年収90万円ダウンで、マイホームを手放した40代サラリーマンの事情 (12月22日 Yahoo!ニュース)
「景気回復、この道しかない」――。解散総選挙で安倍自民党が掲げた景気浮揚策は日本に「格差」という
負の側面をもたらしている。実際に、「不測の事態」が少しでも起これば、貧困の波に飲み込まれる者が後を
絶たないのだ。ここでは、平均的な年収があるにもかかわらずローン破たんに陥ったケースを紹介しよう。
◆年収90万円ダウンが住宅ローン返済の負担に。マイホームを処分!
●岡野行雄さん(仮名・45歳)電子部品メーカー 年収510万円
[家計簿]家賃5万円 水道光熱費1.5万円 通信費1.5万円 食費4.5万円 養育費20万円  雑費4.5万円
マイホーム購入の際、多くの人が利用する住宅ローン。だが、払いきれずにローン破綻してしまう40代が
急増している。「もし手放すのがあと1年遅かったら、ローン破綻で家は競売にかけられていたと思います」
そう振り返る岡野行雄さん(仮名)は、’99年に4300万円のマンションを都内に購入。そのときに組んだのが
35年3000万円の住宅ローンだった。
「私の収入なら十分払える金額でした。でも、’07年のリーマン・ショックで状況が一変。当時600万円だった
年収がたった2年で510万円まで下がったんです。月給はほとんど減らなかったため、月々の住宅ローン
7万2000円を払うことは可能でしたが、夏冬のボーナスは60万→15万円となり、ボーナス時の支払い
20万円が苦しく、不足分を貯金から回さなければならなくなりました」 しかも、
岡野さんには2人の子供がいる。長男を私立小学校に通わせていたため、貯金はリーマン・ショック直後の
ピーク時でも300万円程度。90万円の年収ダウン分を補填するにはあまりに少なく、’12年に貯金は底尽きた。
「マイホームに執着するあまり、希望的観測を込めて『そのうち元の収入に戻るはず』と思うようにしていました。
また、友人や同僚を招いてホームパーティもよく開いていて、周囲から『住宅ローンが払えずに家を処分した』
と見られたくなかった。でも、結果的にそのチンケなプライドのせいでマイホームを手放すことになって
しまいましたけどね」2500万円で家が売れたことで住宅ローンを完済。さらに500万円が手元に残り、
長男を私立中学に進学させることができたが、都内から埼玉県某所にある家賃5万円の賃貸マンションに
引っ越すハメに。通勤時間はそれまでの30分から80分になってしまった。
「満員電車に長時間揺られるのが嫌で都内に家を買ったんですけどね。この一件以来、みんな憐れむように
私に接してくるし、詳しい事情を知らない子供は『前の家のほうがよかった』と文句ばかり言ってくる。
私だってこんな家には住みたくないのに……」 ローンを終えても、地獄の日々に終わりは見えない。
12/22発売の週刊SPA!に掲載されている10ページの大特集『世代別[貧困と格差]ルポ』では、上記の
ような「リアル貧困物語」を世代別に取り上げ、貧困の元凶も世代別に徹底検証。明日は我が身なこの貧困と
格差問題を多角的に分析し、貧困の波に飲み込まれない処世術にも言及している。誰にでも等しく押し寄せる
貧困の波を読めれば、この格差社会も必ず乗りこなせるのだ! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

世界「比較貧困学」入門 (PHP新書)世界「比較貧困学」入門 (PHP新書)
(2014/04/16)
石井 光太

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
世界の最底辺を取材してきた著者は、途上国の貧困を「絶対貧困」、先進国の貧困を「相対貧困」と定義し、
住居、労働、結婚、食事といった生活の隅々で両者の実態を比較する。日本全体で約2000万人、
6人に1人が相対貧困であるという事実。世界とくらべて、日本の貧困にはどのような特徴があるのか。
スラムに住む子どもたちが笑顔で生き、かたや充実した社会保障に守られながら希望をもてない人たち
がいる。豊かさの真実を知るための必読書。

