コロンビアに惨敗。だが日本の方向性は間違っていない 浅田真樹●取材・文 (6月25日 web Sportiva) 
昨年あたりから迷走を始めたチームは、かつてのような安定したポゼッションを失っていた。
それを取り戻せないままに新戦力を加え、最後は大久保嘉人をサプライズ招集。
ある意味で偶発的な化学変化にかける一か八かの勝負に戦略は傾いていた。
それは実際、ピッチ上の戦い方にも表れている。
前線の選手が自らのポジションを忘れ、それぞれが勝手に動き回る。そんな様子は3試合を通じて
見えていたものだ。これではボールを支配し、主導権を握ることなどできるはずもなかった。
やはり、チームづくりの過程において問題を抱えたまま、大会に臨んでしまった印象は拭えない。
ただし、今大会の結果が出た現在、一番怖いのはポゼッションサッカー志向自体が否定されてしまうことだ。
すなわち、日本にポゼッションで圧倒することなどそもそも無理だった、といった類の話である。
確かに今大会で日本は惨敗を喫した。大会に臨むアプローチには問題があっただろう。
それでもポゼッションを志向すること自体、日本が進むべき方向性としては間違っていない。
そこは今大会の失敗と結び付けて考えるべきではないと思っている。

孫子の言葉

(以下、文字が大きくなっているところは、孫子の言葉を借用しています)
今回、日本が戦った3試合に共通して、わたしが相手チームに感じることは、
日本をよく研究しているなということです。本田や香川がいかに優秀な選手であるとはいえ、
メッシやネイマールのように、「あいつに任せておけば大丈夫」というほどの実力はありません。
戦いは、勝利を読み取るのに、一般の人々にも分かる程度ではダメ
ですから、格上の相手と戦う場合、本田や香川が大活躍して勝利するという戦略はあり得ません。
また、攻撃的サッカーを目指すことはいいのですが、その大前提として、
戦いが上手な者は、まず自陣をしっかり守って負けない態勢を整えた
うえで、弱点をあらわして敵が自滅するような態勢になるのを待つ

ものですから、攻める方法が相手によって変わるのは当然のことです。相手の弱点をつくのが
攻撃の基本です。そのうえで、「自分たちのサッカー」をしなければなりません。
ポゼッションサッカーを目指すことも悪いことではありません。
高温多湿で消耗戦になりそうな場合や、1点差のリードのままで試合の残り時間が
少なくなってきた場合など、時と場合によっては、最善の戦略になるでしょう。しかし、
勝利する者の戦いかたは、満々とたたえた水を千仞の谷に一気に
落とすように、相手に守る態勢を与えない。それが戦う基本姿勢である

ということですから、ここぞというときの速攻も忘れてはいけません。ポゼッションサッカー
といっても、負けていて試合の残り時間が少なくなれば、前線に放り込むしかありません。
セカンドボールを拾って攻撃するサッカーをしないで、全員が前掛かりになるようでは、
カウンターをくらってしまします。シュートでポストの枠を外してくれるような相手ではありません。
まず、相手のほうが強いと思って作戦を立てておく必要があります。
そうしないと、「俺たちのサッカー」ができないために、試合中に焦りが生まれます。そのうえで、
およそ戦いは、堂々と相手と対峙した上で、奇策により勝つもの
でありますから、カウンター攻撃を常に頭に入れておく必要があります。
カウンター攻撃を相手に悟られないためにも、スペースに飛び出す選手を固定してはいけません。
結局のところ、
軍には決まった勢いというのはなく、決まった形というのもないのです。
(前記事の図は、孫子の考えをもとにアレンジしたものです。
孫子が五行陰陽説の影響を受けていたことは間違いないでしょう。)

ボイスCD 45秒?でわかる!萌訳★孫子ちゃんの兵法Vol.1ボイスCD 45秒?でわかる!萌訳★孫子ちゃんの兵法Vol.1
(2011/07/22)
No Operating System

商品詳細を見る


スポンサーサイト
2014_06_29


自分たちのサッカーを目指す国はない ( 2014年6月25日 nikkansports.com)
<W杯:日本1-4コロンビア>◇1次リーグC組◇24日◇クイアバ
スポーツ評論家の玉木正之さんのコメント。
 「日本社会の豊かさが、ひ弱なサッカーとして表れたW杯だった。世界に『自分たちのサッカー』
を目指す国はない。勝つことこそが目的で、勝った結果が自分たちのサッカーだ。
豊かな日本の選手たちは勝利を渇望せず、学んだことを実現しようとした。
監督の采配により、ギリシャ戦で戦術を普段と違うパワープレーに変更した際、戸惑いを見せたことにも
それが表れた。4年後を目指し、選手には『勝利への意志』を感じさせる強い言葉を使ってほしい。
メディアも選手の発言を肯定するだけでなく、もっとプレッシャーをかける報道をすべきだ」。

最低賃金比較

まず一言。日本社会の豊かさって何なのでしょうか?
「モノ」で溢れているという意味では、日本は豊かであるといえるかもしれませんが、
すべての人が文化的生活をおくれるという意味では豊かではありません。
日本の状況とサッカー日本代表を重ね合わせて考えるならば、問題なのは、
「自分たちは、素晴らしいんだ」と言い聞かせている
ところではないでしょうか?お互いが慰めあっているような状況です。
「自分たちのサッカー」以前の問題として、「自分たちの技術力」を考える必要があります。
自分たちの技術は、状況の悪いピッチでも通用するものでしょうか?
自分たちの技術は、相手が死にもの狂いで戦ってきても通用するようなものでしょうか?
これは、日本の企業にも当てはまるように思います。
例えば、粗悪な原材料や部品でそこそこのものを作る能力に関して、他国に勝てているでしょうか?
ライバル企業が、赤字覚悟で安値販売してきても、競争力を失わないでしょうか?

また、サッカーの現状と日本の風習に関する共通点で気になるのが、
成功体験に縛られて、楽観論がひろがることです。
過去にうまくいったことが、今回うまくいくかは、やってみないと分かりません。
問題は、うまくいかないとき、どうするか?です。修正能力がどれだけあるかで、真価が問われます。
うまくいかないときこそ、リーダーシップが必要ですし、ミスのない状況判断が求められます。
世界が急速に変化しているとき、日本の企業が、どのくらいそれに対応できているのか、
変化への対応能力についても疑問があります。今回のW杯について言いますと、
「自分たちのサッカー」ができなかったこと自体は、大きな問題ではないように思います。
「自分たちのサッカー」ができることのほうが少ないでしょう。
大切なのは、「自分たちのサッカー」ができないときに
「何ができるか?」
ではないでしょうか。
うまくいかないときこそ戦術が必要で、それまで考えてきた戦術のなかで、
状況に応じてベストなものをベストなタイミングで選ばなければなりません。


