正社員を減らした会社5年前から正社員を減らした300社ランキング
エレクトロニクス業界の低落を映す結果に
(6月6日 東洋経済オンライン)
東芝の半導体メモリー事業の売却が難航している。
アメリカのファンドなどと共同出資を検討している
官民ファンドの産業革新機構は、出資決定を5月末
で決められなかった。東芝の再建には欠かせない
スキームだけに、関係者は気をもんでいるだろう。
勢いのある企業は従業員を増やすが、もちろん
そんな順調な企業ばかりではない。経営が芳しく
なかったり、グループ再編の一環で不振事業や本業
との関連の薄い部門の整理を進めたりすれば従業員
は減少する。東洋経済オンラインは、過去5年で
正社員を大きく減らした上場企業を独自に調査。
上位300社をランキングした。昨年も同種の
ランキングを掲載したが、最新版となる。ランキングは有価証券報告書(2015年12月期~2016年11月期)に記載されて
いる「従業員数」を正社員数と見なし、2010年12月期~2011年11月期の人数を比較して減少数の多い順に並べた。
従業員数は連結ベースと単独ベースの数字が開示されているが、今回は連結ベースの人数で比較を行った。単体ベース
の数字で比較すると、この5年間にホールディングス化を行うなどのテクニカルな影響が大きくなってしまうためだ。
5年前比の正社員増加率や非正社員数も併載した。
1位パナソニックは11万7000人の減少
目立つのは電機大手だ。2016年11月までの有価証券報告書の注記からランキングは作成しているので、現在も人員削減を
進めている企業ではさらに正社員数が減っている可能性がある。5年で1000人以上の正社員を削減した会社は81社だった。
ニッポン電機の低落を映す結果となった。1位のパナソニックは11万7417人の大幅な削減となっている。同社の事業規模
は縮小傾向にあり、売上高で比べると8兆6926億円から7兆5537億円へ1兆円余り減少。連結子会社数も633社から474社
まで減少した。グループのスリム化を進めた結果の大幅な人数減といえる。ただ、こうしたスリム化の甲斐もあり純利益が
740億円から1932億円となり収益性には改善がみられる。2位のソニーは4万2000人の減少となった。最も多くの正社員
を抱えるエレクトロニクス分野の従業員数を減らした結果、全体でも大きな減少となった。映画や音楽、金融事業に関わる
従業員数は横ばいかやや増加するなど、事業分野によって傾向が分かれているのが特徴だ。東芝はこの5年で正社員の削減
は1万4829人にとどまっているが、予定されている半導体メモリー事業の売却でさらに正社員数は減少する見通しだ。
なお、2016年3月期の有価証券報告書時点のセグメント情報によると、半導体事業が含まれる電子デバイス部門の従業員
数は3万4158人となっており、売却の動向によってはこの規模の人数が東芝の正社員から減る可能性がある。

リチウムイオン電池も有機ELの二の舞か?
日本勢の危機感不足と油断は致命傷を招く(5月25日 日経ビジネスオンライン)
(前略)サムスンSDIの当時の金淳澤(キム・スンテック)社長の熱い想いと忍耐強さによって、08年にはサムスンの
携帯電話「ギャラクシー」に有機ELは採用されるところまで漕ぎ着けた。その後は、一気呵成に生産と供給量を拡大し、
有機EL事業はサムスンSDIから代わってサムスンディスプレーの中で着実な発展を続けている。前述したように17年
秋モデルから、アップルもiPhoneに有機ELを採用する。画質面と消費電力などの魅力を認めたことでの決断だろうが、
供給できるメーカーはサムスンディスプレーしかないことで、サムスン側の主導権で契約交渉が進んでいるはずだ。
18年からはLGディスプレーもアップルに有機ELパネルを供給すると言うから、いよいよ有機ELが主流になる舞台へと
移行する。シャープにしてもジャパンディスプレイ(JDI)にしても、「液晶の次は液晶」「液晶での更なる差別化」
を戦略骨子として拘わり過ぎた分、有機ELには完全に出遅れた格好である。両社とも準備は進めていると言うものの、
現在のサムスンと同等レベルまで事業を展開するには、4~5年は必要であろう。あるいは、それでも無理かもしれない。
ましてその間に、サムスンディスプレーは独占的立場で先行利益を確保し続けることになるだろう。さらに競合が参入
してくれば、次は製造コストを低減させつつ価格主導でビジネスをリードする戦略ということになる。(中略)
2007年くらいまでは、日本勢が圧倒的なシェアと強みをもっていたLIB(リチウムイオン電池)事業に暗雲が垂れ込め
たのは、それ以降のことであった。ソニーに9年遅れの2000年にLIB事業に参入したサムスンSDIが存在感を示すのに、
長い時間は必要なかった。研究開発への投資、生産キャパ拡大への投資、積極的なマーケティングによる顧客開拓、
日系部材メーカーとの良好なビジネス関係、コスト低減等々、サムスンSDIは多くの手段で存在感を示すことになった。
LG化学も同様に存在感を向上させた。一方、当初は強い競争力を有していた三洋電機、パナソニック、ソニーは、
個社の自信と慢心で、後発組に対する危機意識をもつのが遅すぎたということになろう。
しかしここで、また更なる難題が押し寄せている。香港に本社がある中国ATL(Amperex Technology Limited)の
急速な成長が、韓国勢と日本勢の間に割って入ってきて脅威を与えている。ATLはアップルとの強いビジネス展開で
成長しており、「ATLの一人勝ち」とまで言われる状況に移り変わった。現在では市場シェアで1位を誇るサムスン
SDI、続くLG化学も利益を出せない事業となっている。日系でも、パナソニックは直近で年30億円ほどの赤字、
ソニーに至っては事業売却で、17年7月に村田製作所に移管され、26年のLIB事業に終止符を打つ。このままの状況が
続けば、事業撤退を強いられるLIBメーカーも出て来るであろう。そうした状況を日系電池メーカーが打開するため
には、時間軸を変えて二つの方法がある。一つは直近の課題ではあるが、日系の強い素材・部材メーカーの先端技術
をいち早く適用することでの競合社と差別化すること。すなわち、素材・部材メーカーに対する電池各社の求心力を
高めることである。そしてもう一つの方法は、LIBでは到達不可能な革新電池を日本が実用化して、競合他社の追随を
許さないビジネスモデルを発掘することである。まさに、ニッケル水素電池からLIBへ移行したと同様なモデルである。
革新電池と言えども、今後、先行利益を得る期間は次第に短くなるものと思われる。LIBで日本が先行利益を確保できた
のは20年弱の間。その頃は競争力のあるプレーヤーは限られていたが、今は競争力を有す海外企業が増えたため、先行
利益の確保は高々10年ほどかと考える。すなわち、日系にとっては革新のサイクルを早めていくこと、強力な知財で
牽制すること、それが生き残り戦略のひとつになるだろう。電池個社で革新電池研究を地道に推進することは経営資源
の面でも容易ではない。産学連携での基礎研究強化と、強い特許の確立が重要な手段となるであろう。(後略)

日本のトップ企業でも、わずか5年間で、3人のうち1人が会社を去らなければなら
ない状況に陥ってしまうわけですから、この会社は安心だと断言できる企業などない
と言ってもよいくらいです。この10年で日本のエレクトロニクス産業は激変しました。

有機ELと液晶の違い日本のメーカーは今まで液晶の
高機能化を追求してきましたが、
一つ一つの素子が発光する有機
ELは、バックライトで画面を
明るくする液晶では実現できない
「黒」を達成することができます。
日本メーカーが液晶の「高品質」
をいくら売りにしても、海外の
メーカーとの品質の差など微々たるものです。それよりも、有機ELのほうが圧倒的
に「コントラスト」を出すことができるのです。また、薄型液晶パネルも同様です。
バックライトが要らない有機ELのほうが薄くできるに決まってます。薄型の液晶
パネルを売りにしても、メーカー間の差など微々たるものです。有機ELのほうが、
液晶より薄いのです。有機ELの発光効率がよくなれば、バックライトが要らない
有機ELのほうが省エネです。明るさと寿命、そして製造技術の改善が進んだことに
より、スマホのディスプレイは、薄くて省エネで、曲面ディスプレイも可能な有機
ELが主流になるでしょう。液晶がなくなるということはないと思いますが、安価な
商品に限られます。液晶の価格競争をするのなら意味はありますが、液晶の性能を
競う時代は終わりました。有機ELは今になって突然生まれた製品ではなく、技術と
してはかなり昔からありました。素人考えでも「液晶の次は有機EL」だったのに、
「液晶の次は液晶」「液晶での更なる差別化」などという戦略がまかりとおる日本の
メーカーは、組織として世界に太刀打ちできないのかもしれません。専門の技術者は
分かっていたでしょうに。価格競争で勝てない日本メーカーが開発競争でも敗れる
ようでは、どこに勝機を、いや商機を見つけたらよいのでしょうか。商品の無意味な
高機能化ではなく、シンプルで使いやすい革新的製品の開発に乗り出してもらいたい
ものです。しばらくすれば、液晶と同様、有機ELも価格競争に入るでしょう。有機EL
の開発競争に乗り遅れた日本のメーカーは、大怪我をしないためにも、有機EL への
研究開発、設備投資を控えたほうがよいのかもしれません。




スポンサーサイト
2017_06_08


減らない若年者の自殺 孤立を防ぐ対策が大事だ (6月4日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
日本の自殺者の数は年々減少しているが、世界各国の中では依然として高い水準にある。特に若年層は高止まりしたまま
だ。どうして子供や若者は自ら命を絶つのか。その原因を詳しく分析し、若年層に重点を置いた対策を講じる必要がある。
政府が閣議決定した自殺対策白書によると、日本の自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)は世界で6番目に高く、
女性だけだと3番目。主要7カ国で10位以内に入ったのは日本だけだ。日本の自殺者数は2003年の3万4427人を
ピークに顕著な減少傾向が続いており、16年は2万1897人になった。だが、若年層だけは減少の兆しが見られない。
5歳単位での統計を見ると、15~39歳の死因はどの年代も自殺が最も多く、15~34歳の自殺死亡率は事故による
死亡率の2・6倍に上る。主要7カ国で自殺が事故を上回るのは日本だけだ。自殺の背景には、長時間労働による過労、
生活困窮、育児や介護疲れ、孤立などが複雑に絡まっている。政府や自治体は自殺対策として相談窓口の整備に努めてきた。
子供の場合はいじめや友人関係の悩み、学業不振、家庭内の問題などが指摘される。だが、一般の相談窓口になかなか
つながらず、周囲が予兆に気づかないケースが多い。政府は、子供自らが周囲に悩みを打ち明けやすい環境を作ること、
学校における「SOSの出し方教育」を進めていくことを検討している。そのためには、担任教師だけでなくスクール
カウンセラーなどの専門職をもっと配置する必要がある。周囲の大人に対する教育も重要だ。子供が小さなSOSを
出しても、学校関係者や家族がそれに気づくことができる感性や知識を身につけていなければ生かされないだろう。
また、高校中退者や自宅に引きこもっている若者は、教育と福祉のはざまで困窮状態にある人が多い。孤立する若者を
どう支援につなげるかを考えないといけない。先進国の間では子供の自殺について政府主導の調査研究で未然防止に
つなげようという動きがある。日本も重要な国政の課題と認識し、全力で取り組むべきだ。

公的制度は高齢者を優遇か70代も半数は「高齢者が優遇されすぎ」と回答
日経ビジネス独自アンケート、世代間不公平への不満
続出(5月26日 日経ビジネスオンライン)
優遇されすぎ!高齢者
年金や医療、介護保険制度について「高齢者を優遇し
すぎか」とストレートに尋ねたところ、最も不満を
持つ割合が高かったのは30代。82.5%が「そう
思う」「どちらかといえばそう思う」と回答した。
20代でも約8割、40代でも約7割が不満を抱いている。
全体では「高齢者の年金などを賄うための借金のツケ
を若い世代が負っている」(70.3%)が一番多く、
「高齢者がもらえる年金額が今の若い世代が受給年齢に達した時より多い」(58%)と続く。70歳以上は5割が肯定した
ものの、「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」の合計は49.6%と拮抗した。そう思わない理由は「日本の
発展を築いたのは今の高齢者だから」(57.3%)、「若者もいずれ現行の社会保障制度の恩恵を受けるから」(27.9%)
が多かった。(中略)
世代間不平等は「自業自得」?
「世代間不公平」が是正されない要因は、高齢者の声が大きすぎること。所得の低い年金生活者を対象に3万円を
ばらまいた2016年の「臨時給付金」は大票田の高齢者におもねる政策そのものだ。65歳以上の人口は、16年時点で
20代の2.8倍。もともと数が多いうえに、投票率も若い世代より高齢者層は高い。選挙への意思を聞いた設問では
「必ず行く」と答えた割合は、70歳以上が80.9%で、最も少なかった30代は47.5%だった。いかないのは「自分の利益
を代表してくれる政治家・政党がない」(41.7%)のが最大の理由だった。働き盛りの30~40代は休日に選挙に行く体力
・気力がないのかもしれない。だが「現状に満足している若者が多いことの表れで、この状況を克服する必要はない」
(42歳男性)、「投票しない若者の自業自得」(49歳男性)との冷静な意見も寄せられた。ただ、若い世代とみられる
回答者からは「私と同世代など比較的若い人の投票率が低いという理由だけで、高齢者への社会保障が手厚くなるのは
腑に落ちない」(女性)との反論もあった。(中略)
不満と不安がたまる若い世代
最も恵まれていると思われている世代は断トツで70歳以上だった。これはすべての世代で共通。背景には、「高齢者でも
収入や資産に応じて負担を増やすべきだ。このままでは、制度自体が破綻する」(66歳男性)、「余裕のある高齢者も
たくさんいる」(51歳男性)など、社会保障で支えなくても生活できる高齢者の存在がある。高齢者からも「確かに若い
世代は大変だと思う」(73歳男性)との声が上がる。実際、総務省の家計調査(2015年)によると、世帯主が70歳以上
の世帯当たりの貯蓄は平均2389万円、60代は2402万円。50代の1751万円、40代の1024万円、40歳未満の608万円を
大幅に上回る。しかも、40代以下は住宅ローンなどを抱えており、負債が貯蓄を上回っている。(後略)

「先が見えない不安」というのは、誰でも多少は感じるものなのかもしれませんが、
若者のほうが深刻に考えがちです。ある程度の年齢になると「先が見えてくる」
ので、失望することが多くなる一方で、心が押し潰されそうになる不安感は減って
いくように思われます。しかし、現在の若者の場合、「先が見えない不安」が単なる
杞憂ではなく、「目前に見える絶望」につながっているのかもしれません。最大の
リスクは、国の財政破綻です。もし自分が政治家だったら、世代間格差を是正する
政策を提案するかどうか考えてみてください。高齢者に嫌われる政策を掲げる政党に
属する政治家は、次の選挙で落選するでしょう。若年層も高齢者も大切にしようと
すれば、財政がもちません。現在、国の借金は1000兆円程度ありますが、本来なら、
1000兆円程度積立てておくべきだったのです。現在の年金積立金は140兆円余り
ですから、あまりにも少なすぎる額です。今こそ、若年層へのサポートが必要な
ときなのに、日本はこれから財政再建をしなければならないのですから、絶望的な
状況です。結局のところ、増税するしかないのですが、増税すれば国内消費を冷え
込ませて不景気になりますから、必要な分だけの増税はできません。最終的には、
財政が破綻するまで、プライマリーバランスの黒字化はできないものと思われます。
財政破綻で、「円」の資産価値を落とすことでリセットするしかないのです。財政が
破綻しても、国家が破綻するわけではありませんが、経済弱者にしわ寄せが及ぶこと
は間違いありません。ハイパーインフレ、金利の高騰、円安、年金カット、公務員の
リストラ、増税、金融不安などが予想され、いずれも国民生活にマイナスになるもの
ばかりです。高齢者にも負担を強いるものになりますが、「先が長い」だけに、若者

デフォルト危機でのギリシャの若者に最も大きな影響が及びます。今でも
債務問題で苦しむギリシャでは、15
~24歳の若者の48%が失業状態だと
報道されています。ギリシャのような
事態が、いつ日本に起こるのか?
これは誰にも分かりませんが、
「先が見えない不安」は増すばかり。





2017_06_06


60歳以上の2割、子や孫へ生活費 ほぼ賄うケースも (6月2日 朝日新聞デジタル)
60歳をすぎても、18歳以上の子や孫の生活費を一定以上負担している人が2割いることが、内閣府の調査でわかった。
近く閣議決定される今年の高齢社会白書に盛り込まれる。生活費をもらう子や孫の8割は働いていて、収入が足りない
若い世代を親世代が支え続けているようだ。調査は昨年6月、全国の60歳以上の男女約2千人から聞き取りで実施した。
83・4%は学生を除く18歳以上の子どもや孫がいて、生活費について尋ねたところ、16・3%が「一部まかなっている」
と答え、「ほとんどまかなっている」も4・6%いた。生活費を出してもらっている子や孫は72・9%が同居していた。
20・7%は無職だったが、8割は働いており、正社員・職員が47・5%、パート・アルバイトは19・8%、自営などが
7・6%だった。子や孫の収入状況は調べていないが、60歳以上の平均収入は年金を含めて月10万~20万円未満が
もっとも多く32・9%。20万~30万円未満が26・4%、5万~10万円未満の15・2%が続いた。経済的な暮らし
向きについて「心配ない」は64・6%に上り、「心配」の34・8%を大きく上回った。

転落の始まりは10万円 銀行カードローンで狂った人生 (4月19日 朝日新聞デジタル)
転落のきっかけは、ネット銀行に10万円の借り入れを申し込んだことだった。東京都内の元会社員の男性(57)は
2013年秋、母親のがん治療費などですでに複数の消費者金融などから計100万円超の借金があった。返済がきつくなり、
ネット銀のカードローンを頼った。ネットで申し込むと、審査は驚くほど簡単に通った。収入証明書も不要だった。融資枠は
キャンペーンなどの誘い文句で増え、借入額は半年で200万円超に。他の銀行カードローンでも借り入れを重ねた。手取り
は20万円余りだったが、毎月の返済額は十数万円を超え、行き詰まって今年1月、自己破産を申請した。「最初に借りた
ときはありがたいと思った。でも抜け出すのは難しかった。本当にバカでした」と男性は話す。債務整理にあたった森川清
弁護士は「社会福祉協議会の資金貸付制度などを使えば、破産せずに済んだ可能性がある」と言う。公的支援を知る前に、
街にあふれるカードローンの宣伝に触れ、「安易に借りて後戻りできなくなる人が増えている」とみる。

自己破産13年ぶり増、銀行カードローン急増が背景か (4月3日 朝日新聞デジタル)
個人による自己破産の申立件数が昨年、13年ぶりに前年を上回った。多重債務問題で消費者金融への規制が強化されて
減少が続いていたが、最近は規制対象外の銀行カードローンが急増。自己破産増加の背景にはこうしたローンの拡大があると
の指摘が出ている。最高裁によると、2016年の個人の自己破産申請件数は、前年比1・2%増の6万4637件だった。
03年の約24万件をピークに減り続けていたが、13年ぶりに増えた。近年の自己破産の減少は、消費者金融への規制強化
の影響が大きかった。多重債務問題を受け、改正貸金業法が06年に成立し、10年に完全施行された。利息制限法の上限
(20%)を超える「グレーゾーン」金利が撤廃され、年収の3分の1超の貸し出しは原則禁止となった。
それでも昨年に自己破産が増えた背景として、債務整理に取り組む弁護士らは、銀行の無担保ローン(カードローン)での
過剰融資を指摘する。銀行は貸金業法の規制対象外で、銀行カードローンの貸付残高は、この4年間で1・6倍に急増。
16年末は約5・4兆円と、消費者金融など貸金業者(4・0兆円)を大きく上回った。

家計の金融行動

各種世帯の生活意識

6月2日の東京株式市場で日経平均株価が2015年12月以来、1年半ぶりに2万円を回復。
では、日本の経済が成長しているかといえば、ほとんど成長していません。
したがって、一部大手の好業績企業を除けば、給料はほとんど上がらないでしょう。
株価が上昇すれば投資家は儲かりますが、株式などの金融資産を持っていない人たちに
とっては何の利益にもなりません。「r > g」を実証したピケティの本を読まなくても、
「労働者よりも資本家のほうが儲かる」ことは誰だって分かります。資本家というと、
大金持ちをイメージするかもしれませんが、資産を運用している高齢者だって立派な
「資本家」です。よって、今の日本社会の現状に当てはめて、豊かさを比較すると、
「資産を持たない高齢者< 一般労働者 <資産を持つ高齢者」となります。
このことは、同程度の収入を得ている労働者に新たな格差を生みだしています。
「資産を持たない親を持つ労働者< 0 <資産を持つ親を労働者」となっているのです。
間に0を入れたのは、資産を持たない親は労働者の負担になるという意味です。
安月給の会社に勤めていても、親から資金援助を貰える人は、生活に困っていません。
将来、この状況は解消されるどころか、さらに格差が広がるでしょう。なぜなら・・・
人口減少社会では、現在の所得よりも、過去に蓄積した資産のほうが重要だからです。
金融資産がないだけでも非常に不利な状況なのに、その上、リターンを生まない借金
(住宅ローンなど)をしていれば、さらに不利な状況に陥ります。しかも、高金利の
ローンに手を出してしまえば、破滅の道を歩むことになるでしょう。低金利でも変動
ならば、大きなリスクを抱えています。「国債暴落=長期金利の急上昇」です。
元本保証のない金融資産のリスクについてはよく聞きますが、リターンが見込めない
ものを購入するために借金することのリスクについては無視されています。
本当にお金が足りないのなら、借金をしてはいけません!!!




2017_06_04


トランプ米大統領、パリ協定離脱を発表 (6月2日 産経ニュース)
トランプ米大統領は1日午後(日本時間2日未明)、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から離脱すると発表した。
選挙戦から離脱を公約してきたトランプ氏には国際社会から強い批判が出ていたが、反対を押し切って離脱を決めた形だ。
国際的な気候変動問題への取り組みの後退が懸念されるほか、米国の指導力低下につながるとの指摘も出ている。トランプ
氏はホワイトハウスで発表した声明でパリ協定は「米国に不利に働いている」と強調。温室効果ガス削減の取り組みが米国
経済の足かせになっているとの持論を展開した。パリ協定はオバマ前政権時代の2015年12月に約190カ国が合意。
16年11月に発効した。各国が温室効果ガス排出量の削減目標を提出し、削減に向けて努力することが柱で、現在の
不参加国はシリアとニカラグアの2カ国のみだ。しかしトランプ氏は選挙戦中から人間の活動が気候変動をもたらしている
との考えに懐疑的な立場を取り、排出量規制は石炭など米国のエネルギー産業に悪影響を与えると主張。パリ協定離脱
を公約していた。中国に次ぐ世界2位の排出国である米国の離脱表明は、各国の排出量削減の取り組みにもブレーキを
かけかねない。5月の先進7カ国(G7)首脳会議でも各首脳が残留を呼びかけていただけに、トランプ政権は離脱表明で
気候変動以外の分野でも国際社会からの信頼を失うとの指摘も多い。

国別CO2排出割合大気中のCO2濃度が過去最高 16年平均値 (5月31日 日経電子版)
気象庁は31日、地球温暖化の原因とされる大気中の二酸化炭素(CO2)
濃度の2016年の年平均値が、国内の観測地点3カ所でいずれも観測史上
最高だったと発表した。濃度は年々増加しており、1997年に観測地点が
3カ所になって以降、毎年過去最高を更新している。14年夏から16年春
まで続いたエルニーニョ現象の影響で、植物のCO2の吸収量が減ったこと
も影響したとみられる。気象庁によると、濃度は岩手県大船渡市407.2
PPM(前年比3.8PPM増)、小笠原諸島・南鳥島404.9(同3.4PPM増)、
沖縄県・与那国島407.1PPM(同3.2PPM増)。気候変動に関する政府間
パネル(IPCC)は、産業革命前からの気温上昇幅2度未満を達成する
ためには、2100年時点でCO2を含む温室効果ガス濃度を450PPMに
抑える必要があるとしている。各国のCO2排出量は横ばい傾向だが
世界的に濃度の増加は続いている。排出量削減や吸収量増加の対策をしても、濃度に影響するまで数年から10年程度
かかるとされる。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」では、世界の温室効果ガスの排出量を今世紀後半に実質ゼロ
にすることを目指す。トランプ米大統領は近く協定から離脱するかどうかについて表明する見通し。

CO2回収・貯留技術を実用化へ、2030年までに石炭火力発電所に適用(2月22日 スマートジャパン - ITmedia)
二酸化炭素貯留環境省は大量の二酸化炭素(CO2)を回収して地中に貯留する
「CCS(CO2 Capture and Storage、CO2回収・貯留)」の
取り組み状況をまとめて2月20日に公表した。その中でCCS
の実用化に向けて主要な技術や建設用地を確保しておく
「CCS Ready」の重要性を強調している。
CCSは火力発電所や製鉄所など大量のCO2を排出する設備
からCO2を分離・回収したうえで、回収したCO2を地中の深く
まで圧入して貯留する。CO2の排出量を削減する対策として
欧米の先進国で実証プロジェクトが進んでいる。日本でもCO2
を分離・回収する設備の実証試験と並行して、回収したCO2を
利用できるバイオ燃料の製造やCO2を地中に貯留する大規模な
実証試験が始まっている。(後略)

2016年、世界の平均気温は3年連続で史上最高を記録し、大気中の二酸化炭素濃度も
過去最高を記録したことから、二酸化炭素などの温室効果ガスの影響で地球が温暖化
しているという説を覆すことは難しくなってきています。オバマ政権下であった米国
は、昨年パリで採択された地球温暖化対策の国際ルール(パリ協定)を批准しました。
パリ協定では「2020年以降の地球温暖化対策にすべての国が参加」としていますが、
これが大きく揺らいでいます。パリ協定では「世界の平均気温上昇を、産業革命から
2℃未満、できれば1.5℃に抑える」ことを目指しており、これを実現させるためには、
「今世紀後半に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」必要があるとのこと。
今後、再生可能エネルギーを最大限導入していかなければなりませんが、それでも
石油、石炭、天然ガスが主要なエネルギー源であることには変わりがないでしょう。
従って、温室効果ガスの排出を止めるためには、化石燃料の燃焼ガスに含まれる
二酸化炭素を回収して、地下や海底に貯留しなければなりません。自動車の排ガス
を回収することなどできませんから、自動車は燃料電池車か電気自動車でなければ
ならず、自動車を考えただけでも、あまりにも非現実的過ぎて、やる気をなくして
しまいそうな感じです。地球温暖化を防止する対策だけでなく、地球温暖化により
頻発するであろう「洪水と渇水」への対策をもっと検討したほうがいいでしょう。
トランプさんの今回の決定で、パリ協定の実効性への懸念がさらに高まることに
なるかもしれません。
パリ協定において、発展途上国が賛成に回ったのは、「途上国への資金支援を先進国
に義務づける」という約束があるからです。途上国の気候変動対策費として、先進国
が2020年までに年間1000億ドルを支援することになっています。超大国アメリカが
不参加ならば、誰がその資金を出すというのでしょう?分担分以上のさらなる負担を
求められないよう、日本は注意しておかなければなりません。




2017_06_02


日本のニートOECD 日本の若者の1割が「ニート」
(5月29日 FNN Fuji News Network)
OECD(経済協力開発機構)は、日本の15歳から29歳まで
の若者のうち、職業に就かず、教育などを受けていない、
いわゆる「ニート」の割合が、2015年で10.1%(170万人)
だったとする報告書を発表した。OECDの平均を下回って
いるが、日本の「ニート」の3分の2が、積極的に仕事を
探していないほか、32万人の若者が「ひきこもり」状態
と推計されるという。(後略)

佐賀のひきこもり、男性7割が中高年…長期化も (5月16日 読売新聞)
佐賀県は15日、ひきこもりに関する実態調査の結果を初めてまとめた。 学校や会社に行けないなど、社会的参加が6か月
以上ない人は少なくとも644人で、このうち7割超が自宅に3年以上ひきこもっている実態が浮き彫りになった。 調査は
1~3月、県内の民生委員・児童委員2105人にアンケートを行い、このうち1457人が回答した。回答率は69・2%。
調査対象は「おおむね15歳以上」で、ひきこもり状態にある人。内閣府の調査では「39歳以下」までが対象だが、県の
調査では「40歳以上」も対象に加えた。 結果によると、該当者のうち男性は389人(60・4%)、女性は165人
(25・6%)で、無回答は90人(14%)。 男性は40歳代が最も多く110人、次いで50歳代が87人、60歳以上
が77人で、中高年層が71・3%を占めた。一方、女性は60歳以上が65人と突出し、10~50歳代はいずれも10~
20人台だった。 ひきこもりになった原因(複数回答)として、「疾病や性格など本人の問題」が197人と最も多く、「家族
や家庭環境の問題」(112人)、 「失業」(107人)、「不登校」(71人)、「就職できなかった」(38人)が上位を
占めた。 期間は「10年以上」が最も多い232人(36%)で、40歳代(66人)と50歳代(57人)が中心だった。
県障害福祉課は「中高年層でひきこもりの長期化が見られた。今後、結果を基に施策を進めていきたい」としている。(後略)

ひきこもる人たちの高齢化問題、親が亡くなった後… (5月12日 AERA dot. アエラドット)
ひきこもり期間が長期化し、親が死亡して生活に行き詰まるケースも出てきた。ひきこもる人たちが生きていけるような
マネープランの立案や支援は喫緊の課題だ。高校卒業以来、ひきこもっている29歳の息子を持つ田中庄子さん(仮名、61)
は、がんに罹患したこともあり、息子の将来を案じている。息子は、深夜にチラシのポスティングの仕事をして月5万円の
収入を得ているが、国民年金保険料は払っていない。
「マンションもローンが残っており、家も仕事も不安定な状況で、将来の年金ももらえないと……。考えなければいけない
ことが多すぎてどうしたらいいか分からない」(田中さん)
KHJ全国ひきこもり家族会連合会では2004年から会員を対象にアンケート調査を行っている。「16年ひきこもりの実態に
関するアンケート調査」によると、ひきこもり期間は平均10.8年で、調査を始めた04年以来、過去最長となった。また、
親の平均年齢は64.1歳で、定年を迎えるケースも増えている。
茨城県では16年6月から12月にかけて初めてひきこもりに関する実態調査を実施した。調査は県内の全民生委員、児童委員
5261人に対して実施し、48.3%にあたる2542人から回答を得た。県は今年2月14日に調査結果を発表した。「自分の受け
持ち地域に引きこもり該当者がいる」と答えた人は約38%。該当者の年齢は40代がもっとも多く446人(30.4%)、次いで
30代が378人(25.8%)、50代が237人(16.2%)だった。ひきこもり期間は10年以上が628人(42.8%)を占めた。
(後略)
年代別ニート対処法厚生労働省では「通学や仕事をせず、他人と関わる外出をせずに
6ヶ月以上、家にいる人」を「ひこきもり」と定義しています。
昨年、内閣府は、「ひきこもり」が全国で推計54万余りに上る
との調査結果を公表しましたが、なぜか対象が15~39歳。
20歳ニートと40歳万年ニートでは、明らかに後者のほうが
深刻です。山梨県や島根県の「ひきこもり」調査でも、年代別
では40代が最多という調査結果が出ています。
今回の佐賀県の調査でも明らかなように、その多くは男性です。
女性の場合、これまでほとんど仕事をしたことがなかったのに、
40代になって働きはじめるという例は多くあります。採用する
ほうも、職歴なしでも不思議には思いません。ところが、男性の
場合、40代で職歴のない男性を採用する企業は非常に少ない
と思います。「今までいったい何をしてきたのか」ということに
なるでしょう。仮に40歳万年ニートが就職したとしても、仕事
を続けることは簡単でないでしょう。40歳万年男性ニートは、
50歳ニートに、そして60歳ニートになる可能性が高いのです。
日本の社会は完全な男社会になっていますが、これは男性が有利な社会であるように
思われています。実際、女性から見れば男性有利な社会だと感じられることでしょう。
しかし、男性から見れば、男性に格差をつける社会のように感じられます。一般的に、
男性社会は「タテ型」、女性社会は「ヨコ型」の人間関係が中心軸になります。男性が
中心となって集団を組むと役割意識が生まれ、上下の人間関係をつくりだすのに対し、
女性が中心となる集団では対等意識が強まりフラットになる傾向にあります。つまり、
男社会は、その特性から、競争社会になり、格差社会になるものなのです。その結果、
敗者が大量生産されます。特に、メンタルの弱い男性は「負け組」になりやすいのです。
女社会がいいとは言いませんが、もう少し中性的な社会にならないものでしょうか?



2017_05_31


「減塩で健康に」は間違い? (5月27日 医療プレミア 毎日新聞のニュース・情報サイト)
「減塩をしても血圧は下がらない」と聞いたら、あなたはどう思いますか?
「塩分は控えめに」という標語が常識になっている現代人にとっては、信じがたい話ですよね。ところが、ボストン大学医学部
のリン・ムーア准教授は、2017年4月22~26日にシカゴで開催された米国実験生物学連合学会で、「低ナトリウム食は血圧
を下げないかもしれない」と題した研究結果を発表しました。 この研究は、2632人の男女(30~64歳)の食生活を16年間
追跡したものです。参加者は、世界でも有名な疫学研究「フラミングハム心臓研究」(1948年開始)の次世代について70年
代に開始された「フラミングハム子孫研究」の対象者の一部です。研究開始時、参加者の血圧は正常でしたが、1日に2500mg
(食塩6.35g)未満のナトリウムを摂取した参加者は、より多くのナトリウムを摂取した参加者よりも血圧が高かったのです。
ムーア准教授は、「ナトリウムの少ない食事が、長期的に血圧に有益な影響を与えるという証拠は見当たりませんでした。
現在のナトリウム摂取量の推奨が間違っている可能性があります」といいます。 ここで出てきた「食塩」と「ナトリウム」の
関係について説明しておきます。食塩は「塩化ナトリウム(NaCl)」とほぼ同じもので、このうちのナトリウムの体内濃度が
高まると血圧が上がります。食塩のうちナトリウムが占める量は、重量で約40%です。つまり、ナトリウム量(mg)×2.54÷
1000=食塩相当量(g)です。(中略)
大切なのはカリウム?
再びムーア准教授らの発表に戻りましょう。ムーア准教授らは、カリウム、カルシウム、マグネシウムの摂取量が多い人は、
長期間にわたり血圧が低いことを発見しました。研究対象の人では、ナトリウムの摂取が1日あたり平均3717mg(食塩9.4g)
で、カリウムの摂取が1日平均3211mgの人が最も低い血圧を示しました。また、カルシウム、マグネシウムもカリウムと同様
の傾向を示しました。 米メディア「TIME」に対してムーア准教授は、「この研究が示していることは、ナトリウム摂取量に
関係なく、カリウム、マグネシウムの摂取が血圧や心臓病に関して非常に重要であるということです。ほとんどの米国人は、
どの栄養素も十分に摂取していません。例えば、平均的な米国人は1日に約2600mgのカリウムしか摂取していませんが、
米医学研究所は4700mgを摂取するよう勧めています」といいます。ちなみにPURE研究の研究者らは、マックマスター大学
のウェブサイトで「塩分の摂り過ぎも、控え過ぎもどちらも問題。また、ナトリウムばかり気にして、カリウム摂取の重要性が
無視されている」とコメントしています。実際、カリウム排泄量が多い人は、死亡や心血管イベントのリスクがより低くなり
ました。減塩の是非について、最終的な結論を下すには、今後もさらなる研究が必要です。ただ、これまでの研究を考慮すると、
やはり高血圧の人は減塩に気をつけるべきです。06年の厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、40~74歳の日本人のうち、
男性の約6割、女性の約4割が高血圧といわれています。また、高齢化社会である日本では4人に1人は高齢者です。ですので、
健康維持のためには塩分を控えめにするというガイドラインは適当だと思います。問題は、私たち個人が日常的にどのくらい
の塩分を摂取しているか把握していないため、ガイドラインが活用されていないことです。特に加工食品や外食に依存している
人は要注意です。摂取する食塩の量をきちんと把握するために、できるだけ自分または家庭で調理することが基本です。そう
することで、塩の小さじ1杯が約5gに相当するということや、塩1gを含む食品がどんな味がするのかということが理解できます。
高血圧の予防に関しては、ムーア准教授らの研究から、極端な減塩はかえって健康の問題になる可能性があります。とはいえ、
塩分のたくさん入った加工食品を食べてもいいということではありません。新鮮な野菜や果物はナトリウムの含有量が低く、
カリウムが豊富に含まれているので、たくさん食べれば余分な塩分は自然に排出されますよ。新鮮でバランスのよい食品を
選ぶことが血圧のコントロールには重要ということです。

血圧の高い人へ―カリウムのパワーとは (5月1日 あなたの健康百科)
健康のことを考えるなら、少しでも体によいものを食べたいはず。血圧が高い人ならなおさらだ。このたび、米国の南カリフォ
ルニア大学の研究グループは、ナトリウムやカリウムの摂取が高血圧に及ぼす影響について調査した過去の研究を精査した。
詳細は、4月発行の医学誌「The American Journal of Physiology - Endocrinology and Metabolism」(2017;312:E348
-E356)に掲載されている。
カリウムたっぷりの食事で、利尿薬のような作用が期待できる
カリウムは野菜や果物、肉、魚、わかめなどの藻類、豆や芋など自然の食材に含まれ、ナトリウムの排泄を促し血圧を下げる
作用を持っている。厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、カリウムの1日の摂取目安量は、成人
男子では2,500mg、成人女子では2,000mgと設定されている。一方のナトリウムは、塩をはじめ、塩味の濃い食品や調味料、
加工食品に多く含まれ、過剰に摂取すると高血圧を招く。カリウムの豊富な自然の食材を多く摂取する人に比べて、ナトリウム
の多い食事をしている人は血圧が高くなりやすい。世界保健機関(WHO)は、高血圧を心臓や血管の病気を招く最大の危険
因子と位置づけている。そして、これまでの研究ではナトリウムの摂取量が多い高血圧患者にとって、減塩が非常に有効で
あることが示されている。研究グループが、カリウムとナトリウムの高血圧に与える影響について検討した過去の研究を詳しく
調べたところ、尿中へのカリウムの排泄量または食事調査から推定したカリウムの摂取量が多いと、ナトリウムの摂取量に
かかわらず血圧が低下するという結果を見出した。また、サプリメントを用いた研究でも、カリウムの補給が血圧の低下に
有効であることが示されたという。さらに研究グループは、マウスを使った最新の研究を用いて、カリウムがどのような
メカニズムで降圧効果を発揮するかについて精査した。それによると、私たちの体では、血中のカリウム値を厳密に
コントロールするために、ナトリウムがバランスを取る役目を果たしているのだという。バランスが保たれているために、
私たちの心臓や神経、筋肉は正常に働くことができるのだ。
「カリウムの多い食事を摂ると、腎臓はより多くのナトリウムと水分を排出する。高カリウム食は、利尿薬の作用に似た働き
をするのです」と研究グループは説明。果物や野菜をたくさん食べて、適度な運動をすることは、健康によいとされている。
生理学的に私たちの体は、カリウムを多く必要とし、ナトリウムは少なくて済むようできているため、運動と並んで、カリウム
をしっかり摂ることは理にかなっているだろう。(後略)

まずはじめに、腎臓が悪い人はカリウムの排泄が困難となり、高カリウム血症を起こす
ことがあります。慢性腎臓病のかたは医師の指示に従ってください。
また、高血圧は脳卒中や心筋梗塞など動脈硬化による様々な病気の原因となります。
高血圧のかたは、減塩による血圧低下の効果がない食塩非感受性タイプであったとして
も減塩する必要があります。塩分摂取量の多い日本人には、やはり減塩はよいことです。
しかし、「減塩」は無理をしてまでしなければならないものなのでしょうか?
WHO(世界保健機関)は食塩の摂取量を5g未満(成人一日)にすべきだとしています。
しかし、日本人の食塩平均摂取量(成人一日)は男性11g、女性9.2gで、WHOの
推奨摂取量に従おうとすると、毎日の食事で、ものすごく無理をする必要がでてきます。
問題は、「5g未満にすると本当に健康になれるのか?」ということです。
それを考えるうえでの重要なポイントが、ナトリウムとカリウムのバランスです。
ナトリウムカリウムポンプ血液と海水の塩分濃度は似ているという話がありますが、
これは「太古の海」のときの話で、現在では、体内の塩分
濃度0.9%に対して、海水の塩分濃度は3.5%程度です。
一方で、細胞のなかのナトリウムイオン濃度(食塩濃度)
は極めて低いのです。細胞は多くのエネルギーを使って、
ナトリウムイオンを細胞外に排出します。反対に、イオン
バランスを保てるようにカリウムイオンを取り込みます。
細胞において、ナトリウムとカリウムのバランスは非常に重要なのです。ナトリウムの
排泄においてもカリウムが必要なことから、食事においても、ナトリウムとカリウムの
バランスは非常に重要であると考えられます。可能な範囲で食塩の摂取を減らしながら、
カリウムの摂取量を増やすことのほうが、無理な減塩より効果的なのかもしれません。
汗とポカリの陽イオン比較もうひとつ気になるのが、汗との関係です。
自分がそうなのですが、体質的に悪い汗をかく人がいます。
悪い汗をかく人は汗腺能力が低く、ミネラルを再吸収する
ことができないまま水分と一緒に塩を排出してしまいます。
汗がベトベトで塩辛く、汗が目に入るととてもしみます。
濃い色の服だと、塩のせいで服に白いシミが残ります。
運動することで急激に大量の汗をかき、発汗スピードが
上がると、誰でも汗の塩分濃度は上がります。
熱中症になったことはありませんが、予防には、水分だけでなく塩分が必要になります。
減塩厳守で、心臓疾患にはならなかったけど、熱中症で死んだなんて嫌だ!





