卑弥呼の鏡は古代の「魔鏡」 反射光に浮かぶ文様 (1月30日 朝日新聞デジタル)
「卑弥呼(ひみこ)の鏡」ともいわれる古代の青銅鏡「三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)」
のなめらかな鏡面に光を当てたところ、壁に投影した反射光の中に反対側の背面に描かれた文様
が映し出されることがわかった。京都国立博物館(京都市東山区)の村上隆(りゅう)学芸部長が
精巧な複製品で確認し、29日発表した。鏡面にないはずの模様を映し出す「魔鏡」と同じ原理
とみられ、「古代の銅鏡の使われ方を考える上で貴重な発見」としている。

卑弥呼がどんな人物であったのか知りませんが、
相当インパクトのあるバースチャートなのだろうと勝手に判断して、
誕生日(ついでに誕生した時刻も)予想してみました(下の図)。わたしの予想は、
星がコンジャンクションしまくりの状態
コンジャンクションの状態では、どちらの星も、その星が持つ、人への影響力が強化されます。
173年4月29日午前5時15分、太陽と月がコンジャンクション(つまり、新月)。
しかも、東の空から太陽と月が昇ってくる時間です(これをアセンダント星座といいます)
アセンダント星座を判定するためには、生まれた時刻を入力する必要があります。
つまり、生まれた時刻がわからないと、自分のアセンダント星座を知ることはできません。
そして、木星と土星がコンジャンクション(木星と土星は対をなす星)。
幸運の木星と試練の土星がコンジャンクションすると、いいことが起きるのか、
悪いことが起きるのか?どちらにしても、わたしたちに大きな影響が及ぶのです。
そのうえ、変革・革命を意味する天王星もコンジャンクション。さらに大事が起こりそうな感じです。
しかも、この3つの星が、人生のはじまりを意味する牡羊座にあります。大変革のはじまりです。
また、金星と冥王星もコンジャンクションしていて、水星もすぐそばにあります。
水星はメッセンジャーですから、卑弥呼は呪術を司る巫女だったのかもしれません。
新生を意味する冥王星と女性の象徴である金星が、同居して意味を強め合っています。
これは、社会にインパクトを与える女性の誕生
を示すホロスコープとはいえないでしょうか?

以上の予想は、何の根拠もありませんので、あしからず。
皆さんも適当な日を入れて、卑弥呼の誕生日を予想してみてください。
卑弥呼が九州で生まれたと信じているかたは、緯度、経度を九州にしてください
(わたしは、奈良県橿原市の緯度、経度を入れています)。
ただし、卑弥呼の正確な誕生日が分かることはきっとないでしょう。


卑弥呼スコープ

スポンサーサイト
2014_01_31


平安京  “平安京”. ウィキペディア日本語版. 2014-01-08.(参照 2014-01-28).
平安京(へいあんきょう)は、延暦13年10月22日(ユリウス暦794年11月18日)の桓武天皇入京
以降、日本の首都と見なされた都市。平安城ともいい、現在の京都市中心部に位置した。(中略)
810年(弘仁元年)、皇位をめぐる対立で平城京に都を戻そうという動きが起こるが、嵯峨天皇は
平安京を残すことこそ、国の安定と考え、この動きを退ける。
そして平安宮を「万代宮(よろずよのみや)」と定める(永遠の皇居という意)。

平城京に遷都されたのが710年で、そのとき、木星と土星がコンジャンクション。
では、平安京はどうなのでしょう。ウィキペディアによれば、遷都はユリウス暦794年11月18日
とのことなので、その日のホロスコープを調べてみました(下の図)。
MyAstroChart(右サイドバーの上にリンク先を示している)では、ユリウス暦で調べることも可能
です(現在使われている西暦はグレゴリウス暦)。
さて、平安京に遷都されたときのホロスコープを見ると、天王星と海王星がほぼコンジャンクション
しています。さらに、幸運の星である木星もかなり近い位置に存在しています。
また、天王星と海王星の位置と120°の角度を持ったところに、冥王星があります。
惑星が120°の角度をなす位置関係を「トライン」といい、
物事が容易に成功へ導かれる強い幸運を示すといわれています。
平安京への遷都は強い幸運を意味しています。
7世紀半ばから8世紀にかけての150年の間に、実に13回もの遷都が行われたのですが、
平安京に遷都されると、それ以降、遷都が行われなくなります。
平安京への遷都以降、明治維新まで京都は日本の首都であり続けたのです。
天王星と海王星がコンジャンクションするのは、約170年に1度ですから、
平城京と同様、これもたまたまにしては、うまくできすぎているように思います。
海王星は肉眼で見えません(天王星もほとんど見えない)ので、当然のことながら、
当時の人が天王星と海王星のコンジャンクションを理解していたわけではありません。
きっと、感のいい?占い師が、占った結果なのでしょう。しかし、
平城京への遷都100年後にあたる810年、再び平城京に都を戻す動きが起こります。
100年後(20の倍数)ですから、再び木星と土星のコンジャンクションするときです
(正確には、809年10月に木星と土星はコンジャンクション)。
このとき、幸運に包まれた平安京を捨て、再び遷都していたならば、
日本の歴史は大きく変わっていたかもしれません。



平安京スコープ

2014_01_28


神宮式年遷宮
神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)
である。神宮では、原則として20年ごとに、内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)
の二つの正宮の正殿、14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す。
このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、
装束・神宝、宇治橋なども造り替えられる。記録によれば神宮式年遷宮は、
飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行われた。
“神宮式年遷宮”. ウィキペディア日本語版. 2014-01-07. (参照 2014-01-25).