陰陽五行と戦術

2014_06_27


なぜ日本人の9割は英語を勉強する必要がないのか? (2013年3月13日 ビジネスサプリ)
「コミュニケーションの手段でしかない英語を、緊急の用途もなく多くの時間とコストをかけて
(日本で)身につけても時間のムダ(そもそも身に付かない)」というものです。
“語学に「備え」は通用しない”のであり、「いつか必要なときのために」英語を勉強するよりも、
もっと身につけるべきスキルや教養がある、ということです。
こうした主張の中で私が一番興味深かったのは、「なぜ日本人は日本語という高度な語学を
習得しておきながら、わざわざ英語を身につけようとするのか」という点です。
世界には、英語を習得しなければ(母国語では)「学問ができない国」や、英語を勉強しなければ
食い扶持を得られないという「経済的な理由がある国」、そもそも英語圏の国に植民地化されて
いた歴史的な背景から「英語を習得しやすい国」など、様々な境遇の国があると言います。
この点、日本では、「英語を身につけなければ国が存続しない」、「学問ができない」という
わけではありません。また、鎖国状態が長く、植民地化されたこともない日本は、そもそも英語を
身につけるのに苦労する民族であるとも言います。
日本は、明治時代の開国する前から外国語と付き合い、時の学者たちが、外国語で書かれた
学術書を日本語に翻訳していたからこそ、高度な学問を「日本語で」学ぶことができると言うのです。
つまり、英語を習得しなければ学問ができなかったところ、先人の功績によって「母国語で」高度な
学問をできるようになった稀少な国であるということです。
この点は日本人として誇りに思っても良いのではないでしょうか。私の知らなかった視点で、
非常に興味深く感じました。このように、ほとんどの人は使う機会も場所もほとんどない。
それなのになんでそんなに必死になって英語を勉強するのでしょうか。

英会話は時間のムダ! 大人の英語は「読み書き勉強法」でうまくいく英会話は時間のムダ! 大人の英語は「読み書き勉強法」でうまくいく
(2014/06/09)
和田秀樹

商品詳細を見る

わたしも同意見なので特にコメントすることもないのですが、英語の文章が読めると、
賢くもないのに、賢くなったような気になれることもあります。
それに、本人の言葉を直接知るという意味で、英語を読みたくなることもちょっとだけあります。
そこで・・・
スタンフォード大学卒業式でのスティーブ・ジョブズのスピーチを少し見てみましょう。
I learned about serif and san serif typefaces, about varying the amount of space between
different letter combinations, about what makes great typography great.
It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can't capture, and I found it fascinating.
None of this had even a hope of any practical application in my life.
But ten years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me.
And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography.[...].
Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college.
But it was very, very clear looking backwards ten years later.
辞書を片手に訳すと時間がかかりすぎるので、まずはグーグルの翻訳です。
「私は、素晴らしいフォントを実現するためにかについて、異なる文字の組み合わせの間の
スペースの量を変化させることについては、セリフやサンセリフ書体を学びました。
それはその科学はキャプチャできない方法で、芸術的に微妙な、歴史的、きれいだった、
と私はそれが魅力的な発見した。
これのどれも私の人生の中で任意の実用的なアプリケーションの思ってもみませんでした。
我々は最初のマッキントッシュコンピュータを設計していたときには10年後、それはすべて私に戻ってきた。
そして、我々は、Macにすべてを設計しました。
それは美しいタイポグラフィを持つ最初のコンピュータだった。(中略)
もちろんそれは私が大学にいたとき、先を見て点と点をつなぐことはできなかった。
しかし、それは非常に、非常に明確な10年後に逆方向に見ていた。」
意味がさっぱり分からないと思いますが、これだけ訳してくれただけでも時間の短縮になります。
英語は不得意ですが、この変な訳の意味を理解することは、わたしの得意とするところです。
訳語を見ながら、分からない言葉を調べます。セリフ?serif: 活字の M などの上下端の細いひげ飾り
typeface:書体、typography:印刷の体裁、subtle:とらえがたい、dot:点 などでしょうか。
さて、一文目、この訳の全体構成がおかしくなっているのは、learn about~, about~, about~を
「~について、~について、~について学ぶ」と訳していないからでしょう。それと、makeは要注意です。
この文では、「make ~ 補語(C)」になっていて、「~をCにする」でしょう。
「what+動詞(V)」は「Vするもの」と訳せばよさそうです。
二文目の「subtle in a way that science can't capture」という表現はいいですね。
「科学が捕捉できないという点で微妙な・・・」。つまり、ジョブズに学ぶならば、
わたしたちが追究すべきは、科学を突きつめていく
ことではなく、科学では捕捉できないけど、
人の心に訴えかけてくる何かではないでしょうか?

(訳すことから脱線していますが、占星術もつまりはそういうことです)
「find ~ 補語(C)」は「~がCであると分かる、気づく」と訳すべきでしょう。
三文目は、ofがポイントで、この場合、「~という」と訳せばよいofで、
「have a hope of ~」は「~という希望を持つ」とすれば意味が分かるようになります。
最後の2文は、ingが難しいです。「looking forward」が「将来を見越して・・・」で、翻訳の
とおりですが、最後の文の「looking backwards」は、「振り返ってみると・・・」となります。
このタイプのingは、場合によって様々な意味になります。
原文を読んだほうが、雰囲気が感じられていいのかもしれませんが、そんなことより、
「今は分からなくても、点と点はつながるんだ」
という思いを強くすることのほうが大切でしょう!(第1章もご覧ください)
日本の場合、素晴らしい文章は、誰かが日本語に訳してくれますから・・・
それにしても、意味は分からなくても、英語のほうがカッコいいことはありますね。


English星座

2014_06_25


アインシュタインとボーアの大論争research map 筒井泉 准教授・素粒子原子核研究所
量子力学は1920〜30年代に完成され、それまであった古典物理学の根底を──相対性理論よりももっと激しく
──変えたんですね。ですから当時、非常に混乱した。その象徴的な例がアインシュタインとボーアの論争なん
です。アインシュタインは量子力学は(その理解の仕方が)「間違っている」、のちに「不完全」だと言って、
死ぬまでこの立場をとりました。それに対してボーアは、量子力学は間違っていないし不完全でもない、と。
1910年ぐらいから量子力学の建設に関わってきたボーアは、古典物理学では説明できない現象をどう説明する
のか、長年苦心惨憺して、弟子のハイゼンベルクらとも討論した果てに到達した考えだったから、
確信があったんですね。論争は、平行線が続きました。
アインシュタインは、たとえば本、机、人間……といったものはみんな存在しているし、小さな粒子、さらには
原子や素粒子も当然存在しているという前提の下で物理学をつくらなければならない、と考えていました。
長さでも重さでもわれわれが測った時に得られる値を物理量といいますが、この物理量は、測るたびに
いろんな値になるのではなく、われわれが測ろうが測るまいが確定して存在しているはずである、と。
この「物理量の実在」という考えに、アインシュタインはあくまでも固執したんですね。
一方のボーアは実証的な立場から、観測していないものについて、存在している/していないという議論
はできない、という考えです。測定のしかたによって、どのような物理量をわれわれが認識できるのかが
違ってくる。存在したものも存在しなくなるし、あるいは存在の形態なども変わっていくんだという、
新しい「存在」の姿を示していました。ある観測を行えば、その測定にフィットした物理量だけが存在するので
あって、あらゆる一般的な物理量は存在するとは言えない──これは現在でも量子力学の基本的な考え方
ですが、アインシュタインはそれは不完全であり、より完全なものがあるのではないかと思っていた。

量子革命: アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突 量子革命: アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突
 (2013/03/29)
 マンジット クマール

商品詳細を見る

この論争はボーアの勝利であるように言われていますが、実際のところ、そうでもありません。
量子力学は実際に役立っていますし、理論的な矛盾を生じているわけでもありませんので、
ボーアの学問的功績は偉大です。しかし、量子力学は実在が何かを明確にせず、世界は曖昧だ
といっているに過ぎません。極端に言えば、何でも「神のみぞ知る」という結論になってしまいます。
「電子は測定するまでどこにあるかを確定的に示すことはできない」からといって、
「地球は、わたしが認識するまでは、どこに存在しているかが明らかでない」ということにはなりません。
「わたしが認識できないものは存在しない。わたしが認識できたものだけがこの世界に実在するのだ」
という、新興宗教の教祖様が言いそうなことに似ているからです。
「わたしは見ました、だから、あるんですぅ。」では困ります。
最後は、誰かが実験で確かめてくれなければ、科学的事実であるとは言えません。
問題があるとはいえ、量子力学はとても魅力的であり、もしわたしが物理学者を目指すとするならば、
量子力学か超弦理論を研究するでしょう。理由はシンプルです。面白そうだからです。