2017_05_29


今国会の官僚答弁現役官僚
国会答弁、そんたくの嵐 官邸に人事握られ

(5月26日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
安倍晋三首相の友人が理事長を務める「加計学園」の獣医学部
新設や「森友学園」の問題で、関係省庁の幹部は「首相官邸へ
のそんたく」を疑う野党の国会質問に対し、資料の存在を
真っ向から否定してきた。憲法が「全体の奉仕者であって、
一部の奉仕者ではない」と定めた公務員が過度に政権寄りに
なっていないか。官僚らの本音を聞いた。
「職員へのヒアリングを通じて、文書の存在が確認できなかった
と結論を出した」
25日の参院文教科学委員会。文科省の義本博司総括審議官は、
加計学園に対する早期の獣医学部の認可が「総理のご意向」
と記した文書の真偽の確認を避けつつ、再調査は否定した。
前川喜平前事務次官は25日、記者会見で内閣府の強い圧力が
あったと明かしたが、政権は「文書に書かれたような事実はない」
(菅義偉官房長官)との一線を崩さない。
森友問題でも、財務省の佐川宣寿理財局長が2月以降、「資料は
破棄した」「パソコン上のデータもない」との答弁を続け、なぜ
破格の安値で国有地を売却したのか、詳細な説明を拒んでいる。
野党は首相の妻昭恵氏と森友側の関係を究明するため佐川氏を追及しているが、省内で擁護論は根強い。50代の幹部は
「野党をけむに巻く答弁で、高く評価している」。
他省庁にも「政権を支えるのは行政の責任だ」(内閣府・40代)と当然視する声がある。
だが、財務省は永田町と霞が関の情報を握り、発言を文書に蓄積することで「最強官庁」として君臨してきた。「さすが
に『書類がない』という答弁は疑問だ」(厚生労働省・50代)との声が一般的だ。政府内では「佐川氏には次のポスト
が用意されているはずだ」との観測もある。 財務省は2回にわたり消費増税を延期した官邸と微妙な温度差がある。
次の増税時期は2019年10月。首相が18年の自民党総裁選で3選すれば21年まで政権維持が可能だ。「安倍政権
に貸しを作る思惑ではないか」(内閣府幹部)との見方が広がっている。
「官邸の影響力がどんどん拡大している。顔色をうかがうのは当然だ」。局長級幹部の一人はこう語る。
最大の原因が14年に発足した内閣人事局だ。各省庁の部長・審議官級以上の約600人の人事が、従来の各省主導
から官邸の一元管理に移った。厚労省の50代の幹部は「大臣に従って仕事を進めるが、本当に気になるのは人事権を
握る官邸だ。具体的な指示があれば腹をくくらざるを得ない」と語る。官邸の意向から外れることなく、強気で野党の
批判をかわす姿は、こうした思考に重なってみえる。
「官邸1強」をキャリアを志す学生はどう見るのか。「官僚はしょせん政権に逆らえない」(東大法学部4年)
「政治家の圧力は昔からある。バランスが大事だ」(京大法学部4年)と達観した見方がある。一方、かみ合わない
答弁を繰り返す高級官僚の姿に「国民をみて仕事をする本来の姿ではない」(東大経済学部4年)と疑問を抱く学生も
少なくない。 官房副長官として5人の首相に仕えた古川貞二郎氏(82)は「政と官は上下関係ではなく、あくまで
役割分担だ。政治に対して多様な選択肢を示し、より良い決断に貢献する姿勢が必要だ」と強調。「『国家、国民に
仕えている』という筋を通してほしい」と注文を付けた。

民進 山井国対委員長「官邸の醜聞リーク疑惑、背筋が凍る思い」民進・山井氏
(5月25日 朝日新聞デジタル)
■山井和則・民進党国会対策委員長(発言録)
前川喜平・前文部科学事務次官の証言に関して、前川氏の
スキャンダル的なものが首相官邸からリークされ、口止め、口
封じを官邸がしようとしたのではないかという疑惑が出ている。
私は背筋が凍るような思いがする。政権に批判的な発言をした、
しようとする人間に対しては、政権がスキャンダルを流して、
その口を封じようとする。一体、どこの国の話かと。そんな
恐ろしい国に今の日本はなっているのか。私は非常に心配で
心配でならない。一言で言えば、安倍1強政治の弊害、おごり、ここまで来たのかという心配をしている。そういうこと
の真相解明のためにもしっかりと、(前川氏の)証人喚問をしていく必要があるのではと思う。

民進党の山井氏は「今の日本は恐ろしい国になっている」と思っているようですが、
一般国民はそうは思わないでしょう。前川氏のスキャンダルは事実だったわけですし。
安倍総理大臣が加計学園を優遇するように、内閣府に指示を出したかどうかが重要
なのであって、「総理のご意向」「首相官邸の最高レベルが言っている」などと
記された文章があるかどうかなど、どうでもいいことです。文科省の役人が作った
レク資料など全然意味がありません。前事務次官が書かせた可能性だってあるぞ。
国民は選挙で「安倍政治を終わらせる」ことができるのです。一方、官僚政治を
終わらせることはできません。官僚政治こそ、非民主的な政治プロセスなのです。
日本の場合、多くの法律は内閣が提出していますが、その法律を作成しているのは
官僚です。与党との調整においても、官僚が与党の政策を審議する会合に参加し、
法案の説明、修正案の法案作成など、かなり多くの部分を引き受けています。
官僚なしでは審議ができませんし、官邸も法案を通せないというのが現実なのです。
日本では、官僚に替わって立法・行政の実務を動かせる人は誰もいません。
そういった面では、今でも日本では政策形成が「官僚主導」になっているのです。
安倍政権はそれを打ち破ろうとしているのですが、それでも日本は官僚主導です。
官邸が官僚と対峙するのは当然のことで、官僚の自由にさせないことこそが政治
なのではないでしょうか。官僚政治になってしまうと、誰が総理大臣になろうと、
官僚が政治家を意のままに操ることができるようになってしまいます。これでは、
国民は政治に関与することができません。
山井さん、心配要りません。国民が選挙で安倍政権に審判を下しますから。本当に
安倍政治を終わらせたいのなら、民進党が政権をとってください。
国民の最大の悩みは、安倍政権に替わって政権を担当できるしっかりした野党が
いないことなのではないでしょうか。民進党が政権をとったら、官僚の言いなり
になって、現在の主張とは異なる政策を実行することになるでしょう。





2017_05_27


成婚数の多い自治体47都道府県 婚活作戦 7000組縁結び 少子化・人口減に危機感
(5月21日 TOKYO Web 東京新聞)
独身男女の出会いの場づくりやマッチングといった結婚を支援する事業について
四十七都道府県に尋ねたところ、延べ約六十万人が参加し、少なくとも七千七百
四十九組が結婚したことが二十日、共同通信の調査で分かった。少子化や人口減
への危機感が高まる中、大半が二〇〇〇年以降に取り組みを開始。自治体事業の
安心感や民間の結婚相談所などと比べて安い費用が支持された。四十七都道府県
すべてが一七年度に事業を実施、予算は計二十三億五千万円で、三十一府県が
実施した一二年度の計三億四千万円の約七倍と急増。今後は成婚数の増加に結び
付く事業をどう展開していくかが課題だ。調査は四月に四十七都道府県を対象に
実施。自治体を支援する国の「地域少子化対策重点推進交付金」制度が創設される前年の一二年度と一七年度の
予算額や現在の支援内容などを聞いた。一七年度は大部分が国の交付金を利用すると回答し、計十億四千万円の
受給を見込む。成婚数が多いのは比較的早くから取り組んできた茨城(千七百七十五組)や兵庫(千三百一組)、
愛媛(七百八十九組)、長野(七百六十一組)、石川(六百四十四組)。専門家は成婚数について一定の評価
ができると指摘。都道府県の把握分だけを集計しているため、実際はもっと多い可能性がある。事業内容は
「講義・セミナー、子育て体験会などの開催」が最も多く、「結婚支援イベントなど出会いの場づくり」「結婚
支援センターの設置」「独身男女のマッチング」が続いた。実施理由は「少子化克服」(秋田)や「結婚を希望
しても出会いに恵まれない男女の交際のきっかけとするため」(岡山)との回答が多かった。全都道府県が
事業は効果が「ある」か「ある程度ある」と回答。主な理由は「安全・安心・低予算で利用できる」(和歌山)、
「社会全体の結婚応援機運が高まる」(奈良)だった。
自治体が事業を継続するには「国の交付金等の安定した財源の確保が必要」(愛知)といった意見もあった。

男余りマップ茨城県が1位!「ニッポン男余り現象」の正体
47都道府県「男余りランキング」一挙公開

(2016年11月23日 東洋経済オンライン)
男性の生涯未婚率が23.4%、女性は14.1%
(配偶関係不詳を除く)――。
これは、10月末に発表された2015年の国勢
調査確定値で明らかになった事実です。5年前
の前回調査(男が20.1%、女が10.7%)と
比較すると、男女ともに3%以上も上昇して
おり、過去最高です。年代別に未婚率を見て
みると、30代男性の未婚率だけ減少していま
す。特に35~39歳では、前回調査と比較して
0.6ポイントも下がっています。しかし、20代
と40代では男女ともに未婚率が相変わらず増え
続けており、特に45歳以上の増加が顕著です。
しかも、女性の場合は、20代~40代のすべて
の年代での上昇幅が男性よりも大きいのです。
つまり、20代のうちは、より結婚をしなくなる
「晩婚化」が進行し、40代過ぎると今度は、もう結婚を諦めるという「非婚化」の方向にシフトしているといえます。
男性の生涯未婚率はナゼ女性の2倍も?
ところで、男性の生涯未婚率はなぜ女性の2倍もあるのだと思いますか?結婚は男女のマッチングです。有配偶人口
は基本的に男女同数ですから、未婚人口もほぼ男女同数のはずだと思っていませんか?
それは大きな間違いです。未婚の男が余っているんです。それも相当な数。
そもそも、男子の出生率の方が高いのは、皆さんがご存知の通りです。そして、2015年の国際連合の推計によれば、
世界の人口約73億人のうち、男性が50.4%、女性が49.6%で、ほぼ1%程度、実数にすると6000万人ほど男の人口
の方が多いということになります。ただ、日本の場合は、総人口1億2709万人に対して、男性6184万人、女性6525
万人(2015年の国勢調査)となり、実は女性の方が多いのです。これは、女性の出生数が多いためではなく、女性
の方が長生きだからです。では、これを未婚者だけに限定して比較してみると、どうなるでしょうか。同じく2015
年の国勢調査では、15歳以上の未婚男性と未婚女性の差分を見ると、なんと341万人も男が多いことがわかります。
20~50代に限っても約300万人も未婚男性が余っていて、婚活対象年代の中心となる20~30代に限定しても、
145万人も多いんです。つまり、未婚女性が全て結婚したとしても、300万人の男には相手がいないということに
なります。このご時世、女性も全員は結婚しないわけですから、実際はもっと未婚男性が溢れてしまう計算になり
ます。結婚したくて頑張って婚活しても、男性には相手がいないのです。この事実を知っている人は多くありません。
「男余り現象」は今に始まったことではない
この傾向は、今に始まったことではありません。生涯未婚率が急上昇し始める直前の、1985年でも約282万人の男
が余っています。しかも、戦前の1935年(昭和10年)の時点でもすでに未婚男女の差分は200万人を突破していま
した。途中、戦争によりこの差分は減少しましたが、慢性的な「男余り」の状態はずっと変わりません。
この原因は、いったい何でしょうか?1つには、再婚の際のマッチングに男女差があることが挙げられます。離婚
して再婚する際に、男性が初婚の女性を選ぶ傾向が強いからです。最近は、再婚同士の婚姻も増えてはいますが、
それでも再婚男と初婚女のマッチングが多いことには変わりません。バツあり女性が初婚男とマッチングする例は
まだまだ少ない状態です。つまり、これは「時間差一夫多妻制」のようなものです。結婚する男は何度でも結婚し、
そのたびに未婚女性を奪取していく。その陰に隠れて、生涯未婚のままの男たちは増え続けているのです。
この男余り現象は、都道府県別に差があるのでしょうか?47都道府県の年代別未婚男女の人口から、男女の
差分を計算し、それを年代別の男性総数を分母として「男性全体の中での未婚男性余り率」を出しました。
その結果、なんと47都道府県のすべてが男余り状態でした。20~30代だけを抽出してもそれは同じです。
その中でも、未婚男性が余っている率が高い県のランキングを発表します。(図省略)
「男余り」ランキング第1位は茨城県!
1位は茨城県の17.1%。2位は栃木県と福島県が同率で17.0%、4位が群馬県の16.0%と続きます(小数点2位以下
切り捨て。以下同じ)。一方、男余り率が低い県はというと、1位は鹿児島県の1.0%。2位は福岡県の2.9%。
3位は奈良県の3.3%と、男余り状態ではあるものの、そこまで顕著ではありません。
こうして見ると、男余り現象は、なぜか西日本より東日本の方に偏っています。特に関東地方は未婚男性が余り
まくっています。一方で、九州地方は、全体的に男余りはそこまで深刻ではありません。そして、東京は、当然
ながら未婚男性の絶対数が多いのですが、率にするとそれほど高くはありません。(後略)

男余り率一位の茨城県が、婚活支援事業の成婚数一位。これは、男余り率が
一位だから、公的機関が積極的に婚活事業を行わなければ未婚率が上がって
しまう、と茨城県庁が考えてきたことの現れなのでしょうか???
地方自治体など公的機関が行う婚活支援について、「公的な支援に取り組む
必要はない」という意見が意外に少ないことから、それなりに施策として評価
されているようです。多くの自治体がこのような事業を行う背景には、少子化
の進行があります。婚外子が非常に少ない日本において、出生率低下の主な
原因は、未婚化・晩婚化の進行によるものであると指摘されていますので、
独身者の結婚を促すことが少子化対策のひとつになることは間違いありません。
では、これが有効な少子化対策かといえば、大いに疑問です。自治体が婚活を
支援したくらいで、少子化の進行が止まることはありませんし、本当に効果が
あると言えるのかさえ疑問です。出会いを結婚に結びつけられる人ばかりでは
ありませんし、結婚したからといって子供を産むとは限りませんので、効果の
見えにくい事業といえるでしょう。そんなことより、不妊治療の無料化のほう
が、施策と効果の関係は明瞭です。また、未婚者(男性)からは、「出会いが
ないんじゃなくて、家族を養う金がないんだ」という声が聞こえてきそうです。
ありきたりな意見だけでは面白くないので、全くの別の視点から・・・
二番目の引用記事には、「結婚する男は何度でも結婚し、そのたびに未婚女性
を奪取していく。その陰に隠れて、生涯未婚のままの男たちは増え続けている」
と書かれていますが、それでいいのではないでしょうか?
「自力でパートナーを見つけられない男性にはそもそもバイタリティがないの
だから、結婚できなくて当然だし、そのような男性の遺伝子は残す必要もない。
生命力のない男性に子孫がいないのは自然の摂理なのではないでしょうか?
婚活支援なんて余計なお世話です。ましてや行政が口を挟むことではない!」
と、一独身男性である私は思った次第です。
「男余り」は、女性が結婚相手を選ぶチャンスを増やすことにつながるので、
良いことなんです!





2017_05_25


天皇と国民の距離陛下:退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」
(5月21日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に
保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たこと
に、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満
を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を
通じて首相官邸に伝えられた。陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位
を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと
思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現
するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも
話していて、政府方針に不満を示したという。宮内庁関係者は「陛下はやる
せない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と
話す。ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川
祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、
「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考える
のはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を
軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を
展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。
陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤し
ながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと
位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。
宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き
合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」
と説明する。陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、憲法に規定された象徴天皇の意味を
深く考え抜いた結果だ。被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、
天皇であり続けることはできないという強い思いがある。

天皇退位、特例法案を閣議決定 今国会成立へ (5月19日 日経電子版)
政府は19日の閣議で天皇陛下の退位を実現する特例法案を決定した。陛下の一代限りの退位を認める。閣議決定前に
与野党で合意形成しており、来週審議入りした後、大きな異論なく今国会で成立する見通し。2018年中の退位に向けた
法整備が進む。審議と並行して与野党がまとめる付帯決議で、皇位の安定継承策を巡る文言をどう記述するかが焦点と
なる。法案名は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」とし「天皇陛下」は用いず「天皇」とした。与党は与野党の
事前協議で陛下一代限りの退位を強調するため「天皇陛下」を使うよう主張したが、将来の先例にするため「天皇」に
するよう求める野党に配慮した。皇室典範の付則に「特例法は典範と一体」との規定を新設する規定を入れた。退位に
至る事情も書き込んだ。陛下が公務などの継続が困難となることを「深く案じておられる」と指摘。「国民は陛下の
お気持ちを理解し、共感している」と記した。一方、16年8月に陛下が退位の意向をにじませたビデオメッセージに
よる「お言葉」には触れなかった。陛下の意思で政府が法整備に動いたと受け取られ、憲法が禁じる天皇の政治的行為
に抵触するのを避けた。退位の時期は法律の公布日から3年を超えない範囲で政令で定める。その際、三権の長や皇族
らでつくる皇室会議を開き、首相が意見を聞く規定も明記した。天皇の恣意的・強制的な退位を防ぐ。与野党は週明け
に開く衆院の議院運営委員会で実質審議入りする予定。衆院通過した後、参院は特別委員会で審議し、今国会の成立
をめざす。菅義偉官房長官は19日の閣議後の記者会見で「速やかな法案の成立を期したい」と述べた。衆院議運委や
参院特別委はそれぞれ全会派が参加できるようにする。丁寧な審議を印象づける。与野党は法案審議と並行し、皇位
の安定継承を政府に促す付帯決議の文言調整を進める。女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家の創設などの
具体策を書き込むかや、政府の検討期間を明記するかが焦点となる。秋篠宮家の長女の眞子さまが婚約される予定で、
皇族が1人減る見通しになったことが議論に影響する可能性もある。旧民主党の野田政権は皇族数の減少対策で女性
宮家創設を唱えた。民進党は女性宮家の創設を明記し、特例法の施行から1年をメドに結論を出すよう求める。だが
保守層が支持基盤の自民党は女系・女性天皇の議論につながることを警戒し慎重論が強い。特例法案の成立後は、
政府による新元号の選定や公表手続き、改元の時期などに焦点が移る。

天皇の公務で意義のあるもの距離を縮めるために必要なこと
天皇陛下が国民に寄り添われる姿に、多くの国民が共感していることは意識調査など
で明らかであり、一部専門家の「天皇は祈っているだけでよい」という意見は、国民
の意識と乖離しています。お祈りだけでは、天皇陛下が何をされているのかを国民は
知ることができません。さらに踏み込んで、天皇が自身の思いをもっと多く表明され
ることを望んでいる人も多いのです。今回の退位に関することでもそうなのですが、
天皇自身のお言葉が非常に大切です。もし、天皇陛下のお言葉なしに、政府が突然、
天皇陛下の退位を実現する特例法案を出したとしたら、どうでしょうか?国民には、
政府が天皇陛下のお気持ちに配慮して法案を出したのか、政府が陛下の意に反して
退位させようとしているのが分かりません。日本には忖度という昔ながらの習慣が
あります。日本の社会では、忖度できない人間は「村八分」になります。みんなが
忖度するものですから、自分だけが忖度しないと組織のなかで浮いてしまうのです。
日本中に蔓延っている忖度なのですが、忖度には、権力に媚びること以外の問題点
があります。忖度するということは、相手の真の意向を聞いていないということです
から、忖度の内容を相手が本当に望んでいるのかが、忖度する側には分からないの
です。陛下のお気持ちを忖度することは、陛下の意に反する決定をしてしまう危険性
を孕んでいます。それを避けるためにも、国民に向けて、天皇陛下が率直にお気持ち
を表明されることが大切です。今回の退位に関する陛下の発言を多くの国民が好意的
に受け止めています。宮内庁から漏れる話ではなく、天皇陛下が自身のお気持ちを
直接、国民に訴えかけられる場面を増やされることを期待しています。





2017_05_23


ナッツ摂取でガンの再発と死亡率が大きく低下、米研究  (5月18日 REUTERS ロイター)
米国の研究チームが、週に57グラム以上のナッツを食べた結腸ガン経験者の再発率とガンによる死亡率が、食べなかった
人よりはるかに低いとの研究結果を発表した。この量は、アーモンドなら48粒、カシューナッツなら36粒の量となる。
研究は、ボストンのダナ・ハーバー・ガン研究所の博士らが実施。ステージ3(リンパ節まで拡散した段階)の結腸ガン患者
826人に食事に関する質問に答えてもらった。全員が手術と化学療法を受けていたという。その結果、回答者の19%が
週に57グラム以上のナッツを食べており、その全員が、食べていなかった人に比べて再発率が42%、死亡率は57%
低かった。ナッツには、マメ科のピーナツとピーナツバターは含まれない。今回の研究は、ナッツの摂取が、ガン再発や
がん死亡につながるとされる肥満や糖尿病の予防になることがすでに分かっているのを踏まえて行われた。同研究所は、
ほかのステージのガンについてもナッツ摂取が好ましい影響をもたらすかどうかさらに研究する必要があるとしている。

ナッツを毎日食べると健康増進の効果を得られる がんリスクも低下 (2015年7月23日 保健指導リソースガイド)
メタボや高血圧などを予防
ダイエットやアンチエイジングの効果がある健康的な食品として、ナッツに熱い視線が寄せられている。百貨店の食料品
売り場には専門店が登場し、コンビニエンスストアの棚に陳列されるナッツの種類も増えてきた。  
「ナッツは現代人に必要な栄養素が多く含まれており、メタボリックシンドロームやがんを予防する効果がある」という
研究が相次いで発表された。 ナッツは、脂質を多く含む多脂性食品で、少量でもカロリーの多い食品だが、不飽和脂肪酸、
カルシウム、カリウム、マグネシウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれており、メタボリックシンドロームや高血圧
などの予防に効果的であることが、過去の多くの研究で確かめられている。
ナッツ類善玉と悪玉のコレステロールのバランスを改善
ナッツ類に含まれる抗酸化作用をもつ栄養素やフィトケミカルが、善玉のLDLコレステロール
を低下させ、善玉と悪玉のコレステロールのバランスを改善すると考えられている。 ナッツ類
に含まれるフラボノイド、レスベラトロールなどのフィトケミカルには、血管や細胞を傷つけ、
動脈硬化などを引き起す活性酸素を抑える抗酸化作用がある。 FDA(米国食品医薬品局)は、
ナッツ類について「1日に1.5オンス(42g)を食べると、心筋梗塞などの心血管疾患のリスク低下
に効果的です」と表示することを認めている。 また、「DASHダイエット」は高血圧の予防、
改善のために開発された食事スタイルで、玄米や全粒パンなどの全粒穀物や、低脂肪の肉や乳製品、豆類などを積極的に
とることが勧められている。このDASHダイエットにナッツ類が取り入れられている。 専門家はひとにぎり(28g)の
ナッツ類を毎日食べることを勧めている。
体重の増加と心血管疾患のリスクを抑制 
アーモンド、クルミ、カシューナッツ、ヘイゼルナッツ、マカダミアナッツ、ブラジルナッツ、ピスタチオなどのナッツ類
を食べると体重の増加を抑えられ、メタボリックシンドロームや心血管疾患のリスクを下げられるという調査結果を、米国
のルイジアナ州立大学の研究チームが発表した。 ナッツ類を摂取すると、体格指数(BMI)と収縮期血圧が低下し、血糖を
下げるインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性が改善し、善玉のHDLコレステロールが上昇するという。 (中略)
ナッツ類のがん予防効果
ナッツ類には、がんの予防効果もあるという調査結果を、米国のメイヨークリニックとミネソタ大学の研究チームが発表した。
研究チームは、食事とがんや生活習慣病の発症との関連を調べた36件の研究を調査し、3万708人の患者を対象に解析した。
その結果、ナッツ類を摂取すると、直腸がん、子宮がん、すい臓がんのリスクが低下することが明らかになった。発症リスク
は最大で、直腸がんで24%、子宮がんで42%、すい臓がんで32%低下した。
「ナッツ類が心血管疾患のリスクを低下させることは多くの研究で確かめられていますが、今回の研究では、がんのリスクを
低下させる効果があることが示されました。毎日の食事にナッツ類を加えることで効果を得られる可能性があります」と、
メイヨークリニックのラング ウ―氏は述べている。
ナッツ類は間食にうってつけ 
ナッツ類には体に良い不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、オレイン酸を含むものも多い。オレイン酸には悪玉のLDLコレステロール
を減らす作用がある。 また、ナッツ類を食べると肥満のリスクが減るのは、食物繊維が含まれ、食べるときの咀嚼回数を増え、
満腹感を得やすくなり、ナッツ類を食べた後で食事の量が減るからだと考えられている。(後略)

ナッツ類のオメガ3脂肪酸ナッツ=木の実で、肥大した種子の
胚などを食用とします。具体的には、
アーモンド、クルミ、カシューナッツ、
ピスタチオナッツ、マカデミアナッツ
などのことで、ピーナッツは豆なので
含まれません。どうして、ナッツ類が
健康によいのでしょうか?
ナッツの特徴は、何はともあれ油です。
特に、クルミはオメガ3脂肪酸が多いことで知られています。一般的に、オメガ3脂肪酸は
細胞膜の柔軟性を高める作用を持っていると言われています。この作用により、脳神経、
網膜(目)の細胞を活性化する効果や血管をしなやかにする効果があるとされています。
青魚などに多く含まれていますが、非常に酸化しやすい物質ですので、サプリメントの形
で摂取するか、ナッツを食べることが有効です。ただし、オメガ3が非常に多いナッツは
クルミだけ。他のナッツにも不飽和脂肪酸は多く含まれていますが、不飽和脂肪酸のなか
でもオメガ3に限れば、クルミ以外のナッツにはそれほど含まれていないです。ナッツの
その他の特徴として、ビタミンEが挙げられます。アーモンド、クルミ、ピスタチオなどは
確かに多くのビタミンEを含んでいる(油脂が多いので吸収もよい)のですが、マカデミア
ナッツにはビタミンEがほとんど含まれていません(ピーナッツのほうがはるかに多い)。
ナッツは食物繊維やたんぱく質も多いのですが、食物繊維と植物性たんぱく質が重要だ
というのなら、豆でいいのではないかという気がします。ナッツより豆のほうが安いし。
その他の成分として、ケルセチン、ルチンなど多種類のフラボノイドがナッツには含まれ
ています。しかし、ケルセチン、ルチンなら、野菜や果物にも多く含まれています。
がんの再発防止に有効である特殊なフラボノイドがナッツにはあるのでしょうか???
結論としては、ナッツに含まれる何が効果的な成分なのかなどということは深く考えずに、
「クルミを含むミックスナッツを食べとけ!」ということでしょうか。しかも、無塩で。





2017_05_21


眞子さまご婚約「プリンセス・マコは愛のために身分を捨てる」 海外はどうみた? (5月18日 ハフポスト日本版)
秋篠宮家の長女、眞子さま(25)と法律事務所勤務の小室圭さん(25)が婚約するとの報道は、欧米など海外主要紙でも
報じられた。CNNが「プリンセス・マコは愛のために身分を捨てる」と書くなど、女性皇族は結婚によって皇族の身分を
離れるという制度は驚きをもって受け止められたようだ。海外の報道機関はどのように報じたか?一部を紹介する。
眞子さまと小室圭さん(以下、見出しのみ)
■「結婚相手は王子...の一種」「愛のために身分を捨てる」(CNN)
■「プリンセス・マコは一般人と結婚し、皇族の身分を失う」(BBC)
■「皇室も、少子化傾向が進む日本と同じ」(ストレーツタイムズ)
■「かつて天皇は神だった」(FOXニュース)
 (後略)

女性宮家議論に影響も 創設反対論に配慮し停滞中
皇室の構成(5月17日 朝日新聞デジタル)
秋篠宮家の長女・眞子さま(25)が、大学の同級生の男性と婚約する
ことが明らかになった。眞子さまは皇室典範の規定により、結婚に伴って
皇籍を離れ、一般の市民となる。安倍政権は今後、女性宮家創設の可否
など減少する皇族数への対策を検討する方針だが、眞子さまの婚約は
今後の議論にも影響を与えそうだ。「皇室の活動をどう維持していくか。
まずは、女性皇族が結婚後にも公務をこなせるような制度を検討する
必要があるかもしれない」。首相官邸の幹部は16日夜、さっそくそんな
考えを示した。女性皇族は現在14人で、天皇陛下の孫は皇太子家の長女
愛子さま(15)、秋篠宮家の長女眞子さま、次女佳子さま(22)の
3人。孫の世代にはこのほか、皇位継承順位第3位の秋篠宮家の悠仁さま
(10)がいる。政権内では「悠仁さまが即位するころには、皇室活動
が維持できなくなる可能性もある」(官邸幹部)との見方がくすぶる。
天皇陛下の退位をめぐる「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」
(座長=今井敬・経団連名誉会長)も、4月下旬にまとめた最終報告で
「皇族数の減少に対してどのような対策を講じるかは、一層先延ばしの
                       できない課題となってくる」と明記し、早急な検討を求めていた。(後略)

秋篠宮家の長女 眞子さまが一般男性の小室圭さんと婚約されることが明らかとなりました。
皇室典範が改正されなければ、眞子さまは結婚により皇族ではなくなります。愛子さま、
佳子さまも結婚して皇籍を離脱すれば、将来、皇族は悠仁さまの宮家だけになる可能性も
あります。眞子さまが結婚して皇籍を離脱した後に皇室典範が改正されて、佳子さまが
結婚したときには「女性宮家」が創られるというのでは、ちぐはぐな制度になってしまい
ます。ですから「女性宮家」を創設するのなら今しかないのではないでしょうか?しかし、
恒久的な制度を創るのは容易ではありません。女性宮家の「夫」とその「子」をどのよう
に扱えばいいのでしょうか?また、「夫」の地位、役割をどのように定めるのでしょうか?
「子」も皇籍を持つことになれば、つまり「女性宮家」を一代限りとしないのなら、将来
は女性天皇もしくは女系天皇を容認することを前提にする必要があるでしょう。しかし、
いつの時点で女性天皇を認めるかによって、皇位継承順位が変わってしまうだけに、国民
の合意形成は難しく、早急に決められそうな問題ではありません。「女性宮家」の創設に
こだわっていると、眞子さまの結婚に間に合わなくなってしまいます。よって、現実的な
選択肢として、皇室典範を一部改正して、「女性皇族については、婚姻による皇籍離脱後
も、特例として内親王殿下としての立場を認め、皇族としての公務を担うこともできる」
とすればいいのではないでしょうか?本人が断れば、本特例は適用されないことにします。

眞子様パラグアイ公式訪問今月末から眞子さまはブータンを公式訪問されます。
前回のパラグアイ訪問でもそうでしたが、女性皇族の
海外公式訪問は、現地のかたにも、現地日系人にも、
非常によい印象も持たれています。女性皇族の海外
公式訪問は、日本の国際プレゼンスを高めるうえで
非常に効果的な手法です。眞子さまがずっと内親王
殿下として公務を担っていただける制度を、眞子さま
                が結婚される前に創設すべきでしょう。



2017_05_19


一帯一路会議の習氏とプーチン氏中国、「一帯一路」構想で国際会議
プーチン大統領も出席
(5月15日 CNN.co.jp)
北京・「一帯一路」フォーラム(CNN) 中国が主導する
「シルクロード経済圏構想」(一帯一路)の国際会議が
14日、北京で開催され、ロシアのプーチン大統領らが
出席した。一帯一路フォーラムは、中国が欧米中心の
世界経済フォーラム(WEF)や主要20カ国・地域
(G2O)に対抗する形で主催した。習近平(シーチン
ピン)国家主席は冒頭の演説で「調和的な共存」を目指すと述べ、全ての国の参加を歓迎すると述べた。習氏はまた、
一帯一路構想に今後、途上国への資金援助を含めて総額1240億ドル(約14兆円)を出資すると表明した。続いて
演説に立ったプーチン氏は、「保護主義が新たに常態化している。つい最近まで開放と自由を説いていた国まで、
その理念を拒否するケースが目立ってきた」と述べ、一帯一路構想に参加していない米国を暗に批判した。
同構想に向けた準備は4年前から始まった。対象範囲は70カ国近くに及び、国内総生産(GDP)の合計は世界全体
の4割を占める。会議にはトルコのエルドアン大統領、フィリピンのドゥテルテ大統領をはじめ、世界各国の首脳や
高官らが出席した。北朝鮮からも少人数の代表団が参加していた。一方、米国からは国家安全保障会議(NSC)
のポッティンガー・アジア上級部長が派遣されるにとどまった。欧州諸国の首脳らの姿もなかった。欧州や近隣国から
は、中国企業がこの構想を口実に諸外国における資本規制を免れるのではないかと懸念する声などが上がっている。
同構想に対抗する役割が期待されていた環太平洋経済連携協定(TPP)は、トランプ米政権が離脱を表明したことを
受け、先行きが不安視されている。

中国の指導力拡大を容認する米国 中国市場へのアクセスと引き換え 「自国第一」…米国の利益優先 
(5月15日 産経ニュース)
中国が現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を推し進めるなか、トランプ米政権は「米国第一」へのこだわり
を強めている。その表れのひとつが11日発表の貿易などをめぐる米中合意。米国が中国市場へのアクセスを得る一方
で、中国の国際社会における指導力拡大を容認する内容だった。ただし中国が国際協調を尊重しないのではないかと
いう疑念は拭えず、トランプ政権に内向きな姿勢からの脱却を求める声もある。一方、トランプ氏は中国の鉄鋼の過剰
生産問題など米国経済に大きなダメージをもたらす問題では中国への譲歩は示していない。しかしTPP離脱や国務省
の海外援助予算の削減方針などからみても、米国としての国際社会での指導力発揮よりも米国の利益を優先させる
意思は鮮明だ。トランプ氏には北朝鮮の核問題への対処のためには中国の協力が必要だという計算もあるが、各国の
間では中国が国益追求のために国際社会の規範を破ることへの懸念は根深い。米シンクタンク、ブルッキングス研究所
は4月の中国の国際経済戦略についての報告書で「中国の狙いを慎重に見極めなければならない」として、トランプ
政権に監視の目を光らせるよう促している。米国はオバマ前政権下では一帯一路やアジアインフラ投資銀行(AIIB)
から距離をとり、中国の影響力拡大を牽制。また日米など12カ国で合意した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)
にも中国に国際貿易のルールを作らせない狙いがあると公言してきた。しかしトランプ政権下では様相が一変した。
11日の米中合意は米国が中国の牛肉や金融サービスの市場開放を勝ち取ることと引き換えに、「米国は一帯一路の
重要性を認識する」と明記して中国の指導力を歓迎する内容。米国は今回の国際協力サミットフォーラムにも代表団
を派遣した。ロス商務長官は「米中関係は特に貿易面で史上最高の良好さだ」と言い切る。

中国の「一帯一路」構想の真の狙いは何なのでしょうか?
中国では、鉄鋼、セメントなどの基礎的工業製品が生産過剰になっており、今後も
国内需要の増大が見込めないことから、海外のインフラ事業により国外での需要を
増やすことが目的のひとつになっていることは確かです。しかし、それだけの目的
ならば、既にあるアジアインフラ投資銀行(AIIB)だけで十分です。「一帯一路」
構想にはそれ以外の目的があるのではないでしょうか。そのひとつに、軍事的な
影響力の拡大が考えられます。ただ、それを露骨に実行すれば、参加国からの批判
を受けることになるでしょう。また、インドが中国の傘下に入ることは考えられ
ませんし、日米豪はインドを支援することになりますから、「一路」を中国が支配
することは現実的ではありません。
注目すべきは、会議で習主席のあとに演説したプーチンさんの存在です。中国と
ロシアの共通点は国家資本主義経済の国であること。日米欧を中心とする自由主義
国家の経済は伸び悩んでいますので、「一帯一路」が世界経済の成長に貢献する
ことになれば、自由市場経済が危機に瀕する可能性もあります。
トランプさんは保護貿易を訴えていますが、世界全体をブロック経済化しようと
考えているわけではありません。アメリカは、中国が新たな自由貿易圏を設立する
ことに反対ではないようです。もし、アメリカ国内で、国家の意向を反映した中国
企業のほうが、アメリカの私企業より良質な雇用の場を提供してくれるのであれば、
ラストベルトの労働者は、誰も中国に反対しなくなるでしょう。
国家資本主義は「一帯一路」だけではありません。中国主導の投資プロジェクトが
うまくいかなかったとしても、国家の方針どおりに、中国メーカーがアパレルなど

主要国製造業総合指数の推移の労働集約型製造業を海外に
移転し、情報機器や電子部品
などのハイエンド製品に特化
できれば、中国企業が、市場
経済を基盤とするグローバル
企業を凌ぐ存在になる可能性
だってあるのです。
日本は、「オールジャパン」
で戦わなければ勝てません。



2017_05_17


北朝鮮新型ミサイルか北朝鮮ミサイル 30分間飛行 新型の可能性 
(5月14日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
北朝鮮は日本時間の14日午前5時28分ごろ、北朝鮮北西部・
亀城(クソン)付近から弾道ミサイル1発を発射した。日本政府
が発表した。菅義偉官房長官によると、東北東の方向に約30分
間、約800キロを飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)
外の朝鮮半島東約400キロの地点に落下したと推定される。
高度は初めて2000キロ以上に達したとみられ、稲田朋美防衛
相は「新型の弾道ミサイルであった可能性がある」と述べた。
政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。安倍晋三
首相は14日、首相官邸で記者団に「度重なる北朝鮮のミサイル発射は我が国に対する重大な脅威であり、国連の
安保理決議に明確に違反する。北朝鮮に強く抗議する」と語った。首相は首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を
断続的に開催した。 北朝鮮の弾道ミサイル発射は先月29日以来。通常より高い高度に打ち上げる「ロフテッド軌道」
をとったとみられ、実際の射程は4000キロを超える可能性がある。政府高官は「北朝鮮のミサイル開発の技術レベル
が上がっているのは間違いない」と述べた。米太平洋軍は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と飛行の特徴が「一致
しない」とする分析を発表した。 14日は中国が重視する経済圏構想「一帯一路」の国際首脳会議の開幕日。また、北
朝鮮に融和的な姿勢を取る韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任直後のタイミングで発射に踏み切ったことから、
中韓両国をけん制する狙いもあるとみられる。 文氏は14日、ミサイル発射を批判し「対話は可能であっても、北朝鮮
の態度に変化がある時に初めて可能になるということを示さなければならない」と述べた。同日朝のNSCで語った。
(後略)
一帯一路構想一帯一路、3年で1兆円援助へ 初の国際会議で中国表明 
(5月14日 朝日新聞デジタル)
中国が主導してアジア、中東、欧州に及ぶ経済圏の構築を
目指す「シルクロード経済圏構想(一帯一路)」の初の国際
会議が14日、北京で始まった。130カ国以上から参加し、
うち29カ国は首脳が出席。中国の習近平(シーチンピン)
国家主席は開幕式で演説し、構想に参加する途上国と国際
組織に今後3年間で600億元(約1兆円)の援助を提供する
ことを明らかにした。この構想は、習氏が2013年秋に自ら
提唱。この日の開幕式で習氏は「一帯一路を繁栄の道に
しなければならない。発展は一切の問題を解決するすべて
のカギだ」と強調した。同時に、「開放型の世界経済を守り、
透明なルールの構築を推進するべきだ。共に利益を得られる経済のグローバル化に力を入れる必要がある」とも述べた。
欧米で広がる保護主義を牽制(けんせい)したものとみられる。習氏は一帯一路の実現に向けた具体策も表明。インフラ
整備などを支援するシルクロード基金に1千億元(約1兆6400億円)を増資し、構想に参加する途上国への20億元
(約328億円)の食糧援助や途上国同士の「南南協力」の援助基金に10億ドル(約1130億円)を増資するという。
また会期中に30カ国以上と経済・貿易の協定に署名すると述べた。(後略)

一帯一路の国際会議に北朝鮮出席 米が中国に不満か (5月13日 時事ドットコム)
中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」をテーマにした初の国際会議に出席するため、13日に北朝鮮の代表団が
北京に到着しました。ロイター通信は、国際社会が圧力を強める中、中国が北朝鮮を会議に招いたことにアメリカが不満
を示したと伝えています。中国・北京では、中国が提唱するアジアとヨーロッパをつなぐ巨大な経済圏構想「一帯一路」
をテーマにした初の国際会議「一帯一路フォーラム」が14日から開かれる予定で、29か国の首脳を含む130余りの
国の代表団などが参加します。会議には北朝鮮も招かれていて、13日に北京の空港にキム・ヨンジェ対外経済相が到着
し、北朝鮮大使館の用意した車で市内のホテルに向かいました。北朝鮮は核・ミサイル開発をめぐって中国との関係が
ぎくしゃくしていますが、会議への出席で中国との経済的な結びつきを維持したい思惑がうかがえます。一方、ロイター
通信は12日、北京のアメリカ大使館が「核やミサイルの開発をめぐって国際社会が圧力を強める中で、北朝鮮を会議に
招いたことは誤ったメッセージを伝えることになる」として、中国外務省に不満を示したと伝えました。北朝鮮に対して
圧力を強めるアメリカと、あくまで対話による外交的な解決を求める中国の立場の違いが、今回の会議を通じても改めて
浮き彫りになりそうです。

「一帯一路」会議は中国にとって最重要の外交イベント。アメリカに反対されながら
も北朝鮮を会議に招待したにもかかわらず、その会議初日に北朝鮮はミサイル発射を
強行しました。北朝鮮が発射した弾頭ミサイルは大陸間弾道ミサイル(ICBM)
ではないと思われているので、アメリカ本土への直接攻撃を意図したものとの批判を
避けつつ、中国に対して「激烈な不満」をアピールしたものであると考えられます。
また、今回のミサイル着弾点が、ロシアの領海に非常に近かったことから、態度を
明確にしないロシアへの牽制という意味合いもあるのかもしれません。また、米朝
会談後、「ミサイル開発をやめない」ことを行動で示したものとも言えるでしょう。
北朝鮮への融和姿勢を示している文氏が韓国大統領に就任して僅か4日後という
タイミングでもあるので、「手荒い歓迎」といったところでしょうか?北朝鮮は
「絶対に態度を変えない」と宣言しているのと同じですから、韓国のできることは
既に限られています。アメリカも自衛権の発動たる攻撃を起こすことは困難なので、
現状では、中国への働きかけを強める以外の方法はなさそうです。よって、今後の
動きで最も注目されるのは、中国の対北朝鮮政策です。
中国は北朝鮮に対して、「核実験を行えば、国境を完全に封鎖する」と警告していた
模様です。中国にとっては、これを機会にアメリカに様々なことを要求できるので、
チャンスであるともいえますが、同時にピンチでもあります。北朝鮮の問題が全く
進展しなければ、アメリカがずっと黙っているとは思えないからです。
日本は何もできません。高度2000キロから落ちてくれば防御手段はありません。
THAADの迎撃高度は最高150キロとされるのに対し、PAC3の迎撃高度は
20キロ。PAC3は役に立ちません。ただし、高度2000キロまで上げれば、
ミサイルを正確な位置に着弾させることは不可能です。我が身の幸運を祈るのみ!