ウィキペディアによれば、第一回目の神宮式年遷宮は690年ということです。
昨年の遷宮が、内宮は10月2日だったので、690年10月2日のホロスコープを
示しました(左下)。途中で中断したことがあるとはいえ、1300年の伝統の重みを感じます。
はじめて遷宮が行われた690年のホロスコープを見ると、
やはり前記事で予想したように、遷宮時、木星と土星はほぼ重なり合っています。
木星と土星のコンジャンクション(二つの星が重なり合うこと)は、20年に一度ですから、
偶然にしてはタイミングが一致しすぎているように思われます。
政治的には何らかの意味があったのでしょうが、その背後に隠されている意図は不明ですし、
木星と土星がコンジャンクションするときに遷宮を行うのではなく、
「20年に一度」という間隔が踏襲されていることから、遷宮を行う時期と間隔についての
真の意味を知っていた人は、当時ごく一部であったのではないでしょうか。
いや、木星と土星のコンジャンクションを観察によって知っていたのではなく、
神のお告げのようなかたちで決めた時期と間隔が、木星と土星のコンジャンクションと
一致していたと考えるほうが、自然でしょう。前記事で示しましたように、
今では、木星と土星のコンジャンクションと遷宮の時期は、一致していません。
690年には、木星と土星は蠍座に位置しています。
蠍座は、輪廻転生の秘儀を司る星座と言われていますので、
遷宮には「生まれ替わる」という意味合いがこめられていると言えるでしょう。
20年後の710年、再び、木星と土星がコンジャンクションするときに、
平城京遷都が行われています。初遷宮の20年後に遷都したのです。右下の図は、
木星と土星が完全にコンジャンクションする710年4月4日のものを示しています。
710年の木星と土星のコンジャンクションでは、新生を意味する冥王星がかなり
近くに位置していて、何かを新しく替えるには最適な時期であるといえるでしょう。
当然のことながら、当時、その事実を観察結果として知っていた人はいないでしょう。
冥王星は肉眼では見えないし、つい最近になって(1930年)発見されたのですから・・・
遷宮と遷都。どちらもそのとき、木星と土星が
コンジャンクション。偶然とはいえないでしょう。




初遷宮スコープ

2014_01_26


田中将大、ヤンキースと7年161億円で契約 (1月23日 YOMIURI ONLINE)
日本のプロ野球から米大リーグ入りするため、新しいポスティングシステムを利用しての
移籍を表明していた東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手(25)がヤンキースと
7年の長期契約で合意したことが22日(米国時間)に分かった。

職場はブラック企業ばかりで這い上がれない!
派遣を転々とする大学院卒ロスジェネ世代の絶望
(1月23日 DIAMOND online)
Aさんは、大学院を卒業後、一部上場企業に就職した。
しかし、仕事の内容は新人のときからトラック運転手。しかも、1人で1日15時間近くも
ハンドルを持たされる状態が続き、数ヵ月で過労退職に追い込まれた。(中略)
身体を壊しては会社を辞め、また働きはじめても身体を壊して辞める…という繰り返しだった。

昨日のこの2つ記事を並べる人もあまりいないとは思いますが、
「俺の年収は、マー君の千分の1にも及ばないぞ」という人もかなりいるでしょう。
ここで言いたいのは格差のことではなく、このようなことは、生まれる前に、
どの程度、人が運命として持っているのかということです。
占星術で診ると、木星と土星の関係として考えたくなります。
「チャンスを活かして幸運をつかむ」木星と「人生の試練を与える」土星。
どちらかといえば平等に影響を降り注ぐ「太陽-月」の組合せとは異なり、
「木星-土星」の組合せは、人によって受ける影響が大きく異なります。
木星と土星は、20年ごとにコンジャンクション(位置が重なる)します。
前々記事の図に従うならば、胎児となったわたしたちは、はじめて出会う惑星として、
MC(南中)付近で、土星と木星の位置を通過することになります。
人生における運命的なものは、ある程度、このときに仕込まれているのでしょう。
前記事の図(内宮)では、「太陽-月」の組合せが強調されていますが、
内宮は「木星-土星」の影響を何らかの形で、組み込んでいるはずです。
なぜなら、遷宮の間隔(20年)は、木星と土星がコンジャンクションする間隔
と一致しているからです。
同じ間隔といっても、少しずつずれていくので、今では、よくわからなくなっていますが、
当初、木星と土星が特定のアスペクト(二星間の角度)を持ったときに、
遷宮が行われていたのではないかと推察されます。


木星土星合

2014_01_24


古式ゆかりの【伊勢神宮の正式参拝ルート】をまとめてみた!
全14社の詳細情報とアクセス方法。
 (2013年12月27日 ベジップルズ-Vegepples)
大遷宮で話題の「伊勢神宮」には古来よりの正式な参拝ルートがあり、
その順路にのっとってお詣りすることでより神様からの祝福を得られると言われています。
(中略) 正式と言われている参拝ルートがこれです。
1・地元の氏神様 2・椿大神社 3・二見興玉神社 4・外宮 5・月夜見宮 6・内宮 
7・饗土橋姫神社 8・猿田彦神社 9・月讀宮 10・倭姫宮 11・瀧原宮 12・伊雑宮
13・朝熊岳金剛證寺 14・地元の氏神様 

