすると、これ以上電気を使ってほしくない状況です。
電気自動車ではなく、現行のハイブリッドカーか、もう少し進化させてプラグインハイブリッドで十分でしょう。

さて、水素は本当に温室効果ガスの削減につながるのでしょうか。これについては、
最終的には水素がベストの選択であるといえます。
なぜなら、どのような方法であれ、大量の再生可能エネルギーを利用しなければならないことになれば、
最も効率的なのは、赤道に近くて日照時間の長いこところ(砂漠)か、極地に近くてずっと風が吹いている
ところか、流量の膨大な海流があるところか、大規模な火山地帯に頼ることになるからです。
これらのエネルギー源は消費地から遠く、送電できない(送電できる距離には限界があります)ことから、
酸化してエネルギーを生む物質(還元体)を製造し、それを運ばなければなりません。
それに、エネルギーを物質に変換することで、電力で問題となる出力の不安定さをキャンセルできます。
酸化してエネルギーを生む物質の原料には何が最適化かと考えると、「水」が最も有力でしょう。
何せ、大量にありますから。となると、還元体は「水素」ということになります。
しかし、水素を貯蔵、運搬することについては大いに疑問があります。(これについてはいつか・・・)

燃料電池車の安全基準
「国内自動車メーカーが有利に、燃料電池車の世界基準で日本案が採用」 ~スマートジャパン


2015_01_09


マッハ『感覚の分析』純丘曜彰映像文化研究室アネックス > 近代4 > マッハ)
ヘーゲルの自然哲学は、自然科学の堅実な事実研究の成果に対して思弁の暴力を加えるものであり、
本来、自然科学は思弁以前の純粋要素からすべて説明されるべきである。この世界の純粋要素とは
〈感覚〉に他ならず、事物も自我も等しくこの〈感覚要素〉から構成されているのである。
世界は、この〈感覚要素〉から一元的に成立している。(《感覚要素一元論》)
この〈感覚要素〉とは、色、音、圧、時空間などであるが、しかし、それらは自存恒常的なものではなく、
相互依存的で変化しやすいものである。つまり、それぞれの個別諸科学において、これらの〈感覚要素〉間
の関数的依存関係が設定されてのみ、そこで問題とされる〈感覚要素〉も相対的に決定されるのであって、
絶対的な原子的〈感覚要素〉があるわけではない。
また、対象は、これらの離合集散によって説明されるのだが、その背後に絶対的な実体があるわけではない。
かくして、すべての科学的命題は、感覚についての命題に還元されうるのであり、自然科学とは、実は、
事物と事物とのではなく、感覚と感覚との連関の法則を立てることなのである。そして、そこでは、事物は
たんに感覚の複合体にすぎないがゆえに、ただ直接の感覚的所与(データ)の純粋な記述こそ、もっとも
科学的な方法とされる。

感覚の分析 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)感覚の分析 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)
(2013/10/25)
エルンスト マッハ

商品詳細を見る


マッハといえば、速度を音速の何倍であるかで示す単位で有名ですので、物理学者なのかと思ったら、
それだけではなく哲学者としても活躍されたかたのようです。もともとの哲学者が物理の業績を残すことは
考えられませんので、物理学者があるとき目覚めて哲学をはじめたということなのでしょう。
ちなみに、飛行機の速度をマッハで示すことがありますが、飛行機の速度がマッハ1ということは、
上空の音速(上空の音速は地上とは異なる)で飛行機が飛んでいることを意味しています。
マッハ2の戦闘機というとすごく速い感じがしますが、速度の表記としては分かりにくいです。

わたくしは哲学について全くの素人なので、上の引用文を読んだ感想でしかないのですが、
マッハの考えには疑問点があります。感覚的なものって、そんなに信用できるでしょうか?
「思考」を排除して、感覚で捉えることができるもののみを観察した結果だけが科学的だとすると、
占星術はとても科学的な一面を持っているといえます(昔は占星術も立派な学問だったのでしょう)。
ホロスコープ上にある星の位置はとても正確なので、観察科学上の誤りはありません。
科学としての問題点は、地球が動かないことです。わたしたちにとって、事実がどうであろうと
感覚的にはやはり太陽が回っています。自分が回っているようには感じられません。ただし、
「地球は回っていない」という主張には大きな欠点があって、月に降りたった人には成り立ちません。
つまり、「地球は回っていない」と感じるのは、地球上にいるときという「限定つき」なのです。
感覚には錯覚がつきものです。錯覚を含めて感覚で受け取るものを真実というのならば、これは科学
というより、むしろ、宗教というべきではないでしょうか(宗教を否定しているわけではありません)。