2017_05_15


5月12日は「慢性疲労症候群」世界啓発デー、どういう病気かご存じですか。 (5月12日 ニフティニュース)
「慢性疲労症候群」という名前を聞いたことはありますか?
「慢性的な疲労なら、だれにだってあるでしょう?」と思われるかもしれません。
しかし、慢性疲労症候群と慢性的な疲労は全く違います。
そこで、今回はあまり知られていない、この慢性疲労症候群について解説していきます。
慢性疲労症候群は新しい概念
それまで健康に過ごしていたにもかかわらず、ある日突然、原因不明の強い倦怠感や疲労感に襲われ、また、それに伴う
さまざまな症状によって日常生活に支障をきたすものを「慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome; CFS)」と
いいます。慢性疲労症候群は比較的新しい概念です。1988年、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が病態を解明する
ために、慢性疲労症候群の基準を発表したのが最初でした。その後、これをもとに世界各国で慢性疲労症候群のケース
が報告されるようになりました。日本では、1991年に研究班が発足され、さまざまな研究が行われています。(後略)

疲労と慢性疲労の違い (2016年12月9日 ヘルスケア大学)
疲労とは 年齢や性別は関係なく、誰もが感じる「疲労」。疲労とは、睡眠不足や夏バテ、人間関係の問題などさまざまな
ストレスが身体や心に負担を与えた結果です。疲労により、身体的及び精神的作業能力の質や量が低下します。しかし、
疲労を感じるおかげで休養を取るきっかけとなり、回復することができます。すなわち、疲労は身体の異常を教えてくれる
サインとも言えるのです。疲労は種類を大きく分けて、精神的疲労、脳疲労、肉体的疲労の三つに分類できます。仕事や
人間関係、悩みごとなどのストレスによる心の疲れは「精神的疲労」。脳や視神経の緊張状態が続いたときに起こる頭の
疲れは「脳疲労」。そして、筋肉を動かしたときのエネルギー不足と疲労物質の蓄積による身体の疲れを「肉体的疲労」
と言います。これらの疲労は密接に関係しているため、放っておくと他の疲労を併発することも。したがって、疲労は蓄積
する前に解消することが大切です。そこで必要なのが、休養、睡眠、食事、運動、姿勢。心と身体をリフレッシュする時間
をつくることや、脳や身体を休めること、血液の循環を良くして疲れにくい身体をつくることなど、規則正しい生活リズム
に改善することで解消できます。
疲労と慢性疲労はここが違う 疲労は誰もがある程度身体を動かせば溜まりますが、一晩寝ればほとんど回復します。
一方、どれだけ休んでも回復しない疲労を「慢性疲労」と言います。病院で検査をしても異常なしと言われることが多い
ですが、体力の低下や栄養不足、ストレス、睡眠不足、肝臓機能の低下などが原因となる病気です。疲労感が長引き、
日常生活に支障をきたすほどの状態が続きます。主な症状として、どれだけ寝ても朝起きることができない他、やる気
が出ない、慢性的な腰痛、首や肩のこり、手足がむくみやすいなどが挙げられます。脳の疲れのために休養を取っても
疲労が解消されず、脳以外の部分の機能が低下することもあります。また、慢性疲労の症状が半年以上続くと、「慢性
疲労症候群」という病気になる可能性も出てきます。慢性疲労は疲労の蓄積によって起こる病気であるため、症状が
重くなる前に疲労を取り除いていれば防ぐことができます。また、たとえ慢性疲労になっても改善することができます。
そのために、まずは疲労の原因について知ることが必要です。精神的疲労、神経的疲労、肉体的疲労の中で自分が
どれにあてはまるのかを考え、その疲労を解消するための行動を取ることで解決へと繋げていきましょう。

新緑の季節こそ!ストレス解消に免疫力UP「森林浴」の効果がスゴイ (5月6日 美レンジャー)
(前略)森林医学研究会の発表した「森林浴の効果」によると〝森林浴は、血糖値、血圧およびストレスホルモンを低下
させ、自律神経のバランスを整え、リラックス効果をもたらすことが報告されている。〟とあります。
また、月に1回程度の森林浴で、高い免疫機能を維持できるという研究結果もあるそうです。
森林浴で気持ちよく過ごすためには?
緑の多い場所で過ごすだけでもいいのですが、次のような行動を意識するとよりリフレッシュすることができます。
(1)いつもよりゆっくりと深い呼吸をする
森に入ると、緑のいい香りが漂ってきますよね。これは、樹木から発散されている
“フィトンチッド”という成分が豊富に漂っているためです。緑の中では、胸を
開いていつもよりゆっくり深い呼吸をしてみてください。樹木が出す成分の香りに
心が癒されたり、酸素がたくさん取り込まれることで血行が促進されたりします。
(2)午前中に行う
森林浴は午前中、11時までに行うことをオススメします。それはフィトンチッド
が拡散されやすい時間帯だからです。また、雨上がりもフィトンチッドが多く
放出されるといわれています。
(3)スギやヒノキなどの針葉樹が多い場所に行く
スギやヒノキなどの針葉樹はフィトンチッドの量が多いそう。その量は、なんと
紅葉樹の7倍ともいわれています!森林浴に行くなら、針葉樹の多い森を目指し
ましょう。
(4)目を閉じて過ごしてみる
目を閉じると、嗅覚や聴覚が敏感になります。草木の香りや風・鳥のさえずりなど、
日常生活では味わえない感覚を満喫しましょう。新緑が美しい季節です。次の休み
は、癒しを求めて森林浴に出かけてみてはいかがでしょうか。
まずは近所の公園から始めてみるのもいいですね。

「疲労」は個人によって感じかたが様々なようです。
 まず、疲れているのは、肉体なのか精神なのか?
 一般的に、朝、起床時の疲労感は精神的疲労、日中の
 活動後の疲労感は肉体的疲労として分類されることが
 あります。しかし、実際には、どちらかだけであること
 は少なく、神経的疲労も含めて複合的だとしか言いよう
 がありません。また、十分に休息すれば回復できるのが
 肉体的疲労で、睡眠を十分にとってもとれない疲れが
 精神的疲労だという考えかたもあります。しかし、多く
 の疲労は休息を十分にとればいくらは低減されるのだが、
 いくら睡眠をとっても完全には除去できないものである
ように感じます。運動については、肉体的に疲れているときに運動すると疲れはひどく
なり、精神的に疲れているときには、ただじっと休んでいるより軽く体を動かした方
が疲労感は軽くなると言われています。でも、実際の疲れでは、運動は、疲労感を増し
ている側面もあり、減らしている側面もあるような気がします。
結論としては、「疲労」は単純なものではないということです。森に行って癒される
ような感覚があるとすれば、根源的な疲れとして、「厭世的疲労」が含まれているよう
に思います。厭世「観」は、厭世「感」に直結しているのです!
厭世的疲労感は「疲労なき疲労感」であり、厭世的であり続ける限り、なくなることの
ない感覚であるように思います。これは、医学的には、単なる慢性疲労ということで
扱われるのでしょうが、疲れの実体がないので、医学的対処はできないでしょう。





2017_05_13


高浜原発 4号機、17日にも再稼働 (5月9日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
高浜原発3号機4号機関西電力高浜原発4号機(福井県)が早ければ17日にも再稼働することが9日、
分かった。6月中旬に営業運転を始める。4号機の再稼働で、国内で稼働する
原発は、九州電力川内1、2号機(鹿児島県)、四国電力伊方3号機(愛媛県)
を合わせ、4基となる。高浜4号機は既に原子炉への核燃料157体の装着を
終えている。うち、4体がウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料。
一方、関電は、高浜3号機を6月上旬に再稼働させ、7月上旬に営業運転を
始める方針。 関電は、高浜3、4号機の営業運転開始で、代替電力の火力発電
の燃料費負担を軽減できるため、7月中にも電気料金を数%、値下げし、電力
小売り自由化で大阪ガスなどに奪われた顧客を取り戻したい考えだ。今秋には
大飯原発3、4号機(福井県)も再稼働させ、2度目の値下げを行う意向だ。
高浜3、4号機は新規制基準に合格し、昨年1、2月に再稼働した。しかし、
大津地裁が同3月に運転を差し止める仮処分を決定、全国で初めて司法判断
で原発が停止した。関電が保全抗告し、大阪高裁が今年3月、地裁の仮処分
決定を取り消していた。

北朝鮮ミサイル発射―日本のどこに落ちる?落ちたらどうする?地下が一番危険な理由 
防衛策皆無の京都と大阪                        (4月24日 こくまろトレンディ)
京都と大阪には何も防衛策が無い。
京都と大阪を狙った場合、イージス艦がミサイルを迎撃できなかったら、もれなく着弾してしまうのだ。特に大阪の
梅田付近で核爆弾が爆発した場合、想定死者数は48万人、想定被害者数88万人と、東京都内よりも被害が出ることが
予想されている。北朝鮮側はPAC-3がどこに配備されており、どこに配備されていないのか当然知っている。防御策
PAC3の守備範囲が何もないのであれば、
東京に次ぐ人口密集地
である大阪や、貴重な
文化遺産や日本文化の
象徴である京都を標的
にする可能性は高い。
(後略)







迎撃困難なロフテッド軌跡狙う? エンジン、発射台も改良 (2月14日 産経ニュース)
防衛省は、今回の北朝鮮のミサイル発射について、通常よりも高い高度に打ち上げて迎撃を難しくする「ロフテッド
軌道」を狙った可能性があるとして詳しい分析を急いでいる。エンジンや発射台の改良により事前探知が一層困難に
なったとも指摘されている。防衛省などによると、「北極星2」と称する中距離弾道ミサイル(IRBM)の高度は
約550キロに達した。防衛省関係者は「距離の割に高い高度だ。発射の角度が急なロフテッド軌道だった可能性は
否定できない」と指摘する。北朝鮮が昨年6月に中距離弾道ミサイル「ムスダン」を発射したときも高度は1000
キロを超えた。発射を繰り返すことで、ロフテッド軌道での飛行技術を高めている恐れもある。これに対し、防衛省
北朝鮮ミサイル北極星2のミサイル防衛(MD)の海上配備型迎撃ミサイル「SM3ブロック1A」は
到達高度は300キロ程度でしかない。このため高度千キロ以上まで到達可能な
「SM3ブロック2A」を米国と共同で平成33年度の配備を目指し開発している。
一方、ラヂオプレスによると、朝鮮中央放送は13日、金正恩朝鮮労働党委員長が
「液体ロケット発動機から『大出力固体』ロケット発動機へと確固として転換した」
と述べたと報道。韓国軍も固体燃料が使用されたとの認識を示した。液体燃料が
発射前に注入作業を必要とするのに対し固体燃料はミサイル内で貯蔵が可能で移動
も容易になる。ムスダンには液体燃料が使用されており、北極星2は潜水艦発射
弾道ミサイル(SLBM)を基に開発されたことがうかがえる。また、無限軌道型
(キャタピラー型)の移動式発射台の存在も新たに確認されており、ミサイル発射
の探知・識別はさらに困難になるとみられる。


韓国では、北朝鮮に融和姿勢を示す文在寅氏が大統領に就任しました。早期実現
は不可能でしょうが、「条件が整えば北朝鮮を訪問する」と表明しました。一方、
アメリカはノルウェーで北朝鮮と非公式協議を行うそうです。北朝鮮が体制保証
と引き換えに、核を放棄するかどうかに注目が集まっています。北朝鮮が核放棄
をのめば問題は解決されますが、拒否すれば、アメリカは北朝鮮に最後通告する
ことになるかもしれません。もし、核関連施設を攻撃されたとき、北朝鮮はどの
ように振る舞うのでしょうか?反撃しなければ、やられっぱなしになり、体制を
維持できないでしょう。アメリカのピンポイント攻撃に対し、核攻撃で応じれば、
アメリカの総攻撃を受けることになります。一方、アメリカの空母への攻撃は、
攻撃相手を直接たたくわけですから、正当な自衛権の発動であるともいえます。
しかし、空母のミサイル防御網は非常に強固なので、貴重なミサイルを無駄に
消費してしまう可能性大です。在韓・在日米軍基地への攻撃もあり得る選択です
が、アメリカのシリア攻撃を見れば分かるように、何発かが着弾できたとしても、
基地は大ダメージを受けないので、非常に効率の悪い反撃といえるでしょう。
ソウルを攻撃する可能性もゼロではありません。しかし韓国軍の猛反撃に遭い、
中露の支援なしでは、武器、弾薬がなくなって戦闘不能になるものと思われます。
こう考えると、攻撃対象が日本であってもおかしくはないのです。ロフテッド
軌道で大阪や京都を狙えば、日本には対応策がありません。しかし、この可能性
も低いように思います。なぜなら、一般市民を殺傷すれば、ピョンヤンが総攻撃
を受けることになるからです。正当だと主張できる反撃として、「ピンポイント
攻撃にはピンポイント攻撃」、「核施設の攻撃には核施設への攻撃」を検討する
可能性はゼロではないように思います。北朝鮮が攻撃する核施設とは、そう、
原子力発電所です。核兵器製造施設と原子力発電所は、全く違うものではない
かと思われるかもしれませんが、北朝鮮は、「われわれの平和利用目的である
核関連施設が攻撃されたので、日本の同様の核施設を攻撃した。これは正当な
反撃である」と主張するでしょう。安倍首相が、北朝鮮からのミサイル攻撃が
本当にあり得ると思っているのならば、サリンが搭載された弾道ミサイルを心配
する前に、原子力発電所を停止させておくほうが賢明なのではないでしょうか?
そこで最も気になるのは、北朝鮮ミサイルの命中精度です!あとは運次第か?





2017_05_11


自殺した息子のメモ知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに
(5月7日 朝日新聞デジタル)
小学生のころから一日も学校を休まなかった息子が、就職から
まもなく自殺した――。浜松市西区の漁業鈴木英治さん(52)
と妻のゆかりさん(50)が、次男航(こう)さん(当時18)
の死の理由を問い続けている。航さんには軽度の知的障害と学習障害があった。航さんが、職場の自動車部品工場へ向かう
途中で自殺したのは3年前の5月20日。その日、いつもより早く家を出た航さんは、通勤に使っていた午前7時20分の電車
をホームでやりすごした。次の電車も見送り、同46分の貨物列車に飛び込んだ。駅の防犯カメラに映像が残されていた。
航さんは、現場で教えられた仕事の手順などを細かくノートにメモしていた。その中にはこんな走り書きがあった。
「バカはバカなりに努力しろ」
航さんに軽度の知的障害と学習障害があるとわかったのは小学4年のときだ。通信簿はオール1。だが明るく、人なつっこい
性格で友だちに好かれた。親や教師に言われたことはきちんと守る一方、融通や加減が利かない。高校で入った野球部や水泳部
では倒れるまで練習を続けてしまうことが何度もあったという。高校卒業後、県内の大手自動車部品工場に障害者雇用枠で就職。
「小中高と12年間、無遅刻・無欠席。本人もまじめで体力があることは自覚していたので、工場での単純作業なら向いていると
思ったようだ」と英治さんは話す。だが、就職からわずか50日で航さんは自ら命を絶った。一体、何があったのか――。遺品
のノートにあった「バカは~」の文字や、その後の会社とのやり取りの中で、両親の疑念はふくらんでいったという。(後略)

5月の憂うつをやり過ごすいくつかの方法[前編]トミヤマユキコ×星野概念 (5月7日 文春オンライン)
大学助教と精神科医による「5月病」の処方箋
トミヤマユキコX星野概念
「逃げる」は恥ではありません
星野 精神科医のもとには、患者さんが“来てくれる”ので診断のしようがありますが、大学空間での判断は確かに難しいでしょう
   ね。5月病が疑われる学生をつかまえて「お前、どうなんだ!」って金八先生的なアプローチもできないでしょうし。
トミヤマ 言われてみれば大学で金八先生的な教員に会ったことないですね(笑)。大学は、空間的にも時間的にも自由度が
     高くて逃げ場がたくさんあります。もしかしたらそれが、精神科にかけ込む大学生が少ない理由かもしれませんね。
星野 それはあると思います。私のところに来るのは、中高生と社会人が多く、学校や会社というひとつの場所に縛られやすい。
   嫌な友達や同僚、上司から「逃れられない」ことにしんどさを抱えている人がたくさんいます。大学は極論を言えば、単位
   さえとっていればいいですから、「絶対に出なくてはならない」授業ばかりでもない。……まあ、堂々と言うことでもない
   ですけど(笑)。
トミヤマ 会いたくない友達がいれば、会わずに済ませられる。授業以外の時間はずっと図書館にいても食堂にいてもいい。
     肝心なのは、学生たちがその物理的な空間の広さを、いい“逃げ場がある”と気づいてくれるかどうか、ですね。
     私は教員ですけど、逃げたい時は逃げていいと思っていて、「人生には、ときに、授業より大事なことがある」と
     断言しています。(中略)
「ねばならない」の正体を一つひとつひも解いていく
星野  僕たちがしんどさを感じるのは「こうしなくちゃいけない」「こうすべきだ」という思考に縛られるときです。精神医学者
    のフロイトは、人間の心は「超自我」「エス」「自我」の3つの要素でできているという構造論を提唱しました。教育や
    社会から後天的に植えつけられた「こうすべき」で動くのが「超自我」、「こうしたい」という本能で動くのが「エス」、
   「超自我」と「エス」のバランスを保つのが「自我」の働きです。すべきこととしたいことの間をうまく調整できればいい
    のですが、「超自我」が強すぎると、周りからは「よい子」として褒められるけど本人はとてもつらい、という事態に
    なってしまう。「5月病」になりやすいのは、「超自我」が「エス」より強く働いてしまう人です。
トミヤマ 「したい」をもっと優先していいよ、ということですよね。でもそのバランスをとることが難しい。
星野 そうなんです。患者さんの言葉に「ねばならない」「べき」が多いときは、苦しんでいる証拠。そんなときは、一緒に
    逃げ場を作ります。例えば、社会人の方で「休日でも1日に1度は必ず上司に連絡しなくちゃいけない」「携帯の電源は
    切ってはいけない」という方がいたとします。小さなことだけど、地味につらい。でも、彼を縛っている「ねばならない」
    の根拠を一つひとつひも解いていくと、自分自身でルールを課しているところもあるんです。「よく考えれば、週明けの
    朝に連絡すれば大丈夫ですね」など、「ねばならない」が1つ減るだけで、ずっとラクになる。がんじがらめに偏っている
    思考を一緒に調整するのが、僕の役割のひとつだと思っています。(後略)

「人間は逃げ場がなくなれば、不幸と災難に耐え抜き、それを克服する
 ことができるものだ」はデール・カーネギーの言葉です。偉人が、
 越えられそうもない障害をいくつも乗り越えてきたことは実体験で
 しょうし、名著に対して何か批判するつもりもありません。
 しかし、最終的に「道が開けなかった人」がいることも事実です。
「起こりうる最悪の事態」を想定し、それを克服する対策を考えて
 おくことは重要なことでしょう。でも多くの場合、「最悪の事態」は
 全く予想外の出来事ですし、対策はなかなか見つかりません。勿論、
そのような努力は誰にとっても必要なものです。しかし、メンタルが強くないと自覚
している人にとってそれよりも重要なことは、「逃げ道」の数を増やしておくことです。
「逃げ道」があると、「~しなければならない」という気持ちから解放されるので、
精神的にとても楽になります。大きく分けて、「逃げる」には3つのタイプがあります。
はじめは、日常的な「逃げ場」です。これは、個人によって様々でしょう。例えば、
人がいない森のなか。とにかく、人の気配がないところはストレスフリーです。
それから、ひたすら寝ること。(この2点については次々回の記事で紹介予定)
そして、自分と似たタイプの仲間を持つこと(これは誰にとっても共通です)。
2つ目が、根源的な「逃げ道」です。仕事がつらい場合、今の仕事を辞めたあとに何を
するかを真剣に考えておくことです。次の仕事が今より苦痛の少ない仕事でなければ、
転職する意味はありません(転職が事態をさらに悪化させることもあります)。ただし、
本当に苦しくてどうにもならなくなると、逃げ道を作る気力も体力もなくなってしまい
ますから、精神的に余裕のあるときに逃げ道を想定しておく必要があるのです。
最後の「逃げかた」は人生観です。
今生でわたしは「生きる」という目標を掲げた。それ以外のことは一切約束していない。
といった感じでしょうか。何もしなくていい・・・ただそれだけです。
これらは原則、自分で行うべきことですが、周囲のサポートを必要とする人もいます。
お互いに助け合い、励まし合う社会になってほしいものです。





2017_05_09


沖ノ島に絞るか「全体」か 世界遺産登録どう判断 (5月6日 日経電子版)
古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)の一部が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化
遺産に登録される見通しとなった。しかし、中核となる沖ノ島以外の4件の構成資産は「世界的な価値を認められない」と
厳しい評価を受けた。沖ノ島に絞っての登録か、全体の登録を目指すか。7月にポーランドで開催される世界遺産委員会
までに、文化庁などは難しい判断を迫られそうだ。諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)から勧告を受けたのは、
沖ノ島(宗像大社沖津宮)と、その周辺の岩礁など計4件。遺跡や出土品が多数残る沖ノ島を朝鮮半島やアジア大陸との
交流に伴う「古代祭祀(さいし)の記録を保存する類いまれな収蔵庫」とし、考古学的な価値を高く評価した。岩礁も一体
のものと認定した。一方、宗像大社辺津宮(福岡県宗像市)や、祭祀を担う豪族が築いた新原・奴山古墳群(同県福津市)
など4件は、世界遺産登録の要件を満たさないとした。その理由として、信仰・伝統を「日本の国家的価値」にとどまると
指摘した。政府が資産全体の価値として訴えてきた宗像大社への「信仰と伝統」への評価は低く、世界遺産にふさわしい
普遍的価値を見いだしていないと判断したとみられる。その上で、「『神宿る島』沖ノ島」への名称変更を求めた。
松野博一文科相は6日、今回の勧告を「厳しい評価。我が国として完全に納得できる内容ではない」とコメントした。
過去、2013年に富士山(山梨、静岡両県)が登録された際、構成資産の三保松原(静岡市)の除外を勧告された。政府など
が正式な審査に当たるユネスコ世界遺産委員会の委員に対し、「文化遺産としての富士山に欠かせない一体の存在」など
と説明。その結果、三保松原も含めて全てが登録を果たした。「信仰の対象と芸術の源泉」という普遍的な価値は、日本側も
イコモスも認めていた。しかし、今回の勧告では、4資産の「信仰・伝統」という価値自体が、真っ向から否定されており、
富士山のケースとは異なるという。6日未明に記者会見した文化庁の担当者は、今回の勧告が考古学的価値のみを評価
しており、信仰を前面に押し出した日本側の主張と乖離(かいり)があると認めた。その上で、世界遺産委で全体の登録を
実現するのは「(富士山の時と比べて)難しいのは間違いない」との見方を示した。別の担当者も「勧告内容を分析し、
どんな反論ができるか検討したい」と語った。国内の文化遺産は現在、原爆ドーム(広島県)や国立西洋美術館(東京都)
など16件。自然遺産は小笠原諸島(東京都)など4件ある。政府は18年、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」
(長崎、熊本両県)の文化遺産登録を目指している。
▼沖ノ島 九州本土から約60キロ離れた玄界灘に浮かぶ孤島。4~9世紀に航海の安全を願う国家的な祭祀(さいし)が
     営まれていた。指輪や鏡など大陸との交流を示す奉納品が出土し、約8万点が国宝に指定されている。
     宝物の多さから「海の正倉院」とも呼ばれる。島全体が神体とされ、一般の立ち入りを厳しく制限している。

宗像大社辺津宮、中津宮、沖津宮(沖ノ島)は三位一体なんです。
沖津宮は田心姫神がおわす島ではなく、田心姫、これ即ち湍津姫、これ即ち市杵島姫
がおわす島なのです。宗像三女神は、世界を創造したと太古の昔から言われている
「三相一体の女神」という世界共通の普遍的概念の象徴です。
既に世界文化遺産に登録されている厳島神社だって、宗像三女神を祀っています。
沖ノ島だけを分離させて考えること自体ができないことなのだと主張すべきです。
宗像三女神は、日本国内にとどまる地域信仰ではありません。


5月6日 万勝院



2017_05_07


北朝鮮が異例の中国批判…「敵対勢力とぐるに」 (5月4日 YOMIURI ONLINE 読売新聞)
北朝鮮の朝鮮中央通信が3日、中国の政治家らが「敵対勢力とぐるになり、残酷な制裁にしがみついている」と異例の
名指しでの中国批判を展開し、中国政府が4日、「我々は公正だ」と反論するなど中朝対立が激化している。
トランプ米政権に同調して圧力を強める中国に対して北朝鮮が不満を爆発させた形だ。論評は肩書不明の個人名による
もの。ラヂオプレス(RP)によると北朝鮮メディアが自国の後ろ盾である中国を名指しで批判するのは、金日成(キム
イルソン)主席が1994年に死去した後は初めてとみられるという。論評は、中国共産党機関紙・人民日報や環球時報
が、「自らと関係がない(北朝鮮の)核問題に米国に劣らない拒否感を示し、世代を超えて発展してきた朝中関係を丸ごと
崩壊させている」と主張。「中国はこれ以上、我々の忍耐の限界を試そうとせず正しい選択をすべきだ」と警告した。
                                                   (後略)
北朝鮮政策で「中国を試している」…米国務長官 (5月4日 YOMIURI ONLINE 読売新聞)
ティラーソン米国務長官は3日、ワシントンの国務省で職員向けに演説し、「北朝鮮の行動により、追加制裁を科す必要
があるとなれば我々は制裁をかける用意がある」と述べ、6回目の核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験
を準備する北朝鮮に警告した。トランプ政権の北朝鮮政策が過去と異なる点について「中国が北朝鮮に限定的な影響力
しかないのか、北朝鮮への影響力行使を限定的にしかやりたくないのかを試している」点にあると説明した。
「抜け穴だらけ」と指摘される国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁について、加盟国が厳格に履行しているかどうか
監視し、履行しない国に対して米国が制裁を科す方針も改めて示した。(後略)

ICBM北朝鮮を揺さぶる米原潜戦術核と最強爆弾 (4月29日 毎日新聞 経済プレミア)
米軍がアフガニスタン東部の過激派組織「イスラム国」(IS)支配地域に「爆弾の母」と呼ばれる巨大爆弾(MOAB)
を投下した。アフガン政府軍によれば、 IS側に司令官ら94人の死者がでた。 巡航ミサイル「トマホーク」でシリア
の政府軍基地を破壊してから1週間後の動きだから、二つの攻撃は連動している。シリアもアフガンもISの活動地域で
あることが共通しているが、命令にサインしたトランプ米大統領の本当の狙いは、ISというより北朝鮮の金正恩(キム・
ジョンウン)労働党委員長を脅して、核実験や弾道ミサイル発射を断念させることだとみられている。
トマホークと「爆弾の母」は北朝鮮に対してどのような脅しになるのか。
米駆逐艦から発射されるトマホーク「地下にひそんでも逃げられない」という脅し
「爆弾の母」とは「マッシブ・オードゥナンス・エア・ブラスト(大規模
爆風爆弾兵器)」という四つの単語の頭文字MOABを「マザー・オブ・
オール・ボムズ(すべての爆弾の母)」と読み替えて通称としたものだ。
精密誘導で目標に投下され、巨大な爆風で数キロの範囲にいる人間を殺傷
する。通常爆弾では現在、世界最強と言われる。 米メディアによると、
米国の国家安全保障会議(NSC)はトランプ大統領に北朝鮮に対する
複数の作戦計画を提出している。そのひとつが金委員長を狙った攻撃で、
「デキャピテーション・ストライク(斬首攻撃)」という恐ろしい名称の
作戦計画だ。 アフガンで岩山の洞窟や地下壕(ごう)にひそむIS軍を
MOABを投下して殺害したことは、平壌(ピョンヤン)の地下指揮所に
いるであろう北朝鮮指導部には、「斬首作戦」から逃れられないという
メッセージになる。
戦術核搭載の米原潜が朝鮮半島近海へ?
「トマホーク」はどのような脅しだろうか。トランプ大統領は、空母
「カール・ビンソン」主力の機動部隊を南シナ海から朝鮮半島方面に
転進させたことをメディアに明かした時に、「無敵艦隊だ。空母より
米原潜ミシガン強力な潜水艦もある」と語っている。これも、
トランプ大統領は金委員長の耳に届くように言った
に違いない。NSCの作戦計画のなかに「戦術核兵器
の韓国配備」がある。北朝鮮の核ミサイル威嚇を抑止
する切り札として、戦術核を韓国に配備する計画だ。
米国の攻撃型原潜はトマホークを搭載している。
シリアに発射されたトマホークは地中海に展開した
イージス艦(駆逐艦)から発射された通常弾頭の
ものだったが、それを核弾頭に替えて原潜に搭載し、
朝鮮半島の近くに配備するというプランではないか。
それが「空母より強力な潜水艦」発言の真意だ。
中国が仲裁に入ったという見方も
片や斬首作戦に戦術核の威嚇、それに対して大陸間弾道ミサイル発射に核実験の威嚇。背筋も凍るようなチキンゲーム
が続いているのに、トランプ大統領も金委員長もさほどこわばった表情には見えない。米中首脳会談以後、トランプ
大統領に急接近した中国の習近平国家主席が裏で仲裁に入った気配があるからだろう。

He then went into the history of China and Korea. Not North Korea, Korea. And you know, you're talking
about thousands of years …and many wars. And Korea actually used to be a part of China.

トランプ氏は、習近平主席との首脳会談でのやりとりを、ウォール・ストリート・
ジャーナルのインタビューでこのように語りました。朝鮮半島が中国の領土だった
というのは言い過ぎです。"actually"(実は)というより、"practically"(事実上)
といったニュアンスだったのではないでしょうか?つまり、「朝鮮半島は中国の属国
だった」ということでしょう。問題は、なぜそのような話になったのかということ。
これは、トランプ大統領が、「金正恩政権が倒れたときには、北朝鮮に中国の傀儡
政権を樹立すればいいから、核施設を廃棄してくれよ」と言ったということを暗示
しています。ただ、中国が武力を用いて金正恩政権を倒すことまでを容認したのかは
分かりません。まさか、北朝鮮を中国の領土(自治区)にすることまでは、アメリカ
としても認められないでしょう。でも、傀儡政権を容認すれば、事実上、中国軍が
朝鮮半島の北部を支配することになります。その後、朝鮮半島から、米軍、中国軍
がともに撤退するというのがベストのシナリオになります。これは中国にとっても、
「悪い話」ではないので、中国も態度を変化させたものと思われます。一方、これは
北朝鮮にとっては最悪の展開です。米軍の攻撃に備えて、全軍を日本海側やソウルに
向けている最中に背後を襲われたら、ひとたまりもありません。しかし、実際に
そうなったら中国軍も無傷では済まないでしょうから、中国にとっても(アメリカに
とっても)、金正恩が中国に亡命して、政権から降りてもらうのが最もいいのです。
現在の北朝鮮は、アメリカ、韓国、日本と対峙していますが、歴史上、朝鮮民族の
存続にとっての最大の脅威が中国であることを忘れているのでしょうか?
今後の展開は全く読めませんが、米中という大国に料理されようとしている朝鮮半島
という状況は変わらないでしょう。




2017_05_05


日本国憲法、実は世界最年長 長寿支える「権利」の多さ (5月2日 朝日新聞デジタル)
米シカゴ大学が中心となった「比較憲法典プロジェクト」のデータを使って、東京大学のケネス・盛・マッケルウェイン准教授
が、日本の憲法を分析した。プロジェクトは、米国憲法が施行された1789年以降に存在した約900の成文憲法を英語に
翻訳、760を超える項目についてデータ化した。日本からは、1946(昭和21)年に制定された日本国憲法と、1889
(明治22)年に公布された大日本帝国憲法(明治憲法)の二つの憲法として扱われている。
憲法が改正されていない期間■制定70年、世界一の「長寿」
改正されたことがない現行憲法では、制定から70年たった日本国憲法
は世界一の「長寿」となっている。2位のデンマークは63年、3位の
ナウルは48年だ。(中略)
■「短い」ことも特徴
プロジェクトで英語に翻訳した現行憲法のうち、単語数が最も多いインド
は14万6385。平均は、2万1千で、日本は4998。日本国憲法は、
「短い」ことも大きな特徴だ。
■政治制度は少ない
世界各国の憲法に記されている選挙制度や裁判所の編成、地方自治に
関する規定など政治制度について30の項目で分析すると、日本国憲法は
少ない。マッケルウェイン准教授は、「日本国憲法は、国会議員の定数や
選挙制度など、『別に法律で定める』としている項目が多いため、変えるときも憲法の改正せずに法律の改正で済んできた。
これも日本の憲法が『長寿』の原因のひとつだろう」と分析する。
■権利の多さも長寿の要因
世界各国の憲法に記されている思想や言論、信教の自由、教育の保障など国民の権利について、52の項目で分析すると、
日本国憲法は多い。マッケルウェイン准教授は、「日本国憲法は、制定当時としては先進的で、権利についての規定が多く
盛り込まれた。このため、新たに権利を憲法に追加する必要性が少なく、これも『長寿』の原因のひとつだろう」と分析する。

憲法は「理想を掲げるもの」「現実と食い違ってあたりまえ」とは? 憲法施行70年の今年、憲法について考えてみる
(5月2日 ダ・ヴィンチニュース)
 みなさん、「憲法」について興味があるだろうか? めちゃくちゃ詳しいし関心がある、という人の
 方が少ないと思うが、無知ではいられない現状が目の前にある。2012年に自民党の憲法改正草案が
 発表された。今後憲法改正が現実味を帯び、民意の問われる日も近いかもしれない。となると、日本
 国民として「興味ない」で済まされる問題ではないのだ。今年は日本国憲法が施行されて70年の節目
 でもある。これを機会に、もう一度≪憲法≫について、学んでみてはいかがだろう。
 電子書籍化され現在電子書店にて好評配信中となっている、『伊藤真の日本一やさしい「憲法」の
 授業』(伊藤真/KADOKAWA)は、「憲法について知っておきたい。だけど、教科書を読む気にも
 なれないし、難しい内容には頭がついていかない!」という人にうってつけ。「ものすごく分かり
 やすい」のに「基本的な説明が押さえられているのでしっかりと知識が身につく」最良の一冊だ。
 そもそも憲法とは、「国家統治の基本構造についての定め」であり、憲法に基づく統治方法を「立憲
主義」という。立憲主義は「『国民の自由・権利を保障すること』を第一の目的として、権力者を拘束する原理」のことで
ある。本書はその「憲法」及び「立憲主義」の基本的な内容・特徴について、さらに憲法という考え方がどうして生まれ、
どのように成立したかの思想や歴史的な過程にも言及されている。最もフォーカスされているのはもちろん、日本における
「立憲主義成立の歴史」や「現代日本の政治体制」、「憲法の詳細な内容」についてである。日本国憲法について、最も関心
が持たれているのは9条に代表される「平和主義」だろうか。今回は、こちらについて本書の内容をご紹介したい。平和主義
は「戦争による威嚇と苦しみを排してこそ、真の自立した個人が生まれる」という考えに基づき、第二次世界大戦の反省から
平和の実現を求める国民に支持され、我が国における重要な基本原理となっている。ポイントは、「国家の平和」が一番の
目的ではなく、個人の自由と権利を保障するためには「平和」が必要という、あくまで国民が主体の考え方だということ。
9条には
・日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の
 行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
・前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
とある。
平和主義の理念は「他国に守ってもらおう」という他人任せではなく、また「攻撃されても軍事力がないから黙って耐える」
といった国民を守る国家として荒唐無稽なキレイゴトを述べているわけでもない。本質は「平和構想を提起したり、紛争
緩和の提言を行ったりして『武力以外の方法』で平和への積極的努力をすること」を含んでいる。さて、この平和主義に
反していると問題になっているのが安倍内閣の「安全保障政策」。これは「一定の場合には戦争を容認する」政策と言える。
(中略)日本国憲法が考える平和主義は「軍隊で国を守ろうとするのではなく、外国から攻められないようにする賢明な外交
政策によって日本国民の安全を保持することを要求」している。その観点から考えると、安倍内閣の安全保障政策は、その
理想に反すると言わざるを得ない。
(中略)そもそも、憲法は権力者(または、民衆の多数派)の暴走を防ぐためのものである。よって「時代に合わせて柔軟に
変更」していたら意味がないのだ。さらに言えば憲法は「理想を掲げるもの」なので「現実と食い違ってむしろあたりまえ」
であり、だからこそ「それに向かって努力することを国民に期待している」。暴力や戦争が横行する世界の現状に合わせて
憲法を変更するのではなく、平和ではないからこそ、その理想に向かっていくための目標として、憲法(特に、第9条)は
存在するのかもしれない。憲法が存在する意味を再確認できる本書は、「大人」としての必読書だろう。


憲法改正手続き世のなかでは、保守は改憲派、リベラルは護憲派という
ことになっていますが、保守だから憲法を改正したい
というのは、本来、不思議な話です。
「言葉どおりの保守」(現状維持派)の気持ちから
すれば、憲法改正の意義は認めるものの、日本国憲法の
改正手続きの面倒さを考えると、それほど労力をかけて
やるべき課題とは思えない、といったところではないで
しょうか。さらに、現行憲法のうち、改正されていない
憲法で世界一古いのは日本国憲法だと聞くと、このまま
日本国憲法に手をつけないほうがよいと思いませんか?
二番目に古い非改正憲法を持つデンマークは、世界で
二番目に長い歴史を持つ王室を持っています。と、なると世界一長い歴史を持つ王室
は・・・そう、天皇家です。日本人とデンマーク人には似た気質があるのかもしれ
ません。しかも保守にとっては都合がいいことに、細かい記述がない日本国憲法に
おいて実効性を担保するためには、別に法律を作らなければなりません。実はここが
ミソで、憲法を変えるのではなく、見方によっては憲法の趣旨から逸脱しているの
ではないかと言われてもしかたないようなグレーな法律を作ってしまえばいいのです。
安保法案がまさにその典型です。リベラルにとって、憲法は厳密に守らなければなら
ないものですが、保守にとって、憲法は人間が目指す崇高な理想が書かれているもの
なのです。実態に即して、必要なことは法律で規定すればよい。このような主張を
すると、憲法を軽視してはダメだという批判が起きそうですが、周辺に日本国憲法の
理想に合致しない国がある以上、現実を無視することはできません。よって、安倍
政権が成立させた安保法案はやむを得ない法律なのです。日本国憲法を現実から遠ざ
けているのは、安倍首相ではなく、日本の周辺に存在する「キチガイ国家」ですから。





2017_05_03


川口康平さん「給料格差ツイート、狙ってやった」 日本捨てる若手学者の危機感 
(4月29日 withnews ウィズニュース)
 「じゃあ何が違うのかというと、あれですね、給料です」。
一橋大学から香港科学技術大学に移籍する講師、川口康平さん(34)
がツイートした移籍理由が4月中旬、話題になりました。1000回以上
リツイートされ、反応などを盛り込んだTogetterまとめは30万回以上
見られています。実は「議論を起こしたい」と、半年前から考えていた
というこのツイート。その真意を、ご本人に伺いました。
教授会後にツイート
川口さんは、企業が行う情報処理がどう業績に反映するかなどを研究
する経済学者。一橋大学大学院経済学研究科で2015年から、5年の任期で一定の業績を上げれば任期の制限がない講師になれる
テニュアトラック講師を務めています。8月1日付けで移籍する香港科技大でも同じ立場です。4月12日、教授会に報告した後に
ツイッターで移籍を表明。こうつぶやきました。
〝研究環境面で一橋が特別負けているとは思いません,じゃあ何が違うのかというと,あれですね,給料です.具体的にいうと,
一橋の給与は昨年,各種手当を全部ひっくるめて634万円でした.科技大のオファーはというと,USD144K,日本円で1500-
1600万円です.最高税率は15%らしいので,手取りの変化率は額面以上になります.〟 <川口さんのツイート>
東大大学院は留学予備校
経済学の世界では、頭脳流出はかなり前から始まっているそうです。出身の東京大学大学院の修士課程は「留学予備校とも
言われ、ほぼ全員が博士課程での留学を目指します。そして、かなりの人が海外で就職し、帰って来ない」とのことです。
そして昨年度は、国内の若手トップと言われる研究者2人がアジアの大学に移籍したといいます。
「日本の国立大学は、本当なら、手放したくない人材によそからのオファーが来たらカウンターオファーすべきです。
給与制度全体を変えられなくても、その人の等級をぐんと上げて高い待遇を示すとか。できるはずなのに、しない」
「現場の最適化」も進まない
大学教員の仕事での研究と教育、事務のバランスについても、同じ思いを持っています。「講義が得意な人には講義を多く
任せ、研究が得意な人には講義の負担を減らす。それができれば、大学全体のパフォーマンスが上がるのに、そうなって
いない。一橋大の中で論文の執筆数などのデータを見ても、それは明らかです」
日本の国立大に職を得て2年。大学の経営陣が、文部科学省からの運営資金を得るためにキャッチコピーづくり的な事務作業
を優先する一方で、限られた資金の中で現場を最適化する経営に目が向いていない、と感じています。(中略)
社会のため、大学は経営観点を
経済学の頭脳流出について、川口さんは深刻に受け止めています。シニアの重鎮に数千万円クラスのオファーが来るとの
うわさも聞きます。「そうした人がいなくなると、学生に留学の推薦状が書ける人がいなくなる。すると、世界の一線に
行ける日本人がいなくなり、日本人経済学者がいなくなる恐れがあります」
頭脳流出は経済学だけではありません。「理系なら企業への流出もあるでしょう。しかし、やはり大学に優れた研究者が
いることは大切。すぐ役に立たなくても、既存の理論で対処できない課題に新たな解決策を示す研究者は、社会に必要です。
そのために、大学にはもっと経営的に動いて欲しい」(後略)

海外からオファーがあるのですから、川口さんはとても優秀な学者さんなのでしょう。
同じ仕事内容なら、少しでも給料が高いところを選ぶべきですし、就職先が海外である
からといって、日本を捨てたということにはならないと思います。例えば大リーガー。
大リーグで活躍できるくらいの実力があるのなら大リーグに行くべきですし、
海外に行くことで日本の野球を見捨てたなんて否定的に捉える必要はありません。
逆に、大リーグで活躍する日本人を見ると、誇らしく思うかたのほうが多いでしょう。
川口さんには、是非、海外にて世界で認められる研究成果を出してほしいものです。
一方、川口さんのような優秀な学者がいなくなっても、日本は大丈夫だと思います。
なぜ日本が頭脳流出を心配しないでよいかというと、一流の人がいなくなっても、
一流予備軍といえる人が大勢いて、全体としては戦力ダウンにならないからです。
ストレートに言えば、一流の人には積極的に海外に出ていただいて、一流予備軍に
席を空けて欲しいのです。日本は一部のエリートが支える社会ではなく、平均点の
高さで勝負しているのです。
発展途上国では、高度な教育を受けた人材の頭脳流出は、経済的損失になります。
でも、日本のように、海外からの頭脳流入もある国においては、人材交流の一環と
して頭脳流出を受け入れればよいように思います。たとえ、大きな頭脳流出が起きた
としても、海外在住者が日本との橋渡しの役割を果たすのであれば、日本にもメリット
があるでしょう。さらには、 海外在住者が日本にはないものを習得して帰国すること
になれば、日本の社会に大きな貢献をすることになります。
異国のよいところを受け入れることについて、日本文化はとても寛容ですから・・・
よって、日本の頭脳流出が、日本全体の損失につながっているとは思えません。
この辺については多角的視点から定量的に評価してほしいものです。経済学者が!
結論としては、優秀なかたは、ワールドワイドに自分の好き勝手にやってください。
そんなことより、日本ではボトム層の底上げによる、平均点アップのほうが大切です。


特別支援教育を受ける子ども数特別支援学校、3400教室不足 在籍者が急増
(4月30日 朝日新聞デジタル)
障害が比較的重い子どもが通う「特別支援学校」で深刻な教室
不足が続き、2016年10月現在、3430教室が足りない
ことが文部科学省の調べでわかった。特別支援学校の在籍者が
近年急増し、教室数が追いついていない。同省は教育に支障が
出るおそれがあるとして、教育委員会に補助金の活用などに
よる教室不足の解消を求めている。
特別支援学校小、中学部の1学級は6人が上限で、重複障害の
場合は3人。幼稚部から高等部までの在籍者は15年に13万
8千人で、10年で1・36倍になった。特に知的障害のある子が増え、全体の9割を占める。比較的障害が軽い子が
通う小中学校の特別支援学級の在籍者も15年に20万1千人で、10年で約2倍になった。
背景には、障害の診断が普及したことがある。障害があると診断されると、支援が得やすい教育を望む保護者が増えた
とみられ、「特別支援教育への理解が深まった」(文科省担当者)との見方がある。
一方、支援が必要な子に対応できていない小中学校の課題を指摘する声もある。「障害児を普通学校へ・全国連絡会」
(東京)によると、通常の学級を希望した知的障害児や発達障害児の保護者が、教育委員会や学校から「(通常学級
では)いじめられるかもしれない」「高学年になると勉強が難しくなる」などとして特別支援教育を提案されるケース
があるという。(後略)




2017_05_01


抗がん剤、高齢患者への効果少なく 肺がん・大腸がん・乳がんの末期は治療の有無で生存率「同程度」 
政府など調査
 (4月27日 産経ニュース)
政府と国立がん研究センターが、高齢のがん患者に対する抗がん剤治療について「延命効果が少ない可能性がある」とする
調査結果をまとめたことが26日、分かった。調査を踏まえ、厚生労働省は年齢や症状に応じたがん治療のガイドラインを
作成する方針。今後は、患者の生活の質(QOL)向上も踏まえて効果の高い治療法を推進し、高齢社会におけるがん治療
のあり方を検討する。国立がん研究センターと厚労省、経済産業省が主体となり調査を実施した。平成19年から20年に
同センター中央病院を受診したがん患者約7000人のうち、70歳以上の高齢者約1500人が対象。がんの種類別に、
抗がん剤による治療を中心に行った場合と、痛みを和らげる「緩和ケア」に重点を置いた場合とで、受診から死亡までの
期間(生存期間)を比較した。その結果、主に肺がん▽大腸がん▽乳がん-で末期(ステージ4)の高齢患者の場合、
抗がん剤治療の有無にかかわらず、生存率は同程度にとどまった。抗がん剤治療が明確な効果を示さない可能性がある
という。例えば肺がんの場合、生存期間が40カ月以上のグループは抗がん剤治療を受けなかった患者のみだった。同様
に75歳以上で見た場合、10カ月以上生存した人の割合は、抗がん剤治療を受けなかった患者の方が高く、生存期間も
長かった。このため、肺がんでは抗がん剤治療は5年生存率に効果を示さない可能性があると指摘した。胃がんと肝がん
については高齢の患者数が少なく評価を見送った。政府は調査結果を基に、年齢や症状ごとに適切な治療を行うための
診療プログラムの作成を図る方針。抗がん剤治療の副作用で苦しむ患者のQOL改善に役立てる考えだ。