伊勢神宮には内宮と外宮がありますが、なぜ、「内」と「外」なのでしょう。
外宮に祀られている豊受大御神は 食物・穀物を司る神です。
人間は、生きている間、食物がないと生きていくことができません。つまり、
外宮は、「生まれた後=(子宮外)」のことに関係しているのです。
それならば、内宮は、「生まれる前=(子宮内)」
のことに関係しているのだろうということで、
前記事のホロスコープ上に、伊勢神宮もしくは内宮に関係したものを載せてみました。
正宮=天照大御神=太陽=獅子座となって、正宮は獅子座に位置します。
内宮の別宮については、だいたいの地理的位置関係から、東西南北に分けてみました。
ホロスコープではASCが東を意味していて、自分が主体的に取り組むものを表しています。
一方、DESは西を意味していて、受容的に誰かから働きかけられるものを表しています。
MCは南を意味していて、目で見てわかる外見的な事柄を表してします。
ICは北を意味していて、目に見えない内面的な事柄を表してします。
内宮に関係あるお宮は、北西方向(妊娠20~30週あたり)に集中しているので、
胎児が「天からの贈り物」を心の内側に受け入れることに関係しているでしょう。

現在では、伊勢神宮にお参りしたというと、内宮に行ったか、もしくは、
外宮に行ったあとに内宮に行ったかぐらいでしょうが、
昔の人は、外宮や内宮以外にも、いろいろなところにお参りをしたようです。
古来、それぞれのお宮に何か意味があったはずなのです。


内宮星座

2014_01_21


アメリカの争点ー人工妊娠中絶 (2012年8月21日 blog.amebulo.com)
アメリカで中絶に反対する人々の主張の殆どは生命を神聖視する強いキリスト教の思想を
反映しています。(中略)勿論アメリカ人のすべてが熱烈なキリスト教信者という訳でもなく、
女性や都市部に住むアメリカ人には、日本人と似たような考え方をする人も沢山います。
最近の世論調査を見ると、堕胎を法的に禁止すべきであると考える人々と、
妊娠を継続するか中断するかは妊娠している女性本人のみに最終決定する権利があると
考える人々の割合は五分五分です。

日本では中絶反対という話はあまり聞きませんが、アメリカでは、宗教の観点、女性の権利
の観点から国民の意見が割れる大問題です。これをホロスコープで考えみましょう。
そもそも論として、ホロスコープ上に載せることができるという段階で、
人だという考えかたができないでもありません。
記事9-5で触れましたように、魚座(第12室)と水瓶座(第11室)は、物理世界に属して
いません。つまり、魂が物理世界(受精卵・胎芽)と結びついていないといえるでしょう。
魚座と水瓶座のルーラー(支配星)は、それぞれ、海王星、天王星です。
土星外惑星は集団的無意識を意味していて、個人としての区別ができない状態です。
これを基に考えると、受精卵を人とみなしたとしても、
「特定の誰か」とは言えないのです。

逆に言えば、妊娠8週を過ぎると、特定の人間であると考えることができます。
実際の社会でも、満8(図中の表記法では10)週を過ぎると、胎児と呼ばれるようになりますし、
法令上、妊娠12週以降は、流産した場合には死産届が必要になります。
17週付近では胎児は蠍座にいることになるのですが、蠍座のルーラーは冥王星です。
冥王星は、死の世界を支配するというイメージがありますが、新生の意味もあります。
この星を通過した胎児は、地上に生を受ける意思を持っていると考えることができます。
この時期を通過した胎児は、胎動として、その意思を母親に知らせることになります。
このように捉えると、妊娠17週以降の中絶は望ましくないように思われます。
以上、ホロスコープ上の流れで考えてみましたが、正解などあるはずもなく、
この問題は、はっきり言って難しいです!


出生前スコープ

2014_01_20


見えないもの ~ドラッカー入門 上田 惇生~
ドラッカーは、明確な因果関係を提示しうるものに疑念をもってきた。
実際、明確な因果で結ばれるものなど初等数学や初等物理の世界にしかない。
この世のものの多くは、明示的な知識や情報よりも暗黙知に属する。論理の連鎖による思考が
西洋世界の特徴のものであれば、暗黙知を重視する点では、ドラッカーは日本的な思考をもつ。
ドラッカーが説く「未知なるものの体系化」も、見えないものを見ると同時に、
いま見えるものを全体の中で位置づけ、意味づけしようとする試みである。

わたしたちの世界は因果関係のみで構築されているのではありません。
因果関係の切れた部分が、科学的な謎として残ることになります。
神、生と死、時間、意識、生きる意味、愛、美・・・
論理的アプローチはとても有用なものである一方、限界もまた存在するのです。
「未知なるものの体系化」は、論理的アプローチではありません。
しかし、科学的なアプローチでないとは言い切れません。検証前の予想はとても大切です。
論理的でない予想が後から検証され、真実となるのが科学であるといっていいかもしれません。
占星学など似非科学だと思うかもしれませんが、そう決めつけてしまえば、
占星学に関する科学的なアプローチをすべて拒否してしまうことになります。
ただし、論理的に説明することは不可能であり、別のアプローチ法が必要です。
ドラッカーの言っている「未知なるものの体系化」は、占星学を科学に近づける手法になりえます。
「未知なるものの体系化」は科学に新しい扉を開く可能性を秘めています。
わたしたちに必要なのは、イノベーションを科学することや、
科学技術を用いてイノベーションを起こすことより、
科学自体をイノベーションにより変えることかもしれません。
新しい科学は、人と原子力の付き合いかた、人と遺伝子操作の付き合いかたなどに、
新しい知見をもたらしてくれるかもしれません。


ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めてドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて
(2006/09/23)
上田 惇生

商品詳細を見る

2014_01_18


天球12室と座相の特性 ~ホロスコープ占星術 ルル・ラブア~
ASCが人生の初期の運を表し、本人が生まれた時の環境によって定まる事柄を示すのに対して、
MCは人生の最盛期の運を表し、本人が人生で到達し得る最高の境地を示します。
すなわち、自分の人生がどのようなものとして本人に意識されるかは、
MCによって示されるのです。
ASCを人生のスタートラインとするならば、
MCを人生のゴールと考えるとわかりやすいでしょう。
-----
ASC(アセンダント)は、天球12室の起点になっていて、日が昇る上昇点です。
ここが人間にとっても人生のスタート地点なのです。
太陽は右回りなのですが、わたしたちの人生は左回りです。
人生は9年周期であり、81歳で人生の最高地点(MC)に達します。
各星座の特徴は、第13章、第14章に書いていますのでそちらをご覧ください。
この流れは誕生した後の話であり、生まれる前(母親の子宮にいる間)は逆の流れなのです。
つまり、受精時には魚座からスタートし、右回りで牡羊座までいく(一周する)と、
わたしたちはこの世に生をうけることになるのです。
前記事に示しましたように、一つの星座に約22日間とどまることになります。
DES(ディセンダント)を通過する頃(約132日後)には、早産での生存の可能性が生まれます
(一般に言われる妊娠何週目と言いかたでは月経を基準にしているので、妊娠21週目くらいに
当たります)。牡羊座までいくと誕生し、人生がスタートするのです。


人生星座

2014_01_17


誕生日直前の日蝕と月蝕 人生のシナリオと魂の運命 
~スピリチュアル占星術 ジャン・スピラー/カレン・マッコイ~

私は4000を超える数のバースチャートを調査し、日蝕と月蝕が人の人格や運命に
どのような影響を及ぼしているのかを検証しました。
その結果つかんだのは、大多数の人々に共通する次の2点でした。
誕生日直前の日蝕がどの星座で起きたかをみると、その人が現世で他の人々に教え、
導くべきテーマがわかるということ。そして誕生日直前の月蝕がどの星座で起きたかをみると、
その人が現世で学ぶべきテーマがわかるということです。(カレン・マッコイ)

占星術では「プログレッション」という、その人のバースチャート(出生時のホロスコープ)
をもとに、未来を占う方法があります。通常、一日一年法を採用して予想します。
つまり、出生時の一日先のホロスコープをその人の一年後として判断するのです。
しかし、「スピリチュアル占星術」の方法は、それとは異なります。
出生直前の日食(日蝕)と月食(月蝕)の位置で占うもので、新しい占いかたといえます。
普通に考えて、生まれた直後の何日(人生が100年なら100日)間と、母親の子宮に
いるとき(平均266日)のどちらが、その後の人生に影響を与えると思われるでしょうか?
子宮にいるときの状態が、その後の人生に影響を及ぼしていると考えるほうが自然でしょう。
何の根拠もありませんので、物語として聞いていただくとして、
胎児のときにどのように星座の影響を受けるかを考えてみました。
まず、記事13-1に示したように、人生の物語が牡牛座→魚座に向かって進むとすると、
生まれる前は、これとは逆に、魚座→牡牛座に向かって進んでいると考えます。
それと、記事14-7に示したように、星座とタロットカードは関係が深く、
生まれる前は、星座のなかでタロットカード上を番号とは逆方向に進んでいくと考えます。
つまり、受精するとタロットカード21番に位置し、魚座のなかで、タロットカード
(図ではマイナスの数字にしてみました)を逆方向に21番→0番と進み、水瓶座に入ります。
そこで、魚座と同様にタロットカード21番→0番と進み、山羊座に行きます。
これを繰り返して、牡羊座にてタロットカード0番までいくと、誕生に至ります。
次のタロットカードへ移るのにかかる時間は、人によって異なるものの、約1日とします。
カード移動時間を一日とするならば、全行程は22×12=264日かかります。
妊娠期間(平均266日)とほぼ一致するのです。
こじつけだ(もしくは、たまたまだ)と言われれば、それまでですが・・・



出生前星座

2014_01_14


無意識の言葉 ~占星学 リズ・グリーン~
ユングが生涯かけて残した業績から、それ自体が基本的エネルギーである元型(アーキタイプ)は、
形として現れる前にすでに存在するということを信じてよいように思う。(中略)
もし顕在化された現実そのものが象徴だと仮定すると、かなり異なった世界が開けてくる。
これを基にすべての宗教秘儀が成り立っており、すべての神秘主義の教えや何世紀も続く
隠れた叡智の伝統も、エメラルド・タブレットが"下なるものは上なるものの如し"という
一句の中に結晶化した象徴の奇跡から生じているのだ。(中略)
 心は物質と同じくらい、理解し難い霊的な原理から生じる (ユングの言葉)