しかし、「科学」にも不思議なものがあります。
例えば、「世のなかで起きる出来事は全くデタラメに起きるわけではなく、必ず何らかの秩序があり、
同じような条件のもとでは、同じ現象が繰り返されるはずだ」という主張です。
しかし、物事が起きるメカニズムに確証が得られていないと、単なる予想屋です。
ある周期で地震が起こることをつきとめたとして、どうして次も同じだといえるでしょうか?
しかも、大きな周期で起こる地震は分かりません。一般に、大きな地震は周期が長いので、
小さな地震の予知に成功し、人命を奪うような大きな地震は見逃してしまいます。
そもそも、周期のない地震だって起こりうるでしょ。
どちらが当たるかいい勝負です。地震学者と占い師は。
自然科学でもそうですから、社会科学にいたっては疑問なものがたくさんあります。
その典型例が、「なぜそれを普遍化できるのか?その理由を教えてくれ」といったものです。
「あらゆる一般化は間違っている。これも含めて。」
by マーク・トウェイン
「これまでそうだったんだから、これからもそうだ」は全く当てになりません。
わかりやすい例が、「昨年も一昨年もこれだけ株価が上がったのだから、今年も上がるだろう」とする
見方です。そう言われるとそうなのかと思ってしまいます。なぜか分かりませんが、「これまで株価が
上がってきたのだから、これからも上がるだろう」という意見は、「昨年、一昨年と、ここまで株価が
上がったのだから、今年は下がるだろう」という意見より説得力があるようです。
実証主義を貫くなら、期間を無限大に設定する必要があります。
子供の頃、おじさんが言ってました。「土地の値段は絶対に下がらない」と。
人間の感覚には時間的制約がありますが、真実には時間の制限はありません。
事実の積み重ねでは、「宇宙(地球科学では地球)がはじまって以来ずっとそうだ」といえるようなこと
でないと、「とんでも法則」ができあがってしまいます。

ここで示しているものは科学ではありませんが、科学においても、経験的に捉えることができない
形而上学的な実体を説明しようとする試みは、否定すべきでないように思います。
記事36-9には、「天の四象」と「地の四象」からグルーオンが生まれる図を示していますが、
宇宙の温度がさらに下がると「地」が振動しなくなり、「金」(陽)と「土」(陰)に分かれます。
その状態を示したものが下の図です(爻の順序は下から上であり、一番下の爻から
「初・二・三・四・五・上」と名付けられている)。初爻から「火」と「水」が場所を反転させながら、
上爻の「天」まで上昇していきます。「木」と「風」も交互に現れます。グルーオンとは異なり、
それぞれの爻は単独で素粒子になります。二爻は反ダウンクォーク、三爻はダウンクォークに、
また、四爻、五爻では「水」もしくは「火」が脱落して、それぞれ、陽電子、電子になります。
これで、グルーオンに次いで、ダウンクォークと電子が誕生しました。(物語は続く)