ストレスはやっぱり健康に悪い (4月8日 毎日新聞 医療プレミア)
精神的苦痛やストレスが健康に悪いくらい誰でも知っているが、ストレスを具体的に表現する方法が難しいので科学的な
データは案外少ない。最近、ストレスと健康に関連した論文が発表されたので紹介する。
精神的苦痛でがんが増える三つの理由
まずはBMJ誌オンライン版に2017年1月25日掲載された、英国のG David Batty氏らによる精神的苦痛とがんの関係に
関する研究を紹介しよう。1994~2008年に開始された16件の研究に参加した患者の中で、自身の報告による精神的苦痛
スコアの記録がある16万3363例を解析の対象にしている。かなり大規模なデータではあるが、精神的苦痛に関しては自己
申告である。平均約10年の調査期間中に1万6267例が死亡し、このうち4353例ががんで死亡した。 解析の結果、精神的
苦痛が軽度の群に比べ、苦痛が重度の群は、すべての部位のがん死亡率が高かった。精神的苦痛が重度の群は、喫煙非関連
がん、大腸がん、前立腺がん、膵(すい)がん、食道がん、白血病のリスクが特に高かった。この中でも大腸がんと前立腺
がんのリスクは、精神的苦痛スコアが上がるに従って増加したという。
精神的苦痛でがんが増えるのはなぜなのか、Batty氏らは三つの理由を挙げている。
1)実はがん細胞は健康な人でも毎日数千個くらいできている。それを免疫、特にナチュラルキラー(NK)細胞がやっつけて
くれているので大きながんにはならない。精神的苦痛に繰り返しさらされると、そのNK細胞の機能が低下してがんが増殖する。
2)脳の視床下部は自律神経やホルモンをコントロールする重要な部位であるが、ストレスが続くとその機能が低下し、とくに
ホルモン関連がんの防御過程に悪影響を及ぼす。
3)苦痛によって飲酒や喫煙が増え、運動不足や食生活の乱れによる肥満などのリスクを介して、間接的に発がんの可能性
を高める。(中略)
二つの研究で指摘されたように、視床下部や扁桃体はストレスの影響を受けやすい。こうした脳の働きを自身でコントロール
するのは、極めて困難である。それゆえに、がんや心臓病を予防するには、生き方や働き方を見直してイライラせずに
のんびり生きることがよさそうだということは間違いないだろう。

抗がん剤治療は、手術、放射線治療と並んで「がん治療の3本柱」のひとつと言われて
いますが、大きな副作用があるだけに、延命効果が全くないのなら、抗がん剤治療を
受けたいとは誰も思わないでしょう。高齢者の場合、抗がん剤の副作用に耐えられる
だけの体力が残っていないということなのでしょうか?気力、体力に自信がない人間
は、高齢者でなくても、抗がん剤治療を受けることを躊躇してしまうかもしれません。
抗がん剤治療が全くの無意味ということではないのでしょうが、「苦しみたくない」
という患者の声も無視できません。今後のさらなる調査での正確な情報を期待します。
何はともあれ、健康な人にとっては、がんにならないことを目指すべきです。

ガン予防の可能性のある食品原因が明白ながんもありますが、
多くのがんでは、生活習慣、化学
物質、放射線、紫外線、ウイルス、
細菌、酸化ストレスなどの要因が
複雑に絡み合っているものと思わ
れます。喫煙は体によいことが
何もないだけに、がんにならない
ためには喫煙をすぐにやめたほうが
いいでしょう。では、食生活はどう
すればいいのでしょうか?
食べ過ぎないことや塩分摂取量を
減らすことなどが有効だと思われ
コーヒーと肝がんの関係ますが、野菜を多く摂ることも
重要なことでしょう。嫌いなもの
を無理して食べる必要はないで
しょうが、がん予防の可能性の
ある食べ物については、できる
だけ多く摂ったほうがいいのです。
コーヒーについては、すべての
がんについて言えるわけでは
ありませんが、少なくとも、健康に悪い飲み物ではないようです。無理して飲む必要
もありませんが・・・それに比べて、明らかに健康に悪そうなのが、ストレスです。
コーヒーのがんに対する効果も、コーヒーの成分による直接的な効果より、ストレス
軽減によるものなのかもしれません(リラックス効果にはカフェインが影響している)。




2017_04_29


五月病ってどんな病気五月病を侮るな!不安障害やうつ病に悪化することも
(4月22日 ダイヤモンド・オンライン)
環境変化への不安が高まる5月
一時的にうつ状態を引き起こすこともある

「木の芽どき」や「新緑の季節」と呼ばれるこの季節は、一年を通して
最も気持ちのいい時期だ。気持ちの浮き立つ時期と考える人が多いだろう。
だが木の芽どきには精神状態が不安定になりやすいとの俗説もあるように、
悪い意味で気持ちの浮き立つ時期とも言えるかもしれない。それに加え
就職や進学、企業などでは配置転換もよく行われる時期でもある。まさに
(期待と)不安の時期なのだ。いわゆる「五月病」の季節でもある。
「五月病」とは医学上の正式な病名ではない。環境が変わってしばらく
たった新入社員や新入生を中心に、五月頃になるとやる気が出ない、気分が沈みがちという状態がよくみられることから名付け
られたものだ。新しい生活パターンへの対応、とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。多くの人が経験した
ことがあるはずだが、気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともある。とはいえ、そのうちに治ってしまう
ことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えない。しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、
人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼす。例えば、気分が落ち込み体調も優れず会社を休んでしまったが、そのことにより
自分を責める、他者の視線も気になり出社しにくくなる、あるいは心身の調子が悪いのに無理して働いているうちに本格的に
体調を崩し精神状態も最悪になる、などの影響だ。症状を深めるように悪循環を引き起こすと、「うつ病」と呼ばれる状態に
なってしまう。病院へ出向けば、うつ病などの「気分障害」か、適応障害などの「不安障害」と診断されることになるだろう。
将来起こり得る危険や苦痛に対する不安が心身を押しつぶす「不安障害」
仕事にも学業にも不安はつきものだが、とくに慣れない環境での不安は「不安障害」を引き起こすことが多い。将来起こる
可能性がある危険や苦痛に対する不安が心身を押しつぶすのだ。不安の原因を除けず対策が取れないと、不安は増大して
しまう。困ったことに、精神状態が良くない場合は不安を特定して対策をとるといったプロセス自体が非常に困難なものに
思えてしまい、後回しになる。その結果不安は払拭できずさらに増大するという悪循環に陥ってしまうのだ。このような
状況では、交感神経、副交感神経といった自律神経系の働きに乱れが生じ眠れなくなっていることが多い。脳内の「興奮を
鎮めるメカニズム」がうまく働かないためだ。不眠による疲労が心身に与える悪影響により、ここにも悪循環への入り口が
開いてしまう。不安障害は抑うつ状態やうつ病と症状は似ているが、原因(ストレスの要因)が比較的はっきりしていると
いう点が異なるとされる。つまり原因を除くことができれば症状も良くなるということだ。だが気分障害(うつ病など)と不安
障害(適応障害など)は共存していることが多いとされるため、完全に切り分けることも難しいようだ。
五月病症候群の予防は「健康への万能薬」
自覚したら早く病院へ

これらを含む可能性がある「五月病症候群」の予防法だが、まず規則正しい生活、バランスのとれた食事、適度な運動、と
いった健康への万能薬が挙げられる。さらに趣味の時間を確保したり、友人と楽しく過ごしたり、可能なら人に相談する
ことも重要だ。だが五月病を「発症」してしまうような状況では、多忙の中で時間が足りず予防法の実行そのものが難しい
場合も多い。あなたが自分の症状を自覚できたら、あるいは幸いにも誰かが指摘してくれたら、医師に相談するのが結局
は五月病から逃れる早道だろう。その時間すら作りにくい、その気力も湧かない状態かもしれないが、ここだけは無理して
みよう。何らかの病気が疑われるのならあれこれ考えるより、まず病院へ。これはすべての症状にいえることで、周囲の
人々はもちろんあなた自身のためになることだ。

うつ病と認知症を見出す魔法の質問 (4月25日 毎日新聞 医療プレミア)
診断技術が飛躍的に進歩して、がんや動脈硬化のような形のある病気(器質的疾患)はかなり早期から発見できるように
なった。しかし、うつ病や認知症のような精神的な疾患は血液検査やCT、MRIのような画像検査では判別がつきにくい
ので、慣れた医師が丁寧な問診をして総合的に診断しているのが現状である。そのために複数の医師の診断が微妙に
食い違うこともよくある。
やっぱり「定番」!
うつ病では本人が過小に申告すると見逃す可能性があるので、周囲の人の意見を聞くことも重要である。私の男性更年期
外来では妻にも来てもらい、患者である夫の状態を聞いている。私の経験では、妻の意見を参考に治療する方が良いこと
が多い。 うつ病の診断では「最近の2週間以上気持ちが落ち込み、何をしても楽しくないと感じますか?」などの、うつ病
関連のサイトでもよく見かけるおなじみの質問がある。高齢者のうつ病判定におけるこの質問の精度に関し、多くの論文を
検討した研究が中国から発表された(The British Journal of Psychiatry誌オンライン版2017年2月16日号)。これは
「過去1カ月間で、気持ちが落ち込んだり、憂鬱な気分、絶望的な気分になりましたか」「過去1カ月間で、しばしば
小さなことに悩まされたり、何をしても楽しくないと感じたりしますか」という二つの質問の精度を、高齢者のうつ病に
関して調査したものである。133件の研究を調査したところ、4万6651例に16種類のスクリーニング(ふるい分け)法が
使用されていた。 調査対象の二つの質問は六つの研究で使用されていた。本当にうつ病の人のうち、その二つの質問
で正しくうつ病だと診断された人の割合(感度)は91.8%▽うつ病でない人のうち、正しく除外された割合(特異度)は
67.7%--というからかなり信頼性があるようだ。ただ質問がどちらか一つになると、やや診断精度は落ちる。
二つとも従来ある一番簡単で有名な質問なので、専門家なら「やっぱりこの質問が定番だ」と納得できる。(後略)

うつ状態の脳うつの傾向を全く持っていない人間からすると、
「うつは単なる甘え」と思うかもしれません。
しかし、うつの傾向を持っている人間なら、
「うつ」は甘えや怠けとは別モノであることが
理解できるでしょう。ネガティブな傾向の人は、
ポジティブ状態を長くキープしていたとしても、
環境の変化やショッキングな出来事を契機に、
崖から落ちるようにポジティブからネガティブ
へ急降下します。ネガティブになることくらい
誰にでもあることだと思うかもしれませんが、
そのネガティブさが尋常ではないのです。
人生における圧倒的絶望感とでも言えばいいでしょうか。特に、朝起きたときが問題です。
今日一日を普通に過ごすことが絶対不可能であるように思えてきます。思えるというより、
体がそのように訴えているのです。夕方になって、多少調子がよくなってきて油断して
しまうのですが、翌朝になると、どん底の精神状態に戻ります。また、抑うつ傾向の人に
とって、「疲労感」は人生のお友達です。睡眠不足になると「疲労感」は増しますが、
いくら寝ても「疲労感」は解消しません。うつの傾向を全く持っていない人には、いくら
寝ても「疲労感」の抜けない感覚が理解できないかもしれません。何かをすれば疲れる
のですが、何をしようとしまいとその疲れがとれないのです。
しかし、抑うつ傾向の人間だからといって、必ずうつ病になるわけではありません。
よい環境に居さえすれば、うつ病にはなりません。よい環境とは、休養を十分とれる環境、
ストレスの少ない環境、将来への希望が持てる環境などです。そんな理想的な環境、ある
もんかと思われるかもしれませんが、だからこそ、どうすれば苦痛の少ない日常生活を
おくれるかを日頃から考えておかなければなりません。日頃というのは、抑うつ状態では
ないとき、という意味です。一方、うつ状態のときには、何を考えても良い方向に物事は
進みません。うつ状態ではないときの考えに従って行動したほうがいいのです。うつ状態
では、休養と時間が薬です。多くの場合、一週間もすれば、心の晴れ間が見えてくるもの
です。二週間以上、どん底から復帰できないようならば、心療内科や精神科に行ったほう
がよいようです。
        ※今回の内容は、うつ病になってしまった人の治療に役立つものではありません。




2017_04_27


仏大統領選マクロン候補仏大統領選、中道マクロンの「右でも左でもない」苦悩
(4月24日 ニューズウィーク日本版)
<5月7日の決選投票はマクロンとルペンの対決に。変化
と前進を掲げて大躍進した中道派のマクロン、気鋭の
カリスマを待ち受ける「当選後」の洗礼とは>
(中略)昨年8月まで2年間、経済相を務めカリスマ性も
あるマクロンだが、政界では比較的新顔だ。1年前に
結成した政治グループ「前進!」は左派と右派それぞれ
の元支持者が集まり、双方の考えからえりすぐった綱領
を掲げる。最新の世論調査によると、大統領選は5月に
行われる決選投票で、マクロンが極右政党・国民戦線の
党首マリーヌ・ルペンを破る見込みだ。ただし、大統領に当選すれば安泰とはいかない。6月に行われる総選挙(国民
議会選挙)で「前進!」は、左派では社会党、右派では共和党という既存の組織とそれぞれ戦わなければならないのだ。
連立政権なら前途多難
仏大統領の権限の多くは首相の支持を必要とし、首相の任命は基本的に国民議会の同意を必要とする。グランデノンに
よると、マクロンもそこは分かっている。「議会で過半数を制して初めて、実際の力を手にする」
まだ若い「前進!」が明確なアイデンティティーを確立し、十分な選挙戦を展開して議会で過半数を獲得することができ
るだろうか。もしできなければマクロンはどの勢力を頼り、どのように政治基盤を築けばいいのだろうか。単独で過半数
に届かなければ、他党の協力が不可欠になる。右派左派どちらかの政党と連立政権を組み、その関係に身動きが取れなく
なれば、「右でも左でもなく、前に進む」という大義が損なわれる。手を組むなら、社会党の穏健派が妥当な相手になり
そうだ。彼らは自党の大統領候補ブノワ・アモンが「左寄り過ぎる」と不満を抱いている。マクロンの親EU路線と、
再生可能エネルギー分野を中心とする公共支出拡大政策も受け入れやすい。ただし社会党と協力すれば、今回は
マクロンに投票した共和党のリベラル派も、次の22年の大統領選で共和党支持に舞い戻ることも考えられる。
一方で、マクロンは週35時間労働制の見直しや年間600億ユーロの歳出削減を掲げるなど、経済政策は社会党より
かなり右寄りだ。従って共和党も取り込んでおけば、公約の実現には有利だろう。ただし、マクロンの中心的な支持者
は左派出身者が多く、彼らは共和党との接近に困惑するだろう。「前進!」は全選挙区に候補者を立てる予定であり、
単独で過半数を得られるとマクロンは主張する。だが、そこには大きな課題がある。
世間にとって「前進!」のアイデンティティーは、「何者か」というより「何者ではないか」だ。「前進!」のアルノー
・ルロワ副代表は、「極右ではない」と自分たちを定義する。「(私たちは)フランスの民主主義にとって、ルペンに
滅ぼされる前の最後のチャンスだ」そのような主張は、大統領選の決選投票では「ルペン阻止」の票を集められるかも
しれないが、総選挙のメッセージとしては弱い。(後略)

ポピュリズムとは大衆迎合、なぜダメ?ポピュリズムと民主主義の違いは
(4月23日 朝日新聞デジタル)
各国で注目される選挙が近づくたびに必ず耳にする言葉が
ある。ポピュリズムだ。大衆迎合主義とも訳され、批判
する文脈で使われる。でも、大衆が決めるのは民主主義の
基本のはず。大衆に迎合して決めたら、なぜだめなのか?
 「今日はみなさんの一日。米国はみなさんの国です」
今年1月の就任演説で、米国のトランプ大統領はそう語り、
国民の団結を訴えた。選挙戦でトランプ氏はツイッターで
虚実ない交ぜの情報を発信するなどして関心を集め、既存
の政治に不満や怒りを抱く人たちの心をつかんで支持を
拡大。民主主義のダイナミズムの成功事例にも見えるの
だが、ポピュリズムの典型例として批判も根強い。
ポピュリズムの特徴は、極端に単純化した争点を掲げる、
大衆の欲望を読んで「敵」を見つけて攻撃する、などが
挙げられる。「みなさんの国」と語ったトランプ氏も他の
集会では「市民の団結が重要だ。他の人たちはどうでも
いい」と発言。「みなさん」に含まれない市民はかなり
いるようだ。評価は難しい。仏大統領選に立候補している
右翼・国民戦線ルペン党首は、「今の政治は民衆を侮り
すぎている」とポピュリストを自任。危うさは残るが政治と民意をつなぐべき政党が役割を果たさない時、ポピュリズム
が議会政治のゆがみをただすと評価する専門家もいる。(中略)森政稔・東大教授(政治思想史)は民主主義思想の歴史
的な発展を踏まえると、「ポピュリズムは民主主義とは違うものと考えるべきだ」と語る。ルソーが『社会契約論』で
語ったように、民主主義の基本には人民主権という考え方がある。だが、現代の民主主義はさらに進み、主権を持つ
「我々」の内部にはいろんな人がいることに気づいている。その「違い」を守る仕組みを含めて民主主義と考えると
いうのだ。米国の公民権運動やベトナム反戦運動の展開を踏まえ、デモやNPO活動など選挙以外の手段で、私たちは
民意を「表現」し、民主主義をよりよいものにアップデートしようとしてきた。
「選挙は民主主義の回路の一つに過ぎない。それを絶対視し、民意を聞けば『何でもできる』と語るポピュリストは
実は古いタイプの政治家です」
閉塞(へいそく)した政治にポピュリズムしかないと考えるのは、政治の刷新どころか後退なのだ。

ポピュリズムという言葉を最近よく聞ききますが、定義は意外に難しいようです。
一般的には、既存の支配層や知識人などによるエリート主義や官僚主義を拒絶し、
一般大衆の欲求不満を背景にした政治思想のことだと言われています。一般大衆
を尊重するのですから、民主主義的なのかと思えば、そうでない面もあります。
人々の欲求不満を煽って実行不能な政策を訴える戦略は、結局のところ、大衆を
不幸にすることにもなりかねないのです。このため、ポピュリズムは大衆に迎合
して人気を得ようとする「大衆迎合主義」というネガティブな意味で使われること
が多いようです。
ポピュリズムを複雑にしている要因に、右派と左派の存在があげられます。左派
ポピュリズムは「バラマキ政治」です。税金を低く抑え、年金の支給額も引き上げ
ます(もしくは支給開始年齢を下げる)。雇用対策としては、公共事業を増やし、
若者の多くを公務員として雇用すれば、国民は大賛成するでしょう。これを実践
したのがギリシャ。ただし長期間にわたってこの政策を続ければ、国家の財政が
破綻すること間違いなしです。アメリカの大統領選においても、もし、民主党の
指名争いでサンダース氏が勝っていたら、ポピュリズム対ポピュリズムの争いに
なっていたでしょう。
これに比べて、トランプ大統領のような右派ポピュリズムは、何を目指している
のかが理解しにくい。左派の敵は資本家階級ですが、右派の敵は誰だと決まって
いるわけではありません。でも、ポピュリズムには、誰の目にも分かりやすい敵
が必ず存在します。小泉元総理は既得権益を持つ抵抗勢力を敵にしていました。
小池さんの敵は、自民都連とそのドン。トランプ大統領の場合は、不公正?貿易
相手国である中国や日本でしょうか。そして今は、そう、北朝鮮!
この選挙の結果、フランスはマクロン政権になりそうですが、マクロン大統領
が成果を上げられなければ、ポピュリズムを敵にすることで、反ポピュリズム
勢力を寄せ集めただけの人物ということになるでしょう。




2017_04_25


フィギュア国別対抗戦日本チームフィギュア日本、国別対抗戦制す 3大会ぶり2度目
女子フリーで17歳の三原2位 (4月22日 日経電子版)
フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は22日、東京・国立代々木競技
場で行われ、女子フリーで四大陸選手権女王の17歳、三原舞依(神戸ポート
アイランドク)が世界歴代4位となる日本歴代最高の146.17点で2位、
16歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が145.30点で3位となるなど、
日本はチーム得点を109点に伸ばし、3大会ぶり2度目の優勝を果たした。
従来の日本最高は宮原知子(関大)の143.69点。女子フリー1位で自身の
世界歴代最高を塗り替える160.46点を出したエフゲニア・メドベージェワ
らを擁したロシアが105点で2位。メドベージェワは20日のショートプログラム(SP)と合計した得点も241.31点で自身の世界
歴代最高を更新した。ペアのフリーで須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組は97.57点で6位だった。
6カ国が参加し、男女各2人、ペアとアイスダンス各1組が演技したSP(アイスダンスはショートダンス)とフリーの順位ごと
に与えられる得点の合計で争われた。

NHL選手が不参加へ リーグが派遣せずと発表 (4月4日 産経ニュース)
アイスホッケーの北米プロリーグ、NHLは3日、同リーグ所属選手を2018年平昌冬季五輪に派遣しないと発表した。米国や
カナダ、欧州の人気選手を多く抱えるNHLは1998年長野大会から5大会連続でシーズンを中断して五輪参加に協力していた。
NHLはリーグ中断で生じる経済的損失などから派遣に難色を示してきた。3月末には国際アイスホッケー連盟(IIHF)が
過去の五輪では免除されていた保険などの経費負担を受け入れると報じられたが、NHLは「有意義な話し合いはなされなかった。
五輪参加の議論はこれで終了とする」との声明を出した。

2017年3月6日北朝鮮弾道ミサイル地面に伏せ、窓から離れて…政府HPにミサイル避難方法 
(4月21日 朝日新聞デジタル)
政府は21日、弾道ミサイル攻撃を受けた際の避難方法を国民に周知するため、内閣
官房のホームページに掲載した。同日には都道府県の危機管理担当者を集めて説明会
も開催。北朝鮮情勢をめぐる不安の高まりを背景に、政府・自民党が力を入れる弾道
ミサイル防衛(BMD)の強化も加速しそうだ。菅義偉官房長官は21日の記者会見
冒頭、ミサイル落下時の対応策を「国民保護ポータルサイト」に掲載したと発表。
菅氏は「国民が高い関心を持っていることを踏まえ、身を守るためとるべき行動を
まとめた」と説明した。サイトへのアクセス数急増を受けた対応だという。今回掲載
された「弾道ミサイル落下時の行動について」では、着弾の可能性がある場合、頑丈
な建物や地下街に避難し、建物がない場所では物陰に隠れて地面に伏せるよう要請。
屋内にいる時は、窓から離れることを求めている。政府は最近、緊迫度の高い情報
発信を続けている。外務省は在韓邦人向けに注意を促す海外安全情報を発表。安倍
晋三首相は国会で、北朝鮮がサリンを弾頭に装着して攻撃できる可能性に言及した。
                                                      (後略)
三原は期待どおりの良い演技でしたが、樋口は期待以上の出来だったのではないでしょう
か?特に、ジャンプの着氷がとても良かった。しかし、メドベージェワは別格。筋肉の質
が人と違う感じ。ジャンプに入るときの瞬発的な力は、誰もマネできないでしょう。平昌
オリンピックでは、フィギュアスケート男女の他、スキージャンプ女子、スピードスケート
女子などでも活躍が期待されます。しかし、日本選手がどうのこうのという以前の問題と
して、オリンピックは予定どおり開催できるのでしょうか?どのオリンピック会場でも、
開催が近くなると、中止になるのではないか?という噂が飛ぶものです。リオでも様々な
トラブルがありました。でも今回は次元が違います。他国からミサイルが飛んでくるかも
しれないというリスクを除去するのは困難です。ずっとオリンピックに協力してきたNHL
は、リーグ中断で生じる経済的損失を理由に選手を派遣しないと決めたようですが、本当に
経済的損失だけが理由なのでしょうか?北朝鮮は平昌オリンピックに選手を派遣する意向
を示していますが、北朝鮮は、自国の選手がいるからミサイルを撃たない国ではない!
現実問題として、ミサイルは打たないとしても、オリンピック期間中に北朝鮮が核実験を
する可能性はあるでしょう。「即時攻撃されない今がチャンス」と思っても不思議ではあり
ません。「南朝鮮を一撃で灰にし、日本列島を沈没させ、米本土に核のひょうを降らす」
と警告している北朝鮮ですから、開催直前に、「オリンピック会場は撃滅の炎の雨を免れ
ないだろう」と発表するかもしれません。韓国が配備を決めたTHAAD(終末高高度防衛
ミサイル)は、近距離で発射される低高度のミサイルには対応できません。北朝鮮国境に
近いソウルだけでなく、平昌の距離ならロケット弾が飛んでくるでしょう。北朝鮮は日本
に届く弾道ミサイルを何百発程度しか持っていないでしょうから、日本列島を沈没させる
ことはできません。しかし、中長距離向けのロケット弾なら、何万発?、いやそれ以上
持っているかもしれませんから、オリンピック会場に炎の雨を降らすことは不可能では
ないのです!





2017_04_23


新卒3年目までの離職率「新卒社員の3割が3年で辞める」はなぜ30年間変わらない
のか
  (4月20日 ダイヤモンド・オンライン)
(前略)厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」
によると、新入社員(大卒者)の3割が、入社後3年以内に
最初の会社を辞めている。この状態はバブル時代から変わる
ことなく、1987年以降、「新卒3年目までの離職率」は概ね
25~35%の範囲で推移している。キャリア採用の浸透とともに
転職に対する抵抗感が少なくなったことや、転職手段が増え、
転職自体が容易になったことなどがその理由として考えられる。
その他にも、近年の「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれる
若者の志向の変化や時代背景など、さまざまな見方がある。
「新卒3年目までの離職率」がバブル時代から現在まで変わら
ないという事実は、入社した企業が構造的な問題を抱えていること、また、採用選考のあり方に問題があることも同時に示している。
なぜこのような採用の「ミスマッチ」が起きてしまうのだろうか。実は3年で3割が辞めると言っても、従業員規模によってその状況
は大きく異なる。厚生労働省が発表した「新規大学卒業就職者の事業所規模別離職状況」(平成25年3月卒)によると、「新卒3年目
までの離職率」は、上記の通りだ。(後略)

普通の生活に必要な支出埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査
(4月17日 朝日新聞デジタル)
埼玉県内で人並みに暮らすには月約50万円の収入が必要で、子供が大学に入る
と支出が急に増え、奨学金がないと成り立たないとする調査結果を、県労働組合
連合会(埼労連)と有識者がまとめた。「賃金の底上げとともに、教育や住宅の
負担を下げる政策が必要」と指摘している。調査は、昼食を食べる場所や日ごろ
の買い物の場所や支出など、日常生活でのお金の使い方を聞く「生活実態調査」
と、生活に必要な持ち物を聞く「持ち物財調査」のアンケートを、昨年1月に
埼労連の組合員など3千人に依頼し、3カ月で597人(有効回答率約20%)
が答えた。その分析で、回答者の7割以上が持つ物を「必需品」とし、それを
持つ生活を「普通の生活」と定義。回答者がよく買い物をしている店などで
実際の価格も調べた。こうした積算で、次の各モデルの結果が出た。
いずれも夫は正社員で妻はパート勤務、車はない設定。
【30代夫婦で小学生と幼稚園児】さいたま市郊外で月5万5千円の賃貸住宅
(2LDK、約43平米)で暮らす
1カ月の生活費は▽食費約10万8千円▽交通・通信費約3万8千円▽教育費約2万7千円などの計約43万円となった。
たとえば洗濯機は約6万円のものを国税庁の決まりをもとに耐用年数を6年として割り算し、月額を836円とするなどして、
家具・家事用品の月額負担は1万8356円と積算した。08年の前回調査と比べ、教育費と教養娯楽費が合計で3万円近く
増えたほか、交通・通信費も1万円余り増えるなど、約6万8千円増えた。この支出のためには、税や社会保険料を加えた
額面で、約50万円の月収(年収約599万円)が必要だ。しかし、厚生労働省の調査によると埼玉県内の30代男性の平均
年収は約411万円と、200万円近い開きがある。
【40代で中学生と小学生】30代より食費と教育費がそれぞれ約1万円増える一方、教養娯楽費は約1万3千円減るなど
した結果、額面の月収は約54万円(年収約647万円)が必要。平均の485万円との差は少し縮まる。
【50代で大学生と高校生】東京の私大に通わせる前提で▽教育費が40代よりも約9万円多い約13万円▽交通・通信費
も同1万1千円多い約5万円と大きく増える。教養娯楽費を30代より1万7千円余り少ない約2万8千円に抑えるが、全体
の支出は約58万円で、税などを加えた額面は約68万円(年収約821万円)と、平均の545万円を276万円上回る。
調査をまとめた静岡県立大学短期大学部の中沢秀一准教授は「妻のパートでは足りず、子供は奨学金を借りる。無償の奨学金
や住宅補助の制度を充実させないと子供の将来はさらに厳しい」と指摘している。

「人並みの収入を得て、人並みの暮らしをする」
簡単なことのように聞こえますが、若年層で、これを最後まで完遂できる人はとても少ない
でしょう。新入社員のなかには、既に、「もうやめたい」と思っている人もいるのではない
でしょうか?昔でも今でも、新卒社員の3割は3年以内に退職します。「3年我慢しろ」
と言う話がありますが、3年勤めて、身も心もボロボロになるくらいなら、早く辞めるのも
一案です。と言いますのも、30年前なら、次の職場も正社員で働くのが当然でした。
しかし、今なら、非正規雇用の道に入る人も少なくないでしょう。退職後に気力が残って
いないと「非正規でいいや」という気持ちになるのではないでしょうか?正社員に登用
される制度のない企業の場合、非正規だと、給料が低いうえに、キャリアアップの可能性
もほとんどありません。若いときに非正規だと、そのまま這い上がれず、一生貧困のまま
で終わる可能性が高いのです。給与体系だけでなく、手当、ボーナス、退職金、福利厚生
など様々な点で、非正規は不利な待遇をずっと受けることになります。さらに、人員整理
のときは非正規からリストラされます。では正社員は安泰かといえば、そんなことはない!
企業は正社員を簡単には解雇できないのですが、経営状態が悪化して正社員を解雇できる
となれば、ここぞとばかりにリストラが敢行されます。大手企業も例外ではありません。
電機業界がよい例です。企業としては、中高年の正社員を追い出して、ピラミッド型の
年齢構成に近づけたいのです。そこそこの給料をもらっている人は、それに見合った支出
を伴う生活をしていることが多いでしょう。そのような人がリストラされて、これまでと
同レベルの給料をもらえる職場を見つけられる可能性は極めて低いのです。このパターン
のほうが、一生貧困よりも辛い人生になるかもしれません。
「普通の収入を得て、普通の暮らしをする」ことがいかに難しいか!これぞ日本社会です。





2017_04_21


「がんは学芸員」発言撤回 山本地方創生相が謝罪 (4月17日 日経電子版)
山本幸三地方創生相は17日、外国人観光客らへの文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員」など
とした発言について「適切ではなかった。反省しており、撤回しておわびしたい」と述べた。東京都内で記者団に語った。
菅義偉官房長官に同日朝、発言を撤回する考えを伝え、菅氏は「そうしてもらえれば結構だ」と応じたと説明した。
山本氏は16日、大津市で開かれた地方創生に関するセミナーで、学芸員について「自分たちだけが分かっていればいい、
分からないなら来なくていいよ、というのが学芸員の連中だ。この連中を一掃しないと駄目」などと批判した。山本氏は
この発言について、記者団に「学芸員の方々に観光マインドを持ってもらう必要があるという趣旨だった」と釈明。進退に
ついては「全力を挙げて地方創生などを頑張っていきたい」と述べ、引き続き職責を果たす意向を示した。学芸員は、
博物館法に定められた専門職員。資料の保管や展示、調査研究などを行う。

批判殺到でとりあえず謝罪したものの、腹の虫がおさまらかったようで・・・

記者の質問に答える山本地方創生相山本地方創生相、報道に反論 二条城の観光振興策めぐり
(4月18日 朝日新聞デジタル)
山本幸三地方創生相は18日の閣議後の記者会見で、世界遺産・二条城(京都市)の
観光振興に向けた取り組みが不十分という自身の発言に事実誤認が含まれていると
の一部報道について、「記事の方が事実誤認だ」と反論した。山本氏は「(二条城内
の)国宝や重要文化財では水も火も使えなかった。昨年10月にお花が生けられる
ようになった。法律では禁止されていないのに、学芸員の判断だった」と主張。英語
の案内表示についても「最近、少しずつ改善しているが、なかなか抵抗が強かったこ
とは事実だ」と述べた。一方、二条城事務所によると、二の丸御殿台所(重要文化財)
では昨年10月以前でも生け花を展示したことがあるという。北村信幸所長は取材に
対し、「使い方や必要性を考慮した上で総合的に判断している」と話している。山本
氏は16日、大津市内での会合で、過去に二条城には英語の表示がなかったと指摘。
「水も火も使えなかった。去年から花を生けることができるようになった。革命的だ」
とした。そのうえで、「一番のがんは学芸員。この連中は普通の観光マインドが全くない」と述べた。

事実がどうなのか知りませんが、がんなのは学芸員ではなく、「あなた」でしょう。
というよりも、地方創生担当の大臣は不要ですね。だって、役に立たないでしょ。
誰が大臣になっても、何もできないでしょう。余計なことを言うか言わないか程度
の違いがあるだけ。ただ、山本氏の発言には、組織のマネジメントに関する問題

マネージャーと専門家の関係が隠されているように思います。
専門家の基本は、「狭く深く」
専門領域を追究することですから、
組織の目的とは異なる方向に行き
がちです。しかし、自分の強みを
活かさないのなら、専門家は素人
同然です。ですから、学芸員なら
学芸員でなければできないことを
するのは当然なのです。
マネージャーの役割では、専門家が組織の成果のこと
を全く無視していいかといえば
そういうことではありません。
専門家は間接的に、組織に貢献
するべきなのです。そのために、
専門家の個別の成果を組織全体
の成果に結びつける「橋渡し役」
が必要です。この「橋渡し役」
には相当の能力が必要とされます。「橋渡し役」は専門知識を持っていなければ
なりませんし、組織の意図や方針についても理解していなければなりません。
最近はますます専門分野が細分化される傾向にありますから、完璧でなくても、
幅広い分野の知識をそれなりに持っていないと、「橋渡し役」になりません。
このような「橋渡し役」こそ、組織の要となる人材なのです。
しかし多くの組織で、優秀な「橋渡し役」が、いないんですよね・・・





2017_04_19


講演する山本地方創生相「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相(4月16日 朝日新聞デジタル)
山本幸三・地方創生相が16日、大津市内のホテルで開かれた滋賀県主催の地方創生セミナー
で、文化財観光の振興をめぐり見学者への案内方法やイベント活用が十分でないことを指摘し、
「一番がんなのは学芸員。普通の観光マインドが全くない。この連中を一掃しないと」と発言
した。学芸員は博物館法で定められた専門職員で、資料の収集や保管、展示、調査研究など
を担う。今回の発言はセミナーでの講演後、滋賀県長浜市の藤井勇治市長から「インバウンド
観光振興について助言を」と質問された際にあった。外国の有名博物館が改装した際のことを
引き合いに出し、「学芸員が抵抗したが全員クビにして大改装が実現した結果、大成功した」
などとも述べた。セミナー後の記者会見で、山本地方創生相は「新しいアイデアに、学芸員は
『文化財だから』と全部反対する。学芸員だけの文化財ではない。『一掃』は言い過ぎたが、
観光マインドを持って観光客に説明することを理解してもらわないと困る」と釈明した。山本
地方創生相は、衆院福岡10区選出で当選7回。一方、愛知県内の美術館に勤務する学芸員は、
美術館も博物館も、どうしたら来館してもらえるかを真剣に考えている学芸員は多いと反論する。
「政府の経済至上の発言を聞くと、集客の少ない小規模館は切り捨てられるのではないかと不安になる」と話した。

ゆるキャラは地方創生に役立っているのか「目的」と「目標」が乖離してしまう残念な地方創生
(4月15日 Newswitch 日刊工業新聞社)
日本の人口は2008年の1億2800万人を頂点に減少局面に入りました。
それ以降ばらつきはあるものの毎年20万人のペースで人口は減少し続けて
います。このままでは日本の将来人口は2030年に1億1600万人。1億人の
大台は2041年に下回ってしまうと言われています。それまで日本の人口が
減少することを政府は事前に把握できてなかったかというと、もちろん把握
できていました。人口問題の際に必ず持ち出される指標に「合計特殊出生率
(一人の女性が生涯で出産する子供の数)」がありますが、人口を維持する
ためには2.06が必要とされています。この合計特殊出生率は1974年に2.06を下回り、現在は1.4あたりを推移しています。つまり
この合計特殊出生率を見ていると必ず人口減少局面に突入することは分かっていたわけです。
「人口の絶対数」で見てはいけない
ではなぜ、最近になるまでほとんど対策されず、話題にもならなかったのでしょうか。それは政府もメディアも「人口の絶対数」
しか見てなかったからでしょう。1974年に2.06を切ったにも関わらず2008年までの34年間も人口は増え続けていました。
それは、医療技術の発達などによりお年寄りの寿命が伸びていったからです。生まれる子供は減ってきているけれど、お年寄りが
長生きするようになったので、合計特殊出生率が2.06をきってからも34年間人口が増えていったわけです。人口の絶対数しか見て
ないと、「人口は増えてるよね。安心安心」という結論で落ち着くわけです。しかし、今後は人口減少の勢いは加速しています。
「そろそろ人口が減りだしたので、対策をしましょう!」といまさら言っても、合計特殊出生率が2.06を切ってからの34年間の
助走をつけた上で減少に転じているわけです。早い段階で対策していればまだ傷口は浅いものの、思いっきり助走を付けられて
人口減少に突入しているので、人口減少を止めることはもちろん、減少率を緩和することも困難を極めます。
「目的」は必ず数値化できるとは限らない
最近流行りの地方創生の取り組みは、この人口減少を少しでも緩和することを目的の一つとして取り組まれています。毎年500人
が減っていれば、それを300人に押さえて、30年後に人口◯万人の維持を目指しましょう、という具合です。自治体の施策の中に
目標数値を入れるということ自体は素晴らしいことだと思うのですが、この目標が「人口の絶対数」ということには気を付けなけれ
ばいけません。前回の寄稿で「問題」と「課題」を混同してしまう残念な地方創生とも共通しますが、目標と目的の意味は似ている
ようで全然違います。目標というのは「標(しるべ)」と書くようにどこか行きたい場所があり、そこに向かうために参考にする
案内板のような意味です。実際の案内板にも◯◯まであと5kmと書いてあるように、目標は数値化もしくは言語化されています。
目的は「的(まと)」と書くように到達したい、もしくは到達すべき場所、状態のこと指し、必ず数値化・言語化できるとは限り
ません。ボーリングではレーンの途中に横に並んだ5つの三角印があります。その印(=標)を参考にして玉を投げると狙ったピン
(=的)に当たるという関係が、まさに目標と目的の関係になります。では地方創生における目標と目的は何か。目標は先述した
ように「年間で減少する人口を◯◯人から、△△人に緩和する」「移住者を年間☓☓人にする」とか数値化できるものです。
では目的は何かというと、「東京一極集中を是正し地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力をあげること」というのが
政府見解です。
地域の持続可能性を高める
それを踏まえて地方にとっての目的は何かというと、「地域に根ざす伝統や文化、産業、経済などを次世代(=若者)につなぎ、
進化させ、地域の持続可能性を高める」ということになるでしょう。地域の人口をある程度維持し、伝統、文化、産業、経済を
維持発展することが、国全体の活力につながります。政府にとっても地方にとっても広義の目的は「持続可能性を高めること」
です。その目的に到達するための標として、地方の人口を増やすことが設定されているわけです。では、その目的を達成するため
の目標が人口の絶対数で間違いないのでしょうか。この人口の絶対数を追いかけて施策を打てば地方の持続可能性が高まり、
国の活力があがるのでしょうか?答えはノーのケースもある、ということです。当たり前の話ですが、生まれたての赤ちゃんと、
働き盛りのビジネスパーソンと100歳のおばあちゃんは同じ人口1人でも、その役割や必要な社会的援助は全然違います。
そのような幅広い年齢の人を「一人」とカウントし、目標に設定することは間違った標になりかねないのです。地方創生に文脈に
おいて度々「人口減少が問題だ」という語り方をされるケースがありますが、厳密に言うと、人口減少自体が問題なのではありま
せん。地域にとっての本当の問題はその地域の持続可能性が損なわれ、地域が消滅してしまうことです。それを防ぐために地域
の持続可能性高めることが大事なのです。(中略)
目標は目的との最短距離上に設定する
目標は目的との最短距離上に設定することを心がけないといけません。そうでなければ、目標は達成しているけれど、どんどん
目的から離れていく、といった疲労感しか残らない残念な状況に追い込まれる可能性があるのです。(後略)

地方創生において、なぜ目的と目標が乖離してしまうのか?理由は簡単。地方創生なんて
そもそもできっこないからです。それでも目標を立てろと言われれば、目的に近くて達成
不能な目標を立てるか、それとも、目的から乖離した達成可能な目標を立てるかのどちら
かです。目標を達成できないと担当者は責任をとらされるでしょうから、後者を選ぶこと
になります。確かに、地方創生において、観光産業が大切であることは間違いありません。
博物館の来場者を増やすことも大切なことでしょう。そして、そのようなことに全く協力
しない学芸員もいることでしょう。しかし、学芸員がいくら努力したところで、博物館の
来場者はたいして増えないでしょう。博物館の来場者が少しくらい増えたとしても、地方
を訪れる観光客はそれほど増えないでしょう。観光客が少しばかり増えたからといって、
地方創生にはつながらないでしょう。地方間で、短期的な観光客の奪い合いをしても、
全く意味はありません。京都のような揺るぎない観光資源を生み出して、今までにない
価値を創出しなればなりません。そして、学芸員は学芸員が専門とすることに集中する
ことで、今まで明らかにされていなかった地方の魅力を発見しようとするでしょう。
日本では戦前から繰り返してきた誤りなのではないかと思いますが、「不可能なことでも、
みんなが頑張れば達成できる」という考えは間違ってます!日本は中央集権体制の国です
から、政府がモデルを示すしかありません。地方は、そのプログラムに従って実行する
のみです。中央集権という意味では、日本と北朝鮮は似ています。中国は民主主義国家
ではありませんが、中央集権体制が不十分で、中央が地方をコントロールできていない分、
地方には活力があります。今後、中国政府が中央集権体制を強めていけば、日本と同様、
地方が活力を失うでしょう。とはいえ、日本において、地方分権を進めればよいとも
思いません。なぜなら、地方は自力で何かをする気持ちはありませんし、その能力もない。
ポイントは衰退の速度です。地方が衰退しているといっても、明日あさっての問題では
ありません。よって、「自分が生きている間は、どうにかなるでしょ」となるのです!
だって、既に地方は、高齢者が多数派ですから・・・



