完全数(かんぜんすう,英: perfect number)とは、その数自身を除く約数の和が、
その数自身と等しい自然数のことである。
例えば 6 (= 1 + 2 + 3)、28 (= 1 + 2 + 4 + 7 + 14) が完全数である。
“完全数”. ウィキペディア日本語版. 2013-09-23. (参照 2013-10-12).
過剰数(かじょうすう、英: abundant number)は、自然数で、
その正の約数の総和が元の数の2倍より大きい数のことである。(中略)
例えば20の約数の総和は 1+2+4+5+10+20=42>20×2 であるので20は過剰数である。
“過剰数”. ウィキペディア日本語版. 2013-03-12. (参照 2013-10-12).
魔法数(まほうすう)とは、原子核が特に安定となる陽子と中性子の個数のことをいう。
電子の魔法数 原子の化学的性質はその電子配置でほぼ決定されるが、
電子殻における電子にも化学的に極めて安定する特定の数(配置)がある。
“魔法数”. ウィキペディア日本語版. 2013-06-22. (参照 2013-10-12).

完全数と過剰数は、数学の数字。一方、魔法数(原子核・電子)は、物理の数字。
28までのこれらの数を見ると、数学の数字と物理の数字が関係あるような関係ない
ような感じで、複雑に絡み合っています(下の図)。
完全数、過剰数、魔法数(原子核・電子)のそれぞれにおける、数字の間隔は、
2,4,6,8,12,22の6つ。前記事にも書いたように、
宇宙は1→2→4→8→12と分割されたので、全世界は12です。
鏡のなかの世界を加えると、全世界は22になります。つまり、
1→2→4→8→12→22が宇宙の分割のされかたなのです。
完全数、過剰数、魔法数(原子核・電子)の数字間隔には、6が入っていますが、
それを除けば、宇宙の分割のしかたとそっくりです。
最小の完全数である6には、何が隠されているのでしょうか?
1日目1、2日目2、3日目4、4日目8、5日目12、6日目22(世界完成)で、
7日目に神が休んだのならば、まさに天地創造のお話のとおりです。
ただし、神様が1日目に世界を光と闇に分ける(つまり2を創造する)のは困ります。
陰陽分極は2日目であってほしいのですが・・・
また、正多面体には正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体の
五種類がありますが、つまり、これは4→6→8→12→20となっていて、
最後の数(つまり、20)が、鏡のなかの世界を加えた全世界の数字ではなく、
鏡のなかの世界を加えた物理世界の数字になっています。
さらには、28という数字にも何かが隠されているような気がします。
中国の占星術では、二十八宿というものが用いられていたそうです。

次の記事は、再び、誕生数に戻ります。

バーチャル7

スポンサーサイト
2013_10_13


09  « 2013_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

対馬(津島)と神津島
を結ぶライン上に、
沖ノ島があるの。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top