さて、アインシュタインとボーアの主張はどちらが正しいのでしょうか?
わたしに言わせれば、結論は簡単です。「どちらももっともだ。」
お互いは妥協が不能であり、混ざり合って、すべてが中間的なものになるということはありません。
お互いが対立しあっているのですが、お互いが足りない部分を補い合ってもいるのです。
現象世界を極めることは本質世界を知ることにつながりますし、本質世界を極めることは
現象世界を知ることにつながるのです。どちらかが完全勝利を収めることはありません。
要は、陰陽論の本質と同じです。
しかし、これまでの科学は、すべてのものが可知(現時点では未知であるものを含む)である
という考えしかなかったのですから、不可知世界を示したボーアの功績は偉大であるといえるでしょう。
そして、このことはフロイトとユングの論争にもつながっているように感じます。
占星術的世界観はというと、完全に不可知世界に属していますが、それだけでは進歩しないでしょう。
とはいえ、完全なる現象世界を採用する(最も分かりやすい例は、実証試験を行い、占星術が正しい
ことを証明する)こともできないでしょう。ここで、もう一度、陰陽論に戻りますが・・・
陰陽論には進化性があります。つまり、陰と陽の2つがある状態から、さらに分割して四象が生まれます。
それと同じように、不可知世界と可知世界は単に対立しているだけではなく、
意外な形で組み合わさった新しい世界を生むでしょう。新しい世界は2つできるはずです。多分・・・


アインシュタインとボーア

2014_06_23


平成24-25年 業種・業界別平均年収ランキングの考察
年収ラボTOP サラリーマンの年収 > 業種別 平均年収ランキング
業種別平均年収ランキング(平成24-25年版)を見ますと、上位の業種は、総合商社、
テレビ・放送、損害保険、ビール、携帯電話業界が好調で高水準を記録しています。
一方、下位の業種・業界は上記ランキング外で家電量販店(436万円)、ビル管理(424万円)、
リサイクル(418万円)、メガネ(417万円)、宝石・貴金属(388万円)業界となっています。
ランキング上位とランキング下位の業種を比較しますと、かなりの開きがあることがわかります。
1位の総合商社業界の平均年収が1,100万円を超えているのに対し、88位の宝石・貴金属業界
が388万円と約3倍ほどの差が見られます。

業種別平均年収

格差については、正規と非正規雇用の問題など、話題に事欠くことはありませんが、
テレビや新聞であまり報道されない格差に、業種間格差というものがあります。なぜ、テレビで
言わないかというと、テレビ業界の年収はとても高く、自分たちが批判の的になるからです。
業界間に格差があるだけでなく、業界内にも大きな格差がありますので、上の図では
上位でない業界でも、その業界のなかの大企業だけはとても給料がよいケースもあります。
このような業界間・業界内格差は、固定化され、既得権益化されているものが多く、
将来にわたり、同じ状況が続くのではないかと思われます。
日本の場合、新卒で給料の安い業界に入ってしまうと、その後、給料の高い業界の会社へ
移ることはほぼ不可能であり、新卒での会社選びがとても大切になってきます。
日本は基本的にすべり台社会になっており、
一度すべり台を降りてしまうと、もう元には戻れません。
このような既得権益だらけの社会が、低成長であるのは当たり前のことです。
そして、社会が低成長になればなるほど、既得権益を持っている人は、どんなことが
あっても自分たちの権益を守ろうと必死になるでしょう。
その典型的な例が、電力会社です。政府は、電力自由化を進めようとしていますが、
天下り先を捨てるような改革に、官僚が抵抗しないとは思えません。
国民には電力会社を選ぶ自由はなく、競争がないため、結果として割高な電気を買わされます。
そして、電力会社の社員は、他の業界の人より高い給料を得てきたわけです。
原子力発電所再稼働については、技術的問題より前に、利権構造にメスを入れるべきでしょう。

このほかにも、日本社会には様々な「すべり台」があります。
女性が出産で一度仕事をやめてしまうと、もう元の正社員に戻ることはできません。
同じ内容の仕事に復帰したとしても、給料は半分になってしまいます。
国際労働機関(ILO)では、同一労働同一賃金を
基本的人権の一つと考えています
が、
日本では、正規と非正規、そして男女間において、この原則が全く守られていません。
このような現状において女性が社会で活躍するために、結婚や出産を諦めることは
やむを得ないことであると言えます。
日本のこのような現状を顧みず、現在の少子化の責任が女性個人にあるかのような発言を、
社会変革を行うのが仕事である政治家がすること自体、日本の文化レベルの低さを示していると
言わざるを得ません。

朝日新聞ソーシャルランキング

2014_06_21


国立天文台など、ガンマ線バーストの母銀河より分子ガス由来の電波を検出
(2014年6月12日 マイナビニュース サイエンス)
国立天文台は6月12日、アルマ望遠鏡(ALMA)を用いて、約43億光年先のガンマ線バースト
「GRB 020819B」および約69億光年先のガンマ線バースト「GRB 051022」が属する2つの銀河
において、分子ガスから生じた電波を検出することに成功したと発表した。(中略)
宇宙で最も激しい現象と考えられているガンマ線バーストは、通常、0.01秒から数分間ほど継続
して生じ、現在は1日におよび1回の割合で観察されており、それらを観察することで、
遠方宇宙の性質を探ることができるため、注目を集めるようになっている。
しかし、その正体については謎が多く、さまざまな研究が行われてきており、現在では、
ガンマ線放射の継続時間によって「ロング・ガンマ線バースト」と「ショート・ガンマ線バースト」の
2種類に分けられるようになっており、ガンマ線放射が2秒以上続くロング・ガンマ線バーストは、
太陽のおよそ40倍以上の質量をもつ巨大な星が一生を終える際の大爆発が原因として
考えられている。こうした巨大な星は、星が活発に誕生している領域に存在し、その周囲には
星の材料である分子ガスが大量に存在していると予想されていたが、これまでこうした
ガンマ線バーストが発生した銀河で分子ガスからの電波を検出したことはなく、謎となっていた。

オルドビス紀大量絶滅~生物種85%絶滅~ 原因はガンマ線バースト!?
大量絶滅の原因解明!!大量絶滅.com 
オルドビス紀の大量絶滅の原因のひとつとして海退が挙げられます。海洋生物の楽園
だったこの時代、海が干上がり、地球規模で水面が下がることは生態系へ大きな影響を
意味しました。氷河期が訪れ、大陸に氷河が形成されたことが海退の原因と考えられています。
また、ガンマ線バーストもその原因として有力視されています。
ガンマ線バーストとは、大質量の恒星が超新星爆発を起こすことにより、
放射線であるガンマ線が閃光のように発せられる天体現象です。
このガンマ線バーストがオルドビス紀に、太陽系近くの恒星で起こったと考えられています。
恐ろしいのはその破壊力で、ガンマ線は10秒ほどしか地球に降り注がなかったと
いわれていますが、そのたった10秒で地球を覆うオゾン層の半分を破壊してしまいました。
これにより紫外線が直接地球に降り注ぎ、オルドビス紀の生物たちを絶滅させたのです。
また、このガンマ線バーストは最も明るい天体現象といわれており、数日の間その残光を確認
することができました。