2017_04_17


市民連合イベント参加の野田幹事長「ネットが一番つらい」民進・野田佳彦幹事長 党勢回復に苦しい胸の内 
(4月12日 産経ニュース)
「ネットが一番つらい」-。民進党の野田佳彦幹事長は12日、都内で市民グループ「市民連合」
との対談に臨み、インターネット上で民進党への批判が強いことについて「われわれに非常に
厳しく(自民党に)非常に甘い状況が生まれている」と苦しい胸のうちを語った。
野田氏は旧民主党時代から、ネット対策は「自民党より早かった」と言及したが、「今は批判
ばかり」とも指摘。「発信だけでなく受け止めることが大事。みんなで徹して耳を傾ける運動を
していかなければいけない」と強調した。(後略)



長島議員離党会見「『アベ政治を許さない!』と叫ぶことを求められた。
熟議も提案もない」と痛烈批判
(4月10日 産経ニュース)
長島昭久衆院議員が10日、国会内で記者会見を開き、民進党からの離党を表明した。
会見の冒頭、「独立宣言-真の保守をめざして」と題した声明文を読み上げた。
会見の詳報は次の通り。

私、長島昭久。本日、ここに一人の政治家として「独立」を宣言いたします。つい今
しがた、野田佳彦幹事長に離党届を提出してまいりました。このたび私が民進党を離れる決意をした最大の理由は、保守政治家と
して譲れない一線を示す、この1点であります。共産党との選挙共闘という党方針は、私にとり受け入れ難いものです。一昨年の
「安保法制廃案」の熱狂の中で、突然打ち出された共闘路線は、まともな党内論議もないまま共産党主導で進められ、最近では
民進党の基本政策にまで共産党が影響を及ぼすかのような場面が目立つようになりました。(中略)
「党内ガバナンス」という魔法の言葉によって、一致結束して「アベ政治を許さない!」と叫ぶことを求められ、過去に自分たちが
推進し、容認してきた消費税も、TPPも、ACSA(物品役務相互提供協定)も、秘密保護法制も、安保法制も、憲法改正論議も、
共謀罪も、すべて反対、徹底抗戦、廃案路線で突き進む。行き詰まると、院外のデモ隊の中に飛び込んで、アジる、煽る、叫ぶ。
そこには熟議も、建設的な提案もない。与野党の妥協も政策調整の余地もない。国民世論の統合を期待されている国会において、
かえって国民の中にある分断の萌芽をさらに拡大しているようにしか見えませんでした。もちろん、これは野党だけの責任では
ありません。政権の側にしばしば見られる独善こそ厳に慎むべきものだと申し上げておきたい。そこで、「真の保守」とは何か。
それは、わが国の歴史と伝統を貫く「寛容の精神」だと思います。ですから、「真の保守」は多様な意見を包摂することができる
のです。実はこの間気付いたのですが、リベラルといわれている皆さんの方がけっこう過激でありまして、権力に対するルサンチ
マンのようなものがあって、寛容さに欠ける言動がしばしば見られます。政府や保守的な主張に対する攻撃は時に激烈であります。
「市民連合」なる組織を率いるある政治学者が、一国の総理に向かって「お前は人間じゃない。叩き斬ってやる」などと叫んだり
していました。一方、保守の側も昨今劣化が激しく、籠池(泰典)さんのように、教育勅語を信奉していれば保守だといわんばかり
の粗雑なキャラクターが際立っています。 私は、「真の保守」というのは、国際社会でも通用するような歴史観と人権感覚を
持ち得なければならないと考えております。不寛容なリベラルも、粗雑な保守も、1度立ち止まって国内外の現実を直視し、
それぞれの議論を整理し直すべきではないかと考えております。
「真の保守」は、左右の主張を包摂しつつ、対立点について粘り強く説得に努め、この国に「秩序ある進歩」、これは私の尊敬
する小泉信三先生の言葉だが、この国に秩序ある進歩をもたらすことに力を注ぐべきではないかと考えます。(後略)

ネットの声がすべて正しいとは言いませんが、民進党のやっていることよりはマトモでしょう。
支持率が上がらないのは、自分たちのせいではなく、ネットのせいだとでも言いたいの?
「自分たちは正しくて、自分たちを非難する人間は間違っている。」まさに、末期的な組織
の責任者が言う常套句です。マトモな人間は腐った組織から出ていくしかありません。
民進党は、自分たちを支持してくれる特殊な集団に属する人間の声ではなく、一般市民の
声を聞くべきです。「アベ政治を許さない!」と「民主党政権を許さない!」
あなたはどっちに賛同しますか?と、普通の市民に聞いてみてください。
民進党の人たちは、自分たちが政権をとっていたときの失敗からもっと学ぶべきでしょう。
ただ、野田幹事長には同情しています。ルーピー鳩山とアホ菅の後なら、誰が総理大臣に
なってもうまくいかなかったでしょうから。逆に、自民党は、とってもやりやすい!
ちょっと失敗しても、「あの暗黒時代よりはマシでしょ。みなさん」と言えばいいのですから。
民進党の批判を書こうと思えばいくらでも書けるのですが、さすがに飽きてきました。
そんなことより、民進党から組織論を学んだほうがいいように思います。当然のことながら、

 民進党は悪い組織の代表例です。組織というものは腐りはじめますと、自分
 たちの失敗を認められなくなります。そのくせ、組織公認の意見とは異なる
 ことを言う人間を激しく責めたてます。特に、組織内の人間が、組織の批判
 をすることを認めません。一方、うまくいっている組織では、失敗がないか
 といえばそうではなく、はやり失敗だらけなのです。ところが、その失敗に
 対して、内部から公然と批判が浴びせられます。批判を抑えようとはするの
 ですが、組織内の人間は黙っていません。自分の言いたいことを言うのを
 やめないのです。ダメダメであっても、少しずつ自浄作用が働くのです。
      小池都知事の発言は、自民党員らしからぬものばかりです。民進党なら即刻、
      除籍処分になっていたでしょう。やっぱり、民進党批判になってしまいました。


風通しのよい職場と悪い職場【図解】コレ1枚でわかる「風通しの悪い組織」と
「風通しの良い組織」
(2015年7月23日 ITmedia)
(前略)「風通しの悪い組織」は、「問題があっては
ならない」という意識に支配され、「問題が出ない
ように厳しく管理する」ことが組織の方針であり、
行動原理となっています。そのため、不平を口に
するのはルール違反であり、組織を混乱なく回す
ことが最優先と考えられるようになります。そして、
あらゆる行動に牽制や抑制が働き、無難な対応
しかできない組織となってしまいます。結局は、
何をやっても成果はそこそこに、大きなビジネス
を生みだすことは難しいでしょう。また、問題があってはいけないから、問題が起きれば、なんとか表沙汰にならないようにと
隠蔽化し、個人で解決しようという意識が働きます。しかし、解決できないままに深刻な事態へと向かってしまえば、ビジネス
にも個人にも大きなダメージを与えることになるでしょう。このような事態を避けようと、部下は自然と防御的行動をとるように
なりまする。例えば、 •上司の意見に合わせる •文句を言わず黙って従う •面倒な情報は上司に伝えない
当然、組織のパフォーマンスが上がることはありません。
これに対して「風通しの良い組織」とは「問題があるのは普通」という考えが行動を支配しています。そのため、問題を早く出さ
せるように多くの機会を作ろうします。そのために、問題をどんどん提起することを評価し、困難があっても改善、改革すること
を奨励するような雰囲気作りを努力するようになります。その結果、新しい発想、新しいきっかけ作りが誘発され、潜在力が
引き出されるようになるのです。また、問題が小さい内に顕在化されるので、深刻な事態を回避することにもなります。
このような組織は、常に積極的な行動を取るようになります。
例えば、 •積極的な「抵抗勢力」になる •おかしいと感じたらすぐに伝える •問題を解決しようと支援を求める
組織は、個々人の持てる力以上のものを引き出す事ができるようになり、高いパフォーマンスを維持しづけることができるのです。
(後略)



2017_04_15


シムズ理論とは「シムズ理論」が成功しても庶民だけが損をする理由
(4月10日 ダイヤモンド・オンライン)
増税せずに債務減「シムズ理論」とは?
財政拡大を正当化するシムズ理論が話題だ。この理屈が
分かれば上司にも一目置かれるはず。しかし、よくよく
聞くと、政府には都合がいいが、庶民は犠牲を強いられる
理論のようだ。たとえば、借金をしたいだけして、楽に返
すことができる。そんなうまい話があれば誰でも飛び付く
だろう。通常は、そんな話は存在しないのだが、今の政府
の中にはうまい話が存在すると思っている人もいるようだ。
今話題のシムズ理論である。増税せずにインフレで財政
赤字を小さくし、債務残高を減らせるという夢のような
理論だ。元となる「物価水準の財政理論(FTPL)」
の提唱者である米プリンストン大学のクリストファー・
シムズ教授は、2011年にノーベル経済学賞を受賞して
いる。シムズ理論に基づいて、財政再建のメカニズムを
説明してみよう。まず、政府が物価上昇率の目標達成
(日本では2%)までは増税しないと宣言する。その上
で減税を行い、公共事業などを増やして財政を拡大する。
所得が増えた国民や企業が、消費や投資を増やす。ここで肝心なことは、増税をしないという政府の宣言を国民や企業が
「信じる」ことである。将来、増税するのであれば、増税時に備えて貯蓄をしようとするから、消費や投資を増やそうとはしない。
消費や投資が増えれば、需要が増えるので物価が上昇する。もし、物価が目標値を超えて上がり過ぎるようなら、中央銀行
(日本では日本銀行)が金利を引き上げるなどして、物価の上昇を抑える。物価が上昇すれば、通常であれば賃金も増加する。
やや極端な例になるが、説明しやすくするために、物価が2倍になり、年収も400万円から800万円になったと仮定する。
インフレが進行して金利が上昇すればいずれは利払いの負担が増えるが、政府の借金の元本自体は即座には増えない。
それどころか、2倍になった物価水準から見た借金の実質的価値は2分の1になる。一方、増税をしなくても税収は増加する。
日本も含め多くの国で、所得税については、所得が増えれば税率が高くなる累進課税という仕組みが採用されている。日本では、
所得が400万円から800万円になれば、適用される税率が10%から20%に上がる。税収が増加することで債務返済を進めやすく
なる。現政権は、高等教育、幼児教育を含む教育の無償化に充てる財源として教育国債発行を議論するなど、財政拡大には熱心だ。
そして、国際公約の20年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス〈PB〉、国債以外の歳入と国債の元利払い以外の歳出の
収支)黒字化目標の旗を降ろす姿勢を見せている。一方で、PB目標に代えて、債務残高の対GDP(国内総生産)比を目標に
しようとしているのも、GDPを拡大させれば、財政支出が増えて債務残高が膨らんでも対GDP比は低下させることができる
からだ。シムズ理論のもくろみ通りにいけば、現在の日本の政策当局にとっては願ったりかなったりである。異次元緩和による
デフレ脱却に行き詰まっていただけになおさらだ。だから、昨年8月の米国でのジャクソンホール会議(世界各国の中銀関係者や
経済学者らが参加する会合)での、「ゼロ金利の下では、マネーを増やしても物価を上げる効果は小さい。そうしたときには
財政拡張が有効」というシムズ教授の論文に飛び付いた。特に、昨年11月に内閣官房参与の浜田宏一氏がシムズ理論を聞いて
「目からうろこが落ち、考えを変えた」と発言して以降、急速に日本での注目度が高まっている。ただ、日本以外の国では、
ほとんど注目されていない。裏返せば、今の日本にとってそれだけ都合のいい理論なのだといえる。
日本では機能しない可能性が高い
では、シムズ理論は日本において効果を発揮できるのだろうか。冷静に見ていくと、発揮できない可能性の方が高い。
なぜなら、日本の場合、政府の「増税しない」との宣言を国民が信用したとしても、それ以外の要因が働いて消費を増やさない
公算が大きいからだ。その一因が社会保障。若年層を中心に、老後の生活設計に見合った額の年金を受け取ることができない
という不安が根強い。それ故、所得が増加しても消費に回さず貯蓄される可能性が高い。消費が増えなければ物価は上昇しない。
物価上昇率目標が達成できないのでずっと財政支出の拡大が続き、財政赤字が膨らみ債務残高が積み上がることになる。
しかし、無制限に債務残高を積み上げることはできない。いずれは財政赤字を縮小するために増税することは避けられないだろう。
たとえ首尾よくシムズ理論のもくろみ通りに物価が上昇したとしても、多くの庶民は損をするだけになる。というのも、物価が
上昇することで、庶民の預金や貯金の額が目減りするからだ。政府が抱える借金の負担が軽くなるのと正反対である。加えて、
先ほど触れたように、所得税の支払額が増える。庶民にとっては踏んだり蹴ったりだ。シムズ理論がうまく機能してもしなくても、
庶民が損をして、得をするのは莫大な借金を抱える政府だけということになる。シムズ理論は、政府にとっては救世主かもしれ
ない。しかし、庶民にとっては悪魔の理論でしかない。(後略)

こども保険と他の方法の比較jpg小泉進次郎氏ら提言「こども保険」で考える“負担”の問題
(4月11日 ダイヤモンド・オンライン)
3月29日、小泉進次郎氏を中心とする「自民党・2020年
以降の経済財政構想小委員会 (2017)」が、「『こども
保険』の導入~世代間公平のための新たなフレームワーク
構築~」と題する提言(以下「提言」)を公表した。
「子どもが必要な保育や教育を受けられないリスクを社会
全体で支える」ための仕組みとして、年金や医療、介護に
続く新しい社会保険制度として導入しようというもの。
増税や教育無償化のための「教育国債」などに加えて、
子育てや教育の財源をめぐって、新たな問題提起が
された形だ。
新たな保険料を徴収 児童手当に給付金上乗せ
「子ども保険」の内容は、「保険料率0.2%(事業主0.1%、勤労 者0.1%)の保険料を、事業者と勤労者から、厚生年金保険料に
付加して徴収する。自営業者等の国民年金加入者には月160円の負担を求める。財源規模は約3400億円となり、小学校就学前の
児童全員(約600万人)に、現行の児童手当に加え、こども保険給付金として、月5000円(年間で6万円)を上乗せ支給する」
というものである。少子化を放置すれば、経済の停滞、社会保障の持続可能性の崩壊につながる。また、十分に教育を受けられ
なかった人は、高所得の得られる仕事につけず、子どもにも十分な教育を受けさせられないという形で、格差の連鎖を生み出す
ことにつながっていく。その意味では、こうした問題を正面から取り上げて、公的保険という制度で解決しようという「提言」は、
自民党内で別途繰り広げられている、「教育国債(赤字国債)で教育無償化を」という、負担を将来世代に先送りするだけの
安直な議論と比べて、貴重な問題提起として評価したい。もっとも、子育てや幼児教育の財源を公的保険として構築するには、
様々な乗り越えるべき課題もある。簡単には実現しそうにはないが、今後この議論を、建設的な国民負担の議論につなげる
起爆剤とすることが「提言」の価値と評価できる。だがさまざまな問題点があることは確かだ。
子育ての負担論議の起爆剤に 富裕高齢者も所得税で負担を
本稿では、負担論として、どのような問題があるのかを考えてみたい。第1に少子化対策や幼児教育は、少子高齢化が急速に
進む日本にとって最重要課題であるだけに、勤労世代だけに負担を負わせる社会保険制度での対応ではなく、高齢世代にも
負担を求める方法をとることがあるべき姿ではないか、という問題である。有権者のなかで高齢者の割合が大きくなる中で、
高齢者への負担増を避けようとするのは、今日まで続いてきた、高齢者の利害を優先しがちなシルバー民主主義をなぞるもの、
といわざるを得ないのではないか。高齢者にも負担を求める方法としては、誰もが一律に負担する消費増税が思いつくが、所得
の多い人がより多くの負担をする所得税での対応が重要である。具体的には、年金のほかにも所得がある高所得年金受給者
への課税強化(公的年金等控除の縮小)、富裕高齢者に多くが帰属する金融所得に重く課税することが考えられる。これらは、
高所得・富裕高齢者に集中的に負担を求めるもので、高齢者に社会保障の受益が偏りがちだという世代間・世代内の公平性を
大きく向上させるというメリットがある。子育てをめぐる負担論議でもこの選択肢を放棄すべきではない。
子どもがいない世帯は 給付がないのに負担をするのか
第2に、保険制度、保険原理としての課題である。提言を読むと、「(保険は)負担額と給付額が一致しているので、国民全体
で見れば、全く負担増にならない。給付を前提に負担を求める点で、増税とは違う」と書かれているが、例えば子どもがいない
世帯にも保険料の負担を負わせることが公的保険として妥当か、という問題にぶち当たる。子どものいない世帯にとっては
必ずしも「受益と負担」がバランスしているとは限らない。加えて、現在の国民年金保険料負担の実態を見ると、自営業者
(非正規雇用者も含む)は定額(月1万6000円強)となっており、高所得者ほど負担が軽くなるので、消費税より逆進性
(低所得者により重い負担)が高い構造となっている。厚生年金についても、高所得サラリーマンには負担の上限があり、
所得水準がそこを超えると負担は相対的に下がっていくという逆進性が見て取れる。このことは、保険制度では、所得の
再分配に対してマイナスの影響を与えかねないという問題である。低所得の非正規雇用者の負担するこども保険料で、豊かな
正規雇用のサラリーマン家庭の子育てを支援する、という逆説的なことが生じうる。もっとも、保険は本来はリスクをカバー
することが目的で、所得再分配はその機能ではない、ということかもしれない。そうであれば、所得格差の拡大が問題になっ
ている現状では、所得再分配機能の強化(格差是正)も可能となる所得税方式の方が、メリットがあるということになる。
事業者の負担増加  非正規雇用を増やす恐れ
また現状でも、国民年金の4割が未納という保険の実態をどう認識するのか、という問題もある。「子ども保険」の保険料が
上乗せされることで、低所得の人たちの未納をさらに増やすことにもなりかねない。さらには、事業者にこれ以上の負担増
を求めることは、事業コストの増加につながり、それを避けようとして低賃金の非正規雇用化への流れにつながりかねない
ということも留意点であろう。これらの点については、「報告書」は記事冒頭の図のような比較表を掲載している。(後略)

最近注目されているシムズ理論。しかしこれは、理論どおりにはなり得ない理論です。
国民が最も不安に思っているのは国の借金の額であり、それが増え続けていることです。
現在の負担もずしりと重いものですが、国が破綻すれば、現在と比較にならないほどの
大きな負担が国民に降りかかってくることになります。現状で、国が破綻するかといえ
ば、その可能性は低く、それほど心配しなくていいと思います。しかし、今のペースで
国債を増やし続ければ、いつか、国家財政は破綻します。そのとき、金利は急上昇し、
負債が多い企業は倒産し、変動の住宅ローンを多く抱えた個人は自己破産するでしょう。
物価は急上昇し、給与や年金の伸び率を大幅に上回ります。いや、年金は減額です。
物価が急上昇して、年金が減らされるとどうなるか?誰でも、その結果を予想できます。
したがって、国が借金を増やせば増やすほど、個人はやがて来る財政破綻に備えなけれ
ばなりません。では、政府が歳出削減策として社会保障を減らした場合はどうでしょう。
この場合、財政破綻は遠のきますが、社会保障の削減により、国民は高齢になったとき
に十分な支援を受けられないことになりますから、将来に備えて資産を増やさなければ
なりません。大幅増税をした場合も財政破綻は遠のきますが、この場合、可処分所得が
減りますので、国民は消費したいと思っても、先立つものがありません。
さらに消費意欲を減退させるのが保険料の増加です。消費税の場合、消費した額に
応じて負担が増えるので、消費しないことで負担を減らすことが可能です。しかし、
保険料の場合、サラリーマンは強制的に徴収されますから、保険料が上がるというのは、
給与を減らされるのと同じ意味になります。しかも、こども保険の場合、他の保険と
違い、自分がその恩恵にあずかれる可能性がないのに、保険料だけを負担させられる人
を大量に生むことになります。自分は、国の支援を多くは受けず、少なくない教育費を
負担し続けてきて、やっと子どもが社会人になって少しは生活が楽になったかと思えば、
こども保険をとられるようになった・・・これで多くの国民が納得するでしょうか?






2017_04_13


小林麻央さんのブログ読者200万人超!「え?まだ生きてたの?と数年後にも言われたい」 (4月5日 スポーツ報知)
小林麻央さんスポーツ報知歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻でがん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)
が5日、自身のブログを更新しブログの読者が200万人を超えた事への感謝の言葉をつづった。
「読者登録をして下さった方が200万人を超えました。とても驚いています。いつも ブログを
見て下さっている方、いいね!、コメント、リブログして下さる皆様、本当に、、、ありがとう
ございます」と感謝を述べてから、「初心にかえり、一回目の記事を読み直してみました。
この頃と、少し変わった自分がいました。自分のために始めたブログでしたが、今、ある気持ち
が加わっています。それは、癌ステージ4=死に向かって弱っていくというイメージがまだまだ
強いならば、希望ある違うイメージも強くしたいということです」と前向きな思いを記した。
続けて「そして、もちろん弱っている日はありますがそればかりではない日常を書いていくことで、
            え?まだ生きてたの?と数年後にも言われたいです笑」と書き込んだ。(後略)

小林麻央 息切れ、しんどさに「試行錯誤しています」  (4月9日 デイリースポーツonline)
がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が9日、自身のブログで「試行錯誤」のタイトルで現状を報告した。
「今日は雨だったからか、起きるのに 一苦労でした」と書き出し、「ここ数日、息切れとしんどさに襲われどうやって
乗り切ろうか試行錯誤しています」と思いを記した。「しこりをさわるとあっちも こっちも大きくなった」と感じると
いい、そんな時は、先輩から受けたという「春 芽吹くとき、癌も花開いても落ち込まないこと」という言葉を思い出して
いるとつづった。 「苦しいときは『大丈夫』と胸腺に手をあてるのが私なりの暗示です」と心境をつづり、「連日、姉の
友人にも甘えて頭や肩や背中に手をあてて優しいマッサージをしてもらい、安心できました。手の力って本当に不思議で
ありがたいです」と感謝した。
がん細胞の集団モデル幹細胞死滅でも復活=大腸がんで発見―慶大
(4月8日 時事ドットコム)
大腸がんで転移や再発の原因となる幹細胞だけを
死滅させても、幹細胞が生み出した寿命の短い
細胞が先祖返りして復活すると、慶応大医学部の
佐藤俊朗准教授らが8日までに発表した。近年、
幹細胞を標的とする新薬の開発が進んでいるが、
完全に治すには既存の治療薬と組み合わせる必要
があるという。論文は英科学誌ネイチャー電子版
に掲載された。大腸は正常な状態でも、幹細胞と
寿命の短い細胞がある。幹細胞は自らも増殖を続け
ながら短寿命の細胞を生み出すが、短寿命の細胞
は増殖できない。2種類の細胞ではそれぞれ特有の遺伝子が働いている。佐藤准教授らは、患者から採取した大腸がん細胞
を立体的に培養し、幹細胞に特有の「LGR5」遺伝子が働くと緑色の蛍光で識別できるようにした上で、マウスに移植
した。特殊な薬剤で幹細胞だけを死滅させると、がん組織の増大が止まったが、薬剤投与をやめると幹細胞が再び出現し、
増大し始めた。観察の結果、幹細胞が生み出した短寿命の細胞が先祖返りし、幹細胞に戻ったことが原因と分かったという。

高齢化に伴って、がん患者数が増加するのは理解できますが、がん研究は盛んに行われ
ており、医療技術は日々進歩しているのに、「どうして、治してあげられないの?」
と思ってしまいます。がんの体験談は、患者によって大きく異なります。進行がんでも
完治したという話を聞く一方で、最先端の治療を受けたのに亡くなってしまう人も大勢
います。何が生死を分けているのでしょうか?理由はよく分かりませんが、がんのなか
には、集団として生き残るための高度な能力を持った「とんでもないやつ」がいるよう
なのです。がん細胞が単に増殖しているだけなら、抗がん剤が効いて全滅しそうなもの
ですが、現実には、がんは特性の異なった多様な細胞で構成されていて、抗がん剤に
耐性を持つ一部のがん細胞が生き残ります。全滅したようにみえたとしても、どこかに
再発・転移してしまうのです。しかし、がん細胞のなかで、多種類の細胞に分化しうる
能力(多分化能)を持つものはごく一部。このことから、がん細胞のなかには、分裂
して自分と同じ細胞を作り出すことができるだけでなく、いろいろな細胞に分化できる
細胞(がん幹細胞)がいるのではないかと疑われています。最近、様々ながんで幹細胞
が発見されていますので、これを叩けば、悪性度の高いがんでも治せるのではないか?
そのような期待が高まっているのです。しかし!です。そのような期待を裏切ることに
なるかもしれないのが「先祖返り」です。完全に分化したがん細胞が、がん幹細胞に
戻る能力を持っているのなら、がん幹細胞を取り去っても効果がないのかもしれません。
花の散るらむ悪性度の極めて高いがんというのは、
どんなに人類が医療技術を発展させ
ても克服できない「すごいやつ」
なのでしょうか?
ネガティブなことを言ってしまいま
したが、このような素人の意見が、
全面否定される日がやってくること
を願わずにはいられません。






2017_04_11


初の米中会談に臨んだトランプ大統領米中会談中にシリア攻撃…世界騒然 トランプ氏、北朝鮮増長
許した習氏を恫喝 笑顔なし、強い不満も

(4月8日 ZAKZAK 夕刊フジ)
ドナルド・トランプ米大統領と、中国の習近平国家主席による
初めての首脳会談が6日午後(日本時間7日未明)、米フロリダ
州パームビーチの別荘「マール・ア・ラーゴ」で始まった。2日間
にわたる会談の焦点は、弾道ミサイルを発射し、6回目の核実験
をチラつかせる金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長
率いる北朝鮮への対応だ。トランプ氏は会談と並行して、化学
兵器を使用したシリアへの攻撃を発表するなど「決断する大統領」
を体現した。北朝鮮の増長を許してきた中国の責任も追及し、
米軍によって破壊されたシリアのシャイラト空軍基地「斬首作戦」か「正恩氏亡命」かを迫る構えだ。
「すでに長い時間議論したが、今のところ収穫はない。何も得て
いない。ただ、友人にはなれた。今後も関係を発展させていく」
トランプ氏は6日夜、習夫妻を招待した夕食会の冒頭、こうスピ
ーチした。一部メディアは《親密さをアピールした》などと報じた
が、これはトランプ流の牽制(けんせい)・恫喝(どうかつ)だ
ろう。パームビーチに向かう大統領専用機「エアフォースワン」
でも、トランプ氏は「われわれは長年、中国との間でひどい貿易を
続け、不公平な扱いを受けてきた。会談では貿易について話すこと
になるだろう。もちろん、北朝鮮についても話すことになる」
と記者団に語り、中国への強い不満をあらわにした。
トランプ氏は写真撮影でも、あまり笑顔を見せなかった。安倍晋三
首相を2月に迎えたときとは違っていた。
ワシントン情勢に精通し、本紙で「ドキュメント永田町」を連載するジャーナリストの山口敬之氏は「トランプ流の交渉術だ」
といい、続けた。「米中間には、貿易・為替問題や、中国の軍事的覇権主義による東・南シナ海問題など、懸案事項が多々ある。
これらは双方に言い分があり、平行線になりかねない問題だが、北朝鮮問題は違う。中国は事実上の後見国であり、北朝鮮の
核・ミサイル開発を放置してきた責任がある。トランプ氏は北朝鮮問題をカードにして、強い口調で習氏に要求するはずだ」
首脳会談では、北朝鮮の核・ミサイル開発で緊張が高まる朝鮮半島情勢を協議する。米中両国が、北朝鮮の開発断念に
向けて一致した対応を打ち出せるかが焦点だ。トランプ氏は2日付の英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、
中国が、北朝鮮の核・ミサイル問題で具体的役割を果たさない場合、「俺たち(だけで)でやる」と明言した。
米国は「越えてはならない一線」(レッドライン)として「米本土を攻撃できる核ミサイルを北朝鮮に持たせない」との方針
を設定している。トランプ氏の発言は、米国単独での「斬首作戦」や「限定空爆」などを示唆したものだ。
これに対し、中国は「問題解決には米朝間の対話が必要」との立場を崩しておらず、協議が難航するのは必至だ。
ただ、国際社会の対北包囲網は狭まっている。国連安全保障理事会は6日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を強く非難する
報道声明を発表した。過去の制裁決議の「重大な違反」に当たるとして核・ミサイル開発の自制を求めた。
シリアへの攻撃を断行したトランプ氏の姿勢が、中国や北朝鮮を揺さぶる可能性もある。トランプ氏は6日の演説で「シリア
の独裁者アサドが、恐ろしい化学兵器で罪のない市民や子供を殺した」「多くの一線を越えた」「米国は正義のために戦う」
と断言した。口先だけで軍事介入に消極的だったオバマ前大統領を意識したといえる。
正恩氏は、核・ミサイルで周辺諸国を恫喝するとともに、自国民への拷問・餓死・処刑を繰り返し、異母兄の金正男(キム・
ジョンナム)氏を猛毒の神経剤VXで暗殺、著しい人権侵害である拉致事件を放置している。「北朝鮮=悪」であり、
トランプ氏が軍事行動に出る条件は整っている。(後略)

バンカーバスター米軍、金正恩氏「7日で排除」 3月にも世界最強の軍事力行使か、
韓国紙は日本配備のステルス戦闘機に言及

(2月17日 ZAKZAK 夕刊フジ)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、
金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件は、
国際社会が注目している。「毒劇物による暗殺」の可能性が高まる
なか、ドイツ・ボンで16日に開催の日米韓外相会談でも、事件や
北朝鮮の核・ミサイル問題は議題となった。ドナルド・トランプ米
大統領は、北朝鮮への対抗姿勢を強めており、3月にも世界最強
の軍事力を行使する可能性がある。北朝鮮は16日、故金正日
(キム・ジョンイル)総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えたが、
専門家は正恩氏排除までの期間を「早ければ7日」と断言した。
(中略) 「まず考えられるのは、北朝鮮と取引する中国企業が
使用する金融機関に対する金融制裁のグレードアップだ。さらに
米韓軍事演習の強化や、米国防情報局(DIA)を通じた工作も
強化してくるのではないか」
米韓軍事演習については、拡充する見通しを韓国紙が伝えている。
朝鮮日報(日本語版)は11日、米原子力空母「カール・ビンソン」が前日にグアムに到着したことや、ステルス戦闘機
「F22ラプター」の日本配備に触れ、米軍の戦略部隊が朝鮮半島周辺に集結していることを報じた。記事では、軍関係者
の話として「3月の米韓軍事演習『キー・リゾルブ』と『フォールイーグル』に参加する可能性が高い」と伝えている。
カール・ビンソンは「動く軍事拠点」とも呼ばれるニミッツ級の原子力空母で、同紙は「西太平洋を担当する第7艦隊には、
すでに原子力空母『ロナルド・レーガン』が配備されている。米国が西太平洋で2つの空母機動部隊を運用するのは異例」
と指摘した。かつてない規模で行われる3月の米韓軍事演習だが、過去には正恩氏を急襲し、確保・排除する「斬首作戦」
に沿った演習が行われてきた。軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「本物の『斬首作戦』に変更してもいいような軍事演習
となるだろう」といい、北朝鮮攻撃のシナリオを次のように語る。
「陸からは、韓国軍と米軍の特殊部隊で平壌まで行く。空からは、B2爆撃機が平壌(ピョンヤン)上空まで行き、地下の
約50メートルまでコンクリートをぶち抜ける爆弾『バンカーバスター』を使って、地下壕にいる正恩氏の居場所を徹底的に
攻撃するだろう。海からは、恐らくトマホークを打ち込む。海上にはイージス艦もいるので、北朝鮮が弾道ミサイルで反撃
してきた場合は、海上配備型迎撃ミサイルSM3で全部打ち落とすだろう」
トランプ氏が、暴走する正恩氏を排除する決断を下すきっかけは何か、作戦終了までにかかる時間はどの程度か。
世良氏は「北朝鮮が米国に到達する能力を持つICBM(大陸弾道間ミサイル)を発射したとき、またはトランプ氏が
何らかの情報に基づきゴーサインを出したときが考えられる。早ければ1週間程度で、正恩氏を排除できるのではないか」
と語っている。

アメリカは北朝鮮を攻撃するのか?本当にやるのかどうかは分かりませんが、準備を
していることは間違いないでしょう。そして、トランプ政権になって、オバマ政権の
ときより攻撃の可能性が高まっていることも間違いありません。しかし、シリアの
ように簡単には実行できないことは確かです。シリアを攻撃しても米軍は反撃される
可能性がほとんどありませんから、お灸をすえる程度のジャブを打つことが可能です。
一方、北朝鮮の場合、米軍が何らかの軍事行動を行った場合、反撃してくる可能性が
高いため、大きな被害が出ることも覚悟しておかなければなりません。よって、やる
のならジャブではなく、金正恩を殺害するパンチを食らわせる必要があります。また、
出口戦略も重要です。イラクの場合、イラク軍を壊滅させることには成功しましたが、
その後の統治には失敗しました。北朝鮮の場合、金正恩がいなくなった後、各地で
抵抗運動が起きる可能性もあります。正統な指導者が現れて、北朝鮮国民を納得させ、
国体を安定させなければなりません。そのためには、殺害された金正男氏の長男、
ハンソル氏がキーパーソンになるでしょう。ハンソル氏が金正恩なき北朝鮮に戻り、
「わたしは、国民を騙して国家を支配した国賊金正恩を討った。われこそが、正統な
最高指導者であり、その地位に就任した。」と国民に説明する必要がありそうです。
さて、本当に米軍が北朝鮮を攻撃するかどうかですが、中国の対応次第で状況は大きく
変わるでしょう。しかし、中国の説得が成功する可能性は低くなっています。米本土を
攻撃できる核ミサイルを北朝鮮が持たないことを担保できなければ、アメリカはいつか、
やるでしょう。その場合、米軍が、北朝鮮の地下施設の位置をどの程度、把握している
のか?最新兵器である新型のバンカーバスターの能力がどの程度なのか?ミサイル施設
といった軍事上の重要拠点をどの程度、的確に破壊できるかなどが重要になります。
ミサイルは日本にも飛んでくる可能性があるだけに、米軍と連携して、的確な体制を
整えておく必要があります。





2017_04_09


上昇が続く生涯未婚率生涯未婚率、男性23%・女性14% 過去最高
(4月5日 朝日新聞デジタル)
50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性で4人に1人、
女性で7人に1人いたことが、国立社会保障・人口問題研究所の調査
で分かった。こうした人の割合を示す「生涯未婚率」は、10年の前回
調査から男女とも3ポイント以上増えて過去最高を更新した。研究所は
5年に1回、国勢調査を分析して生涯未婚率を割り出している。今回は
男性が前回調査比3・23ポイント増の23・37%、女性は同3・45
ポイント増の14・06%だった。男性は1970年まで、女性は60年
まで1%台が長い間続いたが、その後、増加傾向に拍車がかかっている。
都道府県別でみると、男性では沖縄の26・20%がトップで、岩手
26・16%、東京26・06%が続いた。女性は東京の19・20%
が最も高く、次いで北海道17・22%、大阪16・50%だった。低いのは男性では奈良18・24%、滋賀18・25%、
福井の19・19%で、女性は福井の8・66%、滋賀の9・21%、岐阜の10・00%だった。同研究所が昨年9月に
公表した出生動向基本調査によると、「いずれは結婚したい」と考える18~34歳の未婚者の割合は男性85・7%、
女性89・3%だった。高水準だが、「結婚資金」や「結婚のための住居」の確保が障害と考えている人が多く、研究所の
担当者は「非正規労働者の増加も生涯未婚率の上昇に影響している」とみている。

「結婚したくない」20代男性が7年前の2倍に 女性はどう考えているのか (2016年11月5日 J-CASTニュース)
「結婚したくない」と考える20歳代の男性は2015年度に2割を超え、2008年度の2倍近くに増えたことが、独立行政法人・
国立青少年教育振興機構の調査でわかった。一方、女性は「早く結婚したい」と「結婚したくない」の割合がいずれも増えた
が、「結婚したくない」と考える女性は16.0%と男性より少なかった。「子供はほしくない」という男女も倍増している。
「子供はほしくない」も急増
国立青少年教育振興機構が2016年11月1日に発表した「若者の結婚観・子育て観などに関する調査」は、全国の20~30歳代
の男女4000人を対象に、2015年度に実施。2008年度と比較した。 その結果、結婚願望の現状は、20歳代の男性は「早く
結婚したい」が5.3ポイント減って12.1%。「結婚したくない」は9.7ポイント増えて21.6%となり、結婚に消極的な傾向が
強まった。一方、女性は「早く結婚したい」が25.5%、「結婚したくない」が12.9%だった。いずれも増加した。年代別に
みると、男女とも年代が上がるにつれて「早く結婚したい」人の割合が低下し、「結婚したくない」人の割合が増えている。
年収別にみると、「結婚したくない」と考えている人の割合は「100万円未満」が26.8%で最も高く、「100万円以上200万
円未満」が22.0%、「200万円以上300万円未満」が16.3%、「300万円以上400万円未満」17.1%、「400万円以上500万
円未満」が16.0%、「500万円以上」が15.1%となった。 同機構はこうした結果から、「結婚したくない」という若者の
増加は、「若者の収入の低さ」に要因があるとみている。一方、子供のいない人(2850人)に子供について聞くと、
「結婚後も子供はほしくない」と答えた人は24.8%にものぼった。子育て願望は、「夫婦生活が安定したらほしい」という人
が27.0%で最多だったが、「子供はほしくない」人はそれに次ぐもので、前回(2008年度)調査と比べて約2倍に増えた。
また、「子供はほしくない」人の割合は男性(25.6%)のほうが高かった。以下、「夫婦生活を十分に楽しんだ後にほしい」
が19.5%、「結婚したらすぐにでもほしい」(18.2%)と続いた。
年代別にみると、20代は約2割なのに対して、30代は約3割にのぼっている。
男女別結婚願望結婚したくないのか、できないのか
こうした調査結果に、インターネットでは、
〝「結婚するメリットがデメリットより少ないんだよなぁ」
「結婚したくないんじゃないんだ。できないだけなんだ...」
「結婚に対してネガティブ情報が多すぎるんだよな」
「昔から言うもんねぇ、結婚は人生の墓場って...」
「そりゃ自分の生活で手一杯なうえ、女性の要望、要求は
 上がる一方なんだから独身貴族でいたほうが楽でしょw」
「嫁も子どももほしいがそれ以上に金がほしい」〟
といった声が寄せられている。
ネットの声からも、若者が「結婚しない」「結婚したくない」背景に、
収入の低さがあることがうかがえる。(後略)

「あなたはなぜ結婚しないのか?」、これは難しい質問です。何かをするときには、
それなりの理由があるでしょう。でも、何かをしないのに積極的な理由などありません。
結婚しない積極的な理由があるのではなく、結婚したい積極的な理由がないだけ。
逆に、既婚者に、「なぜ、あなたは結婚したのですか?」と聞き返したいくらいです。
みんな結婚しているから、自分も結婚しなれければいけないと思った人もいるでしょう。
みんなが結婚しているからといって、どうして自分もしなければならないと考える必要
があるのでしょうか?これこそ憲法で保障された「誰からも強制もされず、自由に考え、
自由に行動できる権利」です。しかも、最近になって、結婚していなくても何も言われ
ない時代になりました。なぜなら、未婚者が大勢いるからです。
生涯未婚者は、LGBTの方よりも早く、権利を獲得しました!
寂しくないか、ですって?自殺率が最も高いのは、伴侶と死別・離別した男性。孤独
に慣れている人間は、死別・離別ほどの精神的ショックを受けることはないでしょう。
どうも、年配の人は、結婚するのは当然だと思っているようですが、結婚したいのなら
すればいいし、結婚したくなければしなければいいだけのことなのです。
ただ、年収が低いために、結婚したくてもできない人がいることも確かです。しかし、
これも、「どうして俺の年収で、ベンツが買えないんだ」というのと似ているようにも
感じます。つまり、男性にとって、結婚はいまや「贅沢品」なのです。
贅沢したい人はすればいい。ただし、自分の稼ぎの範囲内で・・・
そのように考えると、結婚したくない理由がないわけでもありません。基本路線として、
できるだけお金がかからない生活をしたいのです。なぜ、金がかからない生活をしたい
かといえば、将来、日本が衰退して、生活が苦しくなると思っているからです。
日本が衰退すると思っているから、結婚せず、子供を持たない。そのことが、さらに
日本の衰退を加速させてしまう・・・これは、ゆっくりと進む、亡国スパイラル。





2017_04_07


「錬金術」夢と終わるか 核ごみの変換、研究30年目 (3月30日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
やっかいな「核のごみ」を、安全な別の物質に変えられたら--。こうした夢をかなえようと日本原子力研究開発機構などが
進めているのが「核変換」の技術だ。しかし実現には大きな壁が立ちはだかっており「現代の錬金術」とも言われる。現状と
課題を探った。
核変換技術●「夢の技術」期待も
原発の使用済み核燃料のうち、95%を占める
ウランとプルトニウムは核燃料として再利用
される計画の一方で、5%は高レベル放射性
廃棄物(核のごみ)として残る。国はガラスと
混ぜて固めて地下深くに埋める(地層処分)
方針だが、放射線量が天然ウランのレベルに
下がるのに約8000年、安全になるまで数万
年以上かかり、長期にわたって隔離保管する
必要がある。 ごみに含まれる放射性物質の
半減期を短くして、扱いやすくするのが核変換
の目標だ。原子力機構は、高速の中性子を施設
内で使う「高速炉」や「加速器」を使って、
ごみの中の放射性物質に中性子をぶつけ、
核分裂させることで半減期の短い物質に変え
たり、放射能のない物質にしたりすることを
目指している。 国内では政府が1988年、
研究方針を盛り込んだ「オメガ計画」をまとめ、
本格的な研究がスタートした。実現すれば、
          人間に影響がある放射性物質の「毒性」を下げることが期待されることから「夢の技術」と言われてきた。
●「ごみ分別」の壁
ただ、すべてのごみをゼロにできるわけではない。ごみは主に、ウランが中性子を吸収してできた「重いごみ」(マイナーアクチ
ノイド=MA)と、核分裂で小さくなった「軽いごみ」(核分裂生成物)の二つがある。軽いごみは核変換が難しく、基本的には
地層処分する。 一方、MAは中性子を高速で当てると核分裂しやすい。ネプツニウム237(半減期214万年)の場合、最終的
には放射能がないセシウム133やルテニウム102に変えられるとされる。「ごみが減れば処分場も小さくなり、国民の負担が
減る」。原子力機構幹部は利点を強調する。 核変換にはまず、対象となるMAをごみから分別する必要があるが、この最初の
ステップから難しい。MAには、ネプツニウム237のほか、アメリシウム243(同7370年)などがあり、強い放射線を
半永久的に出す「長寿命核種」と言われる。 政府は核変換によって、ごみが天然ウランレベルの線量に下がる期間を約8000年
から、300年に短縮できるとしている。しかしこれは、ごみのMAを99・9%以上回収できた場合の試算だ。これだけ高い
確率でMAを分別する技術は確立されていない。 分別作業には専用の再処理施設が必要で、さらにMAを核変換させるために
核燃料の形に加工する施設もいる。しかし長寿命核種を扱う技術はハードルが高く、ともに実現の見通しは立っていない。
オメガ計画から約30年経過したものの、技術的な壁は克服されておらず「現代の錬金術」とも皮肉られる。
●複数基が必要に
高速炉と加速器の技術も道半ばで、実際の使用済み核燃料を使った核変換の実験も実績がない。日本原子力学会の専門部会は、
国内の核変換技術の進捗(しんちょく)度(9段階レベル)について高速炉を「4」、加速器を「3」と評価している。
高速炉では、原子力機構が2006年に高速実験炉「常陽」(茨城県大洗町)で、海外から購入したMA試料を含んだ核燃料に、
短時間だけ中性子を当てる実験をしただけ。高速炉の一種の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)も、昨年末に廃炉が
決定。政府はもんじゅに代わる後継機を開発する計画だが、白紙のまま。加速器はさらに遅れている。文部科学省の部会は13年、
加速器施設「J-PARC」(茨城県東海村)について、実験施設の建設方針をまとめたものの、予算化のめどは立っていない。
国内保管される使用済み核燃料は1万7000トン。ここからMAを分別して核変換するには、高速炉でも加速器でも複数基が
必要とされる。しかし実用化手前のもんじゅ(原型炉)でさえ、ほとんど運転できず廃炉に追い込まれた経緯もある。内閣府
原子力委員会の前委員長代理で、長崎大の鈴木達治郎教授は「もんじゅも十分に動かせないのに、高速炉の実用化なんてできる
のか」と懐疑的な見方を示す。

