ヘラクレイトス(2) B.C.500年頃 (哲学的な何か、あと科学とか)
B.C.600年、タレスが「万物の根源は水」と述べることで始まった哲学史。(中略)
ヘラクレイトスによれば、「人間が、見ているものは、変化しているうちの一瞬にすぎない」のに、
「人間は、その一瞬を固定的で不変的なものと見なしている」として、人間は愚かだと厳しく指摘する。
そして、ヘラクレイトスはさらに深く考える。「上り坂も下り坂も、1本の同じ道である」
「生と死は同じである」そもそも、それまでの世界観では、「光」と「闇」は別々の存在だった。
「光」という存在……、「闇」という存在……。そして、相反する「光」と「闇」の戦い……。
だが、ヘラクレイトスの洞察によって、初めて「光と闇」は同じ現象だと見抜かれる。
「光が減れば……闇になる。闇とは光が少ない状態にすぎない。なにも、『闇』が『光』を
押しのけて、そこに『闇』を作り出しているわけではないのだ。だから、『光と対立する闇』 など、
本当は存在しないのである」そう。光と闇とは、ひとつの現象が変化したある状態にすぎない。
それらは、もともとひとつなのである。区別するのは、人間の勝手な解釈なのだ。
だから、「昼と夜」「生と死」「神と悪魔」「愛と憎しみ」「善と悪」
そういったものも、別々の存在ではなく、同じものが変化した姿だとヘラクレイトスは考えた。
(だから、愛のみを選んで、憎しみを捨てようとか……、善だ悪だと大騒ぎするとか……、
そういう人間たちをヘラクレイトスは、愚か者として見下していた。)
では、そういう変化を起こしているものは、一体なんだろうか?
ヘラクレイトスは、「変化を引き起こしているのは『ロゴス(摂理、法則)』である」と述べている。
ヘラクレイトスの洞察は、どれも重要だが、哲学史において、もっとも重要なのは、
ロゴス(法則)という概念を打ち出し、「神による世界説明を完全に捨て去った」ということである。
彼は述べる。「世界は神が創ったものでもなければ、誰が創ったものでもない。
世界とは、ロゴス(法則)によって決まったぶんだけ燃え……
ロゴス(法則)によって決まったぶんだけ消える…… 永遠に変化しつづける『生きる火』なのだ」

哲学的な何か、あと科学とか哲学的な何か、あと科学とか
(2011/04/28)
飲茶

商品詳細を見る
                        (本の内容については、関知しておりませんが・・・)

陰陽論で言及している陰と陽は、コインの表と裏のようなもので、分離することができません。
その点では、ヘラクレイトスが言っているように、「闇と光」は陰陽の代表例と言えるでしょう。
この場合、闇=陰で、光=陽なのですが、陰陽がそれぞれ単独で、具体的な何かを意味していると
いうよりも、「闇と光」の一体性や関係性を示しているといえるでしょう。
陰陽の一番分かりやすい例は、株価などのチャートではないかと思います。
陰陽の特徴として、「陰極まれば陽極まり、陽極まれば陰極まる」という陰陽転化の法則があります。
下の日経平均株価を示した図のうち、左のほうを見てください。わたしが成人するまでの株価です。
この状態が「陽」の極致です。
1989年の年末に、来年の株価予想を聞かれた専門家が、「日経平均は5万円をうかがう展開
になるのではないかと思います」と言っていました。誰もが超楽観的でした。
このとき、「陽」は極まって、それからの20年間、「陰」を極める道を歩むことになります。
この法則は、人間の心にも及びます。
愛が極まって憎しみを生じ、善が極まって悪が生まれる
ものなのです。残念ながら、愛と憎しみ、善と悪は、コインの表と裏なのです。
ですから、憎しみを遠ざけて愛を選んだり、悪を撲滅して善だけにすることはできません。

株価やFXのチャートを見ている人なら、知っていると思いますが、
ローソク足には陰線と陽線があって、相場は、常に上がったり下がったりします。
ローソク足一つだけでは分かりませんが、いつかを組み合わせとして見てみると、
特有のパターンが現れることがあります(ここでは、ヒゲは無視しています)。
陰線と陽線のパターンは、上昇基調の相場なのか、下降基調の相場なのかを判断する
材料のひとつになります(勿論、必ず当たるわけではありませんが)。
陰陽は特有のリズムを持っているのです。変化を続けるばかりで、結論がありません。
記事17-7にある、大型株と小型株の関係も、ある面では陰陽の関係にあると言えます。
大型株相場と小型株相場は、一定期間で交互に循環しているわけではありませんが、
長い目でみれば、ずっと大型株相場であったことはありませんし、その逆も同じです。
今はどちらの相場かなと考えるだけでも、勝率が変わるような気がします
(陰陽論の説明ではなく、相場の話になっているような気がしてきました)。

わたしは、「神様」を万能にして善なる存在であると定義すると、困ったことになると思います。
神様がわたしたちに尋ねます。
「万能なのに、いつになっても悪を取り除こうとしない
わたしを恨んだりしていないだろうね?」


バブル景気

陰陽線

スポンサーサイト
2014_07_03


06  « 2014_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top