ガンマ線バースト

前記事で「春分点が近づいている、魚座にある物質繁栄を象徴する魚」と説明した付近にある
2つの銀河で起きているガンマ線バーストをそれぞれ観測し、その付近で、
星の材料となる分子ガスを初めて検出したとのことです。ガンマ線バーストについては
まだ解明されていないことも多いので、今後の研究の進展が期待されます。
それにしても、43億光年もしくは69億光年離れた宇宙はあまりに遠い世界の話なのですが、
43億光年、69億年前にあった宇宙を今、観測していることのほうが不思議な感じでしょうか?
宇宙がはじまってから約138億年と言われていますから、69億年前は、現在とビッグバンの
ちょうど中間に当たります。69億光年離れた宇宙の今は、どうなっているのでしょうか?
ガンマ線は放射線の一種ですが、普通の人にとって、X線ほど馴染みはなかったと思います。
しかし、福島第一原発の事故以降、人体に害を与える放射線として脚光を浴びることになりました。
下の図のように、アルファ線やベータ線が簡単に遮蔽できるのに対し、
ガンマ線は遮蔽するのが困難です。防護服を着ていても、効果は期待できません。
廃炉作業の大きな障害となるガンマ線ですが、生物全体にとっても大きな脅威なのです。
どんなに大きな星であったとしても、43億光年、69億光年離れた宇宙の出来事なら
問題ありませんが、太陽系の近くでガンマ線バーストが起これば、生物にとって
重大な危機となり得ます。もし、現代、これが起これば、人類滅亡の可能性もあります。
どうせ確率の極めて低い出来事なんでしょ、と思われるかもしれませんが、
西暦774年か775年に、地球がガンマ線バーストにさらされたのではないかと
いう意見もあります。このときのガンマ線照射の時間は、2秒以下と考えられています。
ちなみに、西暦774年は、空海の生まれた年です。
ガンマ線バーストは、太陽系外から襲ってくる
ものとしては、最も恐ろしい天文現象でしょう。

ガンマ線バーストの影響で強烈な紫外線が降りそそいだことと、ガンマ線バーストによって
引き起こされた地球の寒冷化が、過去の生物大量絶滅の原因なのかもしれません。

放射線遮蔽
                       Radiation_Logに記載されている図を使用
2014_06_19


イエス・キリストが生まれたのは西暦1年でも12月25日でもない?
歴史年代ゴロ合わせ暗記 歴史の真実
西暦とはキリスト教をひらいたイエスの誕生の年を1年とし、12月25日にイエスは生まれたと
思われている方も多いと思われます。しかし、実はイエスの生年月日については、
新約聖書などにも記されていないことから、かなりあやふやらしいのです。(中略)
新約聖書の中にある「ベツレヘムでキリストが誕生した直後、誰も見たことのない星が西の空に
輝き、3人の賢者にイエスの生誕を知らせキリストのもとへと導いた」という文に天文学者が注目。
この「見たことのない星(ベツレヘム星)」の正体とは紀元前7年に起きた土星と木星の異常接近
であり、両惑星が重なり合って明るく見えたのではないか?というのです。
土星と木星の異常接近は非常に稀であり、これならば「誰も見たことのない星が現れ・・・」という
記載にも納得がいき、ベツレヘム星の正体がこの天体現象だとするならばキリストの生まれは
紀元前7年9月15日ということになります。(中略)
しかしながら、現在までイエス・キリストの正確な生年月日はわかっておりません。イエス・キリスト
に関する新たな資料でも見つからない限り永遠に謎のままなのかも・・・。

クリスマスとは何

ではクリスマスは何の日なの?何を祝っているの?ということになりますが、
キリストが西暦1年12月25日生まれである可能性はとても低いようです。
ではいつなのか?本当のところ、よくわかりませんし、クリスチャンでないわたしにとっては、
それほど興味のあることでもないのですが、占星術と数秘術的にみてみましょう。
上の引用文では、ベツレヘム星の正体を紀元前7年に起きた土星と木星のコンジャンクション
(二つの星が重なり合うこと)と考えているようです。実は、下のホロスコープで示すように、
紀元前7年には、土星と木星は3回もコンジャンクションしています。
しかも、これから魚座の時代がはじまると言わんばかりに、魚座でのコンジャンクションです。
記事18-7~19-1には、日本の歴史における土星と木星のコンジャンクションについて書いて
いますが 最も基本的なことは、20年ごとに、土星と木星がコンジャンクションするということです。
その際、通常は1回しかコンジャンクションしません。3回するのは珍しいことです。
わたしがMyAstroChartで求めると、紀元前7年に木星と土星がコンジャンクションするのは、
5月27日、9月29日、12月3日の3回です。
上の引用文では、9月のコンジャンクションは15日となっているので、誤差がありますが、
わたしの解析結果が正しいとするならば、9月のコンジャンクションは29日です。
このうち、どれがキリストの誕生日なのかということなりますが、わたしの一押しは、
12月3日です。クリスマスに近いから、というわけではありません。
西暦1年の前の年は紀元前1年ですが、これを0年とします。さらに、紀元前2年を
西暦-1年とします。そうすると、紀元前7年は西暦-6年になります。これを使って
誕生数を求めると、-6年5月27日、9月29日、12月3日は、それぞれ、8、5、0です。
誕生数が0、これがキリストの誕生日でしょう!
誕生数が0になるのは、紀元前に生まれた人しかあり得ません。
通常の数秘術では、数字が一桁になるまで足し算を続けるので、誕生数0など登場しない
ため、誕生数0の人がどのようなタイプなのかに関する記述はありません。
ところが、記事10-1に示しましたダン ミルマンの方法によりますと、誕生数が10の人
(1+0=1として、誕生数を1としない)がいます。誕生数が10の人は、基本数0と1の
二つの数字の影響を受けることになります。この基本数0の人がどんなタイプなのかと
いいますと・・・霊的素質を持った人です。
木星と土星がコンジャンクションした日が正確であるかどうかわからないので
(それ以前の問題として、木星と土星がコンジャンクションした日が本当にキリストの誕生日
なのかも疑わしい)、キリストがいつ生まれたかの推定はいい加減なものなのですが、
紀元前には、今のように、物質的な人ばかりではなかったのではないでしょうか?
魚座の時代は、一方の魚<スピリチュアルなもの>を捨て、
もう一方の魚<物質的なもの>
人間が追い求めていった時代であるといえるかもしれません。
そして、今、春分点は、物質繁栄を象徴する魚に最接近しているのです。

キリスト誕生日

2014_06_17


魚座の時代 ~ユングと占星術 マギー・ハイド~ (本の紹介は記事19-4にて)
ユングはこんなふうに結論している。
われわれの宗教の歴史の推移とともに、われわれの心理的進展の本質的部分も変遷をたどる。
それらの経過、成り行きについては魚座の星位を通る春分点の歳差移動から、
時間的にも内容的にもある程度予言することができた。(中略)
キリストの時代には春分点は牡羊座と魚座の間にあり、牡羊座から魚座に向かって逆行しつつ
動いていた。そこで、キリストは牡羊座時代の終焉と魚座時代の幕開けと結び付けられている。
ユングはこのように述べている。
キリストは一方では双魚宮時代の最初の魚として生まれ、他方では去って行く時代の最後の
牡羊として死ななければならなかった。