天地間のクォーク1



2015_01_07


厄年早見表:2015年(平成27年)2015年の厄年と方位除け入門
厄年とは読んで字のごとく災厄に遭いやすいとされる年齢です。厄年の風習は
平安時代の陰陽道にさかのぼるといわれていますが、はっきりした根拠などは不明です。
厄年と言えば、誰もがすぐに男性42歳の「男の大厄」と、女性33歳の「女の大厄」の事を
思い浮かべるのではないでしょうか?
しかし、厄年は「42(死に)」と「33(散々)」に通じるこのふたつの年齢だけでなく、
男性は25歳と61歳、女性は19歳と37歳も同じように厄年に当たっているのをご存知でしょうか?
また、厄年とはいっても、その1年だけ注意すればよいというものではなくて、厄年の前年に当たる「前厄」
と後の年に当たる「後厄」を合わせた3年間は充分に注意を払わなければならないといわれています。
根拠のない「厄年」ですが、アンケートによると「厄年は迷信だと思いますか?」と言う問いに、
約64%の人が「そう思はない」と厄年に肯定的な回答をしています。
また、厄年の人に対するアンケートでは、「あなたは厄年であることが気になりますか?」と言う問いに、
約59%の人が「気になる」と答えています。根拠のない「厄年」ではありますが、人生における節目の年と
捉えて自分の身体を注意深くチェックして、リフレッシュする良い機会かもしれません。
厄年早見表:2015年(平成27年)男性の厄年一覧
1992年(平成4年)生まれ24歳 前厄    1975年(昭和50年)生まれ41歳 前厄
1991年(平成3年)生まれ25歳 本厄    1974年(昭和49年)生まれ42歳 大厄
1990年(平成2年)生まれ26歳 後厄    1973年(昭和48年)生まれ43歳 後厄

1956年(昭和31年)生まれ60歳 前厄
1955年(昭和30年)生まれ61歳 本厄
1954年(昭和29年)生まれ62歳 後厄
厄年早見表:2015年(平成27年)女性の厄年一覧
1998年(平成10年)生まれ18歳 前厄   1984年(昭和59年)生まれ32歳 前厄
1997年(平成9年)生まれ19歳 本厄    1983年(昭和58年)生まれ33歳 大厄
1996年(平成8年)生まれ20歳 後厄    1982年(昭和57年)生まれ34歳 後厄

1980年(昭和55年)生まれ36歳 前厄   1956年(昭和31年)生まれ60歳 前厄
1979年(昭和54年)生まれ37歳 本厄   1955年(昭和30年)生まれ61歳 本厄
1978年(昭和53年)生まれ38歳 後厄   1954年(昭和29年)生まれ62歳 後厄
厄年は、数え年で考えます!
厄年は一般的には数え年にもとづきます。数え年は、満年齢に1歳たした年齢のことです。これは、
仏教の考えかたで、胎児が母親のお腹に宿った時を0歳とするため、生まれた時はすでに1歳となって
いるという考え方です。神社仏閣の厄年の案内では、立春(旧暦の節月における年始)に年をとるとする
ケースと新暦の1月1日(新暦の年始)に年をとるとするケースがあり神社仏閣により違っています。

海王星

科学的にみれば、厄年は根拠のないただの「迷信」ということになりますが、平安時代からある言い伝え
が現代まで生き残り、今でも多くの人が厄年にそれなりに意義を感じているのは不思議なことです。
例えば、病気をして長期の入院をしなければならなくなったとします。罹患率は調査されており、
厄年だからといって特別な傾向がないことは分かっています。しかし、病気になることがその人に
どのくらいのインパクトを与えるのかは、年齢によって大きく違うのではないでしょうか?
男性にとって、40歳代前半に病気をして仕事から長期離脱してしまうと、多くの場合は出世の道を
断たれてしまいます。しかも、40歳代では、30歳代のように再起するエネルギーが残っていません。
かと言って、50歳代のように自分を納得させることもできません。50歳代になると、多くの男性が
「まあこのままでいいや」と思いはじめ、キャリアアップを目指さなくなります。
男性にとって大厄(満41歳)は、災難を受け入れがたい年齢であるといえるのではないでしょうか?
また、女性にとって、30歳代前半は人生の転換点になりやすい傾向があります。20歳代で自由を
満喫している人でも、30歳になると将来を考えはじめます。なぜなら、40歳代になると、家族を持つこと
の意味が変わってくるからです。医療のテクノロジーは飛躍的に進化しましたが、(通常の)出産には
年齢制限があります。このようなことから考えると、女性にとって30歳代前半に起きる災難は、ライフプラン
全体を狂わせてしまう可能性が高くなるのです。女性の場合、30歳代に2つの厄年がありますが、30歳代
前半のトラブルが、そのまま30歳代後半にも影響を及ぼすということを意味しているのかもしれません。
60歳からは、男女ともに第二の人生といってよいでしょう。寿命が延びている現代において、その重要性は
増すばかりです。60歳以降の生活で毎日が楽しく過ごせるかどうかは、その人次第です。
この点については、男性のほうが大きな試練を持っているように思われます。第二の人生で「何をしたらいい
のか分からない」と訴える人は、女性より男性に多いからです。ですから、満59~61歳の女性の厄年は
あまり重要視されていませんし、考慮されないケースも多くあります。
厄年は、精神面では現代に適合しているのです。