記事8-1に図「神様の創ったバーチャル世界」を示しましたが、
わたしたちの体験がバーチャルだとするならば、
わたしたちの体験している世界は、すべて象徴であるといえるかもしれません。
物理的にも、超弦理論や量子力学が示す世界が真実ということならば、
わたしたちが現実と感じる世界は何なんだという疑問を感じてしまいます。
しかし、わたしたちの体験世界を「幻想」と考えるのは、おかしな考えです。
かといって、「真実」でもないのです。避けられない現実ではありますが。
「真実」と「幻想」の間にあるのが「象徴」です。
「象徴」は、正しいか、間違っているかという視点で捉えてはいけません。
「象徴」は非常に多面的なものであり、何の象徴なのかは、わたしたちの見方しだいです。
この天と地の間には、わたしたちの哲学が夢見る以上のものがあるように、
「真実」と「幻想」の間には、わたしたちが理解できる以上のものがあるのです。
少しでも理解しようとするひとつの試みが、宇宙のはじまりを知ろうとすることです。
宇宙のはじまりに、どんな原理が働いているのかを知ることができれば、
万物(心や魂も含む)の成り立ちを理解することができるかもしれません。
物・心分離以前の世界を考えてみてください。
ただし、創造的に、多面的に捉える必要があります。


四面体

2014_01_13


結論 ~占星学 リズ・グリーン~
自分の内的なものの反映でないようなものは人生には入る余地はない。
どんなものも、完全な他者のせいにできるようなものはない。
我々の存在の深い根っこの部分にはひとつの心があり、同じ生命の泉から、
生が我々一人一人に流れ込んでいるのであるから。我々は種子の形で
人間性の中にあるすべての可能性―明るいものから暗いものまで―を持っている。
我々ひとりひとりの中には聖人も、殉教者も、殺人者も、泥棒も、芸術家も、
暴行犯も、教師も、癒し手も、神も、悪魔も、すべて住んでいるのだ。
個人は異なっている。しかし、集合的な心が、我々をすべて生み出しているのである。

占いで最も重要なのは星の動きですが、星の動き自体は客観的で規則的です。
人によって受ける影響は異なりますが、起こっている現象はひとつしかありません。
わたしたちは、自分の存在の奥深い部分に何があるかなど気にしないでも生きていけます。
一生、そのようなことを意識しないで生きていく人も多いでしょう。
それで生きていける人は、それはそれでいいのです。
問題は、心の奥底から湧きあがってくるものに苦しめられる人です。
最も典型的な例は、「うつ」です。
「抑うつ」「虚無感」「絶望感」などは、心の内側を見ることを促すメッセージです。
わたしたちを苦しめる人間関係、病気や怪我なども、心の内側を見ることを促すメッセージ
なのですが、それに気づくことができる人はそれほど多くはないでしょう。
惑星の配置は、わたしたちに何かを強制するような力ではありません。
バースチャートは、潜在的な可能性を示しているものであって、
無視し続ければ、何も達成されることなく終わるだけのことです。
そのような人にとって、占いが当たらないのは当然です。
星占いは、本来、当たるか当たらないかの問題ではなく、従うか従わないかなのです
(一般的な星占いは、当たるか当たらないかが重要なのですが)。

わたしたちは、群生するお花畑に咲く一輪の花に過ぎないのです。
「自分」は特別な存在ではありません。




2014_01_12


バースチャート(出生天宮図) ~占星学 リズ・グリーン~
バースマップは人の運命を宿命的に記したものではなく、むしろ人の性格の潜在的発展性の
大まかな筋を象徴するものである。少し考えれば人間が自分の要求や恐れ、才能に従って
行動し、人生を築き、そういった要求や恐れ、能力は自分の生まれつきの性質から生じている
ことが理解できるばずだ。(中略)運命とは、何をするか"定められているもの"であり、
自由意志は、自分が自ら"選択するもの"であるというような浅薄(あさはか)な解釈は、
これらの対立概念がひとつのものであり、同じものだという微妙なパラドックスを
理解することを不可能にしている。

誕生した時刻が違うと月の位置は多少移動しますが、他の星はそれほど早くは動かないので、
同じ誕生年月日の人のバースチャートはほぼ同じです。
しかし、バースチャートの同じ人が、みんな同じ運命をたどることなどあり得るでしょうか。
病院で入れ替わってしまった二人が、その後、全く違う運命をたどるという話(実話)はよくあります。
バースチャートでは、その人に降りかかる運命などはわかりません。
ただ、同じ出来事に遭遇したとしても、人の「感じかた」は様々です。
人の「感じかた」は、自分の意思で決めたものではありません。生まれたときに持っていたのです。
例えば、何事でもすごく不安に思う人は、生まれたときにそのような心のタイプを持っているのです。
その不安がどのくらい発現するかは、外部環境の影響を受けることになります。
では、同じ大きさの不安を抱えている人が、同じ状況で同じ行動をするかというと、
そのようなことはありません(不安は主観的なので、不安の大きさを正確に知ることは困難ですが)。
なぜなら、わたしたちは自由意志を持っているからです。
その意志の強さはどこからきたのでしょう。これも、生まれたときに持っていたのです。
では、意志のすべてが先天的なものでしょうか?いや、後天的なものも含まれています。
運命はすべて定められたものなのでしょうか?いや、意志の力で呼び込む運命もまた存在するのです。
運命と意志の関係はかなり込みいっています。

福島の原発事故の影響を受けた人が、特定の誕生日の人であったなどということはないでしょう。
降りかかった運命のなか、人は何を思い、どんな行動をとるのか?そして、何を学ぶのか?
バースチャートは、人が進むべき道標なのです

放射能汚染
セシウム137 積算沈着量のモデル計算結果(左)と文部科学省の航空機モニタリ
ング結果(右)。単位はBq/m2 で、カラースケールは両図で同じである。
(独立行政法人国立環境研究所)