低所得者支援


25日の債券市場で長期金利(新発10年物国債利回り)が0.301%まで低下し、過去最低の利回りを
約1年8ヶ月ぶりに更新しました。既にかなり低くなっている住宅ローンの変動金利がどの程度低下する
のか分かりませんが、当面、金利上昇の可能性は低いといえる状態になっています。
記事3-9で住宅ローンの怖さについて触れましたが、もう少し詳しく考えてみます。
借金をすれば、返せなくなるというリスクを背負います。そのとき重要になるのが、返済期間です。
無理のない範囲でできるだけ早く返済しようとしたとして、10年で完済できる計画を立てられるケースと、
30年たたないと完済できないケースでは、リスクが全く異なります。10年でしたら、まあその期間くらい
ならどうにかなるだろうと考える気持ちも理解できますが、30年となると、その間に、金利が急上昇する
可能性もありますし、年収が激減する可能性もあるでしょう。次に考えるべきなのは、自分の実力です。
自分の勤めている会社が倒産した時、年収600万の人が、再就職してどのくらいの年収を
とれるでしょうか?もし、再就職して年収が増える見込みがあるなら、かなりの実力です。
しかし、現実にはそのような人は非常に少ないものと思われます。絶対倒産しない会社なんてありません。
学校の先生や公務員だから安心ということはありません。夕張市のように、地方自治体は破綻する可能性
が常にあります。国の場合は、ギリシャと同じようになるとすると、多くの官公庁職員が解雇されることに
なるでしょう。10年ですと、国が破綻する可能性はほとんどないと思います。しかし、
30年ならば、何が起こっても不思議ではありません。
次に、借金が返せなくなったとき、自宅がいくらで売れるかです。上の引用に示した例では、都内の
マンションなのでそれなりの価格がつくでしょう。これが、田舎の一戸建てになると事情は全く異なります。
田舎では、一戸建てより土地だけのほうが高値で売れることもあります。
売れ残りの中古の一戸建てがたくさんある現状で、果たして売れるのかという不安もあります。
しかし、これは今のような景気が続くという条件です。急激に景気が悪化して、倒産が相次ぐ状態に
なれば、都内のマンションでも二束三文になってしまうかもしれません。
奥さんの収入も重要です。いざとなったとき、奥さんの収入で住宅ローンが返せるならば、
大きなリスクヘッジになります。ただし、そのような状況で、夫がどのような立場に追いやられるかを
考えなければなりません。きっと、「針のむしろ」でしょう!
あと重要なのが、親の資産です。いざというとき、親にどうにかしてもらえるかどうかは、リスクヘッジ
としてはとても重要です。日ごろから良好な関係を保っているかということも大切ですが、
自分に資産がなければ、親もどうすることもできないでしょう。
さらに言わせてもらいますと、家は老朽化していきます。一戸建てなら、10年も経てば修繕費が
かかりますし、マンションなら建て替えのときがいつか来ます。

これからは淘汰の時代。会社も労働者も淘汰されます。
そして、貧困層になったとき、国は助けてくれません。大変失礼な言いかたで申し訳ないのですが、
借金する人って、よほど楽観的な人なのか、よほど自分に自信があるのか、
それとも、よほど日本の置かれた状況を知らない人なんだろうなと思ってしまいます。
借金というものは、その資金で借金以上の利益が生めるときに利用するものではないでしょうか?
金融機関にいたことがある人間として言わせてもらうと、金が返せないって、かなり不幸です。
親のしたことが自分にもできると思ったら大間違いです。

またまた、ここで全く話題を変えまして、「電磁気力」と「強い力」の違いを陰陽論で考えてみます。
強い力は、クォークを結びつけて陽子や中性子などつくり、またそれらから原子核をつくる力です。
強い力を媒介する粒子はグルーオンであるとされています。
電磁気力の場合を考えてみますと、電荷は、陰陽のペア(「火」と「水」)にとり囲まれています。
この陰陽は、電荷に近いほど大きく、遠ざかるほど小さいものになっていきます。
正電荷と負電荷がある場合、2つの電荷が近いと、2つの電荷間にある大きな陰陽ペアが消滅
しようとするため、大きな引力が働きます。陰陽ペアが消滅するというのは、2つの電荷間の
空間が消滅し、距離が縮まることを意味しており、その場合、引力が働きます。
2つの電荷が遠いと、2つの電荷間にある小さな陰陽ペアが消滅しようとし、引力は小さくなります。
同じ電荷同士がある場合、陰陽ペアが生まれようとするため、空間が膨張するような力が働きます。
つまり、誰でもご存知のように、電磁気力には引力も斥力もあるのです。
一方、強い力は、クォーク(反クォーク)がグルーオンと反応し、グルーオンを消滅させることで、
クォーク間にあるグルーオン場を小さくしようとする力として働きます。
グルーオン場は、色の違うクォーク(反クォーク)間で生まれます。このグルーオン場では
グルーオンが次々と発生しますので、この場は、グルーオン生成場といってもよいでしょう。
2つのクォークが近いと、クォーク間にあるグルーオン生成場は小さくなっているので、
グルーオンの生まれる量が少なくなります。このため、引力があまり働きません。
一方、2つのクォークが遠いと、クォーク間にあるグルーオン生成場が大きくなるため、
多くのグルーオンが発生し、2つのクォーク間に並びます。
クォークは、次々とグルーオンを消滅させ続けることになりますので、
グルーオン生成場を縮めようとする力、つまりは、大きな引力を生み出します。
この引力は電磁気力より大きな力であり、2つのクォークは一定の距離以上は離れることができません。
結果としてみると、電磁気力は遠くなると力が弱まり、強い力は遠くなると力が強まります。
強い力が働くには、2つのクォーク(反クォーク)が別の色を持っている必要がありますが、
その理由につきましては、次回にて・・・


電磁気力と強い力



スポンサーサイト
2014_12_26


11  « 2014_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬・神津島ライン上に、
宗像三女神の長女、田心姫が
祀られている沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top