占星術で、長期的精神性に影響を与えている星は海王星です。海王星は、物質的な意味をほとんど持って
いないため、理解しにくい星です。しかし、「やりがい」とか「生きがい」といった観点ではとても重要です。
このような深い精神性に関することは、現在の科学ではほぼ無解明です。科学技術の進んだ先進国ほど
自殺や鬱、精神疾患が多いことは、現代の科学に「欠けている」部分があることを暗示しています。
科学は、認識できればそれなりの対処ができるのですが、認識ができないものについてはほぼ無力です。
本人がいくら苦しんでいても、病気であることを把握することができなければ治療はできません。
精神性を意味する海王星は厄年と意外な関係にあります。
海王星の公転周期は約165年です。つまり、人の一生は海王星の一周より短いのです。
海王星の半周は約83年であり、今では、これは「最低でもここまでは生きよう」というラインになっています。
そして、4分の1周は41.3年であり、満41歳ということで男性の大厄と一致しています。
41歳になると、生まれたときの海王星とその時点での海王星はスクエアの関係になり、
精神面において、克服しなければならない障害があることを意味しています。弱気になりやすいのです。
逆に言えば、何か(何であるかは人によって異なる)を乗り越えることで新しい自分を創造できると
いうチャンスでもあるのです。厄年はピンチではなく、人生の要所といったほうがいいように思います。
海王星の5分の1周は、33.0年です。これは、女性の大厄にほぼ一致しています。
このとき、出生の海王星と今の海王星は72度の角度を持ちます。占星術では、このアスペクトを
キンタイルと言い、精神的に生き生きしている状態を意味します。つまり、女性の厄年は、
よい時期を意味していて、「調子に乗りすぎてはいけない」という意味合いがあるものと思われます。
今、調子がいいからといって将来のこともよく考えていないと、活力が衰えてきたときに苦労しますよと
いうことではないでしょうか?40歳になって焦るようなことになれば、男性と同様に、41歳にて厄を
迎えるという考えかたもできそうです。勿論、そこで大きく成長する女性もおられるとは思いますが、
男性よりさらに苦難な道になるかもしれません。
60歳になっておとずれる厄は、海王星とは無関係で、土星に関係しているのではないでしょうか?
一般に、サターンリターン(土星が一周する)と言われるものは29歳のときとされますが、土星の
公転周期は29.5年ですから、二周すると59歳です。ここからが土星の三周目になります。
次に土星が帰ってきた年(88歳)を迎えられることは、まさに「長寿のお祝い」なのです。

なお、海王星が発見されたのは1846年。当然のことながら、平安時代の陰陽師が海王星を知っていた
はずがありません。陰陽師が何を知っていたのか(感じていたのか?)分かりませんが、
当時から、占いには、西洋占星術とほぼ同じように、黄道十二宮を持つホロスコープのようなもの
を用いていたことは間違いありません。これは、六壬神課(りくじんしんか)と言われるものです。
陰陽師で有名な安倍晴明は、「占事略决」という六壬の解説書を書き著したとされています。