2014_01_11


小型株相場と大型株相場 ~プロの逆張り投資法 佐藤新一郎~
大型株が低調なときは小型株が上昇し、大型株が上昇している時は、小型株は低調です。
つまり逆相関関係にあります。
多くの場合、金融緩和期には、大型株が上昇するので、逆相関関係にある小型株は低調です。
そして、金融引締め期には大型株は低調ですから、逆に小型株が上昇します。
理屈から考えても、これは当然です。
金融引締め期には市場に資金がありませんから、大型株を買い上げる力はありません。
しかし、何とか利益が欲しいので、投資家は、個人、法人を問わず、
小資金で値が飛びやすい小型株を買い、利幅稼ぎに出ます。
大型株と小型株の循環は、こうした必然性から生まれます。

星占いではないのですが、星と同様、「動く」ということで、株価を考えてみます。
当然のことながら、「動く」といっても、星は規則的に動き、株価は不規則に動きますが、
強引に共通点を見つけて、今年の株式相場を占ってみましょう。
星占いでは2つの星の位置関係が重要ですが、株価も比較が大事です。
いかにも重そうな株(大型株)として三菱重工を選び、日経平均株価と比較してみましょう。
一見するとそっくりの動きをしているように見えますが、11月以降は少し様子が違います。
日経平均は11月以降も上昇していますが、三菱重工はほぼ横ばいです。
日経平均は年末に年初来高値を更新しましたが 三菱重工はそうなりませんでした。
今日、日経平均は下がりましたが、これは主に、ファーストリテイリングなど、
寄与度の高い株の値下がりによるもので、マザーズ指数は続伸しました。
これは、主役交代のシグナルかもしれません。
つまり、今年、大型株と小型株の循環が本格化するかもしれないということです。
ただ、これからも金融緩和が続くので、株式市場に今以上に資金が流入して、
昨年前半の相場と同じように、大型株が優勢である可能性もないわけではありません。
しかし、今の相場は外国人投資家の影響が大きいので、外国人投資家が「日本買い」をやめると、
業績は好調なのに、大型株はあまり上がらないという状況が想定されるのです。
強引に星に結びつけていうならば、木星・土星相場から、水星・金星相場への移行です。
水星・金星は、木星・土星より、軽くて、動きも早いのです。
逆行のときこそ買い(逆張り)で、大きな利益を上げられる可能性もあります。
小型株のなかには、びっくりするほど値を上げるものもでてくるのではないかと思います。
ただし、過去にもあったように、投資家の信頼を裏切るような出来事が起きて、
ある日突然、びっくりするほどのスピードで株価が下がるという可能性もありますが・・・
(投資に関する最終的な決定は、ご自身の判断でお願いいたします。)


株価1
(C) 2014 Yahoo Japan Corporation.より引用


2014_01_06


星の世界 ~照応する宇宙 ルドルフ・シュタイナー~
霊界の秩序と調和を理解するためには、星の世界、特に太陽系諸惑星の運動が
霊的本性たちの行為の外的な表現であると思えなければなりません。
つまり、霊界の本性たちの行為は、太陽に対する惑星たちの関係、惑星相互の関係、
その運行と位相によく似ているのです。
自我の12の側面
私たちが12の異なる観点から、肉体の外に立って、自分自身を振り返って見るとき、
そのとき初めて、私たちは自分自身を完全に知ったと言えるのです。
この自我の相は、太陽と十二宮との関係に似ています。
太陽は12の星座を通っていき、各星宮において別の作用力を働かせます。(中略)
人間の自我もまた、霊界の異なる12の側面から輝きを発するのです。

全般的に、シュタイナーの書いていることを、わたしはあまり理解できないのですが、
占星術に関係ありそうなところを抜き出してみました。
霊的本性が何者なのかは分かりませんが、惑星そのものというより惑星の動きかたが、
わたしたちが宇宙から影響を受ける要因になっています。
下の図では、一番外側が昨日(1月4日)で一番内側が1ヶ月後(2月3日)になっています。
このチャートでは、太陽、月、水星、金星、火星(とノード)しか移動線が示されていません。
なぜなら、他の惑星は1ヶ月では位置をほとんど変えることがないからです
(位置情報については、全ての惑星が円の外に示されている)。
基本的に惑星(太陽、月を含む)は左回りに動いていきますが、今月、金星は逆行しています。
水星と金星が動きの早い星とはいっても、内惑星ですから、ずっと太陽の近くにいます。
太陽、水星、金星は今、ともにチャート上の山羊座にあります(現実とはかなりずれています)が、
水星は水瓶座側にあります。空を観察すれば分かりますが、水瓶座は山羊座の東にあるので、
水星は太陽の東にあるのです。つまり、水星はこれから、日の入り直後に見えるようになるのです。

なんといっても動きの早いのが、月です。このチャートを見れば、これから月が満ちて
いくことが分かります。太陽とオポジション(真反対の位置)になったときが満月です。
月がチャートを一周する(地球を1周りする)には27日と7時間40分程度かかります。
しかし、月よりはゆっくりですが、太陽も同じ方向に進んでいますので、月が太陽に追いつく
(つまり、例えば、再び満月になる)には、さらに、だいたい2日と5時間必要です。
このチャートは占いに興味がなくても、役立ちそうです!