春分点
出典:HP2THE SKY うお座

ユングというと、正統派の学者であると思われているかたも多いでしょうが、
学問とは程遠い占星術に積極的に取り組んだ研究者のひとりなのです。
現在の占星術研究家には、ユング心理学を勉強している人が多いようです。

世界には様々な暦がありますが、各国が別々の年号を用いていると不便です。世界的に使用
されている唯一の年号は西暦ですが、西暦はイエス(キリスト)の誕生が元になっていますので
明らかに宗教的色彩を帯びたものです。キリスト教を信仰しない人にとっては、異教徒の暦という
ことになりますが、スイッチングコストが高過ぎるので、今後も変更されることはないでしょう。
イスラム教徒が、キリスト教の暦を使うことなどあり得るのかという疑問があります。
日本人にとっては、イスラム教とキリスト教は全く別の宗教のような感じがしますが、
イスラム教ではイーサー(イエスのイスラムでの呼び名)はムハンマドの先駆者であり、
キリスト教とイスラム教の起源は同じであるといえるでしょう。

さて、キリストが生まれた頃に、春分点が牡羊座と魚座の境界線上にあったとするならば、
いつどこに春分点があるのかの基準になりますので、これをもとに「第五の太陽の時代」を
西暦で示してみましょう。「第五の太陽の時代」のはじまり、つまりは、「第四の太陽の時代」の
最後は、紀元前10740年頃ということになります。ホロスコープが初期状態
(春分点が牡牛座の中央)になったのは、紀元前1070年頃になります。
そして、キリストの誕生とともに、春分点は魚座に入ります。羊のいるほのぼのとした
牧歌的雰囲気から、人間にとって厳しい環境である水のなかに飛び込んだといえるでしょうか。
キリスト教的にいえば、キリストが磔刑に処せられたことは、
これからはじまる厳しい時代を表していたといえるかもしれません。
この方法ですと、春分点が魚座を出て、水瓶座に入るのは西暦2150年頃と推定されます。
星座間の境は明確ではないので、少しずつ変化していくと考えるべきでしょうが、実際、
現在の春分点の位置は、魚座の一方の魚を通過中で、新時代(水瓶座)が見えてきたとはいえ、
魚座の影響が全くなくなったというわけではなく、わたしたちが魚座からどのように抜け出るか
によって、水瓶座時代は全くの別世界になってしまうでしょう。
魚座の最後には「何か」が起こるでしょう。
人類にとってインパクトのある「何か」が。


春分点と太陽の時代

ひつじ

2014_06_15


スフィンクス エジプト (Welcome to T.Kimura's HomePage!)
スフィンクス ・・・ そう、エジプト、ギザのピラミッドの前で東を向いて座っているあの
巨大な人面獣身像の事だ。誰でも知っている、この像はオーパーツなのか・・・? 
実は、大変な謎を秘めていたのだ。1992年2月、全米科学振興協会で、ボストン大学の
地質学者RobertShock博士がそれまでにない新説を発表した。
それは、『スフィンクスは、定説の5000年前ではなく、少なく見積もっても7000年から
9000年前に建造されていた!』と言うのだ。
一般には、大ピラミッドは、エジプト古代第4王朝(BC2500年頃)の時代にカフラー王によって
建造されたと言うのが通説で、私もそれを信じていた。
しかし、Shock博士の報告を読んでみると、なるほどという点が実に多い。
Shock博士の報告の主旨は、『スフィンクスの胴体に残る侵食跡は、定説の風によるもの
ではなく、雨(水)によるもので、一般にスフィンクスが建造されたとされるBC2500年以降の
気象条件では、付くはずがない。すなわち、BC5000年以上前でないとこれだけの侵食を
するような雨はエジプトには降っていない。』と言うのだ。
また、スフィンクス近くのスフィンクス神殿と渓谷神殿(いずれもスフィンクスと同時代のものと
言われている)からも、同様の侵食跡が認められる。
確かに、スフィンクス胴体の写真を見ると、巨石が縦方向に削り取られているのがわかる。
これは、風によるものではなく、水によるのは明らかだ。(風による侵食は横方向に進展する)
また、スフィンクスは有史以来、そのほとんどの時期で砂に埋もれていたと言う。
事実、ナポレオンのエジプト遠征に同行した画家が描いたスケッチや、今世紀初頭の写真を
見ると、頭だけを砂上に出して、胴体が埋もれたスフィンクスを見る事ができる。
つまり、風による侵食はあまり受けていないのだ。
通説で、スフィンクスの建造者をカフラー王としている根拠は何なのだろうか。
それは、たった3つの証拠しかない。それも実に希薄な根拠によるのだ。(中略)
もちろん、今の段階ではどちらが正しいのかは分からないし、
これからも確定はできないかもしれないが、いろいろ考えてみる題材だとは思う。

スフィンクス

スフィンクスがいつ建造されたのか?現在のところ、真実は分かりません。
分からないからこそ、様々な可能性が想像できるわけであり、
これまで考えてきた、占星術的世界観で、スフィンクスの謎に迫ってみましょう。
第25章に書いたような「5つの太陽の時代」があるとするならば、
各時代はどのくらい続いたのでしょうか?年代的にはいつのことなのでしょうか?
定説でも、スフィンクスは建造されてから5000年たっているわけであり、
少なくともこの5000年は、第五の太陽の時代が続いていると考えたほうがいいでしょう。
この5000年の間に、地球規模の大洪水が起きたのならば、証拠が見つかると思いますし、
占星術的にいって、スフィンクスは、太陽が獅子座から
はじまる時代を示している
と考えるべきでしょう。
ホロスコープを一周するのに最も時間のかかる冥王星でも、公転周期は248年程度で
あり、冥王星がホロスコープを12周して、一つの太陽の時代が終わるとしても、
3000年もあれば、一つの太陽の時代が終わってしまいます。
そもそも、太陽の時代を示すのに、冥王星がでてくること自体、おかしな話です。
ホロスコープ上を周回するもので、太陽と関係があって、非常に長い時間がかかるものは、
歳差運動にともなう春分点の移動です。地球の自転軸はコマの首振り運動のように回転して
いるため、春分点はホロスコープ上を周回しています。その周期は約25776年。
春分点が一周すると一つの太陽の時代が終わるとすれば、次のようなストーリーになります。

今から約10万6千年前、春分点は牡羊座にあった。
そのとき、第一の太陽の時代がはじまった。
約35400年前、春分点は蟹座にあった。
そこから、第四の太陽の時代がはじまった。
春分点が乙女座を通過しきったとき(約12900年前)、
最終氷期が終わる際に起きた大洪水とともに、
第四の太陽の時代は終わりを告げた。
その後、第五の太陽の時代がはじまった。
春分点は獅子座にあった。
それを記念して、スフィンクスは建造された。