イノベーションと「リスク」にまつわる4つの誤解 (2016年12月5日 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー)
(前略)Dictionary.comの妥当な定義によると、リスクとは「負傷や損失の可能性にさらされること。危険を引き起こすもの、
危険性」である。リスクのないイノベーションはありえない。結果はどうしても不確実であり、時には望ましくない結末もあろう。
よってリスクテイクを奨励すれば、イノベーションを後押しすることにはなる。とはいえ、失敗を何でも認めていいことにはなら
ない。多くの場合、失敗は悪いことだ。準備不足、スキルが足りない、訓練を十分にしなかった、等が理由で失敗する人もいる。
この種の失敗はけっして歓迎してはならない。むしろ経営幹部に必要なのは、イノベーションを成功させる道はまっすぐでは
ないという認識だ。つまり、ファンブルもフライングも、そして時には失敗もゲームの一部、という覚悟である。
「成功に報いれば、リスクテイクを奨励できる」という思い込み
イノベーションに飢えた大企業の幹部はしばしば、報酬の問題で歯ぎしりをする。自社の制度上、ユニコーン企業の起業家
(現実には非常にまれな存在だ)が得るような無制限の報酬を、社内イノベーターに提供できないと嘆くのだ。たしかにそう
かもしれない。しかし、ほとんどの企業でイノベーションが抑制されている原因は別にある。それは報酬の不足ではなく、処罰
の存在だ。実行を重んじる会社では通常、数値目標を達成した人に報い、そうでない人を罰する。しかしイノベーションに伴う
不確実性を考えれば、すべてを正しく実行しても、商業的には失敗となることもありうる。その結果が厳しい処罰につながる
ならば、誰も、いかなるリスクも取ろうとはしないだろう。変革の取り組みでは、成果を素早く上げることで信用が築かれる
のはよく知られている。だがイノベーション能力を伸ばしたい企業は、「素早い失敗」による損失を想定しておくことが必要だ。
プロジェクトが打ち切られても、スケープゴートを探すのではなく、全員で(軌道修正を)歓迎しよう。そうすれば、会社が
思考と行動を新たにするという意図を社員に示せるはずだ。あなたが次回、リスクについて聴衆に話す準備をするときには、
いったん立ち止まり、上記の間違いをしていないか確かめてほしい。そうすれば「すべてが変わる」はずだ。

イノベーションとは今でも、イノベーションと技術革新を同じ意味で使用している
新聞記事もありますが、イノベーションと技術革新は同義語
ではありません。日本では、科学技術により社会を変革できる
という信仰が社会に広まっており、「優秀な科学者や技術者が
イノベーションを起こしてくれる」という意識があるようです。
しかし、はっきり言いまして、30年間研究開発を行った結果、
技術的な壁が除去できないプロジェクトがあるとすれば、それ
は失敗であり撤退するしかありません。それがオメガ計画です。
できないものは、いつになっても、いくら金をかけても「できない」。いくら研究者魂
を失わない技術開発者が情熱を傾けても、できないものはやっぱり「できない」。
「夢の技術」は本当に夢だったのです。技術開発者の立場にたてば、30年間失敗続きの
プロジェクトを任されても困ります!何をすればよいか、途方にくれることでしょう。
イノベーションにはリスクはつきものです。なかでも、技術革新が社会的な新しい価値
を生みだすことが確実なタイプのイノベーションは最も難しく、期待薄なのです。
例えばアルツハイマー病治療薬。誰もが望んでいますが、ネガティブな話ばかり・・・
「できなくて当たり前」というスタンスで開発させてもらえないと、挑戦できません。
しかし、原子力の計画は現在の原子力事業の置かれた立場からして「失敗は許されない」。
このようなことに誰が挑戦するでしょうか?
これは、いつ全面撤退するか、誰が全面撤退の決定を下すかの問題です。
責任をとらされて自殺に追い込まれる新たな犠牲者を生まないためにも・・・





2017_04_05


世界フィギュア2017男子【一問一答】羽生3季ぶり王座奪還「科学的に人間は5回転まで
跳べるらしい」
(4月1日 デイリースポーツonline)
「フィギュアスケート・世界選手権」(1日、ヘルシンキ)
男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位発進の羽生
結弦(22)=ANA=がフリーの世界歴代最高得点を更新する
223・20点、合計321・59点で、3季ぶり2度目の王座
奪還を果たした。SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリー
初の200点超えとなる214・45点、合計でも初の300点
超えで、羽生が持つ歴代最高記録(330・43点)に次ぐ世界
歴代2位の319・31点をマークし、2位となった。
プレスカンファレンスでの羽生の一問一答は次のとおり。(中略)
-現在のプログラムをミスなく滑ることの難しさは。
「昨季、自分がNHK杯とGPファイナルでノーミスの演技をして思ったのが、クリーンなプログラムを滑ることは非常に
難しいということ。技術的な難しさではなく、精神的なものもあるし、何度も試合に合わせる体力、調整が難しい。4回転
ループはまだ安心して跳べるジャンプじゃない。さらにもう1段階難しさを感じている」
-来年の五輪に繋がったものは。
「この構成、4回転を4本、トリプルアクセルを2本、コンビネーションをすべて後半にもってくる構成をまず試合でやりきる
自信がついたのが大きい。ただ、SPとフリーを揃えるのが1番大事。そういう意味では五輪に繋がるのは、まず4回転4回の
構成をやり遂げられた自信を持てたことと、SP、フリーを揃えるための課題が見つかったことかなと思います」
-今後、ジャンプはどこまで進化する?
「なんか、科学的なことでいえば、人間は5回転まで跳べるらしいんですよ。ただ、まだ5回転の点数(基礎点)はないですし。
でも自分は4回転アクセルは跳びたいと思ってます。試合に入れるか入れないかは分からないですが。ここまで4回転の多種類
時代を作ったのは彼(3位の金博洋)。彼がルッツをクリーンに跳んで、みんなが“ルッツ跳んでいいんだ”“ルッツで人間跳べる
んだ”ってなった。目指すべきところは僕の(世界記録の)330点だったりしたかもしれないけど、この4回転多種類時代を
作ったのは、彼だと思います」

世界フィギュア2017女子フィギュアスケートの世界選手権が行われた
のは、北欧フィンランドの首都ヘルシンキ。
なのに、観客に日本人が目立ちます。観戦
ツアーなのでしょうが、ほんと、日本人って
世界のどこへでも出かけますよね。新幹線
の座席でも3時間はかなり苦痛なのに、直通
でも、エコノミーで10時間の我慢。帰国後、
体調を崩して寝込まずにすむのでしょうか?
女子は、オリンピック出場枠を4大会ぶりに、
3枠確保に失敗して2枠となり、12月の全日本選手権では激しい代表争いが予想されます。
今大会、疲労骨折で欠場した宮原が女子の第一人者ですが、怪我の状況が心配です。今回
出場した三原、樋口、本郷に加え、来季からシニア参戦する15歳の本田真凜にも注目。
そう、浅田真央も忘れてはいけません。誰が出るにせよ、他国の強敵が待っています。
メドベジェワが普通に滑れば金メダル間違いなしですし、メドベジェワ以外のロシア勢、
アメリカ、カナダ勢にも実力者がいます。
※2017年4月、浅田真央さんは現役を引退しました
さて男子のほうは、1位羽生、2位宇野ですから、余裕で3枠を確保です(上位2人の順位
合計13以内が条件ですが、それが今回は最小の3)。とはいえ、男子もオリンピックでは
厳しい戦いになると思われます。平昌では、4回転を飛びまくらないと勝てそうにない
からです。男子フリーではジャンプを8回飛べますが、最低1つはアクセルでなければ
ならない(アクセルは半回転多いため、4回転アクセルを飛べる選手はいない)ので、
4回転を最高7回飛べるような感じがしますけど、実際はそうはいきません。
多くの選手は、4回転が飛べるといっても、飛べるのはトウループとサルコウ。
「3回転以上の単独ジャンプを二度跳んでしまうと、基礎点の70%が得点になる」ので、
同じジャンプを2回飛ぶ場合は、どちらかをコンビネーション(またはシークエンス)
にしなければなりません。例えば、4回転トウループ、4回転トウループ-トリプル
トウループ、4回転サルコウ、4回転サルコウ-トリプルトウループと飛んでしまうと、
「3回転以上の同じ回転・種類のジャンプは二種類を二度までしか挑戦できない」ので、
最後のトリプルトウループの得点を失ってしまいます。ですから、4回転のジャンプを
増やすためには、トウループとサルコウ以外の、さらに難しいジャンプに挑戦しなけれ
ばなりません。現状では、羽生は4回転ループを飛ぶことはできますが、ネイサン・
チェンなら、さらに難しい4回転フリップ、4回転ルッツを飛ぶことができます。
ちなみに、6種類、つまり、すべてのジャンプの4回転を飛ぶことができれば、フリーで
のジャンプをすべて4回転にすることができます。つまり、4回転アクセルを飛ぶという
ことです。羽生の発言を聞くと、「人間にできることなら、俺がやってやる」という
気概が感じられます。そう言えば、経営の神様、松下幸之助が同じようなことを書いて
いました。分野は全く違うけれども、共通するものがあるのかもしれません。


 不可能はない 指導者は天地自然の理にかなったことはすべて可能だと考えたい
(前略)なるほど、人間には不可能なことがたくさんある。それではどういうことが不可能かといえば、
 いわゆる天地自然の理に反したことである。たとえば人間いつかは必ず死ぬというのが天地自然の理
 である。だから、それに反して不死をいくら願ったところでそれは絶対にかなえられない。
 けれども、そのことは逆にいえば、天地自然にかなったものならば、すべて可能だということである。
 (中略)孫子は「彼を知り己を知らば、百戦してあやうからず」といっているが、それが天地自然の
 理にかなった戦の仕方だからだろう。そのように考えてみれば、不可能はない、ということばは、
 一面正しいといえる。天地自然の理に従い、志をもって、なすべきことをなしているかぎり、人間
 には不可能はないのである。不可能があるとすれば、それは自分で不可能にしているのだろう。
 (後略)



2017_04_03


「殺してぇな」上司の罵声2時間 自殺遺族、ヤマト提訴 (3月31日 朝日新聞デジタル)
ヤマト運輸の長野県内にある営業所のドライバーだった男性(当時46)が2015年1月に自殺した。妻子は、原因は上司の執拗
(しつよう)なパワハラだったとして、慰謝料など約9500万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。「劣悪な労働環境が
維持されないよう対策を講じて欲しい」。遺族の思いと、訴訟までの経緯を原告側代理人が語った。31日午後、長野市で会見した
代理人の鏡味聖善弁護士によると、自殺した男性は1989年7月に入社。県内の営業所でドライバーとして働き始めた。
2003年には所長となり、優秀な働きぶりで営業所を主管する同社支店長から表彰されたこともあったという。11年に男性は
通常業務のドライバーに戻り、被告の上司が所長に着任した。翌12年秋ごろ、突然、この上司から暴言や暴行を受けるように
なったという。14年5月10日は約2時間にわたって罵声を浴びせられた。上司は机を蹴飛ばして大きな音を立てたり、威圧的に
怒鳴りつけたりした。「俺、マジいらねぇコイツ、殺してぇなホントに」「クソみてぇなヤツ」。殴る、蹴るの暴行も受けたとしている。
同12日にも2時間以上、「本当に役に立たねぇ」「バカなんだよコイツ!それがむかつく」「明日から来るな」などと叱責(しっせき)
された。主管の支店長も同席していたが、制止しなかったという。この2日分については、家族の助言を受けた男性が内容を録音して
いた。鏡味弁護士は「人格、人間性をたたきつぶす暴言。『殺すぞ』という脅迫的言動もある。日常的で、非常にひどいパワハラ」と
指摘した。(後略)

うつ病退職  元社員を提訴した会社に110万円支払い命令 (3月30日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
「不当訴訟で精神的苦痛」横浜地裁判決
IT会社がうつ病で退職した元社員の男性(28)を相手取り約1270万円の損害賠償を求めた訴訟で、横浜地裁(石橋俊一裁判長)
は30日、「不当訴訟によって男性が精神的苦痛を受けた」として、逆に会社に110万円の支払いを命じた。 判決などによると、
男性は2014年4月、神奈川県内のIT会社に入社したが、長時間労働や上司のパワハラが原因でうつ病となり、同12月に退職した。
会社が15年5月に「詐病で退社して会社に損害を与えた」と提訴してきたため、男性も反訴した。 判決は「会社側が主張する損害は
生じ得ない」と指摘。訴状が届いた直後から不眠を訴えるようになるなど男性が精神的苦痛を受けたと認定した。男性の弁護士は
「退職後の報復的な損害賠償請求は労働者を萎縮させ、『辞められない』被害を生む」と話した。

うつ病を再発させない働き方とは (2016年7月30日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
(前略)独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が民間事業所を対象に実施した調査(2012年)によれば、メンタルヘルスに不調を
抱えた従業員が「休職を経て復職している」と答えた事業所の割合が37.2% と最多でした。しかし、仕事を離れてしまった人もいて
「休職を経て退職した」(14.8%)▽「休職せずに退職した」(9.8%)▽「休職を経て復職後、退職した」(9.5%)−−を合わせる
と、結果的に34.1%が退職していることが分かりました。 復職がうまくいかない理由は何でしょうか。原因はうつ病の再発率の高さに
あります。もちろん回復するケースも多いですが、中にはこじらせ、長引いてしまう人もいます。初めて罹患(りかん)した人のうち
50%以上が、3回罹患した人では90%が再発するというデータもあります。ちょっとショッキングな数字かもしれませんが、私たちに
とって大切なのは、事実を受け止めたうえでうつ病と共に生き、働き続ける方法を考えることなのです。(中略)
退職せず、リハビリを最優先に
待ち受ける再発の危機を回避する方法はあるのでしょうか。うつ病の経験者として本音を言いましょう。最良の方法は、とにかく退職
しないことです。最初の発症の際、休職期間が満了すると会社を辞めてしまう人が多いのですが、早急に事を決めるべきではありません。
前述のとおり、転職すれば周囲の期待に応えようとして新たな仕事を抱え込むことになります。それよりも、事情を知っている元の
職場に踏みとどまって、少しずつ少しずつリハビリしていく方がよいのです。ですから、復職してもすぐ元のように働くのではなく、
3カ月間は「ならし就労期」を取りましょう。休職中、医療機関などが提供するリワークプログラム(職場復帰支援のためのリハビリ
トレーニング)でトレーニングするうつ病患者は多いと思います。具体的には「会社の近くまで行ってみる」「図書館で本を読んで
みる」などです。しかし、実際に職場で仕事をするときの緊張感や疲労感は別物です。復職してからも単純作業や短時間の仕事を試し
つつ、身体、精神面をならしていく期間を十分にとる必要があります。
うつ病の経験を糧にキャリアを築く
ならし就労期を終えた後も、再発のリスクを抱えている限り以前のような働き方をしないよう、自重しなければなりません。もちろん、
「うつ発症前の自分とは違う」という事実を受け止めるのは簡単ではないと思います。私の場合もそうでした。出世している同期や
友人と自分を引き比べ、焦りもしましたし、暗たんとした気持ちにもなりました。自分にとって仕事とは、稼ぐこととは何か−−。
すぐに自分を納得させられる言葉は見つかりませんでしたが、それまでのような働き方を続けている限り、事態は好転しないこと
だけは明白でした。 たどりついた結論は、精神障害者として事務系中心の仕事に就くことでした。うつ病であることをオープンに
して働くには、この方法が一番合理的だと考えたのです。「うつ病の再発を防ぎながらでも、自分のキャリアを築いていくことは
できるはずだ」。ずっとそう信じてきました。そのプロセスを茶道や武道などで修業における段階を示す「守破離」で表せば、安定
して働くため、足固めをする時期が「守」、新しいキャリアの方向性を見いだすのが「破」ということになるでしょうか。「離」は、
病気を人格成長のトリガー(始まるきっかけ)とし、キャリアを開発していく段階です。長い年月がかかりましたが、自分はいま
「離」の段階までたどりついた気がしています。 人は人生においてさまざまな挫折を経験します。病気、けが、家族の看護や介護
−−険しい坂道を駆け上がるのが無理なら、ゆっくりと上っていけばいい。そんな悟りを得るのも、働く人としての一つの“成熟”
のありかたかもしれません。

自殺と精神疾患の関係まず「生きる」こと。これがすべてに優先されます。
自殺の背景には、うつ病などの精神疾患があります。
うつ病になってしまったら、医師の診断のもと、
場合によっては休職が必要になるかもしれません。
休職した後、可能ならば、元の職場に復帰したほう
はよいようです。元の職場では、うつ病で休職した
ことを隠せません。しかし、これは逆に言うと、
公表しなくても知ってもらえるということです。復帰後に、業務内容や配属先などで配慮
してもらうことができるでしょう。上司が替わるだけでも状況はかなり変わるように思わ
れます。仕事の内容と病気が関係ありそうならば、自分に合った職種とは何なのかを
考えなければなりません。一方で、転職は、健康な人でも大きなストレスになります。
以前よりも強いストレスを受けて、うつ病を再発する可能性は決して低くはありません。

うつ病患者の一日このようなことを考えてみると、
やはり、うつ病にならないことが
大切なのです。では、どのような人
がうつ病になりやすいのでしょうか。
一般的には、真面目で頑張り屋が
うつ病になりやすいと言われてい
ますが、これはあくまでも傾向で
あって、真面目で、頑張り屋で、
几帳面であってもストレスに強い人もいますし、それとは全く逆のタイプの人もいます。
性格のことよりも、夜と朝の感情の落差を考えたほうが、「うつ病のなりやすさ」を
知るチャンスになるかもしれません。うつ病患者の「うつ状態」は半数近くの人が、
朝起きたときに最も強く、時間が経つにつれて薄れていく傾向にあるそうです。
つまり、睡眠前には気分がよかったのに、朝起きてみると気分がブルーという人は、
危険だということです。 自分のことを考えてみると、学生の頃は「正にそのとおり」
でした。今でも「希望に満ちた朝」を迎えることはありません。朝、喜びに包まれる
のは、「仕事に行かなければならないと思って慌てて布団から出たら、その日は休み
だった」という瞬間だけです。年をとって変わったのは、夜に気分が高揚しなくなった
ことくらいでしょうか。その分、起きたときとの「感情の落差」は減りました。
このような感情の落ち込みって、いいことではないようです。





2017_04_01


政府、働き方改革へ実行計画 残業上限や同一賃金 (3月28日 日経電子版)
政府は28日、働き方改革実現会議を首相官邸で開き、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の導入を盛り込んだ実行計画をまとめた。正社員
による長時間労働など戦後雇用慣行の見直しに踏み込んだ。政府は今年の国会に関連法の改正案を提出し、2019年度からの実現をめざす。
ただ、生産性向上や成長底上げには力不足の面もあり、なお課題を残す。安倍晋三首相は同日の実現会議で「日本の働き方を変える歴史的な
一歩。17年は出発点と記憶される」と発言。「法案を成立させなければ絵に描いた餅に終わる。全力を傾注する」と述べ、早期の関連法案
提出を閣僚に指示した。働き方改革は首相肝煎りの政策。昨年9月に有識者らで実現会議を設置し、長時間労働の是正や、正規労働者との
格差がつく非正規の処遇改善などを検討してきた。昨年末には同じ仕事に同じ賃金を払う同一労働同一賃金のガイドラインを作り、今年
3月には残業時間に上限を設けることで政労使間で合意した。実行計画にはこうした成果を盛り込んだ。検討に時間をかけたのは長時間
労働の是正。残業を「原則月45時間、年間で360時間」とし、労使で協定を結べば年間720時間まで認めるとした。特に忙しい月は特例と
して100時間未満の残業を容認する。経団連は働き手の自由度が狭まるとして上限規制に慎重だったが、首相の裁定で上限設定が決まった。
労働者全体の4割弱を占める非正規労働者の処遇改善にも取り組んだ。同一労働同一賃金の導入で正社員と非正規の不合理な待遇差を
つけないよう徹底。賃金や福利厚生も対象に処遇差をできるだけなくし、何らかの差をつける企業には説明責任を求めた。(後略)

国内労働生産性個人の「働き方改革」では生産性は向上しない
日本の労働生産性を低下させている構造問題 (3月17日 東洋経済オンライン)
労働生産性の改善は進んでいない
内閣府が2016年12月22日に発表した2015年度国民経済計算の年次推計によると、
2015年の実質GDP成長率はプラス1.2%となった。また、実質GDP÷就業者数で
求められる労働生産性は前年比プラス0.9%と、2年ぶりに改善した。ただし、
2010年以降の平均であるプラス1.4%は下回ったままである。日本生産性本部が
発表した「労働生産性の国際比較2016年版」によると、2015年の日本の労働
生産性(名目)はOECD(経済協力開発機構)加盟35カ国中22位となり、G7
(先進7カ国)では最下位。G7で最も労働生産性の高い米国と比較し、日本の
製造業の労働生産性は69.7%、サービス業は49.9%にとどまるという。同調査
では「小売や飲食、製造業などを中心に日本企業は、1990年代からのデフレに
対応して業務効率化をすすめ、利益を削ってでも低価格化を実現することで競争力
強化につなげてきたところがある」「業務の効率化を進めるだけでなく、新しい
サービスや製品を生み出して付加価値を獲得することが重要ということだろう」
とまとめている。最近では、働き方改革などで議論される個人レベルでの生産性
向上に焦点が集まりがちだが、上記の指摘を踏まえると、産業レベルの課題のほう
が重要といえそうだ。新しいサービスや製品を生み出すには需要が必要である。
人口が減少し、高齢化による社会保障費負担の増大によって個人消費が伸び悩む
日本にとっては、困難な課題である。むろん、働き方改革やAI(人工知能)の活用
を中心とした企業の業務効率化によって人々の余暇時間が増加し、それが新たな
需要(特にサービス業での)を掘り起こす面があるかもしれないが、これにも過度
な期待はできない。(中略)
産業構造の変化が生産性を低下させている
需要の絶対量だけでなく、需要の種類の変化による産業構造の変化も労働生産性の改善を抑制している。1970年代以降の労働生産性の変化率を
「労働者構成変化要因」と「産業内生産性向上要因」に分けると、前者の要因が1990年代にプラス幅を大きく縮小させ、2000年以降はマイナス
寄与となったことがわかる。「労働者構成変化要因」とは、労働者が産業間を移動することで労働生産性が変化する要因である。仮に労働生産性
の高い産業に雇用が集中すれば日本全体の労働生産性が上がるが、2000年以降はむしろ労働生産性の低い産業に雇用が流れていて、日本全体の
労働生産性の伸び率を抑制する要因となっている。通常は労働生産性の高い産業(リーディング産業)や企業には十分な余裕があるため雇用を
増やすことが期待されるが、実際にはそのようになっていない。労働生産性が高い製造業と労働生産性が低いサービス業における労働生産性と
就業者数の変化を見ると、1970~89年とそれ以降とで傾向が大きく異なる。横軸に労働生産性、縦軸に就業者数をとって変化を見ると、製造
業とサービス業はともに1970~89年は右上がりの傾向があったものの、1990年以降の製造業は右下へ、サービス業は左上へ動いている。
この図では右上がりの傾向は労働生産性が改善しながら雇用が増えていることを示し、望ましい動きである。1970~89年では、程度の違いは
あるものの両産業ともに右上がりの傾向にあった。一方、右下がりは労働生産性が改善しているにもかかわらず雇用が減少していることを示す。
雇用を減らすことで労働生産性を高めてきたといってもよいだろう。左上がりは労働生産性が下がりながら雇用を増やしている状態を示すため、
サービス業では過度に雇用の増えている可能性がある。
製造業とサービス業の労働生産性需要が産業構造の変化を引き起こしている
過去15年(2002年~17年)の業種別の就業
者数によると、最も就業者数が増加した業種
は「医療、福祉」のプラス74.0%だった。
高齢化社会におけるニーズの増加が明らかに
影響している。一方、最も減少した業種は
「農業、林業」のマイナス24.1%である。
これらも高齢化による後継者問題などが
課題の業種である。いずれの業種の変化
を見ても、生産性の高い業種に雇用が
集まったわけでもなければ、逆に生産性
が低い業種で淘汰が起きたというわけ
でもなさそうだ。
最近では「第4次産業革命」によって、
AIにいろいろな業種の雇用が奪われる
といった議論があるが、実際には社会における必要性が産業構造の変化を生じさせる可能性が高い。日本の場合、生産性を引き上げる
ことが難しい介護・医療などサービス業の需要が今後も増加するだろう。安倍晋三首相は1月4日の年頭記者会見で、「金融政策、財政
政策、そして成長戦略の3本の矢を打ち続けてまいります」と話した。だが、生産性の伸び率低下に伴う長期の課題の解決は困難なため、
今後もこれまでどおり金融政策と財政政策に傾斜した短期的な政策運営が、続きそうだ。

安倍さんは働き方改革を積極的に進めており、それ自体はとてもよいことなのですが、労働者
の生産性を高めることができなければ、労働時間を短縮した分、労働者一人当たりの生産性は
減少することになります。そのような状況では、いくら安倍さんが声を大にして経済界に要請
しても「賃上げ」は実現できません。人口に占める労働者の割合は今後、減少していきます
から、日本の一人当たりのGDPは徐々に低下していくことになるでしょう。つまり、国民が
貧しくなっていくということです。労働者の生産性を上げることは、日本経済にとって絶対に
必要なことなのです。労働生産性というと、その言葉からして、労働者の働き方の問題である
ように感じてしまいます。確かに、業務改善は必要です。しかし、そのような問題よりも重要
なのが、産業構造です。産業構造上、儲からない業界(特にサービス業)では、生産性を向上
させるビジネスモデルを生みだす必要があります。これこそが経営者の仕事であるべきなの
ですが、日本では、創業者でなければ、大過なく過ごしたいと思う社長が多いのではないで
しょうか?事なかれ主義が蔓延している企業においては、革新的なビジネスモデルを生み出す
モチベーションがありません。そのうちに産業構造が変化してゆき、はたと気づいたときには
「にっちもさっちもいかない」状況に追い込まれるのです。東芝を見れば分かるように、経営
者が無能なら、19万人の社員がどんなに努力をしても「水泡に帰す」だけです。国内企業では、
アメリカのようにオーナーが経営者をクビすることがほとんどないため、何もしない経営者を
どんどんクビにしていく仕組みがありません。経営が完全に行き詰まってしまえば、株主も
黙ってはいないでしょうが、本当に手を打たなければならない状況のときは、経営はそこそこ
うまくいっていることが多いのです。経営者の不作為をとがめるのは簡単ではありません!
日本の組織にはよく見られる「責任を従業員に押しつける経営者」を一掃できないようでは、
いつになっても生産性は向上しないように思います。
経営者が無能でも、あなたは「チャレンジ」しますか?





2017_03_30


道徳教科書の検定意見パン屋「郷土愛不足」で和菓子屋に 道徳の教科書検定
(3月24日 朝日新聞デジタル)
初めての小学校道徳の教科書検定が終わり、8社の24点66冊が出そろった。
本来、「考え、議論する」を掲げたはずなのに、文部科学省が検定過程で
付けた数々の意見からは、教科書作りに積極的に関与しようとする姿勢が
浮き彫りになった。高校の地理歴史や公民の教科書でも、集団的自衛権や
南京大虐殺などの記述が、文科省の指摘に従って横並びになった。
「しょうぼうだんのおじさん」という題材で、登場人物のパン屋の「おじさん」
とタイトルを「おじいさん」に変え、挿絵も高齢の男性風に(東京書籍、小4)
▽「にちようびのさんぽみち」という教材で登場する「パン屋」を「和菓子屋」
に(同、小1)▽「大すき、わたしたちの町」と題して町を探検する話題で、
アスレチックの遊具で遊ぶ公園を、和楽器を売る店に差し替え(学研教育みらい、
小1)――。いずれも文科省が、道徳教科書の検定で「学習指導要領の示す
内容に照らして、扱いが不適切」と指摘し、出版社が改めた例だ。
おじさんを修正したのは、感謝する対象として指導要領がうたう「高齢者」を
含めるためだ。文科省は「パン屋」についても、「パン屋がダメというわけで
はなく、教科書全体で指導要領にある『我が国や郷土の文化と生活に親しみ、
愛着をもつ』という点が足りないため」と説明。「アスレチック」も同様の指摘を受け、出版社が日本らしいものに修正した。 
「ここまで細かいとは」。各社の編集者はこうした検定のやり方に戸惑う。検定に臨んだ8社は、2015年に告示された指導要領
が学年ごとに定める「節度、節制」「感謝」「国や郷土を愛する態度」など、19~22の「内容項目」を網羅することを求められた。
                                                        (後略)
森友学園に問う、本当に必要な道徳教育とは?
庶民に徳が残り、勝ち組に徳がない国、ニッポン
 (3月23日 日経ビジネスオンライン)
勝ち組が「徳」を見せないと恥ずかしい社会に
日本人の一般大衆の犯罪の少なさや親に対する介護の義務感などを見る限り、「道」は世界的にみても誇れるものがある。問題は、
勝ち組や富裕層が大衆に、寄付や高額納税などの「徳」を示さないことだろう。報道を見る限り、森友学園の理事長が「人格を
磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献」しているとは思えないし、また下村元大臣を含めて、お金にまつわって汚い印象を
与えること自体が、「徳」の教育に反している。経営者にしても、例えば東芝の歴代経営者や震災前の東京電力の経営者の徳の
なさが、会社の存亡につながったと言っていいはずだ。勝ち組が「徳」を見せないと恥ずかしいという価値観(日本にもかつて
はあったと私は信じている)を再建しないと、子どもたちに示すべきロールモデルは作れないし、日本の格差社会や消費不況
(金持ちが貯めるだけでなくもっと使ってほしい)の問題が解決しそうにないというのは私の杞憂だろうか?日本に必要な道徳
教育というのは、過去の偉人など、どういう人間が徳があるかを教えていくことや、この手の恥ずかしい人間を断罪して、こんな
人間になってはいけないと教えることのように思えてならない。「道」がしっかりしていれば犯罪も少ないし、ある程度の秩序は
維持できるだろう。しかし、経営者や為政者の「徳」がないと、社会の方向は定まらないし、人々の不安は治まらない。それが
現在の日本の停滞につながっているというのが私の心理学的解釈である。もちろん、「徳」は為政者や経営者にだけ求められる
ものではない。「情けは人のためならず」と言う。せめて本コラムの読者の方だけでも、少しでも上に立つ立場にいるなら「徳」
を示すということを意識してもらえれば、そのセクションの士気は高まるし、先々、自分が歳をとってから慕われるという形で
返ってくると私は信じている。

引き揚げられたセウォル号庶民に道徳など必要ありません。
そもそも日本人は従順すぎ。間違った権威
に追従することのないよう、気をつけなけ
ればなりません。韓国にも似たような服従
文化があるようです。セウォル号沈没事故
における最大の悲劇は、船長、船員による
避難誘導がされず、船長、船員が乗客より
先に逃げたことです。多くの乗客は、言われるがまま、その場を動かなかったのです。
日本では先の大戦で、天皇を国民の戦意昆揚に利用した軍部の間違った方針により、多くの
国民の命が失われました。どんな理由があったにせよ、そのことを隠蔽したり、美化したり
すべきではありません。間違った指導者に騙されることがないよう、常に気をつけておか
なければなりません。そのうえで、「国を守る」意識は必要です。現代社会においては、
「国破れて山河あり」とはならないでしょう。日本の近くには「ならずもの国家」がある
ことを忘れてはなりません。日本が他国から攻撃され、多くの国民が犠牲になる可能性は
常にあるのです。国が崩壊して苦しむのは、逃げることができない庶民なのです。
日本の保守は「愛国」に力点を置く傾向にありますが、アメリカの保守は、強いアメリカと
ともに小さな政府を望んでおり、国民に対して、国が過度に干渉しないように求めています。
日本の保守が主張する「愛国」には、自己犠牲や利他主義的な意味が含まれていて、これは
為政者が国民をコントロールするのに都合がよいものです。為政者に都合のよい「愛国」を
訴える人は、「偽保守」というべきでしょう。愛国心は自発的なものであるべきです。
日本で愛国心が足りないのは、特権階級。「得」している人間に「徳」が足りないだけ。
ただし、その「得」を寄付しろとは言いません。もっと儲けてもらって、ちゃんと税金を
払ってくれればいいんです。「保守」の最大の敵は、売国的知識人なのですが、決して、
「愛国」を、為政者が権力を維持するための手段に利用されてはならないのです。





2017_03_28


籠池氏証人喚問「私だけ悪者にされた」持論展開 “保守の同志”と徹底抗戦辞さず…
恨み節連発も核心は触れず
(2月23日 産経WEST)
学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校設置をめぐる問題で23日、ようやく実現
した国会による学園側の籠池(かごいけ)泰典氏への証人喚問。虚偽証言は偽証罪に
問われる恐れもある緊張感にも動じずに持論を展開し、「応援してくれていたと思っ
た人が手のひらを返すように離れていった」「私だけが悪者にされた」と恨み節も。
「真相解明を」と財務省幹部や松井一郎大阪府知事ら関係者の喚問も要求し、自民
議員の質問にも反発するなど、かつての“同志”らとの徹底抗戦も辞さない構えを
示した。(中略)安倍晋三首相らの“後押し”をにおわせ、昭恵夫人から100万円を
渡されたと主張。協力を依頼した先として、新たに自民や日本維新の会の国会議員名
を挙げ、稲田朋美防衛相の夫の弁護士事務所に昨年に相談していたとも言及した。
籠池氏は「(問題の過熱後に)手のひらを返すように離れていった。どうしてこう
なったのか」と不満をぶちまけた。最大の焦点となっている小学校建設用地の大幅
値引きや政治家の口利きについては「想定外の大幅値下げで驚いた」「交渉の詳細
は承知していない」と、直接関知はしていないとの姿勢に終始した。小学校認可申請の取り下げは、10日の記者会見では自らの
決断だと語っていたが、喚問では「代理人弁護士の指示」だったと、責任転嫁と取れる発言もした。
不満は、質問する議員らにも及んだ。自民党の西田昌司議員に証言の事実関係に誤りがある可能性を何度も指摘されると、
「的外れだ」と強く言い返す場面もあった。さらに、財務省の官僚や学校認可を認めない姿勢を強調していた松井知事の名前も
挙げ、「トカゲのしっぽ切りをせず、他の関係者を呼んで真相究明を進めてほしい」と、自分だけが“悪者”ではないと強調した。

安倍首相と稲田防衛大臣「保守」を名乗る安倍首相やネトウヨ論客が偽物である理由とは?
安倍でもわかる「保守主義」のお話。
(2016年12月24日 BEST TIMES ベストタイムズ)
安倍でもわかる「保守主義」のお話。保守とは何か。ひとことで言えば、
「人間理性に懐疑的である」のが保守です。抽象的なものを警戒し、現実に
立脚する。人間は合理的に動かないし、社会は矛盾を抱えていて当然だという
前提から出発する。逆に言えば「人間理性を信仰する」のが左翼です。これを
一つ下のレベルの話に落とすと、近代啓蒙思想をそのまま現実社会に組み込む
ことに否定的なのが保守となる。なぜなら、近代啓蒙思想は理性の拡大の延長
 線上に理想社会を見いだすという発想の下にあるからです。要するに、進歩思想ですね。そこで保守の批判
 の対象になるのは急進的な平等主義と自由主義です。たとえば「伝統の擁護」といった保守の性質も、
 「理性に対する懐疑」ということで説明できる。非合理的に見える伝統や慣習を理性により裁断することを
 警戒するわけです。保守が宗教を重視するのも理性の暴走を防ぐためです。中間共同体を重視するのは、
 近代イデオロギーの暴走を抑える緩衝材を必要とするからですね。よって、保守は漸進主義になる。つまり、
 ゆっくりと慎重に改革を進める。改革というより改善です。保守は、左翼のように平等や人権を普遍的価値
 とは捉えません。あらゆる価値は、個別の現実、歴史に付随するものであるからです。
 保守にとっては、「自由」でさえ、絶対の価値を持つものではない。
 ついでに言えば、反米、親米、嫌中、嫌韓、改憲派、軍国主義、復古、国家主義といったものは、保守の
 定義とはなんの関係もない。それらはそれぞれの個人の要素の一つです。納豆が好きか嫌いかは保守である
 ことと関係ない。それと同じ。そこが曖昧になっているので、わが国では保守の対極にあるような人たちが
「保守」を名乗っているのでしょう。「保守系」と呼ばれる新聞や雑誌で書いている連中でも、真の保守は一割もいないのでは
ないか。政治哲学者のマイケル・オークショット(一九〇一~九〇年)が言うように、保守的性向は人間のあらゆる活動に対し、
適合的である。そして安倍にもっとも欠けているのが、この保守的性向なのです。


「保守対リベラル」と言われますが、保守とリベラルを決定的に分断している根本的な思想
とは何でしょうか?個人的には、「保守=反合理主義」だと思っています。
合理性を否定するのではなく、合理的なものより合理的でないものに力点を置くのです。
「人生とは何か」を合理的に考えたことがありますか?きっと、うつ病になるでしょう。
わたしたちが発狂しなくてすむのは、「情」があるからです。(=保守的発想)
だから保守にとって、家庭とか、愛国とか、伝統などが重要にキーワードになるのです。
このように考えると、籠池さんはやはり「保守」ですね。では、安倍さんはどうか?
安倍さんも「保守」だと思いますが、保守らしからぬ部分もあります。保守にとって、
日本の田園風景は絶対に守らなければならないもののひとつですが、安倍さんの改革は、
国内農業を破壊させ、国土を荒廃させかねない危険性を持っているだけに、保守本流から
恨みを買っているかもしれません。農政改革や自由貿易の推進は、リベラルな選択です。
さて、わたしはと言えば・・・完全に「保守」です。なぜなら・・・
「人が科学的にものを考える態度」にではなく、「人が神に祈りをささげる姿」に美しさを
感じるからです。科学には正解がありますが、人生に正解があるようには思えません。
リベラルな人がやりがちな、「科学的な正解としての理想」を追求するやり方では、人々を
幸福に導くことはできないと確信しています。
でも、科学を学ぶことは無意味ではありません。なぜなら、科学を学ばないと、科学の限界
を知ることもできないからです。最近話題の宗教団体にケンカを売っているわけではないが、
幸福は科学できない!「科学で死後は分からない」「科学は未来を正確に予測できない」
「科学」は、「科学」にふさわしい領域でのみ適用されるべきです。
「あなたが生きる意味を科学的に説明し、それを証明せよ!」
もし、これに解答できるようでしたら、あなたは、立派な科学原理主義者です。





2017_03_26


東芝融資、銀行の足並みに乱れ 一部地銀は引き揚げ (3月22日 朝日新聞デジタル)
原発事業の巨額損失で経営難に陥った東芝を巡り、融資する銀行の間で足並みの乱れが出ている。2016年4~12月期
決算発表を2度も延期し、損失拡大の可能性もあるためだ。大手銀行は変わらず支援する姿勢だが、一部の地方銀行では
融資引き揚げの動きもあり、東芝は株式や土地を担保に差し出して融資継続を求めている。
「これまでと変わらぬ支援を、なにとぞお願いします」。今月15日、前日に決算発表を延期したばかりの東芝は、都内の
本社で取引金融機関を集めた説明会を開き、財務担当者が融資継続を求めた。メインバンクの三井住友銀行、みずほ銀、
三井住友信託銀のほか、大手銀行や地方銀行、生命保険会社など約100の金融機関が集まった。
説明資料は前日の記者会見とほとんど同じだったが、大きく異なるのが、「資金繰り状況」と「御依頼事項」だ。
資金繰りは、現預金や融資枠を確保し、2017年度以降も1兆円超の手元資金が確保できると強調。「依頼」として、
保有するグループ企業などの株式や、工場の敷地などを新たに担保に差し出し、融資を続けることを求めた。金融機関
には3月末までの回答を要請した。メインバンクの大手行は支援継続で一致したが、地銀などからは不満が漏れた。
結局支援継続で一致できず、大手行が地銀などを説得することになった。

東芝を破綻寸前に追い込んだ「日本の病」 米国に足元を見られる理由とは?(3月21日 MONEY VOICE マネーボイス)
日本式意思決定システムの問題点
米国の企業では、企業間の交渉の際には、経営陣から「最低限守らなければならない条件」が与えられた上で、全権が
担当者に与えられます。例えば、買収の場合であれば、「最大限払って良い金額」だとか「買収後に数年間は会社に縛り
付けておくべきメンバーのリスト」などが、その条件です。担当者は、その条件の範囲内であれば、全権を持って交渉で
きます。経営陣に相談しなければならないのは、その条件を変更しなければならない場合のみです。そのため、交渉の場
で色々なことがスピーディに決められるのです。逆に、日本の場合、多くの場合、担当者は全権を持っておらず、交渉の
場で相手から出てきた要求に対する返事は「持ち帰って検討する」ことが一般的です。そんな意思決定システムを持つ
日本の会社が米国の会社を買収する場合、全権を持たない担当者は、契約の細かな条件を決める際には、単に相手の企業
と交渉するだけでなく、経営陣からの承諾を取るための「社内交渉」に大幅な手間と時間をかける必要があります。
その結果、担当者は、買収相手に対しては「買り手」でありならも、社内の経営陣に対しては「売り手」というとても
微妙な立場に自分を置くことになります。さらに、社内のコンセンサスを取るための努力をしている過程で、「買収を
成功させること」が自分のキャリアにとって重要、という状況にまで追い込まれてしまうことがしばしばあります。自分
が担当している買収を成功させるために、社内の様々な人に協力してもらって「借り」を作ってしまった結果、「今さら
後には引けない」という状況になってしまうのです。
不利な条件にも「ノー」と言えなかった東芝
東芝で、ウェスティングハウスの買収を進めていた担当者も、ある時点で、そんな立場に追い込まれてしまったのだと
思います。そもそもウェスティングハウスを買収して原発事業に乗り出すべきかどうか、そしてそれに必要な資金、
共同出資者の選択、などの大きな部分で社内調整をして経営陣を説得した結果、「今さら引くに引けない」状況にまで
追い込まれていたのだと思います。そして最後の最後になって、ショーグループが「プットオプションをもらえない限り
は共同出資はできない」と言い出したとすれば、それに東芝側の担当者が NO というのは非常に難しかっただろうことが
容易に想像がつきます。そして、なんとか買収を成功させたかった担当者は、「ショーグループが、プットオプションを
要求しているのは、万が一のための保険に過ぎません。原発産業はこれから大きく伸びるので、ショーグループがプット
オプションを行使することなど決してないので心配ありません」と経営陣を説得したのだと思います。結局は、その万が
一のこと(=福島第一原発での事故)が起こったために、ショーグループはプットオプションを行使し、東芝はさらに
1000億円超のお金を支払って、(事故の結果、事業が低迷することが目に見えていた)ウェスティングハウスの株式
を買い増さなければならなかったのです。