さて、自我の相についても、シュタイナーの言いたいことはよく分かりませんが、
ひとつ言えることは、自分はこういう性格だと決めつけないほうがいいということです。
今、表に出ている性格は、自分が持っている数ある特質のなかの一つに過ぎないのです。
自分の性格を絶対視してはいけません。


アストロチャート1 AstroChart(R)により作成
                               (右サイドバーの上にリンク先を示している)


2014_01_05


米宇宙飛行士を生涯苦しめる、月面着陸時の神秘的感覚 (大紀元 2006年6月21日)
この世には、唯一無二の12人を会員とする高級クラブ「月面探検隊・米宇宙飛行士会」がある。
月面着陸に成功した宇宙飛行士12人の中で、探検経歴と名声によって裕福になった人はなく、
逆に地球への帰還後、地球上での努力や目標を見つけ難いことに気づいた。
月まで行った後、さらにどこに行けるか?宇宙飛行士12人はまた、一連の混乱に満ちた
「俗世の生活」に遭遇した。英紙「ガーディアン」の報道によると、
イギリスの作家・アンドリュー・スミス氏は、月面着陸に成功した宇宙飛行士9人を取材、
『月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」』を著し、驚愕の内幕を披露した。
月に着陸した宇宙飛行士のほとんどは地球に戻った後、突如訪れる名声と月面着陸により
生じた超感覚的な影響に対処することができず、精神的に崩壊したり、アルコール中毒
になったり、鬱状態に陥ったりするなどを経験し、多数が妻と離婚したという。(中略)
アームストロングと共に月面を踏んだオルドリンは、地球に戻った後、精神的に気落ちし、
気が狂ったように酒に酔い、妻と離婚した。オルドリンは、彼が月面で歩くとき、
魂が体を離れるような、奇異な感じを覚えたという。この感覚は彼を一生苦しめた。

サンプル数が少ないので断言的なことは言えないのですが、別の星に降り立った人が
どのような精神状態を体験するのかは、星占いではとても興味のあることです。
月に降り立ったら、月という星の影響を大きく受けるのだろうと思われるかもしれませんが、
そうではなくて、地球という大きな星の影響を受けることになります。
星占いでは、星の影響を受けるというより、星の動きの影響を受けると考えたほうがいい
ので、一般的な星占いには、地球は登場しません。
月に降り立てば、地球の影響を大きく受ける替わりに、月の影響を受けなくなります。
そして、一時的にせよ、記事9-5にあるような月星座の恩恵から切り離されます。
「太陽星座が昼間のあなたとすると、月星座は夜のあなた。 月星座はもっと本能的で、
もっと生理的で、もっと無意識的な自分でもなかなか気づいていないあなたの一面を
表します。月星座が語るものは、あなたの魂の、深く繊細な感情。」
人間が、魂から発せられる深く繊細な感情を失うと、どのような心理状態に陥るのか、
感覚的には全く理解できませんが、オルドリン氏の話はストレートです。
「魂が体を離れるような、奇異な感じを覚えた」ということですから・・・
魂からの感情を注視するか無視するかは別にして、
わたしたちは、常に魂の影響下にあるのです。
魂の影響がない環境に行ったことがないゆえに、わたしたちには魂がわからないのです。
体験したことがないことを感覚的に理解できないのと同じように、
体験しないことがないことを感覚的に理解することも容易ではないのです。
月星座の影響を失った場合、魂とのつながりが永続的に切れてしまうようです。
月の直接の影響は、同じく、記事15-5に示したとおり、「月は、人との関係性でも、
特に、家族や恋人といった比較的身近な人間関係を意味しています。」ということですから、
月面着陸に成功した宇宙飛行士が離婚したくなる気持ちもわかります。
月って、意外に大切でしょ!
さて、問題は、地球が、もしくは月星座の地球版である地球星座が、
人にどのような影響を与えるかということですが、これはよくわかりません。
よくわかりませんが、人類にとって、地球もひとつの星として考えるべき状況に
なっているとわたしは思います。
下の図のように、第二ハウスに地球を入れるのがいいのではないでしょうか?


すごろく3

2014_01_04


時間と量子 ~宇宙を織りなすもの(上) ブライアン・グリーン~
実際に何が起こっているのかに対する説明を求めたり、なぜこの結果になったのかを
理解しようとしたり、検出器の目盛りとコンピューターの出力を超えたレベルで宇宙を
理解しようとしたりすることは、行き過ぎた知的貪欲さの表れだということになる。
しかし、私も含めて、そうは考えない人たちは多い。
なるほどデータの説明をする事は科学の仕事だ。しかし、それだけでなく、データによって
裏づけられた理論を重く受け止め、その理論を使って宇宙の性質について可能な限りの洞察を
得ようとすることもまた、科学の仕事だと考える物理学者は少なくないのである。

科学は観測結果が真実であるという原則に基づいているので、
観測結果に疑いをもつと、科学の根底が崩れることになりかねません。わたしたちは、
確率として存在する世界、確定されていない状態の世界をそのまま観測することはできません。
真実の物理世界は、わたしたちの感覚世界とは大きく異なっているのです。
ある量を測定する場合、真の(誤差のない)値は、神のみが知っていることになっています
(だから、科学的には、真の値からの誤差ではなく、不確かさという概念を用いる)。

まして、魂の世界など、どんな世界であるかを考えても意味はありません。
分かるのは、肉体的に、精神的に現れたものだけです。しかも、どれが魂から発せられたもの
なのか、どれが魂から発せられたものではないのか、見分ける方法がありません。
なぜなら、魂が何かがわからないからです。定義できないものは測定できません。
さらにしかも、魂から発せられたものであると思われても、それが
魂の真の姿を示しているわけではないのです。
物理的に見ると、時空を越えていて、不確定で、あいまいさで構成される世界。
心理的に見ると、主観的で、正誤がなく、善悪がなく、パラドックスに満ちた世界。
魂を知るには、感性に頼らざるを得えません。美的感覚も重要です。
実は、物質世界でも同様のことがいえます。よく考えてみれば、
物理学において対称性の破れが話題になること自体、不思議なことです。
対称性は、物理法則の大前提です。そういうものなのです。
魂については、そのようなものが明らかになってはいませんが、
魂の世界は、物質の背後と潜在意識の奥を
つなぐものなのでしょう。

星の動きは、魂の世界とどのようにつながっているのでしょうか?