厄年と海王星


2015_01_05


日本の産業構造の変革――製造業が無くなるかもしれない
関西文明倶楽部 > 3-2.産業資本主義社会的製造業の終焉と次世代への萌芽)
日本の輸出産業は、無くなるかもしれません。内需産業だけを残して、自動車と電気は潰れるかもしれません。
グローバル化を進めるべき産業と、そうでない産業をきちんと見極めずにグローバル化を目指してはいけません。
グローバル化をして外貨を稼ぐ産業は、あと3年も持たないかもしれません。では、自動車産業や電気産業に
変わる何かを構築して、何とか3年で仕上げなくてはなりません。なぜかと言うと、電気産業の利益率は1%です。
それでは意味がありませんので、辞めた方がいいと思います。アメリカやドイツやヨーロッパの電機産業は、
テレビやオーディオを造ってはいません。そのような商品は中国等に任せています。
例えばアップルの様に、デザインはカリフォルニアでやっていますが、アセンブリは中国です。
アメリカの電機産業は今60%が医療産業です。その利益率は17%、つまり日本の17倍です。今年には
ドイツも医療産業が50%を超えました。つまり電機産業の殆どが医療産業なのです。フランスもそうです。
そして、有名な「ダ・ヴィンチ」というロボットで手術をするのですが、あれはすべて日本製で、デンソーの
ものです。デンソーの人間は、もう自動車産業から外れ、医療産業のチームに組み込まれ始めています。
世界の自動車の売上は今年で200兆円です。トヨタが連結決算で20兆円ほどです。ところが、今年医療産業は
200兆円を超えています。経産省の読みでは、世界のマーケットは2020年には500兆円になるそうです。
これは自動車の2.5倍です。既にこれの取り合いが始まっています。(後略)
デザインという枠組みを超えて――クリエイティブ産業構築へ
一方、村上隆がアートの企業化、産業化を提唱していますが、実際に、アートやアニメーションなど、
アニメーションの世界から出てきたコミックアートの世界が新たなビジネスとして芽生えつつあります。
ファッションは、もう既に先ほどお話しにあった様にビジネスとして成立していると思います。
英国は、デザインや音楽などと言わずにクリエイティブ産業と呼んでいます。その辺の際を全て取り払って
しまっていて、我々デザインを長いことやってきた人間からすると、それはデザインの様なものです。
そういったものが、大きなバリューを生み出す仕組みとして成り立ちつつあるのではないかと思います。
日本に限らず新興国と呼ばれているアジアや、元々ヨーロッパはそういうことに対してのバリューが解る
のです。世界レベルで、それらを上手く整理しなおしたら面白い流れが出来るのではないでしょうか。
現在、経産省や大阪府、大阪市などは、国内で様々な新しい産業を興さなければということで
次の産業を考えつつありますが、どうやらその基準が18世紀以降のインダストリーにイメージがあり、
次の時代の産業のイメージが無いと感じます。今、人の感性に関わるものが産業として成り立ちそうな
流れがあり、そこにはデザインやアート、そして音楽や吉本興業を含めてもよいと思うのですが、
国や官僚にはそのようなイメージが無いように思われます。(後略)

ポスト産業資本主義における差異を生み出すもの 「顔」を見せることが価値を生む時代へ(インタビュー) DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文ポスト産業資本主義における差異を生み出すもの 「顔」を見せることが価値を生む時代へ(インタビュー) DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文
(2014/12/29)
岩井 克人

商品詳細を見る

内容紹介 貨幣が生まれる以前の贈与交換が行われていた時代、交換は「顔」が見える行為であり、
人間関係と密接に結びついていた。しかし貨幣の登場で、交換の効率性や自由が高まるにつれて、
交換はモノやサービスを単に受け取るだけの無機的で他人とのつながりを意識しない行為へと変化した。
ポスト産業資本主義の現代、企業が小さな差異を見つけて利潤マージンを確保することが求められている。
贈与交換の時代にあった「顔」を見せることが、差異を生み出す戦略の一つとして再び注目されている。
顔を見せることによって得られる、信用や信頼が企業のプライシングにどのように影響を与えているのか、
経済学者の岩井克人氏に伺う。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事30-4、5にて、惑星でなくなった冥王星が依然として占星術において重要であると書きましたが、
「個人よりは集団を通して影響力を発揮する星」である冥王星は、社会の流れを知るには欠かせない星です。
その冥王星は現在、山羊座にあります。(星はすべて左回りです)
山羊座は、個人的な占いにおいては社会生活に関する事柄を表しているのですが、
個人を超えた社会的な意味として山羊座を考えると、どのような星座といえるでしょうか?
冬至を過ぎた時点で、太陽は山羊座に入り、新年を山羊座で迎えます。山羊座は社会情勢の変化や時代
の潮流の転換点を意味しています。また、星が山羊座に入る地点は、射手座と山羊座の境界線であり、南中
(ホロスコープの頂点)と呼ばれる位置にあたり、ホロスコープ全体に大きな影響を与えるとされています。
前回(当時はまだ冥王星は発見されていなかった)、冥王星が山羊座に入ったのは1762年で
ちょうど産業革命がはじまった頃(はじまりの時期については諸説ある)に当たります。
そして今回、冥王星が山羊座に入ったのは2008年で、リーマンショックの年に当たります。