東芝 LNGでもリスク…最大1兆円損失 販売先探し難航 (3月8日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
米原発事業に絡む巨額損失で2017年3月期に債務超過に陥る東芝が、液化天然ガス(LNG)事業で最大約1兆円の
損失リスクを抱えている。13年に当時割安だった米国産LNGを仕入れる契約を結んだが、販売先探しが難航している
ためだ。売れなければ19年3月期から損失を計上しなければならず、経営危機に陥っている東芝への追い打ちとなり
かねない。 東芝は13年、19年9月から20年間にわたって、米国産の天然ガスであるシェールガス由来のLNGを
年間220万トン調達する契約を米企業と結んだ。11年の東日本大震災後、国内では原発の再稼働が進まず、火力発電
用のLNGの需要が急増。日本が輸入していた中東などのLNG価格は原油価格に連動しており、当時は高騰していた。
このため東芝は、当時割安だった米国産シェールガス由来のLNGを調達し、低価格を武器に、自社が製造している
火力発電設備とセットで電力会社などに販売しようと計画した。 しかし、もくろみは崩れた。原油価格は14年ごろから
急落し、中東産などのLNG価格も下落。米国産シェールガス由来のLNGの価格競争力が失われたからだ。
東芝はこれまでに、調達予定のLNGの半分以上を販売する基本合意書を結んだが、法的拘束力はなく「条件次第では
買い取ってもらえない」(広報)という。東京電力フュエル&パワーと中部電力が折半出資する「JERA(ジェラ)」
が販売先を紹介する支援をしているが、ジェラは「東芝からLNGを買い取ることはない」としている。
一方で東芝は、販売先の有無にかかわらず、19年から米企業にLNGの代金を支払う契約になっており、販売先が
見つからなければ19年3月期から損失を計上しなければならない。20年間売れない場合の損失は計約1兆円に
上ると想定している。「財務基盤が弱い東芝が、米原発事業の巨額損失に加えてLNG事業のリスクに耐えられる
のか」(アナリスト)との懸念は強く、経営の新たな火種となる恐れがある。

エリートバカ集団東芝の「嘘」には呆れるばかりですが、
経営者のバカさ加減にも愛想を尽かして
しまいます。ほとんどの従業員には何の
責任もないのに。「笑えない話」です。
豊洲問題でもそうなのですが、どんな
交渉も「結論ありき」ではダメです。
車を買うときに、「何がなんでもこの車
を買う」という態度を出してしまったら、
値引き額が小さくなるのは当然のことです。個人レベルでは誰でも知っているのに、
組織では、交渉妥結前に、経営陣(東京都の場合は知事?都の幹部?)が「結論」を
出してしまっているのです。交渉しているうちに相手もそれを理解するでしょうから、
そうなると「足元を見られる」でしょう。決裂できない交渉なんてあり得ません!
粘り強く交渉することも必要でしょうが、妥協点を見いだせないこともあるのです。
特に、最終段階で相手がゴリ押ししてきた場合、これまでの交渉の努力がすべて無に
なってしまったとしても、安易な妥協をしてはいけません。日本人は、交渉の最終
局面での裏切りに慣れていないために、海外での交渉に負けてしまうのでしょう。
原発事業において不利な契約を結んでしまった東芝は、LNG事業でも不利な契約を
結んでいるのではないかと心配されます。原発事業と同様、LNG事業においても、
リスクは既に顕在化しています。2014年には日本の天然ガスの価格は、17ドル以上
(100万BTUあたり)していましたが、現在では7.5ドルです。米国は3ドルなので、
これを輸入すれば儲かるじゃないかと思われるかもしれませんが、そうではない!
現在輸入すれば、生産2.5ドル、米国内輸送1ドル、液化3ドル、海上輸送2ドルで、
計8.5ドルはかかると推定されます。しかし、東芝は当時の価格のままで、値引き
交渉ができていないでしょうから、10ドルを越えているのではないでしょうか?
オーストラリアやマレーシアからなら7.5ドルで買えるLNGを、10ドル以上で買って

LNG国際価格の推移くれるところがあるので
しょうか?契約次第ですが。
それとも、神風が吹いて、
天然ガスの国際価格が、
これから上昇していくと
いうことでしょうか?
これはビジネスではなく、
博打ですね。

天然ガス価格の推移(月次)




2017_03_24


松本人志、「芸人終わっている」発言の茂木氏に皮肉たっぷり「センスがない」 (3月19日 ORICON NEWS)
オリコンニュース松本人志お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が19日、フジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜
前10:00)に出演。脳科学者・茂木健一郎氏の「日本の芸人終わっている発言」の話題で
松本は「腹が立たなかった」とコメントした一方で、「センスがない」を連発し、番組で使用
した写真で茂木氏が着ていたキリンの絵が描いてあるTシャツにもダメ出ししていた。 茂木氏
は2月下旬から、ツイッターで日本のテレビやお笑い文化の現状についてたびたび持論を展開。
特にお笑いについては米英のコメディーと比較し「政治・社会風刺」的な要素が足りず、多様性
がないことを指摘。「日本の『お笑い芸人』のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、
国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に『終わっている』」と述べていた。
松本は「このニュースを観た時に、全然腹が立たなかった。なんでかと思ったら、茂木さんが
全然、面白くないからなんですね。笑いのセンスが全くないから、この人に言われても刺さらない、ムカッともこない」と、
笑いを誘いながら痛烈に皮肉った。 「風刺とか、下から上の人たちに何かいうのは、笑いのとり方として一番安易で簡単なこと。
日本のコメディアンがやらないだけで、そこを言われてもなぁ」と続けた。 茂木氏はその後、ウーマンラッシュアワーの村本
大輔とネット番組で直接対話し、「俺も反省してるもん、素人のくせにこんな口出すんじゃなかったなって」と一連の発言を後悔。
これに対しても、松本は「全然おもしろくない。センスがない。脳科学的にセンスない」とバッサリ。 MCの東野幸治が
「番組に来ていただきたいですよね」と水を向けると、松本も「来てください。茂木さん自体は嫌いじゃない、ただセンスが…」
と話していた。
茂木氏、松本人志に「センスない返し、すみません」 (3月20日 nikkansports.com 日刊スポーツ)
日刊スポーツ茂木健一郎脳科学者の茂木健一郎氏(54)が、自身のお笑い批判に対するダウンタウン松本人志(53)
の反論に返答した。茂木氏の「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、
権力者に批評の目を向けた笑いは皆無」というツイートが物議を醸しているが、19日放送の
フジテレビ系「ワイドナショー」で、松本人志は「茂木さんが全然面白くない。笑いのセンス
が全然ないから、この人に言われても『刺さらなねぇぜー』って感じ」とバッサリ切っていた。
茂木氏は同日、マラソンを楽しむツイート後に「ネットニュースで『ワイドナショー』での
松本人志さんのご発言を知る。。。フルマラソンの疲労のせいだと思うけど、力が出ないので、
ちょっと横になってきます。。。」と冗談めかして発言していた。茂木氏は翌20日、松本の
当該発言を映像で改めて確認したとして「私はサンドバッグみたいでしたが、自分のことだ、
ということを置けば面白かったです。茂木だけに『M』なのかな。またセンスのない返し、
すみません」と感想をつづった。また、番組では、作家の古市憲寿氏も「批判したいなら、芸人という役割に押し付けず、
自分で批判すればいい」と茂木氏を批判していたが、茂木氏は、そちらに対しても「これまでも時々細々とはやっているし、
これからも折りにふれ試みようとは思います。何しろセンスがないので、ろくなものができないかもしれませんが…」と
コメントした。

 アップル、グーグル……これからの時代は「質問力」で決まる! 正解を出すだけなら人工知能でも
 できる。では、人間の脳はどうあるべきか。「今」を生きるあなたのための実践的脳の使い方。
 「こういうときはどうすればいいんだろう?」
 「どうすれば、うまくできるようになりますか?」
 仕事でもプライベートでも、日常生活において、私たちは自分自身や他人に対して、たくさんの質問を
 している。それこそ意識していているか、無意識であるかにかかわらず……。誰を相手にするかは別と
 して、質問をしない人はいない。また質問ほど自分を変え、世界を変えるものはないと言っても過言では
 ない。その重要性は、これからも変わらない。人工知能(AI)が発達し、人間より多くのことを成し
 遂げられるようになっても、質問する力があれば、自分の居場所を失うことはない。むしろ自分の求める
 生き方を推進し、誰にも縛られずに自由な生き方ができる。質問には、そんな秘められた力がある。
 質問はスキル。変化の激しい時代を生き抜くために最も必要なものの1つ。そう言ってもピンと来ない人
は多いかもしれない。そんな人のためにこそ、本書はある。もしあなたが質問の重要性を理解していないとしたら、本当にソン
をしている。なぜなら質問は脳の可能性を引き出すものだから。質問は脳を活性化させるだけでなく、目の前にあるさまざま
な問題を解決に導いてくれる。その力を最大限に活かしているのが、実はグーグルやアップルといった今をときめく企業である。
こうした企業は、「どうすれば今より便利になるか?」を絶えず問い続け、イノベーションを興し、世界を大きく変えるような
商品やサービスを提供し続けている。始まりは、「どうしたらいい?」「どうすればいい?」というささいな質問。そこから
問題解決のヒントを導き出し、それらを1つ1つ実践していって、大きな成果を出すに至った。彼らが質問しなければ、私たち
の生活は今よりもはるかに不便なものになっていたはずだ。質問の歴史は、人類の歴史。(中略)
質問はイノベーションを興し、問題解決に導く。それを効果的に使えるようになれば、自分を変え、ライバルがいない「ブルー・
オーシャンの世界」にたどり着ける。こんな力を使わずにいるのは、脳にとって残念なことでしかない。質問力は、ときめき力。
カウンセリング力でもあり予測力。何より現状を大きく変える力。本書は、脳科学の見地から、質問の持っている力を誰もが
実践できるように導いてくれる。自分を変えていく質問の方法、いい質問、悪い質問の違い、こんなときに使いたい質問など、
日常生活に役立つ質問が豊富な例で紹介されている。“今”を生きるあなたに最も必要な一冊だ。

質問することは重要だとのことですので、茂木氏に質問!
なぜ、日本のお笑い芸人と海外のコメディアンを比較しなければならないのでしょうか?
欧州と日本のサッカーを比較して、日本のサッカーを批判するのなら理解はできます。
同じルールで対戦するスポーツ競技とは違い、お笑いを各国同じ基準で比較すること自体
が無意味です。しかも、コメディアンの国際水準というのは何で決めるのでしょうか?
まったくもって理解に苦しみます。なぜ、お笑いに多様性が必要なのでしょうか?
日本のお笑いの素晴らしさは、「パターン化しているのに面白い」ことにあります。
多様性はないほうがいいのです。古典落語が日本のお笑いの原点ではないでしょうか。
同じネタで、同じオチで客を笑わせる。この話術、すごいです!
漫才では、毎回、新しいネタが披露されますが、「笑いの型」を持っている漫才師の
ほうが面白い。ワンパターンで、いやワンパターンがいいのです。この安心感・・・
テレビ番組なら、年末の「絶対に笑ってはいけない」シリーズ。マンネリだけど面白い。
さらに言わせてもらうと、なぜ、お笑いに権力者を風刺するネタが必要なのか?
欧米ではどうなのか知りませんが、風刺って、「笑えない」ことが多いものです。
そうでなくても物事を深刻に捉えがちな日本人にとって、権力者の批評などしたら、
空気が凍ってしまいます。あまりにもバカバカしいことだから「笑える」のです。
日本人の脳に必要なのは、真面目に考え過ぎないことではないでしょうか?
もし、「俺の人生は、おもしろおかしいことばかりだった」という人がいたなら、
これは偉人です!そのような人に、脳科学の理論は必要ないでしょう。
お笑い芸人が脳科学の理論を真剣に学んだら、逆効果になってしまいそうです。
学ばなければならないのは脳科学者のほうでしょう。謙虚に、お笑い芸人から学べば、
日本の自殺者を少しでも減らせるかもしれません。





2017_03_22


「奨学金地獄」は本当だった! 学生の2人に1人が借金の現実 (3月18日 PRESIDENT Online プレジデントオンライン)
大学の7割以上が学費の高い私立大学
大学進学にかかる経費は、学費の高騰もあって負担が増している。根本的な問題は大学教育の中心を担っているのが、国公立大
より学費が高い私立大だということだ。大学と同じく義務教育ではない高校と比べるとよくわかる。国公立高に通う生徒は、全体
の68.5%で7割近い。一方、大学はというと国公立大に通う学生は26.6%に過ぎない。7割以上が私立大に通っているのだ。これ
は学校数の差もある。高校は全国に4900校余りあるが、そのうち国公立高が73.3%だ。高校のほとんどが、学費の安い国公立だ。
だから進学率も100%近くなっている。これが大学になると、国公立大は全大学の22.5%を占めるに過ぎない。つまり、7割以上
が私立大のため、学生の学費負担が大きくなっている。学費の安い国公立大に進学できれば、出費を抑えられるが、大学数は
少なく人気で、しかも簡単には合格できない。国公立大はいずれの学部でも難易度を示す偏差値は最低でも50以上。もちろん、
最難関の東京大や京都大では70を超えるほど難しい。難関の国立大や医学部は、予備校や塾に通える資金力のある家庭の子どもが、
合格できるような仕組みになってきている。そうなってくると、大半の家庭では私立大進学がメーンになってくる。経済的に厳し
くても、大学に進学したいと子どもが言うのなら、なんとかしてあげたいと思うのが親。そうなると、奨学金を活用してと考える
ことになる。奨学金制度は大きく分けて2つある。将来、返済の必要がない給付型奨学金と、卒業後返済が必要な貸与型奨学金だ。
言い換えると「もらう奨学金」と「借りる奨学金」の2種類だ。奨学金を運営する団体はさまざまで、国や地方の公共団体、民間
の育英団体、大学など学校だ。給付型奨学金制度は私立大が数多く設けている。かつては貸与型の制度もたくさんあったが、今は
給付型に変わってきている。貸与型で返済が滞っても、大学に回収のノウハウがないことがある。給付型は入学時から活用できる
制度があるが、この場合、入試での成績優秀者に対して奨学金を給付する大学が多い。入試の成績が大学の定める基準を超え、
合格して入学すると奨学金がもらえる。授業料を4年間全額免除とか半額免除とか、授業料だけでなく、施設設備費を含めた金額
奨学金の実態を免除するなどさまざまだ。

借金してまで学びたいのか、真剣に考えよ
私立大は何校も受験でき、合格発表後に入学校
を決める。複数合格した場合、受験生や保護者
は志望が高い順に選んでいくが、合格した大学
の中で志望順位が下位であっても、給付型奨学
金がもらえる合格だからと入学してくれれば、
優秀な学生を確保したい大学の狙い通りになる。
しかし、奨学金をもらえる合格を勝ち取ったとしても、大半の受験生は入学していない。それより、奨学金はもらえないが、
第一志望である難易度の高い他大学に入学手続きを取ってしまうのだ。入学者は奨学金の募集人員を大きく下回り、奨学金
受給者は実質的には少ないのが普通だ。大手私立大の入試担当者はこう話す。
「入学してくるのは、奨学金合格者として発表したうちの1割ぐらいですが、授業料全額免除ですので入学者は国立大を蹴った
り、レベルの高い私立大を蹴って入学してきていますから、こちらの狙い通り優秀な学生が入学しています」
最近、増えているのが予約型の給付奨学金制度だ。入学を希望する大学の書類審査を受けて受給資格者になり、合格して入学
すると奨学金がもらえる。もちろん、保護者の年収制限はあるが、入試の成績は関係ない。受給資格を得られれば、安心して
受験勉強に打ち込めることになる。一方、貸与型奨学金制度の中心は国の制度だ。国の奨学金制度を運営しているのは日本学生
支援機構(JASSO)だ。その調査によると、2015年にJASSOの奨学金を受けとっている学生は2.6人に1人になるという。
大学独自の制度も加えると、おそらく今は大学生の2人に1人が奨学金を利用していることになる。JASSOの奨学金は無利子の
第一種と卒業後、有利子になる第二種がある。第二種は最大月12万円まで借りられる。もちろん、他の奨学金制度と併用も
可能だ。こうして、奨学金の額がどんどん膨らんでいく。今は昔と違い大企業でも破たんする時代だ。給与も年々右肩上がり
というわけではなく、能力給の部分も多く、思ったほど上がっていかない場合も少なくない。そのため、奨学金返済に窮する
人も出てきている。勤めたところがブラック企業で、辞めたら途端に奨学金の返済に困る人、多額の貸与型奨学金を借りて
返済できず、風俗で働く人もいるという。奨学金が払えなくなると、2人必要な親族の保証人のところに請求が行く。しかも
すぐに全額返済を求められるシステムだ。自己破産せざるを得ない人も出ている。奨学金を借りる場合、将来の返済計画が
大切になってきているといえよう。さらに、親にしても子どもの大学での成績に注意し、就職先をチェックしておくことも
必要だ。定職がないと、奨学金返済は厳しいからだ。このような奨学金制度だが、来年から国は住民税の非課税世帯を対象に、
1学年あたり2万人に対し、進学先によって2~4万円の3段階で奨学金を給付する制度を本格的にスタートさせる。同時に貸与
型奨学金も卒業後の年収によって返済を猶予したり、返済額を減らしたりする措置が取られることになる。お金があまりなく
ても、奨学金を活用して進学は可能だ。ただ、貸与型奨学金を借りれば、卒業後、返済が待っている。安易に借りるのでは
なく、借金してまで大学で学びたいのか、大学を出てどうするのか、真剣に考えて進学すべき時代になってきている。

中高私立と塾通いで3000万!?「教育費貧乏」に転落する親たち(1月26日 PRESIDENT Online プレジデントオンライン)
進学率の推移大学で学んで成長することが不可欠
高校卒業生の8割が高等教育を受ける時代になった。
高校卒業後、大学、短期大学、専門学校など、
さまざまな学校に進学する人が8割にも上っている。
高校を卒業してすぐに働く人は、およそ2割にまで
減っていることになる。表にあるように、1986年、
バブル景気の始まりの頃は、大学進学率は23.6%
で高等教育を受ける人の割合も48.7%で5割を
切っていた。それが30年の間に8割にまで増えた
ことになる。こうなってくると、親としても何とか
子どもを高校卒業後、進学させたいと思うのは
当然のことだろう。86年頃は景気がよく学費捻出
もそれほどの苦労はなかったと思われるが、バブルが弾けて不況になっても進学率は上がる一方だ。少子化ということが
大きな要因だ。その中でも大学進学率の上昇は一向に衰えない。2009年に大学進学率は50.2%となり初の5割超えとなった。
5割を超えてから伸びが鈍化しているが、2016年は52%に達している。わが子を大学に進学させようという考えは相変わらず
強い。大卒という学歴が魅力的なのだろう。例えば、現在の大企業の役員はほとんどが大卒で、しかも有名大学出身者が多い。
この人たちが進学した70年代は大学進学率が25%前後で、高校卒業生の4人に1人が大学に進学する程度だった。まだまだ
高卒で働く人が多かったが、それでも勝ち残っている人たちは大卒なのだ。これを見ても大卒の資格は強いことが分かる。
ところが、今は大卒者は2人に1人になり、大卒の意味が違ってきている。大学進学の大衆化が進み、当たり前のことになって
きたのだ。しかも日本私立学校振興・共済事業団によると、昨年、私立大の約44%が定員割れを起こしており、大学進学は
それほど難しいことではなくなってきている。つまり、大卒の資格を手に入れるのは、4年間の学費さえ払えれば、それほど
困難なことではないようになってきたのだ。入試が厳しかった1990年頃とは大きく異なってきている。このような状況に
なれば、昔のように大学生になったら将来がある程度約束され、入学後、勉強しなくても就職できたという状況が崩れてくる。
大卒という肩書では差がつかないのであれば、大学で学んで成長することが必要になってくる。今の大学生は、有名大学で
あろうとなかろうと、学生はしっかり学んでいる。出席率も高く、昔と大きく変わってきている。(後略)

借りる奨学金、つまり、これは借金です。卒業後に借りた金は返さなければなりません。
医師、薬剤師、教師、弁護士など資格が必要な職業に就くために特定の学部に行く人は、
借金をしてでも大学に行く意味があるでしょう。しかし、明確な目標を持たないまま
大学に入って、卒業後、その借金が返せますか?「大学に入ったら、何かしたいことが
見つかるだろう」と思われるかもしれませんが、結局、何も見つからないまま、卒業を
迎える可能性は低くありません。いい大学に行ったからといって、目標が見つけやすい
ということでもありません。これは今になって、はじまったことではなく、昔から大学
には「何をしたいかずっと探し中」の人がいて、卒業後もフラフラしていました。
それでも昔はどうにかなったものなのですが、今は、そのまま、社会に出られなくなる
人が増えています。日本の社会は失敗にとても不寛容で、若い人がチャレンジしにくい
環境になっていることをまず理解しておく必要があります。新卒でなければ、何をする
にも実績が問われます。嫌々でも、そのときにしかできないこともあるのです。
結論を言うと、大学に在学中、自分が何をしたいかを見つけられない人は、一生、何を
すればよいのか分からない可能性もあるということです。「いつかは見つかるもの」
ではありません。わたしは、大学を卒業してから約25年たっていますが、自分が何を
したいのか、今だに分かりません。しかし、「これじゃないな」と思っていても、収入
がなければ、奨学金の返済もできなくなってしまいます。
ちなみに、わたしは完済しました。
 そこで考えるべきなのは、自分が「耐えられないほど苦痛なもの」は
 何なのかを知っておくことです。じっくり考えてみると、目標のない
 人間は「耐えられないほど苦痛なもの」が非常に多く、それを避けて
 社会を生きることがそれほど容易ではないことが分かると思います。
 職種もかなり限定されるのではないでしょうか?そして・・・
 「耐えられないほど苦痛なもの」でないのなら、我慢することです。
 そうしないと、何もできない人間になってしまいます。
 そのうえで、「置かれた場所で咲く」以外にはありません。

青い鳥  「青い鳥」になってはいけないのです。
2016年の年末に亡くなった渡辺和子さんの言葉を借りれば・・・
〝つまずかない人生を送ることが、人間にとって大切なのではありません。
人間のこと、つまずくのはあたりまえ、ただ、その時、くじけてしまわない
ことが大切なのです。自分の愚かさに心を奪われ、我と我が身に愛想を
尽かし、やけになったり、落ちこんでしまわないことが大事です。〟




2017_03_20


若者と女性は活躍できるか“人口減社会”のサバイバル  (3月12日 毎日新聞「経済プレミア」)
 20年後の2037年はどんな世界になっているか
 --バブル経済が崩壊し、グローバル化が進んで若者の貧困は誰もが知る社会問題になりました。
 非正規雇用率は40%超えなのに、少子化で人口減少は確定している。次の20年でいったい何が
 起きるのでしょうか。いま30歳の人は50歳になります。
 藤田 現在までの少子化で、日本の人口が今後減り続けることはほぼ確定しています。そもそも、
 人口減少とは社会システムの維持が困難になること。生産年齢人口が減り、消費が減り、税収も
 減るわけですから。 このままデフレが続き、再分配のシステムが変わらず、非正規労働者が増え
 続けると、人口減少トレンドは加速します。社会はさらに縮み、格差が広がり、分断されて、今以上
 に子供を育てることが難しくなる。難しいから子供を育てようと思う人はさらに減る。あるいは、
 育てることを諦める人が増えます。 現状を放置したら間違いなく日本経済は衰退するでしょう。
 単なる貧困問題にとどまらない、未来に対する最大の危機感を持つべき時期が来たと思います。
--将来親になる人の数が減っているのだから、今後生まれる子供の数を劇的に増やさない限り、人口も増加に転じない。
しかし、子供を増やす仕組みになっていない、ということですね。どこで間違ったのでしょうか。
◆団塊世代(1947~49年生まれ)に次いで人口ボリュームが大きい団塊ジュニア(広義の意味で1970年代生まれ)
のところで、手を打たなければいけなかったのですが、何もできませんでした。 団塊ジュニアは年間200万人ほどの
ボリュームがあります。彼らが学業を終え、就職や結婚、出産に臨もうとした時期は、バブル崩壊後の「失われた20年」
と重なります。就職できなかった人、社会的経済的不安から結婚できなかった人、子供を作らなかった人が大量に発生し、
2000年代前半に起こるはずだった「第3次ベビーブーム」は、結局起きませんでした。 バブル崩壊後、政府は労働者
派遣業の規制を緩和し、企業は非正規雇用を増やしました。その結果何が起きたか。低賃金労働者が増え、所得格差が
広がりました。子供を増やすのではなく、減らす政策。企業を生かそうとして将来の人口を減らしてしまったのですから、
失政と呼んでいいでしょう。
今の社会で女性は本当に活躍できるのか
--労働力確保のために、女性活躍推進が宣伝され、移民受け入れも検討されています。
◆昨年の「保育園落ちた日本死ね!」ブログの通り、待機児童は減らず、子育て環境は良くなっていません。しかし、仕事
に就いて家事育児介護もやれ、という今の仕組みで、女性が活躍したがるとは思えません。 他の先進諸国のように移民
を受け入れ、語学と職業訓練を提供して、労働市場に押し出していくことも現実的な政策の一つとは思いますが、日本が
彼らに提供する労働環境や賃金が、彼らにとって魅力的なものかどうか分かりません。 日本でも外国人への偏見や排外
主義が高まっています。実習生制度が不十分で、賃金差別もあります。それを改善しないまま、簡単に定着してくれるとは
思えません。予想以上に日本は働きにくい、住みにくいと思われるでしょう。
--常に政策が後手後手ですね。
◆専門家ですら予想が立てられないほど人口減少と高齢化の速度は速く、高齢者の寿命の延びが著しい。急速に成熟しながら、
人口が減り、衰退していく可能性が高く、あらゆる社会システムの専門家は強い危機感を持っています。だから今こそ、社会
システム維持のために思い切った意識改革と政策転換が必要なのです。 今後、企業が非正規雇用を減らすとは思えません。
むしろ、正規雇用の賃金を下げ、平準化を目指すのではないでしょうか。もしそうであるなら、社会保障をさらに充実させ
なければいけません。 どんな雇用形態であっても子供をちゃんと育てられるようにする、教育を受けさせられるようにする、
介護と医療をちゃんと受けさせられるようにする仕組みに転換して、今と将来への安心感を提供する必要があります。(後略)

 地方は結局「若者」を排除して自ら衰退する
  「若者に活躍してほしい」は、ほとんど口だけ 
(3月15日 東洋経済オンライン)
 地方の「上の世代」は若者を積極的に受け入れていない
 そもそも「地方から若者がいなくなる」などということは、新しくも何ともありません。若者がいなく
 なる原因については、「大学も含めて、東京にはさまざまな機能が集中しているから」「地方は相対的
 にインフラが貧弱で不便だから」「経済力が劣っており金融面でも不利」など、構造的な要因がいくつも
 あります。しかし、それだけではないのです。従来、地方を担ってきた上の世代が、若者を積極的に受け
 入れてきたのかといえば、そんなことはありません。自分たちの言うことを聞かない若者、自分たちの
 理解できない感性をもっている若者をないがしろにし、多様性を排除してきた結果、地域のさまざまな
 組織が社会変化に対応できなくなり、衰退が加速している側面が強くあります。全国でまちの再生に携わ
 っていると、たとえば商店街の重鎮などが「いやー、うちのまちは閉鎖的で」などと、自虐的に話しかけて
きたりします。しかしながら、私はかれこれ20年近く、さまざまな地域の再生にかかわっているからわかるのですが、閉鎖的
でない地域など、見たことがありません。全国津々浦々の人が何気なしに「うちのまちは閉鎖的だから……」と言うとき、それは
「閉鎖的なことはその地方の伝統的なもの」であり、「排除している自分たちには直接的な責任はない」と肯定しようとしている
にすぎないと私は思っています。何よりも重要なのは、排他的な地域をこれから変えられるか否かは、「今そこにいる人達次第」
ということです。もし過去からの流れをまったく変えずに、力のある若者を排除していくと、その地域の未来に必要な「リーダー
シップ人材」「サポート人材」「イノベーション人材」の3つを失っていくことになります。一つひとつみていきましょう。
「うちのまちには”いい若者”がいない」は、ウソ
まずは、「リーダーシップ人材」です。全国各地で、地元のさまざまな組織の上役は、口をそろえてよくこう言います。「いやー、
うちのまちには”いい若者”がいなくて……」と。しかしながら、本当にそうかと言われれば、大抵の場合は間違っています。とある、
残念な地方都市の商店街に行った時のことです。「若い世代に世代交代したいが、いい若者がいない」と例のごとく言われる年配
の会長さんがいらっしゃいました。「いやー、そんなことはないでしょう。ほら、地元に〇〇〇〇さんという、魅力的な居酒屋
を全国区で展開している人がいるじゃないですか! 彼みたいな商売上手な人に、次の世代の商店街を担ってもらえればベスト
ですよ」とお話すると、「アイツは俺の話を聞かない。商店街の活動にも消極的だからダメだ」と言うのです。
そりゃあ、衰退する商店街の事業なんて、大抵は駄目な取り組みばかりで、賢い事業者ほど、かかわりません。成果の出ない
取り組みを延々と繰り返しているわけですから、全国区の居酒屋のトップが、そんな人の話を聞かないのも当然です。(後略)

都道府県別人口増減率

年齢区分別人口の推移様々な地方を知っているわけではないので、
断定的なことは言えないのですが、どこの
地方も似たようなもので「保守的」なのでは
ないかと思います。はっきり言ってしまえば、
地方の「上の世代」はこのままがいいのです。
企業の内部留保と同じで、「上の世代」は
自分の財産を何かにつぎ込みたくないのです。
やればやるほど損をする時代ですから、過去
の蓄積を吐き出さないことが大切なのです。
地方が「革新的」だったことなど過去にも
ありません。ただ、昔は、都会のあぶく銭が
地方にトリクルダウンしていたから活気があっただけです。それと、人口が増えていたことが
大きな成功要因になっています。「地方が何かをした」ことなど今も昔もないのです。
今でも、お国からいかにお金を引っ張ってくるかが、地方の役人の重要な仕事ですから、
分配政策を強化すれば、地方はさらに「受け身」になるでしょう。
若者を排除するから地方が衰退しているわけではありません。衰退しているから、若者に
仕事がないだけのことです。新しい仕事が生まれないのであれば、ルーチンワークを若者
に回すより、これまでどおり、熟練に任せておいたほうがよいのは当然のことと言えます。
ただ、都会の人は誤解されているかもしれませんが、地方(中核都市)にいるからといって、
消費者としての不便はありません。大型ショッピングセンターには車で行けばいいし、ネット
ショッピングしても宅急便が来ないなんてことはありません。そのうえ、痛勤電車に悩まされ
ることもありませんし、家賃や物価は安いし、治安も空気もいい。そして静か・・・
しかし、とにもかくにも、活気がない!街に変化がない!いや、実は変化している。
店がつぶれたり、空き家が増えたり・・・新しい店かと思ったら、またも葬儀場だったり。
わたしが地方に暮らす理由はただひとつ。「小さい頃からずっとここにいる」からです!
他人のことを「保守的」だなんて言える立場ではありませんでした。





2017_03_18


大学進学、東京志向 新幹線延伸で身近に 北陸 (3月14日 産経WEST)
平成27年に金沢まで延伸開業した北陸新幹線の沿線で、進学先に東京など関東の大学を選ぶ傾向が強まっている。開業前
は金沢から東京まで約3時間50分かかっていたのが、新幹線一本で約2時間半に。教育関係者は「帰省しやすいなど東京
が身近になった」と分析している。文部科学省の学校基本調査によると、富山、石川両県から28年に、沿線の長野、群馬、
埼玉、東京に千葉と神奈川を加えた関東方面1都5県の大学へ進学したのは2千人超。開業前の26年と比べ、150人近く
増えた。これに対し滋賀、京都、大阪、兵庫の関西方面2府2県への進学は、26年は1500人を超えていたのに28年
には約90人減った。福井も加えた北陸3県では従来、関西への進学が多かったが、28年は関東方面が関西方面をわずか
に上回った。富山予備校(富山市)の松沢正進学推進部長は「多くの大学がある首都圏は元々選ばれやすい素地がある。
心理的な距離感も近くなり、親も安心できるようになった」と話す。一方、地元大学も沿線での学生集めに力を入れる。
富山県立大は今年から長野市で入試を実施。富山大や金沢大も沿線の高校や生徒を対象にした説明会を増やした。
富山大の伊藤文雄入試課長は「流出への危機感はあるが新幹線開通はチャンスでもある」と強調した。

東京へ向かう人口の流れ東京一極集中続く 転出超過、兵庫がワースト2位
(1月7日 神戸新聞NEXT)
人口減少社会に突入した日本。地方は人口流出も
相まって疲弊の一途をたどる。一方、人口の東京
一極集中は依然として続く。2015年の住民
基本台帳人口移動報告(総務省統計局)によると、
東京都の日本人人口社会増(転入超過)は
8万1696人増。埼玉、千葉、神奈川の3県を
加えた東京圏でも計11万9357人増だった。
兵庫県は7409人減で、北海道の8862人減に
次ぐワースト2位。大阪府は2296人増だった
ものの、兵庫、京都、奈良の3県を加えた大阪圏
では9354人減で、名古屋圏(愛知、岐阜、三重)とともに3年連続の減となった。人口の動きをさらに細かく分析する
と、より傾向が際立つ。東京圏内でも、千葉から東京への転出超過は4584人、神奈川からも6191人。都内でも、
23区外から23区内への転出超過は2805人に上る。つまり、人口は地方から都市へ、都市から大都市へ、大都市
の中でもより都心へと動く。兵庫県も、大阪府への転出超過が2240人に上る一方、沖縄県を除く兵庫以西の全県
から転入超過となっている。高度成長期は東京、大阪、名古屋圏が転入超過だったが、1980年代以降は東京圏のみ
が人口を吸い寄せる。2020年の東京五輪に向け、今後も人口の東京集中が続きそうだが、その弊害は以前より深刻さ
を増している。日本の自然増減(出生数と死亡数の差し引き)が減少に転じた07年以降、地方の人口減少は加速し、
活力を失いつつある。政府は地方の人口対策を財政支援するが、地方分権改革を含む抜本改革を求める声も強い。

三大都市圏への移動日本人が「移動」しなくなっているのはナゼ?
地方で不気味な「格差」が拡大中

(2016年5月11日 現代ビジネス)
地方から出ることをためらう人びと
現在の「地方創生」の声の賑やかさには、
これまでにない特徴がある。地方都市の
「消滅」に対する危機感があおられ、巨額
の税金がそれを回避するという名目で地方に
投入されている。しかしその一方で、地方を
居心地のよい場所とみなす声も少なくない。
(中略)現在の賛美の声において興味深いのは、
地方が理念的にもちあげられるだけではなく、集団的な「移動」の変容というかたちで、地方への固執が実際に確認
されることである。たしかに地方に向かうUターン、Iターンの動きが大きくなっているわけではない。しかし地方に
入ってくる人が減るのに応じて、地方からの転出者も少なくなっていることが確かめられる。たとえば左のグラフは東京、
中京、大阪の三大都市圏に移動した人口を示したものである。長期的にみれば移動者は1970年に158万人を記録して
以降、70年代、また90年代なかばや00年代末に目立って減少し、2011年には最盛期の半分の79万人にまで減っている。

転入超過が続く世田谷区東京へ一極集中、続く 人口転入超過、新人気
エリアも
 (2月15日 朝日新聞デジタル)
総務省が1月末に公表した住民基本台帳に基づく
2016年の人口移動報告で、東京都は20年連続
の転入超過となった。転入が転出を上回る超過数
は7万4177人。依然、東京への「一極集中」が
進んでいる。超過が多い区市を見ると、都心回帰
が続く一方、新たな人気エリアも登場している。
(中略)都内の自治体別では、世田谷区が5841
人で2年連続の超過数トップ。区によると都内や
近県からの転入が多い。以前は学生が目立ったが、
いまは卒業後の20代半ばが目立ってきたという。出産数が死亡数を上回る「自然増」も年1500人程度で推移し、
人口は90万人に迫る。「年代が偏らず、まんべんなく増えている」と保坂展人区長。

北陸では、関西よりも首都圏の大学へ進学する傾向が強まっているようです。これは
北陸新幹線の影響でしょう。しかし、近年の最も顕著な傾向は、地元志向でしょう。
「地元を離れたい派」が比較的多いと言われる北陸でも、地元志向が強まっている
のではないでしょうか?自宅から大学に通うのでも大きな出費です。下宿生になれば、
家賃がかかります。都会の大学であれば、どんなにケチっても4万円以上にはなります。
当然、食費もかかります。洗濯やトイレの掃除だって、自分でしなければなりません。
そして、その努力の結果、得られるものとは何でしょうか?大学に入学するときには
あまり考えないかもしれませんが、社会人になっても、通勤時間があまりかからず実家
から通える人間は圧倒的にラクな生活ができます。このデフレ時代、収入を増やすこと
を考えるより、支出を減らす方法を考えたほうが賢明です。明確な目標を持っていない
人間にとっては、消極的に行動したほうがトクなのです。夢のない話ですけどね・・・
さて、ではなぜ、日本のなかで首都圏だけ、首都圏のなかでも東京だけ、東京のなか
でも、より都心に近いところに人口が集中しているのでしょうか?
東京一極集中の理由は様々あって、何が決定的な要因であるのかは分かりませんが、
個人的には、東京にはビジネスチャンスが多いからだと思っています。地方でも商売は
できると思われるかもしれませんが、ビジネスとビジネスをつなぐビジネスというのが
地方ではほとんどできません。地方では、モノやサービスを提供して、顧客に直接売る
ビジネスがほとんどです。人と人をつなぐ、組織と組織をつなぐ、ビジネスとビジネス
をつなぐ仕事が大きな付加価値を生む時代にあって、東京以外のどの地域で活躍しろ
というのでしょうか?東京でしかできない仕事を地方に移転させることはできません。
東京在住のかたには、是非、ビジネスチャンスを事業の拡大・発展につなげられるよう、
頑張ってもらいたいものです。        ~万事やる気が出ない田舎住人より~




2017_03_16


安倍首相、追悼式で「原発事故」言及せず 際立つ秋篠宮さまとの「差」(3月12日 J-CASTニュース)
東日本大震災の発災から丸6年を迎えた2017年3月11日、安倍晋三首相は政府主催の追悼式に出席し、式辞を述べた。
2012年から毎年行っている首相式辞だが、今回は「復興加速」を強調。だが、初めて「原発事故」の文言が使われなかった。
一方で、秋篠宮さまのお言葉では「放射線量」に言及。両者の違いが際立つ形になっている。
安倍首相「復興は着実に進展していることを実感」
安倍首相は冒頭「衷心より哀悼の意をささげます」と追悼すると、復興の状況に言及した。
“「被災地に足を運ぶたび、震災から6年を経て、復興は着実に進展していることを実感します」“
インフラ復旧や住宅再建、福島での避難指示解除に触れ、「復興は新たな段階に入りつつあることを感じます」。被災地域の
人々をはじめ、日本国内外からの支援を受け、「関係するすべての方々の大変なご尽力に支えられながら復興が進んでまいり
ました」と、ここでも「復興」の言葉を使った。被災者について「今なお12万人の方が避難され、不自由な生活を送られて
います」と困難な状況が続いている点にも触れていた。
ただ、12年に野田佳彦首相(当時)、13~16年に安倍首相自身も触れていた「原発事故」については、今回は言及がなかった。
秋篠宮さまは「放射線量」に言及
これに対して、追悼式でお言葉を述べた秋篠宮さまは、「避難生活が長期化する中で、年々高齢化していく被災者の健康や、
放射線量が高いことによって、いまだ帰還の見通しが立っていない地域の人々の気持ちを思うと深く心が痛みます。困難な状況
にある人々誰もが取り残されることなく、平穏な暮らしを取り戻すことができる日が来ることは、私たち皆の願いです」と言及
している。(後略)

小泉純一郎元首相「どうかしている。発想がわからない」 安倍晋三政権の原発輸出政策を批判 (3月10日 産経ニュース)
小泉純一郎元首相小泉純一郎元首相は8日付でインターネット上に配信された情報サイト
「AbemaTV」のインタビューで、安倍晋三政権が成長戦略の柱に掲げる
原発輸出について「どうかしてる」などと批判した。小泉氏はインタビューで
「原発に頼らないで太陽、風、地熱、水力、潮力、さまざまな自然エネルギー
を使って経済発展させるほうがはるかに安全でいい国になる」と述べ、
原発ゼロの持論を展開。その上で、原発輸出について「どうかしてるよ。安全で
もないのに。その発想がわからない」と非難した。安倍首相が原発政策を変更
する可能性について「もうここまで行っちゃってるんだから無理だろう」と指摘。
首相に原発政策の転換を促したと明かした上で「(安倍首相は)苦笑してるだけ
だった。反論はしてこない。安倍さんも信じちゃってる」などと述べた。一方、自民党の半数程度が内心では小泉氏の持論に
賛成しているとした上で「首相が『やる』といえばできる。国民だって支持する。(小泉氏が断行した)郵政民営化よりも
原発ゼロの方が簡単だ。郵政民営化は全政党反対だったんだから」と主張した。

韓国原発事故シミュレーション韓国の原発銀座で惨事なら
「西日本の大半避難」の推定

(3月7日 朝日新聞デジタル)
原発の重大事故で、西日本の大半が
避難を余儀なくされる――。そんな
計算結果が、ひそかに関心を集めて
いる。日本の原発が舞台ではない。
海を挟んだ隣国、韓国での原発事故
を想定した話だ。
■韓国人の学者が警鐘
シミュレーションをしたのは、韓国
人の核物理学者で現在、米ワシントン
韓国釜山にある古里原発のシンクタンク「天然資源防衛委員会」(NRDC)の上級研究員を務める姜政敏
(カン・ジョンミン)博士(51)ら。カン博士が昨年10月末に韓国で発表し、
その後も日韓での核問題関連の集会で警鐘を鳴らしている。国際会議で来日した
カン博士に話を聞いた。カン博士らがシミュレーションの舞台に選んだのは、韓国
南東部、釜山市の海沿いにある古里(コリ)原発だ。古里は、軍出身の朴正熙
(パク・チョンヒ)独裁政権時代の1978年に1号機が完成した韓国最古の原発。
韓国内で商業運転する25基のうち7基が海沿いに並ぶ、韓国最大規模の「原発
銀座」だ。ここでは原発の運転で生じる「使用済み核燃料」を、各原子炉に隣接
する貯蔵プールで冷却、保管している。しかし、使用済み核燃料はどんどん増えており、間隔を詰めて「密集貯蔵」している。
このうち古里3号機には、韓国の原子炉別では最も多い818トン分の使用済み核燃料(2015年末)が貯蔵されている、と
される。貯蔵プールが手狭になった1、2号機の使用済み核燃料も移送され、3号機で保管しているためだという。
カン博士はこうした貯蔵方法の危険性を指摘する。もし災害やテロなど、何らかの原因で電源が喪失し、使用済み核燃料を冷やす
機能が失われ、温度の急上昇で火災が起きたらどうなるのか。博士らは、この3号機の使用済み核燃料プールで冷却機能が失われ、
燃料プールの水位の低下で使用済み核燃料がむき出しになって火災が起き、さらに建屋内に水素ガスが充満して爆発した事態を
想定。使用済み核燃料に含まれる放射性物質セシウム137が次々と気体化して大気中に放出された場合、どのように拡散するか
を検討することにした。15年1月1日に事故が発生したとし、それから1週間の実際の天候状況や風向き、風速などをもとに
セシウム137がどのように拡散し、地表に降下するかをコンピューターで計算。放射線防護に関する国際基準などをもとに、
避難を余儀なくされる地域の面積と人口、さらにセシウム137の半減期にあたる30年を超えても避難し続けなければならなく
なる地域を算定した。その結果、明らかになったのは、最も大きな被害が予想されるのは、原発事故の当事国である韓国ではなく、
日本になるということだ。韓国では最大54000平方キロメートルが避難対象地域になり、最大2430万人が避難を余儀なく
される。これに対し、日本では最大67000平方キロメートルが避難対象地域になり、最大2830万人が避難を迫られる、
というシミュレーション結果が出た。被害は南北軍事境界線を挟んだ北朝鮮や中国など広範囲に及ぶ。セシウム137の半減期
である30年が過ぎても引き続き避難したままとなるのは最悪の場合、韓国では1900万人、日本は1840万人、との計算
結果が出た。(後略)