 天の岩戸(三重県) 2013年12月27日撮影

2014_01_03


錬金術  “錬金術”. ウィキペディア日本語版. 2013-12-05.(参照 2014-01-01).
錬金術とは一般の物質を「完全な」物質に変化・精錬しようとする技術のことであり、
さらには人間の霊魂をも「完全な」霊魂に変性しようという意味を持つこともあった
(=神に近づく、神になる、神と合一する方法ともいえよう)。
またホムンクルスのように、無生物から人間を作ろうとする技術も、一般の物質から、
より完全な存在に近い魂を備えた人間を作り出すという意味で錬金術と言える。
錬金術に携わる研究者を錬金術師と呼ぶ。特に高等な錬金術師は、霊魂の錬金術を行い
神と一体化すると考えられたので、宗教や神秘思想の趣きが強くなった。

一般的にいえば、錬金術は、他の金属から金(GOLD)をつくり出そうとする技のことです。
古代にはじまった錬金術は、中世になるとヨーロッパで盛んに行われました。
一応、科学的事実を言っておきますが、化学的手法で他の金属から金は製造できません。
しかし、この錬金術、単なる化学実験ではありません。魂を高める技術でもあったのです。
意識レベルの高い魂を手に入れるために、様々な試みが行れたものの、
依然として魂が何かはわからないのです。
顕在意識の下には潜在意識がありますが、その潜在意識の下に、魂があるのでしょうか?
そのように考えると、魂の最も大切な本質を見失うことになります。
水は水素と酸素から合成されますが、水は水素と酸素の混合物ではありません。
さらにいうと、水は水素と酸素が混合されただけではできません。
何かのきっかけ、水の合成でいえば、火花のようなものが必要になります。
魂の一面だけを捉えてしまうと、余計、魂を理解できなくなるのです。
錬金術と同じように、魂には物質的な側面もまた存在します。
しかし、物質的な側面ばかりを強調していても、これもまたダメなのです。
魂は、非常に捉えにくいうえ、○○であるとは断定できないという特徴を持っています。
魂は、単に物質的なものではないし、単に精神的なものでもありません。

錬金術には多くの星が関わっています。
錬金術で非常に重要視されたのが水銀です。
水銀は英語でmercuryです。水星もmercury。関係ないとは言えないでしょう!



錬金術―おおいなる神秘 (「知の再発見」双書)錬金術―おおいなる神秘 (「知の再発見」双書)
(1997/12)
アンドレーア アロマティコ

商品詳細を見る

2014_01_02


ホロスコープが教える、2014年の運勢「大いなる目覚め」の年
個人的にも、集団としても、深みのある変化が続く年になります。
革新的な天王星と変容を好む冥王星のつくるスクエアは3年目に。これらの惑星は
ゆっくりと動きながら、2012年から2015年3月までの間に7回、直角をつくるのです。
今年、天王星と冥王星は4月21日と12月14日に出くわすことになります。
これらの期間は局面を左右するような重大な混乱が起こりうるでしょう。しかし、
これらの惑星は同時に、組織や個人に突破口を開くチャンスをもたらすものでもあります。
ストレスを軽減して意義ある発見をする確率を高めるには、柔軟性を持ち、
何事に対してもオープンでいることが一番です。
木星は、1月31日に冥王星とオポジションとなり、2月26日には天王星とスクエアとなることで
このプロセスに加わります。私たちはナーバスなエネルギーによって緊張するか、
不信の渦に巻き込まれて落ちていくかもしれません。その結果、将来のプランについて
疑問が湧いてくるでしょう。※こちらの記事に含まれる日付はアメリカ時間を基準にしています。
(2014年1月1日 日経ウーマンオンライン)

あけましておめでとうございます。
年末まで気になるニュースがいろいろありましたが、それはおいておきまして・・・
思い起こせば、2008年があのような1年になると、元旦に予想できた人がいるでしょうか?
9月15日、リーマン・ショックが起きました。日本にとっても他人事ではすみませんでした。
思い起こせば、2011年があのような1年になると、元旦に予想できた人がいるでしょうか?
3月11日、東日本大震災が起きました。まさか、その後、原発事故が起こるとは・・・
さて、2014年はどんな年になるのでしょう。
心配なのは、経済のこと、災害のことだけではありません。安全保障は明らかにリスクです。
これだけ世界が急激に変化すれば、どこで鬱積したエネルギーが噴出するかわかりません。
星占いにおいて、2つの惑星が正反対の位置にあることを、オポジションといいます。
そして、2つの惑星が90°の角度で位置していることを、スクエアといいます。
どちらも克服しなければならない困難な状況に陥る可能性を示唆するものです。
現状を見ると、大きな変革が起きれば、痛みを伴うことは避けられないように思います。
変革は国民全体が影響を受けますが、痛みは一部の人が集中的に受けることになります。
痛みの先に、明るい未来を見通せるでしょうか?
先の見えない泥沼だけは避けたいものです。




2014_01_01


12  « 2014_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top