第四の時代の終わり

2014_06_13


ノアの大洪水 大洪水以前の地球環境は、現在とは大きく違っていた
全世界に大洪水伝説がある
世界各地にある大洪水伝説の幾つかを見てみましょう。たとえば次のようなものがあります。
エジプト人の伝説 神はある時、大洪水によって地をきよめた。その洪水からは
            ごく少数の羊飼いたちだけが山に逃れた。
ギリシャ人の伝説  「悪が極まったので、地に大洪水を起こそうとしている」という神々から
             の警告を受けたデューカリオンは、箱舟を造った。それはパルナソス山上
             にとどまった。一羽の鳩が二度放たれた。
ヒンズー人の伝説 マヌーは警告を受けて舟をつくり、全被造物を滅ぼした洪水から
             逃れることができた。
中国人の伝説 中国文化の創設者ファ・ヘは、その妻と三人の息子と三人の娘と共に、
          人間が天に背いたために起こされた洪水から逃れた代表者とされている。
イギリスのドルイド教の伝説 至高の存在者は、悪に染まった人間たちを滅ぼそうとして、
                   大洪水を送った。このとき一族長が大きな舟に乗って助かったが、
                   彼によって人類は再建された。
ポリネシア人の伝説 洪水の物語がある。洪水からは八人だけが逃れた。
メキシコ人の伝説 一人の男とその妻および子供たちが舟に乗って、
            全地を覆った大洪水から逃れた。
ペルー人の伝説 一人の男と一人の女とが、浮かぶ舟で洪水から助かった。
アメリカ・インディアンの伝説 各種の神話がある。一人、三人、または八人の者が、高山を越す
                   大洪水から舟によって救われた。
グリーンランドの伝説 地球はある時ひっくり返って、一人の男と一人の女を除いて、すべての人間
               がおぼれて死んでしまい、その二人によって再び人々は増え広がった。

映画ノア
映画 『ノア 約束の舟』 公式サイトより 6月13日航海

古代、本当に、地上のすべての文明を壊滅させるような、
地球規模の大洪水が起きたのか?
もし、そのような大洪水が起きたのならば、それはいつ?
その原因は何?彗星の衝突?地殻変動による大津波?
未知天体の異常接近?超レアな異常気象?
それとも、古代文明の秘密兵器なのか?
洪水前の文明って、どんな文明だったのか?
そして、誰が生き残ったのか?
洪水で生き延びた人たちは、その後どうやって暮らしたのか?
その人たちは、わたしたちの祖先なのか?
大洪水の話はわたしたちに何を伝えようとしているのか?


地球規模の大洪水というのだから、各地で大雨が降ったということではないのでしょう。
地球規模の洪水について、科学的には何も立証されていませんのであしからず。
物語としてお楽しみいただけるかたは、本ブログの25-2~6あたりをご覧ください。

もし、大洪水が起きることが確実なら、どこに逃げればいい?
舟?地下?富士山?飛行船?あなたは生き残れるか?
選ばれしものは、原子力潜水艦に乗って生き延びる?
それとも、地球から脱出か?


キティちゃん宇宙へ
出典:YouTube 「HELLO KITTY IN SPACE」 melody green

2014_06_11


引き算をポジティブに行う重要性 (3月30日 Fashionsnap.com The Posts
どこかを削れば、どこかが尖る。それは、営みの本質ではないでしょうか。
足すと、量が増えて安心しますが、重要なのは、量よりもメリハリです。
メリハリとはすなわち、あるべき姿、最も個性を発揮する姿に他なりません。
量を重視しがちな経済や、マーケティングの営みにおいて、または、街づくりや組織作り、
デザインやクリエイティブにおいても、引き算の重要性と、その本質は同じではないでしょうか。
逆に、足し算を行っても、どこかを尖らせることができます。しかし、資源、コストが有限である限り
において、足し算では、発信者、受信者、ステークホルダーにとって限界があるように思います。
例えばクリエイティブにおいて、10色の認識と、3色の認識とでは、その色を判断する者にとって、
認知コストが異なってくるわけです。
例えば、マーケティングにおいて、3つの施策に励むよりも、1つの施策に励むことで、
個性とコストパフォーマンスが発揮されます。
引き算を意図して行うということは、減る、無くなるという感覚において困難ですが、
本来は意図して行うべきポジティブな行動であるように感じます。(元記事: Fashionjournal)

人気ブログのポイント
     出典:ACラボ「はてブ上位20記事に共通!アクセス倍増のブログタイトル10法則」

どんなに面白い話や役に立つ情報を書いていても、文章が長すぎては、
多くの人が、肝心なところを読む前に、次の場所をクリックしてしまいます。
その点では、上の図のような手法を用いて、短い文章で読者をひきつける必要があるでしょう。
それに、当然のことながら、短い文章のほうが書く時間が短くてすみます。
特に、文章を書き慣れていない人は、長い文章を書こうと思う必要など全くありませんし、
文章を書くのが得意な人は、いかに短い文章で説明できるかを考えたほうがよいと思います。
現代は、情報過多の世のなかですから、
如何に余計なものをなくしてシンプルにできるか
は、ブログだけなくアートにおいても、経営や組織運営においても重要になっています。
日本人は、組織になってしまうと、撤退戦略がとても不得意なのですが、
個人としては、盆栽や俳句のように、シンプルな美しさを楽しむ感性を持っているのです。

このブログでは陰陽論についていくつか書いていますが、
陰陽論は、「陽陰」ではなく「陰陽」であり、陰陽五行説では、太極が陰陽に分離し、
陰の中で特に冷たい部分が北に移動して水行を生じ・・・で、はじまります。
前記事では組み合わせること(足し算)について書きましたが、
引き算のほうを先に考えるべきでしょう。
特に、何を自分の得意分野にしようかと迷っている人にはそのほうがいいのです。
いきなり、他人より優れたものができるはずはありません。
まずは、他人の作品を拝借して、「引き算」を行うのです。
適切に「引き算」を行うと、元の作品とは印象の異なる別の作品になるものです。
それを繰り返していけば、自分で「足し算」したくなるものが自然と現れてくるでしょう。
「引き算」を極めて、自然発生的な「足し算」を行う。
これこそ何かをはじめるときの鉄則となる、陰陽論的?出発法といえるでしょう。

引き算をすれば(写真の上下左右をカットしただけですが)、注目点が定まって、
画像の印象が変わります(言葉を足し算してしまいました)。

天城峠

2014_06_09


少しでも読まれるブログを書きたい場合、下の項目に注意するとよいそうです。
確かに、全く注目されないブログでは意味がありません。
少しでも多くの人に読んでもらえるように工夫すべきでしょう。
そのために、他人が読みやすいブログであることが重要であることは間違いありません。
しかし、わたしの場合ですと、それ以前の問題として・・・
書くネタがなくならないかのほうが心配です。

ブログの書き方
出典:読まれるブログの作り方「7つの書き方ルール」 マーズデザイン

まずは、「初心に帰れ」ということで、自分のブログのはじめ(第一章)を読んでみると、
スティーブ・ジョブズの言葉に感銘して、文章を書いてみようと思ったのでありました。
そこで、ブログのネタ切れ防止法を、ジョブズの言葉から探してみることにします
(以下の大文字は、ジョブズの言葉です)。
創造性とは、ものごとを結びつけることにすぎない。
創造性というと、全く新しいアイデアを思いつかないといけないように感じられますが、
実際はそうではありません。ジョブズでもそうなのですから、
自分が天才であると思っていない人なら、全くの新規を目指すべきではないのです。
しかし、ものごとを結びつけるといっても、誰でも容易に思いつく組み合わせではいけません。
例えば、ジョブズとイノベーションという組み合わせでは、だいだい予想がつきます。
ジョブズとブッダなら、意外性があり、面白そうです(本当にそのような組み合わせが
可能であるかは知りませんが、ジョブズと禅という組み合わせですと、ちょっとありきたりで、
検索するとかなり多くのサイトがヒットします)。
では意外なものを単に組み合わせればよいかというと、そうでもなく、
組み合わせたことで、そこに何か新しい発見とか、面白さがなければなりません。
「ジョブズの言葉からブログのネタ切れ防止法を探る」という試みのどこに新しい価値が
あるのかと言われると、返答に困ってしまいますが・・・

ブログを書くあなたに、ジョブズの思いをお伝えするならば、
自分の居場所は自分でつくるんだ。
誰のためでもない、自分のためにつくったんだ。

そして、ジョブズはブロガーのあなたに問います。
やりたいのは本当にこんなことか?
永遠の何かをつくり出したのか?