福島第一原発と同程度の原発事故が韓国で起これば、放射性セシウムの日本への拡散により、
住民が避難しなければならなくなるかもしれません。セシウムはナトリウムやカリウムと同じ
アルカリ金属ですから、周囲の水蒸気と反応してすぐに水酸化セシウムになります。これは
強アルカリですから、酸と反応すれば塩(えん)になります。水酸化物であれ、塩であれ、
水に容易に溶解します。福島第一原発の場合、大量に放射性物質が漏れはじめたのは、
地震、津波があって3日以上たった3月15日0時頃です。放射性物質の大半がこの日に集中
しています。この放射性物質は主に2号機からのもので、ベントに失敗して格納容器から直接、
放射性物質が放出されたためと考えられています。蒸気逃がし弁がまともに機能していれば、
蒸気は圧力抑制室内の水で冷やされ液化されるはずですので、セシウム化合物は水にトラップ
されていたでしょう。2号機ではそうならなかったということですから、蒸気逃がし弁は機能
せず、格納容器が破損して、高圧状態の水蒸気とともに放射性セシウムが直接、大気中に放出
されたのではないでしょうか?(だから圧力が下がった)。真相はいまだに闇のなか・・・
15日に大量放出された放射性物質は、はじめは南向きの風に乗って関東地方へ拡散しましたが、
午後には北西への風に変わり、夕方に降り出した雨により土壌に降下し、原発から北西方向へ
延びる帯状の高濃度汚染域をつくり出しました。つまり、30キロ圏内かどうかなどほとんど
意味がなく、放射性物質が大量漏洩したときの風の向きと強さ、そして、雨の降るタイミング
によって、運命が決まることになります。日本が原発を推進している状況では、韓国に原発を
やめさせることなどできません。まずは日本が原発をやめて成功例を示すことこそが、最大の
安全保障になるでしょう。





2017_03_14


シリウス

携帯に届いたメール『ありがとう』――被災地での「霊体験」を初告白。遺族たちはこうして絶望から救われた
(3月10日 デイリー新潮)
 「誰にも話せませんでした。死んだ家族と“再会”したなんて……」
 未曾有の大震災から今年で6年――。被災地の遺族たちからは、不思議な体験談が聞こえてきた。
 最愛の家族や愛しい人が大津波で逝き、絶望にまみれた日々を送ってきた遺族たち。その日常の中で、
 突然起きたのは「霊体験」としか表現できない“死者との再会”だった。その不思議な体験で、遺族
 たちの心は絶望から救われることになったという。ノンフィクション作家の奥野修司氏は遺族たちを
 訪ね、〈今まで語れなかった。でも、どうしても伝えたい〉という、噴き出す思いを取材して歩いた。
 岩手や宮城など被災地に3年半以上も通い続け、「霊体験」のひとつひとつを丹念に何度も聞き続け、
 検証し、選び出し、記録してきた。その記録は単行本『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊
 体験を聞く』として2月に刊行された。奥野氏が聞いた遺族たちの告白をいくつか紹介してみよう。
 ●火葬後に妻娘からの『待っている』『どこにも行かないよ』
宮城県亘理郡で被災したある男性は、妻と2歳にも満たない次女を津波で一度に喪った。震災から10日あまりで遺体が見つかり、
やっと弔いの火葬ができた夜のことである。
「夜中に目が覚めると目の前に二人がいたんです。マスクをしてしゃがんだ妻に寄り添うように、娘が僕に手を振っていました」
夫は目を覚ましたが、瞼を閉じても妻娘の姿は見え続け、泣きながら「おいで、おいで」と声をかけたという。その後も、夫が
寝ているときに妻はあらわれ、『戻りたい』『いまは何もしてあげられないよ』『どこにも行かないよ』『待っている』と語り
かけてきた。この邂逅が、夫には生きていく心の支えになっているという。(中略)
●被災者の2割におよぶ「霊体験」
これらのケースは、奥野氏が聞き取った遺族たちの告白の一部である。 奥野氏は、がん治療についての著作もあるなど、極めて
科学的な視点をもつ作家で、幽霊は信じていない。だが「霊体験」に関心を持ったきっかけは、在宅緩和ケアのパイオニアと
して宮城県で2000人以上を看取った医師(故人)を取材する過程のことだった。医療の現場で自身の患者の約4割が「お迎え」
を体験することを知る、その医師は、奥野氏に「お迎えと同じだよ。きちんと聞き取りをしたほうがいい」「被災した人の2割
東日本大震災から6年_仙台が(霊を)見たという話もある」と、
取材を薦めた。当初はためらった
奥野氏だったが、その医師は、末期の
がんで余命いくばくもなく、最後の
言葉に背中を押され、「死者と生者の
物語」を聞くという旅に出たのだった。
度重なる聞き取りを行い、妄想や
虚言を排した、実名で“告白”された
「死者と生者の愛の物語」が、奥野氏福島県浪江町_浪江
の優しい筆致で伝えられる。
「霊体験」とは遺族たちにとって、
“奇跡と再生”につながる、“かけがえ
のない体験”だったことが、いま、
明らかになった。




不思議な体験の真偽を問うつもりはありませんが、霊がしたことではないでしょうね。
「お迎えは特別な現象ではなく、人が死んでいく過程で起こる自然現象と考えたほうがいい」
のかもしれません。でも実際は「霊がお迎えをしている」のではなく、死期が迫ってくると、
「霊がお迎えをしているように感じる」のではないでしょうか?
永遠にそばにあり続ける魂を「感じる」ことは、永遠にそばにあり続ける魂が「実在する」
ことを意味しているわけではないのです。でも、必ずしも、「実在しない」から「幻想」と
いうことではありません。霊魂を感じることや死期を悟ることは現実にあるのです。
ある人が「わたしは幸福だ」と言ったら、それは幻想だと言えるでしょうか?そんなことは
ありません。本人が本心で幸せだと言っているのなら、それは真実なのです。人間が感じる
ことは、物理的に存在するものばかりではありません。2人がいくら愛し合っているからと
いって、「愛」が物理的に存在しているわけではないのです。霊体験は、体験している側が
生み出しているもので、外部に存在する霊がいるわけではないでしょう。体験が事実だと
しても、体験したモノが実在するとは限らないのです。主観的真実とはそんなもんでしょう。

震災当日の星空ところが、多くの人が同じ体験を
したとなると、単なる「気のせい」
ということにはなりません。
つまり、個別の霊体験については
単なる個人体験であるとしても、
「霊魂を感じる」という人間が持つ
特性には、それなりの普遍性がある
ように思われます。特に、古代人は
「霊魂を感じる」ことを、日常的
体験としていたのかもしれません。
星空を見上げたとき、古代人は物質的な星の背後に「霊魂を感じた」のではないでしょうか?
震災直後にも見えたであろう、夕日が沈んだあと南の空に輝くシリウスを眺めながら・・・
「御霊よ安らかなれ」






2017_03_12


惑星からの恒星トラピスト1の眺め【解説】地球に似た7惑星を発見、生命に理想的
(2月23日 ナショナルジオグラフィック日本版サイト)
太陽系から近いことが地球外生命の研究を前進させる
太陽系からわずか39光年の距離にある恒星トラピスト1の周りを、7つの
岩石惑星が周回していることが確認され、科学誌『ネイチャー』に発表
された。これらの惑星は、大きさが地球と同じくらいで、表面には水だけ
でなく生命さえ存在できるかもしれない。 7つの惑星はいずれも、恒星
から非常に近い軌道を公転しているため、どの惑星からもほかの惑星の
姿を見ることができる。空に見える姉妹惑星は、あるときは三日月の
ように、またあるときは地球から見える満月の2倍近い大きさで輝いて
いるだろう。「本当に美しい眺めだろうと思います」と、今回の論文
執筆者の一人、英ケンブリッジ大学のアモリー・トリオー氏は言う。 太陽系外惑星はこれまで数多く見つかっているが、一つの惑星系に
属する惑星の数は今のところ7つが最大。今回のトラピスト1惑星系のほかにもいくつかが知られている(ちなみに太陽系の惑星数は8つ)。
太陽系のすぐ近くでこうした惑星系が見つかったということは、地球型惑星の数がこれまで考えられていたよりもはるかに多いだろうと
考えられる。 今や、トラピスト1惑星系は、地球外生命を探るのに最適な場所の1つになった。理由の1つは、惑星と主星(恒星)の
相対的な大きさが生命の誕生に理想的であること。もう1つは、この惑星系の位置が太陽系から近いため、惑星の大気を調べることで
生物が呼吸した痕跡を検出できる可能性があることだ。 NASAのナタリー・バターリャ氏は、「この手のニュースは聞き飽きたという
人は、研究の主眼が以前とは変わってきていることを理解する必要があります。以前は、生命が住むのに適した地球型惑星を発見する
こと自体が目標でしたが、銀河系ではこうした惑星は比較的よく見られることがわかってきました。今の目標は、大気を詳しく調べら
れる程度に近くの惑星を探すことなのです」
トラピスト1の7つの惑星の軌道驚くべき発見が相次ぐトラピスト1惑星系
トラピスト1という名前に聞き覚えがある人もいるだろう。科学者たちは
近年、チリ、モロッコ、南アフリカなどにある望遠鏡を使ってトラピスト1
とその惑星を観測していて、1年近く前から、この惑星系に関する驚くべき
発見を相次いで報告しているからだ。 2016年5月には、この星の周りに
少なくとも3つの惑星があることが明らかになり、そのうちのいくつか
は地球程度の大きさで生命が居住できるかもしれないとされた。さらに
7月には、米マサチューセッツ工科大学のユリアン・デ・ウィット氏が、
2つの惑星について詳細な観測結果を発表し、地球や金星のような密度の
高い大気がある可能性を示した。今回、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡
で20日にわたって惑星系を観測した科学者たちは、トラピスト1の周りに
さらに多くの惑星を発見し、確認することができた。トラピスト1は、太陽
の質量のおよそ8%、明るさは1000分の1程度しかないM型矮星で、銀河系
ではよく見られるタイプの星だ。7つの姉妹惑星は、その弱々しい光の
大部分を赤外線の形で浴びている。人間はこれを熱として感じることは
できるが、目で見ることはできない。赤外線で観測を行うスピッツァー
宇宙望遠鏡をトラピスト1に向けると、その明るさに1つのパターンが
見えてきた。トラピスト1からの赤外線は、星の周りを回る惑星が手前を
横切るたびに周期的に暗くなるため、明るさの減少は惑星の存在を示して
いる。科学者たちは、この現象を利用して7つの惑星の存在を明らかにした。
2016年に発表された地球サイズの惑星の数は3だったが、精査の結果、3つの「惑星」の1つが複数の惑星であることが判明した。
最終的に、この星の光から7つの惑星を見つけ出すことができた。(中略)
トラピスト1hの軌道はよくわかっていないものの、トラピスト1e、1f、1gの3つの惑星は、まさにハビタブルゾーン(生命が生きら
れる領域)にあるようだ。残りの惑星も、内部構造と大気の条件によっては、生命が存在できるか、少なくとも、表面に水が溜まり、
流れられるような温度になる可能性がある。 地球に似た太陽系外惑星を探す科学者たちは、最近まで、太陽に似た星の周りを集中的
に探っていた。けれども、今回のような発見は、小さくて暗い恒星の周りにも地球に似た惑星がある可能性を示している。 (後略)

銀河系内に高度な文明をもつ惑星が存在? (2016年1月13日 ナショナルジオグラフィック日本版サイト)
地球外知的生命が「球状星団」に存在しうるこれだけの理由
地球外知的生命による通信電波を探している天文学者は、少し意外な場所を覗いてみるといいかもしれない。恒星が互いの重力で
球形に集まった天体「球状星団」だ。 球状星団には恒星が密集していて、惑星がほとんどないように見える。だが、米ハーバード・
スミソニアン天体物理学センターのロザンヌ・ディ・ステファノ氏は、2016年1月6日に米国天文学会で発表を行い、ここに非常に
長い歴史をもち、高度に発達した文明が存在する可能性を指摘した。(中略)
文明をもつ惑星の条件
球状星団内に惑星が存在しているとしたら、そこは安全で快適な場所だろう。ほとんどの星は小さくておとなしく、穏やかな死を
迎えると予想されている。今にも超新星爆発を起こそうと荒れ狂っているような巨星は1つもないのだ。 古く安定した恒星集団の
中で生まれた惑星は、何十億年も存続することができるだろう。生命が誕生して高い技術を発達させるには十分な時間だ。文明の
寿命の長さと恒星間の距離の近さを考えると、知的生命体が星間旅行をして居留地を築いている可能性もあると、ディ・ステファノ
氏は語る。 球状星団の中で高度な技術力をもつ生命体が進化したら、彼らはお互いに連絡を取り合うだろう。地球から最も近い
恒星であるケンタウルス座アルファ星にさえ、光速で送信されるメッセージが届くまでに約4年かかる。だが、球状星団の中なら
1カ月ほどで届くだろう。星間旅行にかかる時間も短い。おそらく、地球からケンタウルス座アルファ星に探査機を送り込む時間の
100分の1もかからないはずだ。 では、球状星団の恒星間の距離が近すぎる場合はどうか。近くを通りかかった恒星のせいで惑星
の公転軌道が乱れて星間空間に押しやられ、惑星上の生命を死滅させてしまうのではないだろうか?
その可能性を検討するため、ディ・ステファノ氏は、インド・タタ基礎科学研究所のアラク・レイ氏とともにシミュレーションを
行い、生命をはぐくむ惑星が生き残れそうな球状星団内の場所を探した。その結果、惑星が恒星から1000天文単位(太陽から
地球までの距離の1000倍)離れていれば、近さの点でも遠さの点でもちょうどいいことが明らかになった。 つまり、これらの
惑星は、近くを通り過ぎる恒星に押しやられず、同時に、隣の惑星系を訪問できるぐらい近いのだ。 ディ・ステファノ氏は、地球
外知的生命体探査(SETI)の研究者たちと意見を交わすべく、銀河系内で地球外生命体の通信を傍受すべき領域のリストを作成
している。「地球外知的生命を探す場所として、球状星団は良いターゲットなのです」と彼女は言う。

129光年離れた惑星系人間が行くことのできた星は、今のところ、月
だけです。光なら地球から月まで1秒あまり。
太陽の光は約8分で地球に到達します。海王星
までなら4時間程度です。太陽系を球状に取り
巻いていると考えられるオールトの雲を抜け出す
のに、1.5年くらいはかかると言われています。
最も近くにある恒星のプロキシマ・ケンタウリ
までが4.2年(つまり、4.2光年離れている)。
仮に、ボイジャー1号がこの星に向かったと
しても、8万年はかかる計算になるそうです。
銀河系の中心までが28000光年ですから、太陽系から39光年の距離にあるトラピスト1は
まさにご近所です。太陽系の近くでも生命のいそうな適地がいくつも見つかるのですから、
銀河系のなかで生命のいる星が地球だけとは到底、思えません。問題は「どうやってその
星を見つけるか?」です。生命とは言っても、わたしたちが想像することもできないような
生物が存在しているのかもしれません。地表に水(液体)、大気に酸素がある惑星を見つ
ければ、必ず生物がいるということでもありません。宇宙には多くの水が存在しますから、
それが宇宙線などの高エネルギー線で分解されて水素と酸素になり、軽い水素だけが
揮散したということだって考えられるからです。水や酸素がなくても、星全体ではなく、
生存可能な狭い範囲にだけ生物の生息している星が存在する可能性もありそうです。
恒星からの光がほとんど到達しない冥王星のような星でも、熱水のわき出ている場所が
確認されれば、生命が存在する可能性は十分にあります。熱があれば、何らかの形で、
生命体が体内エネルギーを生産することは可能でしょう。でも、探査機を送れないのなら、
生物の痕跡を見つけるのは困難なことかもしれません。となると、通信ができるような

プレアデス星団知的生命体のほうが、早く見つかるかも
しれません。宇宙に生命がいる可能性は
かなりあるとはいえ、人間のような
知的生命体がいるかどうかとなると、
さすがに「?」です。
プレアデス星人が地球に電波を送って
くれていないかなぁ?
ただし、地球からのシグナルを認識して
もらうには、400年かかりますけどね!




2017_03_10


中国の実質経済成長率「携帯料金の一部を年内に廃止」中国全人代で異例宣言
(3月5日 朝日新聞デジタル)
経済で強気の見通しが示せなくなるなか、中国の習近平(シーチンピン)
指導部が腐心したのは、いかに国民の支持をつなぎとめるかだった。
5日開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)。秋に共産党
の最高指導部が入れ替わる党大会を控え、政府も「党の核心」と
なった習氏への結束を訴えた。約1時間40分にわたった李克強(リー
コーチアン)首相の政府活動報告で、会場が最も盛り上がったのは政治
中国の政策目標・経済運営の大方針ではなかった。「携帯電話料金とデータ通信料のうち、省など
をまたぐ長距離の上乗せ料金を年内に廃止する」と宣言すると、人民大会堂は約
10秒にわたって大きな拍手が起きた。国有企業の通信業界に政府が指示できる
構図があるとはいえ、政府活動報告で電話料金の値下げにまで言及するのは異例。
中国メディアも一斉に速報した。舞台裏では、各社の収入や利益を聞き取るなど
周到な準備があった。
「国民生活が政治の要。優先して改善していく」
李氏は報告でこう訴え、国民生活の向上をアピールするメニューを例年以上に具体
的な数字で並べ立てた。新規就業者数の目標は昨年より100万人増やして1100
万人以上とし、農村部の1300万人以上が都市部に定住できる。環境対策を強化し、
青空を増やす。税が優遇される中小企業の所得上限が20万元(約330万円)引き
あげられ、医療保険への財政補助が1人当たり年30元(約500円)増える……。
起草担当者はこの日の会見で、「国民に大きなプレゼントだ」と胸を張った。国民
生活の向上をアピールするのは、それだけ国民が経済成長のメリットを実感でき
なくなっていることの裏返しでもある。報告によると、昨年の1人あたり可処分所得の増加率は6・3%。2014年の8%、
15年の7・4%と年を追うごとに下がり続けている。(後略)

労働力不足でインフレがやってくる! 預金もリスク資産なのをお忘れなく (3月5日 投信1)
大災害と国債暴落によるハイパーインフレも念頭に
バブル崩壊後、日本経済はデフレに悩まされ続けて来ました。そこで、「物価の番人」と呼ばれる日銀が、なんとインフレ率2%
を目指すと宣言することになったわけです。それでも、なかなかインフレにはならず、日銀のインフレ率目標は、永遠に達成され
ないのではないか、といった雰囲気が漂っています。しかし、これは大変危険な考え方です。特に資産運用を考える際には、
インフレに備えることが必要です。株や外貨がリスク資産であるのと同様に、現金や預金もインフレで目減りする可能性が高い
リスク資産なのです。(中略)
予測ではないが、ハイパーインフレの可能性にも要注意
経済予測の際には言及しませんが、投資を考える際にはテールリスク(確率は非常に低いけれども、発生すると非常に大きな影響
を与えるリスク)のことも念頭に置いておく必要があります。本稿で指摘するのは、大災害と国債暴落によるハイパーインフレ
(超インフレ)です。今後30年以内に南海トラフ大地震が発生する確率は70%とも言われています。多少割り引いて聞いたと
しても、テールリスクと呼ぶには相応しくない、結構な確率です。実際に南海トラフ大地震が発生して、東京と名古屋と大阪が
地震と津波で壊滅したとしましょう。猛烈な復興需要が発生する一方で、生産能力は激減していますから、圧倒的な資材不足に
陥り、ハイパーインフレになるはずです。今ひとつのテールリスクは、国債暴落です。「日本政府が破産する」という噂で人々が
国債を投げ売りするようなことが起きたら、影響は広範囲に及びますが、確実なのは「破産するような国の通貨を持っていたいと
思う人はいない」ということです。人々は我先に日本銀行券をドルや実物資産に交換しようとするでしょうから、猛烈なインフレ
になるはずです。誰も新発国債を買ってくれないので、政府は国債の借り換えができません。すると政府が日銀に紙幣を印刷
させて国債を償還することになり、その意味からもハイパーインフレになりかねません。
ドル、株、物価連動国債などに分散投資しておくべき
日銀が目指しているような緩やかなインフレに対しては、ドルや株が心強いインフレ対策となるでしょうが、テールリスクに際し
ては、株は頼りになりそうもありません。一方で、大地震や国債暴落の時にはドルが圧倒的に頼りになりそうです。筆者は、政府
が破産するとは思っていませんから、株やドル(外国株投信を含む、以下同様)や個人向け国債10年物などにバランスよく資産
を振り向けていますが、「財政赤字で政府が破産する」「少子高齢化で年金が受け取れない」と考えている人は、ドルを多めに
持っておくと良いでしょう。いずれの場合でも、時間分散を考えて、コンスタントに少しずつドル(あるいはドルおよび株)を
買っていくことをお勧めしておきます。

デフレスパイラル「中国経済はバブルだ」と騒ぎ立てる人もいます
が、少なくとも現状では、堅調であると言えるで
しょう。しかし、かつてのような高度経済成長が
維持できるとは考えにくく、成長率の減速は今後
も続くものと思われます。世界経済の牽引役が
見当たりませんので、長期的には、世界全体が
低成長時代に突入したといえそうです。そうなる
と、AIなどのイノベーションに期待が集まります。
しかし、AIの進化は産業全体のパイを拡大させる
とは限らず、グローバルなデフレを促進させる可能性さえあります。デフレになるとどうなる
かは、日本の現状を見ればよく分かります。多くの企業が国内需要の増加を見込めないため、
積極的に海外進出を進めてきました。しかし、世界全体が低成長になってしまいますと、海外
も国内も期待できないということになるでしょう。世界が「モノ余り」になってデフレが進行
すると、日本はどうなるのでしょうか?普通に考えれば、さらにデフレになるでしょう。ただ、
ハイパーインフレになるという可能性もゼロではありません。日本の場合、高齢化により、
国民負担が増え続ける一方で、国民所得は減っていくでしょう。しかし、労働力不足でも
生産力を維持できる技術力は失わないでしょうから、デフレが継続するものと思われます。
しかし、何十年という長期スパンで考えると、何かのきっかけで、突然、ハイパーインフレ
になる可能性も排除できません。ハイパーインフレは通貨の価値が失われることを意味して
います。日本の国債が暴落した場合、円という通貨は信頼を失います。超円安になって、
食糧やエネルギー価格が暴騰します。それにより、すべての物価が上がって、現金の価値は
大きく目減りします。しかし、価値を失うのは現金ではなく、「円」なのです。つまり、外貨
にしておけばいいということです。外貨のなかでも米ドルがやはり最強の通貨です。アメリカ
が金利を上げてくれれば、さらに「ドル」を持ちやすくなります。
デフレか?ハイパーインフレか?いずれにせよ日本では、現在の中国のような「消費者物価の
上昇率2%」といった理想的な経済状況にはなりそうもありません。





2017_03_08


貯蓄が増える仕組み解明!節約で貯金が増やせない理由
(3月3日 PRESIDENT Online プレジデントオンライン)
家計の固定費は意外と高い
(前略)生活をしていくには最低限必要なコストがかかる。人によって最低限の
生活費がどれくらいかは異なるが、例えば年間の生活費が500万円かかる夫婦
がいたとする。この夫婦の世帯年収が600万円の場合、貯金可能額は100万円
となる(収入は手取りとして計算)。この夫婦が先に書いたような食費の削減、
つまり「節約」で貯金を殖やそうと考えていたなら、止めた方が良いですよと
アドバイスをする。手間や時間がかかってストレスばかりたまる割に効果は薄い
からだ。家計の支出で何が固定費にあたるかと考えた場合、家賃はラーメン屋
と同じく固定費となる。では食費や光熱費はどうだろうか。減らそうと思えば減らせる、という意味では変動費のように見えるが、
1カ月の食費が5万円ならば、1割削るだけでもかなり大変だがそれでもたったの5000円しか支出カットは出来ない。光熱費に
至ってはこまめに電気を消したり水の出しっぱなしに気をつけたところで誤差の範囲だろう。このように考えると食費も光熱費
も半ば固定費のような支出であると分かる。他にも通信費(携帯料金・インターネット)、保育料(教育費)、生命保険料、
細々とした出費である雑費(ティッシュや洗剤)など、日常的な生活費のほとんどが削りにくい支出であることが分かる。
つまり家計支出の大半が「固定費」と「半固定費」であり、貯金が出来ない理由は固定費の多い企業が利益を出しにくい理由と
同じで、元々削りようのない支出の割合が大きいから、ということになる。
売上と利益の不思議な関係とは
一方で、固定費の割合が多いことは収入が増えた際は劇的に貯金額が増えることも意味する。先ほどの世帯年収600万円の家庭
が夫婦とも年収300万円とする。妻が出世して年収400万になっても支出額が変わらなければ貯金額は100万円から200万円に
増える。夫も出世して年収400万円、夫婦合わせて世帯年収が800万円で支出額が500万円のままならば貯金額は年間300万円
まで増える。企業の業績を伝える報道で売り上げが10%増加で利益は2倍に、といった記事を見たことはないだろうか。売上が
ちょっと増えただけで利益が2倍というのは一見するとおかしく見えるが、変動費と固定費の仕組みを理解していれば簡単にその
意味も分かるだろう。貯金が100万円から急激に増えた事例もこういった企業の決算報告と全く同じだ。年収を売上と考えれば、
600万円から700万円と16%程度しか増えていないのに利益=貯金額は2倍に増えている。600万円から800万円への増加は、
33%程度しか売上は増えていないのに貯金額は3倍の300万円へと増えている。固定費の割合が多い企業はわずかな売上増加が
利益の急増につながる。家計の構造はそういった企業と酷似している。(中略)
自由に使えるお金と使えないお金家計のリストラはココ!
家計の支出は固定費が大半を占めると説明したが、変動費ももちろんある。
それが趣味の支出、お小遣い的な支出だ。例えば収入が月額50万円、固定費
(=基本的な生活費)が30万円、趣味やお小遣いの支出が10万円、残りの
10万円を貯金している家庭があるとする(グラフ参照)。これに12をかけると
先ほどの世帯年収600万、年間の貯金が100万円という家庭と近い状況になる。
30万円の固定費=基本的な生活費を削る事は非常に難しい。これをやるには
根本的な生活スタイルの変更が必要となる。これは小手先の節約ではなく、
企業でいうところの「リストラ」だ。基本的な生活費を大胆に削るリストラ
は生活スタイルを変える必要があるため、給料が大幅に減るなど何かしらの
問題が起きたでもなければ簡単には実行できない。これは赤字に陥って
誰もが仕方ないとあきらめざるを得ない状況にならなければリストラに着手
できない企業と同じだろう。すでに説明したように削減しやすい固定費は
携帯代や保険料などに限られる。つまり基本的な生活費とは固定費であり、「自由に使えないお金」だ。
では簡単に削れる箇所はどこかというと、変動費である趣味やお小遣い的な支出ということになる。ここと貯金額が「自由に
使えるお金」となる。節約レシピで日々の食費を削るくらいならば、飲み会を一回減らす、洋服を一枚我慢する、といった方
がよっぽどラクではないか、ということだ。基本的な生活費と趣味的な支出の分類は丁寧に考える必要がある。(後略)

小学校では2018年度から、中学校では2019年度から道徳が正式教科になりますが、
道徳なんてものは、個人の良心に任せておけばいいことで、先生に教わりたいとも
思いません。生徒が反感を持って逆効果になる可能性さえあるでしょう。学校では、
道徳教育より金銭教育をしたほうがいいと思います。記憶が定かではありませんが、
学校でお金に関する授業を受けた記憶はありません。歴史の授業では、鎌倉時代に
出された「徳政令」を学びますが、徳政令は債権者に対して債権放棄を命じた法令
であると生徒に説明しても、理解できる人はいないでしょう。大人になって、徳政令
を覚えている必要はありませんが、債権の意味は知っておいたほうがよいでしょう。
金銭教育で最も重要なのは、まともな金銭感覚を身につけさせることです。特に、
日本の経済状況(つまり、デフレ下)において、「債務を負う」(=借金する)こと
の意味をよく理解しておく必要があります。デフレ下では、貯金すれば何の運用も

サラリーマン平均年収の推移していなくても儲かっていることに
なりますし、逆に借金をしていれば、
その借金の重みはますます増して
いきます。企業が借金を返し、内部
留保を積み増すのは合理的な行為
なのです。家計においても同様で、
年収が下がることにより、借金の
負担は年々増すことになります。
家計の固定費を上げる最大の原因は、住宅ローンと教育費です。家計の変動費の
割合が低くければ、毎日毎日、相当の節約をしなければ貯金ができないでしょう。
平均寿命が延びて老後がどんどん長くなるにつれ、「貯金・資産」の重要性がさらに
大きくなっています。「資産形成」なんていうと、まるで付加的な選択肢のように
思っている人がいます。「したほうがいいけれど、何もしなければ失うこともないの
だから、特に問題なし」というような発想です。しかし、このような人は、何歳まで
働くつもりなのでしょうか?今は元気かもしれませんが、ずっと健康であり続けられ
る保証はどこにもありません。もし働けなくなったとしても、日常生活を保障して
くれるもの、それが「貯金」なのですから・・・
そんなこと誰も教えてくれなかった・・・本当に困ったときではもう遅いのです。





2017_03_06


実験で証明!「知識や技能が低い人ほど自己評価が高い」 (2月24日 ダイヤモンド・オンライン)
 (前略)この本(『クラウド時代の思考術』)が発する警告の一つは、インターネットによって、ダニング=
 クルーガー効果(未熟な人間ほど自己評価が高くなる現象)が世界を覆いつつあるということだ。あちこち
 で指摘されているように、インターネットの世界に耽溺すると、人は自分の見たい情報にしかアクセスしない
 傾向が強まっていく。
 <それはまた、その他のあらゆるものに割く時間と、それに注ぐ注意をわずかなものにした。ここで見られる
 大きなリスクは、インターネットが、われわれの知識を乏しいものにしていたり、あるいは誤った知識をさえ
 与えているということではない。それはインターネットがわれわれを「メタ・イグノラント」(超無知)にして
 いることだった――つまり、われわれが知らないことに、自分でほとんど気がついていないということなのだ>

 著者の言う「超無知」とは、ソクラテスの「無知の知」をもじっていえば「無知の無知」ということだろう。
 そう、知らないことさえ知らない状態だ。それはまた、ソクラテスが当時の知恵者とされる人物たちに下した
 評価でもあった。ソクラテスはじつに不思議な哲学者だ。あるとき、彼の友人がお節介にも、デルポイの神殿で
「ソクラテスより知恵のある者はいないか」と尋ねた。すると、神殿にいた巫女の答えは「誰もいない」。巫女の口から出た言葉は
神託、つまり神のお告げなのだから、神が「ソクラテスはいちばんの知恵者」だと請け負ったことになる。友人からこのことを聞いた
ソクラテスは当惑した。自分は知恵なんかないと自覚している。なのになぜ、神は自分を指して、いちばん知恵があるなんて言うのか。
その後の発想がとんでもなくユニークだ。
<そして、まったくやっとのことで、その意味を、つぎのような仕方で、たずねてみることにしたのです。それは、だれか知恵がある
と思われている者の一人を訪ねることだったのです。ほかはとにかく、そこへ行けば、神託を反駁して、ほら、この者のほうが
わたしよりも知恵があるのです、それだのにあなたは、わたしを知者だと言われた、というふうに、託宣に向かってはっきり言う
ことができるだろうというわけなのです>(プラトン『ソクラテスの弁明』、田中美知太郎訳、中公クラシックス)

なんと彼は、神のお告げは間違っていることを証明するために、知恵者として知られる人物を訪ねて、問答するのだ。
ところが期待に反して、その人物は自分で知恵があると思い込んでいるけれど、そうではないことがソクラテスにはわかった。
<この男は、知らないのに何か知っているように思っているが、わたしは、知らないから、そのとおりにまた、知らないと思っている>
(『ソクラテスの弁明』)

勘のいい読者はもうお気づきだろう。ソクラテスがここで言っていることは、「ダニング=クルーガー効果」と、とてもよく似ている。
あのマヌケな犯罪者も「知らないのに何か知っているように思っていた」のだから。それでもソクラテスはあきらめず、自分より
知恵のある人物がいることを確かめるために、政治家や作家を次々に訪ね、問答を繰り返したものの、結果は同じだった。
「無知の無知」という病は根深い
ソクラテスが最後に訪ねたのは「手に技能をもった人たち」だ。彼らが、技術について自分よりもすぐれた知恵をもっていることを、
ソクラテスは認める。しかし「技術的な仕上げをうまくやれるからというので、めいめい、それ以外の大切なことがらについても、
当然、自分が最高の知者だと考えているのでして、彼らのそういう不調法が、せっかくの彼らの知恵をおおい隠すようになって
いたのです」(『ソクラテスの弁明』)。まあ、ソクラテスの鋭いこと。狭い分野の専門家が、世の中全般を知ったかぶってコメント
する姿は昔も今も変わらない。見たいものしか見ないネットの世界にも、そんなプチ専門家がゴマンといる。彼は、専門バカの傲慢さ
についても、とっくの昔にお見通しだったのだ。
問題はここからだ。
僕らは、「ダニング=クルーガー効果」のような話を聞きかじったり、「無知の知」を知ったりすると、自分は「無知の無知」からは
免れていると考えたくなる。僕だってそう思いたい。でも、そうではない。「無知の無知」という病はもっと根深く、ほとんどすべて
の人間に程度の差こそあれ巣くっている。

ソクラテスソクラテスの名言・格言 (「癒しツアー」自然・音楽・名言で心も元気!)
ソクラテス(紀元前469年~紀元前399年)【 生涯 】
紀元前469年、彫刻家、石工の父と助産婦の母のもとにアテナイで生まる。青年期には自然科学に
興味を持ったとの説もあるが、晩年は倫理や徳を追求する哲学者としての生活に専念。
弟子のカイレフォンがアポロン神託所にて、巫女に「ソクラテス以上の賢者はあるか」と尋ねた
ところ、「ソクラテス以上の賢者は一人もない」と答えたため、自分が賢明ではないと自覚していた
ソクラテスは驚き、それが何を意味するのか自問。その神託の反証を試みようと考え、世間で評判
の賢者たちに会って、彼らが自分より賢明であることを明らかにしようとした。
しかし、彼らは自ら語っていることをよく理解しておらず、この経験により「知らないことを知っていると思い込んでいる人々より
は、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている」と確信するようになる。更に神託
の意味は、「人智の価値は僅少もしくは空無に過ぎない」、「最大の賢者とは、自分の知恵が実際には無価値であることを自覚
する者である」と解釈するようになる。その神意に則り、それを広める神の助力者として、賢者たちの無知を指摘することをライフ
ワークにする。ソクラテスの評判が広まる一方、無知を指摘された人々たちからは憎まれ、多くの敵を作ることになる。そして、
「アテナイの国家が信じる神々とは異なる神々を信じ、若者を堕落させた」などの罪状でソクラテスは公開裁判にかけられる。
ソクラテスは自身の弁明(ソクラテスの弁明)を行い、自説を曲げたり自身の行為を謝罪することを決してせず、また逃亡・亡命
も拒否し、死を恐れずに殉ずる道を選び、死刑を言い渡される。

イチローのTシャツ声に出して言わないとしても、「俺は何でも知ってる」オーラ
を出している人は、確かに存在します。そして、多くの場合、
そういう人は無知ですが、なぜか、自信満々。
「一体、その根拠のない自信はどこから来るのだろうか」と
不思議に思うこともあります。逆に、なんでもよく知っている
人のなかには、自分に何が欠けているかをよく理解していて、
とても謙虚なかたもおられます。能ある鷹は爪を隠します。
とはいえ、「自分が何かを知らない」≒「自分が何を知ら
ないのかを知らない」なので、「無知の無知」は当然のこと
です。自分が何かを知らないことで、ダメ出しをされたり、
何かを失敗して人から笑われたりして、「知らない」ことに
気づかされることになります。一方で、他人の欠点は非常によく見えるもの。大統領や
総理大臣の人格的な問題点を指摘することはとても簡単です。そして、その指摘が核心を
突いた意見であることもしばしば。それなのに、「自分に何が足りていないのかを知る」
のは簡単なことではありません。他人に指摘してもらわないと気づけないことって、結構
あるのです。客観的な物事を知ること以上に、「自分を知る」ことはとても難しいこと。
なかでも、「自分の欠点を知る」ことはとても難しいことなのです。人間は本能的に「自分
が正しく、他人は間違っている」ように感じる傾向にあるので、意識的に自分の欠点を探す
くらいの気持ちがないと、すぐに「独りよがり」になってしまいます。




2017_03_04


「たった14年、不安しかない」=被害女子学生、判決聞き絶句 (2月28日 時事ドットコム)
岩崎友宏被告(28)に刺され重傷を負った女子大学生冨田真由さん(21)が28日、同被告への懲役14年6月の判決
言い渡しを受け、代理人弁護士を通じ文書でコメントを発表した。「たった14年。今から不安と恐怖しかない」などと心情
をつづった。冨田さんは「何の反省もしていない」と岩崎被告を批判。「私や家族の苦しみが伝わらなかったと思うと、やり
きれない」「たった約14年後には、犯人が塀の外を歩いている」などとし、判決への不満をあらわにした。
弁護士によると、裁判所内の控室で待機していた冨田さんは、判決内容が伝えられると大きなショックを受け、しばらく絶句
した。その後「(求刑の)17年でも短いと思っていたのに」と話したという。

有期刑の場合、刑期の7割程度を執行した時点で仮釈放されることも珍しいことではあり
ません。すでに検察側に控訴の意向を伝えているということですが、懲役14年6ヶ月で
確定した場合、「10年後には、犯人が塀の外を歩いている」かもしれません。
被害者にとって、10年なんて、あっという間です。
冨田さんの「不安と恐怖しかない」という言葉は、本当の気持ちだと思います。


障害の影響、意見分かれる=元名大生の鑑定医証人尋問-名古屋地裁 (2月22日 時事ドットコム)
殺人罪などに問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判第16回公判が22日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)で
あった。元学生の精神鑑定を担当した医師2人の証人尋問が行われ、精神障害の程度や事件への影響で意見が分かれた。
捜査段階で鑑定を行った医師は、事件に影響を与えたとされる元学生のそううつ病を「軽度」とした上で、「行為の影響や
結果は認識していた」と指摘し、刑事責任能力を肯定した。一方、少年審判で鑑定をした別の医師は「事件当時は重度の
そう状態で、人を殺したいという思いが突き抜け、抑止力が働かない精神状態だった」と述べ、責任能力に否定的な見解を
示した。これまでの公判で、検察側は「障害の影響は限定的で完全責任能力があった」と主張。弁護側は「心神喪失状態
だった」と無罪を訴えている。
元名大生の責任能力の有無責任能力で検察側「ある」 弁護側「ない」
(2月20日 毎日新聞のニュース・情報サイト)
名古屋市で高齢女性を殺害し、仙台市で高校の同級生ら2人に劇物の
硫酸タリウムを飲ませたなどとされる元名古屋大学生の女(21)
=事件当時16~19歳=の裁判員裁判は20日、名古屋地裁(山田
耕司裁判長)の公判で最大争点の責任能力に関する審理が始まった。
検察側は「完全にある」、弁護側は「ない」とし、冒頭陳述の主張は
全面的に対立した。 元学生の発達障害が事件の動機に関係し、双極性
障害(そううつ病)もあったことに争いはなく、精神的な障害が事件
に及ぼした影響の程度で双方の主張は異なっている。
検察側は冒頭陳述で「各事件当時の障害の影響は限定的。そううつ病
のそう状態も軽度にとどまる」と主張した。「人を殺したい」「劇物
の症状を観察したい」といった動機は、高校生の頃に生じた人の死や
犯罪、毒劇物への興味の延長線上にあるとした。 さらに、高校や大学
で通常の生活を送っていた▽全ての事件当時に幻覚や妄想の影響は
ない▽準備、計画して実行している--などと指摘した。いずれの
事件も違法性を認識し事件後は証拠隠滅を図っていると述べた。
これに対し弁護側は「障害が各事件の動機の形成や判断能力に及ぼした影響は重大」と訴えた。元学生は先天的な精神発達上
の障害で、関心の対象が「死」に著しく集中していたと述べた。さらに「遅くとも中学1年時には発症していた双極性障害に
より、人格が形成されるはずの成長期にそううつ状態の波が繰り返され、通常の精神発達を困難にした」と説明した。 事件
当時については「『ヒト』の死の過程を観察したいなどの考えが自分の意思と関係なく浮かび、そう状態に支配されてその
行為を行うほかなくなっていた」と主張し、自由な意思決定が著しく阻害されていたとした。 また、元学生が逮捕後の投薬
治療や精神療法により、人を殺したいと思う頻度が減り、双極性障害の波が穏やかになったと指摘し「治療により改善傾向に
あることは、事件当時に自分の意思によるコントロールが困難で病的な状態だったことにほかならない」と訴えた。

うつ病と躁うつ病の違い高齢女性を斧で殺害、高校の同級生
ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ま
せたとされる元名大生。この女に
責任能力があるのかないのか?
法律的な解釈以前の問題として、
この女は、他人への愛情を先天的に
持っていないように感じられます。
岩崎被告の事件と違って、普通の人間には、この女の心を理解することができません。
このような人間がこの世界に現に存在するという事実自体が、ショッキングです。
この女は躁うつ病であったということですが、躁とはどのような状態なのでしょうか?
躁になると、様々な欲求が高まって、抑えが効かない精神状態になるようです。
普通に考えればできそうにもないことでも、自分にはできるという感覚(万能感)を持つ
らしいのです。病的な万能感によりトラブルを起こすことがあるというのは理解できない
ことでもありません。車を運転中、これくらいのカーブならこのスピードで曲がれると
思ったが、実際には曲がり切れなかった・・・といったことが想定されます。
本人が自分の病的状況を少しでも自覚することができれば、自分の行動を抑制することが
できますから、躁状態のときは、「自分は正しいことをしている」と思いこんでいるので
しょう。しかし、どんなに躁うつ病が重度であったとしても、「劇物の症状を観察したい」
という気持ちが抑えられないというのは理解できません。なぜなら、普通の人間は、
そもそもそのような欲求を持つことがないからです。他人を単なる「モノ」とみなすこと
のできる心を持った人間が起こした事件を、精神障害だけで説明することには無理がある
ように思われます。





2017_03_02


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

書籍の紹介

龍女「みなみ」からあなたへの
不思議なメッセージ集
新感覚のファンタジー!!

書籍表紙

不思議の国の「みなみ」
 宇宙へつながる秘密基地

「みなみ」 今月のメッセージ

神津島の天上山は、
神が集う島のなかでも、
特に神の集まるところ。

プロフィール

舞尾 空

Author:舞尾 空
・性別:男
・年齢:46歳
・職業:サラリーマン
・血液型:O型

検索フォーム

QRコード

QR

最新コメント




page
top