これは、資本主義の終焉を意味するのでしょうか?確かに資本主義は行き詰っているように感じられます。
問題は、資産のほうが労働より大きな利益を生むようになったことです。資産を持っているのは金持ちです
から、金持ちほど儲かることになります。金持ちはさらに金持ちになり、それがさらに金を生むということです。
それとともに、中産階級が没落します。
中産階級の消費が落ちると企業が儲からなくなり、さらに中産階級の生活が苦しくなります。
資本主義には、これを打破する方法がありません。アベノミクスのやり方ですと、格差はさらに拡大します。
ではデフレを放置しておけばどうなるかといいますと、物の価値が下がる=お金の価値が上がります。
つまり、今現在、お金を持っている人が得するばかりで、お金のない人にはチャンスがなくなります。
ではアベノミクスの最終結果はどうなるのでしょうか?円安と財政出動で、大企業は儲かるでしょう。
しかしこれは一部に限られますから、全体では実質賃金が上がらず、中産階級の消費が伸びません。
政府は何がなんでも景気をよくしようとしますから、どんどん財政出動を行います。財政出動は
した分だけ効果はあります。しかし、やめるとすぐに景気が悪化しますから、やめることができません。
最終的に起こることは、財政破綻です。
その後するべきこと3点セットは、「大増税、年金の大幅カット、公務員の人員削減と給与の大幅削減」。
これで景気は最悪の状態になり、税収が落ち込み、さらなる大増税が必要になります。
では、アベノミクスをやめればいいのか?そうでもありません。
成長を諦めて福祉を充実したりすれば、すぐに財政破綻してしまいます。

ではどうして、冥王星が一周するまで、欠陥だらけの資本主義は破綻しなかったのでしょうか。
それは、格差を縮めて、破壊とその後の成長を促す出来事が何度かあったからです。
悲しいかな、戦争が格差を縮めたのです。
今後、平和を維持しながら、格差を拡大させずに経済成長することは可能なのでしょうか?
戦後のようにですって!なるほど、朝鮮戦争による特需で日本を復興させるということですね!?


山羊座と冥王星


2015_01_03


天王星と冥王星のスクエア… どうして大騒ぎ? Vol.1 (2014年12月15日 Tarot.com Japan
占星術家たちは、現在進行中の大規模な天王星と冥王星とのスクエアに大騒ぎしています。
このスクエアは連続したもので、最後に起こるのは2015年です。劇的な変化を示す惑星である天王星と、
変容の惑星である冥王星がつくる7回のスクエアは、個人に対しても世界のスケールでも見ても、
大きな変革の時期を告げています。では、細かく見てみましょう。
天王星と冥王星のスクエアとは?
スクエアとは、2つの惑星がつくる90度のアスペクトです。そしてこのアスペクトは衝突を…あるいは、
もっと耳障り良く言えば、非常に求められていた変化が起こるチャンスをもたらします。
革新的な天王星が変容を象徴する冥王星と、それぞれ牡羊座と山羊座に入ってスクエアになる時、
まず現れる影響としては、古い考え方ややり方が一掃されて改革への環境が整います。
そして最終的に、生まれ変わり新しい生き方を始めるのです。
天王星が冥王星とスクエアになる日付け:
・2012年6月24日 ・2012年9月19日 ・2013年5月20日 ・2013年11月1日
・2014年4月21日 ・2014年12月15日 ・2015年3月16日

これまでに天王星が冥王星とスクエアになったことはある? (Vol.2より)
あります。直近の天王星と冥王星のスクエアは、1932年と1934年の間、そう、世界が大変動に直面した
時期と重なります。世界大恐慌、原子爆弾の発明、そしてアドルフ・ヒトラーの台頭などが例に挙げられます。
天王星と冥王星のスクエアを迎える準備は?
良い知らせは、この記事を読んだことで、あなたはすでに準備ができているということ!
この数年における成功の鍵は、自分の不安に向き合い、たゆまず前進することなのです。
悪い習慣を捨て去り、いつものパータンから脱して、来るべき変化を受け入れましょう。
全ての始まりは、ひとりひとりの個人です。
あなた自身が考え方や物の見方を変えれば、この世の中もまた、良い方へと変わるでしょう。