うーん、このようなことを言われたら、余計にネタ切れを起こしそうな気がします。
とりあえずわたしにできるのは、組み合わせを変えてみることぐらいでしょうか?


2014_06_07


北海道在住のかたのなかには、体調を崩されているかたもおられるのではないでしょうか?
(いつもの記事と逆で、本文を前にして、引用文を後に回しています)
6月4日の北海道は、前日に続き猛暑に見舞われました。
幌加内では最低気温が10.0℃であったのに対し、最高気温は36.0℃。
一日の気温差はなんと26℃!
個人的なことを言わせてもらうと、これは最も体調を崩しやすいパターンです。
気温の変化に体がついていけず、自律神経がガタガタになるのではないかと思います。

自律神経の失調は気温の変化だけでなく、社会的環境の変化でも起こります。
この場合、環境の変化がストレスになり、ストレスが自律神経の働きを阻害します。
多くの人は、自分の慣れた環境が変化してしまうとストレスになるものです。
現実に、わたしたちにとってストレスになりうるような環境変化が進行しているのです。
今、起こっている経済的な環境の変化は、一言で表現するならば、
そこそこの暮らしが難しくなっているといえるでしょう。
ユニクロの柳井社長は、「将来は、年収1億円か100万円に分かれて、中間層が減っていく」
と言っています。勿論、すぐにこのようなことが起きることはありません。
しかし、遠くない将来、中間層の収入は、世界各国どこでも同じになっていくでしょう。
逆に、最低賃金については、発展途上国が先進国に追いつくのは困難です。
今や、世界は「勝者総取り経済」になっており、日本の社会も同じようにならざるを得ません。
このような話をすると、必ず、金持ちのエゴを理由にする人が現れます。
そのような面が全く無いとは言いませんが、「勝者総取り経済」では、
誰かが大成功を収めるのです。大成功を収めるのは、元々お金持ちであった人も
いるでしょうが、とんでもない才能を持った人もいますし、強運の持ち主もいます。
金持ちが勝者総取り経済をつくったのではなく、
勝者総取り経済が
金持ちをさらに金持ちにしているのです。

規模を大きくすればするほど利益が上がる経済になった原因としては、
グローバル化の進展、IT技術の発達、モジュール型生産システムの確立などがありますが、
意図的なものではないだけに、政府がコントロールすることはできません。

インターネットは多くの職を消滅させましたし、今後もその傾向を強めるでしょうが、
同時に、誰も思いもつかないような新しい時代を切り開くチャンスも提供しています。
これからの時代には、自己の能力開発を目指すだけでなく、
環境の変化についていく精神的なタフさ
を身につけることが求められているのです。

北海道気温6月4日

日本でも、中間層の仕事がなくなる?『ワーク・シフト』著者、リンダ・グラットン氏に聞く
先進国生まれの優位性は次の世代にはなくなる

(2013年3月12日 東洋経済ONLINE)
渡邉:『ワーク・シフト』には、ゼネラリストから「連続スペシャリスト」への第1のシフト、孤独な競争
から「協力して起こすイノベーション」への第2のシフト、そして大量消費から「情熱を傾けられる
経験へ」という第3のシフト、その三つが未来社会において必要になると書かれています。
ただ、そういうシフトが日本で起こるかというと、それにも疑問がある。たとえば第3のシフト。
日本では15年間、給料が下がり続けており、将来への不安が広がっています。国も1000兆円の
借金を抱えている。そうすると、「カネでは買えない経験」に価値観をシフトしようとしても、
現実的に稼がなければならず、シフトできない。第3のシフトは、一部の資産家の話でしょう。
それから第1のシフト。ある専門的な技能を習得した後で、それを土台に隣接分野の技能を磨いて
「連続スペシャリスト」になる必要がある、と書かれています。
でも、この話は特に日本では難しいと思います。連続スペシャリストになるには、1万時間が必要
だと書かれています。すると、40歳でキャリアチェンジする場合、たとえばトヨタ自動車だと退職金
が約半分に減り、ものすごい損失です。日本の職場環境では、実現が難しいんです。
それに連続スペシャリストを実現するためには、職業訓練の場が必要です。
そうした場も、日本にはまだほとんどありません。

東洋経済ONLINEにおける最新の関連記事

40歳で事実上の現役引退?縮まる仕事寿命 65歳まで働くどころか、40歳がキャリアの臨界点

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
(2012/07/28)
リンダ・グラットン

商品詳細を見る

2014_06_05


賃金は3年ぶりに上昇、実質賃金は下落 (5月16日 シミュライズ シムラーニュース)
16日厚生労働省の発表した2013年度の毎月勤労統計調査(確報)によると313,995円と
0.1%の上昇となった。しかしながら物価指数で除した(物価の上昇を反映させた)賃金指数
である実質は-0.6%とまだ昨年に引き続き低下している。
物価上昇をはるかに上回るペースで賃金が上がらないと、国民の生活は改善されない。
アベノミクスの真価が今年一年のこれらの数値から判断される。
実質賃金指数のグラフ
実質賃金はいまだ下げ止まっていない。25年度もまだ―0.6%の下落となっている。実質賃金は
賃金を物価指数で除したもの(物価の上昇を反映させたもの)で、より重要な数値である。
賃金が上昇しても、それよりも早く、大きく物価が上昇した場合、賃金上昇の価値は低くなり、
国民生活は豊かにならない。

実質賃金指数

占いと実質賃金指数のどこが関係あるんだと思われるかもしれませんが、
占星術にとって最も重要なことは、社会の未来を見通すことです
(本来はそうあるべきなのですが、現実はかけ離れています)。
昔の占星術は、今より、政治に密接に関係していたと思われます。
なぜ、個人の運命を考える前に、社会や国家の運命を考えなければならないかというと、
個人の運命は、経済状況や国のあり方に大きく左右されるからです。
いくら同じ日に生まれたからといっても、日本と北朝鮮で生まれた人では同じになりません。
いくら個人の努力が重要であるとはいえ、日本と北朝鮮で生まれた人では状況は全く異なります。
国家が個人の運命を大きく変える決定的なものとして、戦争があります。
平和主義者は、「戦争反対」と言い続けていれば、戦争は起きないと思っているかも
しれませんが、相手が攻めてくれば、今日からでも戦争になります。
逆に、軍事にばかり力を入れると、無用な戦争に巻き込まれる可能性が高くなります。
相手を威嚇すれば、相手を好戦的にすることになるのです。
それに、わたしたちの納めた税金が無駄に使われてしまいます。
自らの選択も重要ですが、外部環境も同じくらい重要。これは個人でも国家でも同じです。

日本にとって戦争より現実的なのが、国家財政の破綻です。
国家財政の破綻を避ける最もよい方法は、経済を成長させることです。
安倍さんは今でも、株価を上げようとしていますが、
株価がいくらになろうとも、最終的に、国民の実質賃金を上昇させることができるか
どうかが重要です。つまり、物価より賃金の上昇が大きくなければなりません。
実際のところ、アベノミクスで国民の実質賃金は
全く上昇していません。

