水瓶座 人生の方向 (建設屋さんのホームページへようこそ!)
改革とハプニングを象徴する天王星が水瓶座の守護星。常識や平凡を好まない性格、
独創的でユニークな発想は、天王星のキャラクターそのものなのです。
水瓶座生まれの人は、変化とハプニングの多い人生を歩むでしょう。
決められたレールの上を行く、これこそ水瓶座がもっとも嫌う人生です。世の中の大多数が
不自由でも安定した道を選ぶ中にあって、あえて不安定な自由を選ぶのが水瓶座の傾向です。
安定を求め、かなりの能力をもちながら、それに背を向ける気まぐれ人生を送る人も多いでしょう。
価値観も一風変わっていて、世の中と相いれない傾向にあります。

人生9年周期の11巡目(90〜98歳)は、12星座のうちの水瓶座にあたります。
水瓶座の一般的な特徴は、90〜98歳での運命に関する巡り合わせがもとになっています。
水瓶座においては、自己への執着を断ち切ることが課題となります。
一般的には、変わり者といわれる水瓶座生まれの人ですが、
水瓶座の真の特徴は、宇宙の動きに合わせて動くことにあります。
他人から見れば、水瓶座生まれの人は好き勝手に行動しているように見えるのですが、
本人にしてみれば、自分勝手に動いているわけではなく、突き動かされるものがあって
動いているのです。水瓶座の本質は宇宙との連動にあります。
宇宙の動きは、わたしたちにとっては理解不能なので、宇宙とともに動くことは、
他人からみると、突拍子もない動きとして理解されることになります。
また、時空上の位置によって宇宙は全く異なる動きをしているので、宇宙とともに動くと、
それぞれの人が全く違う動きをすることになり、とてもユニークに見えます。
我執を捨てると、宇宙とともに動けます。
欲望をなくすというより、「こだわり」をなくすということです。これは難しいです。
90代になったからといって、本当に「こだわり」を捨てられる人は、極々わずかです。
自分が受け取るものすべてに感謝する気持ちです。
何が起きても、あるがままに生きるのです。しかし、自意識を失うわけではありません。
記事9-5「11と12の世界」に、現実的な人間の社会活動の全ては1室から10室までで
事足りているが、そこからはみ出た11と12には特別な意味があるということを書きましたが、
実際、11と12には、1~10にはない特別な意味があるのです。

突然、話は変わりますが、タロットの一番最初のカードは「愚者」というカードです。
「愚者」は、水瓶座と似ていて、型にはまらない、風変わりといった意味があって、
水瓶座、「愚者」ともに対応する惑星は天王星です。
11番目の星座である水瓶座とタロットカード0番の「愚者」には奇妙な一致点があります。
星座とタロット、実はつながっているのです。
ウェイト版タロットの「愚者」カードに示されているように、ここに崖があります。
最後の星座である魚座が、タロットにつながっていないことは、次の記事にて。




スポンサーサイト
2013_11_21


10  « 2013_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top