2015キティちゃん2015年になりました。
繰り返し言っていることですが、
占いは、未来がこうなるだろうと
予想するものではありません。
なぜなら、わたしたちには自由意思があり
「道」を選択することができるからです。
しかし、わたしたちは人生においても
「道」の上を歩きます。
いくら望んでも「道」がなければ、
望む方向に進むことはできません。
確率的にみて可能性の低い「道」は
注目されませんが、それでも
選択可能な「道」は存在しています。
悪路を知っておくことは有効です。
なぜなら、それを意識的に避けようとすることができるからです。


革新的発想で既存体制を打破する力を持つ天王星と強制的な変化を促す冥王星がスクエア(克服しなければ
ならない障害がある)している状況においてどのような事態が想定されるでしょうか。個人の運命は、
天災、戦争、経済活動といった個人の力では変えられない大きな出来事によって、大きく左右されます。
2014年の後半に逆行していた天王星が今は牡羊座にあって、突然で予想外の出来事を象徴しています。
突然で予想外の出来事には、噴火、地震だけでなく、エボラ出血熱など恐ろしい感染症も含まれます。
これらは被害に遭う個人にとっては災難でしかないのですが、人類にとっては異なる意味合いを持ちます。
硬直した世界に新しい力を与える存在として、無くてはならないものなのです。
新年早々、おめでたくない話で申し訳ありませんが、最悪の「道」を考えてみましょう。
2012年から続いた天王星と冥王星のスクエアは2015年で終わりを迎えます。
その前に天王星と冥王星のスクエアがあったのは、1932~1934年でした。1929年に世界大恐慌が
あり、1933年にヒトラー政権が誕生します。では、天王星と冥王星のスクエアがあった1934年以降、
世界はどうなったかといいますと、1939年に第二次世界大戦がはじまることになるのです。
今となっては、ドイツ国民がなぜヒトラーを称賛したのか不思議に思われるかもしれませんが、ドイツは
世界恐慌の影響をまともに受けて、困窮を極めた国民は藁にもすがる気持ちでヒトラーに期待したのです。
貧困を極め、餓死者が出る状況で、平和の大切さをどれだけ訴えることができるでしょうか?
「戦争では死にたくないけど、餓死ならいい」とは思わないですよねぇ、普通の人間は。
経済の破綻は、戦争への道の入口です。今年以降、世界が大混乱に陥る要因は何でしょうか?
そのひとつは、昨年誕生したイスラム国です。
イスラム国への支持がどんどん拡がれば、国際社会に対する大きな脅威になるでしょう。
しかし、このような見方は、イスラム国が悪で、既存の社会が善であるという前提にたっているから
そうなるのです(イスラム国を支援しようと思っているわけではありませんので、念のため)。
「抜けられない貧困よりはイスラム国」と思う人が増えないという保証はどこにもありません。
イスラム国が中東の石油を押さえると世界が変わります。
そんなこと国際社会が許すはずがないと思われるかもしれませんが、
アメリカが動かなければ、イスラム国を倒す実力など国際社会にはありません。
中東から石油が来なくても困らなくなってきたアメリカが、石油が来なくなると経済が困窮する日本の
ために行動するのか?いや、そうなったら、日本はイスラム国から石油を買うのでしょうか?
アメリカは本気で、イスラム国を壊滅させようとしているのでしょうか。これが疑問なのです。
成長を促しているといえば言い過ぎでしょうが、アメリカはイスラム国の成長を黙認してきたといえます。
万が一、イスラム国がイラクを制覇すれば、すぐにイランとの戦闘状態になるでしょう。
ホルムズ海峡が閉鎖されたとき、日本の杞憂が現実のものになります。
「中東から石油が来なくなってもいいや」くらいの気持ちでないと、平和主義は貫けないのです。
一方、戦争に参加しても、日本に世界を動かす力などないことも理解しておかなければなりません。


天王星冥王星のスクエア


2015_01_01


12  « 2015_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top