今、大切なことは、従来型の成長戦略ではダメなのではないのかと疑うことです。
このことは、世のなかをまともに観察している専門家には見えているはずです。
しかし、どんなに優秀な専門家でも、社会の将来像を展望することは容易でないでしょう。
行き詰っているのは産業社会そのものであり、
その先の社会を大胆に占うことこそ、真の占い?といえるでしょう。


資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)
(2014/03/14)
水野 和夫

商品詳細を見る



水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』
「バブルの生成過程で富が上位一%の人に集中し、バブル崩壊の過程で国家が公的資金を
注入し、巨大な金融機関が救済される一方で、負担はバブル崩壊でリストラにあうなどの
かたちで中間層に向けられ、彼らが貧困層に転落することになります」
「アベノミクスのごとく過剰な金融緩和と財政出動、さらに規制緩和によって成長を追い求める
ことは、危機を加速させるだけであり、バブル崩壊と過剰設備によって国民の賃金はさらに削減
されてしまうことになります」
「成長を信奉する限り、それは近代システムの枠内にとどまっており、近代システムが
機能不全に陥っているときにそれを強化する成長戦略はどのような構造改革であっても、
近代の危機を乗り越えることはできません」
「グローバリゼーションがもたらす資源価格の高騰によって、先進国は実物経済から高い利潤を
あげることはできない。その現実から目をそらして、なお過去の成長イデオロギーにすがりついた
まま猛進すれば、日本の中間層はこぞって没落せざるをえません」


2014_06_03


「5月の最高気温」観測 初の猛暑日も (5月31日 NHK NEWSweb)
全国的に厳しい暑さとなり、大分県日田市で、ことし初めて35度以上の猛暑日となったほか、
各地で5月としては最も高い気温を観測しました。
1日も厳しい暑さが続く見込みで、熱中症に十分な注意が必要です。
気象庁によりますと、31日は広く高気圧に覆われて各地で強い日ざしが照りつけ、
午前中から気温がぐんぐん上がりました。
日中の最高気温は、▽大分県日田市で35度6分と、全国でことし初めての猛暑日となったほか、
▽群馬県館林市で34度7分となるなど、全国124か所の観測点で5月としては統計を取り始めて
から最も高い気温を観測しました。また、
▽京都市で33度6分、▽名古屋市で33度3分、▽東京の都心で31度6分、▽仙台市で30度7分
など、全国の気温の観測点の3分の1余りに当たる315か所で30度以上の真夏日となりました。
31日は、九州から北海道南部にかけての広い範囲で黄砂が観測され、ところによって一時、
視界が悪くなりました。1日もこの時期としては厳しい暑さが続き、西日本と東日本では日ざし
が強く、風も弱いため、光化学スモッグが発生しやすくなる見込みです。
日中の最高気温は、▽京都市や名古屋市で34度、▽東京の都心で32度、▽福岡市で31度、
▽仙台市で30度などと予想され、内陸では猛暑日になるおそれがあります。
気象庁は、屋外で活動する際はこまめに水分や休憩を取り、屋内では適切に冷房を使って
熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

二酸化炭素濃度 過去80万年で例のない水準 (5月28日 NHK NEWSweb)
WMO=世界気象機関は地球温暖化の原因となる二酸化炭素の濃度について、先月、北半球の
すべての観測点で400ppmを超えたと公表しました。過去80万年で例のない水準で、
日本の気象庁は「温暖化が進むと集中豪雨や熱波など極端な気象現象が増えると言われている
が、それ以上に何が起きるか分からず対策を急ぐ必要がある」と指摘しています。

気象庁二酸化炭素

この暑さのなか、昨日(5月31日)の「えりも岬」の午前10時の気温は6.5度。
地球温暖化と言えばよいのか、人為的気候変動と言えばよいのか知りませんが、
30年前と比べて、夏が長くて、かつ暑くなっていることは、実感できます。
その理由が温室効果ガスであると考えられていて、そのなかでも最も地球温暖化に
影響があるとされているのが二酸化炭素です。地球温暖化の主原因が二酸化炭素で
あるという主張に対する懐疑論もあるのですが、地球温暖化は温室効果ガスの増加と
人間活動の拡大によるものであるとして懐疑論は概ね否定され反論されています。
地球温暖化に関する報告はたくさんありますので、ここでわざわざお伝えすることでもありません
が、昔、こども電話相談室で、このような質問を聞きました。
「二酸化炭素の濃度が上がっているそうですが、息ができなくなって死ぬことはありませんか?」
確かに、「二酸化炭素濃度の急激な上昇」という話を聞くと、そのような疑問がでてきても
不思議ではありませんが、答えは、勿論、Noです。
二酸化炭素濃度の単位はppmです。1万ppm=1%ですから、400ppm=0.04%です。
ちなみに、ガス濃度は、対象ガスの体積を全体の体積で割ったものです
(理系の人でも知らない人がかなりいます!)。通常、%と言えば、質量/質量です。
「人の体における水分の割合は何%ですか?」といえば、体内の水の重さ(本当は、質量)を
体重で割って答えを求めます。成人の場合、約60%が水です。
これの意味は、体重が60kgの人なら、体内に水は36kgあるということです。
ガス濃度の場合は、質量/質量ではありません。質量%では、温度によって変化してしまいます。

下の図(右)には現在の大気成分を示しました。二酸化炭素の割合がとても低いことが分かります。
この図には、水蒸気がはいっていません。水蒸気は場所や時間によって大きく変動します。
水蒸気の割合は最大で4%程度で、全球地表平均では0.4%程度です。
それに比べて、二酸化炭素はたったの0.04%です!
植物はこの少ない二酸化炭素を吸収して糖を合成しています。今程度の二酸化炭素濃度でしたら、
多くの植物では、二酸化炭素の濃度が高いほど、成長速度が上がります。
つまり、多くの植物にとっては、現在の二酸化炭素濃度は低すぎるといえるでしょう。
確かに、過去80万年で見ると、二酸化炭素濃度はかつてないほど高くなっていますが、
地球史でみると、二酸化炭素濃度は過去に例を見ない低いレベルにあるのです。
原初の地球の大気には、酸素はありませんでした。バクテリアによって酸素が大量に生産され
はじめ、酸化させるものがなくなってしまいますと、大気の酸素濃度が上がりはじめました。
当時の生物にとって、酸素は猛毒であり、
当時いた多くの生物が絶滅してしまったでしょう。


大気成分

ここからは科学というより、アートです(はじめに断っておきますが、図の酸素はプラズマでは
ありません。火をプラズマ状態の一種とみなすことができるという意味です)。
酸素原子がどのような化合物になっているかを、五行で表してみました。
はじめ、水と二酸化炭素という化合物になっていた酸素(原子)は、植物の光合成により、
酸素(分子)となり、金属は酸化されて金属酸化物になりました。
「土」については、ケイ酸などの酸化物を意味すると考えることもできますが、
「土」は、「残り物で最後にできた形態」と考えて、オゾンとしました。
空気中の酸素濃度が高くなったことで、成層圏のオゾン層が誕生したのです
(正確に言えば、酸素ができれば、はじめから一部はオゾンになっていたのでしょうが)。
このオゾン層により、地上に到達する紫外線が減少し、
陸上(土の上)に生物が生存できるようになったのです。
さらに、火、木、水、金はそれぞれ、プラズマ、気体、液体、固体を意味していると
考えることが可能です。では、土は?
季節において、土は土用(=季節と季節の変わり目)を意味するので、土は、
物質の相において、超臨界流体や液晶といった中間的な状態を意味しているのでしょう。

五行酸化物

2014_06_01


05  « 2014_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top